今朝、家の周囲に停めてある車にうっすらと白い火山灰がかかっていました。これは浅間山から飛んできたのですね。私の家は町田ですから、ものすごい広範囲に灰が降り注いだことになりますね。
さて、
今日、2月2日六ヶ所村再処理工場の発表によると先日漏れたのと同じ場所からまた高レベル核廃液が漏れていたそうです。
http://www.jnfl.co.jp/daily-stat/topics/090202-recycle-b01.html
目下、プールには240立法メートルもの危険な高レベル核廃液が溜まっています。すみやかにこれをガラスに溶かし固めることができません。すると、この溶液は非常に危険な化学溶液と高い放射線と熱の三つで配管や容器の材質を劣化させていきます。世界中の再処理工場で事故が起きるのはここの部分です。溶液のまま保管することのリスクは高いのです。
ガラスに固めることができないため新しい技術をこれから開発するそうです。その予算の半分を経済産業省は出すそうです。70億円の税金がここに投入されることになります。これ以上、この工場でプルトニウムや高レベル核廃液を生産していくのが本当に国民のためになるのか?疑問は山積みです。
東奥日報の記事には
「鈴木達治郎東京大客員教授(原子力政策)は「米国は民主党政権になり、プルトニウムを取り出す核燃料サイクルに否定的な政策を打ち出す可能性もある。日本も使用済み燃料を一時的に保管する中間貯蔵施設をまず確保し、長期的には再処理せずに廃棄する直接処分も選択肢として考えるべきだ」と話す。」
http://rengetushin.at.webry.info/200902/article_1.html
工場は最低でも11兆円、後始末にかかります。これも私たちが払うのです。


kama
AD
自然エネルギーの可能性を提言し、エネルギー政策の転換を具体的に主張している環境エネルギー政策研究所から以下のようなコメントがありました。みなさんとシェアしたいと思います。

or immediate release
7 JULY 2007

洞爺湖サミットの合意は気候変動を防止しない日本は大きな機会を逃した。洞爺湖に集う首脳たちは、本日、北海道洞爺湖サミットにおける気候変動のテ キスト部分について合意した。米国・ロシアの反対により全体合意ができなかった「2050年で半減」につい て、国連のプロセスに期待するとして、G8各国全体が合意を行ったことは、か ろうじて昨年のハイリゲンダムからの小さな進展である。しかし、そもそも、再度G8で、長期の目標についてこれだけ多くの時間を割い て議題として合意しなくてはならなかったのか。NGOだけではなく多くの国や国際機関が、より重要で緊急性の高い先進国の具体的な中期目標の発表が、特に日本に対してG8前に必要だと繰り返し求めたにもかかわらず、福田首相は頑としてその要請を受け入れなかった。どころか、 緊急かつ深刻な気候変動の影響を最小限に抑えるために先進国は2020年に 25-40%の削減が必要であるという、最新の科学的知見が示す数字ではなく、「実現可能性のある数字が必要」「できる可能性がある数字を述べる」などと 述べている。中期目標は、できる可能性がある数字ではなく、絶対にやらなくてはならない数字であり、果たせないとしたら、大きな自然環境の変化と経済 的損失と、多数の人々の生活や命に深刻な影響を及ぼす。

また、日本におけるエネルギー政策の失敗を反映し、気候変動政策の肝であるエネルギー政策については、低炭素社会へ転換するためもっとも重要な自然エ ネルギーの大胆かつ具体的な促進の合意はなく、「長期的に化石燃料への依存を減らす上での、重要な役割を認識する」という、とても弱い表現になってし まっている。

2050年には、G8に集う首脳たちはすでに首脳ではないし政治家でもないだろ う。ただし、もっとも損をしたのは、日本であり、福田首相は、気候変動を解 決する先鞭を果たし世界から評価され、日本の市民から歓迎される、という大 きな機会を失ったのだ。

まだG8は終了しておらず、明日は主要経済大国会合(MEM)が開催される。す でに大きな成果は期待できそうにないが、わたしたちは、サミットの終了まで 結果を見守ると共に、G8リーダーたちの最後の良心を期待している。


CONTACT: 大林ミカ
特定非営利活動法人環境エネルギー政策研究所
at: 洞爺湖・ルスツリゾート


kama
AD

六ラプオーストラリア上陸

テーマ:

六ラプがついにオーストラリアで上映されることになりました。オーストラリアは世界でもウランの埋蔵量がとても多い国です。特にアボリジニの土地にウラン鉱があって、そこで採掘された後の放射性残土が大量に廃棄されて問題になったりしています。この半年あまりで実は世界中でウランが高騰しています。地球温暖化対策に原子力産業界が積極的に原発を建てようと計画しているからです。しかし、本当に解決になるのか、もっと議論の余地があるのではないでしょうか?とにかく、知るべきことをもっと知ってゆく事がまず必要です。




australia

AD

毎日新聞「ひと」欄

テーマ:

14日の毎日新聞 朝刊の「ひと」欄に鎌仲監督が登場しています(*^_^*)!


鎌仲ひとみさん=「六ケ所村ラプソディー」監督した映像作家
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/hito/


◇ゆがみない鏡のように、偏りなく撮りたい--鎌仲(かまなか)ひとみさん

青森県六ケ所村にある使用済み核燃料再処理工場。周辺住民の生活を追ったドキュメンタリー映画「六ケ所村ラプソディー」が好評だ。

完成後の今春以降、全国約50カ所で自主上映を重ねた。評価が高まり、9月の金沢市を皮切りに東京(上映中)、大阪などの一般映画館での公開が決まった。「これまでこの問題に関心がなかった人にも受け入れてもらった」と手応えを感じる。

(以下省略)


http://www.kanshin.com/tb/keyword-1027435


今日はラジオ、J-wave のJam the worldに出演してきました。

http://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

レポーターの小林まどかさんはポレポレまで映画を観に来て下さったんです。スタジオではDJの八塩圭子さんと三人でトークとなりました。


今日は実は千葉できくちゆみさん、ローレン・モレさんなどが参加するシンポジウムでトークする予定が入っていたのですが、急遽話す順番を変えていただいて六本木に急ぎました。映画の事を不特定多数の方に知ってもらうにはやはりマスメディアの力は大きいのです。


八塩さんと小林さんの的確な質問のおかげで短いけど深く、映画の話ができたと思います。


今、日本のメディアは北朝鮮の核実験のことでもちきりですが、どこも六ヶ所でプルトニウムが大量に生産されることについて触れません。核不拡散の観点から考えてとても不思議な事です。核に対して核は現実的に使用不可能です。東西冷戦の核開発競争のばかばかしさから、世界は何も学んでいなかったし、特定の大国だけが核を持っていいという考え方もおかしい。やはり一度にみんなあきらめたらどうかしら。 私は経済制裁下のイラクで何が起きていたのか、実際に行ってつぶさにみてきた経験があります。経済制裁は弱者をまず殺してゆきます。病人、子供、老人、から犠牲になっていました。そして市民の力が弱まり、政権は強化されるのです。イラクに経済制裁が課せられていた時からその効果は懸念されていました。何のために制裁を加えるのか、ただ制裁を加えれば解決になるのか、考えなくては。


kama

左の写真はスタジオ内です。J-waveは六本木森タワーにあって、スタジオから東京タワーが見えます。
右の写真は鎌仲監督と八塩圭子さん、小林まどかさんです。
photo by Kayo Sawaguchi
*写真の無断利用は禁止いたします。よろしくお願いいたします。

英語版ついに完成

テーマ:

ただいま旭川でこれを書いています。今日から北海道ツアーに突入しました。

昨日は八戸で青森最初の上映会がありました。

上映会報告はまた別にさせていただきます。


このところ他になにもできないような状態で作ってきた映画の英語版を20日についに完成させました。

鹿児島で30年間放置された牧場の小屋を改装して住みながら農業を実践している

ジェフさんが翻訳、字幕を作ってくれました。ナレーションは私自身。あまりの英語の下手さに

真夜中までかかってしまいました。

でもなんとかかんとか完成です。102分になりました。英語版にするといろいろなことがより

明快になったような気がします。

今のところNYのマーガレット・ミード映画祭、台湾国際映画祭、ミラノ映画祭、などからエントリーの

お誘いをいただいています。

これでエントリーをしてゆきます。


どこかの映画祭で上映されると決まったらまたお知らせしますね。

どうか応援していてください。


kama


HP開設

テーマ:

ついにHPが立ち上がりました。ここのところずっと

とんとんかんかん建設していましたが建設中のところを残しながらも

公開に踏み切りました。


http://www.rokkasho-rhapsody.com/


さっそく好評をいただいております。

いろいろな情報、上映会の報告はこのブログでこれからも展開していきますが

上映スケジュールなどはHPの方が分りやすいです。

ぜひいちど見て下さい。

予告編もごらんいただけます!


kama


「六ヶ所村ラプソディー」の挑戦と題した鎌仲監督のルポが、
岩波書店の雑誌 「世界」の11月号に掲載されました。

一年以上取材を重ねて出会った様々な人のことや、六ヶ所村が現在の状況にいたるまでの背景
などわかりやすく綴られているルポです。 興味のある方は是非読んでみてください。


http://www.iwanami.co.jp/sekai/index.html

世界