イギリスでホームステイしませんか。

イギリスの留学手配エージェント、ロビンエデュケーションのブログ


テーマ:
かつて一番人気を誇っていたホストファミリーのアンさんご夫妻が、突然のお引越しと共に連絡を絶ったのが約3年前。
 
 
ご自分達の家はあっさり売れたものの、引っ越し先がなかなか決まらず、一時はホームレスになってホテルに数か月滞在を余儀なくされたり、お子さんの家に身を寄せたり、されていました。
 
 
イギリス人は割と簡単にお引越しをするのですが、自分の家を売って、新しい家を買って引っ越すという複雑な行程が常にうまくいくとはもちろん限らず、家がいつまでも売れなかったり、
 
買ったと思っていたら売り手が突然心変わりして売るのをやめたり、引っ越し先の家の人がなかなか出て行ってくれなかったり、チェーンにはまったり(関係者全員が家を売って引っ越し先の家に移るというのをほぼ同時に行わないといけないのに誰かがうまくいかないと全員が身動きできない状態が続くことをチェーンにはまると言います)、、などひどい話は腐るほど聞きますが、
 
 
アンさんの場合も起こり得る最悪の事が次々に起こったようなお引越しで、どうなることかと思いきや、何とか気に入った家を見つけて購入されたものの、大規模な増改築に相当な期間を要し、その間アンさんもご病気をされたりして、予定よりはるかに時間が経過してしまいましたが、
 
 
 
やっと新しい家にお招きを頂くことが出来ました。正直この日はもう来ないのではないかと思っていたので、ドアを開けてくれたアンさんと感無量で抱き合った次第です!(←大げさ笑い泣き
 
 
 
新しい家は、ギルフォードの隣町、ウオーキングという所にあります。ウオーキングからロンドンまでは電車で30分と超便利な場所。電車も15分おきに出ています。
 
タウンセンターはギルフォードの方がオシャレな感じ。ウオーキングは移民が多く、チープなお店が多いのですが、見て歩くには楽しいかも。レストランはかなり充実しています。
 
 
 
アンさんの新居は、期待にたがわず素晴らしいお宅でした。前の家が大きすぎたのでダウンサイズすると言われていましたけど、今度の家も夫婦お二人ではかくれんぼ出来るくらい十分な広さで、ゲストルームが3つ、トイレも4つ、ロフトに”誰が使うの?”っていうリビングがあり、 ”何人泊まれるんだろう~”とワクワクしますびっくり
 
 
 
庭に面したリビングダイニングは増築した部分で、全面ガラス張り。
大きなソファとテレビもあり、くつろげるわ~デレデレ
 
 
ダイニングテーブルはチャリティーショップで100ポンドで買われたとか。この部屋にあると1000ポンドに見えるし~。道路に面したリビングは夏は日当たりが良く明るいそうです。壁には見覚えのある和風の絵がかけられていました。
 
 
 
お茶をいただきながら、アンさんとつもる話に花を咲かせていると、ご主人のコリンさんが戻ってきました。ダンディーでいつも優しいコリンさん。お二人の暖かい人柄に癒される。ラブラブ
 
 
 
アンさんは今までホームステイした方達をとてもよく覚えていて、こんなことがあった、あの人の名前はなんだっけ?、など、本当に楽しそうに話されます。 初めてホームステイをお願いしてから10年以上たっているのでお互い年を取ったけど、こんな風に楽しい思い出を語りあえるのも悪くないよね。
 
 
 
アンさんに、”あなたに会えて良かったわ” と言っていただき、”わたしもよー、まだまだお願いするわー”という心境です。 おねがい
 
 
 
さて、新居の写真を初公開。
 
 
 
玄関
赤煉瓦の家が並んでいる静かな通りにあります。
 
玄関を入ってすぐの所にある小さめのリビング
 
増築部分のキッチン、ダイニング、リビング
 
庭に面したリビング
 
デッキがおしゃれ
まだ完成していない庭
奥にはお孫さんのためのプレイスペースがあります
 
ゲストルーム(ダブル)
 
ゲストルーム(ツイン)
あとシングルゲストルームがあります
 
今日のアンさん&コリンさんご夫妻
相変わらずラブラブドキドキ
 
 
 
アンさんご夫妻ともども、皆様のお越しをお待ちしております(*^o^*)
 
 
 
 
2017年サマースクール、ホームステイ、語学学校、小中高生正規留学のお問い合わせは、ぜ~んぶ新サイトより、お願いします!
 
 
 



にほんブログ村

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

robinさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります