横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:

 

「料理屋あがる」@大船(☆☆)
https://www.facebook.com/ryouriyaagaru

 大船に現代的な寿司割烹が開店!!

 店主の太田俊弘さん一人で切り盛りする小さなステージ。

 「青空三代目」@築地が修業先だという寿司は一工夫と酢橘が効いています。知れ渡り、混んだら困る〜!!

 

住所:鎌倉市大船2-5-6 2F
電話:0467-91-4233
定休:日曜/月・火曜ランチ
営業:11時半~14時/17時半~22時半
 

 先日伺った「カヴァタッピ」の右にある扉を上がって2階がこちら。
 白い看板がポールについていて、階段マークに店名。

 建物のボロさに比べて綺麗な階段。
 中は小さな厨房に面したL字型のカウンターだけです。

 

17年4月6日昼に来訪。

 初回は一人で。13時で先客なし。
 
江戸前握り7貫 1500円

 ガリは小さなさらに。
 握りは目の前に置かれた切り株のような木の皿に置かれます。

 お椀は生海苔の味噌汁。後々の握りに比べ、このお椀はそれほど良いとは思わなかった。
 

 最初は生タコの握り。
 上には黒い竹炭の塩。香りのある炭の塩にクニクニの生タコが美味。シャリは米酢を使用かな。

 アイナメ。煮切りを塗って、酢橘を絞ってあります。爽やかにいただける。

 マグロ赤身のヅケ。柚子風味です。

 とろけるようなホタテに藻塩。

 締め鯖。締め方よく、厚切りで美味い。

 ゾロンと出て来た本マグロのトロ。1500円でこれはすごいね。
 金目鯛の炙り。これまた美味しい~!!

 もう3貫食べたいと追加。

 キハタ。塩に酢橘。ワサビを効かせて。真鯛に近い感じでした。

 ノドグロの炙り。のどぐろは常においてあるとのこと。

 生ウニ。上質で甘い!! 昼にこれは贅沢。
 

 デザートは自家製甘酒を絡めたいちご。練乳でないところがミソ。米の優しい甘みが良い。
 
 追加の方が高かったらしく、最終的な会計は3620円になりました。

 

17年4月18日昼に家内をつれて来訪。
 昼休み時間に家内とランチに出かける。
 先客お一人。

 

 飲み物は急須で入れるはほうじ茶を。

 

 今回も最初はキハタから。
 酢橘を絞っています。上質な旨味で柔らかく美味。
 

 生タコ。食感が良くなるように片側の身を薄く削いで開き、熱いもう片側には包丁を入れて食べやすくしてくれていました。
 上には竹炭の塩と荒削りの本山葵。擦ったものではなく、チーズのおろし金みたいので細切りっぽくおろしています。上にはさらに酢橘を絞っていただく。激ウマ!
 

 生海苔の味噌汁。生海苔は今が旬です。
 

 メジマグロ。
 子供のマグロだとは思えない旨味。
 

 しめ鯖。
 上には千切りしたミョウガ。この締め具合と脂のノリは素晴らしいね。時期的にはもう終わりなのだとか。
 

 本マグロ中とろ。
 煮切りを塗って。最後まで余韻に浸れる美味さ。
 

 金目鯛の炙りです。勝浦のもの。
 切り身から切るところを見ていましたが、金目鯛の身って美しい!
 煮切りを塗って酢橘を絞る。香ばしく脂が美味い!
 

 穴子。ランチ用は夜のものよりも小ぶりなものとのことですが、大きく切っているので小さいとは思わない。いただいたんはゆず塩。細かな塩にすりおろしたゆず皮。香りよく、炙った穴子も美味。
 

 追加で一品だけいただく。

 殻から剥いて処理したばかりの生鳥貝です♪

 鳥貝の柔らかな甘みが極上。
 

 デザートは前回と同じ。イチゴです。

 

料理屋 あがる割烹・小料理 / 大船駅富士見町駅
昼総合点★★★★ 4.0

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

驢馬人(ろば~と)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。