横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:

「レストラン ひらまつ 広尾」(☆☆☆)
http://www.hiramatsu.co.jp/
Hiramatsu

 
 パリでミシュランの一つ星を勝ち取った初めての日本人シェフ平松宏之氏。
 その日本における本店は広尾の一等地、画廊を併設したセレブな建物に。

 料理、サービス、雰囲気、どれをとっても一流のグランメゾンであることを感じさせてくれる極上のレストランでありながら子供連れも個室で認めてくれる度量の広さが好きです。
 
住所:港区南麻布5-15-13
電話:03-3444-3967
定休:無休
営業:12時~14時/18時~21時半
 
 広尾駅の間近にある華麗な装飾のビル1階。

 ベージュ色のひさしに石タイルの外装、可愛らしい植物と花。扉は中から開けてくださいました。
 1階のウェイティングは画廊もかねているエントランスホール。ここから特別な雰囲気に満ちています。やや狭い階段を上がり、2階はバーと個室、トイレなので通り過ぎ、3階のメインダイニングへ。

Hiramatsu01
 本格的フレンチのグランメゾンとして趣深い。照明はすべてダウンライト。セッティングされたテーブルの一人一人の料理が照らされるように緻密に調節されています。この辺りからして凄いな~と感心。
 
Menu degustation 20000円

Hiramatsu02
 

Hiramatsu05

Hiramatsu03
 最初に供されるのはチーズの入った小さなシュー、スパイスを絡めたピスタチオです。

Hiramatsu04
 飲み物はアルコールが駄目と話し、苺のノンアルコールカクテルを。炭酸水で苺のジュースを割ったものでした。アルコールOKのひとにはシャンパンで割ったものが出されました。
 
アミューズブッシュ Amuse-bouche

Hiramatsu06
 コリコリと柿らしく甘さほど良い次郎柿、ヤングコーン、蕪、甘いニンジン、スライスしたリボンのようなズッキーニ。生ハムをのせています。周辺にはトマトとオレンジのジャム、それに岩塩、オリーブオイルを泡立てたソースです。甘すぎず甘い柿やトマトの優しい甘みに野菜の味わい、刺激的な塩で素材を楽しめる取り合わせに拍手です。

 
オマール海老のミキュイ あさつきのクリーム サラダ菜のクーリーと白胡麻のクリスティヤン Mi-cuit de Homard a la crème de ciboulette, croustilant de sesames et coulis de laitue
Hiramatsu07

 湯引きに似たミキュイという技法により旨味を閉じ込めた刺身でも食べられる新鮮なオマール海老。サラダ菜とレタスのクーリーとともに。またトリュフオイルがガツンとその香りを放っています。おおお!!! 美味いッ!! 中央には浅葱を混ぜ込んだ絶妙な味わいのサワークリームと白胡麻を振ったパリパリのセンベイが立てられて飾りつけられています。
 
とうもろこしのニョッキ セップ茸のブイヨンとトリュフの香り Gnocchis de mais, bouillon de cepes aux truffes

Hiramatsu08
 驚愕の一皿。テーブルの上でカップに注いでくれる力あるキノコの香りが良いセップ茸のブイヨンがまず激ウマ。この香りを強調するように黒トリュフのスライスが2枚。パステル調のクリーム色をした小さな俵はとうもろこしのニョッキ。口に入れるとすべてがとろけてなくなっていくし、豊潤なとうもろこしの香りと旨味に満たされます。そして、これでもかとさらに入れられているのがフォアグラのソテー。サイコロ状に切られたこれがまた肝の脂が持つ甘美な味わいをもたらし、トリュフやセップ茸の香りと見事な競演を果たしています。
 
平目のロースト コリアンダー風味のシャンパンソース ベーコンとサラダ添え Filet de turbot de ligne, jus de champahne et coriander, croustillant de bacon

Hiramatsu09
 半生に近いがしっとりと心地よい食感に仕上がった旬の肉厚な平目。シャンパンとバターで仕上げた酸味のあるキリットしたソースです。上には胡麻のような香りの強いセルバチコ、そしてカリカリに油を落とした香りの強いベーコンが乗っています。茹でたカリフラワにはオレンジの切り身がのっていますが味の方にその柑橘系の爽やかな匂いが移っていました。

 

バンデ産鳩のロースト その豊潤なソースと野生きのこ添え Aiguillettes de pigeou rou, sauce au sang et champignons sauvages
Hiramatsu10
 これも驚愕の皿。生に近いロゼに仕上げられた鳩に鳩で取った透明なジュレと濃い茶色の濃厚なサルミソース。白い泡はオリーブオイルにほんの少し乳成分を混ぜて泡立てたソースだそうです。鳩のローストはしっとりと柔らかく力強さよりも繊細さが際立つ。ここに3種類のソースが多彩な組み合わせでいろいろな味わいを口の中で繰り広げてくれます。
 中央に立てられているのはポロ葱。葱らしい甘みがあり美味しい。その土台になっているのはポロネギの青い部分を使ったペースト。これも異なる青い香りに口元がほころぶ。
 一番奥は鳩の強い香りに負けないフランスの野生のきのこ。どれも力強く美味いし、ソースがベストマッチです。

Hiramatsu11
 もう一皿はエンダイブのサラダ仕立て。チーズの香るクルトンといためたベーコン、鳩のモモ肉が小さなブロックでサラダに添えられています。腿肉でもう一皿ときいていたので心配しましたが、これなら食べきれる!! 苦味が軽やかなエンダイブは美味いし、アクセントとなる極め細やかな質の腿肉も香るベーコンも脂を添えてくれて美味しい。ちなみにここにもトリュフオイルが使われているようです。
 
フランス産チーズ Selection de fromages affines
Hiramatsu12

 ガラスケースの台車で来ます。くるくる回すとケースが空くだけではなく、中の棚も前にせり出てくる面白い台車。10種類くらいはチーズがあり、ブルーチーズとウオッシュ系で癖の強いものをおまかせで注文。ブランデーで洗ったチーズは中がとろりとして外側の香りが豊潤。ブルーチーズも恐ろしいほどのコクでキリッと引き締まりチーズのよさが伺える。
 これにジャミーなイチジクと胡桃の入ったパンが添えられます。また、つまみにナッツ類とドライイチジクやアプリコット、干して色が黒くなった種付マスカットも盛られてきました。種はガリッときますが、これがまた美味い。枝からつまんで取り、その濃縮された甘みは独特です。

 

アヴァンデセール Avent dessert

Hiramatsu13
 口直しに白いエスプレッソのカップに小さなデザートが。見た目はクリームの上に薄いクッキーが立てられています。カップの中はオレンジとグレープフルーツの果肉にカンパリオレンジを使ったシャーベット。苦味がありさっぱり美味い。ここに上にのった軽いチーズのようなクリームの脂肪分が加わるところが非凡か。クッキーは薄いながらもバターの香りがたっぷりします。
 さっぱりしたためか一杯だったお腹がまた少し入るようになったという不思議。計算されていますね。
 
マロンのビスキュイとトリュフのアイスクリーム Biscuit chaud aux marrons, crème glacec a la truffe
Hiramatsu14

 フォンダンショコラと同じ作りのマロンのビスキュイは割ると中からトロリと濃厚なマロンのクリームが流れ出します。外側もフカッとしていて良い火の入れ具合。上にはマロンを添えてあります。これにトリュフを混ぜ込んだ香りの強いアイスクリーム。上にはここにもマロン、そして白い髪の毛のようにふわっと盛り付けられた飴が。双方美味いが冷たいアイスと暖かいビスキュイを合わせて食べると楽しい刺激が口で広がります。これにラム酒を直前にたらしてくれますので、その香りと強烈なほどのコクを混ぜて頂く。極上のデザートです。
 
コーヒー Cafe

Hiramatsu15
 コーヒー、エスプレッソ、紅茶、ハーブティーなどのメニューリストから好きなものを選ばせてくれます。今回は選べないようですが、中国茶のリストアップもありましたし、ラプサンスーチョンやキーマンなどの品揃えも。恐るべきフレンチの店ですね。ぼくが選んだのはダージリン2ndフラッシュ。滑らかな口当たりの上質なダージリンはとても美味しい。

 

小菓子 Mignardises

Hiramatsu17
 コーヒーのおつまみでオレンジ、チョコレート、フルーツの三種のパウンドケーキを選ばせてくれます。もうお腹が一杯なのでチョコレートだけを選ぶ。それでも一口しか食べませんでしたけど…。付け合せにフルーツ入りの生クリームみたいですね。
Hiramatsu16

 それに軽い口当たりのトリュフチョコレートとチョコレートのマカロン。これでもかと出てきます。
 
 接客はでしゃばりすぎず丁寧でプロフェッショナル。チーズの説明がもう少しほしかったなぁ。もう何種類か切り分けてくれるといいのに…というのは意地汚いか。
 トイレもダイニングと共通のデザインで統一感があり美しい。
 
 総評はひさしぶりの☆☆☆(三ツ星)。

 ネットで見ると評価が低い方もいらっしゃいますが、どうどうたるグランメゾンです。ただ、20時になるまで貸しきり状態だったのは意外。20時過ぎに2組のお客がダイニングに現れました。個室の方にも子供連れのお客さんたちが。
 子供OKですね…ふふふふふ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

驢馬人(ろば~と)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。