DRAGON GATE(ドラゴンゲート)試合結果速報記+α

主にプロレス団体DRAGON GATEの主要大会の試合経過をリアルタイムだったり、数時間遅れだったりでお伝えしてます。
他に新日本プロレス、DDT、大日本プロレス、K-DOJO、NOAH、東京愚連隊etcも


DRAGON GATE(ドラゴンゲート)というプロレス団体の試合速報記を主に書いてます。
まぁ他の団体も書きますが
NEW !
テーマ:
【第1試合】
◎嗚呼、東京砂漠!!人間廃業寸前!!ホームレスデスマッチ◎
進祐哉
田中稔
VS
バラモンシュウ
バラモンケイ
▼奇襲で仕掛けたバラモンは稔を捕まえ、いきなりボウリング股間攻撃を狙ったが進がカット
そのまま場外、南側観客踊り場通路にて稔を羽交い締めして交通標識で殴打!珍しく成功
リングに戻ると焼きそば用の麺をぶちまけ、豚の頭も取り出した。だがコーナーから豚の頭を持ちながらダイブはかわされキャリーケースに自爆

5分経過
バラモンは袋に入った空き缶群をぶちまける。そして進をコーナーにセット、キャリーケースをつけボウリング股間攻撃!
ケイが進を羽交い締めにしてシュウの交通標識はかわされ誤爆
稔が登場、ドロップキックでシュウを攻撃してそば麺を口に含みケイに噴射
これをシュウが豚の頭でカット、バケツの水を取り出したが奪われかけられる

10分経過
ケイがカット、墨汁を含んだが稔&進が直前でカット。
逆に墨汁を奪い噴射!そして進がシュウをコブラツイストで抑えてる間にフットスタンプで稔が3カウント


○田中稔
(11分18秒 ダイビングフットスタンプ)
×バラモンケイ





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2試合】
吹本賢児
VS
勝村周一郎
▼吹本がグラウンドでの攻防に応戦するが勝村に一日の長
勝村が吹本におんぶ状態で絡むも吹本はその状態でコーナーにぶつかりにいく
そして場外でペースを握った吹本はリングに戻ってもいたぶるが、勝村がカウンターのニールキック
そして無道のような体勢で腕を極めにいった勝村だが吹本はエスケープ

5分経過
吹本はバックドロップ、さらにもう一発バックドロップを決めたがカウント2
パッケージドライバーは勝村が切り返し腕を取る
そしてランニングローキックは吹本がかわすが、勝村はハンドスプリングオーバーヘッドキック
そしてベナドリラー→フィッシャーマンバスターと続けた勝村がフロントネックロックでギブアップ勝ち


○勝村周一郎
(7分34秒 フロントネックロック)
×吹本賢児





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第3試合】
◎ストリートファイト6人タッグデスマッチ◎
神威
正岡大介
ミスター雁之助
VS
GENTARO
ジ・ウインガー
杉浦透
▼雁之助組が奇襲でゴング。場外での攻防も激しいやり合い
リング上、雁之助がさそり固めで杉浦を苦しめていたが場外から戻ったウインガーがカット
ウインガーは神威を有刺鉄線バットで殴打→DDT
続いてGENTAROはボディスラムon the有刺鉄線バット。杉浦もセントーンwith有刺鉄線バット
GENTAROはコーナーに神威を登らせ雪崩式俵返し
それでも神威はスイングDDTで切り抜け雁之助にタッチ!雁之助が杉浦にファルコンアロー→念仏パワーボム
これをカットされたが神威がカンクーントルネードで追撃。

10分経過
正岡と杉浦、エルボー合戦を制した正岡がトラースキックを狙ったが杉浦がかわしヘッドバット連打
さらにエルボー連打からローリングエルボーからフィッシャーマンドライバーで3カウント



○杉浦透
(11分49秒 フィッシャーマンドライバー)
×神威



杉浦『おい勝ちましたぁ
正岡、神威!お前の持ってるそのタッグのベルトに挑戦させろ!』



神威『お前が勝ったな、挑戦は受けてやるよ
ルールは俺が決めるぞ
9月10日、新木場で車持ってこい
俺が車って言ったら何を意味してるか分かるよな?』


(車コール)



杉浦『く、車?俺の?大丈夫かな?

(場内に押され)


よし、わかった。9月10日、新木場に、車持ってくぞ
その代わり、お前ら杉浦透の応援しろよ!』






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第4試合】
◎蛍光灯+フリーダムウエポンデスマッチ◎
佐々木貴
VS
宮本裕向
▼グラウンドでのヘッドロック合戦、起き上がりリストの取り合いになるが貴が蛍光灯を取って殴打
さらに裕向を蛍光灯群ロープに振ってダメージを与える
サッカーボールキックwith蛍光灯。逆水平で倒し蛍光灯へのボディスラムを狙う
これは耐えた裕向が逆にボディスラムon the蛍光灯

5分経過
蛍光灯の割れた箇所を口に含んだ裕向はエルボー、蛍光灯殴打!さらに高角度のボディスラムon the蛍光灯
しかし続くランニングダブルニーwith蛍光灯をかわした貴、裕向をコーナーに設置して串刺しミドルキックwith蛍光灯の連打
そして雪崩式ブレーンバスターからDDTon the蛍光灯、ソバットも決めたがカウント2
右腕狙いで腕を上げた貴だが裕向がカウンターでフロントスープレックス
貴をコーナーにセットした裕向は串刺しランニングダブルニーwith蛍光灯→串刺しスライディングキック

10分経過
スタンディングでエルボー合戦から貴はボディスラム。
右脚狙いは裕向がキャッチ、パワーボムで叩きつける。そしてボディスラムを見舞ったがムーンサルトは察知され自らも着地
貴はすかさずミドルキックwith蛍光灯→ボディスラム→右脚with蛍光灯
エルボー合戦から額を付き合わせた両者、距離を取ってからラリアットは同士討ち
再びラリアットも相討ちになると互いに抱えようとする。制した貴がバックドロップ→右腕。カウント2
裕向を起こした貴はボディスラム、裕向の側頭部に蛍光灯を設置して右足with蛍光灯を発射

15分経過
貴が抱えようとしたが裕向が切り返しファイヤーサンダーon the蛍光灯
ダブルダウンから起き上がった貴は右腕。さらに走った貴だが裕向は雁之助クラッチ→返されファイヤーサンダー
ならばと裕向はヴァルキリースプラッシュ→ムーンサルトと繋げて3カウント


○宮本裕向
(17分19秒 ムーンサルトプレス)
×佐々木貴





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【セミファイナル】
◎Wショック十字架ボードデスマッチ◎
葛西純
VS
シクロペ
▼両者手四つから離れるとシクロペはTシャツを脱ぎ、再び組み合う
葛西はシクロペをコーナーに立て掛けられたカミソリ&蛍光灯十字架ボードにハンマースルー

5分経過
これで大ダメージのシクロペに対して再び十字架ボードに振った葛西だが、シクロペが堪え逆に葛西をぶつけた
だがすぐ起き上がった葛西は延髄斬り、ヘッドバット連発から走ったがかわしたシクロペが葛西をフェイスクラッシャーon the蛍光灯
シクロペは椅子殴打で座席部分をくり貫ぎ空洞部分に葛西の首を突っ込みコーナーにハンマースルー
そしてボディスラム→ファイヤーマンズキャリーから叩きつけコーナーへ。
しかし葛西はヴィーナスでシクロペを止めると、椅子2つ設置しその上に十字架ボード。
コーナー上での攻防を制した葛西が雪崩式ブレーンバスター。だがダメージは葛西の方が大きい模様

10分経過
シクロペが飛びついて横十字固めも、返した葛西が走り込んでラリアット
葛西はリング下からノコギリを付けたラダーを持ち込む。
シクロペを肩車した葛西だが、着地したシクロペが抱え込み式バックドロップon theノコギリラダー
そしてダイビングニーwithノコギリラダーからダイビングボディプレスwith蛍光灯で葛西を追い込んでいくシクロペ
コーナー際でコークスクリューネックブリーカーon the蛍光灯を決めたシクロペは続けてマッドスプラッシュを放つ
これをかわした葛西がラリアット

15分経過
十字架ボードへのハンマースルーからリバースタイガーを決めた葛西、自身の体をカミソリで斬りつけパールハーバースプラッシュを投下したがカウント2
ならばとラダーの上にリバースタイガーで3カウント



○葛西純
(16分55秒 リバースタイガードライバーon the鋸ラダー)
×シクロペ





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【メインイベント】
◎KING of FREEDOM WORLD CHAMPIONSHIP~エスコンブロ+ガラスボードデスマッチ◎
<王者>
竹田誠志
VS
ビオレント・ジャック
<挑戦者>
▼先ほどの蛍光灯の破片が散りばめられたまま試合開始。
竹田はガラス破片をばら蒔きニヤリと笑う。走ってのタックル合戦はジャックがフライングショルダーで竹田を倒す
竹田の突進をリープフロッグでかわしたジャック、竹田の絡みつきを振りほどくと竹田を抱えたまま対角線コーナーのガラスボードに突進
ジャックはカミソリを手にして竹田の額を斬りつける。
竹田を場外に追いやると、再びカミソリで額を斬りつける。南側踊り場通路での攻防からリング周辺へ

5分経過
ジャックは竹田を強烈なチョップ、椅子へのボディスラム
リングに戻り竹田をボディスラム、コロナの瓶で殴打すると自らコロナを飲みながらフォール
竹田はジャックが手にしたコロナを奪い殴打すると、串刺しロッキンポ→セントーンアトミコwithカミソリボード
だがジャックも竹田を捕まえると、雪崩式ブレーンバスター。そしてボディスラムからフロッグスプラッシュ

10分経過
エルボー合戦はジャックがワンツーエルボー、竹田がランニングニーを決めたがジャックはラリアット
エプロン下に椅子を設置、その上にガラスボードを設置したジャックはエプロンで竹田を捕獲
しかし堪えた竹田がジャックのエルボーを掻い潜りエクスプロイダーon theガラスボード
リングに戻りドラゴンスープレックス狙いこそ読まれた竹田だが、即座にジャーマン!
ロッキンポはかわされジャックがロックボトム→パッケージドライバー。カウントは2
ジャックはダウンカウントから立ち上がる竹田に膝蹴り。竹田の上にラダーを置いてコーナーへ

15分経過
竹田は起き上がりコーナーに上がると雪崩式裏DDT!
起き上がってエルボー合戦、竹田がヘッドバットを決めたがジャックはプリンスズスロウン→場外に竹田を出してトペスイシーダ
リングに戻り竹田のロッキンポはジャックがかわしてスクールボーイ
さらにジャベ狙いは竹田がアンクルに切り返し、正面からのロッキンポはかわされたが背後からロッキンポ
そして張り手→ロッキンポwith蛍光灯を決めた竹田がリバースUクラッシュで3カウント


○竹田誠志
(19分2秒 リバースUクラッシュon the蛍光灯)
×ビオレント・ジャック



竹田『勝ったの俺だぞぉ
なんだコイツよ、頭おかしいだろ!

今日は葛西純プロデュース、昨日からご飯も酒も……普通に飲んでてイメージ膨らませてた
なんだお前
お前、メキシコの怪人だろ!?俺は日本のキ○ガイだ。』


(キ○ガイコール)



ジャック『ワタシハ、メキシコノキ○ガイデス』


竹田『こんな流暢にキチガイて言ったガイジン、初めてだよ

(ジャックは退場)

世界はまだまだ奥が深い。
もっともっと勉強して盛り上げていくから、お前ら見にこいや』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
【第1試合】
望月成晃
Kzy
ビッグR清水
vs
ドン・フジイ
Gamma
斎藤“ジミー”了
▼清水はフジイをなぎ倒し、ボディースラムからエルボードロップを連発。Kzyも続いてボディースラムを狙うが、フジイが逆に投げ、デッドリードライブも決める。
斎了が登場すると望月と清水がダブル攻撃。清水はGammaにも攻め込むが、Gammaは延髄斬りで反撃
斎了はダイビングフットスタンプ。斎了とGammaはダブルタックルから“ウ~!!”。フジイもチョップやナックルを放ち、Gammaはドロップキックから強烈なキックを連発

10分経過
なおも清水が集中攻撃を浴びある中、会場からは「ビッグ」コール。清水はこの声に応え、フジイをベアハッグからブレーンバスター
斎了&Gammaにはまとめてショルダーアタックを見舞った。望月が登場し、フジイにキックを連発すると、フジイもラリアットで応戦
斎了はKzyにサイクリングヤッホーを狙うが、エスケープしたKzyがB-BOYを決めてサイクリングヤッホーを叫ぶ
斎了が2度目のトライで決めると、望月がすぐにカット。ディアハーツの串刺し3連発から清水がネックハンギングボム。ジャイアントスイングから望月が顔面蹴り。そして清水が亀有公園前固めからライガーボム
だがKzyはKZ timeを自爆。Gammaがトラースキックからガンマスペシャル。フジイはノド輪落とし。清水はフジイのノド輪まで食らい、望月も場外へ蹴散らすと、Kzyに集中攻撃
フジイ&Gammaも連係を放つが、KzyはGammaにスカイデ・スクールボーイ。だがカウント2となり、Gammaが反撃。さらにフジイが雪崩式ノド輪落としで3カウント


○ドンフジイ
(16分15秒 雪崩式チョークスラム)
×Kzy



フジイ『おい斎了、ちょっと中に入ってきてくれ。はよ、入れ
斎了、俺、今やりたいことがあるんだよ。
来月の5日から始まるタッグリーグ、オレとオマエで組んで出ようじゃねえかよ』


斎了『まさかフジイさんからタッグリーグの誘い受けるとは思ってなかったんでビックリしてます
ジミーズ解散免れてK-ness.が新加入しました。そこで復活したクネスカコンビもタッグリーグエントリーしたみたいです
ジミーズは残りのメンバーでどうしようか相談しましたけど、フジイさんから直々に誘われたら断るわけにはいかないでしょ
フジイさんがボクを選んでくれるのは嬉しく思います。タッグリーグ、ドン・フジイ&斎藤“ジミー”了組、エントリーします!』





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2試合】
 堀口元気H.A.Gee.Mee!!
○ジミー・神田
(9分55秒 横入り式エビ固め)
×問題龍
 ヨースケ・サンタマリア




~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第3試合】
鷹木信悟
vs
U━T
▼U━Tはドロップキックを決めるも、鷹木がすぐさまタックルからパンピングボンバー。
場外ではU━Tの腰をエプロンに叩きつけ、リング内ではフットスタンプから踏みつけ、「トゥイージー」ポーズ
ブレーンバスター、起き上がりこぼしパンピングと鷹木の独壇場
ミサイルキックにも動じなかった鷹木だが、U━Tはさらにスピードでかく乱。一気にトペ・スイシーダを放っていく。そして今度こそミサイルキックを決めて、さらに攻め込む

5分経過
ボディースラムを許さなかった鷹木は変型高速ブレーンバスターから串刺しパンピング。パワーボムはカウント2
U━TはMADE IN JAPANを回避して丸め込み2連発からエルボー連打。しかし鷹木が強烈なパンピングボンバーで圧勝


○鷹木信悟
(6分44秒 パンピングボンバー)
×U━T



試合後、T-Hawkが登場


T-Hawk『おい信悟、コイツとはちょっと前まで組んでた仲間だ。ちょっとやり過ぎじゃねえか』


鷹木『オマエは甘っちょろいな。こんな学生プロレスみたいなヤツがいるからミレニアルズつぶれるんじゃねえのか
前までモヒカンだったからよくわからなかったけど、坊主になったらただの子どもじゃねか
身長何センチだよ。ここは強い者だけが生き残るリングだ。何も言い返せねえじゃねえか。実家に帰れ!』



T-Hawk『おい信悟、ちょっと待てよ。確かにMAD BLANKEYの手によってミレニアルズは解散した。だが、勘違いするなよ
俺は今無きMAD BLANKEYの土井成樹YAMATOの持ってるツインゲートのベルト、それをひっぺがすためにオマエの力を利用してるだけだからな
勘違いするなよ』



鷹木『それはお互い様だ。信用するのは自分の力のみ。今の俺には同じ大義、目的がある
俺がいまやりたいことは、やらなければいけないのは土井YAMATO、アイツらに大恥をかかせなければ次に進めない
考え方は違うかもしれないが、揉めるつもりはない。しっかりベルトを奪おうじゃねえか』





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第4試合】
 吉野正人
○戸澤陽
(11分21秒 高速ジャーマンスープレックス・ホールド)
×CIMA
 フラミータ



戸澤『名古屋の皆さん、MONSTER EXPRESSが勝つことができました。ありがとうございます
吉野正人&戸澤陽のタッグチームいいんじゃないですか』



吉野『鷹木信悟はあれだけの行動と言動、MONSTERに戻れるわけないよな
責任を取ってもらわんと。次のシリーズからはタッグリーグが始まります。
ここらで一発やられた分、やり返さないといけないんじゃないですか』



戸澤『ここで一足早い優勝宣言させていただきますよ。後半戦も元気にいくぞ!』





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【セミファイナル】
~復活!クネスカ初戦~
ジミー・ススム
K━ness.
vs
BxBハルク
ドラゴン・キッド
▼クネスカのチームワークを分断するようにハルク&キッドがススムを痛めつけていく。だが、5分過ぎにはクネスカがお返しの合体プレー。ススムのバックブリーカーからK-ness.はキッドを勢いよくコーナーに叩きつけて逆エビ
レフェリーの死角を突いて交互に入れ替わりながらキッドを痛めつけ、セルフサービスボムも決めた。さらにススムはハルクに雪崩式エクスプロイダー
K-ness.はキッドの619をかわしてユダ。ダブル串刺し攻撃を決めたクネスカは、さらにキッドに狙いを定め、スカドラニーも完成
再びK-ness.がコーナーに上がるとハルクがカットし、キッドがフランケン。ハルクもE.V.Oで続き、キッドはミステリオラナ
そしてウルトラを狙うが、ススムは回避。K-ness.は昇竜脚。ハルクがK-ness.にカカト落としを決めると、ススムとはエルボー合戦
ススムがジャンボの勝ち!を決めたあともクネスカが合体攻撃を投入。ハルクがキックで追い込んでいくも、K-ness.が巧みな切り返しから光の輪で勝利した。


○K━ness.
(18分22秒 光の輪)
×BxBハルク



K-ness.『大田区よりジミーズの新メンバーになったK-ness.です
ススムとのクネスカも復活し、次のタッグリーグはクネスカでエントリーし、悲願のタッグリーグ優勝を目指したいと思いますので
皆さんこれからもクネスカ、ジミーズの応援よろしくお願いします』





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

-----------------------
【メインイベント】
~Road to New Stable~
YAMATO
Eita
Kotoka
vs
土井成樹
T━Hawk
サイバー・コング
▼場外戦を経て土井はEitaを痛めつけ、サイバーは地獄突きから顔面をロープにこすりつけ、フィストドロップも見舞う
T-HawkもEitaに容赦なし。逆水平を打ち、超滞空ブレーンバスター。T-Hawkは土井を呼び込み、ダブルエルボー
土井から強引なタッチをもらったT-Hawkはコーナーにホイップして逆水平。しかしEitaのドロップキックから3人がかりで顔面踏みつけ
KotokaやEitaもT-Hawkをひたすら痛めつけていく。だが、T-HawkはEita&Kotokaにチョップの乱れ打ち。サイバーも大暴れし、土井はKotokaに顔面蹴りを連発
一瞬の切り返しからスワンダイブミサイルを狙ったKotokaだったが、これもかわされ、YAMATOのドロップキックも誤爆
サイバーはYAMATOにボディープレス。しかしYAMATOも串刺しドロップキックで反撃
ボディースラムを押しつぶしたサイバーはPOWPOW。延髄を食らいながらもパイナップルボンバーも決める。Eita&Kotokaにもまとめてパイナップルボンバー
土井とT-Hawkは再び連係プレーを繰り出し、サイバーはダイビングエルボー
T-Hawkが串刺し狙いもEitaによけられ、YAMATOが串刺しドロップキック。土井にもYAMATOとKotokaが串刺しを連発
Kotokaはミサイルキックも放つ。そしてカルデラを狙うが、土井がよけてサイバーが投げっぱなしジャーマン
T-HawkはYAMATOにアギラ。YAMATOのフランケンから丸め込みの応酬はカウント2。T-Hawkはさらにライガーボムからナイトライド狙い
しかしこれを回避し、サイバーがパイナップルボンバー。そこへ土井成樹がバカタレ。Eitaがトラースキック。最後はYAMATOのギャラリアからKotokaのカルデラ。


○Kotoka
(21分2秒 カルデラ)
×T━Hawk



土井『おいT-Hawk、もっとしっかりせえよ。そうやろ。おいなんで俺とサイバーちゃんがオマエと仲良しこよしせなアカンねん
ミレニアルズは解散した。俺たちMAD BLANKEYも解散した。俺らは同じ無所属やけどな、オマエとは来週の博多でツインゲートのタイトルをかけてタイトルマッチが決まってるねん
今オマエと一緒にやれるわけないやろ』



Kotoka『そうだそうだ。おいT-Hawk、ミレニアルズが解散になったのはオマエのせいなんだよ
解散マッチでオマエが負けたからミレニアルズは解散した。ミレニアルズを解散させたのはT-Hawk、オマエなんだよ。
俺とEitaはオマエが這い上がってこようと思ってでも、どんな手を使ってでもオマエを地獄に叩き落としてやるからな
覚悟しとけよ。土井ちゃんもそう思うやろ』



土井『ちょっと待て、おかしいやろ。待たんかい。オマエらがどんな手段を使っても上にのし上がる気持ちは伝わったけど、お前ら細かい2人と一緒にするな
土井ちゃんはやめろ。それからT-Hawk、いつまで寝てんねん。来週のタイトルマッチ覚悟しとけよ』



(土井&YAMATO&サイバー退場)



Kotoka『そうだそうだ。T-Hawk、ミレニアルズを解散させたの俺とEitaは相当恨んでるからな
覚悟しとけよ』


(Eita&Kotoka退場)



T-Hawk『名古屋の皆さん、見ての通りです。チームは解散してKotoka、Eitaには裏切られて、今ボクには何もありません
でも、何もない今だからこそ新しい道が作れるかもしれない。次回この名古屋に帰ってきたときはその新しい道の先の答えをここに持って戻ってきます
その時はまたあついご声援よろしくお願いします。今日はどうもありがとうございました』




プロレスランキングへ



AD
いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:
~後半戦に先駆けインフォメーション
山里亮太氏は自身の参戦決定でそれどころではない様子
第2弾映画の発表、坂井に加え松江哲明監督とのダブル監督。“3D”という単語が飛び出していたが…
さらにモンチッチを呼び込みTシャツバズーカ
来年3月の両国大会概要も発表、四面全面使用でエニウェアマッチも開催




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第7試合】
◎KO-Dタッグ選手権試合◎
<王者組>
関本大介
岡林裕二
VS
飯伏幸太
佐々木大輔
<挑戦者組>
▼佐々木と関本の“だいすけ”で始まった試合、飯伏は岡林を花道まで連行。台車に岡林を乗せて花道を滑走!花道から下に落とす

5分経過
佐々木が岡林にエルボー、しかし岡林は逆水平一発で反撃して強烈なボディスラム
関本もボディスラム、岡林→関本→岡林…と無限ループ状態のボディスラム
関本は高々とブレーンバスター。そして逆エビ固めはどっしり腰を落としリング中央
何とかエスケープした佐々木、関本と手四つから押し込まれたがドロップキックで迎撃
替わった関本はスワンダイブミサイル!ローキック連打&ソバットで倒しその場飛びムーンサルト式フットスタンプ
カットにきた岡林だが、飯伏が二人まとめてオーバーヘッドキックで場外に出すとバミューダトライアングルで追撃

10分経過
リングに戻り、飯伏のミドルに関本がラリアット。岡林も飯伏をロープに振って逆水平~ぶっこ抜き式ブレーンバスター
さらに逆エビ固めで絞る岡林、カットにきた佐々木を逆水平で排除
飯伏にも切り裂くような逆水平を連発、飯伏もミドルキックで応戦
さらにグーパンチ連打&オーバーヘッドキック、岡林も即座にラリアットで両者ダウン
佐々木が入りコーナーからダイビングエルボー、ドロップキックも見舞う
岡林のベイダーハンマーをかわす佐々木、執拗にベイダーハンマーを繰り出してきたところをフランケンで岡林を場外に出す
コーナーから場外へダイビングエルボードロップで追撃。リングに戻しクロスフェイスで絞りあげる

15分経過
飯伏が関本を排除して二人で攻撃を狙うが、岡林は両腕ラリアットで二人をなぎ倒す
戻った関本が佐々木をアルゼンチン、岡林も飯伏をアルゼンチンで抱える
それでも関本のラリアットを岡林に誤爆させた佐々木がフランケン
関本に狙ったミスティカは堪えられ関本がデッドリフト式ジャーマン
これを飯伏がスワンダイブでカットしたが関本はラリアットで飯伏を倒す
岡林が佐々木のバックに周り関本が岡林ごと眉山!さらに飯伏にも眉山を敢行したが、飯伏は着地
関本に対してラリアットでなぎ倒して見せた。
ならばと関本も飯伏にラリアット、飯伏を抱えコーナーにやり投げ!

20分経過
コーナーで連続ボディプレスを狙う王者組に飯伏が雪崩式フランケン。これで岡林を排除
さらに佐々木が関本を捕まえた状態で飯伏がスワンダイブ式ジャーマン!そしてフェニックススプラッシュで3カウント


○飯伏幸太
(21分33秒 フェニックススプラッシュ)
×関本大介





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【セミファイナル】
◎ドラマティック・ドリームマッチ◎
HARASHIMA
VS
棚橋弘至
▼両者の歓声が鳴り響く中、互いに様子を窺うようにリストを掴んだりヘッドロックをしたり。
棚橋のヘッドロックをシザースで切り返すHARASHIMA
棚橋はHARASHIMAを倒し膝へエルボーを落とす。そして足首を固める

5分経過
棚橋が足首を固めたまま絞るがHARASHIMAがエスケープ。離さない棚橋に場内はブーイング
棚橋はセカンドコーナーからセントーンアトミコ投下もHARASHIMAがかわす。それでもHARASHIMAの足を固めながらエアギターをする棚橋
HARASHIMAがエルボー連打してきても膝へトーキック。
HARASHIMAもカウンターでジョン・ウーを決め棚橋の膝へドロップキック
そして雪崩式ブレーンバスターも決め、正調ブレーンバスター狙い
棚橋が堪え低空ドロップキックでHARASHIMAを場外に落とし、コーナーからハイフライフローアタック

10分経過
棚橋はHARASHIMAをリングに戻すと、ロープに固定させた状態でドラゴンスクリュー2連発
続いてテキサスクローバーでさらに膝へのダメージを与えにいく棚橋。
エスケープしたHARASHIMAは延髄斬り。さらにエルボーからリバースフランケン
起きた状態の棚橋にジャンピング式蒼魔刀を発射したHARASHIMAだが、棚橋は直後にスリングブレイド
ダブルダウンから起きた両者はエルボー合戦。倒れない両者、打ち合いになりHARASHIMAが制しかけたが棚橋は張り手
HARASHIMAはパントキックを連打、つるべ落としを狙ったが棚橋はツイスト&シャウト→スリングブレイド

15分経過
ハイフライフローを発射した棚橋に山折りで迎撃したHARASHIMAは即座に蒼魔刀を発射!カウント2
HARASHIMAはつるべ落としで叩きつけるとニヤリと笑顔
棚橋の顔面へバズソーキック連打したHARASHIMAが、スワンダイブ式蒼魔刀
これをかわした棚橋はドラゴンスクリュー。さらに足を掴んだ棚橋だがHARASHIMAの張り手に対応して張り手合戦へ
HARASHIMAがこれをグーパンチ、もう一発グーパンチは棚橋がかわしドラゴンスープレックス狙い
堪えるHARASHIMAにダルマ式ジャーマンに切り替え投げた棚橋は背中へのハイフライフロー、さらに正調ハイフライフローで3カウント



○棚橋弘至
(19分0秒 ハイフライフロー)
×HARASHIMA





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【メインイベント】
◎グッドコムアセットpresens~KO-D無差別級選手権試合◎
<王者>
KUDO
VS
坂口征夫
<挑戦者>
▼眉まで染めてきた坂口。組み合ったままブレイク~再び組み合いグラウンドで殴り合う
スタンディング、坂口がローキック~ミドルキックで倒しKUDOを起こした上でミドルキック
再びKUDOを起こしボディブローからフライングメイヤー、そしてコブラクラッチ
エスケープしたKUDOに坂口はドロップキックで場外に出し、プランチャ

5分経過
リングに戻りKUDOが足四の字、リング中央で決まり苦しい坂口だがエスケープ
KUDOはボディスラム~逆立ち式ニードロップ。坂口がパンチを打ってきてもKUDOはニーリフト
場外にエスケープした坂口に向けトペ!坂口がかわすとエプロンを走ってローキック

10分経過
坂口は連続ミドル。KUDOもミドルを放つが坂口は飛びつき腕十字
起き上がってミドル合戦。坂口が串刺しにいくが、かわしたKUDOがコーナーに上がりダイビングニーアタック狙い。
これをかわした坂口が腕を固め、パンチも連打
KUDOもコーナーからダイビングダイビングダブルニーアタック!
再びミドルキックを打ち合う両者はダブルダウン

15分経過
KUDOのミドルに坂口もミドル!KUDOが手数…ならぬ足数が多くなるが坂口も対応、相討ちの一撃から再び打ち合いに
これをバックハンドブローで切り返したKUDOはコーナーへあがる
だが追いついた坂口がコーナー上でKUDOを絞めにかかる
それでもKUDOが坂口をエルボーで打ち落としニードロップ投下。そしてミドル連打
KUDOはダイビングダブルニードロップを投下したが坂口は膝蹴りで迎撃
再びダイビングダブルニードロップ狙いをニーアタックで迎撃した坂口は神の右ヒザを決める
2で返すKUDOに対してスリーパー、KUDOが外すと坂口がミドルを放ったがKUDOはスピンキック

20分経過
ダイビングダブルニードロップをかわした坂口、首筋へニーアタック!ランニングニーアタック~神の右ヒザで3カウント



○坂口征夫
(21分20秒 神の右ヒザ)
×KUDO



KUDOが坂口の腰にベルトを巻く。両者土下座の体勢で互いに礼
坂口には勝利者賞として200万が贈呈されたが、坂口はパネルを三等分に破壊→KUDO&高梨に分ける

坂口『今日は、ホントに、ありがとーございました
すげぇ色々あった自分の人生でしたが、最後に好きな団体にたどり着けました
今日、夢だったDDTの最高峰であるKOD無差別級のベルトを巻くことが出来ました
アニキと戦えて本当に誇りに思います
明日から坂口征夫、第2章、誰でもやってやるよ

本当に今日はありがとーございました』



高梨『今日のメイン勝ったのは坂口、アンタだろ?
ということはお前が今日の主役だ
今日の主役をこのまま帰す訳にはいかないだろ』



(高梨が呼び込むと御輿が現れる
北島三郎の“祭り”が流れる中、御輿に坂口を乗せてリング外周を周り花道で降ろす)



花道入場口付近に出場選手が横並び

坂口『これからも、DDT、突っ走っていくぞぉ
酒盛りだぁ!』

で酒樽を割り祝盃!





プロレスランキングへ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇