大ショック!

テーマ:
はぁ…

今日取り上げるネタは決めていたのですが、それどころじゃないことが…

鳥取の親戚宅がある地域の国道9号線沿いにある、海のそばに建ってるラーメン屋のカーポートって店、去年の年末で閉店してることを知ってしまいました!

あー!本当にショック!

去年、鳥取初日に海で遊んでからラーメン食べるつもりだったのに、17時で店閉められてて食べれず

翌日は開店前の朝から海水浴して、隠れて着替えてラーメン食べるつもりだったけど、隠れられると思ってた場所が全然隠れられなくて断念。

ボクが子供の頃からやってたし、そのうち潰れるかもしれない、とは思っていたんだけど…

ここの醤油ラーメンはボクの中では1番だったのにな。

40年営業していたようです。

最後に食べたの、ロト6特需で妹と甥達連れて旅館泊まった時の昼飯だな〜

もう何年前になるのだろう?

甥下が小1くらいだったかもしれない。

だとすると9年前?

あー!本当に去年何で食べなかったのか?と自分を責めたくなるー!

他にも飲食店はあるっちゃあるけど、どうしたものか?

ちなみにラーメン屋の横にあるガソリンスタンドも、今年3月いっぱいで潰れたとか。

ガソリンスタンドは老朽化して次々潰れてますね。

ラーメン屋潰れてしまったのなら、鳥取駅着いて昼飯食ってから親戚宅がある所に向かったほうが無難だな〜
AD

SFTS

テーマ:
盆休み、いつからいつまでか決まりました。
11〜15日の5日間。
普通ですね。

ウチの会社は16日まで休みにしたがる傾向があるので、今年はどうなるのか予想難しかった。

11〜16日までだと少し長いし(長くはないけど)、11日の祝日は出勤で12日から16日までにするのだろか?とか色々考えた。

で、どうズレても確実に休めるであろう13〜14日に鳥取行くことにしたけれど、11日から休みなら12〜13日のほうが良かったなー!

ま、いつ行くかはもう決まってるし、心配なのは天気だね!

雨だと本当に何もすることないですし。

ボクが子供の頃は生物大好きっ子で、畑にいるバッタや山にいるセミやトカゲ追いかけたり、川にいる色んな生物取る遊びを1人でも楽しんでたんだけどな〜
1人で無断であちこち行って昼飯時にも帰らないから、よく叱られたものです。

甥達は大阪でも田舎のほうに住んでるのに、あまり昆虫とか興味なかったな。
興味ないというか、どちらかといえば苦手!みたいな。

鳥取連れて行っても、部屋の中にクツワムシが入ってきて甥達に教えても、フーンって感じでゲームしてたし。

虫には関心無かったけど、海の中は二人とも喜んでた。
岩場にいる魚とか見てキャッキャッ言ってたし、ボクが岩に付いてる貝の取り方教えて、取った貝をイソギンチャクやカニに与えたりすると、「酷いことするな」って言ってきたりw

甥上は遊んでくれないので、今どうなのか知らない。
ただただチャラい男風で勉強はちゃんとやってるくらいしかないな。
甥下はゴーグル着けて海の中見ては「魚おった!」とボクに知らせる遊びばかりです。

昆虫大好きだったボク、いつの間にか全然興味なくねりましたが、最近は別の意味で意識させられますな〜



★http://www.sanspo.com/geino/news/20170724/sot17072418170009-n1.html

 厚生労働省は24日、草むらなど野外に生息するマダニが媒介する感染症に感染した猫にかまれた女性が死亡していたことを明らかにした。厚労省は同日、都道府県や医師会などに注意を喚起する通達を出した。ダニ媒介の「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」で、哺乳類を介して人が死亡したことが判明したのは世界で初めてという。

 国立感染症研究所によると、平成28年5月~7月、弱った野良猫を保護しようとした西日本在住の50代女性が猫にかまれた。女性に重大な持病などはなく、約10日後に死亡した。半年後に感染研が女性の検体を受けて精査したところ、猫を介してSFTSを発症した可能性が高いことが分かった。

 SFTSは国内で初めて感染が判明した23年から今年6月末までに266人の発症例があり、そのうち57人が死亡。致死率は21%に上る。(産経新聞)



流石に虫好きだった幼い頃でも、ダニなんて興味なかったです。

哺乳類から人への感染は世界初なのか。
今までにもあったけど、検査されずに終わってたってのもあるんだろね。

マダニと聞けば、犬の耳にびっしりとマダニがこびりついてる画像を思い出してサブイボ立ってしまいます。

ジビエ料理流行らせようと何度も話題にされてますが、当然野生のイノシシや鹿にはマダニがついていて、仕留めて解体するときにマダニが人に移ってきて大変!って聞いたことあります。

アナフィラキシーショックって言葉も浸透してきましたが、ダニや蚊などは蜂に比べて大した脅威に感じなかったけど、蚊はデング熱騒動もあったけど、昔から病原菌の運び屋として要注意な存在ではありましたね。
日本脳炎やマラリアなど、命に関わる病気広める存在。

しかし輸送関連で色んな生物が日本に定着して、毒への意識は高まるばかり。

ダニだけ注意してれば何とかなる、とか思っていたのに、ダニにやられて病気持ちになった猫などの生物にまで、要注意な存在になるとはね〜

これで地域猫問題が更に拗れることになりそうね。

既にネットでは野良猫撲滅させろ!と騒がれてますし。

野良猫は害獣だと思ってるので駆除することは賛成だけど、野良猫撲滅させたところでマダニの脅威は変わりませんからね。

普段目にする虫の数は昔に比べると、かなり減ったというのに、嫌な時代になったものです。
AD
安倍下ろしのクーデター起こしてる文科省ですが、読売新聞土曜の夕刊にわいせつ教師の処分歴共有って記事が1面に載ってた。

わいせつ問題起こした教師が処分歴隠して別の自治体で採用される例が後を絶たないとして、教員免許管理システムを改修し、自治体の枠を越えた処分歴の共有化目指すと。

何を今更!?って驚いたね!

小学生女児をレイプした教師が同じ犯罪で4回逮捕されてるってケースもあるのに。

加計問題でちっとも仕事してなかったこと発覚した文科省、仕事してる振りでも見せなきゃ格好つかんのだろか?w

ていうか、文科省が再犯防ぎたくて対策練っても、教員組合が黙ってないんじゃないのー?

生徒にわいせつ行為した教員を雇えなくなると、教員不足深刻化してしまうぜ?w

今の時代、名前検索すりゃ事件簿くらいすぐ出てくるんだし、それをせずにロリコン教師雇ってきたんだし、自治体も共犯みたいなもんですよ。

わいせつ事件で捕まった教員が、教員免許無くしたと偽って返納せずに、別の自治体で採用されてしまうユルユルなのに。


本題。


★受信料の徴収を巡り勝訴の見込みがない裁判を女性に起こさせたとして、NHKが政治団体「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表らに弁護士費用相当額の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は19日、請求通り54万円の支払いを命じた。

山田真紀裁判長は判決理由で「NHKの業務を妨害するため訴訟に関与しており、裁判制度を不当に利用する目的があった」と指摘した。


http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG19HA6_Z10C17A7000000/



いや、わかるけどさ〜
裁判官がそれ言ってはいけないと思うぞ!

新しい証拠もないのに死刑囚への再審請求、1票の格差訴訟による選挙無効訴訟、行政訴訟なんて勝てない訴訟の代表みたいなものだし、嫌がらせで行われてるように思えるものもありますからね。

被告側への業務妨害だけでなく、司法への業務妨害にもなるような裁判は如何なものか?とは思ってるけど、地裁の裁判官がこれを言うのはねぇ〜

この判決、もっと騒がれると思ったけど、全然静かですよね。
特に左翼系の人達は激怒すると思ってたのにな〜

詳しく知らないけど、この裁判の原告が余程酷いから関わらないってスタンスなのかしら?

山田真紀って裁判官、検索してみると色々あるようですよ〜

あっ!あの裁判の裁判官か!っての見つかると思いますw
AD