※2016年4月2日:最新の内容に更新しました

いろいろと割引春の新生活応援キャンペーン開催中!

(~4月10日までと、もうすぐ終了です)

サイコムで、PCゲーマーに最も人気の定番ゲーミングPC「G-Master Spear Z170」が、FF14 蒼天のイシュガルド推奨モデルとなって発売中!



G-Master Spear Z170-FFXIV


サイコムでは、PCパーツの素性を明確に表示。

また、電源やマザーボードといったPCパーツの種類も細かく指定可能なんですよね。それだけにカスタマイズの選択肢が豊富!


【サイコムのBTOパソコン、オススメの理由】

・PC内の組み立てや配線がプロの仕事で、とても綺麗。

・PCパーツをある程度自由に(メーカーを指定して)選べる。

・メールへの対応や、納期7日間以内の厳守などサービス面が良い。

・宅配では、PCケースの箱から更に大型の箱と頑丈な二重梱包。

・各PCパーツのパッケージや余った部品もそのまま付いてくる。


↑サイコムこだわりのサービスが詳しく書かれています♪


ってことで、サイコムで販売中のG-Master Spear Z170-FFXIVおすすめカスタマイズについて書いていきたいと思います!



ゲーミングPC G-Master Spear Z170

サイコムのBTOパソコン売れ筋ランキング第2位!

↑より細かな選択が可能なスタンダードモデルもあります♪


【カスタマイズ パーツ選択】

下記のおすすめカスタマイズの基準としては、

BTOパソコン初心者~中級者さん向けの構成として考えてみました。

※オススメの選択があるシステム構成のみ表示しています。


【CPU】

ゲーミングPCとしては、

Intel Core i5-6600辺りの性能があれば、十分快適性能です。


ただ、今回のように、最新規格のCPU、チップセット、メモリーモジュールを選ぶのなら、前世代のハイエンドCPU、Core i7-4790Kよりも速いIntel Core i7-6700Kを選ばないと、ちょっと勿体無いようにも思います(・・。)ゞ


CPUは、価格差が大きいので、予算とよく相談してみましょう。

予算が足りない場合、真っ先に削るのは、ここのCPUになるかもしれません。


【CPUグリス】

このままでOKです。

もし、高熱伝道率タイプのグリスにこだわりたいと思っている場合は、下記の【CPU-FAN】の選択で、Noctua製CPUファンを選ぶほうが、セット価格でお得かと♪

高性能CPUグリスNT-H1が塗られた状態で出荷してもらえます。


【CPU-FAN】

折角のサイコム一押しの空冷ユニットなので、そのままでOKです。

基本的には、インテル純正CPUクーラー以外であれば、お好みで選んで問題ありません。

(ゲーマー仕様のPCなだけに、水冷ユニットへの変更も可能なんですよね♪)


個人的な好みとしては、Noctua NH-U12S [空冷/CPUファン]★高性能CPUグリス NT-H1付属★を選びたいと思います。

上記【CPUグリス】の項目でも書きましたが、超高品質なCPUファン(高冷却性能&静音)に、高性能CPUグリスも塗られた状態となり、ちょっとお得です♪


Noctua(ノクテュア)CPUクーラー NH-U12S
Noctua(ノクテュア)CPUクーラー NH-U12S


【マザーボード】

標準のままでも、高品質で安定性の高いマザーボードです。

お好みで、MSIやASUS製に変えるのも有り。


ただ、更に拡張性能を高めたり、音声出力にSPDIF(光角型)を追加したい※といった場合なら、上位モデルのASRock Z170 Extreme4に変更するほうがお得かなと思います。

オンボードサウンドの7.1CH HDオーディオに、高級ハイエンドマザーボードと同じ高音質なPurity Sound3を採用!これだけでも+3,500円くらいの価値ありかも!?)


ASRock Z170 Extreme4 ATXマザーボード MB3476 Z170 Extreme4
ASRock Z170 Extreme4


【メモリ】

最新のDDR4メモリを採用♪

オンラインゲームなどがメインの場合、8GBあれば十分なのですが…

今時の最新モデルなら、そろそろ16GBで余裕を持たせたほうが良いかもしれませんね。


【HDD/SSD】

価格重視でPCを購入したい場合は、HDDのままでOKです。


ただ、OSの入っているシステムドライブ(Cドライブ)は、SSDにして高速化したいところ!

データ用には下記でHDDを増設するので、120GBもあれば問題ありませんが、できれば240~250GBくらいの余裕ある容量のSSDを選択したほうが、今後、残りの容量を気にすることなく使えると思います。


SSDには、インテルSSD535シリーズがバランスが良く安定性能で一押し!

(私がインテル製を好んでるだけともいいますが(・・。)ゞ)

他には、東芝製採用のCFDシリーズも、信頼性が高く価格も安くてオススメです。

※期間限定の割引セールで、安くなっているSSDも狙い目!


この項目で、これらSSDを選んだ場合は、下記の【増設HDD/SSD】の項目で、データドライブ(Dドライブ)用に追加のHDDも選択してください。

Crucial CT250MX200SSD1
Crucial CT250MX200SSD1

※現在、Crucial MX200シリーズのSSDをPCに組み込むと、3,000円の割引中!(4/10日まで)


【増設 HDD/SSD】
上記【HDD/SSD】でSSDを選んだ方は、ここでHDDを追加してください。

データ用のDドライブになるので、お好きなもので。

いろいろなタイプがあるので一概には言えませんが、安定性や速度重視ならHITACHI、価格や大容量重視なら東芝やWDで良いかと思います。

※今なら東芝製のHDDがおススメ!


光学ドライブ

ブルーレイドライブにも変更できます。

価格の安さではLG製※、静音と安定性ではパイオニア製がオススメ!

(LG BH14NS48とLG BH16NS48とでは、ブルーレイを焼くときの書き込み速度が違います)


【ビデオカード】

標準採用のGeForce GTX960は、優秀な性能のハイミドルGPUです!

フルHD(解像度1920x1080)で最高画質のゲーム設定にしても、ほとんどのオンラインゲームやPCゲームが快適に遊べます。

メモリバス帯域幅の狭さがネックとも言われていますが、フルHDの解像度までなら、フルに性能を発揮でき、しかも過去の同クラスのGPUに比べて、非常に省エネ!


ただ、個人的には、折角の新品PCならば…

断然上位モデルのGeForce GTX970以上は欲しいところ!

好みにもよりますし、予算としっかり相談して選びましょう。


メーカー別の選択肢としては…

ASUS製、MSI製、GIGABYTE製など、プチオーバークロックを保証ある仕様として行っている機種もあり(型番にOCと付いているもの)、より高速な動作が期待できます。

また、それに比例して冷却性能も向上されており、オススメです!


MSI GTX970グラフィックスボード
VD5507 GTX970 GAMING 4G


【電源】
標準のままで。

他社製BTOの激安PCとは違い、このPCでは標準で750Wの『80PLUS Gold認証』高品質電源ユニットが採用されています♪

もちろん、お好みでの変更も有りです。


【OS】

今なら、Windows10ですね!

今回のように、最新規格のPCを選んだ場合、きっとOSも最新のWindows10を選ぶ方が大半だと思われます(・・。)ゞ

あと、もちろん64bit版を選択で!


【スピーカー】

個人的にオススメなのがこちら。

ゲームだけでなく、一般の音楽も良い音で聴くために選びました。

(Amazon等で別途購入)

BOSE Companion2 III マルチメディアスピーカー
BOSE Companion2 III マルチメディアスピーカー


↑1万円クラスの高音質PCスピーカーで最もおすすめ!

今まで安物スピーカーを使っていた場合、劇的に音が変わって感動ものですよ!

私は前モデルのBOSE Companion2 Ⅱのほうを持っています♪


また、付属のケーブルでは心許ないので、別途に下記のケーブルの購入を!

audio-technica GOLDLINK Fine ピン×2-ステレオミニ1.5m

千円台と安価なのに、高級ケーブルと見違えるほど良質なケーブルです。


【ディスプレイ】

欲しいディスプレイが無い場合は、別途で購入しましょう。


私は、↓これ(EIZO FORIS FS2434)を発売日に買っちゃいました♪

購入後のカラー調整とかの記事 をアップしています。たいしたことは書いていませんが、もしよかったら、購入後のご参考にどうぞ(〃∇〃)


EIZO FORIS 23.8インチTFTモニタ ( 1920×1080 / IPSパネル / 4.9ms / ノングレア ) FS2434-R
EIZO FORIS FS2434-R

※2015年にマイナーモデルチェンジ!

ゲームや動画などのエンタテインメント向け液晶ディスプレイです。

左右・上部のフレームがわずか6.0mmのフレームレスデザイン!

ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア推奨認定を取得し、高精彩なグラフィックスを表現。


あと、EIZO製のライバルと言える高品質ディスプレイとして、

元、三菱製の後継機であるLCD-RDT242XPBも良い選択かと!
三菱の超解像技術「ギガクリア・エンジンⅡ」を搭載した後継モデルで、2015年11月に発売されました。

フルHDディスプレイの最終形と思って選んでみるのも良さそうですね!

I-O DATA 23.8型ワイド液晶ディスプレイ (フルHD/超解像技術「ギガクリア・エンジンII」搭載) LCD-RDT242XPB
I-O DATA 超解像技術「ギガクリア・エンジンII」搭載
23.8型ワイド液晶ディスプレイ LCD-RDT242XPB

↑広視野角AH-IPSパネルを採用したプレミアムディスプレイ。

「0.05フレーム」の低遅延モードや暗いシーンもより鮮明に表示する「Night Clear Vision」などゲームに最適な機能を搭載!

また、HDMIも4系統搭載し、さまざまなゲーム機やレコーダーなどを同時に接続できます。


◆BTOパソコンのSycom(サイコム)


↓各ブログランキングにポチッてくださると、順位が上がり励みになります。応援、よろしくお願いします(。-人-。)

ゲームゲームソフト新着ランキング・予約
DVD
DVD、Blu-ray新着ランキング・予約
パソコンパソコン・周辺機器ベストセラー
パソコンのブログ記事オンラインゲーム向け!最新パソコン
パソコンのブログ記事私好みのゲーミングPCをご紹介!【PC購入日記】

デル株式会社
DELLのゲーミングノートPC!限定特価中!


信長の野望・創造 戦国立志伝
【PC版】信長の野望・創造 戦国立志伝

【PS4版】信長の野望・創造 戦国立志伝
【Vita版】信長の野望・創造 戦国立志伝

↑現在、戦国立志伝のプレイ日記 掲載中♪









AD

コメント(3)