味噌汁日記

札幌で舞台役者として活動する岩杉夏のブログです。
好きな料理は味噌汁です。


テーマ:
ミュージカルユニットもえぎ色 第12回公演
『海賊ブラボー』






その嵐はいつか、君の名前になる。

時は海賊黄金時代の末期。
大国同士は争いを終え、民衆には貧困の波が押し寄せている。
今日の食事もままならず、仲間たちと貧しい生活を続ける日々。
ルーダには、かつて海賊として名を馳せた父親がいた。
その帰らぬ父を待ちながら、ルーダもまた海賊としての一攫千金を夢見ている。

運命の日はやってきた。
町に見慣れぬ海賊船が入港する。
この海に高名轟く大海賊の旗を掲げた海賊船。
敵国の強気をくじき、自国の弱きに与える正義の大海賊
”キャプテン・シック”の一団であった。
時を同じくして、ルーダは悲願の宝の地図を拾う。

「俺は、この時を待ってたんだ。」
地図を土産にシックの海賊団に加わり、この枯れた町を飛び出せるのだと。
少年たちは希望を膨らませる。

しかし、喜び勇んだのも束の間、
現実は、シック海賊団の一員に加えてもらえる訳もなく。
その地図は団の一味にあっけなく奪われてしまう。

絶望に伏すルーダらの前に現れたのは、独りの海賊。
地図の持ち主を名乗るその流浪の海賊とともに、シック海賊団の一味を撃退し、地図を取り戻すルーダたち。

しかし、正義の海賊を蹴散らしたことで追われる身となった上、力を貸してくれた流浪海賊の正体は、この海一番の賞金首、悪逆非道の大海賊
”キャプテン・ロック”であった。

「汚名をかぶってついてくるか?自由と財宝を手にする為に」
ルーダの片手に宝地図。町を飛び出す船もある。見渡す限りの海がある。
しかしながら眼前に、父を帰らぬ人にしたその仇が立っていた。

───後悔への船出は、既に嵐の中にあった。

追い風に立ち向かう、痛快航海復讐歌劇!

-----------

脚本:深浦佑太(ディリバレー・ダイバーズ)
演出・作曲・振付:光燿萌希

【日時】
2017年2月18日(土) 13:00 / 18:00
19日(日) 13:00 各開演
※開場は開演の30分前となります。

【会場】
札幌サンプラザホール
(札幌市北区北24条西5丁目)

【チケット】
前売 2800円
当日 3300円

【ご予約】
メールフォーム
https://ws.formzu.net/dist/S85694434/

または下記アドレスに
・お名前
・日時
・枚数
をご記載の上ご連絡ください!
rocky.cedar72★gmail.com
(★→@)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

岩杉 夏さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。