【第0試合】
○ヨースケ・サンタマリア
U━T
(6分34秒 キス→狙い撃ち)
問題龍
×Kotoka




~~~~~~~~~~~~~~

【第1試合】
Gamma
パンチ富永
○エル・リンダマン
(8分52秒 ロコモーション式タイガースープレックス・ホールド)
堀口元気H.A.Gee.Mee!!
ジミー・神田
×ジミー・クネスJ.K.S




勝ち名乗りを受けるリンダだったが、Gammaとパンチの手を振りほどくと、2人に頭を下げて一人で退場
Gammaとパンチも追いかけた。








~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2試合】
◎KING OF GATE 2016 Dブロック公式戦◎
≪1敗0点≫
土井成樹
vs
ビッグR清水
≪2勝4点≫
▼土井がタックルで仕掛けるも、清水が逆にタックルでダウンを奪う。さらにバックフリップも、土井はカウンターでの低空ドロップキックから足4の字固め
場外ではイス攻撃。リング上でも土井は足攻撃を徹底。逆転を狙って放った清水のダイビングショルダーも自爆。なおも土井は足攻め



5分経過
ようやく逆転の清水が反撃も、清水は左ヒザを押さえてうずくまる。雪崩式ブレーンバスター狙いは土井が張り手で阻止


クルッと回りパワーボムで叩きつけたあと、ダイビングエルボー3連発。土井の張り手対清水のチョップ&エルボー
土井もエルボーで返し、エルボーのラリーに。

10分経過
土井がヒザへの蹴りを連発も、清水はカウンターでネックハンギングボム。再びエルボー合戦
清水が「土井!」と叫び、土井も「来いよ!」と応戦。その後のバカタレ狙いを砲丸で切り返そうとした清水だが不発
再び低空ドロップキックを食らってしまう。土井はすかさず足4の字固め。エスケープした清水に対してドラゴンスクリューから再び足4の字狙いも、砲丸投げで切り返そうとする
だが、抱えたところで逆に土井が切り返してバックドロップ。DOI555が不完全な状況となりながらも2発目で決めてバカタレもヒット
だが、これもカウント2で返した清水は、カウンターでラリアット。パワーボム狙いは土井がナックル連打で切り返そうとするも、強引にライガーボムへ
ラリアット2連発の清水に対して、3発目をV9クラッチで切り返した土井は串刺しエルボー狙い
ここでキャッチし、今度こそ砲丸投げを決めて3カウントを奪った。


○ビッグR清水≪3勝6点≫
(15分20秒 砲丸投げスラム)
×土井成樹≪2敗0点≫





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第3試合】
◎KING OF GATE 2016 Aブロック公式戦◎
≪2勝4点≫
鷹木信悟
vs
ドン・フジイ
≪1勝2点≫
▼フジイが開始早々から猛チャージ。チョップ合戦からラリアットで鷹木を場外に追いやるが、エプロンからのダイブは自爆
鷹木はイス攻撃を見舞う。だがフジイも同じくイス攻撃で反撃。リング上でフジイが腕十字に入ると、鷹木は抱え上げて叩きつける
打撃合戦で劣勢だったフジイだが、空中胴締め落としからダイビングボディーアタック

10分経過
ノド輪落としも放つフジイに対して鷹木は変型デスバレーから起き上がりこぼしパンピングボンバー
フジイもラリアットで返すもフラフラになり、崩れ落ちる。それでもフジイはラリアットでダウンを奪う
ラリアットの相打ちから鷹木がワンツーエルボー。フジイはノド輪狙い

、鷹木が逆にノド輪落としからツームストーンパイル、スライディングパンピングボンバー、串刺しパンピング

15分経過
鷹木がSTAY DREAM狙いもフジイが切り返して雪崩式フェースバスターから外道クラッチ
後頭部ラリアットからさらに外道クラッチを連発するもカウント2。パンピングをかわすとナイスジャーマンも決めるが、カウント2
フジイはラリアット2連発からタイガースープレックスの体勢

残り3分
逆に鷹木がラストファルコンリーもすぐにフォールへは行けず、遅くなってカバーしたがカウント2

残り2分
鷹木がエルボー、フジイがチョップを打ち合う。鷹木のパンピングもフジイが必死に肩を上げる

残り1分
鷹木は串刺しパンピングからSTAY DREAM狙い。今度こそ決めていったが、これもカウント2。この直後にフルタイムドローとなった



△鷹木信悟≪2勝1分5点≫
(20分0秒 時間切れ引き分け)
△ドンフジイ≪1勝1分3点≫




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第4試合】
吉野正人
T━Hawk
vs
斎藤“ジミー”了
ジミー・カゲトラ
▼カゲトラが吉野を相手に機敏な動きを見せる。エプロンからのエルボードロップやフェイントの619
斎了が登場すると、T-Hawkが逆水平チョップを連発。吉野は腕への攻撃から、こちらもチョップ
だが斎了はT-Hawkへの投げっぱなしジャーマンで逆転。カゲも猛攻を仕掛けるが、T-Hawkはウラジゴク
斎了は吉野を倒してサイクリングヤッホー狙いも、吉野はエスケープ。さらに吉野は逆サイクリングヤッホー。カゲが張り手でエスケープすると連係攻撃
斎了のフィッシャーマンズバスターからカゲはダイビングエルボー

10分経過
T-Hawkがネックハンギングボムをカゲに放ち、吉野&T-Hawkが串刺しチョップ2連発からミサイルセントーン。吉野はさらにトルベジーノ、T-Hawkはナイトライド狙い
切り返したカゲはナックルも、T-Hawkはアギラ。このあとロープへ走ったT-Hawkだったが、カゲがカウンターで影縫を決めて逆転勝利


○ジミーカゲトラ
(12分1秒 影縫)
×T━Hawk





カゲトラ『ジミー・カゲトラが復帰してこの神戸に帰ってきました
周りにはYAMATO、ハルクが新ユニット作ったりしていますが、ジミーズもこれから大きなことをしていきますよ。
これからのジミーズにご期待ください!』




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第5試合】
◎KING OF GATE 2016 Cブロック公式戦◎
望月成晃
vs
ドラゴン・キッド
▼キッドが奇襲を仕掛け、フェイント619も望月がこれをカット。エプロンでニークラッシャー、さらに足をロープに巻き付けてキックを放つ。さらにローキックからアキレス腱固めやサソリ固め
串刺し狙いをかわしたキッドだったが、スワンダイブ攻撃は望月がキックで迎撃。さらにドロップキック、619、ケブラーダ。

5分経過
スワンダイブミサイルを決めるキッドは619を放つが、キャッチした望月がアンクルホールド




返したキッドもクリストを決めるが、ここでも望月は足をキャッチしてアンクルへ移行
エスケープ後もローキック3連発。キッドはローリングソバットを放つが、さらに望月がランニングミドル、顔面キック
三角蹴り狙いを防いだキッドは雪崩式フランケンの体勢。これも防いだ望月が雪崩式ブレーンバスターからフックを外さずツイスター
一角蹴りも決めたあと、再びツイスター狙いも、キッドはスタナー、619、メサイア
ウルトラ・ウラカンをキャッチした望月はイリュージョン。真・最強ハイキックを交わしたキッドがバイブル
カウント2・9となるも、最後はウルトラ・ウラカンラナで3カウント


○ドラゴンキッド≪2勝4点≫
(11分33秒 ウルトラ・ウラカンラナ)
×望月成晃≪2勝1敗4点≫





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【セミファイナル】
YAMATO
BxBハルク
Kzy
vs
サイバー・コング
谷嵜なおき
“brother”YASSHI
▼“brother”YASSHIがVERSERKの一員として本拠地・神戸に登場
コールと同時に場外戦を仕掛ける。だが、リング上ではYAMATOが谷嵜にドロップキック。ハルクはサイバーのタックルを食らったが、すぐに立ち上がり、ドロップキック
Kzyと“brother”YASSHIはチョップ合戦。Kzyのウェーブ攻撃に付き合わなかった“brother”YASSHIだが、Kzyは「どうした、カス野郎!」と挑発。

5分経過
今度はVERSERKが全員でYAMATO狙い。場内がYAMATOコールに包まれる中、逆転の糸口を掴むが、セコンドのKotokaに足を引っ張られてダウン
再びVERSERKの猛攻に遭う

10分経過
谷嵜がYAMATOをコーナー設置のイスに突っ込ませる。再びYAMATOコール。谷嵜は顔面蹴りを連発するが、YAMATOはエルボーで反撃

、ドロップキックで逆転
ハルクはYASSHIに蹴りを入れ、サイバー&谷嵜にキック連打。谷嵜にはミサイルも放ち、Kzyはトペコン
KzyはサイバーにB-BOYを決め、ブラザーに対して「ヘイヨー!」と挑発。サイバーにはエルボースマッシュからKZ time狙い
サイバーがカットするとデッドリードライブからパイナップルボンバー。ブラザーはハルクに串刺し攻撃を見舞い、BAD BOY
ハルクは変型水車落としからカカト落とし。ハルク&Kzyはさらにブラザーに連係。
YAMATO&ハルクが交互に顔面キックを浴びせてKzyがツームストーンパイル。すかさずKZ timeも再び自爆
サイバーはKzyに投げっぱなしジャーマン。サイバーはほかの2人にパイナップルボンバー
さらにKzyへの猛攻は続き、谷嵜は地獄の断頭台から変型フィッシャーマン。ブラザーのフライングビッグヘッドからサイバーはダイビングエルボー
谷嵜のインプラント狙いをかわすと、ハルクがマウスからキック連打。E.V.Oはかわされるも、YAMATOが串刺しドロップキック
ハルクはスワンダイブミサイルを放ち、YAMATOのキックからハルクがバーンナウト。YAMATOがブラザーを蹴散らしたあと、谷嵜が襲いかかる
ギャラリアも決まらず、YAMATOが土井とイスの取り合いをしているところで、ブラザーがレッドボックスを持ち出し、殴打。レフェリーの制止も聞かず振り回し、反則負けとなる。





○YAMATO
(18分15秒 YASSHIのレフェリー暴行による反則勝ち)
דbrother”YASSHI



土井『何こんなところで寝てんねん。寝るなら家帰って寝ろ。あらためて紹介するぞ、VERSERKの新メンバー、“brother”YASSHIや
YAMATOより“brother”YASSHIの方がええやろ。もっと歓迎したれよ』


YASSHI『ヘイヨー、カス野郎ども。この俺がVERSERK新メンバー“brother”YASSHI、aka、ごきげんちゃんや、カス野郎
この決着の続きは来月の6月4日や。またここでお前らご機嫌ちゃんにしたるからな
今日はこのぐらいで勘弁しといたろ』





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【メインイベント】
◎KING OF GATE 2016 Bブロック公式戦◎
≪1敗1分1点≫
戸澤陽
vs
ジミー・ススム
≪1勝2点≫
▼タックルを耐えたススムはいきなりのジャンボ。だが、場外では戸澤が形勢逆転し、右腕攻撃。さらにダイビング・セントーンも放つが自爆させたススムは、強引に投げっぱなしジャーマン


戸澤は首を押さえてダウン。すかさず戸澤にスリーパー、DDT、後頭部ジャンボ、コブラクラッチ。エルボー合戦からエクスプロイダー

10分過ぎ
逆転に成功した戸澤はミッションインポッシブル。串刺しバイシクルキックからバックドロップ、串刺しエルボー、ブレーンバスター
だがススムは裏の読み合いから後頭部ジャンボ、横須賀カッター、友情。

ダブルアームの体勢はリバースする戸澤だが、コーナーに上がると追いつかれる。ススムは雪崩式エクスプロイダー

15分経過
今度は逆に戸澤が雪崩式ブレーンバスター。エルボー合戦が繰り広げられている間に残り3分

ススムがミトガワラッシュも戸澤は投げっぱなしジャーマン。すぐにススムがジャンボ。さらに戸澤がすぐに高速ジャーマンからデッドリフトジャーマン



残り2分で戸澤はパッケージジャーマン狙い。ススムは脱出するも戸澤がエルボー。だがススムは至近距離ジャンボから正調式。カウント2となると、今度は夢限を決めるが、これもカウント2

残り1分
ススムがジャンボの勝ち!固めから丸め込み合戦。カウント2となったあと、戸澤がフランケンシュタイナーを決めて3カウント。最後はMONSTER EXPRESSのメンバーで大会を締めくくった。




○戸澤陽≪1勝1敗1分3点≫
(19分30秒 フランケンシュタイナー)
×ジミーススム≪1勝1敗2点≫
AD
★5月20日(金)愛知・岡崎市竜美丘会館~KING OF GATE 2016

【第3試合】
◎KING OF GATE 2016 Bブロック公式戦◎
問題龍
vs
ジミー・ススム
▼両選手共に公式戦初戦。
ゴングを待たずに問題龍が奇襲攻撃。塩攻撃でススムを撹乱させ、そのまま首固め
問題龍が場外にススムを誘い出しラフ一辺倒の攻撃。意表を突かれたススムは防戦一方に
しかし前ドリームゲート王者としてKINGOF GATE制覇を目論むススムは嫌が応にも初戦は落とせない
何とか体勢を立て直し、問題龍が自ら外したターンバックルに問題龍の股間を打ち付ける
更に串刺しのジャンボ。Kotokaの塩攻撃の誤爆から怒りのジャンボを2連打。辛くも白星発進。


○ジミーススム≪1勝2点≫
(8分48秒 ジャンボの勝ち!)
×問題龍≪1敗0点≫





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第4試合】
◎KING OF GATE 2016 Aブロック公式戦◎
鷹木信悟
vs
ジミー・神田
▼ドリームゲート王者としての山梨凱旋を終え、鷹木がKING OF GATE公式戦に
序盤から圧倒的なパワーで押しまくる王者に対し、神田のセカンドロープからのジョン・ウーが炸裂
更に裏投げの連発からジャーマン、琉sで一気にたたみ掛ける神田。しかし王者・鷹木も耐空時間の長い雪崩式ブレーンバスター、スライディングDを放つ
最後はカウンターのパンピングボンバーで3カウント。勝ち点を4に



○鷹木信悟≪2勝4点≫
(13分22秒 パンピングボンバー)
×ジミー神田≪1勝1敗2点≫





~~~~~~~~~~~~~~

★5月21日(土)長野・伊那市民体育館~KING OF GATE 2016

【第2試合】
◎KING OF GATE 2016 Dブロック公式戦◎
≪2勝2敗4点≫
Gamma
vs
堀口元気H.A.Gee.Mee!!
▼堀口が公式戦初登場。逆にGammaはこの試合が予選リーグ最終戦。現時点で4点のGammaにとっては是が非でも最後の2点を獲得した上でリーグ戦を終えたい所
ジミーズのセコンドが介入し元気がゴムパッチンを引くも、Gammaが一瞬早くゴムを離し、元気に着弾
ツバ攻撃と汚水攻撃で攻撃を組み立てるGamma。最後はGammaが執念の逆さ押さえ込みで堀口を抑え、合計得点6で予選リーグを終了。


○Gamma≪3勝2敗6点・終≫
(6分13秒 逆さ押さえ込み)
×堀口元気H.A.Gee.Mee!!≪1敗0点≫




~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第3試合】
◎KING OF GATE 2016 Aブロック公式戦◎
パンチ富永
vs
ジミー・神田
▼師匠・Gammaが幸先の良いスタートを切ったKING OF GATE。弟子のパンチも続きたい所
試合は激しい場外戦に。場外でパンチを貼り付けにし神田は先にリングへ。パンチは何とかカウント19でリングに戻る
PTミサイルキックが神田の胸元に命中。神田のジョン・ウーを2度にわたり阻止。神田が走り込んだ所をエプロンからのヘッドバッドで迎撃
しかしパンチにもダメージが。滾りからのPTキックはカウント2。2ステップムーンサルトを神田がかわし、ジョン・ウー。琉sで一気に決着を着けようとする神田であったが自らの左足にもダメージを負う
しかし神田は執念の裏投げ2連発からのジャーマン。パンチはカウント2で返す。飛びつき腕十字が決まるもタイムアップ


△ジミー神田≪1敗1分1点≫
(20分0秒 時間切れ引き分け)
△パンチ富永≪1分1点≫




~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第4試合】
◎KING OF GATE 2016 Dブロック公式戦◎
エル・リンダマン
vs
ビッグR清水
▼コールを待たずにリンダが奇襲攻撃。清水を場外に蹴落とし、トペを放つ。
リングに戻し、コーナー最上段からのミサイルキック。清水のタックルをキャッチしたリンダは水車落としで叩きつける。ダイビングボディプレスで一気に勝負に出るもカウントは2
清水が高速のジャイアントスイングを仕掛ける。最後は砲丸投げスラムで3カウント

○ビッグR清水≪2勝4点≫
(4分43秒 砲丸投げスラム)
×エル・リンダマン≪2敗0点≫
AD
【第0試合】
ジミー・カゲトラ
vs
中村風太
▼かつて山梨に住んでいたこともあるという中村がカゲトラの胸を借りた。タックルを仕掛けたのはカゲだが、中村は倒れず逆にタックルでダウンを奪う
さらにはスピアーも決めていくが、カゲは厳しい顔面蹴り。下から睨みつけると、カゲは「何だその目は」と顔面蹴り
中村は打撃で反撃に出ると、ボディースラムも決める。さらに連続で攻撃も、カゲは延髄斬り
ブレーンバスターを狙ったカゲだが、上げることはできず逆に中村が投げる。
フォールに入ったところでフルタイムドローのゴング。


△ジミーカゲトラ
(5分0秒 時間切れ引き分け)
△中村風太




~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第1試合】
望月成晃
“ハリウッド”ストーカー市川
vs
ジミー・ススム
斎藤“ジミー”了
▼開始のゴングと同時に向かってきた市川にススムがジャンボの勝ち!を叩き込んで瞬殺


○ジミーススム
(0分6秒 ジャンボの勝ち!)
דハリウッド”ストーカー市川

いつものように「もう一回」アピールから再試合へ


ジャンボをよけた市川が丸め込みもカウント2。すぐにススムの張り手を食らうも、カウント2で返す
市川の場外ダイブは自爆。望月は斎了に強烈なミドルやサッカーボールキック。ススムにも見舞ったところで市川がタッチを要求
リングインすると逆ラリアット。微動だにしなかったススムがジャンボからフォールに入ると、望月が慌ててカット
市川は斎了を捕まえてロープ渡り(3度目に自爆)。市川はちびっこのチョップを食らい、リョウスカは肩車式踏みつけ
フィニッシュ宣言から斎了がダイビングフットスタンプ。しかし市川は自力でフォールを返すとカンチョー攻撃からスイングDDT。望月はススムにミドル連打
ブレーンバスターはススムが投げる。望月が同士討ちを誘い、ススムと斎了がケンカを始め、市川の攻撃も無視
望月は1対2の状況ながら市川の分も活躍。市川登場でブレーンバスター宣言も、逆にススムが投げる
串刺し狙いのススムだが、市川がレフェリーと誤爆させる。カンチョー連鎖から斎了に619、マヒストラル
八木レフェリーはカンチョーのダメージでフォールが大幅に遅れる。抗議すると高速カウント。さらに手を出してきた市川に八木レフェリーが制裁のラリアット&セントーン。
望月も攻撃に加わり、1対4の状況。

最後は斎了ロケットで3カウント。



○斎藤“ジミー”了
(12分2秒 斎了ロケット)
דハリウッド”ストーカー市川




~~~~~~~~~~~~~~~
【第2試合】
◎KING OF GATE 2016 Cブロック公式戦◎
Kotoka
vs
ドラゴン・キッド
▼ゴングと同時にKotokaがかぶっていた髪の毛を投げつけて奇襲
しかしキッドもコルバタからトペフェイント。頭をはたいたあとにはニードロップ。コーナーでドロップキックを見舞い、低空ドロップキックも決める
串刺し攻撃はかわされ、エプロンに出たと同時にサイバーが攻撃。Kotokaは場外で客席にホイップする。レフェリーの死角で急所攻撃
セカンドロープからはダイビングフットスタンプ

5分経過
Kotokaは逆片エビ固め。エスケープしたキッドはドロップキック、619、場外ムーンサルト。エプロンからはスタナーを決め、クリスト
逃れたKotokaはミサイルキックからダイビングフットスタンプ。カルデラ狙いを阻止したキッドは雪崩式フランケン



10分経過
ウルトラは回避され、Kotokaがキッドをレフェリーにぶつける。その間にサイバー乱入でパイナップルボンバー、ボディープレス。だが、カウント2で返したキッドがバイブルで逆転勝利。



○ドラゴンキッド≪1勝2点≫
(10分49秒 バイブル)
×Kotoka≪1敗0点≫




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第3試合】
◎KING OF GATE 2016 Dブロック公式戦◎
≪1勝2敗2点≫
Gamma
vs
エル・リンダマン
▼ロックアップからロープに押し込んだリンダが張り手連打。ダウンを奪うと腕を決めていく。ストンピングで脱出も、リンダはタックル、ドロップキック
Gammaはツバ攻撃でリンダの動きを止め、汚水攻撃。エプロンからトップロープを超えてのドロップキックも見舞う
リンダはエルボー連打も、Gammaはニールキックからフラッシュバック。Gammaの串刺し攻撃をキャッチしたリンダは水車落とし。ノーザンライトスープレックスはカウント2
セカンドロープからのダイビングボディープレスはGammaが剣山。ガンマスペシャルをさせなかったリンダは一気にロコモーションジャーマン


タイガーは耐えたGammaはツバ攻撃。だがリンダは飛びつき腕十字。Gammaはカウンターでアックスボンバー。

2発目もまともに決めるもカウント2・9。最後はガンマスペシャルで3カウント


○Gamma≪2勝2敗4点≫
(7分49秒 ガンマスペシャル)
×エル・リンダマン≪1敗0点≫




~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第4試合】
YAMATO
BxBハルク
Kzy
vs
吉野正人
戸澤陽
ビッグR清水



▼YAMATOは清水にドロップキックを浴びせ、ハルク&Kzyは連係で襲いかかる。清水はYAMATOへの逆水平連打からブレーンバスター
吉野、戸澤も入って腕攻めを見せると、さらに清水が力技で後方にぶん投げ。戸澤はダイビングセントーン
YAMATOが逆転に転じ、ハルク&Kzyも攻め込むが、吉野はスリングブレイド
対するKzyはエルボースマッシュで応戦。ハルクは清水にキックコンボ。しかし清水は強烈なタックルで吹っ飛ばす
だがカカト落としからダイビングニールキック。戸澤に対してはYAMATOのGo2hospitalII串刺しドロップキック&ハルクのスピンキック。さらにYAMATO&Kzyの連係からハルクが変型水車落とし
KzyはKZ time自爆。戸澤は雪崩式ブレーンバスター。吉野はトルベジーノ、戸澤はジャーマン
清水は砲丸投げスラムを狙うが、Kzyは切り抜ける。ベイダーアタックを放つ清水に対してKzyはスカイデ・スクールボーイ
だが、清水はキックアウトすると今度こそ砲丸投げスラムを決めて3カウント。


○ビッグR清水
(12分10秒 砲丸投げスラム)
×Kzy







~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第5試合】
◎KING OF GATE 2016 Aブロック公式戦◎
ドン・フジイ
vs
ジミー・神田
▼腕の取り合いからタックル合戦。神田はスワンダイブエルボーからトペスイシーダ。チョップ合戦からフジイはノド元にもチョップ
フジイはセコンドの斎了も挑発しながら、神田にサイドバスター、スリーパー

5分経過
神田がジョン・ウー狙い。フジイは串刺しラリアット、アゴ砕き、ボディーアタック。ラリアットを耐えた神田だったが、フジイはDDT。
後頭部ラリアットからのジャーマンはカウント2。ラリアットもかわした神田はランニングエルボーからブレーンバスターで投げ、琉Sからダイビングエルボー


もう一発放つも、よけたフジイがラリアットからノド輪落とし。再びロープへ走るも、神田はジョン・ウー狙いと見せかけての丸め込み
カウント2で返したフジイはさらにたたみかけるも、神田が丸め込みで逆転勝利


○ジミー神田
(8分50秒 首固め)
×ドンフジイ




~~~~~~~~~~~~~~~~~

【セミファイナル】
◎KING OF GATE 2016 Bブロック公式戦◎
≪1分1点≫
Eita
vs
CIMA
≪1勝2点≫
▼Eitaが奇襲を仕掛け、トペコンも繰り出す。リングではドロップキックも放ち、ジャベ
一方のCIMAもジャベで対抗。

スピーディーな動きとなると、Eitaがその場飛びムーンサルト
イダルゴ狙いを回避したCIMAはドロップキック。ウラカンを切り返すと再びジャベ。パーフェクトドライバーを回避したEitaは再びジャベで絡みつき、ギブアップを狙う
さらにはシャバイン狙いを回避してNumero Uno

10分経過
CIMAはトラースキックから延髄、シュバイン。メテオラ狙いもEitaは足を掴んで離さず
強引に振りほどいてコーナーに上がると、Eitaが追いつき、雪崩式の新技で3カウント





○Eita
(11分39秒 サラマンダー)
×CIMA





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【メインイベント】
T━Hawk
関本大介(大日本プロレス)
岡林裕二(大日本プロレス)
vs
鷹木信悟
土井成樹
サイバー・コング
▼土井対T-Hawkの先発からサイバーと岡林はタックル合戦も両者倒れず。




鷹木vs関本は力比べでスタート。

関本の串刺しラリアットに鷹木もパンピングボンバーで対抗。逆水平チョップ合戦も繰り広げる
場外では鷹木と岡林が乱闘。場外戦を経てVERSERKがT-Hawk狙い。カットに入った岡林は鷹木&土井にまとめてラリアット。サイバーには逆水平を見舞う


関本&岡林はダブルタックル。T-Hawkも鷹木に逆水平

10分経過
T-Hawk組が3人交互にボディースラム。関本は逆エビも決め、場内から鷹木コールも起こる


関本&岡林の2人にパンピング。倒れなかったが、まとめて蹴散らし、T-Hawkにブレーンバスター
土井はロープに振られながらも関本にドロップキック。串刺し攻撃もかわしてスイングネックブリーカー
チョップ連打も、関本はサイドバスター、アトミックボム。

追随エルボーを決めた土井だが、関本はすぐに逆転してサソリ固め。

15分経過
サイバーはT-Hawkに串刺しパイナップルボンバーからジャックハマー。T-Hawkは逆水平からアルゼンチン・バックブリーカー
関本&岡林もアルゼンチンを決める

が、Kotokaがカット。しかし直ぐに岡林に場外へと投げ飛ばされる
岡林は鷹木にパワースラム。パワーボム狙いは鷹木がリバース。打撃合戦から岡林が投げっぱなしジャーマン
すぐに起きた鷹木はパンピング。サイバーがリングインし、サンドイッチラリアットも誤爆
逆に土井に対して関本&岡林がサンドイッチラリアット。岡林はさらにボディープレス
T-Hawkに対してはバックドロップ。鷹木のセントーンからサイバーがボディープレス。鷹木組はダイビングエルボー3連発
関本はサイバーに眉山。鷹木は関本とラリアット相打ちからさらに打ち合い、関本がダウンを奪う
T-Hawk組の串刺し3連発が鷹木にヒット。T-HawkのBTボムから関本のダイビングボディープレスから岡林がゴーレムスプラッシュ
サイバーは関本にパイナップルボンバー。岡林はサイバーにスピアー。T-Hawkは鷹木にナイトライドも、2発目はかわす
後頭部パンピングに対抗し、T-Hawkは逆水平。さらに鷹木は正面から放つもT-Hawkは倒れない
アギラも食らった鷹木だがMADE IN JAPANから最後はパンピングボンバーで3カウント


○鷹木信悟
(22分59秒 パンピングボンバー)
×T━Hawk



鷹木『関本、岡林、T-Hawk、お前ら3人、強烈すぎるぞ。最強に強い3人が集まったな
だけど最後は俺が勝った。関本、岡林、もちろん今日で終わりじゃねえだろ
今日からまた新たにスタートだ。俺とお前は同級生でもあるしな。リングの中に入れば岡林、関本、お前ら敵だからな。でもせっかく山梨に来たんだ。一言言ってくれ』



岡林『鷹木信悟、団体は違うけど、これから俺大日本プロレス、ドラゴンゲート、もっともっと俺たちで引っ張っていこう
そして山梨の皆さん本日はありがとうございました』
AD