~最新号のご案内~



発売中!!
『ROCK AND READ 074』
ROCK AND READ 074/シンコーミュージック
【表紙】
Ken

【裏表紙】
一聖(BugLug)

ミヤ(MUCC)
ガラ(MERRY)
TAKEO(Angelo)
昴(Royz)
朋(DADAROMA)
Leda(Far East Dizain)
AKI(AXESSORY)
都啓一(Rayflower)
Chiyu
Ken×KENZO(BVCCI HAYNES、GREMILINS)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-11-10 18:00:00

ROCK AND READ vocal表紙画像公開!

テーマ:ROCK AND READ vocal

11月30日発売「ROCK AND READ vocal」の表紙画像解禁です!

 

 

表紙はluz!

 

裏表紙もluz!

 

 

=====================

11月30日(木)発売!!

『ROCK AND READ vocal』 

 

【表紙】

luz 

 

あらき

un:c

みーちゃん

ピコ

とら*(LoveDesire)

S!N

Gero

=====================

 

全8名のパーソナルインタビュー&撮り下ろし写真掲載!

それぞれの生い立ちや歌う理由にガッツリと迫った濃ゆいインタビューと、ここでしか見られない写真です!

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-11-08 18:00:00

RR74名言集!

テーマ:ROCK AND READ 074

 

『ROCK AND READ 074』

::名言集::

 

 

「自分は目の前で、自分の感性の中で素敵な音楽とか素敵な音色が鳴ってたら、もう幸せなんですね。だからそれが鳴っている場所にいたい」

Ken

 

「リスペクトがみんなにあって、ただのイベントではないですよね。“PARTY ZOO”に迎えてもらえたのは、本当に僕の中では大きい」

-KENZO-

 

「“PARTY ZOO”では、KENZOも僕も、ふわっとしてるんですよ。なんかこう、責任感がないというか(笑)」

-Ken-

 

「俺たちは音楽を1人でやってるわけじゃない。数えきれない人たちがいて、初めてできる。それで生きているんだと思えた」

一聖/BugLug

 

「俺の今後の、20周年以降の課題は『俺はなにもしない』っていうことです。俺がなにもしないMUCCってどうなんだろう、って」

ミヤ/MUCC

 

「もう過去を振り返らないというか、突き進むしかないなって。MERRYという旗のもとに生きていくんだって腹がくくれました」

ガラ/MERRY

 

「俺にとってのAngeloというバンドは、絶対的なかけがえのない存在です。今そう言いきれることがまた、自分にとっては本当にうれしいんですよ」

TAKEO/Angelo

 

「みんなで歌うことってこんなに楽しいんやと思って。今の僕の声はみんなが守ってくれた声だと思ってるから」

昴/Royz

 

「自分のやりたいことを、今のメンバーが止めなかったのが自分的にはうれしくて。認められているというか」

朋/DADAROMA

 

「世の中にはうまい人がたくさんいますし、世界は広いですよ。僕自身はずっと教えてもらう立場にいたいとは思っていますしね」

Leda/Far East Dizain

 

「バンドはあくまでもSadieなので、自分の活動はアクセサリーでいいかなって」

AKI/AXESSORY

 

なにがあっても生き抜こうっていうのは自分が経験したことでもありますけど、自分が生きたい世界とか世の中を守るほうが大事やと思うんです」

都啓一/Rayflower

 

「ここから先は俺の人生なんで。逆に失うものがない強さはありますよね。安心して当たって砕けることができる」

Chiyu

 

ROCK AND READ 074 ROCK AND READ 074
 
Amazon

 

AD
2017-11-07 18:00:00

RR74内容紹介(写真付き!)

テーマ:ROCK AND READ 074

ROCK AND READ 074

::contents::

 

『PARTY ZOO』

 Ken

カオスなライブイベント “PARTY ZOO”が帰ってきた! “PARTY ZOO”をプロデュースするKenが、実に11年ぶりに本誌に登場。その成り立ちや趣旨、そして今の音楽活動のモチベーションについて聞いた。

 

 

Ken feat. KENZO/BVCCI HAYNES、GREMLINS 

“PARTY ZOO 2017”にセッションバンド「アリビエ(アリス九號×彩冷える)」とBAROQUEのサポートドラマーとして参加するKENZOと、プロデューサーKenの対談が実現!

 

 

『新人生』

一聖/BugLug

昨年5月の事故から脅威の回復スピードで復帰を果たした一聖。事故後の記憶をひとつずつたどりながら「バンドのある日常」を取り戻すまでの経緯と変化を聞いた。未知なるものを恐れない新人生を歩み始めた一聖が、包み隠さず語り尽くす!

 

 

『「20周年」総括』

ミヤ/MUCC

この20年、MUCCを全方向から牽引する絶対的な存在として君臨しつつ、今まで一度も立ち止まることなく、最前線で音楽活動を続けてこられたモチベーションとはーー。ミヤかく語りき。

 

 

『永久雑草』

ガラ/MERRY

頸椎損傷で療養していたテツが完全復活し1年半近く経った今、フロントマンのガラはなにを思うのか? 幸せを与えられるようになるために、自分が幸せになるーー明るい未来へと歩き出したガラの今に迫る!

 

 

『屋台骨』

TAKEO/Angelo

 

12年目を歩き始めたAngelo。結成からずっとAngeloの屋台骨を支えているTAKEOに話を聞いた。KOHTAいわく「俺のもう1人の兄」というTAKEOにとってのAngeloとは? おだやかに、しかし熱く語ってくれた。

 

『第二の扉』

昴/Royz

3度目の47都道府県ツアーの途中、声帯ポリープの治療のため1ヶ月間の休養を取っていた昴。声が出なくなる直前にRoyzに訪れていた危機、そして今についてーーバンドをより深く濃厚にすべく、歌に全身全霊を注ぐ昴が、その熱い想いをぶちまける!

 

 

『変身願望』

朋/DADAROMA

衝撃的なメイクや衣装を身にまとうその姿からは想像しがたいが、実は目立つのが好きではなく、恥ずかしがりだという朋。自分の好きなものを表現できているという今、自身の反省とルーツを振り返り、その正体を明かしてもらった。

 

『ギター武者』

Leda/Far East Dizain

始動3年目に突入したFEDを母体としつつ、さまざまなアーティストのもとでの活動も積極的に行なうLeda。諸所での経験を持ち帰る場所であるFEDと、自身の「今」について語ってもらった。

 

 

『AXESSORY』

AKI/AXESSORY

Sadieの亜季が「AKI」としてソロプロジェクトAXESSORYをスタートさせた。Sadieというバンドへのゆるぎない想い、ソロプロジェクトの意義とは? 新たな挑戦をする亜季とAKIの考えをじっくりと探った。

 

 

『ブリリアントプレイス』

都啓一/Rayflower

個性派プレイヤーであり、また、ステージ4の悪性ガンに打ち勝つという不屈の精神力と人間力を持つ都啓一。生い立ちはもちろん、Rayflowerにかける想いなど、都啓一の「今まで」と「今」を熱く語ってもらった。

 

 

『SuG』

Chiyu

9月2日の武道館公演をもって、無期限活動休止へと突入したSuG。メンバーの中でいち早く次の活動を掲示したChiyuが、続けることを選んだ理由、そしてその原動力とは? 「愛すべきバカ」SuGの血を引くChiyuの「これから」に迫る。

 

 

 

ROCK AND READ 074 ROCK AND READ 074
 
Amazon

 

 

 

AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。