横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:

https://www.youtube.com/watch?v=eNQQDWrCVJY

 アメブロの記録が失くなってしまわないかと、念のため1ヶ月に1回だけ、駄文を記録しておく。

 これはちょっと前にはまった歌。

 しばらくぶりに思い出して娘に教える。娘もはまってくれたのはどこか嗜好が似ているいるからだろう。

 年末の中学時代の同級生との忘年会では、おなじオタク野郎の集まりでも、ぼくは少し嗜好が違うのだという話になった。

 世界を人工知能が支配するとかなんかの話になったときに、小学生の時の漫画で「スーパー巨人」という漫画があったということを引き合いに出したが、同じ漫画マニアの全員がだれも知らなかった。漫画の雑誌社に勤め編集長までやっているのに知らない。調べると、秋田書店のチャンピオン掲載で、時期的には小学4年生のときの作品らしい。

 小学4年生といえば、藤子・F・不二雄の「流血鬼」の年じゃないか?というと、それも皆知らない。自分でもよく憶えているものだと自画自賛したが、みんなの話では、そんなことよりも、読んでいる漫画がぼくだけかなり違うのだと言われた。

 まあ、いいものはいいもののだと、自分が決めれば良いのだ(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「最後の投稿から1ヶ月経ちました」とアメブロから連絡がありました。

 ここで、正式に1年間のブログ休止のお知らせをさせていただきます。

 

 理由はブログの継続が娘に与える影響を断ちたいが故です。

 

 

 横浜という地域中心に更新し、訪れた際のちょっとした情報を毎回入れておりました。その少ない情報から、実際のぼくにたどり着かれる方がいらっしゃいます。

 職場などでも、ぼく自身に面と向かってブログ主ではないかと尋ねられた時は隠さずにお答えしておりました。ブログを書いていることで、facebookでも数多くの友人を得ることができましたし、お店の記録を今まで通り続けたいと今でも思っております。

 今までブログを読んでいてくださった方々に感謝しております。

 ありがとうございます。

 

 思い返せば、ただ単に日々の日記を個人的にネット上に書き込み、たまに今はない横浜のラーメンの掲示板に書き込んでいただけの自分がブログというツールにお店を記録するようになったのは敬愛するヌードルスの兄貴の勧めによります。姉と慕う方にも巡り会えました。子供の頃から遊んでいた超有名ゲームデザイナーの方とも繋がることができました。勧められて記録するようになったブログは人見知りなぼくに数多くのものを与えてくれたのです。

 ただ、ブログに記録し続けることで、ねたみややっかみなどをネットに書かれているのも知っております。幸いなことに擁護してくださる方もいらっしゃり、そういう記録を見た時には心強く思っておりました。匿名性だからと誹謗中傷をする方はどうか、と思うところですが、ありのままを書いているつもりのぼくの記録をよく思われない方やお店の方もいるのでしょうから、それはお互い様と考えております。

 日記とは違い、ブログにはオブラートに包んで記録しているはずですので、それはそのまま受け取っていただければ幸いです。しかしながら、基本的には皆様に行っていただきたいお店を素直に紹介させていただいてきたつもりです。実際、食べログでは「驢馬人の点数のつけ方は他の人よりも0.5点高い」とご指摘をいただくこともありました(笑)。

 

 趣味ではありますが、それが一つの情報として、お店に足を運んでいただくのにお役立ちできれば、と食べログの始まる前から書かさせていただいておりました。

 しかしそれが、実際にのっぴきならないほど娘に悪影響を与えてしまったようです。

 私立小学校に通わせていただいてる娘のご両親は頭の良い方が多く、驢馬人の娘が同じ学年の女の子であると容易にたどりついております。

 娘の行った楽しい場所、娘の食べているお店、娘の行った旅行先などの情報はブログを通じてお子さんに伝わり、それがまだ倫理観の成熟していない小学生にはいじめの理由の一つになっているようです。

 

 すでに受験体制に入っている同級生は、のんびりしている我が家とは違って、この冬休みに映画を観に行くようなこともなく、勉強漬けだったと聞きます。

 どこかにも書かれていましたが、子供にとっていじめは娯楽、その考え方にぼくも同意します。いじめること、いじること、悪意がなくとも、本人は楽しいからしています。注意されたってやめません。見えないところへと潜っていくだけです。

 そして残念ながら「まさか死ぬとは思わなかった」というところまで行き着くことがあるのはみなさんご承知の通りです。

 

 この長文を見ていただいたお子さんをお持ちの方には、ぜひとも驢馬人のブログの話はしないことを伏してお願いするとともに、もし聞かれてもしばらくお休みしたとだけお伝えいただけましたら幸いです。

 日記に記録は続けておりますので、来年の2月以降に再開したときにはまたお付き合いください。それまでにアメブロに消去されなければ良いのですが(笑)

 

AD
いいね!した人  |  コメント(34)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ボニュ (Bon.nu)」@初台(☆☆)
http://www.bon-nu.jp/

 レストラン評論家である美食の王様来栖けい氏のレストラン&パティスリー。
 従来のお店の手法とは異なり、極限まで良い素材、そしてその素材の持ち味を邪魔することなく味わえる調理を追求しています。
 
住所:渋谷区代々木4-22-17 クイーンズ代々木 1F
電話:03-6300-5423
定休:不定休 完全予約制
営業:12時~13時/18時~20時半/バー20時~23時
 
 建物の1階というか半地下というか。白い壁の前面で、看板はピンクのモジとロゴ。

 中はかすれたウッディーで暖かい女性的な空間。来栖さんがちゃんといるのには驚きました。

 入り口右にはデザートのショーケースです。4種類並んでいました。パティスリーでもあるので、食事の時間以外はイートインもできるようです。

 

16年11月26日昼の来訪。

 誕生日なので行きたかったこちらを自分で予約しました。

 12時でお願いしていましたが、早く着いたため11時45分に入店させていただきました。
 
 飲み物のリストはなかったがノンアルコールは水、和梨のドリンク、東方美人とのことでした。ドリンクは和梨も東方美人も1300円。

 和梨は赤ワインに使うような大きなグラスに。
 和梨の果汁にエバーグリーンのエルダーフラワーかなという印象の炭酸。


 東方美人は以前購入してもあまり飲まなかった中国の発酵茶。フレンチで飲むのはなかなか粋かな。
 
Dejeuner du dimanche 27 novembre 2016
 コースは一番下のものにしてみました。子連れなので、早く終わるものをと思ったからです。
 
自然~太陽・空・土・草~

 大きな器に下にはオレンジ色のトマトーのソース。太陽に見立てているのだそう。トマトの酸味と旨味が効いた良いソースです。
 その上に盛り上げられているのが青森の大西ハーブ農園のハーブ。30種類は入っているのだそう。
 ハーブは香りの強いものはなく、優しくいただけるサラダでした。それにそぼろみたいにかかっているのが卵のようです。
 

 バターはガラスの皿の上に。発酵バターのようで美味しい。調べるとパムプリーというものらしい。

 パンは「パン工房風見鶏」の石釜焼きの食パン。天然酵母と粉と塩と水だけで作られたパンだそうです。
 トーストなので、カリッとしていて香ばしく、ふんわりとしていて美味しい。
 
ミルク~乳飲み仔牛・トリュフ~

 先に提示されるのがトランクのようなケースに入れられたトリュフの数々。秋トリュフと黒トリュフです。

 お皿に薄く円形に敷き詰められているのが乳飲み仔牛の肉。
 ここにたっぷりと秋トリュフを来栖さんが削りかけてくれます。
 乳飲み仔牛は本当にミルクの味のする柔らかで優しい肉質。ここにかけられたトリュフの香りが良い。
 
シンプル~キノコ~

 これが印象に残る一皿でした。
 キノコのリゾットです。
 使われているのは舞茸、エリンギ、シメジ。
 味付けはそれらキノコと塩と水のみ。肉も魚も出汁としては使っていない。
 キノコでまずはスープとり、リゾットにして、焼いたキノコを具として別に後追いで加えているのだそう。
 その濃厚なキノコの香りと旨味には圧倒されます。
 
ボニュ焼き~いぶさな牛(イチボ)~

 シンプルに肉塊。いぶさな牛は日本に20頭いないという貴重な純血種竹の谷蔓牛らしい。
 6時間フライパンで火を入れるというボニュ焼き。その断面は均一なロゼで絶妙の焼き加減。
 肉汁が流れることなく、ジューシーで赤身が確かに美味い。
 これに置いて余計なソースなどはなく、ただ、コリッとしたラディッシュのスライスにおろしわさびが添えられているだけです。
 
プティガトー~パティスリ~

 ケーキは4種類からの選択。選択とは言っても、3人で2種類ずつの計8個までは用意してあるので、好きなものをいただけるという素晴らしさ。
カカオ (780円)

 カカオの香りを邪魔する乳成分などは使わず、水とドモーリのグランクリュショコラだけで作り上げられた水チョコレート。これをタルト生地につめたのがこちら。濃厚です。
りんご (780円)

 タルトタタンです。6時間かけて火を入れたりんごを使ってタルト生地の上に。これが焼き芋のような不思議な香り。ねっちりしたりんごの美味しさは抜群です。
ナチュール (480円)

 1個324円するという神果卵の全卵、木次牛乳、グラニュー糖で作るクレーム・パティシエール入りのシュークリーム。生クリームやバニラビーンズは使っていません。極限のクリームは流れ出す感じ。
ナチュラル (730円)

 神果卵の全卵、ミルク、グラニュー糖のみで仕上げたプリン。
 

 コーヒーは「ミ・カフェート」のものを耐熱のグラスで。「ミ・カフェート」自体、記録にはつけていませんが、酸味のあるフルーティーなタイプのコーヒーを出されるから、来栖氏の嗜好にはあっているのでしょうが、実はその系統はぼくは苦手で。

 

 最後にシェフとお二人に見送っていただき、家内と娘も再訪は自分たちも一緒にという気に入りようでした。量は多すぎないので、すっきりいただけますが、逆に言えばやや価格帯が高めにも感じてしまいますね。

 何にしろ、稀有なお店なので、ぜひ再訪したい。

 

ボニュフレンチ / 参宮橋駅初台駅南新宿駅
昼総合点★★★★ 4.0

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

カカオ マーケット バイ マリベル(CACAO MARKET by MarieBelle) 京都」@京都(☆彡)
http://www.cacaomarket.jp/

 セレブ御用達のニューヨークのチョコレート専門店「マリベル」のチョコレート量り売り&カフェの店舗。

 たしか銀座の東急プラザにも入っていたので良く覚えています。

 その店の作りが本当に魅力的なのです!!
 
住所:京都府京都市東山区常盤町165-2
電話:075-533-7311
定休:火曜
営業:11時~20時
 

 祇園も鴨川沿いに日本とは思えないような作りのチョコレート屋さんが。
 アンティークなようの面持ちで、中もとても賑やか。

 魅力的な商品がこれでもかというほどに並び積み上げられています。
 チョコレートは量り売りしているようですが、ジェラートがあったり、ショーケースにケーキが並んでいたりと選択肢は多い。
 お店のお兄さんにカフェ利用だと伝えれば、秘密の番号を告げられて、側面の入り口から何処かにあるカフェへとも行くことができるようです。

 

16年10月15日夜の来訪。

 「カフェ ドン」に行く前に気になったお店がこちら。
 
チョコ&チョコクリーム カンノーロ  378円

 サックサクの円筒形の生地にチョコレートクリームを注文を受けてから詰め込んでくれます。
 クリームの表面は砕いたカカオ豆で覆っています。
 味は見た目通りかな。もう少しチョコレートのクリームが美味しいと良いのだけれども。

 

カカオ マーケット バイ マリベルチョコレート / 祇園四条駅河原町駅三条駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「マリベル 京都本店」@京都(☆☆)
http://www.mariebelle.jp/

 セレブ御用達のニューヨークのチョコレート専門店、常連客はヒラリー・クリントン、メグ・ライアンなどで、生前のスティーブ・ジョブズも通っていたというお店の日本初出店の店。

 京町屋にあるアンティークカフェでもあるので、毎回の京都訪問の際に通いたい!
 
住所:京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町83番地
電話:075-221-2202
定休:火曜
営業:10時~19時

 お店は完全な京町屋。入り口はそこだけ洋風な水色の扉が。

 扉の奥の通路を先に。

 このワクワク感は京町屋ならではですね。

 入ってすぐは素敵な販売スペース。

 奥のショーケースにはSIGNATURE ART GANACHEというガナッシュが彩り豊かに並んでいます。表面に絵柄がプリントされたチョコはすごいな~。それだけではなく、カバンの形をしたものなどもありました。

 向かって右にアイスのケースの部屋があり、その奥が喫茶スペースです。

 窓の外には小さな庭と緑。

 調度品は全てアンティークな西洋のもの。ゆったりした音楽で素敵です。

 

16年5月15日朝の来訪。

 開店の10時過ぎに開きました。最初のお客です。
 
エッグベネディクト 1620円(税・ドリンク込み)

 エッグベネディクトは四角いお皿の上に。
 小皿のサラダは葉野菜にプチトマトと柑橘。その柑橘の甘すっぱさが全体に行き渡った様なサラダでした。
 付け合せはハッシュポテト。壊して盛り付けてありますが、味は普通。
  エッグベネディクトは意外にもオランデーズソースではなく、旨味の濃いホワイトソースでした。2つあるうちの一つはサーモン、もう一つはベーコンです。 サーモンは火がポーチドエッグの余熱で入っているためか、あまり主張がない。ベーコンはそれなりに美味しいけど、もう少し大きいと良いかな。
アールグレイICE (600円)

 ドリンクはアイスの紅茶でお願い。5種類から選べますが、ぼくの一番好きなアールグレイを。
 ラッパ型のガラスのグラスに。ベルガモットの香りの強いアールグレイですね~。

 帰り際にお土産も購入。

 水色の手提げ袋にいただきましたが、素敵なのは中に赤い花びらが入っていること♪

TOFFEE PISTACHIO トフィーピスタチオ 1200円

 ピスタチオをチョコレートでコーティングしたチョコです。
 ちょこっとつまむのに良いかと。
 
2PC BLUE BOX 1250円

 2つ選択できる。帰りの新幹線でいただくように購入しました。
ドルセデレチェ DOLCE DE LECHE
 甘いのが好きと話したらオススメされたのがこちら、中はコンデンスミルクを使ったガナッシュ。
パッションフルーツ PASSION FRUIT
 パッションフルーツの酸味と甘みが加わったガナッシュ。

 

マリベル 京都本店チョコレート / 烏丸御池駅京都市役所前駅烏丸駅
昼総合点★★★★ 4.0

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。