横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:

「ラ・マーレ・ド・茶屋」(☆☆☆)

http://www.chaya.co.jp/
Chaya13

 葉山に昔からある老舗「日影茶屋」 のフレンチレストラン。
 デートで使ったことのある方も多いのではないでしょうか? 

 葉山の海風を受ける建物の穏やかなたたずまい、陽光まぶしいマリーナの光景、もてなしを実現する給仕の面々、最高の料理と素晴らしい時間を過ごせます。
 
住所:三浦郡葉山町堀内24-2
電話:046-875-6683
定休:月曜(祝日は翌日)
営業:12時~23時半(土日祝12時~15時/17時~21時半)

 

 お店は落ち着いた白い洋館で、マリーナに良く似合う雰囲気があります。中の照明は暖かく、建物は古くとも中はリフォームされて快適に過ごせるように心配りされています。従業員の出迎えも気持ちよいものですね。

04年9月14日の夕食に両親と妹夫妻&甥にぼくらを加えて個室を予約して伺いました。

Chaya12

 伺ったのは久しぶりです。4年位前に妹の就職祝いで家族大集合したとき以来。
 小さな子供もいたので、3階の個室でいただきました。バルコニーのある部屋です。
Chaya15

 自分で払っていないので値段はわかりませんが、多分10000円のコースです。

 

冷前菜)雲丹のフラン コンソメゼリー寄せ
Chaya14

 コンソメのゼリーに生雲丹を閉じ込めた前菜。下半分は茶碗蒸しのようになっており、甘い生雲丹とコンソメの共演は口の中でとろけ、最初から驚きの美味しさ。
 

温前菜)帆立貝とフォアグラのパナッシェ 
Chaya16

 網焼きの目のついた帆立貝のグリエはバジルのソースで。フォアグラはソテーされています。焼いたフランスパンの薄切りがついていました。
 

サラダ)磯魚の刺身風サラダ
Chaya17

 大根とジャコのシャキシャキサラダベースですが、ルッコラなどの葉ヤサイやプチトマト、各種ハーブなども入っています。そこに白身魚の刺身も加えられ、フレンチとしてうれしい皿。
 

スープ)めとう烏賊のナージュ 
Chaya18

 小麦粉をまぶして軽く揚げた烏賊の切り身の入るアサリベースの塩味スープ。 香味野菜に水や白ワインを加えて煮た茹で汁に、魚や海老の魚介類をさっと入れて煮た料理法をナージュというそうです。

 これは美味い!! 柔らかな烏賊も美味だが、アサリのスープは日本人の口に良く合うかと。
 

魚料理)こちのムニエール 旬の木の子添え 
Chaya19

 ほうれん草のソテーの上に、こちのムニエル。その上には良く味の染みているソテーされたキノコ。そして、自家製のドライトマト。キノコも美味しいのですが、ドライトマトは旨みが濃く秀逸の品。
 

肉料理)仔羊のロースト 南西風カスレ添え
Chaya20

 「本日は良いラムが…」とギャルソンから聞いてはいたのですが、これは今迄で食べたラムでもっとも美味しい心に残る皿でした。半生に近い骨付きラムで、外側がカリッと胡椒と岩塩で焼かれています。また、脂身と赤身の配分よく、脂身は特に美味しい。
 

デザート1)洋梨のコンポート

Chaya22
 あっさり煮込んだ甘い洋梨のコンポートの上に洋梨のシャーベット、そしてヨットの帆のようにたてられた薄い洋梨スライスのせんべいというデザート。これがデザートの一皿目だというから驚き。
 

デザート2)杏のタルト フロマージュ・ブラン バニラアイス添え 

Chaya23
 バニラアイス、上質のフロマージュ・ブラン、杏のタルト、ベリーの盛り合わせ。ピスタチオが泣かせる良いデザート。
 
 コースはメインへと向けて徐々に気分を盛り上げていく。そして待ち受けるメインの肉料理は絶品で、フランス料理にありがちな下手な牛肉のステーキに比べると信じられないほどの美味さです。

Chaya21

 最後にメニューは手書きでいただきました。これもうれしいサービスです。

 

 

06年5月3日昼の来訪。

Chaya

 子連れ夫婦3組で会食。金沢から出てきたご夫婦と縁あって子連れでも美味しいものを食べよう!が今日の趣旨。
 ぼくが設定したのはこの三ツ星店の3階バンケットルーム。

Chaya01
 コースからの高い設定で、室料が10000円と高価ですが、満足していただけたようでその価値はあったと思います。
Chaya02

 特にご一緒して楽しみにしていたのは「タロイモ☆KENTAROU」 のタロタロとうちの娘を会わすことです。7ヶ月になるBIGBOYのタロタロは思ったとおり、娘よりもはるかに大きく愛嬌ある子供でした。
 天気はほぼ快晴、湘南らしい抜けるような青い空に深く蒼い海が気持ちよい。
 3階のバンケットルームはベランダがあるので、気持ちよい風と陽光を受けることが出来ました。
 
スペシャルコース 8400円
 
冷前菜)タラバガニのフラン コンソメゼリーがけ Flan de taraba
Chaya04

 カクテルグラスに洋風茶碗蒸し。タラバガニの身にバジルペーストをのせて、澄んだ味わい深いコンソメゼリーをかけた冷前菜。コースにふさわしい味わいの良いひと品です。
 
温前菜)帆立貝のガーリック風味 Saint-Jacques alail
Chaya05

 小さなグラタン皿に。ガーリックバターに小麦粉とバジルをかけて焼いた大振りの帆立貝の貝柱とその肝です。まるでじゃが芋とニンジンに見えますが、帆立なのでびっくりしました。特に肝の鮮やかな赤が美しい。それともう一つは旬の筍です。ガーリックバターは美味しいので、パンで救って全部食べてしまいました。
Chaya03
 ちなみにパンはフランスパン、胡桃のパン、オートミールのパンの3種。どれも美味しく、ついつい食べ過ぎてしまいます。つけるために用意されているのはバルサミコ入りのオリーブオイルでした。
 

サラダ)お刺身風サラダ ラマーレ風 Salade de poisson cru
Chaya06

 定番のサラダ。本日はすずきのカルパッチョで。しっかりした固めの大根や葉野菜に爽やかな酸味のソースがかけられています
 
魚料理)かさごのポワレ パセリのソース Rascasse poelee
Chaya07

 カリカリに焼かれたイカ墨の焼きリゾットの上に程よくソテーされたかさご。手前には酸味と旨味の濃いトマト。ソースは浅利のだし汁にパセリを加えさっぱりと旨味濃く仕上げています。
 
肉料理)仔羊のロースト 花ズッキーニ添え Carre de Agneau
Chaya08

 前回も絶品だった仔羊のロースト。今回もとろけるような柔らかな火の入れ具合。ソースは焼いたときの仔羊のジュに粒マスタードとハーブで仕上げたもの。つけあわせが面白く、ズッキーニの花にトマトを刺してそのままフリットにしたもの。これがさっくりした野菜で衣も美味しく良いものです。彩りはクレソン、赤と黄のパプリカのマリネ。
 
デザート)

Chaya09
 デザートは盛り合わせで。杏のタルト、洋梨のシャルロット、フランボワーズとグレープフルーツにブルーベリー、アイスです。ソースはチョコレートを渦巻状にぐるぐると。バニラやベリーのソースも彩を添えています。
Chaya10
 食後のコーヒーはアメリカンかブレンドしかないということで普通にブレンドのコーヒー。苦味の強いエスプレッソのような味わいでした。

 

 最後にベランダで是認で記念撮影。北陸の海を見てきた子供たちにも良い想い出になってくれればうれしいなぁ。

 

ラ・マーレ・ド・茶屋 (ラマーレドチャヤ) (フレンチ / 逗子)
★★★★★ 5.0

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

驢馬人(ろば~と)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。