はぐれ化学者のつぶやき

某旧帝大から、地方私大に異動した、若手(?)化学系教授のブログ。


テーマ:

学生を追い詰める「ブラック研究室」の実態

という記事がYahooに出てから、私は自分の旧帝大時代の出身研究室を真っ先に思い出した。

 

記事にはこう書いている。

”学生にとってはブラック研究室の実態を暴くことにメリットはなく、目標にはなり得ない。研究室から円滑に卒業し、就職やステップアップなど次の活躍の場を得ることがゴールだ。そのためには不正を暴いて波風を立てることは合理的でない。果たして倫理教育で学んだモラルはどこまで有効なのだろうか。”

まさにその通りである。見てみぬふりをしている学生はあまた存在してる。

 

”ある大学院生は研究室に入ってから、先輩たちが博士号取得に5―10年かけている実態を知った。教授が米サイエンスなどのトップジャーナルしか投稿を認めないのだ。”

うわぁ、自分がいた研究室と全く同じことを書いてある~。

 

”先輩に「博士号取得に5年かかれば他の研究室では雇われない。行き場所がなくなる」と打ち明けられた。自身は3年で博士課程の単位を取得後、退学して就職した。  最初は小さな不正でも、積み重なり続ければ絡め取られる。窮地に追い込まれるほど、モラルだけで不正への誘惑には抗えない。”

こんな不正などをしても仕方がないので、出身研究室ではすぐに就職する学生が後を絶たなかった。結局、博士課程に残る学生がいなくなり、私がこの研究室を去る頃には博士課程の学生は1人もいなかった。

 

うわさに聞いた話だと、最近出身研究室のある研究員が、有名雑誌に掲載させるためにデータを改ざんしており、それに気づいた教授、准教授が論文を自ら取り下げたという。詳細は不明だが、上記のような締め付けのきつい研究室で、自分のキャリアを積んでいくためには、誘惑に勝てなかったのだろうか。

 

一方、これらのようなブラック研究室がなくならない責任は文科省にもあると考えている。

文科省の方針にそのまま従えば、いい研究(グローバル大学院)をして、いい教育(教育改革推進)をして、国際的にも認められる大学になり(世界トップ大学)、最終的にはノーベル化学賞を取って・・・・というのがシナリオだろう。

 

・・・・・・そんなスーパーマン、日本中にいるのか????

 

私はこの地方私大で研究室を維持するだけでもやっとだし、文科省が推進するアクティブラーニングを推進しながら、いい論文(JACSやACIEレベル)に投稿できるのは年に1度あるかないか。

おいおい、日本の研究者を締め付けすぎると、海外流出と第二のSTAP細胞がうまれてしまうぜ。。。。。

 

自分のキャリアアップの道を守り抜くことの方が、人の道を守って正直にゆっくり仕事することよりも、生きていく上では優先されてしまうのかもしれない。

その最たる例は、森友問題に代表されるようなエセ教育者や政治家だろうが。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

roguechemistさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。