ロックウェーブ 店主ブログ

静岡県裾野にあるRCプロショップ「ホビーショップ ロックウェーブ」の公式ブログです。


テーマ:
発売から2週間ちょいが経過し、
各地で話題なタミヤのミドルクラスNEWマシン、TA07 PRO

先の組立てTIPSでスタビの取付についてアップしました
『TA07スタビ』http://ameblo.jp/rockwave-rc/entry-12171328114.html

走行したお客さんから、
フロントのスタビエンドがドライブシャフトと干渉する
との指摘を受けました

160716_171659.jpg 

確かにストロークさせると当たりますね

160716_171844.jpg 
長さは説明書指示の25mmにしていました・・・
 
う~ん
取説のは・・・そういう事か

バー自体の取付位置の高さを419Xのと比較すると、
TA07の方が1mmくらい高いので、
419Xのロッド長の取説指示よりも1mm程度長くてもOKという事ですね

160716_171926.jpg 
その為には、
このOP1648の長い方のボールリンクが必要になります

160716_172203.jpg 
ロッド長は28mmにしてみました

160716_172712.jpg 
安心なクリアランスが確保できましたよ

ちなみにリアは元々27mmと、
419Xのそれよりも1.5mm長い指示になっているので、
そのままでOKですね

挙動がイマイチ~という方は、
この辺りが原因かもしれませんので、
ちょっとチェックしてみると良いかと思います

TA07 PROでタミチャレGT、益々盛り上がりそうですね

皆様のご来店お待ちしておりますっ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
タミヤさんのNEWハイエンドツーリングマシンTRF419X

組立TIPSもラストです
といっても説明上は特にやる事無しです

160708_185317.jpg 
タイヤはRW定番な組み合わせ。
ソレックス28、スイープLS(ブルー)インナー、パナレーサーTYPE-Bホイール。

160708_200514.jpg 
車高調整、トー角、キャンバー角を確認 

フロントは”05G”サスブロックになっていますが、
4+0.5mmハブの状態で全幅がギリギリ190mm弱
ホイールなどにもよるとは思いますが、
車検を行うイベントの際は注意が必要かと思います

160708_200541.jpg 
 
160708_200557.jpg 
アンプの各種調整 

160708_210235.jpg 
 そしてプロポも各種設定を調整  

というわけで、ワークス仕様な感じのマシン  
無事に完成です   

駆動系もとっても軽いし、
気持ちいい~出来栄えになりましたよ 

シェイクダウンから快走しているTRF419X 
RWでは”05G”サスブロックがどう反応しちゃうかな?!とか思っていましたが、
しっかり前後バランスが考えられているので、
とても良い動きを見せていましたね 

ただ、ワークスさんのデータを見ると、
一般的な?CやDのサスブロックを使っている例が多い?ので、
その辺りも試してみたいですよね
https://www.facebook.com/pages/Marc-Rheinard/132254370174762
↑ここで見ると彼らは、
G-G、F-F、E-Eならば419Xアーム。
D-D、C-C・・・ならば419アームを使っているみたいですね。
EFRAでのデータを見ると前後でアームを変えていますね

タミヤさんからはスプリングの種類がまだ発売になっていませんが、
もちろん他社のスプリングも使えるので、
色々と試してみると面白いと思います 

ひさ~しぶりにタミヤさんのハイエンドマシンを1から組み立てしましたが、
部品の精度、取説の精度?など、
各部に素晴らしく進化を感じました 

フル装備なTRF419Xで楽しく遊んじゃってくださいね~ 

ご不明な点など御座いましたら、
お気軽にお問合せ下さい

160709_165205.jpg 
PERFECT  
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
タミヤのNEWハイエンドツーリングマシンTRF419X

実質マシンの組み立てはラスト!
ダンパーの組立です

160707_164706.jpg 
大きく変わったダンパー関係。
よりショートに、よりビッグボアになりましたね

普通の長さで普通の径(TA07)
普通の長さでビッグボア(TRF419・TB04R)
短くて普通の径(TB04PRO2)
短くてビッグボア(EVO6MS)
ときて、
419Xは更に短くて更にビッグボア・・・

ピストン径は、
普通の径が9.8mm位。ビッグボアが10.3mm位。
そして419Xのピストンは11mm直径。

アジャスターの内側Oリングも大きくなったし、
もちろんダイヤフラムも大きくなっていますね

419XのキットにはブルーのOリングが入り、
カラーは無しになって従来型のフランジ型ロッドガイドのみ。

と変更点多数ですね

160707_183317.jpg 
ダンパーシャフトとピストン部、
流石に計算されて設計されていてシムは無しでOKでした
上下のダンパーボールナットは1.5mm程短くなりました!
おかげで、ちょっとキツいけどトップにボールを付けたまま、
キャップから抜けるようになりましたよ

160707_190604.jpg 
ダンパー長はまずはここの距離で9.5mmに。
(この状態で完成後の全長は55mmくらい)

160707_195942.jpg 
ココからは基本的には従来と同様の組み方ですね。

160707_201226.jpg 
5mmスペーサーを入れた状態、
およそリバウンド50%で組み立ててみました。

160707_202506.jpg 
シリンダーの肉厚が薄くなって、
そしてNEWダイヤフラムの外径との関係もあって、
キャップを締める時、
以前よりもダイヤフラムがキャップのネジにかかりやすい  
気を付けないとエアが噛んじゃったりしますのでご注意を 

160708_180226.jpg 

160708_180249.jpg 
スプリングを取付してマシンに装着 
スプリングは1.4mmで6巻になっていますね 
比較的、柔らか目な硬さになっているような気がします 

160708_211724.jpg 
リアについては、
スプリングリテーナーとロアアームがダンパー角度によっては当たるので、
ロアアームを少しカットしてあげた方が良いですね

ダンパー装着も完了
あとはタイヤを付けて車高調整、そしてアライメント調整です

ラスト、PART7に続きます
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
タミヤTRF419Xの組立て

足回りそして駆動系の組み付けが終わったので、
ダンパーを・・・というところで、
いつものように?先に小物パーツ類そしてメカの搭載をしちゃいます

160629_134046.jpg 
フロント部左右に各10gのウエイトが搭載できるようになりましたね!

160629_134238.jpg 
センター部には30gのウエイト。
バッテリーの固定方法も見慣れた感じに 

160629_210957.jpg 
サーボはサンワSRG-BLS Version2 
コードはもちろんブラックに変更しちゃいました 

160629_211240.jpg 
 サーボマウントはアルミ一体型から、
カーボンとアルミの分割構造になりましたね。
フローティングステアリングを見据えてる?!!?

160629_214543.jpg 
サーボセイバーはXRAY製にしました 
ちなみにこのBLS Ver2サーボ。
アルミ部分がブラックになっているのですが何故だろう?! 

160629_214618.jpg 
受信機はRX-481。
アンテナ内蔵タイプでとってもコンパクトなので、
搭載の自由度が高まるしスッキリ見えるしGOODですね 

160701_165933.jpg 
アンプもマッチモアのFLETA PRO 
モーターももちろん 

160701_170005.jpg 
 LiPoバッテリーだってもちろんマッチモアでしょう 
6400mAhのLCGタイプです  

このまとまり感、完璧でしょ  

メカの搭載が終わったので、残りはあとはダンパーのみです

PART6に続きます  
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
タミヤTRF419Xの組立て
【PART4】です!

まずは前後ユニバーサルの取付。
160627_134158.jpg 
フロントはWカルダンですが46mmボーンになってますよ!
リアは44mmアルミボーンです 

フロントはサスブロックが”G”になっているので、
その分でボーンが長くなっていますね。
”C”や”D"のサスブロックにする場合には、
44mmボーンに変更する必要があると思われます 

160627_191801.jpg 
 
160627_191839.jpg 
ロアサスアームを取付します。
このマシンの場合には、
前後ともに取説指示の0.3mmシムは入らない感じでした。

その後、スタビを取りつけして、
左右の効き具合を確認します 
(この辺りは前のTIPSを参照ください)

僕はバーの先端から10mmの所にマーキングをして、
そこからの長さを計るようにしてみました
スタビエンドが6.5mmなので、
突き出し量が0mmなら3.5mm・・・と言う具合で
とかって事をしないとちゃんと長さを決めづらいから

160627_193136.jpg 

そして前後、
ステアリングブロックとリアアップライトを取付です 

駆動系もベルトを通して組み付けします
デフ系は取説通りに上側で組立してみました。
上が419と同様の高さになっているはずです
ベルトテンションは取説の位置だと少し張り気味に感じたので、
緩くなる側に調整してみました。

ここまでくると、かなりできてきた感が出ますね 

PART5に続きます 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
タミヤTRF419Xの組み立て。PART3です

足回りの組み立てに進みますが、
先に新しくなったパーツのチェック

160625_194828.jpg 
変更になった足回りパーツ。
ロアアームとリアアップライトが変わっています。

160626_112257.jpg
それぞれ上が418・419用。下が419X用。
フロントが1.5mmくらい内側に。
リアは0.5mmくらい外側にダンパー取り付け位置が移動しています。
材質も変わっています 

リアアップライトは、
アクスルに対してロアサスピン位置が0.5mm下に、
ベアリング位置が0.5mm内側に入ってます。
そしてアッパーアーム取付の面が2.5mm位上になっていますね

さて組立てを勧めます

まずはいつものように、
樹脂パーツのみで組付けしてみて、
軽く動くようにすり合わせなどをします。

160626_143742.jpg 
まずはステアリングブロックに上下キングピンを締め込みます。
僕はいつも単体でキングピンだけでまずは真っ直ぐになるように、
気を付けながら締めて、ネジ山を作るようにしています。

419Xは上下のフランジパイプの寸法が変わりましたね。
ツバが薄くなっていて、
0.5mm(or0.7mm)シムが入るようになりました 
下側フランジが0.3mm薄くなっているので、ここでも少しだけロールセンターが変わっていますね。

Cハブのフランジが入る部分の淵辺りにバリがあったりして、
STブロックが軽く動かない時が多いので、
デザインナイフなどでバリ取りしてあがると良いと思います

160626_171111.jpg 
アームにCハブ、Rアップライトを仮組みしてチェック

PART4に続きます
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
タミヤ社製NEWハイエンドマシンTRF419X

早速、組立て開始です
例によって?取説の順番とは若干異なったりします。

先に駆動系パーツを組立てしちゃいます

160624_210059.jpg 
419のそれと比較すると2~3gくらい軽くなっていますね。
ここのビスは緩みやすいので、
出来たらネジロック剤を塗った方が良いと思います。

160625_121215.jpg 
センタープーリー部分は先にアップしましたが、
ベアリングの入りが悪い物があったりもしましたので、
気になる方はこちらを参考にしてみてください。
「419Xセンタープーリー部」
http://ameblo.jp/rockwave-rc/entry-12174872089.html

ギアデフは、
「TRF419ギアデフ」
http://ameblo.jp/rockwave-rc/entry-12052655731.html
「TA07ギアデフ」
http://ameblo.jp/rockwave-rc/entry-12169305098.html
をご参照ください。

次にシャーシに各パーツを組み付けていきます。

160625_162707.jpg 
先にアッパーバルクにアッパーアームマウントを組み付け。
矢印がありますが、左右間違えないように気をつけましょ
(入れ替えると微妙なセッティングも・・・)
標準は、写真の左がフロント、右がリアです。

160625_173503.jpg 

組みあがって駆動系パーツも使って位置決め。
いつものように僕は皿ビスを使って

160625_173515.jpg 

160625_173527.jpg 
これで位置決めして、
シャーシ下面の皿ビスをしっかり締め付けします。
あとアッパーバルクとダンパーステーもしっかり締め付けしちゃいます。
上部の皿ビスはもちろん仮なので締め付けが終わったら外します。

160625_210141.jpg 

続いてステアリングワイパー。
ワイパー単体、そしてブリッジ単体がそれぞれ軽く動くか?確認してから、
組み上げて今一度確認です。

という所で、PART3に続きます
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

怒涛のNEWマシン発売ラッシュだった6月下旬

話題のTA07 PROは勿論ですが、
なんといっても今年は世界戦イヤー
ハイエンドなマシンも大注目な年ですね
そんな中、TRF419Xも発売になりました

160623_122010.jpg 
TA07の組み立てが終わったばかりですが、
早速、このNEWマシンを組み立てていきます

TA07と共通する部分、
BD7なども含んで過去のマシン組み立てTIPS、
重なる部分も多いので、
この419Xの組み立てTIPSはサラリ~と進めちゃいます
NEWな部分はしっかりと

160624_203043.jpg 
早速、開封してチェック
ん?シャーシとベルトが上に置いて入ってる。
みんなそうなのかな?!?!今まで下にあったような。
(大した話じゃないか・・)

160624_221450.jpg 
取説もしっかりチェック
NEWなパーツも結構ありますが、カスタマー扱いだったりもするので、
今後の為にも把握しておかないといけませんね

さっ!
久しぶりに1から製作するタミヤのハイエンドマシン
とっても楽しみです

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
本日もご来店頂き有難う御座います

さて早速ですが、
製作中のタミヤTRF419Xについて。
後々にTIPSをアップする予定なのですが、
気になった部分がありましたので先に

160627_124044.jpg 
このセンタープーリー・センターシャフト部分 

内径4mmの0.2mm厚シムを2枚入れて、
Eリングを入れようと思ったら入らない

あれ?と思ってチェックしていたら、
プーリーに対して840フランジ付ベアリングが奥までしっかり入っていない
どうやらコレが原因で、シムが取説指示通りに入らなくなるようです

 

 
本来はプーリーの面にピッタリまでベアリング(フランジ部)が入りますが、
少しだけベアリングが飛び出しちゃっています

シム量を減らせばいいじゃん!!なのですが、
”ソレ”が左側になった場合は、
スパー・プーリー全体が右によっちゃうので、
右側プーリーとアッパーデッキが干渉しそうになります

原因は何か??と調べましたが、
どうやらベアリングの問題のようです
見比べても分からないし、ノギスで計測しても分からない
1個はOKでしたが、1個はNGという具合でした。

他社のベアリング何個か試してみましたが、
全く問題なくちゃんと入りました
160627_121132.jpg 
シムも取説指示の量、ちゃんと入ります。

お客様に聞いたら、
他にもそんな事例があったみたいですよ~との事でしたので、
参考にアップしました

あれ?と思ったら、
その辺りをチェックしてみてください

(既にタミヤさんには連絡しました)

さて!
組立て続き始めましょ
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
タミヤTA07 PROの組み立て

ダンパーの取付も終わり、一応これで完成です

160623_150113.jpg 

160623_150222.jpg 

160623_150248.jpg 

160623_150526.jpg 

160623_150428.jpg 
組立て途中から多くの方に既に見て触って捩じって?頂いたりしましたが、
完成してみると、なかなかイイ感じに見えますね

160623_152029.jpg 
そのまま車重計ってみました 

標準的なタミヤさんのボディの重量(140g)で、
トランスポンダーは無しの状態。
1370gと意外と軽いですね。

左右バランス的に左が重いので、
LF2200下に金色のウエイト55gを乗せて~~とすると、
丁度いい具合のバランスになって重さもイイ感じ?!

でも!
個人的にはチタン&アルミビスにして、
見た目もGOODに、
そしてウエイトを搭載できるようにして更に最適化させたいな~と

どんな走りをみせてくれるのか
とぉっても楽しみです
5~6年周期くらいで発売されているタミヤさんのミドルクラスマシン
弄り倒して遊んじゃってくださいね

長々~と記事アップしましたTA07 PROの組み立て
購入予定のお客さん達の興味が薄れてしまうのも意図しないので、
途中途中、微妙~に?省いちゃったりしていますがご了承を
細か~なお話は店頭にてご相談下さいませ

もちろんマシンは店頭にて見て触って持って、
その感触を確かめたりできるようにしてありますので、
ぜひご来店下さい

さっ!いよいよ走行です
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。