~最新号のご案内~


12/25(木)発売
『ROCK AND READ 057』
ROCK AND READ 057/シンコーミュージック
¥1,296
Amazon.co.jp
【表紙】
松岡充(MICHAEL)

【裏表紙】
Ni~ya(NIGHTMARE)

maya(LM.C)
Yuh (vistlip)
結生(MERRY)
YUKI(DUSTAR-3)
燕(BugLug)
Takashi(カメレオ)
YOSHIHIRO(ギルド)
Shun(DuelJewel)
Cazqui(NOCTURNAL BLOODLUST)

【THE CHARISMA】
MORRIE


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-01-16 12:00:00

RR58 ラインナップ発表!

テーマ:ROCK AND READ 058

じゃんっ!!


++++++++

2/13(金) 発売
「ROCK AND READ 058」


表紙:AKi

Aiji(LM.C)
玲央(lynch.)
豊田和貴(MICHAEL)
KAMIJO
TERU(Jupiter)
まゆ(DaizyStripper)
shinpei(SuG)
将海(BugLug)
Masa(NOCTURNAL BLOODLUST)

来夢(LEZARD)
暁(アルルカン)

+++++++++

表紙画像、取材レポートの更新をおたのしみに!!!!キラキラ



AD
2015-01-12 12:00:00

RR57名言集!

テーマ:ROCK AND READ 057

RR57コンテンツ紹介はいかがでしたか?
本日は、本誌にご登場いただいたアーティストの方々の名言集をピックアップしてお送りします♡


ROCK AND READ 057
:: 名言集 ::


松岡 充/MICHAEL
僕はみんながいつか帰ってきてまた笑顔になれる場所を作っていく。そのためにやり続けていくということをあらためてジルと話したんです。


Ni~ya/NIGHTMARE
ある日当然、『やってていいんだよ』って言われたんです。自分に(笑)。『お前、これしかできないんだからさ。これをまっとうしろよ』って。


maya/LM.C
虹って、身近な奇跡だと思うんですよね。つまり、生きてるって素晴らしいっていうことなんですよ。


Yuh/vistlip 
自分たちが思う理想的なものを、ちゃんと見せられる状態に持っていきたい。だから、来年(2015年)は売れることを目指します。


結生/MERRY

MERRYは動いてないとダメだなっていうことも、今年1年でよくわかりました。止まると死んじゃうバンドいるじゃないですか。たぶんMERRYもそうですね。  


YUKI/DUSTAR-3
僕自身はいろんな楽曲を弾いてみたい。だから今の自分のバランスがすごくいいんですよ。


燕/BugLug
5人っていうのはちょうどいいんですよ。バスケも1チーム5人だし、このまま何年経っても変わらない関係でいられたら素敵だなあと思う。


Takashi/カメレオ
僕みたいな『ザ・日本人』に届けばいいな。俺が普通代表として、先陣切ってがんばります!


YOSHIHIRO/ギルド
僕らの場合は尋常じゃない男前がいるわけでもないですからね。であれば、どん欲にチャレンジしていかないとダメだって思うし、それが楽しいんですよ。


 Shun/DuelJewel
渋谷公会堂に行くにあたって僕がみんなに言えるのは、『ありがとう』ではなくて、『ついてこい』という一言だけです。


Cazqui/NOCTURNAL BLOODLUST

ガリレオ・ガリレイの地動説もそうじゃないですか。最初は否定されたけど、今はそれが通説になっている。


MORRIE
今、ここにしかない(now here)じゃないですか。そして、このそれは『どこでもない(nowhere)』という意味になる。



どうでしょうか~~!
現在発売中の本誌には、このほかにもぐっとくる名言やお話が満載です。
ここでしか語られないエピソードやアーティストの本音をお見逃しなく!
「ROCK AND READ 057」は全国の書店・CDショップ・Amazonにて発売中☆
豪華な読者プレゼントもあります!!

ROCK AND READ 057/シンコーミュージック
¥1,296
Amazon.co.jp
AD
2015-01-11 12:00:00

RR57コンテンツ紹介(写真つき)!

テーマ:ROCK AND READ 057
3連休ですね!おでかけの方は風邪&インフルエンザの予防を忘れずに!

さてさて、年をまたいでお伝えした「ROCK AND READ 057」の編集後記はいかがでしたか? 本日はこちらで、本誌の内容紹介を写真つきで紹介します。


ROCK AND READ 057
:: contents ::


『第1章の幕開け』
松岡 充/MICHAEL

「僕の中でMICHAELはSOPHIAなんです」と告白してくれた前回登場から約1年、MICHAELが第1章の幕を開けた。春に発売予定のファーストアルバムのフライング取材まで、本誌独占のロングインタビューを敢行した。




『開いた扉』
Ni~ya/NIGHTMARE

海外でのライブや対バンライブを積極的に行なうようになったり、ここ最近のNIGHTMAREは、扉がいくつも開き出したような外向 性を見せている。約7年半ぶりの本誌登場となるNi~yaに今の思いをすべて吐き出してもらった。



『積み重ねのハッピー論』
maya/LM.C

もはや本誌年末恒例の登場となっているmaya。レーベル移籍から始まり、初の主催イベントやTHE MAD MAYA始動など、さまざまなチャレンジをした1年を総括してもらいつつ「2015年型ハッピー」を論じてもらった。



『7の奇跡』
Yuh/vistlip

7月7日に結成し、今年で7周年を迎えたvistlip。1年を振り返りつつ、Yuhのバンド観やギタリストとしての現状を語ってもらった。夢を実現させるため、現実的にバンドに向き合うYuhの2014年、そして2015年の展望とは?



『前進』
結生/MERRY

3年半ぶりの音源『NOnsenSe MARkeT』をリリースしたMERRY。4人で活動を続けた2014年は試練の1年であると同時に、それを乗り越え大きく前進した1年にもなったはず。バンマスの結生がこの1年についてと、テツの現状を語る。



『バランス』
YUKI/DUSTAR-3

Λuciferの一員としてデビューし、現在はDUSTAR-3を本拠地にしながらAcid Black Cherryなどのサポートギタリストとしても活躍中のYUKI。彼の生い立ちと、今の音楽活動への思いを語ってもらった。



『自然体』
燕/BugLug

人懐っこくにくめない、BugLugのマスコット的な存在の燕。少年時代はバスケに夢中だったというが、とあるきっかけによりバンド活動一直線になる。人情深さも感じさせる燕の半生と、新しい自分を模索する「等身大」の現在の想いをさぐった。



『脱「いたって普通」』
Takashi/カメレオ

本来の自分を「いたって普通の典型的なA型人間」と評するTakashi。しかし、X JAPANとの出会いを機に、それが少しずつ変化していく。アイデンティティを追い求め、ひとまわりして見えてきた自分らしさとは?



『前に進む』
YOSHIHIRO/ギルド

幼いころから楽器が好きだったYOSHIHIRO。ギターを始め、バンドを結成し、出会いと経験を重ねる中で「うまいだけじゃダメだ」と気づく。ギター1本で挑んだソロライブの会場で、自身の今までとこれからについて語ってもらった。



『曇りのち晴れ』
Shun/DuelJewel

約3年半ぶりの登場となるShun。4人編成での活動を経てより強靭さを増したDuelJewelだが、そこにいたるまでには、人知れず抱えていたイラ立ち、現在も続く病との闘いがあった。渋谷公会堂公演に向け、胸中を語る。



『マイノリティ』
Cazqui/NOCTURNAL BLOODLUST

自分のマイノリティさを認識しつつも、そこから生じた誤解を解くべく、確固たるアイデンティティを築き上げ市民権を得ようとふんばる。そんなCazquiの半生を振り返るパーソナルインタビュー。



『no-where=now-here』
MORRIE

19年ぶりとなるソロアルバム『HARD CORE REVERIE』をリリースしたMORRIE。ブランクはあれど、今も精力的に歌い、ステージに立ち続ける理由はどこにあるのか。そのイデオロギーをひも解いた。





ROCK AND READ 057/シンコーミュージック
¥1,296
Amazon.co.jp
AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>