やりすぎ限界映画入門

■自称「本物のエド・ウッド」(※現在活動休止中)
■ダイナマイト・ボンバー・ギャル(仮名)
■“やりすぎ限界映画”評論


テーマ:

■『マッドマックス2』
やりすぎ限界映画:☆☆☆☆★★★[95]

1981年/オーストラリア映画/96分
監督:ジョージ・ミラー
出演:メル・ギブソン/エミル・ミンティ/ヴァーノン・ウェルズ/ヴァージニア・ヘイ/アーキー・J・ホワイトリー/ブルース・スペンス/マイケル・プレストン/ケル・ニルソン

D.B.G.生涯の映画ベスト50
第22位『マッドマックス2』
(『マッドマックス』『マッドマックス サンダードーム』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の全4部作を含めて)



[ネタバレ注意!]※見終わった人が読んで下さい。



やりすぎ限界男優賞:メル・ギブソン


やりすぎ限界男優賞:エミル・ミンティ


やりすぎ限界男優賞:ヴァーノン・ウェルズ


やりすぎ限界女優賞:ヴァージニア・ヘイ


[「おれが運転する」]



■「よかったら-
  おれが運転する」
 「今さら取り引きには応じない」
 「取り引きじゃない」
 「何で気が変わったんだ?」
 「役に立ててくれ」
 「その体でか?
  車イスも運転できまい」
 「そうだよ とても無理だ」
 「ぐずぐず言うな
  おれの腕を信じろ」


「おれが運転する」。なぜこれほど、この台詞に魂が震えるのか? 『マッドマックス2』の全てがこの一言の台詞、「おれが運転する」に向かって収斂される。4部作まで語り継がれた “本物” の「英雄」。『道の武人』と呼ばれた「強い男」の伝説。おしっこを漏らして震撼する以外もはやなす術はない。

[「正義は死なない」]



■「あのマックスも-
  一瞬にすべてを失った
  彼は偏屈になり-
  過去の亡霊に
  追われたかのように-
  1人で荒野へ
  さまよい込んだ
  そして そこに
  生を見い出したのである」


ヒューマンガスのような「悪人」が実在の人間ならキリストも実在の人間。2作目は1作目と真逆のテーマを見せる。「暴力が支配する世界」に堕ちてもこの世から「他人のことを考える人間」は消えない。絶対「正義は死なない」人間の普遍性を『マッドマックス2』は叩きつけた。



もし本当に「警察が消えた世界」「暴力が支配する世界」となったら、必ず暴力に立ち向かう人間も現れるだろう。『マッドマックス2』「狂気の世界観」の極限のくそリアリズムがここに存在した。どんな状況に置かれても絶対「人間」は「希望」を失わない。パッパガーロや女戦士(ヴァージニア・ヘイ)達の生き様が「一瞬にすべてを失った」マックス(メル・ギブソン)に自分が「警察官」だったことを思い出させた。

[「男気」生き様の「教え」]



「妻」と「子供」を「惨殺」されたマックス。ヒューマンガス達と紙一重のガソリンと食糧を手に入れるだけの生き方。生きる希望を失い「暴力」に身を染めた。だが「他人のことを考える人間」達と出逢い、「妻」に尊敬された「警察官」だったことを思い出す。マックス自身が誰よりも「正義」を貫く人間だった「信念」がタンクローリーの「囮」を買って出る。「正義は死なない」。蘇った「正義」がマックスを『道の武人』に変える。映画史に刻まれる名台詞「おれが運転する」。魂が震える「男気」。『マッドマックス2』は「男」の生き様の「教え」。“本物” の「英雄」の生き様を「男」はマックスから学ばねばならない。

[ “THE ROAD WARRIOR” =『道の武人』]



『マッドマックス2』の原題 “THE ROAD WARRIOR” は日本語に直訳すると『道の武人』。このタイトルでまずおしっこ垂れ流しだ。今まで見た20世紀の映画の中で僕はこれ以上「ヤバい」カーチェイスを見たことがない。『マッドマックス2』は「20世紀最強のカーチェイス」かもしれない。「CG」がない「本当にやるしかない」時代の「衝撃」。「現代の視点」で『マッドマックス 怒りのデス・ロード』に負けない「カー・バトル」。“本物” の「英雄」の「運転」が『道の武人』の真実を見せた。

[「ヤバ男」の条件 “子供に好かれる” ]



『気狂い太郎』が映画史に刻まれる「ヤバ男」である理由 “子供に好かれる” はかなり危険な条件。“女が殺される” 条件はかなり大道だが、多くのヤバ男達に当てはまるもう一つの条件が “子供に好かれる” だ。子供はなぜか理論で説明できない能力で「良い大人」「悪い大人」を見分ける。『七人の侍』の菊千代から『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』のジョーンズ博士まで、“子供に好かれる” 「ヤバ男」はかなり多い。マックスも同じだ。

[オルゴールの音色「俺も一緒に行くぜ」]



何が子供(エミル・ミンティ)をタンクローリーに走らせたのか? 子供をタンクローリーへ駆り立てたのは「強い男」への「憧れ」。出逢った時から子供は誰が “本物” の「英雄」かを一瞬で見抜いた。



マックスが反対を押し切って出てく時、V8のドアを開けると佇んでる子供。言葉を喋れない子供が鳴らすオルゴール。その音色が「俺も一緒に行くぜ」という子供の「心の声」に聞こえる。子供でありながら「男気」が何かを悟ってるダンディズム。圧倒された。“子供に好かれる” ヤバさが『道の武人』が “本物” の「強い男」であることを見せた。

[『マッドマックス2』「圧倒的美術」「狂気の世界観」]




タンクローリーに機関車の装甲。外見の格好良さなど微塵もないデザイン。「死」を懸けた逃避行に「格好良さ」など関係ない。「暴力が支配する世界」という「泥沼」の「SF映画」極限のくそリアリズムに「陶酔」した。




1作目の暴走族「横並びバイクの群れ」より、さらに色濃く『マッドマックス2』「圧倒的美術」「狂気の世界観」は『北斗の拳』に大きく影響を与えた。「衣装」「自動車」「バイク」「建物」まで全てのデザインが10倍を超える10乗の影響力で反映された。ジョージ・ミラー監督が創造した「圧倒的美術」「狂気の世界観」は「泥沼」の「汚さ」を見せた。だがこの「汚さ」は「本当にそう見える」もはや「極限の美」に到達。「眩暈」がする美しさに「現代の視点」で圧倒される。「天才」という言葉以外思いつけない。




『マッドマックス』
『マッドマックス2』

画像 2016年 6月
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。