瀬戸内海の玄関、上関に建設を予定している上関原発。予定地は田浦という希少生物が沢山棲息している海であり、祝島の人々の暮しと生活の拠点でもあります。原発を建てるために埋め立てをしなければなりません。その埋め立て申請が中国電力から出ています。その申請を市民に公開する義務があるのですが・・・
ここをご覧下さい、黒く塗りつぶされている部分が沢山あります。これは、驚くべき、情報の不透明性。これををやっている本人たちが自覚していないということなのでしょか?とにかくご覧下さい。山口大学の安渓遊地先生のHPにアップされています。

http://ankei.jp/yuji/?n=546

ちなみにその田浦ではこんなことが・・

クサふぐ 長島の自然を守る会HPより http://www2.ocn.ne.jp/~haguman/nagasima.htm
建設予定地のまさにまんなかが産卵場所なんです。長島の自然を守る会ではこの埋め立てに関して意見を募集しています。連絡先はこちらです。
長島の自然を守る会
代表 高島美登里
747-0063 山口県防府市下右田387-14
℡&FAX 0835(23)1891. 携帯 090(9464)6353
midori.t@crocus.ocn.ne.jp


kama
AD

本格稼動延期

今日、発表されたニュースにると六ヶ所再処理工場の本格稼動は来年にずれこみそうです。高レベル核廃棄物のガラス固化体がうまく製造できないことが原因のようです。とはいえ、工場では目下、燃料棒をせんだん中です。大量のクリプトンが空中に廃棄されています。ガラス固化体ができないのにせんだんをしているのはなぜか?謎です。記事はこちらにあります。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080729-OYT1T00046.htm?ref=mag

kama
AD
 昨日、滋賀県彦根で上映会がありました。滋賀県立大学の学生、先生、これまでの滋賀県内の上映に関わってくださった人たちが協力してくださって実現しました。滋賀県は琵琶湖の源流、余呉町で高レベル核廃棄物の処分地受け入れ問題があってから急速に上映が広がり、今回は県内10回目の上映です。毎回、新たなメンバーが加わり、ネットワークが広がってきました。今回は学生達が主体的に関わり、フレッシュな雰囲気。この看板は3000枚の写真をコラージュして学生さんが作ってくれました。
看板
協賛団体は69。県立大学のホールは有機野菜やお米、エコなグッズを扱う人々、マクロビオテック料理、せっけんグッズなどを売るブースで大にぎわい。

ふかん

この日は50人近いスタッフを除いて、622人が来場しました。ブースの面々も大忙し。
米

客

高島

こちらは山口県から来た、「長島の自然を守る会」のブース。
スナメリ
こんど56基目の原発建設予定地、上関周辺の生物の保護を訴えています。スナメリが棲む海を守ろうとスナメリをデザインしたTシャツやエコバッグを販売。希少生物が沢山棲んでいる海を埋め立てる申請がすでに中国電力により山口県に出されているということ・・これもまた、あまり知られていないままに計画が進んできたようです。
掃除
最後に掃除機をつかわないで、みんなでお掃除しました。


今日は東京平和映画祭http://www.peacefilm.net/で「六ヶ所村通信no4」、千葉館山の安房平和映画祭http://awaheiwaeigasai.org/index.htmlで「ヒバクシャ」と「六ヶ所村通信no4」を上映していただきます。お近くの方はぜひ、いらして下さい。

kama

AD

英字新聞でご紹介

テーマ:
 最近、インターナショナルな発信が続いています。Herald Tribune 英字朝日新聞の文化欄で紹介されました。herald1
herald2

記事の中味はこちらです。
Weekend/ CULTURE & MORE:
Film offers big-picture look at nuclear power issue
BY SHOKO AZUMA, STAFF WRITER
2008/7/4

かま


Hitomi Kamanaka (LOUIS TEMPLADO/ STAFF PHOTOGRAPHER)

"Although it is a matter of importance to everyone who uses electricity in Japan, it has been treated as if it only concerns people living in a remote village in Aomori Prefecture," says Hitomi Kamanaka, referring to the controversial Rokkasho nuclear fuel reprocessing plant.

It was late at night during the holiday season in May. Dozens of people came to see the fourth edition of the 50-year-old filmmaker's serialized documentary, "Rokkashomura Tsushin" (Newsletter from Rokkasho village) and take part in a discussion after the showing at a small movie theater in Tokyo's Shibuya area.

Rokkasho, a small village with a population of 11,462, is ground zero for Japan's nuclear fuel recycling efforts. Along with the reprocessing plant are high/low-level radioactive waste sites and a uranium-enrichment plant.

The reprocessing plant, which extracts plutonium and uranium from spent nuclear fuel, is now in the final phase of its trial operation. Plant operator Japan Nuclear Fuel Limited (JNFL) plans to complete final testing this month, the last step before the plant goes online.

In Kamanaka's latest "newsletter," a woman from Towada, a neighboring city, asks rhetorically, "Should I continue to grow organic rice even when the reprocessing plant goes into full swing?"

Another scene shows a government official saying, "Radioactive materials emitted from the plant will be diffused in the atmosphere and the sea. Its amount will be negligible and safe. There will be no danger to humans."

Kamanaka, an associate professor at Tokyo University of Technology's School of Media Science, has worked on the Rokkasho issue since April 2004. She visited the village dozens of times and released "Rokkashomura Tsushin" No. 1 through No. 3 between 2004 and 2005. The films served as prelude to a 119-minute documentary "Rokkashomura Rhapsody" in 2006. The documentaries examine the lives of locals, including both supporters and protesters of the nuclear recycling project.

Tsushin No. 4 was filmed from August 2007 to February this year. It explores how concerns about the Rokkasho facility have spread outside the village since the release of "Rokkashomura Rhapsody."

A group of surfers nationwide has joined fishermen in areas neighboring Aomori to circulate a petition against the facility. Musical events were organized in Tokyo and other areas. Activists held a peace walk from Shimane Prefecture to Rokkasho and planted trees when they arrived.

Kamanaka said: "When I was shooting 'Rokkashomura Rhapsody,' there wasn't a grass-roots movement out there. However, over the last two years, people have started to take action to try to stop the plant from opening. This change allowed me to film another update."

Kamanaka didn't intend to make an anti-nuclear documentary. "My films can be compared to imperfect drawings. The audience applies the colors," she said. "I always try to make films that give it to the audience straight."

"Things are not so simple in the real world," she said, referring to the jobs nuclear facilities provide. It is unlikely these workers will protest against their employers. And, in fact, nuclear power plants generate a third of Japan's electricity. "I wanted to make a documentary that lets viewers form a complete picture of the issue," she said.


Born in Himi, Toyama Prefecture, Kamanaka was a tomboy. "Classes were often boring," she said. "I couldn't sit still, so I sneaked outside to play." However, that doesn't mean she didn't like to study. "I was a bookworm. I read all of the books at the local library. I read my favorite writer, Jules Verne's novels, at least five times each," she said.

While her mother tried to train her so she would be a good wife in the future, Kamanaka's yearning for adventure grew. "Living in a small village, I could not feel the outside world. I decided I wanted to see the big world as an explorer or a journalist." To help her reach her goal, she started studying English seriously as a junior high school student.

At Waseda University, she joined the expedition club. For her last trip before graduation, she planned to travel through Indonesia by motorcycle. But she had to give up the journey when her mother suddenly became ill.

Instead, she helped her boyfriend make a movie. "Through the experience, I realized that even I could make a film," she said. She quickly changed her career goal to filmmaker.

Graduating from Waseda in 1984, she entered the movie industry as a freelance assistant director. From 1990 to 1993, she trained in filmmaking in Canada on a government-subsidized program. Next, she moved to New York to work as "media activist" for alternative media Paper Tiger Television.

After returning to Japan in 1995, Kamanaka made documentary programs on health care for Japan Broadcasting Corp. (NHK). Through her work, she became acquainted with a woman active in bringing medicine to Iraq. This connection took her to the war-torn nation in 1998. "I saw many Iraqis suffering from radioactive contamination (through proximity to) depleted uranium shells following the Gulf War," she said.

As a result, Kamanaka made a documentary on the disputed issue, but her TV program generated very little reaction from viewers. "I was so disappointed," she said. "I started thinking about how to reach audiences more effectively."

In 2003, she released the documentary film, "Hibakusha: at the End of the World," on nuclear contamination and radiation victims in Japan, Iraq and the United States.

"Rokkashomura Rhapsody" serves as a sequel to "Hibakusha."

"I started filming the Rokkasho issue because I didn't want to say there was nothing we could do about it," Kamanaka said.

Furthermore, she, like other Japanese, had never had the opportunity to give her opinion on whether Japan should use nuclear energy.

She said: "People say things like: the reprocessing plant costs about 2.2 trillion yen, you can't waste it; it is sort of a national project; and it's too late to protest. But I think if you simply say it can't be helped, it means you are giving up your future. I would like to ask those people if they are OK with that."

"Rokkashomura Rhapsody" has been screened in about 370 municipalities across the nation. Around 100,000 people have watched the film so far, according to Kamanaka. In addition to these screenings, free previews were given in six cities in Aomori Prefecture, including Rokkasho.

"Only six people came to see the film in Rokkasho. But one of them told me it was a film that everybody in the village should watch," she said.

Many young people who have watched her documentaries, especially young women, are starting to take action, according to Kamanaka. For example, three female office workers in Tokyo recently started selling postcards, with the message "Do we really need reprocessing plants?" They are asking people to send these cards to six others and ask them to do the same.

However, Kamanaka says she does not intend her work to be seen as anti-nuclear propaganda.

Actually, the filmmaker is sympathetic to the views of some supporters of the Rokkasho reprocessing plant. "Advocates and opponents are not enemies. At times, they can understand or sympathize with each other, which could lead to a solution of some kind," she said. "I hope my documentaries can offer the audience food for thought."

* * *

For more information about the movie, visit .(IHT/Asahi: July 4,2008)



ハワイ2

 先週の日曜日にハワイ大学で上映をしていただきました。上映会に先立って、ハワイのテレビで紹介していただきました。映像をここから観ることができます。
http://kgmb9.com/main/content/view/8161/40/
主催してくださったサーフライダーズファウンデーションからの報告では様々な人々が参加してくださってとっても有意義な上映会だったそうです。上映会の模様はこちら。
ハワイ1
ハワイ3


この上映会が持続可能な社会を築く、新しいネットワークへの大きなステップになることを期待しています。主催してくれたサーファーの皆さんに感謝を込めて MAHALO!

kama

アル・ゴア 疑惑の結論

テーマ:
世界中を席巻した「不都合な真実」。あの映画の中にはアル・ゴアの原発に対する考え方が全く述べられていませんでした。私はずっと、ゴアさんはどう思っているのかな??と疑問を抱えていました。それが、はっきりしたのです!あるメーリングリストのメンバーの方が調べて下さいました。その方のメールを引用させていただきます。
不都合
「WISE(World Information Servise on Energy)のサイトに、
アル・ゴアの 原子力についてのコメントが載っています。
http://www10.antenna.nl/wise/

「原子力は、地球温暖化の解決策にはならない」として、
彼は 五つの理由をあげています。
1)長期間におよぶ核廃棄物の保管
2)事故の危険
3)テロ攻撃に脆弱であること
4)経済性
5)核拡散の問題
 「私が副大統領だった8年間、核拡散問題はつねに原発計画と関連していた。」これは 「いつ、どこでの発言なのか」というと、2006年11月17日、オーストラリアを訪問した際のものでした。 
http://www.theage.com.au/news/national/the-truth-nuclear-is-not-the-answer/2006/11/16/1163266712885.html

NIRS(Nuclear Information and Resource Service)「原子力資料情報サービス」(アメリカ版の原子力資料情報室 )のサイトにも、こんなのが載っています。
http://www.nirs.org/climate/cop6/goreletter.htm

こちらは、NIRSの理事からの問合せに答えたもの。この中でも、彼は「原子力発電への依存度をあげることには反対。原子力と大型水力発電はやめて、その代わりに エネルギー効率を上げることと再生可能エネルギーへの投資を増やすべき」と述べています。」

うん、すごくすっきりと疑惑が晴れました。彼の意見というものが明快になりましたね。

kama

 自然エネルギーの可能性を提言し、エネルギー政策の転換を具体的に主張している環境エネルギー政策研究所から以下のようなコメントがありました。みなさんとシェアしたいと思います。

or immediate release
7 JULY 2007

洞爺湖サミットの合意は気候変動を防止しない日本は大きな機会を逃した。洞爺湖に集う首脳たちは、本日、北海道洞爺湖サミットにおける気候変動のテ キスト部分について合意した。米国・ロシアの反対により全体合意ができなかった「2050年で半減」につい て、国連のプロセスに期待するとして、G8各国全体が合意を行ったことは、か ろうじて昨年のハイリゲンダムからの小さな進展である。しかし、そもそも、再度G8で、長期の目標についてこれだけ多くの時間を割い て議題として合意しなくてはならなかったのか。NGOだけではなく多くの国や国際機関が、より重要で緊急性の高い先進国の具体的な中期目標の発表が、特に日本に対してG8前に必要だと繰り返し求めたにもかかわらず、福田首相は頑としてその要請を受け入れなかった。どころか、 緊急かつ深刻な気候変動の影響を最小限に抑えるために先進国は2020年に 25-40%の削減が必要であるという、最新の科学的知見が示す数字ではなく、「実現可能性のある数字が必要」「できる可能性がある数字を述べる」などと 述べている。中期目標は、できる可能性がある数字ではなく、絶対にやらなくてはならない数字であり、果たせないとしたら、大きな自然環境の変化と経済 的損失と、多数の人々の生活や命に深刻な影響を及ぼす。

また、日本におけるエネルギー政策の失敗を反映し、気候変動政策の肝であるエネルギー政策については、低炭素社会へ転換するためもっとも重要な自然エ ネルギーの大胆かつ具体的な促進の合意はなく、「長期的に化石燃料への依存を減らす上での、重要な役割を認識する」という、とても弱い表現になってし まっている。

2050年には、G8に集う首脳たちはすでに首脳ではないし政治家でもないだろ う。ただし、もっとも損をしたのは、日本であり、福田首相は、気候変動を解 決する先鞭を果たし世界から評価され、日本の市民から歓迎される、という大 きな機会を失ったのだ。

まだG8は終了しておらず、明日は主要経済大国会合(MEM)が開催される。す でに大きな成果は期待できそうにないが、わたしたちは、サミットの終了まで 結果を見守ると共に、G8リーダーたちの最後の良心を期待している。


CONTACT: 大林ミカ
特定非営利活動法人環境エネルギー政策研究所
at: 洞爺湖・ルスツリゾート


kama
予想通り、福田首相は温暖化対策に原発を推進すると言ってしまいました。それに対してアルジャジーラはこんな報道をしています。


http://english.aljazeera.net/news/asia-pacific/2008/07/20087662748650882.html

字幕はついていないのですが、「福田首相は原発推進だと言っているが、それに反して最大の原発、柏崎・刈羽は地震で止まったままであり、再稼動が懸念されている。また北海道の隣の青森県六ヶ所村ではプルトニウムが溜めこまれ、IAEAの懸念するところとなっている。日本は原発よりも自然エネルギーを促進するようにIAEAから勧告されている。なによりも、核物質の拡散が世界の趨勢と反対だということが問題視されている」と述べています。日本のメディアの伝え方と全然違いますね。

>「六ヶ所村通信no.4」の上映がどんどん広がっています。石川県ではこんな素敵なバーで上映されます。覗いて観てください。 full moon cafe
http://www.fullmooncafe.info/


kama
洞爺湖サミットが7日から始まりますね。
日本はエネルギーの根幹を原子力に据え、再処理路線をとって
いるわけですが、自然エネルギーが先進国中、最低の1.3%。
これを20年までに1.6%にしようというもの。
デンマークは風力だけで22%をまかなっています。
世界中が太陽光や風力を進める政策をとり支援を具体的に
効果的に行っています。日本はこの政策支援が弱い。
だから増えないという悪循環です。
原発がどうのこうの言う前に自然エネルギーが増えることは
安全保障にもつながると思います。
石油に頼らない社会をスウェーデンでは着々と構築しています。

石油なしにエネルギーを作る道を開いておかなければいけないのです。
原発もまた石油が必要です。
以前、六ヶ所再処理工場の副社長に再処理工場の電気代を聞いたら、
年間50億強だという答えでした。これはものすごい電力消費量ですよね。 
電気を再処理工場は作っているわけではない、
プルトニウムを作っているのですが、
とてつもなく電気を使っているのですね。


>風車

それからガラス固化体の製造がやはりうまくいっていないようです。
東奥日報は、溶融炉の下部にあり、ガラスを流下させる際に使う
高周波加熱コイルに不具合が生じた可能性があると伝えています。前例がない。
再開の見込みは全く立っていない。とも。



ちょっと話しは変わりますが、こんなニュースが。気になります。
速報764号 忍び寄る環境破壊──謎の答えはミツバチに聞け
http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/message/790
kama