「六ヶ所村ラプソディー」と「ヒバクシャ-世界の終わりに」が
東京・渋谷のUPLINK FACTORYにて上映決定☆

2008年に話題を呼んだ
見ごたえのあるドキュメンタリー映画が一挙公開!

2009年最初の映画
この機会にぜひご覧ください。

+++
UPLINK プレゼンツ ドキュメンタリー傑作選
http://www.uplink.co.jp/factory/log/002865.php

世界紛争、食の偽造、ガソリン値上げ、経済破綻、年金、税金、定額支給金、そして世界恐慌的混乱。めくるめく激動の2008年。映画はすでにこの問題を予言していた!?

『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-おいしいコーヒー
(c)おいしいコーヒーの真実

グローバル化した企業の悪しき実態を告発するドキュメンタリー『ザ・コーポレーション』、一杯のコーヒーから産業の仕組みを暴く『おいしいコーヒーの真実』、美しいパゴダの影で迫害に苦しむビルマ少数民族の悲痛を伝える『ビルマ、パゴダの影で』、再処理工場近郊の人々の営みを記録し、核との関わりに新しい方向を示す『六ヶ所村ラプソティー』、写真家の広河隆一が40年間見続けてきたパレスチナの姿を記録した『パレスチナ1948・NAKBA(ナクバ)』などの社会問題から、『ジプシー・キャラバン』『レス・ポールの伝説』の傑作音楽ドキュメンタリーまでを一挙特集上映!
『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-ナクバ
(c)パレスチナ1948・NAKBA(ナクバ)

staff
AD
「大丈夫であるように -Cocco 終らない旅-」
http://www.dai-job.jp/

『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-Cocco03『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-Cocco01


シネマライズで映画を観てきました。

待ち望んでいた便りが届くような、
祈るような気持ちでスクリーンを見つめていました。


2007年12月12日
Coccoは青森でライブを行った。

どんな気持ちでステージで歌っていたのだろう
今日はどんな気持ちで過ごしているだろう


「六ヶ所村ラプソディー」とおなじように
1人でも多くの人に観てもらいたい。そう想いました。


是枝監督インタビュー:from UPLINK webDICE
http://www.webdice.jp/dice/detail/1120/


+++
Coccoの初のドキュメンタリー映画、いよいよ12月公開決定!
祈り、願い、抱きしめる、孤高のうたうたいが紡ぐ旅の記録(ルビ:ドキュメンタリー)

Coccoの旅に同行した。
きっかけはライブ・アースでジュゴンのことを語り、唄う、彼女の姿を見たことだった。
僕の中で何かが震えた。何かしたい―素直にそう思った。
だから、撮らせてもらうことにした。
泣きながらカメラを回したのは生まれて初めてだ。
この感情を一人でも多くの人たちと共有できたらいいなあと、今、強く思っている。
――映画監督 是枝裕和

【劇場公開】
●東京・シネマライズ、ライズX
03-3464-0051 http://www.cinemarise.com
●大阪・梅田ガーデンシネマ  
06-6440-5977 http://www.kadokawa-gardencinema.jp/umeda/
●京都・京都シネマ  
075-353-4723 http://www.kyotocinema.jp/
●愛知・伏見ミリオン座  
052-212-2437 http://www.eigaya.com/theater/million/index.html
●北海道・札幌シアターキノ  
011-231-9355 http://theaterkino.net/
●福岡・KBCシネマ  
092-751-4268 http://www.h6.dion.ne.jp/~kbccine/
●宮城・チネ・ラヴィ-タ
022-299-5555 http://forum-movie.net/sendai/
●群馬・シネマテークたかさき
027-325-1744 http://takasaki-cc.jp/
●石川・シネモンド  
076-220-5007 http://www.cine-monde.com/
●沖縄・桜坂劇場  
098-860-9555 http://www.sakura-zaka.com/

『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-Cocco04 『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-Cocco02
staff
AD

六ヶ所あしたの森設立準備委員会よりご案内が届きました。
素敵なリーフレットです。

true-あしたの森

うわさの森が動きはじめます。
おいしい珈琲と一緒に未来の森づくりの話をしましょう♪


以下、転送、転載歓迎

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
    「六ヶ所あしたの森」キックオフ・イベント
     ~そろそろ「マイ森」はじめませんか~
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

12月20日(土)、国分寺カフェスローにてキックオフ・イベント開催します!
うわさのプロジェクトがついに動きはじめます。
みんなで六ヶ所に素敵な森とエコビレッジをつくりませんか。
http://www.ashitanomori.net/


◆日時◆
12月20日(土)
開場:13:00
開演:13:30(15:30くらいまで)

◆場所◆
カフェスロー 〒185-0022東京都国分寺市東元町2-20-10
TEL : 042-401-8505 FAX : 042-401-8503
E-mail : cafeslow@h4.dion.ne.jp http://www.cafeslow.com/

◆参加費◆
予約1000円、当日1200円(ワンドリンク+冊子付き※)
※『セヴァン・スズキの私にできること ― 森のつくりかた守りかた』
 http://www.yukkurido.com/01_book/items_book_moritsuku.htm

◆予約申込方法◆
カフェスローに直接、どちらかの方法でお申し込み下さい。

●メール申込みフォーム http://www.cafeslow.com/apply.html
 ※メールでのお申込は、対応の都合上、ご希望イベント開催
  前日の19:00までとさせて頂きます。ご了承下さい。

●電話…tel: 042-401-8505(火曜定休)
 ※下記項目をお知らせください。
  ・参加希望日とイベント名
  ・お名前(申込代表者)
  ・申込人数
  ・連絡先電話番号

◆プログラム(予定)◆
・共同代表あいさつ(中村隆市、吉本多香美)
・設立経緯と団体紹介(事務局 山本勇樹) 
・ゲストトーク ~私の考える六ヶ所あしたの森~(鎌仲ひとみ、辻信一、他調整中)
・クロストーク ~私たちの「マイ森」づくりにむけて~(ゲスト×共同代表)
・質疑応答
※共同代表あいさつ、ゲストトーク、各30分前後を予定

◆ゲストプロフィール◆
●鎌仲ひとみ(かまなか ひとみ)
映像作家。環境、経済、核などをテーマにTV番組、映画を監督。
代表作「ヒバクシャー世界の終わりに」「六ヶ所村ラプソディー」

●辻信一(つじ しんいち)
文化人類学者、環境運動家。明治学院大学国際学部教授。
「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表。環境文化NGOナマケモノ倶楽部世話人。「スロ-」や「GNH」というコンセプトを軸に環境文化運動を進める。


◆共同代表プロフィール◆
●中村隆市 (なかむら りゅういち)
(株)ウインドファーム代表。ゆっくり堂代表。ナマケモノ倶楽部世話人。スロービジネススクール校長。チェルノブイリ原発事故被害者の医療支援にも取組む。昨年、環境問題を伝える「豪快な号外」を3000万部発行。

●吉本多香美 (よしもと たかみ)
女優として活躍する一方、動物の生態やロハス、地球、自然と人間が共存する事をテーマにしたドキュメンタリーのリポーターとしても活動の場を広げている。2006年よりタンザニア連合共和国の親善大使。
JMHA(日本メディカルハーブ協会)認定、メディカルハーブセラピスト。


◆六ヶ所あしたの森とは◆
2007年、若者達と正木高志さんが、共に島根県から青森県六ヶ所村まで木を植えながら歩きました。「おむすび巡礼/Walk9」です。その木を植える最終地となった場所が「六ヶ所あしたの森」です。
そして2008年、その活動を未来につなぐために有志で「『六ヶ所あしたの森』設立準備委員会」を立ち上げ、来る12月20日、カフェスローのキックオフ・イベントにて、新たな始まりを宣言します・・・!
http://www.ashitanomori.net/


◆「六ヶ所あしたの森」はみんなのマイ森です◆
~木を植えることから始める、ここから始まる新しい未来~
土地の取得後、六ヶ所あしたの森では、こんなことをやっていく予定です。

●「マイ森」づくり
 木を植える、森を育てる!(植林・育林活動、森林保全)
●「学びの場」づくり
 森の学校(ワークショップ等)で学ぶ、語り合う!
●「エコビレッジ」づくり
 じっくりと資金を集めながら、エコビレッジづくりを目指す!
 食べものやエネルギーの地域自給を目指す!
●「つどいの場」づくり
 「六ヶ所あしたの森」を拠点として、エコツーリズムを展開する!


★★★★六ヶ所あしたの森は全ての人に開かれた森です★★★★★
★★★お一人おひとりのご参加、お待ちいたしております!★★★

◆事務局・お問い合わせ先◆
「六ヶ所あしたの森」設立準備委員会 事務局 担当:山本
【住 所】 〒194-0041 東京都町田市玉川学園8-6-7
(※現時点で事務局はまだ現地にありません)
【電 話】 080-6776-2610
【メール】info@ashitanomori.net
【ウェブサイト】http://ashitanomori.net/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


カフェスローは
ほっと
心も身体もほぐれる、おいしい時間を過ごせるカフェです。
この機会にぜひ一度。
スタッフブログもおすすめです http://blog.cafeslow.com/



staff
AD
12月12日(金)に代々木公園にて
Candle JUNEさんPresentsのキャンドルナイトが開催されます。
詳細はこちら→http://www.candlejune.jp/081212_candlenight_info.html

『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-Candle JUNE 01


日時:2008年12月12日(金) 15:00/START 20:00/STAGE CLOSE
会場:代々木公園 野外ステージ前特設広場
出演予定ARTIST:
LIVE/Leyona、コトリンゴ、AOTA、NAOITO
TALK/鎌仲ひとみ、マエキタミヤコ
DJ/Akihiro Hatano a.k.a jami and more…

鎌仲監督のトークは16:00~です。

『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-Candle JUNE 02


今では日本全国で700万人の参加者がいるといわれている
100人のキャンドルナイト
http://www.candle-night.org/jp/

キャンドルの灯りとともに
なにげない日々の願いが営まれつづけられますように。


以下呼びかけ文より

~でんきを消して スローな夜を~

私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2008年の冬至の日、12月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。
ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。
プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。
一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。
2008年、12月21日、冬至の日。よる8時から10時。
でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。



staff
中国・北京の映画祭「2008REAL」に
「六ヶ所村ラプソディー」と鎌仲監督が招待されました。

「2008REAL」http://www.2008real.cn/index.html
『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-北京


以下、主催者 開催主旨より

~日中青少年友好交流年の今年、
ドキュメンタリー映画を通じて,
中国と日本がお互いの本質を知り,お互いを理解し,
未来に繋がる日中関係を築く,新たなきっかけとしたい。

それが2008REALのメッセージです。~


■開催期間:12/22~24
■上映作品
【テーマ1 家庭】「チーズとうじ虫」
【テーマ2 歴史】「ひめゆり」
【テーマ3 地域】「ヨコハマメリー」
【テーマ4 老後】「タイマグラばぁちゃん」
【テーマ5 環境】「六ヶ所村ラプソディー」
【テーマ6 芸術】「NARA:奈良美智の旅」

『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-北京2

日本からは上記の六作品と
坂部康二監督、柴田昌平監督、中村高寛監督、鎌仲監督が招待され、
中国側のゲストと対談されます。


Staff
『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-新刊


鎌仲監督の新刊が影書房より出版されました。
全国の書店、上映会場で販売しています。


『六ヶ所村ラプソディー-ドキュメンタリー現在進行形』
http://www.kageshobo.co.jp/main/002.html#shinkan-rokkasyo


以下、本文・はじめにより抜粋した鎌仲監督のメッセージ

「私たちが自然に対してなしてきたこと、そしてそれでもなお光をはなつ自然そのものの力を映画にしたいという野望を、私は抱いた。かくしてシナリオのない映画作りの日常が始まった。それは現在進行形の核燃サイクル計画を追いかける作業でもあった。
 映画が完成し、上映会が全国で展開する今も現実は留まることなく進んでゆく。しかし、私はここでしばし足を止めてこの映画制作の過程と完成した映画をふりかえってみようと思う。」



staff

イベントのご報告

テーマ:
11/19(水)に行われた、patagonia渋谷ストアのイベントの様子です。
『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-patagonia3

『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-patagonia2


閉店後の店内にスクリーンと客席が設けられ、
鎌仲監督とお客さんの距離がとても近い、親しみやすいトークイベントでした。20:30よりスタートしたイベント。
お仕事帰りに参加された方が多かったようです。
ご来場いただきありがとうございました。


Voice yore choice
http://www.patagonia.com/web/jp/patagonia.go?assetid=36468

patagoniaでは売り上げの1%を自然環境の保護と回復に充てています。
また、直営店では地域で活動する環境保護グループへの支援として
売り上げの一部を助成金として寄付するプログラムが行われています。
渋谷店では以下の3団体への寄付が決まっていますが

●エコアクション 虔十の会(東京都)
http://homepage2.nifty.com/kenju/
●日本の海岸環境を守る会(千葉県)
http://www.surfer-kaze.com/
●那珂川ウォーターネットワーク 鶴亀隊 (栃木県)

なんと助成金額を決めるための投票BOXが店内にあります!
『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-patagonia1

http://www.patagonia.com/web/jp/patagonia.go?assetid=6565
こうした企業の取り組みに希望を感じますね。
みなさん、わたしたちの一票を環境のために投じましょう~




11/15(土)に行われた、鎌仲監督と中沢新一氏との対談の様子を
多摩美術大学 芸術人類学研究所のブログでご紹介いただきました。
『六ヶ所村ラプソディー』~オフィシャルブログ-思考をうながすメディア


「六ラプ」上映会、対談には大勢の多摩美の学生がいらっしゃいました。対談後の交流会も学生と一緒に盛り上がりました。
多摩美のみなさん、芸術人類学研究所のみなさん、
どうもありがとうございました~

21世紀文化論「思考をうながすメディア-「六ヶ所村ラプソディー」から」報告より
http://www2.tamabi.ac.jp/cgi-bin/iaa/article.php?id=85


staff