1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-02 22:01:45

リー中川 ゴズリングカット?でラ・ラ・ランド観る!

テーマ:ブログ
ゴゴゴゴゴゴゴ~!!ゴズリング~!!(意味不明)
ってことで観てきました!

デミアン・チャゼル監督
ライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演!

『ラ・ラ・ランド』



いやー最高でした!最近観た映画ではダントツでした。
ライアン・ゴズリング最高!
もうゴズラー(←熱烈なファンのこと。勝手に命名)としては
大満足の、またもシビれるカッコよさのゴズリングでした。
いま男の俳優でゴズリングが一番カッコいいんじゃないかと思うね。
そりゃ我らがスタローンもランボーをリブートするなら
ゴズリングがいいんじゃないかとも言うわな。
なんなんだろうね、あの漂う哀愁は…
男らしいのに繊細さも併せ持ってるんだよね。

また、ピアノも、歌も、タップダンスも
余裕すら感じさせる程に完璧にこなしていたね。
あのスマートさ、カッコいいよねー。

しかしホントに、新作ごとにすごい演技の幅を見せてくれるよね。
ストンピングで顔面グチャグチャにして女子をドン引きさせたり、
ラブドールを愛して引きこもったり、ハゲ散らかして女房に逃げられたり…
んでこの映画の次は、ブレードランナーにってさ、

ライアン・ゴズリング、もはや敵なしっ!だね。

そして監督のデミアン・チャゼルもまだ32歳!なのに
こんなスゴイ映画を撮れるんだなぁと脱帽…才能の塊だ。
前作『セッション』の勢いをよりグレードアップさせて、
それに愛の哀愁を纏わせた今回のラ・ラ・ランド。
クラシック映画の名作『追憶』を思い出させるような
本当に愛と夢と哀愁に溢れた作品でした。

映画や音楽に対する愛情、情熱をビシビシ感じたね。
エマ・ストーンが歌うおばあちゃんの歌、
愚か者や変人と言われようとも、何度傷つき倒れようと
我が道を突き進んで夢を追い続ける…

全ての夢追い人に捧げられたようないい歌でした。

夢を追いかける二人に胸が熱くなり、
愛のもどかしさやすれ違いに切なくなり、
でも心がぼわっ~と温かくなる。
そらに光輝く星空のような映画でした!

また夢を追いかけるぞ!!!


にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ元祖!一人プロレス
「元祖!一人プロレス」は、ブログランキングに参加しています。
3つのタグをクリックしていただくとランキングが上がります。是非応援して下さい。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-02-20 23:54:28

リー中川 プロレス団体DDTにもの申す!「人のパンツでプロレスすんな!」

テーマ:ブログ
バーン!ドンッいやー、びっくりしたねー!

何がってDDTってプロレス団体の試合で、こたつがチャンピオンになった記事。言っとくけど、こたつがチャンピオンになったことにびっくりしたんじゃないぞ。またか!またパクられた!とびっくりしたんだよ。

スフィアの新レスリング部にパクられたことを思い出したよ…
まー今じゃ誰もその番組自体覚えてないだろうけど。。。

俺は忘れない!



それはそうとして、DDTって言えば、
飯伏幸太選手ヨシヒコ
って空気人形とプロレスするのが
有名な団体
らしいけど、俺はよく知らなかった。
(まー空気人形と戦ったのも俺のが先なんだけど…)

俺とは全く無関係な団体と思ってたんだけど、記事を目にしたら
え?人とコタツが戦ってる?しかもロメロスペシャルかけてる?
これは俺が何回も見てきた光景…

あー、パクられたなと。

またかよ!


しかも今回は、声優アイドルとかじゃなくれっきとしたプロレス団体!

プロレスってジャンルは本来、オリジナルであることに拘っていたと思う。余所の団体が、アレをしたら、ウチはこうしようって個性で競い合っていた。団体も、選手たちも内から発する個性で勝負していた。そして、オリジナルホールドを開発して、それぞれの選手に十八番があり、必殺技を伝授されることはあっても、決して人の真似はしなかった。

そういう暗黙のルールがあるのが俺の中では当たり前で、それは試合の中での戦いの表現方法に関しても同じ。

そしてもうひとつ、俺の一人プロレスの場合、
「家電と人間が戦う」
という行為自体が表現であり、それが作品となっているわけだ。
その戦いは今年で16年目になる。最近試合してないけどさ。



まあ向こうから言わせりゃ、ただコタツとプロレスして
何が悪い、何を盗んだと言うんだ、というかもしれないけど


えー、

人のアイディア、頭の中を盗んでますよ、

あと、営業妨害してますよ。


と、いうこと。
こう言われてわからない人は、
モノを作って売る資格はないと思う。


今までにこういうことをやった人はいるのか?
この表現はまだ世に出ていないか?
昔だったらまあ調べようがないから仕方ないけど
現代では、んなもん、調べたら色々出てくるんだから、
もう既にやってる人がいるな、と気づいたら
その人の領域に、普通は入って来ないはずだし、
作り手としてのプライドが少しでもあれば
やらないことを選択するはず。

でもそうじゃない人の方が多すぎるんだろうな。
何もないとこから、何か新しいものを生み出すのではなく

それに乗っかって、安易にうわべだけ真似して、
さも自分がやったことのように振舞う盗作作家。


有名な人の真似ならば、リスペクトありきで
パロディ、オマージュといった都合のいい解釈で済んじゃうのだが、
(まあそれも結局はパクリなんだけど)

あんまり知られてはないけど、プロとしてちゃんと活動している作家から黙ってそれを拝借するのは盗っ人だからね。

俺は自分の作品を盗まれたってわけだ。

コタツがさいたまスーパーアリーナで試合をする。
プロレスファンとして見れば、最高な演出だけど、
その元ネタは、俺の元祖!一人プロレスだからね。

元祖!一人プロレスを見てくれたことある人は、
俺の胸中は察してもらえるはず…


大の大人が、大のプロレスラーが、
人のパンツでプロレスして、お金をとるんだね。


怒りを通り越して呆れてしまうけど…



俺は怒る!



DDT!

プロを名乗るなら、

人のパンツでプロレスすんな!

以上!



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ元祖!一人プロレス
「元祖!一人プロレス」は、ブログランキングに参加しています。
3つのタグをクリックしていただくとランキングが上がります。是非応援して下さい。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-01-23 23:47:34

リー中川の一人吹替え劇場 チャールズ・ブロンソン「スーパー・マグナム」【歯だ編】

テーマ:吹替え劇場
新作更新!NEW

『リー中川の一人吹替え劇場』

アクションスターを演じる吹替え声優
リスペクトし、愛してやまない
リー中川の日本語吹替え愛が炸裂する!!!

第6回目の今回は・・・・またまた!

チャールズ・ブロンソン主演

「スーパー・マグナム」
【歯だ編】



大塚周夫ブロンソンを
リスペクト
しまくった
リー中川の吹替えっぷりを是非観て下さい!

スーパー・マグナムの名台詞の登場だ!ブロンソンのDIYが冴えわたる!!



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ元祖!一人プロレス
「元祖!一人プロレス」は、ブログランキングに参加しています。
3つのタグをクリックしていただくとランキングが上がります。是非応援して下さい。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。