ubuzora
劇場公開中のポレポレ東中野のロビーでDMを配布している、朗読風味劇『うぶぞら』ぜひご覧になってください。この劇は『女劇TOKYO23KU』という女優ユニットさんが演じる劇です。
昨年十二月に原爆・原発を元にした朗読劇『うぶぞら』は上演され、再上映がきまりました。
2/9-11です。ぜひ!


23ku

『女劇TOKYO23KU』の団体詳細は
http://onnageki-tokyo23ku.com/
稽古日記ブログ
http://blog.onnageki-tokyo23ku.com/

『六ヶ所村ラプソディ-』ブログと相互リンクしています。


AD

29日はミュージシャンSUGIZOさんとトークします。

坂本龍一さんを始めとするアーティストがつぎつぎと六ヶ所に関して

コミットし始めました。その中でもSUGIZOさんは最も積極的に発言している一人です。


今日、下村さんとトークした中に出てきたのですが、この話題、つまり六ヶ所村や

原発をテーマにした番組を放送すると視聴率がどーんと落ちるのだそうです。

だからテレビ局は視聴者が興味がないと判断するのだそうです。


原子力や核の問題は一種タブーになってきたところがあります。

だからこれまで情報公開が十分にされなかったのです。

この問題にコミットすることをステイタスのある人たちは避けてきました。


ですからSUGIZOさんが六ヶ所村に関して発言することはある意味、とっても

スゴイことです。 やはりリスクがあると思います。

それなのになぜ、SUGIZOさんはこの問題に関してコミットする事にしたのでしょうか?

明日のトークはいろいろとSUGIZOさんに聞きたい事がいっぱいあります。


楽しみです!!


kama






AD

28日のトークは下村健一さん をゲストにお迎えします。

http://www.ken1.tv/


下村さんはTBSのテレビ番組NEWS23やラジオ番組「下村健一の目のツケドコロ」

http://www.tbs.co.jp/radio/np/eye/

のホストとして知られています。職業は市民メディア・アドバイザー。


私もかつてニューヨークに住んでいたときにメディアをメディアで批判する、市民メディアグループ
「ペーパータイガー」に参加していました。アメリカでは子どもから老人まで自分たちで映像メディアを作ってパブリックアクセスと呼ばれる市民テレビで自由に放送する権利を行使しています。日本はまだまだですが、そんな日本の市民メディア最前線を走っているのがこの方なんです。


マスメディアはどうしてもいろいろな偏りを持ってしまう本来的な特性があります。公共の電波であること、スポンサーがお金を出していること、その理由はいろいろですがその偏りにバランスを回復させるのがもう一つのメディアを市民が作ることなのです。


かつてNHKの番組を作っていた私はNHKというマスの場に決してのってこないテーマを持ち込むことに意義を感じて作っていました。しかし、作品作りの場を前作「ヒバクシャー世界の終わりに」から今回の「六ヶ所村ラプソディー」までは自主制作メディアにシフトしています。というのも、マスメディアの場に限界を感じたからです。そこにはもちろん大きな可能性が依然としてあります。しかし、この二作品のテーマでは無理でした。


こんなことを言うとかっこよすぎるかな、って思いますが、道なき道を歩いてきたという感じです。核、そして原子力というテーマで自主映画。ちょっとハードルが高い感じですよね。それでも、私は私自身の無知から出発し、シナリオのない映画作りを、私たちが生きる今の時代を描くことを目指してきました。もちろん、ちょっとつらいな、と思うときもあります。そんな時、下村さんの活動や発言に触れたり、はっとさせられたり、どんなに励まされてきたことでしょう。


市民がメディアを作る意味が今ほど大事な時代はない、そこは私と下村さんはまったく同じだと思っています。取材カメラを持って下村さんはやってきます。劇場も取材の場に変わります、ぜひその現場に市民の一人として、観客として御参加下さい。

ハプニングが待ち受けているかもしれませんよ~~。


kama



AD

地球防衛軍

テーマ:

1/27(土) 13:20の回終了後15:20から
鎌仲ひとみ監督と吉本多香美さん 女優
http://www.actorspro.com/agency/womans/yoshimoto.html


明日はトークショーのゲストに吉本多香美さんが来て下さいます。

「ウルトラマンティガ」のレナ隊員といえば誰でも知っていらしゃるのではないでしょうか?


吉本さんとの出会いは池袋にあるとっても居心地のいい居酒屋、「たまにはTSUKIでも眺めましょ」です。

つい最近ここが読売新聞に紹介されました。

http://job.yomiuri.co.jp/corporate/idomu/co_id_06122801.cfm


記事を読んでくださったら解りますが、環境や食べ物に関する情報を押し付けがましくない形で

発信し、食材にも独自の配慮をしています。店主とはもう3年来の付き合いになります。

行くとほっとするし、楽しい仲間が集うお店です。


吉本さんが映画を観て、いろいろと考えたり感じたりしたことや、これからではどうしたらいいのかな?など気軽におしゃべりができたらいいな、と思っています。

吉本さん自身が最近、どんな事に興味があり、何に取り組んでいらっしゃるのか、ものすごく興味深い事が聞けるような予感がしています。

ぜひぜひ、ポレポレにいらしてください!


kama



劇場トークショー情報

テーマ:
18:20からのトークショーは18:40からの上映をご覧になるお客様対象となります。お早めにご来場ください。

2007年1月13日(土)10:40から

鎌仲ひとみ監督と藤田祐幸先生(物理学者)
藤田祐幸アンソロジー
http://ameblo.jp/rokkasho/entry-10022079064.html

2007年1月21日(日)10:40から
鎌仲ひとみ監督と小出裕章
先生(京都大学原子炉研究助手・六ヶ所村ラプソディーにも出演)
原子力安全研究グループ
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/

1/27(土) 13:20の回終了後15:20から
鎌仲ひとみ監督と吉本多香美さん 女優
http://www.actorspro.com/agency/womans/yoshimoto.html

1/27(土) 18:20から
鎌仲ひとみトークショー

1/28(日) 18:20から
鎌仲ひとみ監督と下村健一さん  
(市民メディア・アドバイザー)
http://www.ken1.tv/
Stickamでインターネット生中継致します。
コチラからご覧ください。
http://www.stickam.jp/profile/6rhapsody
stickam


1/29(月) 18:20から
鎌仲ひとみ監督とSUGIZOさん
(ミュージシャン)
http://www.sugizo.com/


kikukawasan

1/30(火) 18:20から
鎌仲ひとみ監督と菊川慶子さん
(六ヶ所村花とハーブの里運営・出演者)
http://www.r66.7-dj.com/~ushigoya/


kagi


2/1 (木) 16:00『ヒバクシャー世界の終わりに』上映後
鎌仲監督と佐藤真紀さん
JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)事務局長
限りなき義理の愛作戦実行中!http://www.jim-net.net

dearpyongyang
2/3(土) 13:20から 
鎌仲ひとみ監督とヤン・ヨンヒ監督
映像作家。映画[ Dear Pyongyang ー ディア・ピョンヤン ] 監督
http://www.film.cheon.jp/ 

2/4(日) 18:20から 
鎌仲ひとみ監督と大林ミカさん
環境エネルギー政策研究所
http://www.isep.or.jp/





2/3(土)17:20からトークイベント鎌仲ひとみ監督×伯宮幸明氏 を開きます。

伯宮幸明さんは『天上のシンフォニー』の著者です。
昨年の東京での自主上映会で『六ヶ所村ラプソディー』を観て伝えるという行動を起こしています。
伯宮さんが主催しているウェブサイト「Zen・クエスト http://www.zenquest.net/ 」には「六ヶ所再処理工場」を伝えるページがあります。

プロジェクト13(6「六ヶ所村」+7「天上のシンフォニー」=13)
http://www.zenquest.net/project13.html

伯宮 幸明
天上のシンフォニー
http://moura.jp/liter/sgt_book/

伯宮 幸明さんのブログ(『六ヶ所村ラプソディー』の感想が書かれているページ)
http://ameblo.jp/column-takamiya/entry-10015775588.html

[テーマ]後日発表!
[日時]2月3日(土曜日)17時20分から
[場所]ポレポレ坐カフェ奥のイベントスペース
地図 http://www.mmjp.or.jp/pole2/map.htm
[参加費]800円
『六ヶ所村ラプソディー』の特別鑑賞券1200円も販売いたします。
[参加申し込み]グループ現代/澤口 kayos@g-gendai.co.jp 03-3341-2863
メールまたは電話にでご予約ください。
当日参加も大歓迎です。

科学者との対話

テーマ:

「六ヶ所村ラプソディー」にも登場してくださっている小出裕章さんと21日(日)10時30ごろからトークをします。

小出さんは京都大学の原子力研究所に勤務していらっしゃる科学者です。

取材に行った時は全部で二時間にわたるインタビューを快く引き受けて下さいました。

映画に入ったのはほんの一部にしかすぎません。


私たちが思い描く科学者とはどんなイメージでしょうか?


私は映画の中に生身の人間のリアリティと生活実感をいかに自然に描くかに苦心します。

小出さんもまた,抽象的になりがちな、科学を私たちの生活に橋を渡してくださる稀有な科学者であると感じています。

しかも、原子力テクノロジーという複雑で理解しにくい、科学の姿や私たちにとってそれはどういう意味があるのか、本当に平易に端的に教えてくださいます。

その姿は、とってもかっこいいーのです。


皆様劇場でぜひ小出さんの語りに耳を傾けて下さい。


kama

地球データマップ

テーマ:

datamap

NHK教育テレビの番組「地球データマップ」は、持続可能性に関する世界や地球のさまざまな問題を、
地図やデータを用いながら考えていこう、という中国・高校生向けのシリーズの番組です。

第12回に放送された「汚染される惑星」のページで『六ヶ所村ラプソディー』が紹介されています。
http://www.nhk.or.jp/datamap/ja/frame.html

NHK 教育テレビ
毎週木曜日午前11時30分から50分まで
2006年4月スタート!
http://www.nhk.or.jp/datamap