DRAGON GATE(ドラゴンゲート)試合結果速報記+α

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:
~後半戦解説席には蝶野正洋(笑福亭笑瓶風メガネ)、小橋健太、実況には辻よしなり氏
武藤敬司の30周年を祝いビジョンにはロック、坂口征二、棚橋弘至、小島聡、ももいろクローバーZからコメント



[第6試合]
◎WRESTLE-1vsTNA◎
カズ・ハヤシ
近藤修司
田中稔
VS
ロビー・イー
ジェシー・ガッデス
DJジーマ
▼先発の近藤がジェシーと対峙。再三控えるジーマが茶々を入れると、近藤がジェシーをブレーンバスターでぶっこ抜いてジーマにも一撃。マッスルアピールもした
登場したジーマは稔を軽くリープフロッグ。そして茶々を入れていた“パパパパーン”なる言葉を発する

5分経過
稔もアームドラッグで投げるとお返しのポーズ
TNAが徐々に稔を捕獲、ジーマは足で極める羽折り固めでスタミナを奪う
替わったジェシーも稔をコーナー際にハンマースルーしたが、稔が咄嗟にコーナーからミサイルキック
替わったカズにジェシーがライオンサルトでダメージを与えたがカズも反撃してファイナルカットの構え

10分経過
ジーマに対して近藤がタックル、そしてランサルセ!
キングコングDDT狙いはジーマがスイングDDTに切り返す
近藤も雪崩式KUBINAGEを決めてダメージを与えたが、ロビーとジェシーが二人での攻撃
カットにきたカズがハンドスプリングエルボーでジェシーを排除
リングに残った近藤は向かってきたジーマをカウンターでジ・オリジナル!そしてキングコングラリアットで3カウント



○近藤修司
(13分3秒 キングコングラリアット)
×DJジーマ





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第7試合]
◎WRESTLE-1vsDESPERADOvsTNA3WAYマッチ◎
真田聖也
VS
TAJIRI
VS
マット・ハーディー
▼真田を排除したマットとTAJIRI。アームドラッグ合戦はフォールには至らず
入ってきた真田は高いリープフロッグからドロップキックでマットを場外へ
TAJIRIは真田を称えて結託を促したが真田は蹴りで返答

5分経過
マットが真田へ攻撃を仕掛けようとすると、場外からTAJIRIが邪魔
場外に落ちた二人目掛けて真田はノータッチプランチャ!
リングに戻ると入り乱れだしTAJIRIのトラースキックも見舞われたが、真田がペースを握らせない
真田はラウディングボディプレスを決めたがマットがカット。マットがムーンサルトで宙を舞う
二転三転してTAJIRIが真田を場外に排除。だがマットが狙いを定めてTAJIRIにダイビングギロチンを投下
三者勝機を窺いTAJIRIはマットに逆さ押さえ込み狙い。そこへ真田が阻止に入る
TAJIRIがグリーンミストを発射したが、かわした真田がレッグロールで3カウント



○真田聖也
(10分1秒 ジャパニーズ・レッグロールクラッチ)
×TAJIRI






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[セミファイナル]
◎スペシャルシングルマッチ◎
船木誠勝
VS
アルベルト
▼開始から船木が蹴りで先制攻撃。アルベルトもブレーンバスターやコーナーからボディアタックで反撃
ハンマーロックで腕を取ったアルベルトに対して船木がロープに向かうが、アルベルトがこれを利用してぶら下がり式アームバー
さらに腕を抑える船木に追撃したアルベルト

5分経過
アルベルトがコーナーから飛ぼうとしたが、船木は下からミドルで迎撃
だがアルベルトは蹴りで攻撃のペースを握ると、膝サポーターを外してトラースキックを放つ
かわした船木が大車輪キックを見舞ったが、アルベルトは執拗に腕を狙う
ダブルニーアームブリーカーを決めたアルベルトだが船木がミドルで反撃
そしてハイブリッドブラスターを狙いにいったが、隙をついたアルベルトが丸め込んで3カウント


○アルベルト
(8分32秒 スモールパッケージ・ホールド)
×船木誠勝



試合後、客席を練り歩いたアルベルトは観客が持っていたドスカラスマスクを着用する一面も。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[メインイベント]
◎WRESTLE-1チャンピオンシップ◎
<王者>
河野真幸
VS
武藤敬司
<挑戦者>
▼武藤の入場では歴代入場曲が当時の武藤の画像と共に流れる。
開始から武藤がグラウンドに持ち込み様子を窺う
河野もニーリフトを決めて場外にいったが、場外では武藤が鉄柵に足を痛めつけ逆転
リングに戻ると武藤はドラゴンスクリューから足四の字

5分経過
逃れた河野は低空ドロップキックを連打。武藤が場外に逃げてもデスペラードが痛めつける。
リングに戻った河野が足四の字でギブアップを迫ると場内からは大“武藤”コール
武藤がロープに逃げるが河野はすぐに足を取ってアキレス腱固め

10分経過
河野は喉輪落とし→ネックハンギングボム→ダイビングニーと連続攻撃
そして再び足四の字で絞りあげる。
エスケープした武藤が休んでいると河野が近付こうとしたが、武藤はレフェリーを盾に隙をついてシャイニング
さらにシャイニング連打から低空ドロップキック
足四の字を狙う武藤には河野がニーリフト!だが武藤も低空ドロップキック→シャイニング
サンドイッチ式にシャイニングを見舞った武藤、ドラゴンスクリュー狙いこそ阻まれたが、これでもかとシャイニングを3連発

15分経過
武藤はプロレスラブポーズからシャイニングウィザード!2カウント
返した河野に対して武藤がシュミット式バックブリーカーで寝かせムーンサルト!カウント2.9
武藤はシャイニング→ドラゴンスクリュー。立ち上がった河野にさらにドラゴンスクリューから足四の字固め
乱入狙いのデスペラードにはレッスルワンの正規軍が排除。そんな中も絞めあげた武藤がギブアップ勝ちを奪った


○武藤敬司
(18分22秒 足四の字固め)
×河野真幸




武藤『いやぁ×2
今日はデビュー30周年興行に沢山ご来場いただき誠にありがとーございます
しんどい。いゃぁ、しんどい。
俺のこと楽にさせてやるって言っただろ?
しんどいよ』


征矢『あなたは30周年ですが、僕も生誕30周年です
新潟で生まれました。私が相応しいんじゃないでしょうか?』


KAI『確かにあなたを楽にさせるって言いましたが、まだまだ僕に資格はないと思います
僕が挑戦するときまでチャンピオンでいてください』



真田『そのベルト、僕に挑戦させてください
その理由は、そのトーナメント、僕は出てないからです
それと、僕が時代を掴むからです』


(『頭まわんねえよ』と退けた武藤は、感謝を述べて
蝶野、小橋、AKIRA、船木を上げて撮影
『まだまだ搾りカス出そうだな
プロレスファン、骨の髄まで絞ってくれ』)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:
~阿部アナによる前説、chair1によるパフォーマンス。ももクロとのコラボTシャツの宣伝もしていた~


[第1試合]
◎WRESTLE-1vsNovus◎
中之上靖文
稲葉大樹
吉岡世起
村瀬広樹
VS
児玉裕輔
土肥孝司
黒潮“イケメン”二郎
藤原ライオン
▼先発は村瀬と黒潮。村瀬の攻撃をことごとくかわした黒潮はイケメンな動きから反撃
替わった土肥は稲葉を翻弄、ボディスラムで叩きつけると、児玉も続いてボディスラム
黒潮はアトミコで続くと、稲葉をボディスラムでセットしてライオンサルト
替わった藤原はキレのあるミドル!さらに顔面ウォッシュ
土肥がカナディアンの体勢から稲葉を叩きつけ逆エビ固め。物凄い角度で固めたが稲葉は何とかエスケープ

5分経過
稲葉もエルボーで抵抗するが、児玉がお返しのエルボー
それでも何とか切り抜けた稲葉は吉岡にタッチ
吉岡はニールキックを決めると変形エースクラッシャーから串刺しトレイン攻撃
トルベジーノを決めフィニッシュ狙いの吉岡だぢたが、児玉がカウンターでドロップキック!
替わった藤原は中之上に対してミドル連打でダメージを与えると、コンプリートショット
しかし中之上もドロップキックで反撃開始、両軍入り乱れ最後は中之上が小島聡仕込みのウエスタンラリアットで3カウント


○中之上靖文
(9分6秒 ウエスタンラリアット)
×藤原ライオン





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第2試合]
大和ヒロシ
VS
LEONA
▼自らのテーマ曲で入場してきた大和が序盤からLEONAをコントロール
ブレーンバスターで叩きつけられたLEONAだったが、コーナーに上がった大和の足を取ってドラゴンスクリュー
さらにアームロックで固めてダブルアームを狙う

5分経過
さらに大和の突進をカニ挟みで倒したLEONAはジャパニーズレッグロール→スクールボーイで勝利を狙う
これを全て返した大和がラリアット→ノーザンライトボムで3カウント


○大和ヒロシ
(6分23秒 ノーザンライトボム)
×LEONA





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第3試合]
浜亮太
アンディ・ウー
エル・イホ・デル・パンテーラ
VS
高山善廣
NOSAWA論外
MAZADA
▼先発はMAZADAとパンテーラ。アームドラッグで翻弄するがMAZADAはNOSAWAとの合体攻撃で反撃
そこへアンディがクロスボディアタックでカット。愚連隊を場外に出すとパンテーラがトペコンでダイブ
愚連隊は二人でアンディを痛めつける。隙をみて控える浜にぶつかるが浜は微動だにせず
愚連隊がアンディを自軍でいたぶり高山も入る
そこへ浜が体当たりで入ると、浜は高山をコーナー際にセットしてヒップアタック

5分経過
それでも愚連隊がカット、二人でパンテーラ等を排除すると浜に向かって突進
浜は両腕ラリアットで二人をぶっ倒すと二人をまとめてボディプレスで3カウント


○浜亮太
(6分2秒 ボディプレス)
×NOSAWA論外
×MAZADA




~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第4試合]
◎WRESTLE-1vsDESPERADO◎
AKIRA
征矢学
VS
崔領二
KAZMA SAKAMOTO
▼先発は崔と征矢。学生服姿の崔が征矢の持参した竹刀で一本
AKIRAと崔。AKIRAがドロップキックを華麗に決めるが崔もブレーンバスターでぶっこ抜く

5分経過
ワイルドが連携を繰り出し征矢のデスバレーからAKIRAがボディプレス
そして征矢のワイルドボンバーでKAZMAから3カウント


○征矢学
(6分6秒 ワイルドボンバー)
×KAZMA SAKAMOTO





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第5試合]
KAI
VS
田中将斗
▼いきなり場外にくりでた田中がハードコアスタイルで優勢
リングに戻ってもエルボー連打から串刺しエルボー。さらにロープに固定してエルボー連打

5分経過
KAIもカウンターでラリアットを放ってブレーンバスター。そしてフェイスロック
LATを狙うが耐えた田中がブレーンバスター。田中は続いてコーナーに座らせると頭突きを連打!そしてロープへのエースクラッシャー
KAIもドロップキックからLATを決めるとコーナーからスプラッシュプランチャを狙う
追走した田中が雪崩式ブレーンバスターを決めるとラリアットで追撃!
2で返されスーパーフライを投下
だがスライディングラリアットをかわしたKAIがカウンターでラリアット!
続いてサンダーファイヤーパワーボムを決めたが田中が2で返す

10分経過
ならばと投下したスプラッシュプランチャは田中が膝で迎撃
ラリアット相討ちから田中はブレーンバスター。そしてエルボー連打→ローリングエルボー
スライディングDが決まったが距離が遠くなってフォールにはいかず。サポーターを外した田中がトドメのスライディングDで3カウント


○田中将斗
(11分54秒 スライディングD)
×KAI
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
~予定より10分遅れで亜門GMによる前説。傍らでダッシュで裏に回った飯伏幸太を発見!寝坊?
ひょっとしたら飯伏待ちの前説か?



[メインイベント]
◎4WAYタッグマッチ◎
飯伏幸太
佐々木大輔
VS
高木三四郎
葛西純
VS
KUDO
伊橋剛太
with小路晃
VS
趙雲子龍
曹彰

▼エビスコチームには“つけ麺えびすこ”店主の小路晃(PRIDEシリーズやハッスルで活躍)
趙雲『つけ麺えびすこ店主、小路晃!
お前、プロレス界を代表するラーメン屋で売ってるかもしれないけどな
プロレス界でラーメンって言えば4000年の歴史をもつ新北京ラーメンだ!
思い知らせてやる。そして勝ったらお前らに新北京ラーメンを振る舞ってやる』



★開始から5分経過までは大人しくステージ上で試合していたが案の定、中央広場を練り歩く
飯伏は敵を見失っていたが、三四郎が他人のチャリで轢きにかかる。かわした飯伏は背後を蹴る
ステージ上に戻ると三四郎は消火器噴射で趙雲にダメージ!机の上に寝かせ葛西がラダーの上からダイブを狙う
だが曹彰がドデカイ木槌でカット!木槌を振り回す曹彰に対して飯伏がオーバーヘッドキック
入り乱れ趙雲が伊橋にリバースゴリーを決め伊橋がピンチ
だが、そこへ小路晃がカットに入りフロントハイキックでなぎ倒すと伊橋が復活してラダーを登る。
小路が趙雲を机の上に寝かせると、伊橋がラダーから飛んで3カウント


○伊橋剛太
(13分7秒 ラダーからのダイビングボディプレスon theテーブル)
×趙雲子龍




KUDO『今日は本当に沢山のご来場ありがとーございます
そして小路さん、今日は付いていただきありがとーございました』


小路『今日はご来場ありがとーございます
男たちの熱い魂がこもったラーメン、ご堪能ください』


伊橋『チームえびすこが勝ったぞぉ
今日はご来場ありがとーございました
ラーメンショー、まだまだ続きますんで皆さん楽しんでいってください
イェイ、カモン!』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード