日本のフラダンサーに多いのが、ブルーのアイシャドウを好む方が本当に多いのです。
{F9F864E0-05EC-4147-A101-B4BC62D3E0B0:01}

理由を考えてみると、1つはハワイの海を連想させる色だから。
もう1つは、バレエメイクや、宝塚メイクから来ているのでは?と予測します。

バレリーナのイメージの青い瞳。
濃いブルーをまぶたにのせると、遠目で見た時、ブルーアイズに見えるのです。
宝塚歌劇団もブルーのアイシャドウに金髪で、「洋」の物語を演出。

しかし、フラに関して言えば、ハワイアンはブルーアイズのイメージは無いので、ブルーシャドウでなくて大丈夫。

特にブルーのベタ塗りは、1歩間違えると品の無いメイクになる危険性も
ブルーを使う場合には、ブラウン等を組み合わせて、陰影を出しながら使いましょう♪

続いてはピンク系のアイシャドウについて。これも、ピンク系の衣装に合わせて選ぶ方が意外に多いお色。
{89A93B77-0896-49F5-827A-8647E76CE15E:01}
これも難しいお色。。。
まず、遠目で見てもピンクの色は全く見えないという、、、致命的な色。
そして、瞼が厚めな方には非常にデンジャラス⚠️ 要するに膨張します
ピンクは色味によっては、日舞風にもなってしまうという、可愛い色なのに、舞台メイクとしては不向きな色。
ピンクのお衣装には、パープル系か、口元のリップでピンクを使いましょう✨✨

3つ目のNGメイクは、凄く長くてボリューム満点すぎる付けまつ毛に頼るメイク。
{E9133AF5-9AE9-455C-9B54-F493307232B1:01}
とにかくお目々を大きく見せたいから!!とこのド派手まつ毛を使用してしまうと、ただのビックリ顔に......
優しい表情に見えませぬ。

長すぎるまつ毛はお顔に影もできてしまいます
過剰な付けまつ毛は卒業しましょう。


私の理想のアイメイクは♡
{C69B918E-FEBC-409C-AF70-5BA030995DBB:01}

表示豊かな柔らかいメイク♪
もちろん舞台メイクなので、しっかりメイクではありますが、骨格を意識した凹凸メイクで、ALOHAを表現します。
品の良いメイクが大好きです♡♡