DRAGON GATE(ドラゴンゲート)試合結果速報記+α

ブログの説明を入力します。


テーマ:
~18:40になりアントン&福田が登場~


福田が何故か布施明の歌を熱唱する流れで歌っていると、アントンがツッコミ

福田が自身のテーマ曲が欲しいと訴えるとアントンがその欲求に応えるという流れ
呼び込まれた細身のシャイボーイに曲を作ってもらった


福田らが気持ち良くなったところで竹下幸之介が登場。
竹下は『今日はハッピーモーテールデーなんです』と突っ込むと、自ら細身のシャイボーイのファンだと訴え“横浜”という曲をリクエスト
シャイボーイと福田が熱唱。竹下にも歌わせると、場内からコールを浴びた





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎ハッピーモーテールが登場、マイク担当のアントンの諸注意のあと、遠藤の試合も始まってないのに『皆さん楽しんでますか?』という天然挨拶から乾杯!





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第1試合]
◎ブラジャー目隠しスイカ割りデスマッチ◎
アントーニオ本多
VS
佐々木大輔
▼どちらかがスイカを割るか相手のブラジャーを取った時点で勝敗が決する
宮武(練習生)がスイカを持って入場。場内からは“スイカ”コール
大輔→アントンの順で入場
ゴングがなり互いに相手を触ろうとするが寸ででスレ違う。
何とか触れ合った両者は何故か握手。一旦離れて近づいていくとアントンが大輔をストンピング気味に触れる
アントンは上手いこと大輔を場外に出すと普段もやらないケブラータを狙ったが失敗
場外に出た両者、互いに客席で交差しかけたがすれ違ってしまう
そのうちアントンが宮武(練習生)のシャツを脱がすと宮武も何故かブラジャーをしていた

10分経過
リングに戻った両者、大輔がアントンの場所が分からないにも関わらずドロップキックを連発するが当然不発
しかしまぐれで当たってアントンはダウン。大輔がさらなる攻撃を放つと木曽に誤爆
チャンスとみたアントンはバイオニックエルボー!だが木曽に誤爆してしまう
ダウンしている木曽を捕まえた大輔が上着を脱がせたが、木曽もブラジャーをしていた。
一気にブラジャーを剥ぎ取りアピールした大輔だが無効。
そんな中、何とかスイカに触れたアントンがコーナーからダイブ!
スイカを割ることに成功した


○アントーニオ本多
(13分50秒 スイカ割り)
×佐々木大輔





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第2試合]
◎あのころのプロレス教室◎
竹下幸之介
TORU
VS
入江茂弘
三原一晃
▼先発は三原と竹下。三原がパワフルにタックルでなぎ倒す。替わった入江もTORUをタックルで倒す
さらにTORUのボディスラム狙いを逆にボディスラムで叩きつける
直後の三原とのダブルタックルはスイカの影響で入江だけスベる

5分経過
それでも入江組がTORUをいたぶり入江が背中へチョップするとTORUはのたうち回る
三原がTORUを抱えるがTORUは着地。竹下がカットへ入る
竹下は三原にフェイスクラッシャーを決めるとハーフハッチも決めて見せた
だが三原も黙っておらずボディスラムからボディプレス
三原の挑発からチョップの打ち合いは三原がカウンターのラリアットで制す

10分経過
入江は竹下をコーナーに設置して串刺しスピア!さらにはムーンサルトで追撃
入江は容赦せずに強烈なエルボーを打ち込んでいくが、竹下はカウンターでブルーサンダー
替わったTORUはハンドスプリングオーバーヘッドを決めダイビングフットスタンプ
これを三原がカット、三原がボディスラムで叩きつけ入江はフライングソーセージ
竹下がカットに入りTORUとダブルのトラースキック!竹下がジャーマン→TORUがすかさずボマイェ
だが三原が竹下をブレーンバスターで排除。TORUを孤立させるとダブルのボディプレス
TORUのラリアットを受けた入江だったが走りまくってアックスボンバーを決めてフィニッシュ


○入江茂弘
(15分12秒 ビーストボンバー)
×TORU



竹下『僕らは昔、プロレス教室で一緒でした。
今日、初めてみた選手もいるかもしれませんが
僕らがプロレスの未来背負いますので期待しててください』






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第3試合]
◎USA提供試合◎
ハラ・シナ
福田洋
VS
ツヨーソ・マイケノレズ
HHHHwithチョイナ
▼先発はアント…いや、ツヨーソと福田。ツヨーソがダウンを奪う
ディーノ…に似たHHHHは追撃のボディスラムからコーナー際に福田を追い込み串刺しプレス
HHHH&ツヨーソのダブル攻撃を受けた福田は場外でもチョイナの攻撃を受けてしまう

5分経過
さらに防戦一方の福田だったが、カウンターのボディアタックで切り抜ける
替わったHARASHIMA…じゃなくハラシナは独特のフィストドロップから攻勢に出る
しかしツヨーソ組の椅子誤爆をさそいツヨーソ組は揉めてしまう
チョイナの仲裁を受けるが元には戻れずHHHHはペティグリーを敢行
だが隙を縫った福田がパーフェクトプレックスで勝利を狙ったが、チョイナが下から足を引っ張り阻止
チョイナの竹刀は松井レフェリーが注意しかけたが、チョイナに唇を奪われ失神
HHHHは福田の股間にハンマーを落とすこと3回、手首にハンマーを落とすこと1回
ペティグリーで3カウントを狙う
そこへテーマがかかりハルクホーガンが登場
しかしポージングの終盤でHHHHが殴打→ペティグリー
ホーガンも起き上がりHHHHとチョイナを誤爆させると、アックスボンバーからレッグドロップ
シナのアチュテードアジャストメントから福田がパーフェクトプレックスで3カウントを奪った



○福田洋
(15分12秒 パーフェクトプレックス・ホールド)
×HHHH





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[メインイベント]
◎エンテツチャレンジ◎
遠藤哲哉
VS
ケニー・オメガ
▼遠藤が果敢にもローキックからレスリングに持ち込む
起き上がってヘッドロック。ケニーのタックルを切り返しヘッドシザース。さらにはコルバタからラリアットで吹っ飛ばし場外へ
だが場外ではケニーが遠藤をエプロンに打ち付けたりで逆転

5分経過
リングに戻りケニーは遠藤を抱え後方へ投げると見せかけ前に叩きつけた
さらにケニーはコーナー際で強烈な逆水平。対角線に振って串刺しエルボーも見舞い変形のキドクラッチ風
ケニーは張り手で挑発、遠藤がやり返すと敢えて受けてからフロントハイキック→ストンピング
遠藤が狙ったスペースローリングエルボーもケニーが受け止め叩きつけた。
続けてクロスフェイスからサソリ固めへ移行。

10分経過
中央でのブレーンバスター合戦からエルボーの打ち合い。
遠藤がこれを制してドロップキック!さらにドロップキックでダウンを奪った遠藤だが、ケニーがバックに回る
ドラゴン狙いこそ耐えられたがケニーは強引に叩きつける
続けてケニーは逆水平!対角線コーナーにハンマースルーは遠藤がかわしてケニーを場外に追いやる
そしてケブラータで追撃した。

15分経過
リングに戻り打撃戦の様相から遠藤がオーバーヘッドキック→ケニーのジャーマンを着地してトラースキック→その場飛びムーンサルト
正調ムーンサルトはケニーが膝剣山からドクターボム
さらにケニーは波動拳を見舞い遠藤を肩車。しかし遠藤が着地してドロップキック
遠藤はケニーをコーナーに座らせるがケニーが抵抗。すると遠藤はハイキックで打ち落とし再度ケニーをコーナーへ
だがケニーは雪崩式パワーボムを狙ったが遠藤がフランケンで切り返す。カウント2.9
続けてトーチャーラックボムを決めたがカウント2
ケニーは飛び膝!そして肩車したが遠藤が回転エビ固め
これを返したケニーは改めて飛び膝蹴り!そして片翼の天使で引導を渡した


○ケニー・オメガ
(19分52秒 片翼の天使)
×遠藤哲哉


ケニー『哲ちゃん、驚くことにお前はいきなりいい選手になっだ
1週間ぐらい実家帰ったかもしれない
今日はハッピーモーテルの日だからワタシが締めるのは相応しくない
一番頑張った遠藤に締めてもらいましょう』



遠藤『僕は飯伏さんに憧れてDDTに入りました
でも一番プロレスについて教えてくれたのはケニーさんでした
だからこのシングルを組みました
今日はありがとうございました』


ケニー『(教えたのは)当たり前だろ!
もしこのまま成長したら、KODチャンピオンなるかもしれない

(遠藤コールを煽ったあと選手をリングに上げる
アメリカ人にも声かける機転をみせた)』



アントン『正直、ケニーさんと遠藤の試合の後に紡ぐ言葉などありません
乾杯しましょう』



(チョイナを弄って遊ぶ。
そして遠藤を誉め『ハッピーモーテルはいかしてる軍団だな』
とご満悦
グダグタになる前に乾杯した)
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:

[第3試合]
ケニー・オメガ
中澤マイケル
VS
志田光
松永智充


▼マイケル『松ちゃん、まず今までありがとー
皆さん、去年や一昨年のビアガーデン覚えてますか?
大和ヒロシや、紫雷姉妹と戦って
ヌルヌル使わせたらカナダ1ですよ』



松永『その前に、ホワイ?なんでこのカード組んだんですか?』


ケニー『それはお前にKODトーナメント負けた。これはリベンジですよ』


松永『なんで志田さんがいるの?』


ケニー『それは志田さんプロデュースにワタシを呼んでくれた(だからお礼に)』


マイケル『違いますよ、ネットとかで持ちきりの話題ですよ』


(イメージDVDを宣伝しつつ、タイトルは“ヌル尻”と全くの虚構を発言)



★松永とケニーで始まり、いつものキャッチレスリングがヌルヌルで上手くいかず
マイケルは志田を相手に『お前ケツが自慢らしいな』と挑発してヒップアタックをかますが、志田はコルバタで逆転。すると本家のヒップアタックで攻め立てる
そこへケニーがコーナーからオイルを噴射する。ケニーは志田に串刺しバックエルボー

5分経過
志田はマイケル&ケニーに両端から腕をヌルヌルに塗った股に擦り付ける
ケニーは志田にバックブリーカーからチョーク気味の変形キャメルクラッチ
替わったマイケルは念仏パワーボムと見せかけ念仏ボディスラムを狙う。だが志田は耐えて逆にボディスラム
掃除用モップの柄の部分を利用してタッチを促した松永。そのままモップでケニーをボディスラムwithモップ
マイケルにもエルボーwithオイル。エルボー連打からラリアット

10分経過
しかしマイケルもラリアットを打ち合い相討ち。両者オイルを噴射は同時で相討ち
カットのケニーがコーナー上で仕掛けたが、志田が竹刀を投げつけると松永が雪崩式ブレーンバスター。続いて志田のスリーカウント→松永のバックドロップ!カウント2
ケニーは返すと志田に串刺し逆水平!対角線コーナーに振ったが志田がカウンターのジャンピングニー
返したケニーは飛び膝蹴りから高速ドラゴンスープレックス!
ケニーはさらに波動拳→クロイツラスを狙う。
松永が渡した竹刀で殴打した志田が丸め込むがカウント2
マイケルが入りベノムワームを狙ったが、志田は竹刀殴打!
マイケルが再度狙っても剣道で言う小手。
何も無くなったマイケルに面を狙うがマイケルが命乞いのダジャレ。
場内からの“殺せ”コールに煽られ竹刀で殴打した志田。さらには松永が警棒的なモノで肛門を突き刺す
志田も突き刺しダブルのブレーンバスターからスリーカウントを狙ったが場内は暗転
ダースベイダー風のケニーに似た謎の男が入ってきて志田と剣道。
ダースベイダー風の男は志田の竹刀を小手で排除。
松永も入り剣道、打ち合いになり松永の竹刀を排除
松永を命乞いでダースベイダーが勝利を確信したところで志田が冷静に竹刀殴打。
孤立したマイケルに二人で攻撃して松永がバックドロップ!返したマイケルはクロスボディ式エルボー。さらにトラースキック
マイケルはベノムワームをライトセーバーに見立て、邪魔する松永を排除して志田に向かう
戦闘不能になった志田をよそに松永を追い込んだケニー&マイケルはケニーのライトセーバーからマイケルがベノムワームつきスリーパーでギブアップ勝ち


○中澤マイケル
(23分48秒 アルティメットベノムワームスリーパー)
×松永智充



マイケル『勝ったぞ。アルティメットベノムワームスリーパーで勝ったからメイン出てもいいんじゃない?』


ケニー『ふざけるな!お前は出れない』



松永が仲裁に入り仲直り。三人でアナと雪の女王のテーマを歌い出す

志田、置いてきぼりかと思いきや独唱。歌いきりケニーを竹刀で殴ってから中締め






~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎エキシビションマッチ~エニウェアルール◎
DJニラ
vs
木曽大介
▼木曽がサンボ仕込みの足関節でニラを攻め立てる。
ニラも木曽が仕掛けた三角絞めをそのまま持ち上げ餅つきパワーボム
ダウンカウントは8から急に早くなる。
木曽がロープに走ったり、ビクトル投げからフォールすると誰かが足を引っ張り阻止

ニラ『こんな戦い止めよう。誰かが傷つくなんて見たくない
人間だもの。』


とフォールされて3カウントを奪ったが松井は素知らぬ顔
木曽がイチャモンをつけたが、亜門や勝俣らが冷ややかな拍手をして木曽を精神的に追い込む

だが木曽はビアガーデンを影で支えているスタッフやエビスコの店員らの為に戦っていると訴え続行
再開された試合は両者がエプロン下へ潜り込む。
観客が状況を飲み込めないまま松井が試合を止めた。
突如出てきたヤスウラノが両者のコスチュームを持っていた……


○ヤスウラノ
(7分33秒 両者のコスチュームを脱がした為?)
×DJニラ
×木曽大介






~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[メインイベント]
ケニー・オメガ
佐々木大輔
伊橋剛太
VS
関本大介
関根龍一
アントーニオ本多
▼エキシビションから打ってかわった試合。関本が佐々木をパワーで圧倒したが佐々木もエルボー連打からのドロップキックで対抗
続いてケニーが関根を逆水平からアトミックドロップ
最後のアントンと伊橋。伊橋が押し倒すとアントンは悩み出す
伊橋は構わずアームドラッグから場外にアントンを出してポージング

5分経過
ケニーがアントンに串刺しバックエルボー。続く佐々木の攻撃を命乞いしたアントンは虚をついて倒すと、ハルクホーガンばりのポージング
替わった関本がエルボードロップ。関根はストンピング、フライングメイヤーからのサッカーボールキック
アントンは佐々木をスナップメイヤーで転がし、続く関本が強烈なボディスラム。関本はさらに逆片エビ固めで絞めあげる

10分経過
関根も自軍でローキック、アントンはナックル連打からバイオニックエルボー狙い
佐々木はこれをエルボーで切り抜けると、ケニーが一気に攻勢へ
ケニーはアントンのバイオニックエルボー狙いをロックボトムで切り返すが、アントンもカウンターのテーズプレス
替わった関本はケニーに串刺しラリアット連発からブレーンバスター。一気にジャーマンを狙うがケニーが耐える
関本の強烈な逆水平にケニーも対抗したが威力で関本が圧倒
それでもケニーがカウンターのフランケンで関本を場外に出すとノータッチトペコンで追撃
リングに戻り関本のジャーマンにケニーもジャーマン

15分経過
ケニーのドラゴン狙いをクラッチを切った関本が振り向きざまにラリアット!
関根と佐々木の打撃の打ち合いは佐々木がドラゴンスクリューで制す。
するとストームライダーズが一気呵成に攻め立て佐々木がクロスフェイスで絞めあげる
伊橋のアシストのつもりのボディプレスは佐々木だけに当たり誤爆
関根がローを打ち込むが伊橋も対抗。関根はこれをハイキックで制す
連合軍が連続串刺しラリアットから関本がボディスラム→ダイビングボディプレス
返した伊橋に関本がアルゼンチンで抱えあげる
ストームライダーズのカットに助けられた伊橋は、関本のラリアットをかいくぐり逆にラリアット
しかし直後に関本のラリアットを喰らってしまい続くジャーマンで轟沈した


○関本大介
(19分51秒 ジャーマンスープレックス・ホールド)
×伊橋剛太




『伊橋くん、お前はまたまだまだ関本さんのレベルじゃないですが
今日ホントに頑張りました
伊橋さんだけじゃなく六人みんな頑張りましたよね?

私と関本さんのシングル、今日ちょっと見せられて嬉しかった
またゴールデンストームライダーズでやりたいね
リング上の三人じゃなく(飯伏も揃って)四人でやりたいね』



佐々木の『喉がかわいた』をきっかけに飯伏にコーラが捧げられる。
何故かケニーの指名で関本が乾杯の音頭を



関本『すいません、大日本プロレスの関本大介です。
若輩者ですが、ご指名がありましたので僭越ながら締めさせていただきます
皆さん今日はご来場ありがとうございます
大日本プロレスに、DDTに
かんぱ~い』
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:
~18:43ケニーオメガ登場~


ケニー『ハローこんばんわぁ
まぁ、早いっすけど×2
いつも通りケニーオメガプロデュースやりますけど
サプライズでやりたいんですけど
両国メインあるんで忙しいんで何も考えてない
でも、ある選手が出たいと言った。
カードは全部決まってるから
エキシビションマッチ、シングルマッチね』







[ダークマッチ]
スーパー・ササダンゴ・ストロング・マシンJr.
vs
勝俣瞬馬
▼ロックアップから勝俣はロープへハンマースルーを試みる。堪えたササダンゴは振られてもタックルで倒す
さらにベアハッグからベリートゥベリーで投げ串刺しボディアタックや串刺しニーを決める
続けとバックブリーかーで痛めつけ場外戦へ
ササダンゴは勝俣の頭をエプロンに打ち付けたり逆水平で畳み掛ける
リングに戻っても強烈なボディスラム連発から3発目を狙ったが、これを勝俣がスクールボーイ
返された勝俣はクロスボディアタック→スイングDDT!

5分経過
勝俣の突進はササダンゴがショルダースルー。勝俣はエプロンに投げられたがスワンダイブ式の変形フェイスクラッシャーを決めたが、返したササダンゴは勝俣を捕獲して強引にパイルドライバーで3カウント奪取


○スーパー・ササダンゴ・ストロングマシンJr.
(5分29秒 ツームストンパイルドライバー)
×勝俣瞬馬





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎プロデューサーのケニー、大輔、伊橋が登場◎



ケニー『カモン、皆さん。今日はこの三人のプロデュースなんですよね
みんなが試合してメインで三人組みます
第1試合、伊橋さんがやります。
第2試合は佐々木さん、どういう試合ですかね?』



佐々木『先に言うとラダーがありまして、天井から吊るされたお酒を取るという試合です』


ケニー『そして、3試合目はワタシのプロデュース
詳しく言えないですけどヌルヌルしてますね


そして最後、メインですね
各選手が呼びたい選手呼びましたね
関根さん、アントーニオ本多、ワタシは関本さんですね』



◎伊橋の乾杯で幕開け◎





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


[第1試合]
◎ドラマティックグローブ! ボクシングマッチ◎
伊橋剛太
VS
FUMA
平田一喜
遠藤哲哉

≪1R≫
▼伊橋一人で三人を相手にする。先発のFUMAがパンチラッシュからローキックで伊橋を場外へ
場外でも殴られリングに戻るとワンツーでダウンを喫した。
8で立ち上がりファイティングポーズを取ったところで時間




≪2R≫
次のラウンドは伊橋がラッシュをかけるがFUMAがローキックを皮切りに攻勢。気合いを入れてストレート→ローキック→ハイキックでダウン。伊橋はKO負け



○FUMA
(0分57秒 ハイキック→KO)
×伊橋剛太




◎vs遠藤哲哉◎


≪1R≫
立会人の飯伏の意向によりルチャリブレルールに
遠藤がいきなりドロップキック。さらにはスペースローリングエルボーでダウンを奪う
伊橋もカウンターのラリアットを決めると、パンチ連打からジャーマン。カウントは2
ならばとコーナーに上がった伊橋がムーンサルトを狙う
これを追い付いた遠藤がアルゼンチン。だがトーチャーラックは不発に
パンチ打ち合いから遠藤が右フックで制すと、コーナーからムーンサルト!カウント2
返した伊橋がファルコンアロー。さらにラマヒストラルを狙ったが、途中で潰され丸め込まれ3カウント


○遠藤哲哉
(4分44秒 ラマヒストラルを押し潰す)
×伊橋剛太




◎vs平田一喜◎

≪1R≫
プロデューサーの意向によりダンスボクシングルールに

平田『まぁダンスブームなんだからな。
お前“イェイカモン”とか言ってるけど、ダンスと言えば平田一喜なんだよ』



と踊り出したが伊橋がパンチ!


伊橋『今、ダンスと言えば伊橋剛太っすよ。』


やっぱり平田が殴り、TOKYO GOが鳴り響く


この攻防が続き結局は伊橋がラマヒストラルで勝利した


○伊橋剛太
(2分45秒 ラマヒストラル)
×平田一喜



伊橋が締めようとすると坂口征夫入場



◎vs坂口征夫◎
坂口が攻め立て背後から殴るとタオルが投入される
しかし飯伏がタオルを投げ返す
伊橋が意地で殴りにかかったが、坂口は容赦せず。
殴りまくるが飯伏が満足せずに10カウントやTKOも無視
飯伏が満足してようやく終了


○坂口征夫
(3分20秒 飯伏が満足した為)
×伊橋剛太





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第2試合]
◎ラダーマッチ◎
佐々木大輔
VS
SAGAT
VS
ゴロージュニア
VS
福田洋
▼四者見合ってから福田vs大輔、SAGAT対ゴローで戦う。場外のSAGAT対ゴローに対して大輔は福田をドロップキック!福田も場外へ
リングに上がったゴローに、大輔がラダーで殴打!だがゴローもラダーへの殴打で対抗
ゴローが入ってきたSAGATとラダーの端と端を引っ張りあっていると、福田がラダーをジャンプで飛び越える。ちょっとかすってラダーが崩れる
SAGATが福田の足をラダーの隙間に入れてテキサスクローバーで痛めつける
優位なSAGATに佐々木が入りフライングフォアアーム。佐々木は一気にSAGATを場外に追いやった
そして佐々木はラダーを組み立て天井に吊るされたビールを狙う
そこへ福田が入り邪魔をしたが、大輔はクロスフェイスで捕獲
そこへゴローがラダーを手に二人目掛けてニードロップwithラダー
SAGATはラダーの隙間に頭を入れて振り回すと、三人を吹っ飛ばす
福田をラダーの上に設置してダイブしたが福田がかわす。そして福田はパーフェクトプレックスon theラダー
その福田に大輔がノーザンライトスープレックスon theラダー
さらにはゴローが入り大輔をオリンピック予選スラム!
ラダーを両方向からゴローとSAGATが上がったが、SAGATがゴローのマスクを剥いで戦闘不能に追い込む
大輔と福田がラダーを上がりビールに手をかける。大輔が福田を振り落とす
大輔は福田を寝かせ頭部と足部にラダーの土台部分を立てかけたが、福田が揺らして大輔が落ちる
福田がビールを奪った


○福田洋
(12分48秒 ビール奪取)
×佐々木大輔


福田『取ったでぇ
歯、かけたっし。
我々プロレスラーが毎日命をかけて訳もわからず戦っているか
それは、こうやっと杯をかわすためだぁ!
(で乾杯)』
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

[PR]気になるキーワード