DRAGON GATE(ドラゴンゲート)試合結果速報記+α

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:
~菊池アナは薄いグレーのシャツに黒ベスト、いや、黒チョッキ着用~


【第1試合】
望月成晃
ビッグR清水
vs
堀口元気H.A.Gee.Mee!!
斎藤“ジミー”了
▼Dia.HEARTS入場時、正面の空席に腰かけたKzy。ノリノリで迎え入れる
★先発は堀口と望月。“H.A.Gee.Mee!!”と“モッチー”コールが交差する。
堀口は『若いコは俺のファンだ、お前のファンはクソババアばっかだ』と勢いづいた堀口がリープフロッグやアームドラッグで先手を取ったが
望月に倒されサッカーボールキック狙いをびくびくして構えていると、望月は頭をペチン
斎了と清水、清水がタックルでダウンを奪うと続く望月はチョーク気味にスリーパーで絞めると、堀口の『チョークじゃねえか?』に対して『あぁチョークさ!思いっきりチョークさ』と開き直った

5分経過
望月は替わった堀口にも頭をペチン→串刺しフロントハイキック。
だが堀口がカニ挟みで倒すとゴムパッチンを宣告。一旦は望月に体勢を替えられたものの斎了が上から望月を抑えつけ、清水は気付かぬまま発射してしまった
続いてマラハイサッパ!を見舞ったマライサ、これに望月は胡座をかいて『来てみろ』
斎了が恐る恐る顔を蹴っていき徐々に強くしていくと、望月が反撃のミドル!
斎了も同じく胡座をかいたが同じようにはいかず望月の容赦ない攻撃を受けた

10分経過
替わった清水がショルダータックルでマライサ二人を倒すと、堀口にはバックフリップ
マライサも連携から斎了がダイビングボディプレス!さらにカニ挟みで清水を倒した斎了はサイクリングヤッホー狙い
これを望月が背後から蹴りでカット。望月は続けてスーパーケンカキック
望月は堀口にもスーパーケンカキックを放ったが、堀口もバックスライド狙い
これを清水が首根っこを掴み砲丸投げスラムでフィニッシュ


○ビッグR清水
(12分43秒 砲丸投げスラム)
×堀口元気H.A.Gee.Mee!!





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2試合】
戸澤陽
vs
Kotoka

▼『おいミスターハイテンション琴香!俺もハイテンションで売っとんねん、勝負じゃ』と勝手に勝負を挑んだ戸澤
だがいきなりエンジン全開で若干疲れ気味だったが、バイシクルで倒しセカンドロープを利用して宙返り
しかしKotokaも反撃を見舞うと“トゥイージー”と精神的揺さぶりをかけた
スナップメイヤーからスリーパーを決めたKotokaは『どうした戸澤こらっ』と威勢だけはいい
これに戸澤はグーパンチで応え場外でもペースを握る。さらにリングに戻りヘッドロック

5分経過
戸澤はコーナー際でKotokaをいたぶると、リング中央でエルボー合戦を呼び込む。
強烈なエルボーを決めた戸澤だったが、KotokaもカウンターでスイングDDT!さらにダイビングボディプレス
場内合唱式ブレーンバスターを逆にブレーンバスターで投げたKotoka、セカンドコーナーからのフットスタンプも決めた
だがダイビングフットスタンプはかわされ戸澤が串刺しバイシクル→バックドロップ
ジャーマン狙いはKotokaが何度も堪えてカサドーラ。これを2で返した戸澤は一気にジャーマンで3カウント


○戸澤陽
(8分56秒 ジャーマンスープレックス・ホールド)
×Kotoka





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第3試合】
B×Bハルク
ドラゴン・キッド
vs
ジミー・ススム
ジミー・カゲトラ
▼今日がデビュー10周年記念日のハルク、デビューの相手もススムとアニバーサリーだらけだが先発はキッドとカゲトラ。
これに続いてハルクが出ると、ススムはキッドのブレイクダンスを真似て見せるが上手くいかず。カゲトラもやってTRYしたが失敗
場内のコールに応えハルクが期待に応えようとしたが、側転からのハイキックの素振りで機転を利かせ誤魔化した
試合はDia.HEARTSがススムを捕らえハルクがカカト落とし。

5分経過
ススムもキッドに対してキチンシンク!カゲトラがスリングショット式エルボーを見舞い、キッドがいつも見せる2段階式ニードロップも決めた
続いてススムも2段階式ニードロップをやってTRYしたが見るも無惨な感じに…orz
中央でカゲトラを挑発したキッドだが、逆水平に悶絶してしまう。
キッドも意地で見舞ったが、カゲトラの一撃に倒れこんでしまった。
替わったススムにもエルボー合戦を挑発してしまったキッド。やはり相手の一撃にふらついてしまう
カウンターでクリストを狙ったが、ススムが堪えて叩きつけた。それでもスワンダイブでコルバタを決めたキッド

10分経過
替わったハルクが華麗な足さばきでカゲトラにダメージを与えたが、カゲトラも水面蹴り→シャイニング延髄
続いてコーナーに上がったカゲトラだがハルクが追走してカカト落とし。キッドがスーパーフランケンを喰らわせた
キッドが619→ハルクがカカト落としを決めたがウルトラウラカンラナはカゲトラがかわす
逆にカゲトラは619を見舞いススムがラリアット。ススムは串刺しラリアットも決めるとコーナーにキッドを座らせ雪崩式エクスプロイダー。カゲトラがダイビングエルボーで続いた
うるさいハルクをジャンボの勝ち!で撃退したススム。その間にカゲトラがキッドを抱え一騎当千を狙ったが、キッドがこれを切り返しバイブルで3カウント


○ドラゴンキッド
(13分42秒 バイブル)
×ジミーカゲトラ





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【セミファイナル】
吉野正人
鷹木信悟
vs
CIMA
Gamma
▼先発はGammaと吉野。自らのコールで気合いを入れたGammaがタックルで倒すが“ウ~!!”はなし。逆にアックスボンバーをかわした吉野がGammaを倒して“ウ~!!”
替わったCIMAは鷹木の肩を噛みつく攻撃を見せたが、鷹木がリストを掴むと吉野がミサイルセントーン!吉野はさらにビクトル投げからグラウンドコブラ
カットにきたGammaが吉野に向かい雄叫びをあげながら逆水平!しかし吉野が強烈な一撃でやり返した
続いて鷹木も追撃、吉野とのダブルタックル→交互にエルボードロップでダメージを与えた

5分経過
ダメージを蓄積されたGammaだが、得意の唾攻撃を皮切りに反撃開始。唾がついた手で観客と握手を求めていった
替わったCIMAが変形のリバースコブラクラッチで絞め串刺しダブルニー
コーナーでペットボトルを構えているGamma、CIMAは吉野に『UFO!UFO!』と騙しマーライオン汚水を喰らわせた
吉野も唾をCIMAに誤爆させると、スライディングキック!
替わった鷹木はCIMAを強引にブレーンバスターで投げつけた。
Gammaの唾を喰らってしまった鷹木だがすぐにグーパンチからデスバレー

10分経過
吉野は走ってきたCIMAにスリングブレイド。だがCIMAは吉野を捕まえ変形カベルナリア!そこへGammaがドロップキック
大阪06の合体ブレーンバスターは鷹木が逆に二人をまとめて投げた。そして雄叫びからの串刺しラリアット→吉野の串刺しエルボー
ミサイルセントーン狙いをCIMAが『おぉ×3』と来たが、吉野はミサイルセントーンをCIMAに向けて発射
鷹木がCIMAをラリアットで排除、しかし続いてロープに走るとCIMAがボックス殴打
Gammaがアックスボンバーを放ったが、かわして捕獲した鷹木がMADE IN JAPANでフィニッシュ


○鷹木信悟
(12分41秒 MADE IN JAPAN)
×Gamma



(勝利者賞のお食事券が渡されるや、大阪06が延長をアピール
鷹木の『延長は引き分けの時だけだ』という真っ当なツッコミが響き渡った)






~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【メインイベント】
T━Hawk
フラミータ
エル・リンダマン
vs
土井成樹
YAMATO
サイバー・コング
▼MAD BLANKEYの奇襲でゴング。場外戦を経て先ずはフラミータがコルバタで土井を場外に出して連続バク転フェイントで魅せた
YAMATOに対してT-Hawkが逆水平、YAMATOも打ち返すがT-Hawkは胸筋ピクピクで効いてないアピール
T-Hawkが2発目の逆水平からスクワット式ブレーンバスター
だがT-Hawkが走ると、サイバーが足を引っ張り阻止。そして両腕でのラリアットでミレニアルズを分断

5分経過
MAD BLANKEYはリンダを捕獲、自軍でいたぶっていく。
場内からの“土井ちゃん”に対して『気安く呼ぶな』と答えた土井だが、YAMATOが場内にコールを促し土井に怒られた
サイバーは発音よく『ヤマロォ』とYAMATOを呼び込み二人での踏みつけ攻撃!
土井はコーナーパットで殴打、サイバーのボディプレスも喰らってしまった
攻められっ放しだったリンダもドロップキックで反撃。T-Hawkがタックル、フラミータはドロップキックでMAD BLANKEYを排除してトペコンで追撃した

10分経過
リングに戻りYAMATOとT-Hawkが対峙、YAMATOが串刺しドロップキックを決め全知全能ポーズ
YAMATOがバイシクルを決めたがT-Hawkはアギラ!各々サイバーとフラミータがカットへ
フラミータが側転からの延髄斬り→ミサイルキックと魅せたが、サイバーは交通事故→ジャックハマー
替わった土井がコーナーは、フラミータが追いついてレタドール→T-Hawkがウラジゴク。さらにリンダがジャーマン
だがサイバーがダイビングエルボーでカットすると、土井がDOI555→サイバーがパイナップルボンバー
これを返したリンダにYAMATOがギャラリアの体勢。これを足をバタつかせ切り返したリンダは一本背負い→腕十字
リンダがロープに走ったが土井がボックス殴打→YAMATOが垂直落下式ブレーンバスター。2で返したがギャラリアで万事休す


○YAMATO
(15分24秒 ギャラリア)
×エル・リンダマン



YAMATO『今年一発目の横浜大会のメインイベントは 俺たちMAD BLANKEYの大勝利だ
おい、横浜今日の俺も、いや俺たちもかっこよかっただろ?
ミレニアルズ、フラミータが帰ってきて勢いづくお前らも俺たちの前では通用しないな
明日の後楽園ホール、メインイベントでも当たるよな?

(どうやら当たらないらしい)

そんなことはどうでもいい!
明日の後楽園ホールも俺たちMAD BLANKEYが主役だ!』



(MAD BLANKEY退場)


T-Hawk『明日の後楽園ホール、ミレニアルズはセミファイナルです。
メキシコからアミーゴのフラミータが帰ってきて、新生ミレニアルズが集合した
まだまだマイクはダメだけど、日進月歩頑張っていきますので次の横浜も宜しくお願いします』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
【セミファイナル】
◎オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合◎
《王者組》
YAMATO
サイバー・コング
vs
吉野正人
しゃちほこBOY
《挑戦者組》
▼先発は鯱とYAMATO。リストを取ったのは鯱だがYAMATOはヘッドシザース
ヘッドロックで捕らえた鯱だがYAMATOは鶏冠を掴み切り返す。鯱はYAMATOをロープに振ってリープフロッグ→アームドラッグ→人工衛星ヘッドシザース
サイバーは吉野をヘッドロックで捕らえロープに振ってタックル
吉野もチョップを見舞ってからロープへ。飛びついてフロントネックロックで固め、そこからコルバタで振り回した
出てきたYAMATOをアミーゴタッグが自軍で捕まえる

5分経過
吉野はリストを掴み何度も捻っていくと腕吉野で叩きつけた。鯱が捕まえての吉野のミサイルキックもYAMATOの腕へ的確に決まった
合体シャチホコボディプレスが決まったが、入ってきたサイバーが両腕でのラリアットを二人を倒す
場外ではサイバーが本部席に置いてあるベルトに吉野を打ち付ける
リングではMAD BLANKEYが鯱をいたぶり、CIMAの上に鯱を覆い被せレフェリーを促す。レフェリーが来ないとみるや勝手に3カウントで鯱を称え胴上げ!!しかし途中で落とし騙し討ち

10分経過
サイバーは鯱をリフトアップして『吉○』と言ってはいけない本名を叫ぶ。
サイバーの交通事故に続きYAMATOがgo to hospital 2も決まると、サイバーはパイナップルの上にボディスラム
鯱も何とかカウンターの人工衛星ヘッドシザース!替わった吉野はスリングブレイドで王者組を場外に追いやると、ケブラータを同時発射
リングに戻った吉野はYAMATOのリープフロッグを読んでドロップキック!さらにバックに廻るがYAMATOが切り返しgo to hospital 2
続くドロップキックは吉野がかわしてフロムジャングル!これはサイバーがカット

15分経過
サイバーは同じくきた鯱を捕まえバックドロップ!グーパンチからロープに走ったが吉野がカット
吉野はアナザースペースで強引に叩きつけ、鯱→吉野と連続串刺しエルボー。さらにミサイルセントーンを発射したが、カウント2
富永が出てきて吉野を捕獲、YAMATOの串刺しドロップキックが決まったが続く垂直落下式ブレーンバスターは吉野が着地
だが吉野が走ると富永が足を引っ張り阻止、その間にリングに椅子を盛ったYAMATOが雪崩式ブレーンバスターを狙う
コーナー上で揉み合う両者、吉野がYAMATOにダメージを与えて自ら着地、YAMATOをパワーボムon the椅子盛り
鯱が串刺しエルボー、さらにスピンキックを決め不知火。ムーンサルトも決まったがカウント2

20分経過
入ってきたサイバーを上手く場外に落とした鯱はトペ!
リング上、吉野はYAMATOのエルボーをかわしてバックホーム。そしてトルベジーノ→ソルナシエンテ!
粘るYAMATO。苦しいYAMATOにサイバーがダイビングエルボーでカット
鯱も入ったが、MAD BLANKEYが連続串刺し弾。サイバーの串刺しパイナップルボンバーからジャックハマー
YAMATOが串刺しドロップキックから垂直落下式ブレーンバスター。さらにギャラリアが決まるが吉野カット、腕吉野でYAMATOを叩きつける
それでも復活したYAMATOが鯱を羽交い締め、だが鯱はサイバーとYAMATOの攻撃を誤爆させレッドエイティーンからラ・マヒストラルもカウント2
入ってきた吉野をパワーボムで叩きつけたサイバーは鯱にサイバーボム狙い。これを耐える鯱にファイヤーサンダーからパイナップルボンバー!カウント2
再度のパイナップルボンバーを狙ったサイバーに鯱が飛びつき回転エビ固め。これで3カウントが入った


○しゃちほこBOY
(25分2秒 回転エビ固め)
×サイバー・コング



鯱『大阪の皆さん、ツインのベルト取ったぞぉ
はぁ×4、ぼく、はぁ×3
三年前に、はぁ×2、トライアングルゲート巻いてから、はぁ×3
何も行動起こさなかったけど、アミーゴとツインゲートとれたことはスゴく嬉しいです
トレーニングも何もせずに腐りかけてた俺を救ってくれたのはアミーゴです
今日アミーゴとツインを取れたことは、今まで生きてきた人生で一番嬉しい出来事です』



吉野『ご存知の通り、喉の病気で休んでたんですが
ウーハーもいない中で、モンスターを支えてくれたのは、この三人です
アミーゴと出会ったのはちょうど15年前です。15年、辿ってきた道は違うけど、二人でやってきました
そんなアミーゴとツインを巻いたことを嬉しく思います』



鯱『人生、あきらめないでやっていけば何事も叶います
皆さんも諦めないでください
チャンピオンになったからには激しい戦いが待っているでしょうが諦めないで勝ち抜いていこうと思います
このあとウーハーがドリームゲート、諦めないで必ず取ってくれると思います』






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【メインイベント】
◎オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合◎
《王者》
B×Bハルク
vs
ウーハー・ネイション
《挑戦者》
▼17:37ゴング。ウーハーがまずは押し込むがブレイク
グラウンドで上になったハルクだがウーハーはすぐに切り返す
ハルクはウーハーをロープに振ってドロップキック!しかしウーハーもハルクを振ってタックル
これで場外エスケープしたハルク、ウーハーも追いかけると、ハルクをお姫様抱っこしてエプロンに叩きつける。さらにお姫様抱っこ状態から鉄柱に腰を打ち付けた
リングに戻るとボディスラム→アバランシュホールド。そのままボディシザースで絞めつけた

5分経過
ウーハーはブレーンバスターから前方にあるロープにハルクをホイップ、さらに正調ブレーンバスター
ベアハッグで痛めつけ高速ブレーンバスター→ボディスラムからのエルボードロップ。そして“トゥイージー”
ハルクが左右のローから走ったがカウンターのパワースラムで叩きつけたウーハー
それでも走ってきたウーハーにタイミングを合わせてロープを掴んだハルク。これで場外に落ちたウーハーに、ハルクはエプロンを走ってトペコン
リングに戻ってもローキック連打、足へのストンピング。レッグロックと足への攻撃を続けるハルク
ウーハーがエルボーを放ってくると低空ドロップキックで崩したハルクはアキレス腱固め

10分経過
続いて足へのギロチンドロップ、スナップメイヤーから走り込んでフェイントからのカカト落とし
ハルクはウーハーのリストを掴みながらローキック連打→スピンキック
さらに逆片エビ固めから足へのキーロックで苦しめていった
尚もローキック3連打したハルクだが、ウーハーはカウンターでフライングラリアット
エプロン上でハルクがローキック連打、ウーハーはバイシクルを顎にヒットさせデスバレーで叩きつけたウーハー。さらにエプロンからケブラータで追撃を見舞った
リングに戻り足を引きづりながらもウーハーがハルクを振る。ハルクがスピンキックで迎撃するも、ウーハーもドロップキック

15分経過
ウーハーはリング内からエプロンのハルクをコーナーに強引にたたせ雪崩式ブレーンバスター
ハルクも執拗に蹴りを放つが、ウーハーはスパインバスター!
ウーハーがコーナーに上がったが、ハルクが起きてニールキック。さらにウーハーを抱えランニングE.V.Oからカカト落とし
リストロックしながらの側転で翻弄したハルクはブラジリアンキック→カカト落とし→その場飛びトルニージョ
E.V.O狙いを阻止したウーハーはジャーマンでぶっこ抜くこと3連発
コーナートップからダイビングボディプレスで舞ったウーハーだがカウントは2
ハルクを抱えたウーハーがウーハーコンビネーションを狙ったが、ハルクが着地してリバースフランケン→カカト落とし
両者フラつく中、ハルクのフランケンをキャッチしたウーハーが2連発ではなく3連発のオールアウトアサルト!

20分経過
再びパワーボムを狙うウーハーをハルクは変形水車落としで切り返す。
何とか起きたハルクがウーハーとエルボーを一発ずつ。さらに一発ずつ放ち、ハルクがローキック連打→ソバット
倒れたウーハーにフェニックス狙いでコーナーにいったハルク
しかしウーハーが追いつき投げ捨てジャーマン!さらにバイシクル→バックフリップ
ウーハーは串刺しボディアタック、さらに東京ピンプス→プリンスズスロウン
ハルクも起き上がりフランケンを決めると、そのままアンクルホールドへ。
ロープが遠いウーハーだが這いつくばって何とかエスケープ

25分経過
ローキックから走ったハルクだが、ウーハーがバックフリップ→ウーハーコンビネーション
その場飛びシューティングをかわしたハルクが股へのファーストフラッシュから顔面へファーストフラッシュ。
さらに改めてファーストフラッシュ→背後へのファーストフラッシュ。そして正調ファーストフラッシュで3カウント


○BxBハルク
(26分20秒 ファーストフラッシュ3連発)
×ウーハー・ネイション



(勝利者賞としてクラブカモンから飲み放題歌い放題)



ハルク『戸澤がブレイブ取って、ツインも取って、次はウーハーだって言ってたな
残念だったな。俺がドリームゲートチャンピオン、BxBハルクだ!』



ウーハー『サンキュー、BxBハルク、ベリーマッチ
トザワ、サンキューソーマッチ

(しんみりしたムードになり別れの挨拶を始めたウーハー)

Today ファイナルマッチ、イン、DRAGON GATE
ヨシノ、シャチ、トザワ、シンゴ、サンキューソーマッチ

(DRAGON GATEは家族だ、神戸はホームタウンだ
と感想を述べた)』



戸澤『分かった方もいると思いますが
ウーハーネイションは今日でDRAGON GATEは最後だと
DRAGON GATEがなかったら今の自分はない、DRAGON GATEはホームだ
そう言ってます』


(戸澤が選手呼び込み卒業式へ

MAD BLANKEYも続々とエプロンサイドへ)



土井『お前の身体能力、プロレスセンスがあればどこ行ってもトゥイージーやと思うぞ』


サイバー『グッバイ』


YAMATO『ウーハー、イズ、ベスト』


Gamma『シーユー』


問題龍『じゃあな』


富永『ずっとやられてばかりだったけど、サンキュー』


フジイ『アイアム、ドンフジイ、じゃあな』


CIMA『センキュー、グッドラック
(と抱擁。帽子を授けた)』


(MAD BLANKEY1人々々と抱擁)


(ジミーズが短いながらも1人々々が感謝のメッセージ
続いてミレニアルズ、マリアがキャラを守り頬にキス。ウーハーの日本での最初の相手となったKotokaは日本語ながらも思いの丈を述べる
清水は自身のデビュー戦の相手とあって泣きながら『Have a nice day』と訳の分からないことを言ってしまう
最後、MONSTER EXPRESSも鷹木が英語でもう一発シングル、吉野は日本語で説明してから英語でウーハーの未来を称えた
鯱も喋ってから最後はベストフレンドが…)



戸澤『ついにこの時がやってきてしまったかなって気持ちです
いっぱい思い出があるんですよ
こいつね、体デカイですけど、優しくて、めっちゃスケベで(笑)
こいつ、めっちゃスケベなんすよぉ

でもホントにウーハーのことが大好きで、このあとも変わらない
たった二年間だったんですけどこの過ごした時間は永遠です』



ウーハー『ジャパン、イズ、マイホーム
3イヤーズ、サンキューソーマッチ、アリガト』



ハルク『こんなデカくて、こんな強くて、こんなスケベなウーハーですが
そんなウーハーに今日はホントに勝てて良かった
これからも、DRAGON GATEを、そしてウーハーネイションを応援宜しくお願いします』


(全員で“Too easy”で記念撮影、胴上げもした)

AD
いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:
~菊池アナは昨日と同系色のシャツ~


◎ドリームゲート戦・公開調印式◎
・ウーハー&ハルク両選手、立会人の岡村隆志のサインに続き決意表明・


ウーハーが『BxBHulk…Tonight,Dream Gate Championship to be win……』と英語で決意表明


戸澤『すいません、通訳していただきます
おいBxBハルク、これは2回目の挑戦やと
1回目はリコシェに負けてしまった。
でも今回は1対1でやって必ず勝ってドリームゲートチャンピオンになる

こう言ってる』



ハルク『ウーハー、その前に戸澤くん、通訳ありがとう
はっきり言って最強の挑戦者だと思います。でも最強の挑戦者に勝ってドリームゲート王者ここにありってのを見せたいので
必ず勝って防衛したいと思います』





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第1試合】
望月成晃
ドラゴン・キッド
Kzy
ビッグR清水
vs
堀口元気H.A.Gee.Mee!!
ジミー・神田
ジミー・カゲトラ
Mr.キューキュー“谷嵜なおき”豊中ドルフィン
▼先発のカゲトラがKzyをアームドラッグで場外に追いやると、タイガーフェイントからKzyばりの腹這いムーヴ
キッドは神田をコルバタで場外に追いやりタイガーフェイント
“H.A.Gee.Mee!!”と自分のテンションを高めた堀口は、Dia.HEARTS側に捕まったもののスイングDDTで逆転
ゴムパッチンを宣告したが、引っ張った神田に誤爆してしまった
現実逃避する堀口をスナップメイヤーから2段階式ニードロップを決めたキッド、Kzyとともに堀口の両足を掴みY字逆さで望月のカカト落としを呼び込んだ

5分経過
Dia.HEARTSは尚も堀口の頭部にドロップキック等でいたぶる。
だが堀口もカウンターのスイングDDTで切り抜けると、カゲトラが入りフライングラリアット!
神田はヤンキー2丁拳銃ばりの幻惑トペでダイブして翻弄
谷嵜が仕掛けたグラウンド卍をキッドがカットしたが、そこに神田がカット。谷嵜のDH→カゲトラが619→神田はジョン・ウー
堀口の紅も決まったが、カゲトラがコーナーは二角蹴りで望月が排除
それでもコーナーにあがったカゲトラと望月が揉み合っていたが、清水が望月ごとパワーボム
Kzyが清水との合体式BEAT-BOMBを決めKz timeも成功
清水が砲丸投げスラムを狙うがカゲトラが影縫で丸め込むが清水は返す、改めて砲丸投げの体勢にカゲトラを掴むが、堀口が入る。
清水は堀口をもう片方の手で砲丸投げの体勢、慌てて神田&谷嵜が阻止
清水に対して神田のエルボーや谷嵜のDHと串刺し攻撃が決まるが、清水は堀口の突進をかわすと望月がすかさずフロントハイキック!
堀口もバックスライドの構えを見せたが、これを堪えた望月が堀口をロープに振ってスーパーケンカキック。
その望月には神田がスワンダイブ式エルボー!その神田に清水がコネックハンギングボム。清水には谷嵜がカサノヴァと入り乱れる

谷嵜に対しKzyがニールキックで排除して残ったカゲトラと対峙
Kzyがエルボースマッシュを見舞ったが、カゲトラが延髄斬り→水面蹴り→アパッチパンチ。
そして乾坤一擲!2で返したKzyに車懸りでトドメ


○ジミーカゲトラ
(12分15秒 車懸り)
×Kzy


(試合後、突如としてパンチ富永が乱入したが直ぐに捕まり清水が砲丸投げスラムで退治した)






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2試合】
ヨースケ・サンタマリア
エル・リンダマン
vs
鷹木信悟
戸澤陽
▼マリアが相手をどちらにしようか品定め。結局出てきた鷹木に対してバックの取り合いで後ろに廻られたが、鷹木の手を自分の胸に当ててブーイングを促した
リンダは戸澤をヘッドロック。マリアがアシストに入りチクビーム!
起き上がった戸澤に女の子チョップを見舞ったが、戸澤は逆水平から顔面へグーパンチ、リンダにもパンチで排除
戸澤がストンピングしていると、鷹木が入りマリアをボディスラム→戸澤をセントーンで投げつけ→自らもセントーン
そのまま鷹木はマリアのチョップを余裕綽々で受けていたが、マリアはヒップアタック→ミサイルキック
替わったリンダは戸澤にスピア!その間にマリアが場外の鷹木に鉄柱越えプランチャ
リンダはノーザンライトを決めたが、戸澤は走ってきたリンダにカウンターでエルボー→バイシクルキック→場外のリンダにトペ
リング上、マリアは鷹木の体を弄ぶようにまさぐりポンパスも決める。
さらにスカイラブを決めてリンダが鷹木のバックへ。羽交い締めにしたが鷹木が難なく両腕でラリアット
戸澤との連携からツームストンも決めた。
戸澤がマリアのバックに回るが、マリアはスクールボーイ、返した戸澤に唇を重ねてダメージを与える

10分経過
リンダは鷹木のラリアットを喰らったが直後にはバックに廻りジャーマン!
2で返した鷹木はパンピングボンバーを見舞い、トドメのMADE IN JAPANで3カウント


○鷹木信悟
(10分36秒 MADE IN JAPAN)
×エル・リンダマン





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第3試合】
ジミー・ススム
斎藤“ジミー”了
vs
土井成樹
問題龍
▼MAD BLANKEYの奇襲でゴング。土井は斎了と対峙してエルボー連打。だが斎了はカニ挟みで倒しサイクリングヤッホー狙い
問題龍がカットに入るがススムが直ぐにエルボー。そしてキチンシンクで悶絶させた
リョウスカは合体ロボット式踏みつけから斎了のダイビングフットスタンプ
問題龍は急所パンチで反撃すると、替わった土井がアトミコを投下してやり慣れてないから形はどうあれスリーパー
問題龍もいたぶり自軍に連行、土井がターンバックルカバーで殴打!土井は『(俺より人気あるが)もっと応援したれよ』

5分経過
隙をついてサイクリングヤッホーを狙った斎了だが土井が防御、問題龍が斎了の足をロープに固定して土井がアトミコ
問題龍は『何がサイクリングヤッホーだ!みんなで叫べばモンニー』とモンニーを発射したが、斎了がかわして自爆させた
ススムと土井。ススムはジャンボ!続いて走ったが、土井がススムを捕まえロープへギロチンホイップ
さらに問題龍の攻撃から土井がダイビングエルボードロップ!
問題龍の急所蹴りを掴んだススムは連続ジャンボ!しかしカウンターで世界の高速ネックブリーカーから土井がDOI555
斎了がカットしてススムがジャンボの勝ち!。問題龍が粘るが斎了が問題龍を黙らせるとダブルクロスで3カウント


○斎藤“ジミー”了
(9分52秒 ダブルクロス)
×問題龍



斎了『おい、土井!お前にひとこと言いたいことがある
昨日、なんかCIMAのこと突き飛ばしたんだってな!
今、MAD BLANKEY揉めてんの?
どうせよ揉めてるんだったら、分からず屋のフジイのことも突き飛ばしてくれよ』



土井『おい斎了!たしかに昨日CIMAを突き飛ばした
だけどなそれはCIMAが負けたからや。フジイが負けた訳やない
他人のユニットの問題に首突っ込むな
それから問ちゃん、あっさり負けてんちゃうぞ。しっかりせえ』


(またしても一人で退場した土井だった)





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第4試合】
T―Hawk
フラミータ
U―T
Kotoka
vs
CIMA
ドン・フジイ
Gamma
パンチ富永
▼昨日勝利したKotokaがGamma相手に打撃を中心に攻め立てる。
続くフラミータは富永にコルバタで場外に追いやると、バク宙で沸かせた。
T-HawkはCIMAをタックルでなぎ倒すと、スクワット式ブレーンバスターも決めた

5分経過
ポケットに手を入れながら向かった富永、T-Hawkは構わず逆水平でダウンさせた
続いてGammaが逆水平連打するもT-Hawkは軽々とGammaを振り回す
“俺が出る”とばかりにフジイが逆水平!T-Hawkとの激しい逆水平合戦は互いの意地が炸裂。ヒールのフジイに声援が起きる中、応えたフジイは逆水平でT-Hawkに膝を付かせた
しかし再び富永が向かうが、T-Hawkは一撃でダウンさせフラミータが登場
フラミータがスリーパーで絞めにいったが富永がマスクに手をかけ切り抜けた
入ってきたCIMAだが、Kotokaがミドルで攻撃していった

10分経過
だがフジイが入りバックドロップ→エルボードロップ。さらに謎の凶器(スパナ?)で殴打していった
Gammaが入りニールキックを決めると、空き缶への念仏パワーボムも見舞っていった
富永はコーナー際で滾りつつの踏みつけ、角度をつけ過ぎて頭をマットに打ってしまった(笑)
さらにMAD BLANKEYコーナーにCIMAがゴリースペシャルの体勢でKotokaを連れてGammaがマーライオン式汚水!CIMAは変形ゴリースペシャルで絞めつけた
Kotokaもカウンターでハイキック、そしてスワンダイブ式ミサイル
ミレニアルズがMAD BLANKEYを場外に排除、T-Hawkがフラミータを空中に押し上げフラミータがその勢いでトペコン!
リングに戻ったGammaはT-Hawkにアギラを喰らったが、すぐに唾噴射
Kotokaのミドルを喰らったフジイだがボディスラム→ボディプレス。
CIMAはヴィーナス→アイコノクラズム→フジイとのウルトラトゥンバ
これにT-Hawkがカット。T-Hawkは富永を捕らえフラミータらとマリアを決めた
入ってきたCIMAにナイトライド狙いはボックスでMAD BLANKEYがカット。CIMAはT-Hawkにジャベ
一旦外したCIMAはトカレフ→シュバイン。間髪入れずにメテオラで3カウント


○CIMA
(18分47秒 メテオラ)
×T―Hawk



CIMA『お前あんまりな、CIMAをみくびんなよ
お前らもそうや!俺らがテキトーにゾンビやってるんちゃうぞ
元はと言えばな、ミレニアルズ、お前らにベテラン軍解散させられてこうなったんや
フラミータが帰ってきた?それがどうした?
入ってきて一年二年の奴らに負けてたまるか!
おいT-Hawk、俺が本気になったらな、お前なんかいつでもやったるからな
ブレイブゲート、ツインゲート、トライアングルゲート、そしてドリームゲート、18年間培ったプロレスで返り咲いてやるからな
土井、これで昨日のことはチャラや
(土井は無表情)

生放送で見てる奴ら、控え室にいる奴ら、お前ら、オレ、誰や思てんねん
噛みつくぞ』


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード