僕が僕であるために

テーマ:

すべてのことが勝ち負けで表わされるわけではないけれど、

いろんなことで、勝った、負けたと言っていたりする。


強くなるには、時に負けることが必要だと思う。

負けたからこそ、強くなれるというべきか。。。



負け方にもいろいろあるが、

負けたからには、負けたなりの代償があり。。。

できることなら、負けないほうがいい。




好きな歌の歌詞に、こんなのがある。


♪ 僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない ♪


自分らしくいるためには、自分らしくいられるように、戦いつづけ勝ち取らなければならないということと思っている。

ただ、勝ち続けられる人がどれくらいいるのか?


負けを認めなければ、負けてはいない。

といった考え方もある。


ルールが明確になっていて、試合終了が決まっているものであれば、負けは認めざるを得ない。

それがルールだから。



日本は、負けることに厳しい国だと思っている。

それとも、簡単に負けを認めないから、負けたときの代償が大きいのか?


小さな負けであれば、たまには素直に負けを認めて、同じ負け方をしないように強くなってみるか。

負けるのはくやしいけれど。。。





BGM 尾崎豊 「僕が僕であるために」


十七歳の地図/尾崎豊
¥2,854
Amazon.co.jp


r.o.d


AD