DRAGON GATE(ドラゴンゲート)試合結果速報記+α

主にプロレス団体DRAGON GATEの主要大会の試合経過をリアルタイムだったり、数時間遅れだったりでお伝えしてます。
他に新日本プロレス、DDT、大日本プロレス、K-DOJO、NOAH、東京愚連隊etcも


DRAGON GATE(ドラゴンゲート)というプロレス団体の試合速報記を主に書いてます。
まぁ他の団体も書きますが

テーマ:
I hardly understand WWE & English,so I report the results of WWE match in Japanese.Sorry

【Opening Macth】
セザーロ(Cesaro)
VS
ディエゴ(Diego)

with
フェルナンド(Fernando)
エル・トリート(El Torito)
▼序盤、セザーロのエルボースマッシュが決まり歓声が沸く、ディエゴが抱えようとしたがセザーロが堪えてスクワット式ブレーンバスター
ディエゴは場外に逃げてフェルナンドと替わり困惑させようとするがセザーロは冷静に対処
セザーロは場外戦を経てダイビングボディプレスを敢行したが、ディエゴがかわしてスワンダイブ式ギロチンドロップ
さらに背後からスリーパーで絡み付いたディエゴ、セザーロは危うく膝をついたが、力任せに抱えブレーンバスター

5minutes fast
さらにショルダースルーを決めたセザーロは対角線コーナーに振って串刺しエルボーを連発
トリートが介入して混乱を狙うがセザーロはトリートをコーナーに座らせ頭をペチン
セザーロがペティグリーを狙ったところにもトリートが入ってきたが、これも冷静に排除したセザーロはディエゴをセザーロスイングで26回転。
そしてシャープシューターでgive up


○Cesaro
(8m13s Sharp shooter)
×Diego





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【2nd Macth】
シン・カラ(Sin Cara)
カリスト(Kalisto)
VS
ビッグE(Big E)
エグザビア・ウッズ(Xavier Woods)
▼先発はウッズとカリスト。カリストがスワンダイブ式の攻撃で翻弄。
替わったシンカラがコーナーtoセイムコーナーを決めたが、再びカリストが出るとウッズが捕獲してビッグEにホイップ。ビッグEは軽々と投げた
ウッズがさらに攻めこむがカリストはチンクラッシャー。それでも体格に勝るウッズが押さえ付けビッグEのレッグドロップも呼び込む
そしてビッグEがコーナーから雪崩式パワーボムを狙ったがカリストがフランケンで切り返す
替わったシンカラがスワンダイブ式のボディアタックやミサイルキックで攻めていく
しかし続くスワンダイブ式のアタックをビッグEが受け止めパワースラム。
ウッズも追撃していくが、シンカラはアームホイップで場外に出すとカリストとの同時発射トペ
リングに戻るとスクリューキックを決めたカリストがスワンダイブ式450゚で3count


○Kalist
(6m31s Springboard method 450゚)
×Xavier Woods





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【3rd Macth】
ネヴィル(Neville)
VS
クリス・ジェリコ(Chris Jericho)
▼日本でも馴染みな二人だけあって場内は大歓声
ライオンハートことジェリコがリストを掴めば、PACことネヴィルも低空ドロップキック
バッグに回ったネヴィルだがジェリコは弓矢固めで切り返す。
日本式のテクニックの攻防を見せる両者、まずはジェリコがエプロンのネヴィルに二角蹴りで場外へ落とす
場外で逆水平を見舞ったジェリコはネヴィルをリングに戻してダイビングボディアタック
さらにヘッドロックで固めたジェリコ、ネヴィルもボディブローで切り返すがジェリコは延髄斬り
コーナー際で串刺し逆水平を決めたジェリコは、ネヴィルに対角線に振られてもエルボーで迎撃
続いてヘッドロックに捕らえたジェリコ、起き上がるネヴィルに膝蹴り→逆水平
ネヴィルもソバットからガットショット!ジェリコはすぐにコーナーにあがりボディアタック→逆水平
ウォールオブジェリコ狙いはネヴィルが阻止してコーナー際でストンピング!
さらにソバットを決めたネヴィルがコーナーに上がったがジェリコが体ごとぶつかり阻止
そして雪崩式の攻撃を狙うジェリコだがネヴィルが叩き落とす
続いてファイヤーバードを放ったがジェリコがかわして自爆。ジェリコがウォールオブジェリコに繋げてギブアップを狙ったがエスケープ

10minutes fast
ジェリコはストンピングから走り込むがネヴィルがアームホイップでジェリコを場外に出しブエロデアギラ!場内大歓声
ネヴィルはリングにジェリコを戻すとスプリングボード式ミサイルキック、さらにシューティングスターもカウント2
ジェリコは逆水平を連打すると、走ってきたネヴィルにも攻撃!さらにはライオンサルトも決めていった
ジェリコはネヴィルを起こすと対角線コーナーに振る、ネヴィルが反撃したが続くダイビングスレッジハンマーはジェリコが下から迎撃

15minutes fast
ジェリコが強引にジャーマンを決めたが、ネヴィルはトラースキックを連発。そしてレッドアローを放った
これをジェリコは膝で迎撃するとウォールオブジェリコでgive up


○Chris Jericho
(16m18s Wall of Jericho)
×Neville






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・ここで煽りVにレスナーが国技館に入るところが映し出される



【4th Macth】
◎Diva Championship Triple Macth◎
ペイジ(Page)
VS
ニッキー・ベラ(Nikki Bella)
VS
タミーナ(Tamina)
▼タミーナがペイジを攻めフォール、これはベラがカット。ベラはクロスボディ式キックでタミーナを攻撃するが、タミーナはDDT
ここでペイジが入りベラと二人でタミーナをブレーンバスター
タミーナを排除すると、ベラがペイジを攻め立てる。ペイジもパントキックで応戦
ベラはペイジをコーナーに座らせ雪崩式狙い。そして雪崩式ブレーンバスターを決めていった
ここでタミーナがフォールを横取りするがカウントは2
ベラがスタナーを決めたがペイジは2で返す

5minutes fast
ペイジも変形DDTで突き刺すがベラは返す。
ペイジは雄叫びからシャープシューターへ。しかしタミーナがカット
タミーナがベラをバックフリップ!コーナーに上がってスーパーフライを決めたがかわされて自爆
ベラがすかさずエルボーを入れてフォールすると3count


○Nikki Bella
(7m3s Elbow bat)
×Tamina





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【5th Macth】
◎Special Macth◎
ブロック・レスナー(Brock Lesnar)
VS
コフィ・キングストン(Kofi Kingston)
▼開始と同時にキングストンが場外に逃げる。冷静なレスナーはこれを追わず戻ってきたキングストンのクロスボディもキャッチ
さらにクロスボディ式キックも冷静に受けきるとジャーマンで投げっ放す。さらにジャーマンで投げたレスナー
もう一発ジャーマンで投げたレスナーはキングストンが起き上がるのを待って抱えるとF5で3カウント


○Brock Lesnar
(2m36s F5)
×Kofi Kingston



~場内からの“ワンモアタイム”に応えてジャーマン、F5をキングストンに決め、介入したNew daysの面々にもF5~





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【Semi final】
◎NXT Champion ship Macth◎
<王者>
ケビン・オーエンズ(Kevin Owens)
VS
フィン・ベイラー(Finn Balor)
<挑戦者>
▼ベイラーがいきなりドロップキック、場外に逃げたオーエンスにもプランチャで追撃
リングにオーエンスが戻ってもすかさず逆トペで迎撃。場外でドロップキックを決めていった
再びリングに戻るとオーエンスが攻撃!それでも飛びついたベイラーをオーエンスはキャッチしてバックフリップ
オーエンスはストンピングでいたぶり挑発的な挨拶を場内四方に。
起き上がったベイラーが突進してもエルボーで迎撃したオーエンス
ベイラーがスワンダイブの攻撃を狙っても、叩き落としたオーエンス

5minutes fast
クロスフェースで固めたオーエンス、ベイラーも低空ドロップキック
一進一退のまま進み、オーエンスのエルボーに対してベイラーはオーバーヘッドキックで対応
そして走ってきたオーエンスをロープを掴んで場外に落とすとノータッチトペコン
リングに戻ったオーエンスにはクーデグラを敢行してリバースブラディサンデーも見舞う
続くクーデグラをかわしたオーエンスが串刺しセントーンアトミコ!そしてライツアウト。カウント2
オーエンスはベイラーが起きるのを待ったが、ベイラーはスリングブレイドを決めた
続いてクーデグラ狙いはオーエンスが追走したが、ベイラーが叩き落としクーデグラ。しかしカウント2

15minutes fast
ベイラーはオーエンスをコーナーに座らせコーナー上でエルボー連打。そして雪崩式狙いもオーエンスが抵抗
一旦着地したベイラーが雪崩式を狙ったが、オーエンスが抱え雪崩式カミカゼ
そしてスワントーンボムを見舞うがカウント2
起きたベイラーがブラディサンデーもオーエンスは2で返す
スリーパーからスリーパースープレックスも決めたオーエンスだがベイラーはこれも返していく
ならばと打撃でいたぶるオーエンス、これにベイラーはラリアット→ジョン・ウー→低空ドロップキック
そしてクーデグラを決めると場内の合唱と共に3count



○Finn Balor
(19m22s Coup de grace)
×Kevin Owens






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【Main event】
ジョン・シナ(John Cena)
ドルフ・ジグラー(Dolph Ziggler)
VS
ケイン(Kane)
キング・バレット(King Barrett)
▼バレットとジグラーで先発。バレットが優勢に終わるシナとケイン。シナが走ってきてもケインがタックルで迎撃

5minutes fast
替わったバレットはシナにスリーパー。おんぶ状態でしがみ付き絞めるがシナはバレットごとコーナーポストにぶつかりにいく
替わったケインにボディブローを連発していくがケインはシナをキャッチしてアバランシュホールド
体格差を生かしてシナを追い込んでいったケイン組。バレットはシナがコーナーから狙った攻撃をパントキックで迎撃
続けてスリーパーで絞めにいきシナを苦しめていく。
シナもAAで切り抜けたがケインが上手くカット、ダイビングボディプレスも見舞う。
バレットもコーナー二段目からのダイビングエルボー。もう一発ダイビングエルボーはシナがかわす
替わったジグラーはドロップキック、RKO、エルボードロップと続けるがカウント2
バレットはビッグブーツで対応して場外へ追いやった。

15minutes fast
リングに戻りケインが滞空式ブレーンバスターで叩きつけたがカウントは2
バレットもパントキック連発、サーフボードストレッチと続けジグラーを苦しめる
ジグラーのエルボーはバレットがキャッチするが、ジグラーが体勢を変えてフォール。
ケインが入りジグラーをチンロック。“レッツゴージグラー”のチャントに復活したジグラーだが、ケインはジグラーの突進を受け止めアラバマスラム
替わったバレットがジグラーをロープに固定してニーリフト3連発
場外エスケープしたジグラーが戻ってきてもチョーク気味にスリーパーで絞めていく

20minutes fast
ジグラーが走ってもキャッチしたバレットがスクラップバスター
替わったケインもいたぶるが、ジグラーが上手く急所蹴り
しかしケインがすぐに蹴りバレットもエルボー。ケイン&バレットがダブルのエルボー
対角線コーナーにジグラーをぶつけチョークスラムの体勢に入ったケインだがジグラーはDDT
替わったシナが一気にファイブナックルシャッフル。ジグラーのトラースキックからケインにAA。
これでバレットを孤立させジグラーのトラースキック→シナがAAで3count


○John Cena
(23m49s Attitude adjustment)
×King Barrett




プロレスランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(2)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
~7月20日神戸ワールド記念ホール大会にて
BxBハルク&ビッグR清水
vs
鷹木信悟&田中将斗
が発表された



【セミファイナル】
◎International Generation 6人タッグマッチ◎
CIMA
リコシェ
マット・サイダル
vs
吉野正人
土井成樹
YAMATO
▼CIMA組はCIMAが先に入場、続いてマット→リコシェ
一方は土井→YAMATO→吉野の順で全員個別入場

★先発はCIMAと吉野。互いに緊張感のあるグラウンドを展開、ドロップキックも相討ちに終わるとヘッドスプリングも同時
YAMATOとマットにスイッチ、マットがヘッドロックからロープに振るがYAMATOがタックル
YAMATOがヘッドロックに捕らえると、マットはYAMATOの腕を逆上がりして切り抜けドロップキックを見舞う
リコシェと土井。リコシェがコルバタからドロップキックで土井を場外に出してトペと見せかけてのバク宙フェイント。土井は場外で客席後方に逃げていった

5分経過
リコシェは出てきたYAMATOを挑発する全知全能ポーズ、CIMAに替わるとYAMATOが攻勢に出て自軍で吉野の高角度ミサイルを誘発
土井もCIMAを押さえると、吉野が出てきて土井吉連携!
YAMATOはCIMAを捕まえ『正人!』と同じ名前の吉野との連携を決めて全知全能ポーズ
吉野も連なるようにポーズを決め、コーナーに控えてからも手鏡で自惚れる
そんな二人を嘲笑うようにリコシェ→マットが連続でロープ越しのアトミコ


さらにマットはタイガースピン


10分経過
土井も『マット、マットてやかましいんじゃ』と観客をヒートさせると、急所蹴りから自軍へ連行
マットに対して連続串刺し攻撃をした現世代軍はYAMATOが直後に垂直落下式ブレーンバスター
さらに対角線コーナーはマットがカウンターの蹴りからYAMATOの腕を逆上がりして膝蹴り、土井にもスクリューキック
リコシェがスワンダイブボディアタックで入ると、CIMAとのダブルドロップキックで現世代を場外に
CIMAのトペに続きマットがブエロデアギラ、リコシェは対角線鉄柱越えのブエロデアギラ
そんなCIMA組のスゴワザにも、YAMATOは冷静にリコシェにエルボー。もう一発エルボーを決めたYAMATOだが、リコシェはロープに振られたのを利用してその場飛びフットスタンプ

15分経過
ベナドリラーこそガードされたが、デュランダル→CIMAのスーパードロルからリコシェ&マットが同時にその場飛びシューティング。さらにリコシェのロコモーション式ノーザンライトからCIMAのマッドスプラッシュも決まる
追撃狙いのマットに吉野がスリングブレイドでカット
すると土井がCIMAにDOI555→バカタレ
これをリコシェがカットして串刺しドロップキック、続いてCIMAがシュバインを土井に決めリコシェが630゜→マットがシューティングで決めて3カウント


○マット・サイダル
(18分29秒 シューティングサイダルプレス)
×土井成樹



一瞬、土井&吉野が手を組むと見せかけ三人で手を挙げたが、結局土井&YAMATOが吉野をストンピングした






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【メインイベント】
◎New Generation(新世代)vs Current Generation(現世代)6人タッグマッチ◎
T━Hawk
Eita
ビッグR清水
vs
B×Bハルク
鷹木信悟
戸澤陽
▼先発は戸澤とEita。戸澤がいつも通りのテンションでおちょくる。
鷹木とT-Hawkは肉弾戦、タックルでT-Hawkが押しきった
Eitaに替わると戸澤が顔面を蹴りあげる。鷹木も挑発するように蹴り、戸澤はバンダナを奪って巻いた

5分経過
ハルク&戸澤が連携、戸澤のキャメルクラッチ+ハルクのカカト落とし
ハルクがEitaを押さえている間に鷹木は一直線に走り清水に向かっていったが場外では清水が逆転
リング上で他の選手が戦っても鷹木と清水は一触即発で、清水は本部席机に鷹木を打ち付けた
リング上はEitaが戸澤を変形サーフボードに捕らえたが、鷹木がニードロップでカット

10分経過
それでも清水が戸澤を抱えながらの膝蹴りを見舞うと、そのままバックフリップで投げつけ亀有公園前固めで苦しめた
戸澤に対して清水→Eitaの連続串刺し攻撃から清水が旋回式バックフリップ。
Eitaは逆水平を放って対角線コーナーへ戸澤を振るが、戸澤がバイシクルを決める。入ってきた清水の巨体もバックドロップ
替わった鷹木が清水にパンピング!T-Hawkにもパンピングで場外に出すと、戸澤がトペスイシーダを3連発
リングに戻したT-Hawkには、ハルクが左右の蹴りからカカト落とし。さらにその場飛びトルニージョ
E.V.O狙いはT-Hawkが堪えて逆水平、対角線コーナーに振って串刺し逆水平→ウラジゴク

15分経過
鷹木と清水がリングイン。ブレーンバスター合戦は清水が制すが、追撃狙いは鷹木がショルダースルー
スタンディングのエルボー合戦では清水が優勢、鷹木はグーパンチで活路を見いだしランニング式のグーパンチ
一方清水も珍しいラリアットを繰り出したが鷹木もすかさずラリアット。
両者、戸澤とEitaにタッチ。Eitaのその場飛びムーンサルトを膝で迎撃した戸澤は合唱式ブレーンバスター
ハルクの串刺しから戸澤も串刺しエルボー+同時にハルクがスピンキック
ミサイルキック+バックドロップも火を吹いたが、新世代が上手くカットしてT-HawkがBTボム
カットした鷹木が清水に攻撃、コーナーに座らせたが清水が叩き落とす
直後に戸澤が追走して雪崩式ブレーンバスターを決めると、雄叫びから片足あげラリアット→片足あげエルボー→ハルクは片足あげフロントハイキック
戸澤は清水をデッドリフトで投げたがT-Hawkがカット、しかしT-Hawkの逆水平を受けつつもデッドリフトで投げた戸澤
T-Hawkもアギラ風に抱えEitaがトラースキック→清水が砲丸投げの構え、鷹木がカットに入り清水にスライディングD
ハルクがノータッチトペコンでミレニアルズを分断、鷹木は清水にワンツーエルボーを喰らわせたが清水もベイダーアタックで反撃
だが、これを受けきった鷹木がMADE IN JAPANで3カウント



○鷹木信悟
(23分32秒 MADE IN JAPAN)
×ビッグR清水




鷹木『よ~しメインイベント、誰がどう見ても現世代の勝利だ
おい清水、お前ケンカ売ってきたわりにはそのざまは何だ?
神戸ワールドではあの弾丸戦士、だだ……弾丸戦士田中将斗が来るけどな
最後、田中さんのスライディングD真似したけど本家はこんなもんじゃねえぞ

(鷹木が清水に暴行するとハルクが止めに入り清水と退場)


それからミレニアルズ、お前らドリームとブレイブやるらしいけどよ
チャンピオンに逆指名されただけで何の努力もしてねえ
キャンセルするなら今のうちだぞ』



T-Hawk『お前にタイトルマッチのこと言われる筋合いねえぞ
俺たち超新世代はお前らと違う。
お前とハルク、戸澤、吉野、YAMATO、土井を追い抜いてやるからよ』


(MAD BLANKEY入場)


土井『おいT-Hawk
お前みたいなクソガキが気安く名前呼んでんちゃうぞ
神戸ワールドのメインにお前が上がるのは納得いかんぞ
一万人規模の大会やぞ!緊張して足が震えておしっこチビるぞ
ミレニアルズ言うてもお前ら二人とフラミータしか機能してへんやないか
そんなことより来月の後楽園は何か知ってるか?スキャンダルゲート言うんや
スキャンダル見たいよな?
単刀直入に言うぞ。お前ら、解散かけろ!』


T-Hawk『なんで急に解散かけなきゃいけないんだ
(と言いつつMAD BLANKEYにも解散要求)』


(土井が一旦拒否すると、ミレニアルズは『お前らビビってるんだろ?』
と指指しながら“ビビってる”コール
土井が『小学生ちゃうぞ』と言いつつ受諾)



八木『二人とも解散かけるって言ったね』


(と進んだがYAMATOがストップ
『俺たちよりも解散かけるべき賞味期限の切れたユニットがあるよな?』
とジミーズをよびだす

3WAYによる解散マッチへ。ユニット全員がフォールかギブアップしないといけない特別ルール)


(ミレニアルズが残る)



T-Hawk『俺とEitaとU━Tで始まったミレニアルズ、後から入ったマリア、Kotoka、リンダ
俺はこのユニットが大好きです
まだまだマイクもいまいちかもしれない、試合もまだまだかもしれない
でも、俺たちにはDRAGON GATEの未来がかかってる。俺たちは残らないといけない
神戸ワールドで俺とEitaがベルトを巻いて大きくなって帰ってきますので皆さん応援よろしくお願いいたします
今日はありがとーございました』




プロレスランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
~菊池アナは柄物のシャツに黒いベスト~


【第0試合】
新井健一郎
vs
しゃちほこBOY
▼序盤、アラケンがロープに鯱を振ったが鯱が飛びついて人工衛星ヘッドシザース。そして『(多分)声出していこう』
アラケンはアームドラッグからフォール、さらにフライングメイヤーからそのままフォールと虚をつく攻め
アラケンはトーキックからDDTで突き刺すもカウントは2。ならばとロープに鯱を固定して足へストンピング
さらに鯱を寝かせフットスタンプも鯱がかわす。鯱は続けてアームドラッグ→起こしてドロップキック
アラケンが場外に逃げるとペチョコンペチョを見舞っていった

5分経過
リングに戻っても首固めで体力を奪いミサイルキックを決めて側転その場飛びムーンサルト
アラケンもジャイアントスイングからジャックナイフで固めるが鯱は返す
チョップ合戦から鯱がカサドーラ→マヒストラルと続けたがアラケンは丸め込み返す
それでも鯱がムーンサルトを放ったがアラケンはかわす。そしてパイルドライバーで突き刺すと3カウント


○新井健一郎
(7分52秒 ドリルアホル・パイルドライバー)
×しゃちほこBOY





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第1試合】
U━T
ヨースケ・サンタマリア
Kotoka
エル・リンダマン
vs
Gamma
ジミー・神田
Mr.キューキュー“谷嵜なおき”豊中ドルフィン
マイク・サイダル
▼ミレニアルズ陣営がマリアが出るや連合軍は嫌々ながらも谷嵜が登場
“ミスターキューキュー”コールを後押ししたGammaもすぐに登場するや、テンションの上がったマリアが社交ダンスの決めポーズ風キスを狙う
Kotokaに替わるとミレニアルズが次々と連携を見せると神田に串刺し連続攻撃、マリアは唇をつきだす
しかし神田も反撃、谷嵜とのダブルドロップキックからGammaがマーライオン汚水狙い。
だがマリアは自ら着地点に移動して受け止め『美味しい』さらに谷嵜をアームドラッグ
替わったリンダが連続で払い腰を決めると、U━Tもコルバタで連合軍を場外に出してKotokaとダブルのトペ

5分経過
GammaはKotokaのコーナーからの攻撃をケツを捲って阻止、アックスボンバーからガンマスペシャル狙い
これをKotokaがしがみついて阻止したが、Gammaがフラップジャック!
連合軍が串刺し攻撃の連続からマイクがKotokaに鎌固め、しかしマリアがマイクにキスでカット
入り乱れリンダが谷嵜に背負い投げを決めたが神田がカット
ジョン・ウーは阻止されてしまったがマイクが上手く入ってムーンサルト!
これはミレニアルズがカットに入るがGammaがガンマスペシャル狙い
これをケツを捲って逃れたU━Tだったが神田にアラバマスラム→琉Sと決められ下克上エルボーで3カウント


○ジミー神田
(9分6秒 下克上エルボードロップ)
×U━T





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第2試合】
ドン・フジイ
斎藤“ジミー”了
vs
問題龍
パンチ富永
▼MAD BLANKEYが自転車兄弟の入場を襲ってゴング。場外を経てリングで問題龍が斎了を羽交い締め
富永がリングを滾りながら一周するが、その間に斎了は問題龍を排除して何事もなかったように自軍コーナーへ
しれっと替わったフジイは富永にラリアット、逆水平。
それでも問題龍がフジイの足を引っ張りアシストすると富永は監獄固め。『どうしたフジイ』と挑発するがフジイが下から張り手
しかしながら富永はフジイをコーナー際にセット、滾りながら踏み潰す。いつもの教訓からか仰け反る時の頭の着地点にタオルを敷いてもらったが斎了が投げ捨て意味なし

5分経過
PTミサイルキックをかわされこそしたが、問題龍と二人でのドロップキックから斎了を攻める
だがフジイがカットして串刺し逆水平&グーパンチ
問題龍もろともDDTでダメージを与えると、チョークスラムから斎了がPTムーヴつきダイビングボディプレス
フジイが問題龍&富永に両腕ラリアットを放つが富永は仰け反りかわす
それでも斎了がすかさず攻撃、最後はダブルクロスでトドメをさした


○斎藤“ジミー”了
(9分33秒 ダブルクロス)
×パンチ富永





~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第3試合】
ドラゴン・キッド
スペル・シーサー
vs
K━ness.
サイバー・コング
▼先発のシーサーがK-ness.にアレハンドロック。しかしカットに入ったサイバーがパワーで攻め立てる
再度登場のK-ness.も対角線コーナーにシーサーを振って武藤敬司ばりのフェイスクラッシャー!控えるサイバーに振ると、サイバーは水噴射

5分経過
サイバーが尚もシーサーをいたぶっていくと、キッドが“シーサー”コールを誘発
シーサーがエルボースマッシュで反撃するがサイバーは交通事故で流れを引き戻す
そしてコーナーに上がったサイバーだがシーサーが倒立からのコルバタ。替わったキッドもK-ness.にドロップキック、サイバーに619
シーサーがプランチャで場外のサイバーを追撃すると、リング上ではキッドが串刺しエルボー
K-ness.もハイキックを決めたがキッドはクリスト。しかしサイバーがカットして串刺しラリアット→ジャックハマー
コーナーに上がったサイバーは溜めを作ってダイビングエルボーを投下。
続いてK-ness.がコーナーはシーサーがカットに入りキッドがスーパーフランケン

10分経過
ヨシタニック狙いのシーサーをラリアットでカットしたサイバーが改めてパイナップルボンバー
K-ness.が介錯を決めたが、シーサーはフォール狙いをヨーロピアンクラッチで切り返す
これを返したK-ness.は光の輪で3カウント


○K━ness.
(11分11秒 光の輪)
×スペル・シーサー





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【第4試合】
望月成晃
Kzy
vs
堀口元気H.A.Gee.Mee!!
ジミー・ススム
▼先発のKzyはススムに対していきなりKzyムーヴ、ウェーブもやらせて上機嫌だったがススムがキチンシンク
替わった堀口は望月にトペモリモトで自爆、望月がミドルを見舞うが堀口もすぐにコルバタ
そしてKzyを捕まえた堀口はゴムパッチンを宣告、奪った望月が客席階段を上がるも自爆してしまった
ススムはKzyをフライングメイヤー、替わった堀口もフライングメイヤーから懐かしのGHロック
ススムはスイングネックブリーカーで叩きつけ、バックブリーカーから肩固め

5分経過
堀口はKzyに『ほら立てエクステ野郎(場内は“え~”)』から垂直落下式ブレーンバスター
KzyもカウンターでB-BOYを決めると、望月はスワンダイブミサイルでススムに攻撃
中央でミドルを3連発放てばススムもジャンボを3連発。望月がさらにミドル連発してもススムも対応した
堀口はダイヤモンドカッターでKzyを攻撃したが、望月がフロントハイキックでカットへ
KzyがBEAT-BOMBからコーナーに上がってKz time狙いはススムが追走して雪崩式エクスプロイダーから堀口がダイビングボディプレス

10分経過
望月が入り堀口を蹴るが堀口はバックスライド。ススムにジャンボをさせなかった望月が逆にラリアットを狙ったがススムもガード
そして至近距離からジャンボを決めたススムだが、直後にKzyがスカイデ!
返されても逆さ押さえ込みを堀口に決めて挑発したが、返した堀口が本家のバックスライド
これを返したKzyが韻波句徒で叩きつけ3カウント


○Kzy
(12分11秒 韻波句徒)
×堀口元気H.A.Gee.Mee!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇