1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-16 17:15:50

『junhashimoto×GENTIL BANDIT』情報解禁 予約開始。

テーマ:推しの逸品




今日、東京は初の夏日になったそうです。



さて、



から

『GENTIL BANDIT』コラボBAGの情報が解禁ということで予約受付開始しました。



各限定100個のみの生産だそうです




ジャンティバンティとはフランス語で直訳すると紳士な泥棒と言う意味。

アートディレクターのBenoit氏はフランス、ノルマンディー出身。
氏自身がクラシカルかつモダンなバックを持ちたい、この様なバックがあれば楽しい!ないなら作ればいいじゃないかと... 1つの決まった枠にはまるのでは無く様々な世代、スタイル、シーンで使えるモノを発信していきたいという思いでスタートする事となった。ブランド名をGENTIL BANDITと名付けられたのにも氏の思いが反映されておりGENTIL BANDITを見た人の心を奪ってしまう様にという思いが込められています。
あと忘れてはならないのが氏のこだわりである徹底した日本製。原材料は勿論、縫製などすべてMADE IN JAPANの ハンドメイドになっております。

junhashimotoの共感

シンプルでミニマルな中に、男の色気を醸し出すjunhashimoto。
そんなシンプルな服には、ちょっとやんちゃなバッグがよく似合う。
世界で活躍するプロサッカー選手など、セレブからも常に
注目されるインパクトあるデザイン。
カモフラージュ柄の上に、ペイント缶が爆発したかのように飛び散ったカラーズ。
一見、このインパクトに目を奪われてしまいそうだが、
そんな「ジャンティバンティ」のパンチ力を支えているのは、じつは確かなもの作り。

とことんまで伝えようとする同ブランドのもの作りに唸った。
尖ったデザインや、派手なカラーリングのバッグは数あれど、日本の職人が作りにこだわっているバッグブランドは珍しい。
特にバッグは衣類と比べ、使用頻度が高く、生地の摩擦や、各パーツにかかる負担が大きい。
耐久性があることはもちろん、人間の体に沿って使い勝手の良いものでなくてはならない。

日本の職人が一点一点手作りで作られるバッグは、耐久性や使い勝手も丹念に仕上げられる。
だからこそ、「インパクトと職人のもの作り」
この両輪をもつブランド「GENTIL BANDIT」を、junhashimotoは自信を持って送り出します。




【junhashimoto/ジュンハシモト】GENTIL BANDIT/ジャンティバンティ/コラボレーション/中トートバッグ








【junhashimoto/ジュンハシモト】GENTIL BANDIT/ジャンティバンティ/コラボレーション/大トートバッグ《1131710051/BLUE》








【junhashimoto/ジュンハシモト】GENTIL BANDIT/ジャンティバンティ/コラボレーション/デイパック








【junhashimoto/ジュンハシモト】GENTIL BANDIT/ジャンティバンティ/コラボレーション/フタ折れバックパック


































 
よろしくどーぞ!
 

 

 

イッチャッテクダサイ^^
 

 

 


 






 
TRACT『 RE DAVID T-SHIRTS DISEGNATA 』
B'z稲葉氏、『イナバサラス』ユニットにて着用。
5月末お届け予定。絶賛ご予約受付中。
 


 

 

150-0001 東京都渋谷区神宮前1-19-13 ドミシール平野202 


TEL03-6434-0759 










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。