Hootsuiteの使い方 導入編:2

テーマ:

HootSuiteというTwitterクライアントアプリ使用手順書集中連載

第三回目 Hootsuite導入編:2 Fix Hootsuite Ext V2インストール編

第二回でインストールしたWebブラウザChromeで、Hootsuiteをより便利な機能を追加してくれるFix Hootsuiteの紹介とインストール方法です。


Fix Hootsuite Ext V2は@Civicさんという方が開発し、無料公開してくれているHootsuite用 Chrome拡張アプリケーションです。

http://civic.xrea.jp/2010/03/17/fix-hootsuite-v23/

下記のようなHootsuiteの機能修正や機能拡張を実現してくれます。

・ユーザーアイコンのサイズ変更

・タイムライン内のフォントサイズ変更

・ヘッダー・フッターツールバーの非表示切り替え

・ハッシュタグの簡易入力

・画像のインライン展開(twitpic, hatenaフォトライフ, 携帯百景, ow.ly(Hootsuite))

・ハッシュタグの簡単追加(Ctrl+Shift+1,2,…)

・カラム幅最小値設定

・F4キーでのタブ内リロード

本当にかゆいところに手が届く素敵アプリケーションです。

こんな素敵なアプリケーションを作ってくれた@civic さんをフォローしましょう。


さっそくインストール方法です。

1.Chromeにて、下記のサイトにアクセスします。

https://chrome.google.com/extensions/detail/libkeepfhbgiamhpajlgfcoljimloknk


2.「インストール」ボタンをクリックします。

手順書屋:ロッチのブログ-Fixhootsuite1

3.インストールの確認画面が表示されるので、「インストール」をクリックします。

手順書屋:ロッチのブログ-Fixhootsuite2

4.インストール完了のメッセージがChromeのアドレスバーに表示されます。


手順書屋:ロッチのブログ-Fixhootsuite3

5.Hootsuiteのサイトにアクセスし、アドレスバーの右端にFixのアイコンが出ればOKです。

Hootsuiteのサイト→http://hootsuite.com/

手順書屋:ロッチのブログ-FixHootsuite4

次回はHootsuite導入編:3 Hootsuiteアカウントの取得です。


AD

Hootsuiteの使い方 導入編:1

テーマ:

HootSuiteというTwitterクライアントアプリ使用手順書集中連載

第二回目 Hootsuite導入編:1 Google Chromeインストール

第一回目で述べたようにHootsuiteはGoogle Chromeにて使用すると、最大限便利さが発揮されるので、まずGoogle Chromeをインストールしましょう。どうしても他のブラウザを使ってHootsuiteを使用したい方は読み飛ばしてもらって結構です。

ではサクサクいきましょう。


1.Google Chromeのサイトに行きます。 

http://www.google.com/chrome/intl/ja/landing.html?hl=ja


2.右上にある「Google Chromeを無料ダウンロード」をクリックします。
手順書屋:ロッチのブログ-Chrome1

3.利用規約の同意を求める画面がでるので、「同意してインストール」をクリックします。

 使用状況データーと障害レポートをGoogleに自動送信するオプションはお好みでどうぞ。
手順書屋:ロッチのブログ-Chrome2

4.下図の画面がでて、インストールが開始されます。
手順書屋:ロッチのブログ-Chrome3
下記の画面のまま動きが無い場合は、”ここをクリック”と書かれているところをクリックします。

上の図が出た場合はこのブラウザは閉じてしまってかまいません。
手順書屋:ロッチのブログ-Chrome4

5.インストールする準備ができた旨を伝えるウィンドウが現れるので、”設定をカスタマイズ”と書かれた部分をクリックします。
手順書屋:ロッチのブログ-Chrome5

6.下図において、下記の項目のインストール設定変更ができます。

・Google Chrome以外のWebブラウザから設定をインポートするブラウザの選択またはインポートしない

・ショートカットをデスクトップかクリック起動バーに追加するかどうか

・Google Chromeを普段使うブラウザとして設定するか?

お好みに応じてチェックボックスをはずしてください。

最後に「Google Chromeを起動」ボタンをクリックします。
手順書屋:ロッチのブログ-Chrome6

7.手順6にて他のWebブラウザから設定のインポートする設定にした場合は下図の画面が表示されます。
手順書屋:ロッチのブログ-Chrome7

8.インポートが完了すると、Google Chromeが自動起動してきます。HomeのサイトはGoogleのページになってるのでお好みで変更してください。(Googleめ!)
手順書屋:ロッチのブログ-Chrome8

以上でGoogle Chromeのインストールは完了です。


次回はHootsuiteをさらに使いやすくしてくれるFix Hootsuiteのインストール方法を解説します。

Hootsuite導入編:2 Fix Hootsuite Ext V2 のインストール

AD

Hootsuiteの使い方 紹介編

テーマ:

HootSuiteというTwitterクライアントアプリ使用手順書集中連載

第一回目の今回は紹介編です。


TwitterのWebから使うのってなんか使いにくくてストレスたまりません?

DMってどうやって送るの?RTどうやるの?そんな質問が絶えませんね。

Twitterクライアントアプリを使って快適につぶやきましょう!

今回紹介するHootsuiteはWebブラウザで使用できるTwitterクライアントアプリなのですが、ものすごく高機能です。

特にインストール無く、Hootsuiteのアカウントを登録すれば使い始められます。

Hootsuiteのサイトはこちら→http://hootsuite.com/


良いところ

・カラムという列で自分のタイムラインだけでなく、自分の発言がReplyやRTされたときに表示されるMentionやDMが同時に表示され、一覧できる。(Listや検索結果もカラムに追加できます)

・URL短縮サービスが内臓されている。

・Twitter Searchが内臓されている。

・Hootsuite内でのユーザーのプロフィールの表示やフォローが可能

・Hootsuite内でのReply元参照が可能

・URLリンクが張られていた場合、小窓への表示機能

・Twitterトラフィックの可視化

・PCに保存されている画像の投稿(Safari版にはないようです。)

・つぶやきを下書きとして一時保存可能(Safari版にはないようです。)

・つぶやきを時間指定してつぶやかせることが可能

・Ow.ly経由でのドキュメントアップロード

・FaceBook、Facebook、Linkedln、Ping.fm 等 他のSNSとの統合環境

・Twitter複数アカウントのサポート

・対応ブラウザでさえあれば、環境に依存せずどこでも使える。
・RSS対応


欠点

1.URL短縮サービスがOw.lyしか使用できないので、Bit.ly等でアクセス解析している人はちょっと残念

2.デザインがいいのですが、無駄な空間が多いので、表示能力に欠ける

3.つぶやき投稿時にSend Nowボタンを押さなければいけないので、少しめんどくさい

4.マルチアカウントで使用している場合、つぶやき投稿時に毎回アカウントを選択しなければいけない。

5.利用できるWebブラウザが次のバージョンに限られている

  ・Internet Explorer Ver8以上

  ・Firefox Ver3以上

  ・Safari Ver4以上

  ・Google Chrome Ver2以上

6.派手なので、会社じゃ使いにくいw


欠点をいくつかあげて見ましたが、このうち2~4に関してはfix Hootsuite Ext V2というプログラムをブラウザに追加することで修正と機能拡張ができます。

ただし、Googleが提供しているChromeというWebブラウザを使用する必要あり。

http://civic.xrea.jp/2009/11/28/fix-hootsuite/

※Firefoxでは欠点3と4だけ修正することが可能です。


さて、結論をいいますね。

Twitterクライアントアプリは一通り試しましたが、一番使いやすかったです。

高機能でありながら使いやすいというのはなかなか実現が難しいのですが、Hootsuiteではかゆいところに手が届く的なボタン配置と直感的名アイコンですぐに利用者にストレスを感じさせないです。

たとえば、ユーザーのつぶやき上にカーソルを載せると、自動的にFavorite、DM、Reply、Retweetといったボタンが現れてくれ、それぞれのボタンをクリックすれば、それぞれの形式に合った内容がコメント欄に挿入され、そのまま編集することが可能です。


手順書屋:ロッチのブログ-Hootsuite1

また、ユーザーアカウント上やアカウント名をクリックすると、ユーザーのプロファイル情報が現れ、そこからそのユーザーをフォローしたり、リストに追加したりできます。


手順書屋:ロッチのブログ-Hootsuite2

他のクライアントアプリだといちいちWebブラウザやタブが立ち上がってきてTwitterにログインしろだのとゲンナリさせられるのですが、そういったストレスから開放されること請け合いです。

あとは自分のプロファイルの編集機能と、他のユーザーがフォローや、フォローされている人の情報も表示されれば完璧でした。ね。


というわけで、

使って絶対後悔しないから、Google ChromeにFix HootsuiteをインストールしてHootsuiteを使っとけ!


次回からHootsuiteの使いかたをUpしていきます!



AD

ブクログのいPhone版が出て、使ってみたら素晴らしかったので、最初のBlogネタの記事にしてみました。全機能を網羅した使い方手順も載せています。

Booklog for iPhone ver.1 [無料]

本・DVD・音楽 仮想本棚アプリ

ブクログとは

ブクログとは、自分が読んだ本や観たDVDを本棚形式で表示し、感想文や書評、ランク付けできるSNSです。

自分の好きな本やDVD、音楽をデータベース化できて、人に公開できるサービスと思ってください。

Web版のブクログはこちら↓

http://booklog.jp/

ブクログはもともとTwitterで自分のプロフィール代わりとして読んだ本を見せておくのにいいかなーと登録したのだが、本を追加していく作業が1冊ごとに検索し、登録していくので、かなりめんどくさい作業なのです。(下図参照)


ロッチのブログ-ブクログ検索

いちいち一巻ごとに追加していくのに辟易してしまい、すぐに飽きてしまいました。

ちなみにWeb版ではISBNコード(国際標準図書番号:背表紙にあるバーコードの下の番号)から登録したり、バーコードリーダーを持っていれば、バーコードからも登録は可能である。しかしISBNコードからの登録でも打ち込む手間は変わらないし、PC用のバーコードリーダーを持っている人なんてほとんどいないと思います。

そんな折、昨日ブクログからiPhoneアプリがローンチされたとのメールが届き、バーコード機能搭載との情報が!しかも無料!!


ロッチのブログ-BooklogApps

ブクログ for iPhoneのいいところ

・所持している本のデータベース化が簡単にできる。

・本を読む前にブクログやAmazonの書評を読むことができる。

・Amazonから本が直接購入できる。

・Web版のブクログと連動している!

・本のバーコードを読み込むことができ、本の登録が手軽にできる!!



こりゃ神アプリかもしれんという期待を持ちつつインストールし、早速TSUTAYAに行って試して見たところ、これがやばかった。さくさくバーコードを認識し、どんどんブクログの自分の本棚に入っていくじゃありませんか!楽しいったらありゃしない (σ゚∀゚)σ

正直バーコードの読み取り機能が使い物にならないのじゃないかと思いましたが、コツさえつかめば認識率高く、満足のいくレベルでした。

さらにですよ、バーコードを読み取った後に表示される検索結果からブクログとAmazonへのリンクが張られているので、そこからブクログとAmazonに飛んで評価や書評を見ることができるのです。

本屋で気になった本をさっとiPhoneを取り出してバーコードをパシャッと読み取り、ブクログとAmazonの書評を読むことで、外れか当たりかの判定がその場でできてしまうのです。

Amazonへのリンクが張られているということは、、、Amazonで買い物も可能!!便利すぎです。


巻数の多い本であれば、ブクログに登録しておくことでデータベース化できるので、自分が何巻まで持っているのか確認ができ、多重購入の危険も回避できます。


これって、もはやAR(拡張現実)のテクノロジーと言っても過言ではないと思う。本のバーコードというタグからさまざまな情報が引っ張ってこれるわけですからね。


残念な点は以下の2点
・本のカテゴリー分けができない
Web版では本を「実用書」「ビジネス書」「小説」「単行本」「漫画」といったカテゴリー機能があるのだが、これが無いこと。もちろんiPhoneで登録した本は後からWeb版でカテゴリー分けできます。
・DVDやCDはバーコードから登録できない
現時点ではできないが、将来的にはやってくれるのではないかと期待してます。
映画とかよく見るので、ログとして残したいですしね。


ブクログ以外の問題点

・本屋でiPhoneで撮影行為をしているとデジタル万引(カメラ付き携帯での記事の複写)と勘違いされる可能性がある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E4%B8%87%E5%BC%95%E3%81%8D

雑誌とかのコーナーでやると、なお性質が悪いので、気をつけましょう。ちなみに雑誌のバーコードは読み取れません。あんまりコソコソやるのも怪しまれると思います。

・古本だとバーコードの位置に価格タグが張られている。

きれいに剥がさないと読み取りがうまくいかないかもしれません。そもそもなぜそこに張る!?w

アプリ評価
総合得点としては★★★★☆4.5点(★=1点、☆=0.5点)
上記二つが改善されれば満点にしたい。でも現時点でも十分神アプリ


手順書屋というブログなので、使い方の手順書載せておきますね

特にバーコードの読み取らせ方はコツがいるので、必見ですよ

※iPhone3Gではバーコードの読み取りにマクロレンズが必要とのことです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

使用手順

1.ブクログの起動

ブクログのアイコンをタップして、ブクログを起動します。一瞬だけ下図のタイトル画面がでます。(・∀・)コケティッシュ!!


ロッチのブログ-BooklogTitle



2.新規アカウント作成
ブクログのアカウントをまだ持っていない人は「新規アカウント作成」をクリックし、アカウントを作ります。すでにアカウントを持っている人はこの手順を飛ばしてください。
ロッチのブログ-NewAccount1

             


ロッチのブログ-NewAccount2

3.アカウントの登録

iPhoneのブクログにアカウントを登録します。ブクログのホーム画面にて「アカウントを登録...」をタップし、
ロッチのブログ-Registor1

             


手順2にて作成したアカウントIDとパスワードを登録し、Doneをタップします。
ロッチのブログ-Registor2

              

保存をタップします。
ロッチのブログ-Registor3


             
下図の認証に成功しましたがでたら「閉じる」をタップします。
ロッチのブログ

4.バーコードリーダーによる本の登録

アカウントのホーム画面にて、「バーコード読み取り」をタップし、バーコードリーダーを起動します。


ロッチのブログ-Barcode1

本の背表紙には、下図のようにバーコードが二つ印刷されています。


ロッチのブログ-Barcode2

バーコードとして読み取らせるのは上のバーコードなのですが、下図のように二つのバーコードを両方とも画面内に捕らえてしまうと、バーコードリーダーがどちらのバーコードを読み取ればいいのか分からず、なかなかうまく読み取ってくれません。(´・ω・`) 

※写真の緑の枠はバーコードリーダーがバーコードを認識しようとしているものです。

ロッチのブログ-Barcode3

そこで最初は画面内に本を捉えない状態でバーコードリーダーを起動し、画面の下から本を画面内に入れます。このときに下のバーコードが画面内に入らないようにすると、成功確立があがります。(下のバーコードを指で隠すのもアリです)

iPhoneと本の間は5cmの距離で、平行を保ってください。できるだけ明るい場所でやることをお勧めします。


ロッチのブログ-Barcode4

バーコードが認識されると下図の画面になります。シャッター等で画面をタップしたりする必要はありません。

勝手に取り込まれます。


ロッチのブログ-Barcode5


5.ブクログの他人のレビューを読む

「みんなのレビューを見る」をタップすると、ブクログに投稿された他人のレビューを読むことができます。


ロッチのブログ-Revue1


            


ロッチのブログ-Revue2

6.Amazonにアクセスする。

「Amazonで詳細をみる」をタップします。Amazon上のレビューや、購入が可能です。


ロッチのブログ-Amazon1


             


ロッチのブログ-Amazon2


7.本をブクログの本棚に登録する

「+本棚に登録する」をタップすると、自分のアカウントの本棚へを登録されます。


ロッチのブログ-bookshelf1


             


ロッチのブログ-bookshelf2


登録された本はマイ本棚の未設定に登録されています。


ロッチのブログ-bookshelf4


8.評価や読書状況、レビューの設定

本棚に登録した本に自分なりの評価やレビューを記載します。

本棚にて、登録した本をタップすると、「本の詳細」に切り替わります。

ロッチのブログ-Revue1

「本の詳細」にて評価をタップすると、五段階評価で星が付けられます。
ロッチのブログ-Revue2

「本の詳細」にて、読書状況をタップすると、「未設定」「読みたい」「読んでる」「読み終わった」「積読」で読書状況を仕分けできます。


ロッチのブログ-Revue3

「本の詳細」にてレビュー・感想をタップすると、書評を書く画面に切り替わります。書き終わったら右上の保存をタップします。


ロッチのブログ-Revue4

以上の登録を済ませると下図のように反映されます。評価やレビュー・感想は他のブクログユーザーが同じ商品を選択したときに表示されます。
ロッチのブログ-Revue5

9.キーワード検索

バーコードから本を登録しなくても。キーワード検索から検索し、登録することも可能なので、本の現物が無くても検索可能です。

アカウントのホーム画面から検索欄の「キーワード検索」をタップします。

ロッチのブログ-Search1


             


キーワードの欄に、タイトルや著作名、ISBNコードと言った情報を入力します。キーワードの一部でも検索可能で、間にスペースを入れることで複合and検索も可能です。入力が完了したら、右下の完了ボタンをタップします。
ロッチのブログ-Search2

              

右上の虫眼鏡ボタンをタップします。
ロッチのブログ-Search3


             

検索結果が表示されるので、ここからブクログ、Amazonでのレビューの閲覧や、本棚への登録ができます。
ロッチのブログ-Search4

10.本以外の検索

バーコードでは登録できないDVDや音楽、ゲームといった媒体も検索できます。あるいはすべてのジャンルにわたって検索することも可能


キーワードを入力し、ジャンル選択をタップします。
ロッチのブログ-DVDSearch1


              

下図のジャンル選択画面がでるので、検索したいジャンルにチェックマークを移し、ジャンルを変更します。


ロッチのブログ-Search6

検索結果はこのとおり
ロッチのブログ-Search7


ちなみにこのショーン・オブ・ザ・デッドはゾンビ映画にオマージュを捧げたコメディー映画なのだが、死ぬほど笑えますw隠れた名作です。まぁゾンビというジャンルなので血肉は飛び散りますけど、ぜんぜんホラーじゃないです。

Amazonでもご覧のとおり高評価


ロッチのブログ


11.その他

iPhoneの設定アイコンからブクログの設定変更が可能です。


手順書屋:ロッチのブログ-icon



手順書屋:ロッチのブログ-Setting1


手順書屋:ロッチのブログ-Setting2

本棚のテーマの変更:シンプルとヴィンテージが選択できます。(今後増えていくとのこと)


手順書屋:ロッチのブログ-Thema

本棚のテーマ:シンプル

手順書屋:ロッチのブログ-Simple

本棚のテーマ:ヴィンテージ


手順書屋:ロッチのブログ-Vintage

登録した本の初期の読書状況:初期設定では登録した本は「未設定」の読書状態に入ってしまいますが、ここの設定を変更することで、登録した時点で「読み終わった」読書状況にすることが可能です。

手順書屋:ロッチのブログ-Deafalt



以上になります。


今後もいいアプリとかあったら紹介や手順を公開したいとおもいますので、今後ともよろしくです。


ブクログ for iPhoneのサポートサイト

http://booklog.jp/iphone