リテラが仙台の羽生君パレードで多くの日の丸手旗が振られてることを『グロテスク』と表現したとか。
右翼系への批判がしたいんだろうけど、それは違うだろ?って思わないんだろね。


続き。

ネットではここの廃線ハイキングは生瀬駅スタートする人が多く、武田尾スタートする人は生瀬周辺の狭い道のすれ違い逆流で難儀する
ような事が書かれてた。
しかし21日は武田尾スタートしたと思われる人達多かったです。
ハイキングしてる人も程々の数でしたが、桜の季節や紅葉の季節、GWなんかだと人増えるのかな?
大勢だと逆流はしんどいのかもしれない。
みんな川沿い歩きたいしね。

このハイキングコース、トンネルは6箇所、どちらのスタートでも3つ目のトンネル抜けると鉄橋があります。



この日の気温は高かったけど、木陰と渓流と吹く風で、歩いてても暑さはそれほど感じず。
コースは線路通ってた道なので、登山のように登り坂みたいなアップダウンもなく、歩きやすい道です。



レールは当然撤去されてますが、枕木が残ってます。
この画像の枕木は道と同化してるけど、道から枕木浮き上がってる箇所もあるので、歩きにくい場所もあります。



たまりませんな〜



テクテク歩いていきます。



デカイ岩がある!



ここから土砂崩れで落ちてきたんだろうけど、それにしても巨大な岩!



上に飛び降りたくなりますね!



生瀬スタートから最初のトンネルご現れる!



手前にあったテーブルのベンチに座って、バッグに入れてた懐中電灯を出す。
この廃線ハイキング行く場合、必ず懐中電灯持参していきましょう!
本当に真っ暗になりますから!



入ってはいけない所に入る気分。
ドキドキワクワクしますな〜


まだ懐中電灯使わず、外の明かりが差し込むところ。
進んでいくと



懐中電灯照らさないと真っ暗になります。
スマホのライトでも良いかもしれないけど、トンネルの長さが300〜400mあるのもあるので、懐中電灯のほうがいい。
100均の小さいライトより、大きめの懐中電灯のほうがいい。

それとボクはTシャツ1枚でしたけど、トンネルの中寒いので、上に羽織るものがあったほうがいいです。
パーカー持ってたけどボクは着ませんでした。



やっと出口見えてくる。
トンネル抜けると、



ここにもベンチあります。

懐中電灯を持ったままだとスマホで撮影しにくかった。
なので懐中電灯をズボンのベルト通しのとこに接続させた。
ズボン前のポケット付近に付けてるので、股間弄りながら歩いてるぞ!と思われそうだけど、トンネル内真っ暗なので誰にも気付かれないね!



良いね〜渓流!
てか、このハイキングコース、トンネルと渓流ばかりなので同じような画像ばかりになってしまう。
それでも供養塔と合わせて130枚くらい撮影してました。




所々にこういう線路走ってた頃の名残が。



テクテク歩くと、



2番目のトンネル現れる!
画像に写ってる母娘がいます。


先に進んでいく母娘。



画像中央の光は先を進む母娘の懐中電灯の明かり。
もう真っ暗闇!
前を歩く母親に連れられた女の子、大きな声で歌いながら歩いてた。
怖さ紛らわしてたんだろねw

今はどうか知らんけど、甥下が小さい頃だと、このトンネル耐えられなかっただろな〜
メチャクチャ怖がりだったし。

このトンネルは400m級の長さで、コース最長のトンネルです。
もうね、かなり寒いのです!
真冬にTシャツ1枚で外に出てるくらい冷えます。
外の気温どれだけ暑くても、トンネルの明かりが差し込まない内側は同じように冷えてると思う。

そんな中、立ち止まって懐中電灯の明かりだけ、スマホのフラッシュ有り等写メ色々撮ってました。





トンネルの壁に所々にあった避難所かな?



↑これ何を撮影したのかわからないw

気が付くと、前を歩いてた母娘は見えなくなっており、後ろから誰かが近付いてる様子もない。
長いトンネルの真ん中らへんで、真っ暗闇の中、ボク1人きり!
聞こえるのは水が滴り落ちる音のみ。
ちょっと怖くなりましたよ〜
撮影するのは良いけど、写ってはいけないもの写ったら悲鳴上げてしまいます。

そして身体も冷えきってきたので歩き出すことに。

歩くも歩くも出口が現れず、地獄にでも繋がってるような感覚(大袈裟)。
トンネルだけど洞窟探検みたいだし、肝試しにも良いですよここ!
誰かがふざけてライト消したまま立ってたりして、人が近付いてきてそれに気付けばギャー!!って悲鳴あげるに違いない。
というか知らない人にそんなことしたら喧嘩になるので注意!

滴り落ちる水、地面照らしながら歩いてると地面濡れてる場所ぎ点々とある。
それ避けて歩かないと、頭上や肩に冷たい水落ちてくるのでドキッとしてしまいますw



やっと出口!
1km以上あるんじゃないか?と思うほど長かったです。



休憩場所。
混雑してるとこういう座れる場所は人だらけらしいです。



これはトンネルに数えません。



渓流でも滝になってる所は撮影したくなります。
鵜みたいな鳥が魚取ったりしてました。



ネットでこの石垣みたいな場所にも大勢の人達が座ってるのを見た。
石垣だと思ってたけど、近付くと小さめの石を金網でまとめてあるだけで座りにくそうでした。




同じような画像ばかりw



3つ目のトンネル現れる!




この出口の明かりの先に…


続く。
昨日は立呑屋でまた0時過ぎまで飲んでました。
一緒に電車乗って帰らないようにバイトの女の子が店出てから時間あけて店出たのに、駅に着く前に遭遇してしまう。

途中の駅まで一緒に帰りました。

汗かいたので風呂入りたかったけど、家帰ってすぐに寝てしまいました〜

犬の供養塔のあとに行ったJR福知山線廃線敷、ハイキングするのに凄く良い所でしたよー!
老若男女の世代にお薦めしたいコースでした。

生瀬(なまぜ)駅で電車を降り、駅前でどっちに行けば良いのかな?と調べる。





案内板ありました。
この写メ見ながら行けばいいや!と歩き出す。
あ、ドリンクなど買うなら駅前にあるコープで買っておきましょう。
店自体がありませんし、自販機すらそれぞれの駅前くらいしかありませぬ。



こっちのほうに向かって歩きましょう。
線路の西宮名塩方面に向けて、ですね。


国道沿いを歩きます。


歩道は片側にしかなく、こんな細い道なので、向こう側から歩いてくる人がいると、避けながらすれ違わないとなりません。


中国道の高架をくぐり抜けたらマップ確認しっかりしましょう。

何故ならこの先に廃線ハイキング入口があるから。
ボクは駅前にあった案内板の写メ見ながら歩いてましたが、勘違いしてしまいました。
案内板にある点線がコースへと続くもの、と適当に認識してました。
案内板は生瀬駅と西宮名塩駅からのコースへの順が点線で示されている。
ボクは点線に注目しながら歩いてたので、コース入口見過ごして名塩駅に向かう点線追ってしまいましたw

アホです!



↑この風景になると、あなたは間違えているのです!



この辺りまで歩いて「何だかおかしい」とようやく気付く。
案内板写メ確認して、ここでこのままだと名塩駅に行ってしまうではないか!と。
1kmも無駄歩きはしてないと思うけど、コース入口から結構歩いてしまった。
供養塔で往復3kmくらい歩いてきてるので、ちょっとしんどかったけど、戻りはかなり早歩き。

狭い歩道があるサイドから、車道挟んだ反対の道に行ける押しボタンの信号があるのですが、そこがポイント。
ネットでコース調べて見たブログでは、車来てないときに渡らなければならない唯一危険ポイントとなってたけど、ハイキングコース整備の一環なのか信号になっていた。

その押しボタン信号の場所まで戻ってくると、若いカップルが信号渡ってきてコース入口に入っていった。



もう少し大きな案内板にしてほしいところですね。
てか押しボタン信号の手前にも矢印が出てる案内板があった。
神社がある付近に。
左側の矢印と右側示す矢印で右側のほうに廃線コースと書かれてた。
右側に信号の無い横断歩道があった。
車バンバン走りすぎてるので、ここで手を上げて横断歩道渡るのはかなり不可能ではなかろうか?
ボクは真っ直ぐ歩いて押しボタン信号の交差点で渡ったけれど。

普通の民家が建つ狭い道を進みます。


少し歩いてくと、如何にも山に入ってくような道が出て来ます。



階段降りると、




こういう場所に出てきます。

スタート地点に仮設トイレがあるはずなので、ボクが来た押しボタン信号交差点ではなく、信号無し交差点を渡ったほうが、スタート地点への近道なのかもしれませんね。
ハイキングコースにはその生瀬スタート地点と、武田尾駅付近にしかトイレがありません。
駅なりで済ませておきましょう。



良い天気です。

歩いてくと、







渓谷ー!
石灰岩が溶けて水が白くなって合流しております。

あー!良い景色!

たまらーん!ってなります。


続く。
今帰りのJRの中です。

結構歩きました!

廃線ハイキング、メチャクチャ良かったですよ!

廃線ハイキングの話は明日書くので、今回は犬の供養塔。

何度も供養塔の記事書いてるけど、懲りずに書きます。

家を出たのは10時過ぎ。
コンビニで汗拭きシート買って駅に向かってるときに気付く。

供養塔にお供えするために買っておいたドッグフード忘れてるー!って。

取りに戻るには歩きすぎてるので、駅前のドラッグストアーでドッグフード購入。

買っておいたドッグフードは2年後のお参りのときに持っていこうかしらね?




いつものJR道場駅。

駅前のコンビニ擬きでお握りやランチパックとお茶購入。
お茶買ったのに、店の外の自販機でコーヒーも買う。



交番越えて


橋の上からの眺め。

晴れてて暑いけど、風が吹いてると気持ちいい。

もう少し早目に来てたら桜満開の道だったんですけどね。



ウグイスの鳴き声がしたほうに目を向けると、まだ残ってる桜の花発見!





ソメイヨシノじゃない桜はまだ咲いてました。



左下にあるごん太のドッグフードがボクが持ってきたやつ。

毎回、まだ供養塔あるかな?と不安になりながら来てますが、撤去されてないの確認してホットします。
ベンチに座ってランチ。

一服してると他のお参り家族がやってくる。

どうも、とお辞儀してその場を立ち去りました。

ボクは小便がしたくなっていた。
人がいないのでそこら辺でやってもいいけれど、立ちションはいけませぬ。
駅のトイレで用をたそう!と歩きます。

駅前まで戻ってきて、電車のアプリ開いたら、あと2分で電車が来ると!

トイレ我慢して電車乗り込みました。

小便したいな〜と思いながら、廃線ハイキングのスタート地点、生瀬駅へと向かいます。

生瀬駅まで駅3つかな?
生瀬駅ホームのトイレ駆け込みました。

生瀬駅ホームのトイレは綺麗でした。
道場駅でやらなくて正解だったかも。

ハイキングの話題に続きます。

これから京橋の立呑屋w