週間「モーニング」を私は愛読しています。井上雅彦の「バガボンド」の絵が素晴らしい。「とりぱん」も野鳥と主人公の攻防がおもしろいです。そして弘兼憲史の「専務 島耕作」を今回ご紹介しようと思います。


simakousaku


今、出ている号ですが島専務は高速増殖炉の実験炉である「もんじゅ」の視察に行きます。案内の原子力研究機構の職員が「他の原子炉に比べると建設費も安くコストパフォーマンスは格段にいいですよ」と説明、見学の後いった居酒屋の女将に質問されて「「もんじゅ」はウラン238をプルトニウムゆう物質に変えることが出来る、これがよう燃えるんや!そのプルトニウムを燃やしながら同時にウラン238を効率よくプルトニウムに変えてゆく・・・例えてゆうならメシ食ったらウンコが出るそのウンコは栄養たっぷりなのでそれをうまく料理してまた食べるそこから出たウンコをまた料理して食べるこれを何度も繰り返すことができるんや」(女将)「その例え、よくわかったわリサイクルね!それなら燃料費もかからない」(職員)「ウランの埋蔵量は85年やけどこの新技術を使えば数千年分のエネルギーを確保できるんや。さらに温暖化の原因となるCO2を殆ど出さないで環境保護にも抜群の効果がある」(女将)「じゃ、世界中が高速増殖炉っていうの?それにしたらいいんじゃない?」「もちろん日本だけじゃなくフランス インド ロシアはすでに運転しているし、中国も実験炉を建設中や。近い将来高速増殖炉を世界中が使うことになるのは間違いない、なぜなら21世紀半ばには世界の人口は90億人を突破する。その後石油はこの世からなくなってしまう。はっきりゆうて原発反対なんて言ってる場合じゃないんや。そのことをもっと日本人は知らなあかんとおもうけどな・・・」島専務の会社は原発事業に新たに進出するという設定です。


monju もんじゅ

以上の漫画のシーンを読むと「もんじゅ」「原発」いいんじゃない、と誰でも思うのではないだろうか。しかし、また別の視点から見た情報もあるのでこの漫画のシーンで語られていることが正確かどうか疑問に感じることがある。例えば「コストパフォーマンスがいい」というが、12年前に「もんじゅ」はナトリウム漏れ事故を起こしそれを隠蔽する工作もあった過程で当時の職員が一人自殺をしている。以来、12年間、この炉を維持するために年間100億、通算1200億が投入された。もちろん税金である。そして高速増殖炉の建設には6000億かかるといわれている。「もんじゅ」はまだ実験炉にしか過ぎない、これから実証炉を建て、商業用の炉を建てて実用化するまでに政府は100年かかるだろうと言っている。これをコストパフォーマンスがいいと単純にいえるだろうか。燃料であるプルトニウムを取りだすために六ヶ所に建設された再処理工場は建設費2兆2千億円。稼動すればその後始末に19兆円かかるとされている。この炉の開発に日本は1兆524億円を既に費やしている。

2つ目は「フランス、インド、ロシアはすで運転している」-だが、フランスは高速増殖炉の開発に関しては断念、今あるフェニックスも来年は閉鎖されることになっている。インドのものもロシアも軍事用で発電用ではない。ロシアにおいてはプルトニウムすら燃料にしていない!ここはだから事実誤認としかいえない発言でしょう。三つ目「リサイクルね!」ですが、高速増殖炉はたとえ稼動したとしても「ウンコを料理して食べる」まで46年かかります。二倍のプルトニウムを燃料として

取り出すのに46年から90年かかるのです。この間に炉の寿命が尽きてしまいます。それはこの種の炉の使用済み燃料があまりにも毒性が高く、再処理するのに冷却期間が長くかかるからです。これでは一基の高速増殖炉が出した「ウンコ」を再び料理して食べるなど、できないのですよ。以上の事を作者の弘兼さんが知っていたのかどうか、私には解りませんが、確実にこの漫画が発したメッセージは伝わり、しかもその中身は正確ではないという問題が残るのです。

kama



AD

お久しぶりです。やってもやってもおいつかない仕事にちょっとへこたれていました。そしたらなんとはしかが流行し、上映会が一つ期日変更になってしまいました。中央大学の上映委員会の皆さん、がっかりしないで7月の上映に向けてリセット、リフレッシュしましょう!!ところでこんど青森県で県知事選が6月3日にあります。ちょっと用事があって青森にでかけたついでに町のあちこちでお話を聞いてみました。今回は現職三村知事の圧倒的な優位がマスコミによって伝えられています。30代のタクシーの運転手の方は「友達にたのまれたから、自民党にいれるがな・・」とおっしゃってました。「子どもはひとりだけ、二人目は、学費がなああ」って。-自民党は子どもにとっていいことしてくれる?と聞くと「わがんねぇ」と。今日は四国徳島県にある小さな村をご紹介します。旧木頭村は30年かかって地元の人たちがダムの建設に反対し、日本で初めて住民が公共事業を止めました。裁判までもちこんで地域の環境を守ったのです。そこに一家で移り住んだ玄番真紀子さんとひょんなご縁で知り合うことになりました。玄番さんの本「やまもりのばばたち」は「協同・平和ジャーナリスト賞」を受賞していらっしゃいます。とっても面白くて一気に読めたそして物凄くためになる本でした。彼女自身の四こま漫画がついています。


やまもりばば
ダムを止めた村では、村長さんが「きとうむら」という会社を村人たちと作り、木頭村からおいしいものの発信を始めた。http://www.kitomura.jp/index.html  私が試しておいしかったのは柚子ジャム、ゆずみつ、柚子マンジュ。柚子が名産の村なんです。足元にある自然と暮らしから作り出された数々の商品はどれも手作りの手触りがして、かえって贅沢な趣があります。玄番さんは「きとうむら」で働きながら通信の編集もしていらっしゃいます。その通算73号4月号表紙がこれです。


きとうむら通信
この号に現「きとうむら」の社長さんの日野雄策さんの文章が載っています。素晴らしいのでここにご紹介します。

すべては自分たちに返ってくる・・・・合併後の那賀町が、とんでもないことでマスコミをにぎわしています。全国ニュースで取り上げられただけにすでにご存知の方もおられると思いますが、就任二年目の那賀町長が公金横領の疑いの中、行方不明になっているのです。横領額はなんと三億八千万円。その町長は、合併する前の鷲敷町時代の収入役と

町長を歴任していたころから公金に手をつけていたとか。そんなこととも知らず町民は彼を町長に選んだのでした。「きとうむら」は旧木頭村の第三セクターだけに、合併後はその株が那賀町に移管されました。そのため私は町長と会って、会社のことを話した経緯があります。しかし、そのときの印象はどこか上の空で、親身になって話を聞くでもなく他人事のようでした。これが新しい町長かとがっかりしたのを思い出します。そして今回の事件の発覚。私からすれば、とうとうメッキがはげたという感覚ですが、彼に票を入れた人々はだまされたわけで、さぞ悔しい思いでいっぱいでしょう。私が「きとうむら」にかかわった7年間は、ダムが中止となり、藤田さんが木頭村長選で破れ、円籐徳島県知事が収賄で逮捕され、町村合併があり、そして今回の町長の横領・・・と、政治にまつわる事件に振り回された年月でした。ただ、それでも民主主義が存在し、選挙によって政治はなされているのです。そしてこれらの事件をみるにつけ思うのは、その恩恵も報いも、すべて自分達に返ってくるのだということです。時は統一地方選挙、参議院選挙の真っ只中。人間関係や仕事関係のお付き合いの一つとして扱われがちな私たちの一票は、本来の意味を失い、結果として私たちの首をしめることにもなりかねません。そのことをわすれることなく、人を見極め、真実を見極め、未来を見極めた一票を大切にしたいものです。政治の腐敗は、民度の低さであり、自分の票を軽んじた選挙民自身の罪。そのことを肝に銘じ、投票を行いましょう。」

kama


AD

ご報告が遅れましたが、4月16日~21日に石川県で行われた
「六ヶ所村ラプソディー」連続チャリティー上映会をはじめとし
たイベントで集めた義援金215,000円(一次ぶん)を、アースデイいしかわ実行委員のメ
ンバーが現地に直接お届けしました。
(第二次の義援金については後日ご報告いたします。)

チャリティー上映会を申し出ていただいた鎌仲ひとみ監督、
映画を鑑賞・募金してくださったみなさま、本当にありがと
うございました。
写真などもありますので、お誘いいただいたご友人にも、どうぞ
お知らせ下さい。


「アースデイ石川ブログ」
http://streetarts.sub.jp/edkblog/
http://streetarts.jp/edkblog/?p=132#more-132

(以下、ホームページより)

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

ご報告が遅れましたが、去る5月2日、ひとまず、アースデイ石川実行委員会として集めた能登半島地震義援金を各地の自治体に直接届けて来ることができました。

特に、『六ヶ所村ラプソディー』石川県内6箇所上映会でフィルム提供ご協力いただきました、
配給元:(株)グループ現代
監督: 鎌仲ひとみ
プロデューサー:小泉修吉
各上映場所:
□称名寺
□麦工房
□常讃寺
□常福寺
□ネイチャー・ラボ
□能登カフェ
□香林坊ハーバー
そしてもちろん、それを見に来てくださった皆さん、のおかげで実現することができました。

いやいや、義援金は映画の上映会だけではなく、書ききれないほどの皆さんからお寄せいただきました。
この場をお借りして、御礼申し上げます。


・・・・・・・・・・・・


ありがとうございました。



<えひめAI>

えひめAIとは、今、アースデイ石川実行委員会がテスト中の
家庭でつくれる環境浄化微生物です。
http://streetarts.jp/edkblog/?page_id=59

AD

六ヶ所村の「花とハーブの里」でチューリップ祭りが始まりました。今年は暖かいから去年と違って少しお花さんたちもリラックスしているみたい。牛小屋にはカフェもオープンします。とってもおいしいパスタがあるみたいですよ!!ぜひ、行ってみて下さい。映画にも出て来た山内さんから写真を提供してもらいました。



turip3

turip2

turip1
山内さんのHPはこちらもっともっと素敵な写真が満載、例の猫ちゃんもいます。http://peaceland.jp

今日、ブログのバナーを新しくしました。これは徳島で活躍するイラストレーターの武市りえさんが作ってくれました。彼女の明るくカラフルなイラストはこちらで見ることができます、ぜひ訪ねて下さい。

http://rie-takeichi.com/

http://rie-takeichi.com/hana/

http://photoshop.jpn.org/pro/


kama