DRAGON GATE(ドラゴンゲート)試合結果速報記+α

ブログの説明を入力します。


テーマ:
[メインイベント]
◎オープン・ザ・ドリームゲート選手権試合◎
《王者》
YAMATO
VS
B×Bハルク
《挑戦者》
▼18:34ゴング。グラウンドでの攻防はまずはYAMATOが先手、チンロック→ヘッドロック
距離を取りロックアップからヘッドロック。YAMATOは走ってタックルで倒したが、ハルクはすぐに起き上がり背後へ
ハルクが逆にYAMATOを倒したがYAMATOは珍しいヘッドスプリング!ハルクもドロップキックで返しチンロック
ハルクはマウスで倒しフェイスロック。一旦外してブラジリアンキックを決めていった

5分経過
ハルクはYAMATOを場外に落としリング上で呼吸を整える。
戻ってきたYAMATOを捕まえ腕固め。逃れようとしたYAMATOを離さず固めていく
YAMATOも切り抜けるとドロップキック!さらにエプロンに逃げたハルクにロープ越しのドラゴンスクリュー

10分経過
場外のハルクにYAMATOは椅子で足を殴打!さらにリングに戻ったYAMATOはロープ越しフットスタンプwith椅子。カメラを意識したYAMATOは決めポーズ
YAMATOはリングにハルクを戻して逆片エビ固め。ハルクは悶えながらも何とかエスケープ
それでもYAMATOは執拗にドラゴンスクリュー。連発するとハルクがロープ際まで逃げたが、YAMATOは両足を掴んでドラゴンスクリュー

15分経過
続いて足四の字で固めてハルクを挑発していく。ハルクはエスケープ
ハルクの雄叫びが鳴り響くが、YAMATOは容赦せずにコーナー際でいたぶっていく
YAMATOは串刺し逆水平を放ち対角線コーナーに振ったが足がもたつき倒れこむ
そんなハルクにYAMATOが串刺しドロップキックを放ったが、かわしたハルクがコーナーに上がりミサイルキック
さらにスピンキック→ニールキックを決めたハルクがミサイルキック
これで場外に落ちたYAMATOに対してハルクはトペコンで追撃していった

20分経過
YAMATOをエプロンに連行したハルクはロープ越しDDTを決めると、続けてスワンダイブ式ニールキック
BxBスマッシュ狙いはYAMATOが切り返しコーナーに振ると串刺しドロップキックを見舞う
それでも走ってきたハルクを捕まえポスト目掛けてエクスプロイダーで投げつけた
YAMATOはエルボー!さらに走ってエルボー。ワンツーエルボーも決める
だがロープに走ったYAMATOにハルクはソバットから左右の蹴り
そして水面蹴り→トーキック→カカト落とし→その場飛びトルニージョ
YAMATOが起きるのを待ったハルクがドロップキックを狙うがYAMATOがかわす。それでもハルクはYAMATOをコーナーに上げ雪崩式E.V.Oを狙う
これをスリーパーで切り返したYAMATOだが、ハルクはしたから蹴り上げE.V.O!さらに蹴り上げてフォール。カウント2
正調式E.V.O狙いはYAMATOがギャラリア狙い。堪えたハルクが蹴り上げてからE.V.Oを狙うが、さらに切り返したYAMATOがギャラリア

25分経過
YAMATOは串刺しドロップキック!さらにハルクをコーナーにあげると、雪崩式を狙ったがハルクが頭突きで打ち落とす
しかしYAMATOはすぐに組み付きドラゴンスクリュー。続いてダイビングボディプレスは足へ向けて見舞われた
エルボーを見舞うYAMATOに、ハルクもエルボーからハイキック。続いてマウスから走ったが、YAMATOはフランケン
返されてもギャラリアを決める。カウント2。もう一発ギャラリア!カウント2

30分経過
YAMATOは背後に周りスリーパー。ハルクはバックキックで逃れ延髄斬り
YAMATOも延髄斬りを返したが、ハルクはバーンアウト→E.V.O。カウント2
ハルクはコーナー宙吊りにしてファーストフラッシュをきめたハルクは雪崩式リバースE.V.O
ローキック連打からファーストフラッシュが放たれたがカウントは2
ハルクはYAMATOを起こしセット。コーナーからフェニックススプラッシュを投下して3カウントを奪った


○BxBハルク
(32分17秒 フェニックススプラッシュ)
×YAMATO



(土井がYAMATOにストンピング)


土井『何負けとんじゃ、情けないのぅ

ハルク、今日は文句のつけようのないぐらいお前の完全勝利や

お前とは色々あったけど、俺がベルトを巻いてやるぞ』



(巻いたが、土井はすぐにひっぺがし殴打。
Kzyが土井にベルトを巻く
そんなMAD BLANKEYに解説席の望月成晃が割って入る)



望月『お前ら、何してんだ
ベルトが欲しがったらな、正々堂々挑戦しろよ
今日勝ったのはBxBハルクだ』


土井『お前なに出てきてんじゃ
そういうことならよ、俺がお前のドリームゲートの第一挑戦者じゃ』


(ここでPPV画像が天候不良で途切れ出す)



ハルク『30分戦った疲労困憊の俺に挑戦表明だと?
やってやるぞ
反則、乱入、そんなMAD BLANKEYは俺は求めてない
俺はお客さんの声が聞きたいんです
こんなBxBハルクを声援してくれる皆さんが大好きです

北海道で生まれた俺は頭がいいわけでもなく運動も出来たわけでもなく
そんな俺を拾ってくれたのはDRAGON GATEです。
先輩方や皆さんのお陰でここまでくることが出来ました。
これからも進化したBxBハルクの声援を宜しくお願いします
今日はありがとうございました』
PR
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:
◎岡村隆志選手兼社長挨拶◎


岡村『皆さ~ん、こんにちわ
沢山のお客さんに集まっていただき誠にありがとうございます
お陰様で、(と完売御礼というビジョンを指差す)

今年で15周年です。1999年に旗揚げしました
ホントに最初の5年ぐらいはこんなに沢山集まらなくて、2年目かな、控え室で悔し涙流したの覚えてます

(泣き出す)

あぁ、あれから10何年経ったのかなぁて思いますね

北は北海道から南は沖縄まで全部の都道府県行きました

はっきり見えます、15年前から来てるお客さんの顔が見えます

わがDRAGON ぼ…DRAGON GATEは初心を忘れず精進していきます
今後とも熱いご声援宜しくお願いします』






~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第5試合]
◎インターナショナル・ドリームタッグマッチ◎
CIMA
マット・サイダル
VS
吉野正人
リコシェ
▼先発はCIMAと吉野。キャッチレスリングの攻防は互角でドロップキックも相討ち
替わったマットとリコシェ。嬉しそうな表情のリコシェに対してマットが冷静に対処
CIMA&マットがダブルのドロップキック!CIMAはコブラツイストで固めにいった
リコシェもこれを抜けると自軍に連行、吉野のミサイルセントーンを呼び込んだ。

5分経過
続いてリコシェがロープを利用したアトミコ。吉野とのダブルのエルボー→ダブルブレーンバスターからリコシェが抱え込み式その場飛びムーンサルト
マットは自らのムーヴを挑発されたのに反応してカット!そのまま吉野の足を固めにいった
CIMAとの正調スーパードロルで吉野を痛めつけ、CIMAは変形膝十字で続く
エスケープした吉野に対して、二人で吉野を捕まえボディアタックを見舞う
マットのトラースキックも放たれるがカウント2。ならばとブレーンバスター狙いで抱えたが、着地した吉野が走ってドロップキック
CIMAとリコシェ。リコシェがカウンターで飛びつきスタナーを決めると、場外に逃げたCIMAにサスケスペシャル
吉野もマット目掛けてミサイルセントーン。続くドロップキックが決まるがカウント2

10分経過
マットも吉野を倒すと抱え込み式その場飛びムーンサルト。カウント2
吉野の突進をかわして場外に落としたマットはブエラデアギラ!
リング上のリコシェはCIMAにトラースキックからベナドリラー
続くスワンダイブはCIMAがかわしてスクールボーイ。返されてもゼブラスペシャルへ。
吉野がカットでリコシェが馬跳び式その場飛びシューティング
マットは吉野を倒し、リコシェはCIMAを倒すと同時にコーナーへ
すると二人が同時にシューティングで舞ってみせた
逆水平とハイキックの打ち合いからリコシェがイリュージョンを決めたが、マットが飛び付いてフランケン。

15分経過
マットが狙った雪崩式は崩れて落下すると、吉野組が猛攻。リコシェはCIMAに630
吉野はケブラータでマットを分断すると、戻ってきてCIMAにトルベジーノからソルナシエンテへ
吉野が固めてるCIMA目掛けてリコシェがシューティングでダメージを与える。がっちり固められたCIMAがギブアップした


○吉野正人
(17分7秒 ソル・ナシエンテ)
×CIMA





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[セミファイナル]
◎オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合◎
《王者組》
鷹木信悟
戸澤陽
VS
T-Hawk
Eita
《挑戦者組》
▼先発は戸澤とEita。Eitaが戸澤を場外に出してトペコンを見舞った。
替わった鷹木とT-Hawk。力比べは互角の攻防を繰り広げる
しかし王者組が徐々にペースを掴んでいきEitaを捕まえる

5分経過
鷹木のチンロック→ダブルのエルボーからボディスラム→連続セントーン
T-Hawkがカットに入りペースを戻すと、Eitaがトペコンダイブ
場外の花道で鷹木とT-Hawkが攻防。鷹木がモンゴリアンを出すがT-Hawkは逆水平からパイルドライバーon the花道
リングに戻ったT-Hawkは戸澤にもダメージを与えていく

10分経過
戸澤のロープはT-Hawkがアギラで迎撃。ミレニアルズが攻撃を仕掛けるがMONSTER EXPRESSも上手くかいくぐり、戸澤のトペ2連弾→鷹木&戸澤がダブルのダイブ(鷹木はトペコン)
Eitaは鷹木に対してクロスボディ式ドロップキックを決めたが、鷹木は捕まえデスバレー

15分経過
鷹木が挑発的に蹴っていくが、Eitaはドロップキックで迎撃
鷹木のラリアットをかいくぐり横十字も決めたがカウント2
替わった戸澤はT-Hawkに合唱式ブレーンバスター。ロープに走ってバイシクルを決めると即座にジャーマン
カットに入ったEitaに対しては連続ソバットから鷹木がスライディングパンピング
さらにダブルインパクト式ボディアタックを決めたMONSTER EXPRESS。
鷹木はMADE IN JAPANを狙うがT-Hawkがカット。ミレニアルズは串刺し逆水平からティヘリータ
T-Hawkはウラジゴクを決めたがカウントは2

20分経過
鷹木もT-Hawkを捕まえコーナーへ。STAY DREAMを狙うがT-Hawkは堪えた
そこへ戸澤が入り雪崩式ブレーンバスター。“オイオイ”と雄叫びから串刺し片足あげラリアット→鷹木がバックドロップ
合体式パイルドライバーも決めT-Hawkにダメージ。しかしT-Hawkもバックエルボー
戸澤のジャーマンは何とか耐えたが、バイシクルキック→パンピング→ジャーマンが決まる。カウント2
パッケージ狙いはEitaがイダルゴ!連続串刺し逆水平→Eitaがトラースキック→グランデ。そしてBTボムはカウント2

25分経過
鷹木が踏ん張りEitaを捕まえラストファルコンリーを狙うが、着地したEitaがNumero Unoへ。
戸澤が一旦はカットしたがEitaが再び固める。万事休すかと思われたが戸澤がカット
ミレニアルズは鷹木にもグランデと見せかけEitaは場外の戸澤にケブラータ
ベラクルス狙いは鷹木が着地、ラリアットを決めるとラストファルコンリー。カウント2
ならばとパンピングボンバーが炸裂したがT-Hawk返す
T-Hawkの逆水平に鷹木はショーとレンジのラリアットを打ち込む。
打ち合いになり鷹木がワンツーエルボー、T-Hawkはニーリフト
鷹木はラリアットから頭突き。T-Hawkも打ち返しナイトライドへ

30分経過
もう一発ナイトライドを見舞って3カウント


○T—Hawk
(30分3秒 ナイトライドE.N.D)
×鷹木信悟
PR
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
[第1ダークマッチ]
◎3WAYマッチ◎
しゃちほこBOY
VS
“ミスター・ハイテンション”琴香
VS
リョーツ清水
▼三人で組み合い、リョーツが優勢。しゃちと琴香は2人がかりで蹴りを入れるが、リョーツは2人まとめてタックル。
琴香にボディースラムを決めると、しゃちも抱え上げて投げ飛ばす。琴香とチョップ合戦を繰り広げたリョーツはネックハンギングボム
しゃちはミサイルキックを放つと、ペチョ・コン・ペチョ。続いてリング上は琴香としゃちの攻防。琴香がスイングDDTを決めて串刺し狙い
だが、かわすと、ここでリョーツが登場。2にんまとめて抱えるとエアプレーンスピンへ
フラフラのリョーツに琴香としゃちがダブルドロップキック。続いて琴香が攻勢に出るも、キックをよけたしゃちが丸め込みで勝利。


○しゃちほこBOY
(3分55秒 サムソンクラッチ)
×琴香




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第2ダークマッチ]
スペル・シーサー
K-ness.
VS
U-T
ヨースケ・サンタマリア
▼先発のU—Tとシーサーは巻き投げ合戦からドロップキックの打ち合いも同士討ち
替わったマリアはK-ness.とのじゃれあい。添い寝で精神的ダメージを与えると、U—Tが抑えてのケツを徐々に近づける攻撃
替わったシーサーのチョップに対してマリアはチクビーム!だがシーサーはドロップキック
続いてK-ness.の昇龍脚もマリアは2で返す。
冷静なシーサーはマリアのドロップキックを察知してかわすが、マリアはヒップアタック!さらに場外に出して鉄柱越えプランチャで分断

5分経過
U—Tは動きで翻弄するが、K-ness.が抵抗
シーサーがヨシタニックを狙ってもマリアがキスで妨害。マリアはシーサーに狙い撃ちで3カウント


○ヨースケサンタマリア
(6分23秒 狙い撃ち)
×スペル・シーサー





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第1試合]
◎15周年記念スペシャル6人タッグマッチ◎
望月成晃
ドン・フジイ
Gamma
VS
獣神サンダー・ライガー(新日本プロレス)
ウーハー・ネイション
“ハリウッド”ストーカー市川
▼いきなり望月がスーパーケンカキックで市川をフォール。秒殺してしまった


○望月成晃
(0分5秒 スーパーケンカキック)
דハリウッド”ストーカー市川


市川『ちょっと待ってよ!』


ライガー『望月、今日東京きて、コスチューム着替えて何もやってないよ
ウーハーも何もやってないよ』




[再試合]
望月成晃
ドン・フジイ
Gamma
VS
獣神サンダー・ライガー(新日本プロレス)
ウーハー・ネイション
“ハリウッド”ストーカー市川
▼市川が再び望月に蹴られたが何とか返す。ウーハーのパワフルな攻撃に続いてライガーも大暴れ
しかし、市川が再び替わるとベテラン軍に狙われ始める
Gammaの汚水から望月がランニングミドル!
フジイの強烈なチョークスラムも決まったが、市川は2で返す
するとセカンドコーナーからカンチョーで切り抜けタッチ
ライガーがGammaを抑えてウーハーが市川をGammaのケツにぶん投げる
結局、ベテラン軍が椅子の上に市川をチョークスラムで葬った


○ドンフジイ
(8分0秒 チョークスラムon the椅子)
דハリウッド”ストーカー市川





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第2試合]
問題龍
パンチ富永
VS
ジミー・神田
ジミー・カゲトラ
▼先発の富永をジミーズが連携で攻め立てる。しかし問題龍のカットでペースを戻すと、富永も調子に乗ってくる
問題龍もカゲトラの攻撃を急所へのパンチ→フライングネックブリーカードロップで分断
カゲトラのアパッチパンチが富永に繰り出されたが、富永はパチキで迎撃
しかし神田が入りジョン・ウーを成功させる。そして琉Sの体勢に入ったが富永が椅子を振り回す
レフェリーにも暴行して反則を取られた


○ジミー神田
(4分55秒 反則勝ち)
×パンチ富永





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◎ドリームゲートの意気込み◎


ハルク『DRAGON GATE15周年、記念すべき大会にメインイベント出れて光栄です
皆さんの声援で頑張りますので宜しくお願いします』



YAMATO『おい神戸!
遡って8年前の7月、俺はプロレスラーとしてデビューした
当時は鷹木信悟、BxBハルクが期待されていた
だが時はたち、俺がスリータイムスチャンピオンになった

俺とハルク、どっちが勝つと思う?

(ビミョーな反応)

ハルク、今日は力の差を見せつけてやるからな』

[第3試合]
◎オープン・ザ・ブレイブゲート選手権試合◎
《王者》
フラミータ
VS
ドラゴン・キッド
《挑戦者》
▼まずはキッドが羽交い締めからスナップメイヤー。フラミータはヘッドスプリングで対抗
フラミータがキッドを場外に出してのトペコンで会場を沸かせた
リングに戻るとキッドが徐々にペースを掴みだし、コーナー際にセットしてコーナーtoセイムコーナー
さらにソバット、変形膝固めで足を封じにいく

5分経過
フラミータもカミカゼ→前転でキッドを越えてその場飛びムーンサルト!
キッドもコーナーに振られたのをトラースキックで迎撃!デジャヴで場外へ出すと、バミューダトライアングルを見舞う
さらにリングでミステリオラナを決めたキッドだったが、フラミータもフランケンで切り返しシャイニング弾

10分経過
キッドはエルボーからクリストで固めたが、フラミータは変形デスバレーで叩きつけ変形のライオンサルト
そしてクラッチを外さず連続ブレーンバスターからレタドールを見舞ったがカウント2。
フラミータがコーナーに上がったが、キッドが追い付きスーパーフランケンを見舞ったがカウント2
ウルトラ狙いは読まれメサイヤに切り返したがフラミータは返す
ならばとバイブルの体勢はフラミータが強引にみちのくドライバー
さらにファイヤーバードを決めるもキッドは返す。
フラミータのタイガードライバー狙いも切り返したキッドはウルトラウラカンラナを今度こそ決めた。
2で返されドラゴンラナ狙いはフラミータがかわしてフラムフライ。そしてフルネルソンからの山折りも決まるがカウント2

15分経過
キッドは即座にバイブルもフラミータが返す。ならばとウルトラウラカンラナはフラミータが耐えて強引にパイルドライバーで叩きつけた
そしてフラムフライで3カウントを決めた



○フラミータ
(15分57秒 フラムフライ)
×ドラゴン・キッド






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[第4試合]
◎オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合◎
《王者組》
土井成樹
サイバー・コング
Kzy
VS
堀口元気H.A.Gee.Mee!!
ジミー・ススム
Mr.キューキュー“谷嵜なおき”豊中ドルフィン
《挑戦者組》
▼MAD BLANKEYの奇襲でゴング。三階席での攻防に付いていったカメラマンが落ちるアクシデントも発生
落ち着いてリングに戻ると、ススムが土井との攻防。ススムがタックルで倒した
替わった谷嵜がカサノヴァでサイバーを攻撃、堀口とのダブルの攻撃も決めた
そしてゴムパッチンはKzyの頭目掛けて発射!!
谷嵜はココナッツクラッシュ連発→河津落としで沸かせたが、堀口に替わるとKzyがB-BOY

5分経過
その勢いでエクステが取れて意気消沈の堀口にサイバーがコーナーからフライングラリアット
土井はターンバックルのカバーで殴打、土井のアトミコ→Kzyのシルバーブレッドで続く
さらにサイバーはマフラーホールドで固め堀口を痛めつける
場内の“H.A.Gee.Mee!!”で復活した堀口がスイングDDTで切り抜けると、ススム&谷嵜が入りMAD BLANKEYを場外へ!トリプルダイブで追撃した

10分経過
リングに戻った谷嵜がカサノヴァ!しかし土井がすぐに反撃
それでも谷嵜が巻き込んでヒザ→インプラント狙い。
これはKzyがカットしてMAD BLANKEYがペースを掴もうとしたが、サイバーがコーナーに上がるとススムが追い付き雪崩式エクスプロイダー
ジミーズが攻め立てようとしてもMAD BLANKEYが上手く入りペースを掴ませない。KzyのBEAT-BOMBからサイバーのダイビングエルボー
KzyのKz timeは読まれススムがジャンボの勝ち!。谷嵜のカサノヴァ→夢限もカットに入る
MAD BLANKEYはそのまま串刺しトレインはジミーズも仕返し
ススムのジャンボの勝ち!→インプラントが決まったがMAD BLANKEYがカット

15分経過
ススムとのラリアット合戦を制したサイバーがファイヤーサンダー。
しかしススムは入ってきた土井にジャンボの勝ち!固め。これを土井が切り返し丸め込み合戦
塩を取り出したMAD BLANKEYにジミーズが阻止。結局この奪いあいの隙をついたMAD BLANKEYが塩噴射→ボックス
そしてサイバーのパイナップルボンバーから土井がDOI555→バカタレで3カウント



○土井成樹
(17分29秒 バカタレ・スライディングキック)
×ジミーススム




土井『へっへ(と気持ち悪い笑み)
俺たちMAD BLANKEYが正々堂々と、ジミーズから勝ったぞぉ。

(ブーイング)

何がブーじゃ!お前らがブーじゃ。
お前ら俺の話を聞け
何がDRAGON GATE15周年や、今日はな、MAD BLANKEY祭りなんや!
メインイベントではYAMATOがドリームゲートを防衛するからお前ら楽しみにしとけよ』
PR
いいね!した人  |  コメント(3)

[PR]気になるキーワード