DRAGON GATE(ドラゴンゲート)試合結果速報記+α

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:
[第5試合]
◎有刺鉄線ボード6人タッグデスマッチ◎
沼澤邪鬼
竹田誠志
塚本拓海
VS
稲松三郎
関根龍一
高橋匡哉
▼BFJの奇襲でゴング。場外でも優勢に進めたあと、リング上では稲松をいたぶっていく
竹田が稲松にボディスラム、その上に有刺鉄線ボードを叩きつけると、邪鬼が竹田をボディスラムon the有刺鉄線ボード
塚本はコーナー際でボード殴打。対角線コーナーに振って追走するとトラースキックをぶち込んだ。さらには生月スプラッシュwith有刺鉄線ボード

5分経過
替わった竹田が串刺しロッキンポwith有刺鉄線ボード→セントーンアトミコon the有刺鉄線ボード
グロッキーな稲松を見た関根は、カットのチャンスにも関わらず“フレー、フレー、い、ね、ま、つ”と応援
声援が足りないとみるや二回目を試みると、竹田が背後からジャーマン
その竹田には高橋がカットへ。高橋は大暴走with有刺鉄線ボード→ジャーマンと続ける
さらにバックに回ったが、竹田が切り返し有刺鉄線ボード目掛けてジャーマン!

10分経過
邪鬼が追撃すると、関根がカット。関根のカミカゼ狙いは邪鬼が堪えて逆にカミカゼ(『そよ風』と叫ぶ)→スライディングキック
続いて塚本がトラースキック→ブルーサンダーで叩きつけたが、続くスープレックスはカットに遭ってしまった
それでも邪鬼らのアシストから改めて稲松にブルーサンダーを見舞った
だが生月スプラッシュ狙いは関根がカットへ!関根はハイキックで竹田を排除
残った稲松は塚本に36ハンマー、そして有刺鉄線ボードへのサンダーファイヤーパワーボムで3カウント



○稲松三郎
(14分29秒 サンダーファイヤーパワーボムon the有刺鉄線ボード)
×塚本拓海





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[セミファイナル]
佐藤耕平
石川修司

エディ・フレンチ
VS
征矢学
河上隆一
大下敢
関札皓太
▼征矢組の奇襲でゴング。大下が果敢に?無謀に?耕平に向かっていく
コーナー際で踏みつけて積極性を見せたが、耕平が強烈なボディスラム
替わったエディもボディスラム、アームドラッグ→腕固め。そしてロメロスペシャルで痛めつけた
続いて忍も追撃したが、大下がカウンターのトラースキックで切り抜ける
征矢&河上がダブルのタックルで忍を攻撃して決めポーズ。新人二人も入り4人での決めポーズも披露

5分経過
関札はスワンダイブミサイルで忍を攻撃したが、忍はえげつないHサンダーで突き刺した
そして石川の強烈なタックルから耕平とのダブル攻撃で関札を悶絶させる
忍らがケブラータやトペで相手を分断。
石川の喉輪狙いは一度目はガードした関札だが、2度目を決められるとランニングニーリフト1発で3カウントを聞いた


○石川修司
(8分0秒 ランニングニーリフト)
×関札皓太





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[メインイベント]
◎最侠タッグリーグ優勝決定戦~蛍光灯200本デスマッチ◎

宮本裕向
木高イサミ
VS
伊東竜二
アブドーラ小林
▼ゴングと同時に蛍光灯を手にした両軍、先に2丁拳銃が殴打したが伊東組も返す。だが2丁拳銃はドロップキックで伊東組を場外へ
場外戦、蛍光灯の破片が散らばるリング周りを練り歩く4者
リングに戻り、アブ小が裕向をコーナー際に追い込み頭突きwith蛍光灯
自軍で伊東と共にエルボー&頭突きをかますと、伊東が裕向に椅子で連続殴打!

5分経過
アブ小はチョップwith蛍光灯、四つん這いになった裕向の背中にチョップwith蛍光灯
伊東はスナップメイヤーからサッカーボールキックwith蛍光灯!だが裕向は起き上がりエルボー。伊東もエルボーで返答してエルボー合戦
これを伊東が制すと、アブ小が裕向をコーナーに座らせる。
しかし裕向がアブ小を振り落とすと、愛してますチョップ狙い
これはアブ小がデッドリードライブで阻止、するとロープに立て掛けられた蛍光灯群に逆水平してから愛してますチョップを狙う
これを裕向が椅子を投げつけ阻止、雪崩式ブレーンバスターで追撃した
替わったイサミがダイビングニーアタック、中央で河津落としon the蛍光灯束を連発した

10分経過
だがアブ小もイサミのボディスラム狙いを逆にボディスラムで叩きつける
伊東は虎王気味に膝を叩きこむが、イサミもエルボー連打で反撃
しかし伊東はイサミをダウンさせるとムーンサルト。カウント2
アブ小が裕向をヘビーローテーションで排除すると二人でのドロップキックをイサミに見舞う
すると、蛍光灯束をイサミの上に置いた伊東がドラゴンスプラッシュを放ったが、イサミが膝を立て迎撃
しかしすぐさまアブ小がカットへ入り珍しく裕向にラリアット!そして愛してますチョップを成功させた
だが、バカチンガーエルボーをかわした裕向はイサミとのドロップキック→裕向単独の飛び膝with蛍光灯

15分経過
これをカットに入った伊東がドラゴンスープレックス→ドラゴンキッカー→ドラゴンスプラッシュ。さらにアブ小がダイビングバカチンガーエルボー。
しかし直後にイサミがダイビングダブルニーでカットに入った
イサミは自ら蛍光灯を殴打して気合いを入れると、頭突き&地獄突き
アブ小も地獄突きで反撃したが、イサミはフェイントからトペ
裕向がハンドスプリングオーバーヘッド→イサミが勇脚・→裕向はファイヤーサンダー狙い
しかし重くて上がらない。直後にアブ小が源之助クラッチもカウント2
裕向が河津落としon the蛍光灯束からラマヒストラルを狙ったが、アブ小は上になり潰す
これを返した裕向がすかさずコーナーからムーンサルト!2連発でフィニッシュかと思われたが、アブ小は返す。ならばと渾身のファイヤーサンダーで3カウント


○宮本裕向
(18分44秒 ファイヤーサンダーon the蛍光灯破片)
×アブドーラ小林



裕向『3連覇、達成出来ました
なんでか知らないけど今回が一番キツかったです。年かな?』


イサミ『何を言ってます。まだまだ年のせいじゃないですよ
今いくつ?

(裕向『33、イサミさんは?』)

32!
まだまだ老いじゃないですよ
みんなが強くなったからですよ
それだけに3連覇は気持ちいいぃ』


(アブ小が『次は文体だ』と叫ぶが
イサミは『勝って優勝したのは俺たちだ』
と丸め込むと
最後は『俺たちは、強い』
で締めた)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:
[第0試合]
フランク篤
VS
佐久田俊行
▼佐久田が基本通りにリストロック、飛行機投げからハンマーロック。さらにスタンディングでヘッドロックで固めたが、フランクはヘッドシザース。
フランクは尚もヘッドシザースからヘッドロックへ。佐久田がロープに逃れんとしても離さなかったフランクがタックルでテイクダウン
そしてスナップメイヤーからスリーパー。エスケープした佐久田にボディスラム、2で返されるとキャメルクラッチで絞める
佐久田も果敢にエルボーで向かっていくがフランクが打ち返す
佐久田がならばとエルボー連打してランニング式を狙ったが、フランクがカウンターのドロップキック
串刺しドロップキックも決めたフランクが逆片エビ固めで絞る

5分経過
エスケープした佐久田はフランクの抱えをショルダースルーで切り返し、続いてスピア!
佐久田はさらに首投げからエルボーを打ち込んだ。フランクがエルボーを打ち返すと佐久田は張り手を返す
この張り手で優位に立った佐久田が一気に一本足頭突き連発→エルボー
さらに走り込んだが、これを読んでいたフランクがオースイスープレックスで逆転した


○フランク篤
(6分49秒 オースイスープレックス・ホールド)
×佐久田俊行





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

登坂『大日本プロレス、石川晋也選手の引退で空位になっていたストロングヘビーのベルトなんですが、一騎当千の優勝者である石川修司選手と、そのリーグ戦で晋也選手に勝った河上隆一選手で決定戦を12月21日の横浜文体で行います
さらにですね、長らく欠場しておりました岡林裕二選手も来月13日に復帰致します』


(来年の両国大会を改めてアピールした後、岡林を呼び込みマイクを託した)


岡林『ただいま!
久しぶりのリングで少々緊張しております
1年弱、欠場しておりました
少し……少しじゃなく、だいぶ不安な思いを抱えてます。

あ、そうだ
復帰戦では関本さんと組むんですが、関東一発目が横浜文体なんです
復帰戦では関本さんと組みますが、文体では対角線に立ちたいです。
社長、関本さんと戦わせてください。』


登坂『こういう展開は大日本ではあまりないのでビックリしてますが…
(タッグ対決ながら直訴を受諾)

岡林選手は遠いドイツで怪我をしまして、その期間、色んなことがありました
河上選手や神谷選手の台頭、石川晋也選手の引退と精神的にもだいぶきていると思います
岡林選手は、お分かりの通りに喋りは得意ではありません。
ですが実直で努力家であります。ぜひ大日本の核として活躍していただきたいと思ってます』


(3、2、1、ピッサリ
でオープニングに繋いだ)





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第1試合]
◎決勝トーナメント~ハードコアタッグマッチ◎
<ストロング・ブロック1位>
金本浩二
橋本和樹
VS
宮本裕向
木高イサミ
<デスマッチ・ブロック2位>
▼先発は金本と裕向。ファン時代から金本のファンだった裕向は一礼するとロックアップ
グラウンドでの攻防は金本がキーロックから腕十字に移行
裕向がエルボーを放っていくと、金本はローキック連打で追い込んで顔面ウォッシュ狙い。これは裕向が爪先を咬んで脱出
イサミと和樹。イサミが腕を取りにいくが、切り返した和樹がフライングメイヤーからサッカーボールキックへ
イサミのナックルに応戦した和樹がローキックでダウンを奪い金本を呼び込む
金本の顔面ウォッシュに続き和樹も続く。

5分経過
金本は裕向を引っ張り出しコーナー際にセット、和樹→イサミ&金本→裕向で顔面ウォッシュの共演
和樹はイサミの蹴り足を取ってアンクルホールド。金本が入りカニ挟みからスピニングトーホールド
そしてアンクルホールドで捕らえると、和樹も裕向にアンクルホールド
金本はイサミにドラゴンスクリューからグラウンドでのアンクル、和樹は裕向を場外に追いやりエプロンダッシュ式PK
さらにリング上で和樹のPKがイサミに放たれ金本がアンクルホールド
コーナーに上がった金本だが、イサミが追走してフランケン。だが金本が切り返し回転エビ。共にカウント2

10分経過
金本がフロントスープレックスでイサミを排除したが、裕向がカットへ
裕向は串刺しドロップキックからコブラツイストへ
切り返した金本がバックブリーカーでセットしてムーンサルト。だがカウント2
裕向はハンドスプリングオーバーヘッドを決めてムーンサルトを見舞うが、金本は1で返す。裕向も意地のニールキックを決めて両者ダウン
和樹はイサミにエルボー、イサミのエルボーには和樹は腕を後ろで組んで敢えて受ける。イサミも同様に受けてみせた
イサミの勇脚こそ読まれたがすかさず低空ドロップキックへ。
続いてダイビングダブルニーを見舞ったイサミだが、和樹はアンクルホールド

15分経過
イサミが和樹にアキレス腱で切り返したが、金本がムーンサルトでカット
和樹が一気にフイッシャーマン→PKで勝負をかけたがイサミは返す
ならばと突牙狙いはイサミが察知、だがイサミの勇脚も和樹はガード
ならばとイサミはジャーマンで投げたがカウント2。間髪入れずに勇脚・斬でイサミが3カウント


○木高イサミ
(16分9秒 勇脚・斬)
×橋本和樹





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第2試合]
◎決勝トーナメント~ハードコアタッグマッチ◎
<デスマッチ・ブロック1位>
伊東竜二
アブドーラ・小林
VS
関本大介
神谷ヒデヨシ
<ストロング・ブロック2位>
▼神谷が伊東組が持ち込んだ椅子を逆に投げつけ奇襲
関本と伊東が場外戦を繰り広げる中、リング上ではアブ小がいきなり愛してますチョップ。しかしガードした神谷がアブ小に逆水平
替わった関本がアブ小をボディスラム、コーナー際で踏みつける
続いて神谷はスリーパーでアブ小を絞める。そのままフォールは2カウント
アブ小が頭突きを入れると伊東が椅子で神谷の背中を殴打!曲がった椅子をボディスラムで元に戻す
アブ小も椅子殴打で神谷を攻める。同じ様にボディスラムで叩きつけても椅子は曲がったまま(笑)

5分経過
神谷の意地のエルボーを伊東が強烈なランニング式でダウンを奪うと、サッカーボールキックで続く
アブ小もボディへの椅子殴打からリバーススプラッシュwith椅子
神谷も決死のスピアで切り抜けると、替わった関本がブレーンバスターで投げきってみせる
さらにアルゼンチンで絞めあげれば、カットにきた伊東を排除
関本がアブ小への追撃を狙ったが、アブ小がネックブリーカードロップで切り返す
伊東はミドルキック→ノーザンライトスープレックス→ムーンサルトと続けるが2カウント
ならばとミドル連打からロープは関本がカウンターのラリアット!

10分経過
替わった神谷が伊東にショルダータックル。さらにコーナーからダイビング式も見舞うがカウント2
伊東の椅子殴打からアブ小がバカチンガーエルボーを狙ったが関本がカット
関本のジャーマン→神谷のタックル。伊東を排除して改めてアブ小を狙う
しかし神谷のタックルは関本に誤爆、するとアブ小がヘビーローテーション→ヒムロック。さらにヘビーローテーションで追撃すると、レインメーカーポーズからドラゴンスープレックス
そして伊東のドラゴンスプラッシュ→アブ小のダイビングバカチンガーエルボーでフィニッシュ


○アブドーラ小林
(13分1秒 ダイビングバカチンガーエルボードロップ)
×神谷ヒデヨシ



アブ小『決勝はヤンキー2丁拳銃?
そういや週プロに載ってたな、蛍光灯少ないて
そんなもん関係ねえよ、蛍光灯200本だ
決勝は蛍光灯200本マッチだ!』



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第3試合]
MEN'Sテイオー
旭志織
VS
ツトム・オースギ
ヘラクレス千賀

▼旭『S.O.Sさんよ、去年準優勝だった最侠タッグも今年は全敗だったみたいだな
旭&忍に負けたの誰だ?』


オースギ『千賀!』


旭『ツインタワーズに負けたの誰だ?』

オースギ『千賀…』


(と続くと千賀がキレる)


千賀『俺は本当は強いんだ、1対3でやってやるよ』





<緊急ハンディキャップマッチ>
MEN'Sテイオー
旭志織
ツトム・オースギ
vs
ヘラクレス千賀
★と強気に出た千賀だったが、3人相手には分が悪い。
四面楚歌ドロップキックも喰らい、テイオーにはミラクルエクスタシーを狙われる
これを耐えてトラースキックに切り返したまでが精一杯。
テイオー&旭にハンマーロックに捕らえられた状態でオースギに助けを求めたが、オースギは千賀を一旦飛び越えてから顔面にドロップキック
そして旭の阿吽→オースギのツキノイシ→テイオーがミラクルエクスタシーで3カウント


○MEN'Sテイオー
(5分11秒 ミラクルエクスタシー)
×ヘラクレス千賀






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第4試合]
丸山敦
星野勘九郎
稲葉雅人
VS
バラモンシュウ
バラモンケイ
植木嵩行
▼平成極道の決めポーズを水噴射で遮ったバラモンの奇襲でゴング
シュウは観客のスーツを奪い着用。お気に入りらしく一応ケータイを主に返してからスーツを着たままリング内で稲葉を攻撃。
ダンシングでノリにノッたバラモン兄弟は、そのまま稲葉にボウリングwith股間にキャリーケース

5分経過
稲葉もコンプリートショットで切り抜けると、替わった丸山がケイにインディアンデスロックの構え
丸山は首のコルセットを投げ捨ててインディアンデスロックを見舞ったが、振動で自らの首を痛めた
それでもペースを握った平成極道だったが、植木は西側バルコニーから銃を構え威嚇!
銃を持ったままリング内に戻った植木だが、敵味方が分からず銃口をバラモンに向ける
敵の平成極道に止められた植木は銃を上に抱えコーナーからダイブ。もちろん自爆

10分経過
平成極道トリオは何やら連携を宣言するが噛み合わず個人プレー。
さらなる連携狙いも息が合わず、稲葉&丸山が星野を肩の上でで水平に抱える形に
するとバラモンも肩の上で植木を抱え、星野と植木が4人の肩の上で顔を合わせる形に
植木が狙った墨汁を、星野は口移しで阻止して墨汁を植木に噴射
そして植木を孤立させるとダイビングセントーンでフィニッシュ


○星野勘九郎
(12分44秒 ダイビングセントーン)
×植木嵩行
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
【アルコールかソフトドリンクかは申し込み時にお願いします。 料金に関わるので当日変更は不可ですのでご了承ください
また、喫煙か禁煙かも合わせてお願いします(※分けるか否かは未定です)】





12月が近づいて来ましたがお元気でしょうか?


今年も残り約1ヶ月
DRAGON GATEとしても10周年、闘龍門逆上陸から数えて15周年の記念イヤーでした
その年を締めくくる年間最後の大会にして年間最後のビッグマッチ


そんな次回ビッグマッチは

福岡国際センター大会



そんな
DRAGON GATE
12月28日の
福岡国際センター大会


DGが力を入れている福岡なので観戦されるファンは勿論多いとはいえ関東地方のファンも無論多いはず


12月28日といえば日曜日、御用納めも終わり正月休み突入

東京からでも行く方はいるでしょうが…

当然交通手段は混雑

せっかく試合が面白くても帰りに不満ためて帰ってきても後味が悪いですよね



そんな中


東京に居ながらドラゲーファンだけで盛り上がれたらなぁ~
なんて思ってる方々も多いでしょう!




そこで
都内のお店を貸し切った状態で観戦しちゃいましょう。

飲み食いしながら大画面でPPVを放映してもらっちゃいます。




◎スマホで見れる?タブレットで見れる?
⇒1人で??
そして3千円かかりますよ、観るだけで。



1.)お店貸切なので思いっきり選手の名前叫んだり出来ます
※対戦相手への極端な罵声は遠慮願います


2.)お店の定数なんで望月選手入場時の『モッチー』や堀口選手の『H.A.Gee.Mee!!』、Gamma選手の『“ウ~!!”』、問題龍選手の『じゃ~な』
ウーハー選手の『Too easy』
神田選手の『ジョン・ウー』は
一体感あります。
ノリノリなジミーズの曲に合わせて踊るのもアリです




3.)気付いたら隣の人と喋ってる。
そう、趣味が同じなのでお友達が出来てしまいます
※本人の積極性やコミュニケーション能力により個人差あります。


今まで8歳~60代まで幅広い年代、そして国籍も問わず参加されています。
意外に1人で来る方も多いので
お仲間作れるかもしれませんよ。


気になる詳細は


場所 『GLAMOUROUS ORANGE(グラマラス オレンジ)』(JR総武線・水道橋駅西口下車より徒歩1~2分程度
都営地下鉄線・水道橋駅、東京メトロ各線・後楽園駅より各々徒歩5~10分程度)
都営地下鉄線・水道橋駅、東京メトロ各線・後楽園駅より各々徒歩5~10分程度)
http://www.hotpepper.jp/A_22400/strJ000768890.html?vos=hpp403
▽お店のクーポン
http://www.hotpepper.jp/strJ000768890/map/?vos=hpp2053


《料金》
●:生ビール、ウイスキー、カクテル、ソフトドリンク飲み放題付き
4000円
(通常:2Hのところ試合終了までの約4時間の特別価格です。)

・ソフトドリンクは3000円


(※遅刻者も同一料金になります。
大幅遅刻は応相談)



《基本のお料理》
★オリジナル グリーンサラダ
★フィッシュ 又は チキン&チップス
★シェパードパイ
★トマトとルッコラのサラダ風ピザ
★デザート



★毎度ながら男性1人・女性1人でご参加の方もけっこういらっしゃいますのでご安心ください。


・逆にこのパブリックビューイングで観戦同行者を見付けるのも手ですよ。
・もちろん、ご友人連れやご家族でのご参加もOKです

◆名前を公表されたくない方は匿名希望でもOKですよ



まだシフト制仕事の都合上や予定が入るかもしれない方は【保留】扱いで承ります
その他の質問も受け付けます


(注)飲み放題ですが、自分の限界に見合った飲み方をして下さい。
また、ナンパ行為など他人に迷惑をかけないようにしましょう


その他分からないことは私までメールでもメッセージでもOKです。


☆店舗の定員の都合上、先着順にて締め切らせていただく場合がございます。
おおよそ40名前後です



◆◆◆◆“予想”全対戦カード◆◆◆◆◆

あくまでも予想なので、同僚、先輩、他団体選手、練習生に決まったかのように話すのは自由ですが……
相手方の気分の高揚の処置等の一切の責任は負いかねます




~THE FINAL GATE 2014~
12月28日(日)福岡国際センター

【第1試合】
ヨースケ・サンタマリア
林悠河
vs
ドン・フジイ
スペル・シーサー


【第2試合】
◎“ハリウッド”ストーカー市川暴走勝負◎
“ハリウッド”ストーカー市川
vs
武藤敬司


【第3試合】
ジミー・カゲトラ
Mr.キューキュー“谷嵜なおき”豊中ドルフィン
vs
問題龍
パンチ富永


【第4試合】
◎オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合◎
《王者》
フラミータ
vs
斎藤“ジミー”了
《挑戦者》


【第5試合】
◎オープン・ザ・トライアングルゲート選手権4WAYマッチ◎
≪王者組≫
吉野正人
戸澤陽
しゃちほこBOY
vs
堀口元気H.A.Gee.Mee!!
ジミー・ススム
ジミー・神田
《挑戦者組》
vs
望月成晃
ドラゴン・キッド
ビッグR清水
《挑戦者組》
vs
T―Hawk
Eita
U―T
《挑戦者組》


【セミファイナル】
◎オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合◎
《王者組》
CIMA
Gamma
vs
YAMATO
サイバー・コング
《挑戦者組》


【メインイベント】
◎オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合◎
《王者》
B×Bハルク
vs
鷹木信悟
《挑戦者》



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


【アルコールかソフトドリンクかは申し込み時にお願いします。
また、喫煙か禁煙かも合わせてお願いします(※分けるか否かは未定です)】



《日時》
2014年12月28日(日)
17:00ゴング


《料金》
アルコール有り飲み放題・4千円
アルコール無し飲み放題・3千円
※当然ですが当日変更なし



《参加》


≪保留≫


※アメブロから参加申し込みの方で他SNSの利用がある場合は、そちらを教えていただくとスムーズです



※Twitter  ⇒@robeshisyou
※Facebook ⇒露辺留都師匠


AD
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード