ロックウェーブ 店主ブログ

静岡県裾野にあるRCプロショップ「ホビーショップ ロックウェーブ」の公式ブログです。


テーマ:
YOKOMO BD7-2016

ダンパーの組立、その2です

といってもここからは従来と同様なのでサクサクッと。

160825_211750.jpg 
取説の指示(全長でF56/R57mm)だと、
ここの数値が9mmかな?
最近はココで数値を揃えるのをよく見かけるようになりましたね。
ちなみにエンドがフロント用/リア用と長さが異なっているので注意を
 
160825_213946.jpg 
いつものようにエアリムーバーでシリンダー内のエアを抜いて、
ダイヤフラムを取付して完成
って飛ばし過ぎ?!

160825_220129.jpg 

160825_215955.jpg 

スプリングを装着して完成
今一度、スルスルとエンドボールが動くか?確認しましょ。

という事で、時間かかっちゃいましたけど
BD7 2016の組立TIPS終わりです

このマシン以外、
以前のモデルそしてBD7'17? BD8??の組立にも、
参考になる部分はあると思いますので、
各部チェックしてみてくださいね

"ENJOY BD7-2016!!"
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
YOKOMO BD7-2016

いよいよ最後のパーツ組立て、ダンパーです
この’16から今までよりも短いショートダンパーになりました。
そしてシリンダー内径も大きくなっていますね。
ピストン径で10→11mmと、1mmくらい大きくなっています

さて早速、組立て開始です。

160529_160242.jpg 
まずはシャフトにピストンを装着。
安心の?チタンコートシャフトにしています。
以前の物だとシムを入れてピストンの上下ガタを減らすようにしていましたが、
このSLFショート2はその必要なくなりましたね!

続いて上下のエンドボールにボールを入れます。
ここも安心の潤滑ハードコート仕様に変更です!
このボールがちゃんと荷重がかかった時にもスムーズに動くか
コレがとても大事です

160529_180343.jpg 
そしていつものように、
このボールを入れる時も出す時も、
カワダ模型のサスボール&モーターベアリング脱着器2を使います!
一個、工具箱に入れておきましょ

160529_174434.jpg 

ここは今回のはどうかな?とチェックしながら入れてみましたが、
やはり、
一度、正規とは逆方向からボールを入れて、すぐに取り出す。
そして、
今度は正しい方向からボールを入れる。

この手順をする事によって、ボールが軽く動くようになりました。

写真のように、ちょっと長いネジを付けてみて、
ストンッと軽く動くか?確認してみると良いです

ダンパーエンド(下側)も'16は上側と同じようにやる方が良いみたい。

160529_175652.jpg 
それぞれ8個のボールがスムーズに動くようになったらOK

下準備が出来たところで(その2)に続きます

"ENJOY BD7-2016!!"

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
YOKOMO BD7-2016

サーボの取付が終わりましたので、
続けて受信機とアンプの取付そして配線作業を先に

受信機はサンワのRX-482を搭載しました。

160529_123950.jpg 

とってもコンパクトなこの受信機。
アンテナも無いのでとっても楽チンですよ
レスポンスも471などと同様ですし、
電波の安定性も問題なし

160529_124027.jpg 
アンプはテストとしてテキンを搭載してみました
改めて白テキンとも比較してみたいところですが・・・

まずは見た目的に

160529_124047.jpg 
そしてモーターはREEDY SONIC
マッハ3 21.5Tです
いや~カッコイイ

160529_124614.jpg 
パッケージング的には最高
自己満足ですが

またのちにアンプは、
LRP FLOWにしてみたいな~とか考え中です

さてバッテリーは何にしよう?
とりおんLiPo6000StockSpecはもちろん使うんですが、
他のも使ってみたい今日この頃です

悩んでいる時、とっても楽しいですね?!

いよいよ次はダンパー
ダンパーが出来たらアライメントや細かな調整をして完成になります

完成までもう少し

"ENJOY BD7-2016!!"
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
YOKOMO BD7-2016

足回りの組み付けが終わり、
あと少しで完成というところまで来ました!

続いてはサーボ

160520_162400.jpg 
サーボの耳部分は穴が大きめになっていますので、
マウントの下側に付けてしまうとサーボがシャーシに当たっちゃいます。

マウントの上面にサーボが当たる感じになるように取付して、
シャーシとサーボの間に隙間が出来るように取り付けます

(なので、サーボの取付用ブッシュ的な物を使う場合は要注意)

このマシンにはサンワのSRG-BLS Evolutionを付けました
このサーボ、最高ですよ


160520_162244.jpg 

160520_162451.jpg 
続いてバンパー。
ウレタンバンパーは定番な感じに加工。
テンション上がりますね  
あとでボディに合わせてウレタンバンパー前にスポンジを貼ったりして、
隙間を調整します。
 
160520_162318.jpg 
リアボディポストも取付。

あとでボディに合わせてカットして、
ABCホビーさんの先っちょカッターでカッコよく仕上げます

ここまでくると、
基本的な”マシン組み立て”は終わったようなものですね。
あとはダンパー組立とメカ類の搭載です

"ENJOY BD7-2016!!"
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
YOKOMO BD7-2016

スタビの取付が終わり調整も終わった所で、
ベルトを忘れないように取付します。
(このタイミングじゃなきゃダメって事ではないです。たまたま流れ的に)

160509_214546.jpg 

160509_214603.jpg 

160509_214614.jpg 
真ん中辺りを押して、
リアの方が少しテンション強いかな?くらいに調整しています。

160511_172228.jpg 
ドライブシャフト
フロントは強化されたWジョイントが標準装備になりましたね!
リアはCクリップタイプが発売になりましたので、
アルミボーンと共に組み込んじゃいます

160511_180732.jpg 
一度仮組みしたSTブロック/Cハブにドライブシャフトを付け、
ロアアームに取付します。

160511_180753.jpg 
リアも同様です。

これで足回りの組み立てが完了 

残りの主パーツはダンパーとバンパーになりました 
完成までもう少し   

"ENJOY BD7-2016!!"
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
YOKOMO BD7-2016

足回りの組み立てその3
昨今のツーリングカーで一番組み付けが難しいといっても過言ではないスタビ

160506_190951.jpg 

一番大事なのはこのスタビバー
これが捻じれがなくピタッと平らになっているか?!

定盤の上で全面がピッタリ平らになるように、
チョイ捩じったり、曲げたりします。
根気が大事だったりしますが、
ここを妥協すると結局後で左右の効きが合わなくて苦労します

160507_162856.jpg 

バルクヘッドへの取付ですが、
まずはホルダーを取付。
次にバーの前後方向ガタを消す為にセットスクリューを締め込み。
バーが動かなくなっちゃうのは締め過ぎなので、
スムーズに動き且つ出来るだけガタが無いように調整します。

最後にセンターのストッパーを締め付け左右ガタを調整
これを締め付けるとバーの動きが渋くなったりもするので注意が必要です 

160507_162922.jpg 
 もちろんフロント側も同様です 

160507_170836.jpg 
スタビボールの位置をどうやって測るか?は人それぞれですかね。
僕はボールからの突き出し量を測っています。
ボールはみんな一緒だし10.4mmとか微妙な長さだし・・・ 

フロントは3mm、リアは5mmを基本としてます。

リアはアーム側のエンドが若干渋めなのでラジペンで軽く摘まんで 

そしてここからが根気&忍耐&妥協心との戦い 
160507_175805.jpg 
片側のアームを上げていった時に、
反対側のアームがどれくらいで持ち上がり始めるか?を見ます。
これが揃っていないと左右のスタビの効き具合が異なるという事になっちゃいます。

ロッドエンドの長さを左右弄って合わせる人、
バー・スタビホルダー・ガタ調整諸々を試行錯誤して合わせようとする人、
それぞれだと思います 
僕は出来る限り後者派 

T4のスタビホルダー部が気になる今日この頃です 

そしてどこまで左右を合わせるか?も人それぞれかな?
0.5mmくらいの左右差なら許容範囲かな~?とか思ったり 

という具合にスタビ調整を終えて次の工程にいきます 
その4に続きます

"ENJOY BD7-2016!!"
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
YOKOMO BD7-2016

足回りの組み立てその2です

ロアアームを取付します。

160505_182711.jpg 
前後方向のガタが左右で同じになるように、
サスブロックを締め付けます。

160506_171426.jpg 
フロント側も同様に

この時点で先に、ダウンストップを調整しちゃいます

160505_183244.jpg 
ダウンストップゲージ&ブロックがあると調整し易いですが、
定盤&ハイトゲージでも問題は無しです。

アーム外側の樹脂下面で計って、
フロント6mm、リア5mmにまずは調整しました。

ちなみにここの樹脂の幅がほぼ7mmなので、
サスピンセンターの数値では+3.5mmになりますよ

続いては、
難しいスタビ編(その3)に・・・

"ENJOY BD7-2016!!" 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
YOKOMO BD7-2016

駆動系の組み込みがほぼ終わった所で、
足回りの組み立てに進みます

160504_181746.jpg 
まずは樹脂パーツのバリ取り。
いつものようにまずは樹脂パーツのみでそれぞれの擦り合わせをします。

160504_192452.jpg 
Cハブ、リアハブそれぞれ、スムーズに動くようにします。

160505_181152.jpg 
ロアアームはインナーピン側が少し渋かったので、
3mmアームリーマーでほんの少しだけ削りました
HUDY最高

160505_183844.jpg 
ステアリングブロックには、
キングピン上下が真っ直ぐになるようにネジ山作り
単体の状態でよぉ~く見ながら作業です。
ココが結構難しいポイントともいえるかも

160505_191045.jpg 
Cハブを取り付けて軽くステアするか?確認です。
上のカラー側が少し渋かったので、
4mmドリル刃とかを使って穴を調整しています。

その2に続きます

"ENJOY BD7-2016!!" 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
YOKOMO BD7-2016

バルクヘッドとモータ―マウントの取付が終わり、
駆動系を仮組みします。

160504_142214.jpg 

160504_142225.jpg 
僕はまずはベルトを付けないでチェック。
3パーツそれぞれが軽く回るか?干渉は無いか?をチェックします。
無負荷の状態とアッパーバルクを締め付けた状態の時とで、
回転の具合に違いが無いか?などのチェックです 
 
続いてステアリング周り。
160504_155709.jpg 

160504_154311.jpg 
ベルクランクは上下に若干ガタがあるので、0.1mm~くらいのシムで調整します。
ここも単体でシム調整して回転が重くなっていないか?等のチェック。

160504_154528.jpg 
 さらにセンターリンクを付けた状態で軽く動くか?チェックします 
 
160504_162428.jpg 
アッパーデッキを付けてみてシャーシが反ったりしないか?確認します
あとでベルトを付けてテンションなどを調整です。

続いては、
いよいよ?足回りの組み立てに進みます

"ENJOY BD7-2016!!" 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
発売から2週間ちょいが経過し、
各地で話題なタミヤのミドルクラスNEWマシン、TA07 PRO

先の組立てTIPSでスタビの取付についてアップしました
『TA07スタビ』http://ameblo.jp/rockwave-rc/entry-12171328114.html

走行したお客さんから、
フロントのスタビエンドがドライブシャフトと干渉する
との指摘を受けました

160716_171659.jpg 

確かにストロークさせると当たりますね

160716_171844.jpg 
長さは説明書指示の25mmにしていました・・・
 
う~ん
取説のは・・・そういう事か

バー自体の取付位置の高さを419Xのと比較すると、
TA07の方が1mmくらい高いので、
419Xのロッド長の取説指示よりも1mm程度長くてもOKという事ですね

160716_171926.jpg 
その為には、
このOP1648の長い方のボールリンクが必要になります

160716_172203.jpg 
ロッド長は28mmにしてみました

160716_172712.jpg 
安心なクリアランスが確保できましたよ

ちなみにリアは元々27mmと、
419Xのそれよりも1.5mm長い指示になっているので、
そのままでOKですね

挙動がイマイチ~という方は、
この辺りが原因かもしれませんので、
ちょっとチェックしてみると良いかと思います

TA07 PROでタミチャレGT、益々盛り上がりそうですね

皆様のご来店お待ちしておりますっ
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。