DRAGON GATE(ドラゴンゲート)試合結果速報記+α

ブログの説明を入力します。


テーマ:
【第5試合】
◎スペシャルシングルマッチ◎
ミスティコ
VS
ポルボラ
▼ポルボラがミスティコの入場を襲ってゴング。場外を経てリングでミスティコをコーナー宙吊りにして顔面へのドロップキック
さらにコーナー際でチョップ、ロープワークからスナップメイヤーでミスティコを転がし低空正面跳びドロップキックも見舞った
コーナーに座らせパンチを降り下ろしたポルボラだが、ミスティコはポルボラを振り落とす
そしてスワンダイブ式のティヘラで場外に追いやりトペコンで追撃したミスティコ
先にリングに戻ったポルボラに、ミスティコはダイビングボディアタック。さらにフランケンを決めようとしたがポルボラが堪える。
ミスティコのカサドーラもさせなかったポルボラが匍匐前進でロープへ

5分経過
ポルボラはリバースフルネルソンからバックブリーカーでミスティコを痛めつける。
会場へのアピールからミスティコとのチョップ合戦。さらに強烈なチョップからロープに振ったが、ミスティコはトラースキック。
ポルボラが狙ったケブラドーラコンヒーロをコルバタで切り返したミスティコ、場外に逃げたポルボラにリングから飛び付き式ティヘラで振り回した
場外で痛めつけたミスティコが先に戻ったが、ポルボラは背後からスクールボーイ
返したミスティコはチョップ連打から対角線コーナーに振ってサムソンクラッチ、ポルボラはさらに回転エビ

10分経過
ミスティコはラマヒストラル狙いを急所うちでガードされると、オクラホマロールで切り替えフォールしたがカウント2
ミスティコがチョップ連打からセカンドコーナーへ移動、そこからのダイブをポルボラがキャッチ、そのまま叩きつけた
ポルボラドライバーを狙いを着地したミスティコは一気にミスティカに持ち込みギブアップ


○ミスティコ
(11分46秒 ラ・ミスティカ)
×ポルボラ





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【セミファイナル】
◎スペシャル8人タッグマッチ◎
アトランティス
ボラドール・ジュニア
棚橋弘至
飯伏幸太
VS
ウルティモ・ゲレーロ
グラン・ゲレーロ
中邑真輔
オカダ・カズチカ
▼先発はオカダとボラドール。素早い動きにオカダも対応
続いてウルティモと飯伏。低い体勢での探りあいから飯伏が足を取って足首固め。ウルティモも飯伏のアキレス腱固めで応戦
飯伏はトーキックからウルティモのマスクに手をかける。場内ざわめく中マスクを取ってしまった(ウルティモは昨年マスカラ戦に破れた為、反則ではない)

5分経過
飯伏はそのままウルティモを場外に追いやり鉄柱越えプランチャ狙い。これをウルティモが読んで待機すると、飯伏も察知して連続ハンドスプリング
中邑が入り飯伏を捕まえると、4人で滾ってストンピング。さらに飯伏を蹴落とすと4人でゲレーロポーズ
続いて棚橋を捕まえコーナー際でいたぶる中邑組。対角線コーナーは棚橋がカウンターのフロントハイキック、今度はアトランティス→ボラドールが連続ケブラドーラコンヒーロで分断、飯伏がスワンダイブミサイルで沸かせた
オカダとボラドール。ボラドールがフランケンでオカダを翻弄、グラン相手にも翻弄したが反撃に遭ってしまった

10分経過
それでも棚橋がスリングブレイドで排除すると、アトランティスが登場
中邑が差し出した握手を疑ったアトランティス。中邑に蹴りを喰らったもののアトランティーダで反撃
飯伏が入り中邑&ウルティモにまとめてオーバーヘッドキック。棚橋はコーナーから場外にハイフライアタック!今度はオカダがトペコンを見舞うと、ウルティモがケブラータで続く
沸いている場内をよそにアトランティスはグランを捕獲、アトランティーダでギブアップを奪った


○アトランティス
(12分54秒 アトランティーダ)
×グラン・ゲレーロ





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【メインイベント】
◎スペシャルシングルマッチ◎
マスカラ・ドラダ
VS
ラ・ソンブラ

★試合前にマスカラドラダの新日本プロレスへの1年間の期限付き所属が発表され場内が沸く

▼グラウンドでのバックの取り合いからファイティングポーズの両者
互いに人工衛星ヘッドシザースで沸かせると、まずはドラダがコーナーから切りもみアタック
場外のソンブラにも回転アタックを見舞う。
リングに戻りソンブラがコルバタでドラダを場外に追いやってバミューダトライアングル式プランチャ

5分経過
リング上、ソンブラがパワースラム。サマーソルトキックを受け止めたドラダは変形ヨシタニック
エルボー連打からドラダが走ったが、ソンブラはキャッチしてスパインバスター
ドラダはロープ横歩きからのミサイルキック→場外に逃げたソンブラにロープを横歩きしてから切り揉みアタック
しかしソンブラもリングに戻るとぶら下がり腕十字、変形リバースインディアンデスロックで固め、足へのローキックも連打
ロープ際で逆水平連打からロープに振ったソンブラだが、ドラダが背後からドロップキック
ドラダは回転エビ固めでフォールしたがカウント2。

10分経過
ソンブラをセットしてムーンサルトで舞ったドラダだが、ソンブラが膝で迎撃
ソンブラが狙ったパワーボムはドラダが耐えて両者揉みあいながら場外へ
ソンブラがドラダを鉄柱に叩きつけ、鉄柱トップからのケブラータアタック
ドラダはスワンダイブ式回転エビを狙ったがドラダが堪える。
それでもロープの上に乗ったソンブラだが、ドラダもロープに乗ってウラカンラナ。カウント2
ソンブラはドロップキックでペースを握ろうとしたが、追撃狙いを延髄斬りで迎撃したドラダがエプロンのソンブラに走ってティヘラで場外へ
リングにソンブラを戻したドラダがスワンダイブ式ボディアタック。
中央でチョップ合戦は互いに譲らず。ソンブラがドラダが走ってきたのをパワースラムで叩きつけてコーナーへ
ドラダが追走してコーナートップでソンブラの背後に立ったが、ドラダのフランケンをソンブラがさらに回転させフォール
ソンブラはドラダの走り込みをキャッチしてシャドードライバーを狙ったがドラダ堪える
ソンブラはすかさず蒼魔刀を発射、さらにハリウッドスタープレス→シャドードライバーで3カウント


○ラ・ソンブラ
(18分24秒 シャドードライバー)
×マスカラ・ドラダ



(スペイン語でドラダを称えたソンブラは『アリガト、ハポン』と日本(スペイン語でハポン)への感謝して退場)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
~解説の永田裕志選手の“5、4、3…ゼァ”でスタート



【第1試合】
ストゥーカJr
獣神サンダー・ライガー
タイガーマスク
KUSHIDA
VS
OKUMURA
石井智宏
YOSHI-HASHI
外道
▼先発は外道とタイガー。タイガー&ライガーは互いのマスクのハーフ&ハーフ
リストを取ったタイガーが外道を振り回す、その勢いでタッチしようとした外道だがタイガーが引っ張り阻止
外道がタイガーをコルバタで振り回し場外へ。そしてトペで追撃
するとリングに下田美馬が登場するも、ライガーはOKUMURAのタックルを誤爆させてOKUMURA→下田にケブラドーラコンヒーロの連発
場外乱闘を経て石井がエルボーで相手を排除。OKUMURAはケブラドーラコンヒーロ、YOSHIHASHIとの連携を見せる

5分経過
YOSHIHASHIがタイガーをスナップメイヤーから外道がトラースキック
YOSHIHASHIはストゥーカらにエルボーで分断したが、ライガーが掌打連発で反撃
ストゥーカがOKUMURAにケブラドーラコンヒーロ、YOSHIHASHIをファイヤーマンズキャリーで投げ捨てると、コーナーに上がる。場外へのレベルサで沸かせていった
ライガー組が優勢の中、ライガーはヤンキー2丁拳銃ばりに幻惑トペ
リングのKUSHIDAが石井にムーンサルトを投下したがカウント2。ならばとバズソーは石井がかわしてラリアット。KUSHIDAも石井を場外に追いやり場外へのトペコンを見舞う
入り乱れたリング上、ストゥーカがOKUMURA&下田にまとめてトルベドプランチャを見舞い下田を排除、OKUMURAにも投下して3カウント


○ストゥーカJr.
(9分28秒 トルペドプランチャ)
×OKUMURA





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2試合】
トゥリトン
キャプテン・ニュージャパン
VS
内藤哲也
田口隆祐
▼CMLL女子王者の朱里が花束贈呈、ツタンカーメンマスクを被った田口に怯えながら贈呈
田口はオーバーマスクを脱ぐと小さいverのツタンカーメン

★先発のトゥリトンは内藤を翻弄して場外へ追いやり。内藤にトペを読まれたと察知してハンドスプリングフェイント
続いてキャプテンは不気味な田口に地獄突き。フォールを押さえると肩だけこっそりあげる田口
これの連続にキャプテンはマスク剥ぎ。しかし田口はさらに小さな目元だけのマスク。動揺するキャプテンにヒップアタック!
内藤とのサンドイッチ式正面跳びドロップキックも見舞いペースを握る
キャプテンを寝かせ田口がセントーン→内藤がその場飛びトルニージョ。キャプテンも返してすぐさまフライングタックルをまとめて見舞う

5分経過
替わったトゥリトンは田口を場外に追いやるとエプロンから捻りを加えたケブラータ
リングではキャプテンが内藤を捕まえチョークスラム。カウント2
キャプテンのもう一発狙いは田口がカット。そして田口のヒップアタックから内藤がプルマブランカでギブアップを奪った


○内藤哲哉
(6分51秒 プルマブランカ)
×キャプテン・ニュージャパン





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第3試合】
アンヘル・デ・オロ
スティグマ
VS
メフィスト
高橋裕二郎
▼先発はメフィストとオロ。アームドラッグからヘッドスプリングを魅せたオロ
互いにグラウンドでの主導権争いは譲らず裕二郎とスティグマにタッチ
裕二郎がタックルで倒すがスティグマがロープワークで翻弄、裕二郎も何とか付いていく
メフィストを呼び込み串刺しフロントハイキックを見舞った裕二郎、自軍でスティグマをいたぶり合体式フェイスバスターも見舞った。
裕二郎が場外でスティグマをいたぶる中、メフィストはオロにパントキック!ロープに振って追撃狙いはオロがエプロンに移動して逆上がりでリングに戻る

5分経過
裕二郎&スティグマがリングへ。スティグマがダイビングボディアタックを見舞ったものの、直後に裕二郎がフィッシャーマンバスター
東京ピンプスを狙ったが、スティグマがコルバタで逆転、裕二郎を場外に出してトペコンで追撃
メフィストとオロ、オロがロープワークからオーバーヘッドキックを見舞って場外へ追いやると、サスケスペシャルで追撃した
リングに戻りオロがサムソンクラッチを決めればスティグマも同様に披露
メフィストとマッチアップしたスティグマはコルバタで場外へ
裕二郎はオロにラリアットを放ったがオロはかわしてヘッドスプリングで切り返す

10分経過
スティグマとメフィスト。コーナーからのダイブを狙ったメフィストをスティグマが追走
しかしメフィストはスティグマを捕まえるとデビルズウイングスで叩きつけ3カウントを奪った


○メフィスト
(10分22秒 デビルズ・ウイングス)
×スティグマ





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第4試合】
◎スペシャルシングルマッチ◎
レイ・コメタ
VS
バルバロ・カベルナリオ
▼いきなりコメタがカベルナリオを場外に追いやってトペを発射
リングに戻りコーナーからスカイツイスター式アタックも見舞ったコメタ。
しかしカベルナリオもコーナーパットを外して鉄柱剥き出しにしたがコメタは振られるのを堪えた
中央でのチョップ合戦からロープに走ったコメタはカナディアンデストロイヤー。さらに飛び付き式その場飛び不知火改(フラムフライ)も見舞う
それでもカベルナリオはコメタを場外に追いやると、エプロンを走ってトペコンを見舞う
リングに戻り、カベルナリオがコーナーへのパワーボムを発射
さらにスプラッシュマウンテンを狙ったがコメタが回転エビで切り返す
しかしカベルナリオは再度コーナーへのパワーボムを見舞ってペースを握ろうとしたが、コメタが不知火改!そしてスカイツイスター×2の回転アタックで追撃
何とかリングに戻ったカベルナリオもデスバレーからギロチンドロップ。
走ってロープをつかんでのフットスタンプを狙ったがコメタがかわす
しかしカベルナリオはコメタを強引に場外に落とし、蹴りを見舞ってからコーナーへ。場外へのプランチャで追い討ち
互いにカウント18で戻ると、コメタがファイヤーバードを発射したが回転し過ぎて足を付いてしまい不完全
これを見逃さなかったカベルナリオがカベルナリアでギブアップを奪った


○バルバロ・カベルナリオ
(11分29秒 カベルナリア)
×レイ・コメタ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
~Dia.HEARTSのテーマが流れハルク&Kzyが登場~


ハルク『Dia.HEARTSのBxBハルクと』


Kzy『Kzyが戻ってきまして』


ハルク『何をするかと申しますと』


Kzy『メモリアルゲートin和歌山!
今年も開催決まりましたぁ』



◎テレビ和歌山のスタッフが登場、4月19日の開催告知。テレビ和歌山での地上波放送もあるらしい






~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【セミファイナル】
堀口元気H.A.Gee.Mee!!
斎藤“ジミー”了
vs
YAMATO
ドン・フジイ

▼斎了『フジイさん、今日も言わせてください
MAD BLANKEYに染まったフジイさんなんか誰も求めてないですよ
毎試合顔にペイントして、フジイさんの性格上、絶対めんどくさいって思ってるはずですよ
去年までの明るく楽しく、時には力強い、そんなフジイさんに戻って欲しいんですよ


(ここで塩噴射)

うわっ喋ってる途中だよ』


★と強引に斎了の話を中断させたフジイ、場外でもCIMAとともにいたぶった
替わった堀口はYAMATOとのマッチアップ、自分にはない髪を鷲掴みしてヘアホイップ
『俺のはホンモノだ』とYAMATOが訴えても、『髪の毛にニセモノもホンモノもねぇんだよ』と完全なる持論であり自論を披露した堀口
替わったフジイはタックルでダウンを奪えば、斎了とは相撲対決

5分経過
YAMATOに替わるとMAD BLANKEYが連携でペースを握る。斎了のダイビングフットスタンプ→マラハイサッパ連携
しかしゴムパッチンはすぐに奪われ堀口に発射されてしまう
フジイがストンピング連打、堀口を抑えてYAMATOのフットスタンプを呼び込んだ
YAMATOは続いてエクステを掴むと、ヘアホイップならぬエクステホイップ
フジイはロープへのギロチンホイップ→マンハッタンドロップ。YAMATOは『ハゲ、どうしたんだ?』と挑発しながら蹴っていった
これにキレた?堀口がYAMATOに攻撃、YAMATOのスライディングキックを富永に誤爆させるとスイングDDTで突き刺した

10分経過
斎了が入りフジイをカニ挟み、サイクリングヤッホー狙いは堪えられたがブレーンバスター狙いをフィッシャーマンで迎撃。しかしフジイもすぐさまラリアット
YAMATOと堀口。堀口がスイングDDTを決めたもののYAMATOも串刺しドロップキック!
フジイのアシストから垂直落下式ブレーンバスターも決めたYAMATOはギャラリア狙い
これを堪えた堀口に斎了がカットへ。堀口が垂直落下式ブレーンバスターを決めれば斎了がダイビングボディプレス
しかしフジイがカットに入りまとめてラリアット。さらにはまとめてDDT!
ロープに走ったフジイだが、斎了が捕獲すると投げ捨てジャーマン
2で返したフジイに斎了が走ったが、問題龍がボックス。そしてフジイが外道クラッチで3カウント


○ドン・フジイ
(13分59秒 外道クラッチ)
×斎藤“ジミー”了



試合後、握手を求めてきた斎了に悩むフジイ。
CIMAの制止を振り切ったどころかCIMAを押し退け自ら握手を差し出す。
応えた斎了に手を挙げ称えたフジイ。
しかし、油断した斎了にチョークスラムを決めたフジイだった







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【メインイベント】
◎新春お年玉オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合◎
《王者組》
望月成晃
ドラゴン・キッド
ビッグR清水
vs
鷹木信悟
戸澤陽
しゃちほこBOY
《挑戦者組》
▼先発は鯱とモッチー。『(がらがら声で)声出していこう』という鯱の伝統芸能的なネタもモッチーが良い声で同じ台詞
アピールではやられた鯱だがモッチーに飛びかかり人工衛星ヘッドシザース。だがモッチーはスナップメイヤーでエプロンに鯱を追いやり、蹴りだと察知する鯱に頭をバシン!
替わった戸澤はキッドを向こうに回して開脚ジャンプ式にリングイン!リング中央でもキッドに対抗するような身軽な動きで挑発した戸澤はコサックダンスも披露
清水と鷹木は一転して激しい肉弾戦、タックル合戦も互角に終わると清水はベアハッグからベリートゥベリー

5分経過
替わったキッドが鯱に二段式膝蹴りを狙うと、二発目を戸澤がソバットでカット
戸澤はモッチーと対峙、コーナー際で串刺し連続逆水平を見舞うが、体勢を変えたモッチーが強烈なキック
中央でキッドが先ほど阻止された二段式膝蹴りを見舞いダメージを与えると、替わった清水が戸澤を抱き抱えブロックバスター。
続いてモッチーが自軍で二段式ニークラッシャーから膝裏へローキック。続けてアキレス腱固めで苦しめる

10分経過
エスケープされても膝裏へローキックを連発したモッチー。戸澤がニークラッシャーで寸断しようとしてもモッチーが飛び膝で迎撃
それでもバイシクルで切り抜けた戸澤、鷹木がパワフルにDia.HEARTSを排除すると戸澤がトペ連弾!鯱はペチョコンペチョ
リングに清水を戻した鯱がミサイルキックを見舞ったが、清水はすぐにタックル
清水はランニング式タックルも決め、エアプレーンスピンからバックフリップ
鷹木はモッチーにラリアットを放つが、モッチーはフロントハイキック→ミドルキック。キッドがクリストで続いた
そこへ戸澤がカット、合体ツームストンから鯱がムーンサルト

15分経過
戸澤はキッドに串刺しを狙うが、かわされたところにモッチーがフロントハイキック
モッチーがバックに回るが戸澤は着地、それでもモッチーはフロントハイキック
鷹木がラリアットでカットに入るとモッチーもコーナー際まで連行
しかし戸澤がカットで雪崩式ブレーンバスター。MONSTER EXPRESSは連続串刺し弾
望月も抵抗するが、鷹木が捕獲してブラッドフォール→戸澤がデッドリフトジャーマン
望月も起き上がって鷹木にイリュージョン!これをガードした鷹木がMADE IN JAPANを決めた
続いて鯱がコーナーはキッドにカットされスーパーフランケン
清水が強烈なタックルからジャイアントスイング→抱え込み式逆エビ→ライガーボム
2で返すがキッドがウルトラウラカンラナ狙い。読んだ鯱がかわすと、戸澤がバイシクル
清水がタックルで倒すがすかさず鷹木がラリアット!
そして鯱がムーンサルトを放ったが、清水はかわす。続けて砲丸投げスラムに持ち込み3カウント



○ビッグR清水
(21分23秒 砲丸投げスラム)
×しゃちほこBOY



(MAD BLANKEYが乱入)


サイバー『しょっぱい試合してんちゃうぞ。
俺たちが抽選で当たれば、俺たちMAD BLANKEYがトッワイアングゥゲートチャンピオンになってた

あのガキンチョ(クジを引いた子)が全て悪いんじゃ』


望月『あの子は悪くない
お前らトライアングルの前に抽選で負けてんじゃねえか』


サイバー『うるさいんじゃ!
話進めてええか!?』


望月『お前が話止めてたんだろよ』


サイバー『次の挑戦者は俺たちや!』


望月『まぁCIMAたちと別れてからガッチリやるのは初めてだからな
こうなった以上はしょうがねえ
受けてやる』



サイバー『よ~し、じゃぁ八木ちゃん出てこいや!
八木ちゃん、トライアングルゲートやってもええか?』



望月『俺たちが受けるて言ったのに結局八木ちゃんに聞くのか』



サイバー『本部長やぞ、偉いんやぞ』



(正式に八木が決定
望月が改めて締めをハルクに託す)


ハルク『ちょっといいですかね?
今日の試合もそうだけど
1つモヤモヤが残ってるんだ
鷹木、鷹木信悟いるか?


(鷹木リングイン)

お前と12月28日の福岡国際センターでお前とドリームゲートやってファーストフラッシュで勝った
でも、あの試合で肩をケガして欠場した
勝ったとは言えモヤモヤしてんだ』



鷹木『モヤモヤだかムラムラ知らねえが何が言いたい』


ハルク『モヤモヤだよ、お前が勝手にムラムラしてんじゃねえか
だいたいお前は新年の挨拶もまだた』



鷹木『俺がお前に新年の挨拶すればいいのか?』



ハルク『そうじゃねえ
俺は去年、同期の戸澤くんとわかりあって一夜限りのタッグを組んだ。
お前ともドリームゲートをやったままでモヤモヤしてる
お前とも同期だ!1回だけタッグを組まないか!』



鷹木『なんでテメエとタッグを組まなきゃいけないんだ?
モヤモヤしてタッグ?』



戸澤『待てぇ~!!
信悟、何を女々しいこと言うとんねん』


(戸澤が上手く入り『ハルクが頭を下げてるんや。ワンナイトラブや』
と鷹木とハルクを握手させた)




(Dia.HEARTSが改めて締めにかかる)


清水『俺はDRAGON GATEいちの力持ちになってやる
そしてDia.HEARTSは2015年DRAGON GATEいちのユニットになってやる』


(清水の締めはダメだったらしくエンディング流れず
Kzyに託す)


Kzy『よっしゃ大阪、今日は楽しかったですか?
トライアングル、防衛!
ドリームゲート、ブレイブゲート!
全員チャンピオンのDia.HEARTS!
これからも輝き続けるんで俺たちから目を離すんじゃねえぞ
今日はありがとう』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード