1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-19 23:40:46

リー中川の一杯やりながらぼやこう ジョージ・A・ロメロ監督とゾンビを語る

テーマ:一杯やりながらぼやこう!
久しぶりのアップ!アップ
第8回
リー中川の一杯やりながらぼやこう!」お酒

つぶやくのではなく、ぼやく・・・
リー中川が、今回あえてぼやくテーマとは一体何か?
ロックアクションTV より、
さらにどうでもいいせま~いトークを
皆様是非ご視聴下さい!!



第8回『ジョージ・A・ロメロ監督とゾンビを語る』

先日急逝した、ゾンビの父、ジョージ・A・ロメロ監督の追悼として、

リー中川がロメロ監督のゾンビ映画を好き勝手に語ります。

全てのゾンビフリークよ!

怯え続けよ!




にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ元祖!一人プロレス
「元祖!一人プロレス」は、ブログランキングに参加しています。
3つのタグをクリックしていただくとランキングが上がります。是非応援して下さい。


リー中川の一杯やりながらぼやこう!お酒


第1回『PSVR、DVD、レトロゲーム』


第2回『スーパー・マグナム日本語吹替え版』


第3回『PCエンジン愛』


第4回『君の名は。を観て』


第5回『ミニファミコン、4Kリマスターにぼやく』


第6回『PSVRをやってみてぼやく』


第7回『ミニファミコン買うた』


名作、珍作映画をリー中川

一人で吹替えをする

『リー中川の一人吹替え劇場』

アクションスターを演じる吹替え声優を
リスペクトし、愛してやまない
リー中川の日本語吹替え愛が炸裂する!!!

大塚周夫ブロンソンを
リスペクト
しまくった
リー中川の吹替えっぷりを是非観て下さい!


チャールズ・ブロンソン主演
「スーパー・マグナム」
【お外でアイスクリーム編】



チャールズ・ブロンソン主演

「バトルガンM-16」
【撃ちたきゃ撃てよ編】



チャールズ・ブロンソン主演
「スーパー・マグナム」
【キャベツのロール巻き編】

チャールズ・ブロンソン主演
「バトルガンM-16」
【ワインDEボゲーン編】



チャールズ・ブロンソン主演
「スーパー・マグナム」
【歯だ編】



チャールズ・ブロンソン主演
「スーパー・マグナム」
【整形疑惑編】



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-17 21:24:14

リー中川 ジョージ・A・ロメロ 監督『ゾンビ』を語る

テーマ:映画
今朝、ジョージ・A・ロメロ監督が急逝したとネットニュースで知った。77歳…若いよね…。いやまあ高齢といえばそうなんだけど、映画界では、イーストウッドとか80歳過ぎてもバリバリ現役で映画撮ってるから、そう考えたらまだ若いよなぁと思ったんだよね。新作の準備もしてたみたいだし、あと何本か新作観れると思うてたのに…はぁ…また一つ時代が終わったなぁと寂しく思った。また一人俺の好きな作家がこの世を去った。ハリウッドに背を向け、自分が本当に作りたいものに拘って作品と向き合ってきた、尊敬すべき職人気質の頑固ジジイ。。。
時代に流されない頑固ジジイの拘りの映画が観れなくなるのがとても残念です。

{4F55C300-1498-4F2A-8098-873493A26287}
サバイバル・オブ・ザ・デッドのパンフのインタビュー

そして、

ジョージ・A・ロメロと言えば

ゾンビ!
{F6A12B5E-B87B-4F0D-8D72-0AE7542F87C9}

そう!ロメロなくしては
今あるゾンビカルチャー全てなかったであろうと言い切っていいくらいだ。
映画をはじめ、ゲームから何からなにまで、あらゆるカルチャーで、ゾンビと名のつくものがあれば、ほとんどロメロの影響を受けているのだ。
そして、ロメロ監督はゾンビ映画の土台を作りながらも、自らも新作を撮り続け、ゾンビ映画を更新し、牽引していた。
まさにマスターズ・オブ・ホラー。
バイオハザードだって、ウォーキング・デッドだって、みーんなロメロの子なのだ。
現にゾンビの特殊メイクでお馴染みのトム・サヴィーニのアシスタントだった、グレッグ・ニコテロがウォーキング・デッドで監督やってるしね!
ニコテロは、ダイアリー・オブ・ザ・デッド、サバイバル・オブ・ザ・デッドでも特殊メイクを担当していたのだ。
ロメロの遺伝子は脈々と受け継がれているのだ。

俺がロメロ映画を知ったのは、かなり大人になってからだった。それまではプロレス!アクション!格闘技!にどっぷり浸かってたから、ホラーとはまるで無縁だったのだ。
ホラーといえば、なんとなくジェイソンとか、あとは死霊のはらわたとか、スプラッター的な、ゴア描写のエグいやつとか、そんなイメージしかなく自分とは関係ない世界だなぁって、子供の頃はホラー映画全盛期だったのに、たまに日曜洋画劇場で流れてるのを観る程度だった。バタリアンとか、マニアックコップとかね(笑)
こんな感じでホラー映画あんまり観てなかったんだけど、大学の頃に周りにホラー好きの友人が何人かいて、借してもらったりして色々と観出したんだよね。でも死霊のはらわたとか、ちょっとコメディチックでさ、ブレインデッドとかも笑える感じで、怖いとかよりも面白いなぁーて感じで、心から惹かれるものがなかったんだよね。

しかし!

ゾンビを観て、、、

なんだ!これは!!!

スゲェ!

と、どハマりしたんだよね。もう他のホラー映画と全然違うんだよね。なんかもう、社会風刺、思想的というかさ、なんやろ、なんかものすごいものを観た!って、もう頭の中、ゴブリンサウンドが鳴り響いて止まなかった。ゾンビ?またどうせ血しぶきブシャー!でしょ?ていうのを根底から覆された。これは人類に対する警鐘だ!と一人興奮していた。消費社会に対するアンチテーゼだったり、人種差別や、人間という生き物そのものを否定するような、鋭いエッジの効いた映画だったのだ。ホラー映画、という括りにできない、まさに全人類が観るべき映画だと思ったのだ。この映画が撮られてる時代背景とかもあるんだろうけど、それらのタイミングがガッチリ噛み合っていて、全ての要素が凝縮された破格の映画に仕上がっていたのだ。

またねぇ、ゴブリンの曲もいいんだよねえー、オープニングからハートを鷲掴みにされるもんね。



また、ゾンビは、もう一人のホラーの巨匠、ダリオ・アルジェントが資金繰りをしていたみたいで、共同監督だったり、音楽もプログレバンドのゴブリンを起用したりだとか、アルジェントの功績もすごいんだよね。ロメロ一人だとこれは出来ていないのだ。しかし、アルジェントがロメロのナイト・オブ・ザ・リビングデッドを観て、ロメロに惚れて、このゾンビの制作を開始するわけだから、やはりロメロありきなのだ。

俺はこの二人はまったく真逆の感性で、美意識もまるで違うと思ってる。ロメロはどちらかというと社会風刺的、また思想的で、どちらかというと文学的な映画を撮るが、アルジェントはもう完全にビジュアル先行型で、エンタメ重視派で、こんなの本当は共同監督なんか成り立つはずがないんだよね。また映画の中での重要なシーンも、二人では全く異なるため、ゾンビにはバージョンが3つもある。(他にも日本独自で編集した、テレビ吹き替え版など、多数存在する。)
一つはロメロ監督名義の米国劇場公開版、もう一つはディレクターズカット版。これは米国劇場公開版の尺が長いバージョンで、公開版でカットされた前後の細かい説明的なシーンが入っている。そして、アルジェント監督のゴブリンサウンド炸裂バージョン!終始ゴブリンのサウンドが鳴り響いて、尺も一番短く、エンタメに特化している。

{486121DB-83F7-40A0-92A3-4AF4C8371663}
3バージョン全部入りのゾンビ究極版ブルーレイBOX。買うべし!

どれもそれぞれに味わいがあって好きなんだが、やはりバランス的には米国劇場版がベストかなぁ。でも俺はいかにもロメロっぽいディレクターズカットが好きかな。尺が長いこともあって、映画のリズムが、まったり〜歩くゾンビのようなテンポでいかにもロメロっぽい作風なのだ。演出も細かいしね。また、使ってる音楽も、ゴブリン以外に、ライブラリーって、いわゆるフリー素材の曲をたくさん使ってて、最後のショッピングモールの曲なんかもう堪らない。裏寂しいあのエンディングに流れるあの曲…人間のいなくなったモールに、人が人であったときに流れてたであろう、ノーテンキな曲が流れる…あそこだけで恐怖と戦慄と絶望を堪能することが出来るのだ。人間はもう誰もおらず、そこには生きる屍しかいない…、いろいろと考えさせられるのだ。


この曲で絶望感がMAXに達します!これぞ!ゾンビ!

ところが、アルジェント版だと、もー、それはそれはプログレッシブロックがガンガン流れます…人類が絶滅しようが、おかまいなしでノリノリ(笑)。うーん、曲は好きなんだけどさ…なんかこうやっぱノリが違うんだよね。。。


アルジェント版のエンディングまでの一連の流れ。これはこれでカッコ良いんだけどさ…ロメロとは方向性がまるで逆。

いやまあ、サスペリアとかは好きなんだけど…やっぱゾンビだとロメロ監督の感性のが肌に合うのだ。 それはやっぱり、ロメロが一番ゾンビを理解し、愛し、どう描くのがベストかを熟知していたからだろうね。

あー、こうやって書いてても堪らない魅力満載の映画です。ロメロ映画は人間を厳しい目で射抜くような描写が最高なんです。人間不信が根底にあるからね。URAMIとかも俺大好きだしね。本当に厳しいんだよ、人間に対して。

でも、、、


ゾンビには甘い(笑)。


そこが魅力です。


ナイト・オブ・ザ・リビングデッド
ドーン・オブ・ザ・デッド(ゾンビ)
デイ・オブ・ザ・デッド(死霊のえじき)
旧三部作が最高なのは言わずもがなだけど、

{377D9E58-6B2A-4086-A03F-9FFB351EC928}

ダイアリー・オブ・ザ・デッド
サバイバル・オブ・ザ・デッドの2作品も
最高なのだ。

{3F6FE65E-B851-450D-A039-7129C27E2113}

ゾンビが走るなんて言語道断、歩いてこそ!
人はゾンビになってまで、いがみ合い、争いを続けるのか?
2作品とも、ロメロ監督の皮肉とユーモアがたっぷり、そして人間不信と人間愛、ゾンビ愛が炸裂しています。

そしてもう一本、ハリウッド資本の大作映画、
ランド・オブ・ザ・デッドも忘れちゃならない。一流俳優がたくさん出演するメジャーゾンビ映画です。豪華で盛り沢山な映画だけど、一番ロメロらしさがないとも思う作品。嫌いではないけど、この予算があれば、死霊のえじき完全版作れただろうなぁ。。。観たかった。

{2CB095C3-46E3-46DB-A080-E9622BDFFDD0}


はぁー、いろいろと好き勝手書いてきましたが、
本当にロメロ監督のゾンビ映画は唯一無二。
ゾンビは俺の永遠のフェイバリットムービーです。

ジョージ・A・ロメロよ、
永遠なれ!

怯え続けよ!!!


{ABA1683E-9195-407C-921A-E886212F335A}
輸入盤Blu-ray、アンカーベイ版のドーン・オブ・ザ・デッド。映像は多分一番綺麗だし、特典映像もたくさん収録されているのでこちらも是非買うべし!

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ元祖!一人プロレス
「元祖!一人プロレス」は、ブログランキングに参加しています。
3つのタグをクリックしていただくとランキングが上がります。是非応援して下さい。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-07-03 00:20:40

リー中川の緊急インタビュー! ヴァン・ダム&ラングレン!

テーマ:緊急インタビュー
リー中川の緊急インタビュー!
久しぶりの今回は、な、なんと!

ユニバーサルソルジャーのあの二人が登場!

我らがヒーロー
ジャン=クロード・ヴァン・ダム
ドルフ・ラングレン
リー中川が緊急インタビューを敢行!

主演作品について、カンヌでの喧嘩の真相など、ここだけでしかしか聴くことのできない、
貴重な17分間の独占インタビューを是非お聴き下さい!



にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ元祖!一人プロレス
「元祖!一人プロレス」は、ブログランキングに参加しています。
3つのタグをクリックしていただくとランキングが上がります。是非応援して下さい。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。