DRAGON GATE(ドラゴンゲート)試合結果速報記+α

ブログの説明を入力します。


テーマ:

【セミファイナル】
T—Hawk
Eita
フラミータ
vs
YAMATO
サイバー・コング
K—ness.
▼縁取りが黄色になったK-ness.がYAMAコンとタッグ。そのMAD BLANKEYが奇襲してゴング、オーバーコスチュームを脱がないまま攻撃を加えた
MAD BLANKEYのK-ness.もレフェリーの死角を突いて延髄斬りを見舞った
ミレニアルズもフラミータの空中殺法を皮切りに反撃、T-Hawkは逆水平でサイバーをグラつかせ低空ドロップキック
ミレニアルズ3人での連携からT-HawkはYAMATOにスクワット式ブレーンバスター

5分経過
MAD BLANKEYも黙っておらずサイバーがフライングラリアット→フラミータをリフトアップしてEita目掛けて放った。
さらにEitaの額をロープに擦り付けたサイバー。
替わったK-ness.はレフェリーが視線を逸らしてる間に木槌を持ち込みキャメルクラッチwith木槌
YAMAコンも含めてストンピングを見舞っていった。YAMATOはEitaにじわりと痛めつけた

10分経過
EitaもYAMATOのドロップキックをK-ness.に誤爆させピンチを切り抜ける。
フラミータが華麗な攻撃を魅せT-Hawkがフラミータを場外へリフトアップホイップでMAD BLANKEYへ追撃
フラミータがK-ness.に対して目にも止まらぬ華麗な動きからカンパーナ、EitaはYAMATOをNumero Uno、T-Hawkはサイバーをアルゼンチンで固める共演
これを問題龍がカット、しかしEitaはダメージのあるYAMATOに低空ドロップキック→阿吽。
イダルゴの体勢に入ったが、YAMATOが着地して串刺しドロップキック
ギャラリアはEitaが堪えたがYAMATOは追撃、Eitaがロープに手を伸ばしYAMATOの追撃のタイミングをずらした

15分経過
そこへフラミータが入りセカンドコーナーからミサイルキック!T-HawkはBTボム
ミレニアルズのYAMATOに対する串刺しトレインはサイバーがベイダーアタックでカット。
ダイビングボディプレスも決めると、K-ness.がダークネスバスター狙い。耐えたT-Hawkに光の輪を敢行したがミレニアルズがカット
そこへサイバーが入りEitaにパイナップルボンバー。さらにジャックハマーも決めた
腕を振り回して渾身のパイナップルボンバーを見舞ったサイバーはサイバーボムを続けて3カウント


○サイバーコング
(18分22秒 サイバーボム)
×Eita






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【メインイベント】
◎土井ダーツ・スペシャル10人タッグマッチ◎
ドン・フジイ
Gamma
斎藤“ジミー”了
ジミー・神田
しゃちほこBOY
vs
CIMA
新井健一郎
パンチ富永
ヨースケ・サンタマリア
林悠河
▼入場順は鯱→斎了&神田→フジイ&Gamma
フジイはグラサンにアロハ、タライを持参。黒のパンタロンスタイル。Gammaはコスチュームこそ変わらないが黄色中心
赤コーナーは林→アラケン→マリア。だがマリアがエプロンでアピールしようとするとフジイが背中を蹴った
さらに富永&CIMAの入場。CIMAは五年振り?の黄色いコスチューム、もちろんサングラスも黄色


★先発は林と斎了。林が足を取ってアンクルも斎了はすぐに切り返す
続いて鯱とアラケン。コーナーでのアピールは余り声は出てなかった鯱だがアラケンの頭突きを連続でかわしてコルバタで場外へ!ペチョコンペチョも見舞った
CIMAとGammaが対峙、互いに見合うだけでも華のある両者はお互い相手のMAD BLANKEY以外の選手に突っ掛ける
場外へ雪崩れ込んだ攻防、Gammaはかつての恋人?マリアをいたぶる。各自至るところで展開、CIMAは神田のお笑いゲートを客席に放り投げた

リングに戻るとマリアがGammaにドロップキック!バレリーナの舞いを魅せた
フジイと林、果敢に挑んでいく林にフジイも応える。替わった神田や斎了も林に攻撃を加えた

10分経過
林もボディスラムで切り抜けると続く富永が斎了の手をひきロープに振ろうとした。入ったCIMAが同じ手をひこうとして揉める
そこへ斎了が反撃すると青コーナー側が反撃へ
CIMAを捕らえた斎了が自軍に連行して、Gammaのマーライオン汚水を呼び込んだがGammaの汚水は斎了に投下された
鯱はCIMAとチョップ合戦。CIMAがそこからミドルキック!そしてトーキック
自軍に鯱を引き連れたCIMA、富永がプルプル式踏みつけ。CIMAは鯱の上に富永をボディスラム

15分経過
林が鯱を攻めるのにまごまごしてると、CIMAが味方ながらに割って入り富永との合体攻撃
富永は鯱のエルボーをかわしてバックエルボー、しかし鯱もスピンキックで反撃
替わった斎了がCIMAを排除、神田はアラケンにスワンダイブエルボー、場外へ出してトペも発射
フォークでマリアを攻撃したフジイはGammaとの合体攻撃
カットの林は水車落としを決めたがフジイは返す。林はならばとジャックナイフ
返したフジイのチョークスラムは林が飛びつき腕十字!
これは斎了がカットに入りフジイとのダブルの攻撃。そしてサイクリングヤッホーのチャンスだがフジイは付き合わず

20分経過
Gammaが鯱を生かして攻撃を加えたが、鯱を抱えた2発目はCIMAがスーパードロル
富永のカットからエグいフットスタンプ連打→変形カベルナリア
入ったマリアが鯱にバーミヤンスタンプ。富永も追撃を狙ったが斎了のダイビングボディプレス→神田が下克上エルボー
これを林がカットに入るもGammaのガンマスペシャル→フジイがチョークスラム
これを返した林に神田がジョン・ウー!
しかし琉S狙いはCIMAがトラースキック→富永がPTキック→マリアがキス。そして林がジャーマンで仕留め3カウント



○林悠河
(23分48秒 ジャーマンスープレックス・ホールド)
×ジミー神田



(全員が手をあげノーサイドかと思いきやMAD BLANKEYが他の選手に奇襲。特にマリアに攻撃)



CIMA『おいミレニアルズ!(T-Hawkに一撃)
お前らには特にT-HawkとEita、お前らには数ヵ月散々やられたな
でもな、ダーツによって風向きは変わったんじゃ

(CIMAはEitaの上に椅子を設置して座る)

ダーツ一つで全て変わったんじゃ
お前らU—T復帰するらしいな
雁首揃えてこい、MAD BLANKEY対ミレニアルズの5対5やろうやないか』



T-Hawk『おいコラ死に損ないコラ』


CIMA『こいつ、若いのに加齢臭するな』


T-Hawk『お前らが望むならやってやろうやないか
それからYAMATOとサイバー、ツインゲート決まってるけど覚悟しとけ』


YAMATO『おいミレニアルズ、MAD BLANKEYがお前らをとことん追い込んでやるからな
それから死に損ないのゾンビ共に目を付けられたのは運のつきだな
この元ベテラン軍のゾンビ共は、この俺でさえ関わりたくないぐらいだ

ダーツで決まったとはいえ、MAD BLANKEYとしてやっていこうぜ』


(YAMATOが手を出したがCIMAとGammaは握手せず退場

K-ness.『大丈夫だ』

そこへ戸澤が突然乱入)



戸澤『おいフジイ!お前さっき鯱さんに攻撃したよな
味方を攻撃したらあかんのんちゃいまっか!』


フジイ『俺もストレス溜まっとんねん
大暴れしてやるからな』


(フジイとK-ness.も退場)


戸澤『(倒れるミレニアルズをみて)
俺が倒したみたいですね
(ポージング)

ちょっと調子に乗りましたね
今日は2014年最後の後楽園ホールですよ
選手みんな集まってくださいよ』

(MAD BLANKEY以外の全選手が登場
締めたがる戸澤にハルクも締めたいと訴える
結局はインタビュー形式で締める形に)


・清水『同情するならズボンくれは流行語大賞を取れると思います(勿論ドンズベリ)
トライアングル取って来年の後楽園はベルトを腰に巻いて帰ってきます』


神田、市川が喋り吉野は『色々ありましたが皆さんのお顔が見れたことが何よりかと思います』


林『林悠河と申します。今年の4月にデビューして1回も勝てなかったんですけど、地元の東京で勝つことが出来ました
5対5でしたが、2000人の力も加わったようで有り難かったです』



最後はハルクが『2015年もワクワクドキドキするようなジェットコースターバトルを見せていきたいと思いますので応援宜しくお願いします』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
~菊池アナはテラテラシャツに黒いチョッキ着用~


【第1試合】
戸澤陽
“ハリウッド”ストーカー市川
vs
ジミー・カゲトラ
Mr.キューキュー“谷嵜なおき”豊中ドルフィン


▼戸澤『後楽園の皆さんこんばんは~
いやいや中々ですね、市川さんと一緒にてのは珍しいですけど
今日、12月16日、年内最後の後楽園ですから
市川さんもスペシャルでMONSTER EXPRESSの特別メンバーとしてどうですか?』


市川『いいねぇ』


戸澤『MONSTER EXPRESS、一応みんなモンスターなんですけど
吉野正人、スピードモンスター。鷹木信悟、パワーモンスター。
鯱さん、声のモンスター。
僕はスタミナモンスターでやってるんですけど
市川さんは?』


市川『(聞き取れず)モンスター』



★試合は市川が向かっていったがカゲトラがアパッチパンチ!
これをフォールすると秒殺した


○ジミーカゲトラ
(0分7秒 アパッチパンチ)
דハリウッド”ストーカー市川




★『今のなし、見なかったことにして』
という市川の泣き寝入りで再戦、先ほどのようにカゲトラのアパッチパンチが繰り出されたかかわした市川。続く延髄斬りは喰らったもののカウント2で返す
戸澤は谷嵜に対していきなり椅子盛りセントーンを見舞っていった。
ジミーズは市川を捕獲すると、連携を披露。耳も外して谷嵜の地獄の断頭台も火を放った
だがカゲトラのフィニッシュ宣言をコルバタで切り返した市川は、谷嵜にもカンチョー

5分経過
戸澤がバイシクルでジミーズ二人を場外に出すと、戸澤&市川がダブルのトペ!市川単独のプランチャはかわされ自爆
リングに戻り戸澤がブレーンバスターを決めたがカゲトラもすぐに反撃
谷嵜に対して市川はカニ挟みから735を狙う。これをガードした谷嵜がインプラント狙い
耐えた市川にカサノヴァを発射、谷嵜が市川を倒してカゲトラがダイビングエルボーを投下したが戸澤がカット
戸澤はカゲトラに雪崩式ブレーンバスターを決める。
すると市川が続いて735から戸澤がデッドリフトジャーマン
戸澤が谷嵜を分断すると、市川はカゲトラにイナバウアージャーマン狙い
これを耐えられると、市川はシャイニングを発射してドラゴンスクリュー。そして足四の字でギブアップを迫ったが、即座に裏返しにされギブアップ負け



○ジミーカゲトラ
(10分38秒 裏四の字固め)
דハリウッド”ストーカー市川





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2試合】
ビッグR清水
vs
問題龍
▼問題龍の奇襲からゴング。
しかし問題龍の攻撃をかわしてタックルを決めた清水は、一気に砲丸投げスラムで3カウント


○ビッグR清水
(0分23秒 砲丸投げスラム)
×問題龍





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第3試合】
吉野正人
鷹木信悟
vs
B×Bハルク
“ミスター・ハイテンション”琴香
▼先発は吉野と琴香。吉野がヘッドロック等の基本技を中心に攻めこむ
ハルクと鷹木。鷹木がタックルでダウンを奪ったがハルクがスナップメイヤーから首筋へドロップキック
替わった琴香も逆水平連発で挑むが、捕獲されてツームストンで倒されてしまう


5分経過
吉野も琴香の逆水平を敢えて受けた上でお返しの一撃、鷹木とのダブルのタックルでダウンさせマッスルポージング
吉野はさらに琴香のリープフロッグを潰してドロップキック
続く鷹木はハルクにタックルをかます。ハルクもリングに上がり鷹木に反撃した
吉野&鷹木がハルクを二人で攻撃するが、ハルクはブラジリアンキック連打で切り抜けHエッジも決めた
鷹木が琴香をロープに振ったが琴香は勢いを利用して吉野へトペ
リングではハルクが鷹木にブラジリアンキックやカカト落とし、そしてスワンダイブミサイルも見舞うがE.V.Oは鷹木が堪える
逆にMADE IN JAPAN狙いを耐えてセカンドコーナーからミサイルキックを見舞ったハルクだが鷹木が迎撃

10分経過
鷹木はハルクらをまとめて!でダメージを与えるが、ハルクは鷹木を排除
吉野がコーナーに上がってもニールキックで打ち落とした
琴香が吉野に追撃のミドル連打を見舞うが、吉野はリバースパワースラム→変形みちどら
ハルクがカットに入ると鷹木が高速ワンツーエルボー。ハルクも咄嗟にファーストフラッシュを狙ったが鷹木はガード。ならばとカカト落とし
これを吉野が入ってトルベジーノ→MADE IN JAPAN。
これは琴香がカットで蹴りを連発。しかし鷹木のラリアットから吉野はミサイルセントーンを発射
そしてトルベジーノ→ライトニングスパイラルで3カウントを奪った


○吉野正人
(14分18秒 ライトニング・スパイラル)
דミスターハイテンション”琴香





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第4試合】
望月成晃
ドラゴン・キッド
vs
堀口元気H.A.Gee.Mee!!
ジミー・ススム
▼キッド、入場時のリングインでロープを飛び越えようとしたが足が引っ掛かり危うく事故、しかしこれを前転で切り替える機転
そのキッドは堀口との先発を無難に終えると、ススムと望月は足と腕の肉弾戦を繰り広げた
堀口はキッドを捕らえると、ゴムパッチンを宣言。一旦望月にゴムを取られたが取り返したススム、しかしキッドが口を離したためにススムに目掛けて発射された

5分経過
望月は堀口にヘアホイップならぬエクステホイップ、『毛根殺してやる』と顔面ウォッシュならぬ頭部ウォッシュ
替わったキッドも堀口に二段式ニードロップ、さらに望月は頭部をロープに擦り付け精神的にも痛いダメージ

10分経過
さらにキッドにも頭部を攻められた堀口だったが、コルバタ→スイングDDTで切り抜ける
替わったススムだがキッドが身軽な身のこなしでダイヤモンドダスト→クリスト
これを堀口がカットに入り垂直落下式ブレーンバスター。堀口はコーナーへ
これはキッドのスーパーフランケンを決められたが、望月の蹴りをかわしてバックスライド
望月は起き上がってスーパーケンカキック!しかし追撃の蹴りをかわして堀口がバックスライド
キッドがカットするがススム登場。キッドがススムに619を決めて望月がツイスター
2で返したススムがラリアット連発。望月は走ってきたススムにカウンターで投げ捨てジャーマン
着地したススムがジャンボを見舞うが望月が返す
ススムはロープ際でジャンボ連打したが、望月も最強ハイキック→真・最強ハイキック→カカト落とし。だがススムはジャンボ
立ち上がったススムにキッドがウルトラ狙い、これをススムがかわすと堀口がカットして垂直落下式ブレーンバスター
ススムの串刺しラリアットが見舞われ夢限を狙われた。
堪えたキッドのバイブル狙いは望月の蹴りから決められたが、ススムが返してデスバレー
さらにジャンボの勝ち!固めもカウントは2。起き上がったススムにキッドがミステリオラナ!
これをワールドライナーで切り返したススムが3カウント



○ジミー・ススム
(17分52秒 ワールドライナー)
×ドラゴン・キッド
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
会場に入るやスターダム・脇澤美穂が自身の引退興行の宣伝、続いて沼二郎が“シャボン玉”という曲を披露



【第1試合】
◎オーエン・フェニックス&アントニオ・デ・ルカ日本ラストマッチ◎
剣舞
オーエン・フェニックス
VS
Ken45°
アントニオ・デ・ルカ
▼先発は剣舞とアントニオ。互いに別れを惜しむようにレスリングの攻防
Kenとフェニックスの攻防からアントニオが入りブレーンバスター→フェイスロック。さらに自軍でKenがオーエンをいたぶる
オーエンもカウンターのドロップキックからコーナートップでミサイルキック

5分経過
Kenと剣舞がリング上。剣舞が飛びついてコルバタ!だがKenはすぐに旋回式フェイスバスター、続いてライガーボム
アントニオが入り剣舞に追撃するが、剣舞はカウンターで619!
互いに相手の攻撃を読んだが、剣舞が巌鬼を決めて3カウント



○剣舞
(7分50秒 巌鬼)
×アントニオ・デ・ルカ






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2試合】
ヤッペーマン3号
VS
マリー・アパッチェ
▼体格で勝るマリーがパワフルに攻めこみロメロスペシャルも披露
3号がコーナーからミサイルキックを放ってもエルボーで反撃に出たマリー
3号も単発ではなくエルボーを連発してフロムジャングル!外れてもマリーに向かったが、マリーはカウンターで捕らえアルゼンチンバックブリーカー
これを自ら解いてSTFで締め上げた。3号もエスケープして、マリーにパワーボムこそ喰らったが逆さ押さえ込みやスクールボーイで活路を見いだしにかかる
全て返されると、マリーが強烈なラリアット!そしてファルコンアローで3カウント



○マリー・アパッチェ
(5分56秒 ファルコンアロー)
×ヤッペーマン1号





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第3試合】
カツオ組の入場に続いて沼二郎と人生が登場。
リングアナに『約1年振りにこの男がみちのくに帰ってきた、FUNAKI入場』
とコールされた



新崎人生
気仙沼二郎
X=FUNAKI
vs
大柳錦也
カツオ
イーグルスマスク
▼そのまま先発のFUNAKIは大柳と対峙、FUNAKIは腕を取ってハンマーロックから腕十字。大柳もしっかりガード
この攻防にカツオが『地味過ぎるでしょ、6試合中の3試合目。メンツ(カツオ、イーグルス、沼二郎)見てもお笑いマッチでしょ』
とクレームを入れ沼二郎との対戦をアピール、互いに足を踏んづけ合ったり軽い笑いを取りにいく

5分経過
イーグルスも人生と対戦するやコミカルに人生と同じ動きで軽い笑いを取る
イーグルスは沼二郎には160kmチョッブを見舞いランニングホームランも!
しかし新必殺技というホームスチール(対角線コーナーからスライディングキック?)は読まれてしまった
入り乱れ人生がカツオに念仏パワーボムを狙ったが、切り返したカツオがバーミヤンスタンプ
カツオはFUNAKIにもスープレックスを狙いにいったが耐えられた
必死に攻撃
うるさいカツオにFUNAKIがショーンキャプチャー、これでギブアップ勝ち


○FUNAKI
(11分33秒 ショーンキャプチャー)
×カツオ





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第4試合】
◎ラッセ海外武者修行壮行マッチ◎
ラッセ
VS
ウルティモ・ドラゴン
▼最初からウルティモがグラウンドで翻弄しにいくがラッセも切り返す
エルボーを下から褐ち上げ式
ウルティモはハンドスプリングエルボーで沸かせると、サソリ固めの体勢。そこからアキレス腱固めに移行

5分経過
ウルティモはさらに逆片エビでラッセを絞り上げる。
ラッセがカウンターで逆さ押さえ込みをみせ、続いて飛びつき回転エビ固め。
ラッセはフィニッシュを宣言してコーナーからシャガラギで舞ったが、かわしたウルティモがアサイDDTで3カウント



○ウルティモ・ドラゴン
(8分28秒 アサイDDT)
×ラッセ



ラッセ『校長、今日はありがとーございました
あなたに憧れてこの世界に入って今日最後に対戦してくれてありがとーございました
あなたの弟子で本当に良かった

(泣きながら)
これからこの看板を胸に、あなたが“アイツは俺の弟子だ”て胸を張って言えるよう立派なレスラーになって帰ってきます』



ウルティモ『ラッセ、泣くな
今日がお前のスタートだろ?
戻ってきた時にはまたシングルやろうぜ』


ラッセ『今日は敵味方関係なく、ワガママを言ってカードを組んでもらいました
みんな、俺が戻ってくるまでは、このリングを守ってくれ
そして、皆さんが居なかったら僕はこのリングでやり続けることは出来ませんでした
僕が帰ってくるまで、みちのくプロレスを好きでいてください。
そして、僕が戻ってきたときに温かく迎えてくれると嬉しいです
ちょっとこのリングからは離れますが宜しくお願いします
(ラッセと言えば絶好調
で締めた
そして、コーナーから宙返りを披露して退場)』






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【セミファイナル】
フジタ“Jr”ハヤト
南野タケシ
卍丸
VS
日向寺塁
佐々木大地
郡司歩
▼先発は日向寺と南野。ロックアップから始まった攻防は南野がバックに周りサーフボードストレッチ
しかし日向寺も切り返し逆にサーフボード、さらには巻き投げ
替わったハヤトと郡司。郡司がアームホイップ連発、ロープを渡ってのアームホイップからドロップキック

5分経過
卍丸と大地。ロープワークから大地がドロップキック!卍丸もタックルでダウンさせた
場外でBAD boyが大地をいたぶり、リングに戻してもハヤトがサッカーボールキック。卍丸もニードロップ投下
南野が中央でストレッチプラムで絞りあげハヤトもロープに振ってミドルで迎撃→KIDで絞った
しかし大地はこれを切り抜けブレーンバスター。替わった日向寺は場外に逃げたハヤトにトペコン
リング上、郡司が一人気をはき卍丸を排除、南野にもギロチンエースクラッシャーを見舞う
替わった大地は卍丸に串刺しエルボーを連発、さらにロープに振ってトラースキック
郡司のフェイスクラッシャー→大地のトラースキック→日向寺がダイビングエルボードロップ
チャンスを物にしたい大地が勝利を狙うが、卍丸がバックに廻ってジャーマン
続いてハヤトがヘルム!ランニングミドルから再びヘルム→南野がシャイニング

15分経過
卍丸が押さえてハヤトがPK!さらにミドルからバズソーキック
それでも返す大地に対してヘルムで3カウントを奪った


○フジタ“Jr.”ハヤト
(15分39秒 ヘルム)
×佐々木大地





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【メインイベント】
◎宇宙大戦争~神々と亀々の戦い~◎

・最初にムーの太陽が入場。だがバラモンが連れてきたサスケは明らかに小さい……


かめっしー『みちのく忍者タートルズ、ここに参上
やっぱりサスケは帰って来なかったみたいだな』


ケイ『いや、俺たちはマスターを信じてる。マスターは必ず帰ってくる』


(ここでテーマ曲がヒット、サスケが宇宙服を着用して南側階段からリングへ)



かめっしー『おい×4、サスケ
帰ってきたようだな
宇宙大戦争、2014、開戦だぁ』




ザ・グレート・サスケ
バラモンシュウ
バラモンケイ
ザ・グレート・サスケ・シート
vs
かめっしー
かめっしー1号
かめっしー2号
かめごろー
▼当然の如く場外でワチャワチャして始まると、リングに戻ったかめっしーがシュウに棒で殴打。シュウは竹刀で対峙
体型の違いすぎるかめごろーが登場するや、ムーの太陽はかめ軍団に似たマスクの男をリングにあげる

5分経過
かめ軍団が構わずその男を攻撃、その男がマスクを脱ぐとウルトラマンロビンが!
場内は“ロビン”コールが沸き起こるが戦場は場外
リングに戻りサスケシートが1号と対峙、1号はハンデが有りすぎる体格差を構わず容赦なく攻撃
場内からは“千賀死ね”コール。1号は逆手に取るように卑劣な攻撃

10分経過
バラモンがキャリーケースを1号に投げつけ、股間にセット。ボウリング!
サスケは巨大和桶をリング内へ、1号&2号を攻撃して和桶に叩きつける
コーナーに上がったサスケはラムジャム狙い。しかしコールを引っ張り過ぎてかわされ自爆。ラダーの隙間に頭を突っ込み場外へ

15分経過
ムーの太陽とかめ軍団によるラダーを使った綱引き…ならぬラダー押しになると、サスケがコーナーに座って念を送る。優勢に動いたが、かめごろーが一番後ろに付くと押し返された
かめごろーはサスケシートを軽々と持ち上げパワーボム狙い。
何とか着地したシートは次々とドラゴンスクリューでねじ伏せた
サスケはリングに大きめラダーを2脚横並び、その前に通常ラダーを設置。大きめラダーの間に棒を通しそのまま逆上がり……失敗してラダーもろとも自爆(笑)


20分経過
サスケは尚もラダーに棒、通常ラダーも二つ目を用意して横並びに設置

再び逆上がりにチャレンジするも豪快に失敗
めげないサスケは三度棒を設置、今度はシートが下で押さえて宙吊り状態

25分経過。
かめごろーが体当たりして、えらいことに
バラモンがイルカのリング設置
イルカにサスケシートを乗せ上機嫌
サスケはイルカをコーナーに設置、サスケは和桶を被りながら場外へトペコン。かわされて大変な事態に(笑)

30分経過
かめごろーがサスケにダイビングボディプレスもカウントは2
ならばとかめっしー等をオンブしてヒップドロップをみまった
かめ軍団はサスケを羽交い締めにして竹刀で殴打する。しかしサスケにかわされるや、すかさずバラモンがカット。交通標識で殴打


35分経過
一度目は失敗したメシア降臨を二度目は成功させた、がカウント2
ならばと三人でのスーパーパワーボムで3カウント



○ザ・グレート・サスケ
(37分57秒 サンダーファイヤーパワーボム)
×かめっしー



(オーエン&アントニオがリングイン
『ウチュウダイセンソウ、ダイスキ
メチャメチャ、イケテル』
とアピール

サスケは『こいつら今日から仲間だ』
と言うと

突然ロビンは聞き取れないマイクを発する

最後はサスケが『みちのくプロレスは、永遠に不滅だぁ』
で締めた)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード