アーユルカオリのアーユルヴェーダ料理とヨガ

南インド・ケララ州などで習得した調理技術や知識を活かし、アーユルヴェーダ料理のクッキング教室、出張料理、イベント、レクチャーなどを開催。2015 年に満を持してアーユルヴェーダレストラン「Ayurda」を1年限定オープン。


テーマ:

さてさて日本に帰って来て1週間以上がたちますが、ケララでのアーユルヴェーダリゾート、ソーマティーラムでの続きです。

 
今回は食事について。
ここでの食事は基本的にビュッフェ形式。朝食、昼食、ディナーと毎回、毎日違うメニューがずらりと並びます。
 
{A214715C-E736-4781-960E-BF17D4A2987C}

 
アーユルヴェーダは、作ってから3〜4時間以内に食べるのがベストと言っています。都会では贅沢となってしまったそんな当たり前のことが、ここでは毎日思う存分(^ ^)
 
でも、数ある中から何を食べればいいの?と思うでしょう。こちらでは、最初のドクターとのカウンセリングの際に、食事のアドバイスももらえるので安心です。
 
プリントアウトに書いてあるアイテムから選んでいくことができます。
 
また、私からも体質にあった食事法のレクチャーをさせていただきました。
 
さらに体調によって特別な食事が必要な方は、専用のメニューが毎食用意されます。
 
アーユルヴェーダ料理を教える身としてもどんなメニューか毎日ワクワクです。
 
 
 
{F9B62D74-E765-4FC7-9154-008939BBA712}


 
朝食のオムレツ以外は基本すべてベジタリアン。こんな風に、一つ一つ料理の名前と合っている体質、野菜の見本が置かれています。
 
ちなみに、ここのアヴィヤル(野菜をココナッツとヨーグルトで炊いたケララ料理)と野菜のトーラン(野菜のココナッツ炒め)は毎回絶品でした❣️
 
 
 
{9E4AFE40-1700-4B12-B2DF-732935DC13F9}


 
そしてこんなに素敵なケララのイケメンスタッフ君がフタを開けてくれます。笑
 
優しいスタッフの方達がいつも対応してくれ、けらの海を眺めながらのんびりご飯、なんて本当に贅沢な時間です。
 
ご飯を作る時間もとても愛おしいですが、2週間という時間を自分の身体と心のために仕えることは一番の薬となります。

ソーマティーラムに滞在する方はほとんどがヨーロッパかロシアからの方々。そんな方達でも食べやすいように味付けをマイルドにしたり、パスタ、パン、サラダなどヨーロッパ風な料理も出されます。

朝食はパン、サラダ、オムレツ、グラノーラと言った西洋スタンダード朝食の他、ケララ朝食の定番のドーサ(米粉や麦のクレープ)やイドリ(発酵させた米粉のパン)にチャツネも。
 
{FE515640-B8DE-4307-BD20-9AF1012912CA}


 
(ピッタな私のご飯はいつも緑色か白色でした!笑)
 
新鮮なココナッツを使ったケララアーユルヴェーダ料理は本当に美味しい。

ランチもディナーも、療養中にふさわしい薄味のスープやアーユルヴェーダのお粥、キチョリーが必ず出ています。
 
夜はその場でチャパティやドーサを焼いてくれ、そして毎晩、インド古典音楽のライブ演奏も。かなりレベルの高い演奏家もちらほら。
 
{EE19BDC3-DE03-4124-9BDE-09EF4D51B1B2}

このように楽しいご飯の時間ですが、最大のチャレンジは、ドクターからのアドバイスはあるものの、自分の体質と食欲、消化力に合わせた食事を自分で決めて食べることでしょう。
 
ビュッフェスタイルとなるとチャレンジ度が一気に上がります。笑
 
あまりの美味しさについつい食べすぎたり、特に夜はケララのデザートがたくさん並べられるので、誘惑は日本にいるのと変わりません。
 
けれどみなさん、最初はテンションが上がり食べすぎていても、徐々に自分本来の食事が意識できるようになってきます。
 
美味しい食事をすることは人生に楽しさと満足感をもたらしてくれますが、実は表面的な満足感とすりかえている場合が多いのです。
 
特に、本当に満足できない心の内側を食べることの満足感にすり替えようとしてしまいます。
 
子供の時に、ダダをこねると周りの大人がお菓子をくれる…困ったことがあったときは食べ物でごまかす、こんな習慣がいつの間にかついてしまっていることも。
 
自分の身体に必要なものを必要なだけ食べる。簡単なようでとても難しい気づき。
 
現代の病気は飽食に由来するものがほとんどと言われます。
 
美味しいからといって毎日そればかり食べていませんか?
好きだからといって自分の体質に合っていると思い込んでいませんか?
「もったいないから」と言って食べ過ぎていませんか?
体質に合わないと知りながら「せっかくだから」と言ってついつい食べていませんか?
腹持ちがいいことを「消化しにくい」ということと取り違えていませんか?
「どうせ太ってるから」「どうせ病気だから」と言って暴飲暴食していませんか?

食べ過ぎた時、合わないものを食べた時の身体からのサインは次のようなものです。

・ゲップ、おならがでる
・身体、胃、心が重くなる
・眠くなる
・集中できなくなる
・お腹いっぱいなのにもっと食べたいと思う

アーユルヴェーダ的な食事とは、食べた後に軽い、身体は健やかに、心は穏やかに感じる食事。

 
 
人間の身体は、今日食べたお米を明日には血に、身体に変えることができる素晴らしいマシーンです。
 
健康な身体と心があってこそ、本当の自分と繋がり、やりたいことがすんなりとできるようになります。
 
この身体は自分で作ったわけではなく、命の営みの中で与えられたものでした。身体を作った存在である神様は、私たちが人生の目的を達成するために素晴らしい身体をくれました。これをきちんとメンテするのは私たち一人一人の責任。
 
この素晴らしい身体には自己治癒能力が備わっています。
普段からメンテして入れば、時々破目を外したって大丈夫♪
 
自分の体質を知れば、学びと気づきを重ねながら、食事によるメンテナンスの方法もわかるようになります。
(続く)

----------------------------------------------------------

【体質別料理が学べる!アーユルヴェーダビューティー&ニュートリションコース開催(全5回)】

 

東京週末コース 3/25, 4/1, 8, 15, 22

@Atelier ChaCha(板橋)*キャンセル待ち

 

京都平日コース 5/11, 15, 18, 22, 25

@Space Lagu(京都衣笠)*受付中

 

https://www.facebook.com/events/240168926427310

----------------------------------------------------------
 
【4月アーユルヴェーダ料理教室(単発)】
 

2017年4月9日(日)11:00~14:00

2017年4月10日(月)11:00~14:00

場所・ご予約:Cross Kitchen(青山)

----------------------------------------------------------
 
*出張料理教室、アーユルヴェーダレクチャー、アーユルヴェーダ体質カウンセリングなどお受付しています。直接ご連絡くださいませ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「一番の薬は休むこと」とアーユルヴェーダも言う通り、ここに来てから数日で、神経が解けていくのを感じました。

日本でも休んでいるつもりでしたが、常にモニターを見ていたり、誰かに返信していたり、「何もしない」ただ自分を感じる時間がどれだけなかったかを改めて実感です。

{209E9E31-FBF7-44FC-83A7-0D4475DEF6BC}



日本の文化は気遣いと心遣いの素晴らしい文化を持っていて、初めて日本に来た海外の方はまずそれに驚きます。「日本の方はなんて礼儀正しいんだろう」

それは私たちの誇る文化ですが、中にいるとそればかりになってしまって、「こうしなくてはいけない」かいっぱいになってしまうようです。意識していい加減にやろうと思っていてもなかなかハードルは高いものです(^^;;

ソーマティーラムの1日の流れはこんな感じです。

5:30 起床
7:15 呼吸法、瞑想のクラス
9:00 朝食
12:30 昼食
14:30 トリートメント
17:30 シャワー
19:00 夕食
22:00 就寝

トリートメントの時間は人によって違い、どの時間帯でもヨガのクラスが取れるように組まれています。

空いた時間は、私もアーユルヴェーダの基礎講座を少しだけさせていただきました。

それ以外は、ただ「ゆっくりする」。選択は自分でしましたが、それ以外の料理、掃除などの家事からは一切解放され、Wi-Fiもまあまあインド的に遅いですから(^^;;そこまでモニターを見る必要もなく、持って来た本をハンモックで読んだり、自分の向き合うため日記をつけたりしている参加者の方もいました。

{63027C67-D3DC-4B8D-BFF7-66EFA66149A9}



1〜2週間もただ自分のケアのために過ごせる時間は本当に贅沢であり、大切なものです。

鳥の声とともに目が覚め、夜のとばりとともに就寝。自然のリズムとともにあることは心に安らぎをもたらしてくれます。

ここは、病院とは違い出入り自由。施設の周りには外国人用のお土産やさんが並び、飽きることはありません。

車で15分程度のインド服おしゃれショップFabindiaに行ったり、トリヴァンドラムシティーへお買い物に行ったりしました。

朝や夕方には、近くのビーチで散歩することもできます。


{12398681-9988-4F24-8EF3-A66B2A5051FE}

本格的な治療のパンチャカルマの場合、絶対安静が必須条件ですが、ここは治療ではなくメンテの目的の方がほとんどなので、国際的な滞在者のみなさんも、思い思いに余暇を楽しんでいます。

(続く)

=====================

【体質別料理が学べる!アーユルヴェーダビューティー&ニュートリションコース開催(全5回)】

東京週末コース 3/25, 4/1, 8, 15, 22
@Atelier ChaCha(板橋)*キャンセル待ち

京都平日コース 5/11, 15, 18, 22, 25
@Space Lagu(京都衣笠)ご予約受付中


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
南インド、ケララ州にある世界初のアーユルヴェーダリゾート、ソーマティーラムでの2週間が終わりに近づいて来ました。

今回は、ご縁のある方々をお連れすることができました。8日間もしくは14日間でご一緒してくださいました。

{D7BA833D-5672-440C-BCB8-C2272FE4003B}

(施設内の様子。ハイシーズンにて常に満室。南国の温かい日差しと波の音、やわらかい風に癒されます)

ここは、アーユルヴェーダといってもリゾート施設ですので、インドにある本格的なアーユルヴェーダ病院とは違ってかなり開放的で、滞在中はホリデー気分(^ ^)

しかしリゾートとはいえ、経験値の高いドクターたちが常在し、訓練されたセラピストがしっかりケアしてくれます。

到着後はドクターのコンサルテーションを受け、症状や改善したいことに合わせて滞在中のトリートメント方針が決まります。

{BB6DBE53-10BF-4C7A-8A7E-BAF1A0C37421}
(コンサルテーション中、血圧を測っているところ)

トリートメント内容やオイルは一人一人違う処方です。また滞在中の食事アドバイスももらって、ビュッフェの中から選んで行きます。食事療法が必要な方には特別メニューが出されます。

毎日のトリートメントと担当のセラピストが決められ、毎日必要なお薬も処方されます。

{33A27552-DEEA-4CFC-B813-376125A1FF38}
(薬用ミルクでのシロダーラ。マインドをクーリングして穏やかにしてくれる作用があります)

トリートメントは、毎日2時間弱。体質にあったオイルでアビヤンガをした後は、パンチャカルマメニュー。

・薬用オイル点鼻による鼻洗浄
・薬草の煙による耳洗浄
・オイルを頭に垂らし続けるシロダーラ
・薬草の詰まったボールを蒸して身体に当てるハーブボール
・炊いたご飯が入ったボールを蒸して当てるライスボール
・薬用ミルクを身体にかけ続けるミルクダーラ
・頭上に筒を作ってオイルを入れるシロヴァスティ
・薬用オイルによる下剤
・薬用オイルによる浣腸
・薬用ギーによる目の洗浄
・脚でのマッサージ
・ハーブやクレイによるフェイス&ボディパック
・キュウリクリームやパパイヤクリームのフェイスマッサージ
・ニームリーフやライスパウダのフェイスパック

とメニューは日数とその人の症状にもよりますが、毎日色々なメニューが繰り広げられます。

トリートメントルームの前には常に大勢のスタッフがいてゲストを優しく迎えてくれます。

{4BDAB91F-DC53-4241-939A-09F05F5E9A82}



そして毎日、担当ドクターとの短いヘルスチェックがあり、毎日の変化や体調を見てもらい、必要に応じてプランを変更してくれます。

トリヴァンドラムまでは飛行機を最低一回は乗り継いで来なくてはいけません。シンガポール、マレーシア経由、デリー、ムンバイ経由などが便利ですが、最低15時間はかかります。

長旅の後、特にこの時期は寒い日本から突然の南国ですので、最初は身体が馴染むのに時間がかかり、特に初インドだとどうしても神経質になったり、心配が多くなったりしますが、長旅によるヴァータの乱れが落ち着けば、数日でリラックスムードに。

心が身体に追いついて来たらいよいよ自分の時間が始まります。(続く)




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
Dr.アヌパマと水野香織によるアーユルヴェーダの5日間コース、第二弾週末コース(東京3〜4月)と京都平日コース(5月)のご予約をスタートいたします。

毎週一回のペース(京都は週2)で、アーユルヴェーダの栄養学論理に基づいて、ドーシャ別のメニューの立て方と調理法実習、そして薬に頼らない生き方と女性の美をサポートするための贅沢なコース。

お料理は合計35品目以上にもなります。家での料理にも応用が利き、自分や家族にあったレパートリーを増やすことができます。
 


【こんな効果が】
◉食、健康、美容、女性のアーユルヴェーダを深く学ぶ
 ことができる
◉食べ物とスパイスが心と体に与える効果がわかる
◉体質に合わせたメニュー作りができるようになる
◉日本で馴染み深い素材をアーユルヴェーダに生かす
◉みんなのお腹と心が満足するベジタリアン
 アーユルヴェーダ料理を作れるようになる
◉アーユルヴェーダ的なスパイスの使い方と効能を
 マスターして、状況に合わせて使えるようになる
◉薬に頼らず、キッチンにあるもので体調を整える

【こんな方にオススメ】
◉自分の体質とバランスを知ってベストにしたい
◉家族やパートナーを支える知識と実践法を身に
 つけたい
◉平日にしっかり学びたい
◉ナチュラルなもので綺麗になりたい
◉将来、サロンなどを開きクライアントにあった料理も
 出したい
◉いろいろ試したけれど、結局どの食事法が自分に
 あっているのかわからない
◉料理に自信がない


***東京週末コース***

【1日目:3月25日(土)10:00 ~ 17:00】
COOKING  『アーユルヴェーダの養生食』
病気の時、食欲がない時に栄養を届けて自然治癒力を高めるメニュー:キチョリー、滋養スープ、アーユルヴェーダ粥、チャツネなど

LECTURE1 『私と食べ物のグナ(質)』
体を体を健康に、マインドをクリアに、心を穏やかにする食事の秘密。3つの質(グナ)サットヴァ、ラジャス、タマスを理解すれば食事の選び方が楽に。食事はお腹を膨らませるためでも、舌を満足させるものでもない。命のある食事で心と体をパワフルに!
 
LECTURE2 『温める食べ物、熱をとる食べ物』
メニューを選ぶ決め手はまず食べ物の熱性/冷性を知ることアーユルヴェーダ栄養学の第一歩。体への基本的な作用をマスター

LECTURE3 『6つの味(ラサ)の効果』
体質の体質のバランスをとる鍵は甘・酸・塩・辛・苦・渋の6つの味をマスターすること。気がつけば避けるべき味を取りすぎてしまうのが人間。正しく知ってバランスさせよう!


【2日目:4月1日(土)10:00 ~ 16:30】
COOKING  『ヴァータ(風)の料理教室』
忙しいヴァータを整えて心と肌に潤いと穏やかさをつくるメニューで冷え性、便秘、疲れ、乾燥を解消!
メニュー:アーモンドやお芋類のカレーや、ヴァータにいいスパイスと生姜をたっぷり使ったドライカレーやサブジ、酸味と丁度いい塩味でヴァータを整えます。

LECTURE1 『バタバタヴァータの整え方』
ヴァータの特徴、乱れやすいポイント、整え方、伸ばし方食べても太らない、忙しいのに休めない、頭のおしゃべりが止まらない、便秘と乾燥肌を繰り返す。。。こんな症状を整えるヒント満載。

LECTURE2 『間違った食べ合わせは肥満のもと!』
目から鱗!いいと思って作っていたバナナシェイクがNG!?間違った食べ合わせは未消化どころか毒になる!現代の食事生活がは、間違った食べ合わせを「美味しい」と感じています。体が受け付ける食べ合わせで毒をためない、負担をかけない食事にしましょう。


【3日目:4月8日(土)10:00 ~ 16:30】
COOKING  『ピッタ(火)の料理教室』
頑張り屋のピッタの熱を解放するメニューで、イライラ、完璧主義、湿疹、暑がり、ほてり、炎症を解消!
メニュー:瓜系、かぼちゃなどピッタの熱を鎮める野菜を使ったカレーやサブジ、解毒効果の高いハーブのチャツネ、熱を解放するスープなど

LECTURE1 『アツアツピッタの整え方』
ピッタの特徴、乱れやすいポイント、整え方、伸ばし方.なぜかついイライラ、つい自分も人も追い詰めてしまう、夜は突然目がさめる、胃酸や炎症に悩まされるその原因と整え方。

LECTURE2 『豆マスターになる!』
アーユルヴェーダに欠かせない豆料理。でも扱いが難しい?ひきわり?皮付き?生?固く煮る?柔らかく煮る?体質に合わせた豆の選び方、調理法がわかります!野菜中心にしたいけれど、たんぱく質の摂取が心配だったあなたのキッチンライフを助けてくれます。


【4日目:4月15日(土)10:00 ~ 16:30】
COOKING  『カファ(土)の料理教室』
マイペースなカファを活性化するメニューで、肥満、飽食、むくみ、出不精、気持ちの落ち込みを解消!辛味、苦味を生かしてカファを活性化する野菜に、たっぷりのスパイスを使ったカレーやアーユルヴェーダお惣菜。少量でも満足できる味の出し方。

LECTURE1 『のんびりカファの整え方』
カファの特徴、乱れやすいポイント、整え方、伸ばし方つい食べすぎ、甘いもの大好き、のんびりしたい、ついものが家にたまったり、感情を溜め込みすぎてしまうカファに合った整え方。

LECTURE2 『アーユルヴェーダと女性の身体』
月経を整えるための習慣、食事、ハーブ、ホームレメディ正常な月経とは?ピルを取らないでバランスする方法はある?女性の健康とバランスをサポートするアーユヴェーダの習慣を学びましょう。あまり人に相談できなかった疑問にもお答えします。


【5日目:4月22日(土)10:00 ~ 16:30】
COOKING  『おもてなしアーユルヴェーダ』
優しいだけじゃない、華やかで美味しいアーユルヴェーダベジタリアンビリヤニやパロタ、グルテンフリーのかき揚げ、南インド料理など、おもてなしに喜ばれるアーユヴェーダ料理を作ります。

LECTURE1 『フードメディスンマスターになる』
副作用ゼロ!キッチンにあるもので薬を作る!スパイスや野菜の効能を知れば、いざという時の役に立つ、だれにでもできるホームレメディ(家庭での治療法)をご紹介。

LECTURE2 『アーユルヴェーダビューティー』
ハーブ、野菜、スパイスを使って洗顔やパックで綺麗になる。女性の美しさをサポートするアーユヴェーダ。体質に合わせた素材の選び方、乱れやすいポイントの整え方などを学んで、自分の美しさを内側から引き出す。


【講師】Dr.アヌパマ(B.A.M.S)& 水野香織(アユルダ代表)
【開催場所】Atelier ChaCha
住所:東京都板橋区常盤台2
【定員】11名まで
【費用】72,000円(材料費、ランチ、テキスト、修了書含む)



------------------------------------------------------

***京都平日コース***

【日程】
1回目:5月11日(木)10:00 ~ 17:00
2回目:5月15日(月)10:00 ~ 16:30
3回目:5月18日(木)10:00 ~ 16:30
4回目:5月22日(月)10:00 ~ 16:30
5回目:5月25日(木)10:00 ~ 17:00

【場所】
Space Lagu(スペースラグ)
京都市北区衣笠(お申し込みの方に詳細をお伝え致します。)

*講師、講座内容、費用共に東京コースと同じ。
*講義の順番は前後する可能性がございます。
*アヌパマ先生は、東京からの1日参加となります。(最終日を予定)

------------------------------------------------------

【お申し込み、お問い合わせ】
kaorimizuno.info@gmail.comにメールもしくはFacebookメッセンジャーでご連絡ください。
(お名前、住所、電話番号記載の上)
受講料お振込み口座をお伝えいたします。
お振込後にご予約完了となります。

*メニューは予告なく変更になる場合がございます。何卒ご了承くださいませ。
*ご入金後の返金はできかねますのでご注意くださいませ
*直前のキャンセルにはキャンセル料がかかります。1週間前50%、3日前70%、前日100%
*お問い合わせのタイミングにかかわらず、お振込みが完了したからご予約完了となります。


【講師紹介】
Dr. アヌパマ Dr. Anupama Dharashive
経験あるアーユルヴェーダ医師であり教師。インドにてB.A.M.Sの学位を終了し、現在は日本に在住する一児の母。アーユルヴェーダ、ヨガ、自然療法の分野において10年以上の経験を有する。アーユルヴェーダにおける婦人尿の治療、パンチャカルマ、薬草学、ビューティーケア、妊婦のケア、育児法を専門とする。食事やライフスタイルのアドバイスも行う。臨床と理論療法の知識を有しておおり、様々なアーユルヴェーダ講座やコースをインドと日本で行う。

水野香織 Kaori Mizuno
広告代理店勤務の後、Dr. ニーマル・ラージ・ギャワリ師が運営するヨガスタジオのマネージャーを務める傍ら、ヨガティーチャートレーニング、アーユルヴェーダライフスタイルカウンセリングコースを修了。その後、世界中でヨガティーチャートレーニング等の通訳を11本務める。南インド・ケララ州のアーユルヴェーダセンターGreens Ayurなどで習得した調理技術や知識を生かし、アーユルヴェーダ料理のクッキング教室、出張料理、イベント、レクチャーなどを開催。2015年に満を持して1年限定のアーユルヴェーダレストラン「Ayurda」を1年限定でオープン。現在は表参道のTrueberryにてメニューを監修。東京(Cross Kitchen)と京都の両方で料理教室を定期開催。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ニーマル先生によるチャクラ瞑想ワークショップを京都で開催できることになりました!

 

ニーマル先生は、私の最初のアーユルヴェーダの先生であり、長年のヨガと瞑想の先生です。ヨガ、瞑想、アーユルヴェーダを習い、私の人生は大きく変わっていきました。

 

8年前は、会社をやめてフリーになることは夢にも思っていなかったし、まさかアーユルヴェーダ料理を専門にするなんて全然思っていませんでした。笑

 

自分の能力を開花させていくこと、自分を信じること、自分を高めていくこと、疑いの心を超えること、たくさん教えてもらいました。

 

瞑想は、最初は一人でやって炒るとなかなかできないものですが、瞑想マスターのような方と一緒に瞑想をすることで、エネルギーが整い「これが瞑想か」っていう感覚が徐々に養われていきます。

 

私も、このニーマル先生のチャクラ瞑想ワークショップで、実際にチャクラを感じることができました。エネルギーの流れ、開き方、色、など、教科書で言われて言われていることはあながち嘘ではないんだ、とぼんやりですが実感することができました。

 

もちろん個人差はあると思いますが、でも確実に言えることは、瞑想には「場」が大切だということ。複数名で同じ目的で瞑想をすれば、すんなりと瞑想に入れ、自分一人でやるよりも深く入れます。その体験を繰り返して、心と体で覚えていけば、自宅でも同じようにできるようになるはずです。

 

たくさんの人が涙して浄化されるニーマル先生のアーユルヴェーダカウンセリングも同時開催です。枠が限られていますので、お早めにお申し込みください。

 

【チャクラ瞑想ワークショップ詳細】

 

<このワークショップでできること>
・チャクラの特徴についてしっかり理解する
・瞑想を深めるのための準備ヨガと呼吸法
・チャクラ瞑想でチャクラを感じる

<このワークショップで得られること>
・雑念に惑わされず瞑想ができる
・誘導瞑想なので身を任せることができる
・瞑想マスターから直接学ぶことができる


日時:2017年2月4日(土)13:00〜16:00
場所:トコ会館(京都市中京区両替町通竹屋町下る松竹町136)
アクセス:地下鉄丸太町駅6番出口から徒歩5分
URL:http://www.kenbisalon.jp/
参加費:7,500円

 

【アーユルヴェーダ診断・カウンセリング】

<カウンセリング予約枠>

2月4日(土) 場所:トコ会館にて
10:30〜11:30  1枠目
17:00〜18:00 2枠目

2月5日(日)三条烏丸近辺(お申し込みの方に詳細をご連絡)
10:00〜11:00 3枠目
11:15〜12:15 4枠目
14:00〜15:00 5枠目
15:15〜16:15 6枠目
16:30〜17:30 7枠目

 

詳細はウェブサイト、またはフェイスブックをごらんください。

 

http://www.nirmalyoga.com/eventworkshop/workshops/24.html

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。