横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:
「たきや」@麻布十番(☆☆☆)
Takiya01

 これまた時代が生んだ進化系天麩羅屋さん。
 大将の笠本辰明氏は笑顔にナイナイの矢部を思わせる好人物。
 「吉兆」で10年和食を学んだ後、天婦羅へと進み12年、「リッツ」で天婦羅を担当していた方です。
 その天ぷらは超絶。従来の天婦羅を別視点で見直し、美味の新境地を切り開かれています。
 
住所:港区麻布十番2-5-11 AZABU MAISON 201
電話:03-6804-1732
定休:不定休
営業:17時半~22時
 
Takiya
 麻布十番の裏通りにあるビルの2階。1階に和装の女性が傘を持って待ってくれていました。
 階段を上がり、和の入り口に。
 中に入れば美しいカウンター。中央に天婦羅を揚げる銅のフードのステージ。
Takiya02
 奥には個室です。こちらは黒いカウンターで6人入れます。室料がかかりますが。

 卓上には黒塗りのお盆。
Takiya03
 一人に1セットの塩が置かれています。左からピンク色の桜の塩、緑色の抹茶の塩、黄色いカレーの塩。右の器には結晶の塩です。
 
16年2月20日夜の来訪。
 友人女史の個室貸切の会に入れていただきました。
  
Takiya04
 飲み物は最初に冷たい緑茶。
 次に黒烏龍茶。
Takiya05
 ジンジャーエール。
Takiya06
 そして温かいほうじ茶の順。

Takiya08
 突き出しは刺身。
 右は三重の本マグロ。きめ細かで上質。素晴らしい。添えられている緑は茹でたつるな。アイスプラントに似た食感の青菜でした。
 奥にはてっさ。ふぐ刺しで、テッポウ刺しの略でてっさとあります。ふぐは山口のものらしい。コリコリした部位と水分を抜いた大根おろしの紅葉おろしに万能ネギ、そして綺麗に切られた酢橘です。ポン酢でいただく。
 いくらには柚子。
 
Takiya11
 こちらで揚げるために使われるのは胡麻油ではなく、紅花の一番油。旬の食材が持つ素材の香りのため、あえて香りに癖のない紅花油で揚げているのだそう。
Takiya10
 本日の食材は下処理されて木の桶に並べられていました。
 
Takiya12
 最初に巻き海老。しっぽまで美味しくいただく。
 
Takiya13
 エビの脚。スナック的な何かに思えるほど従来の天ぷら屋さんのそれとは別物です。

Takiya09
 ところでこちらの大根おろしに天つゆがまた美味。
 水分しっかり切った大根おろしで、細かな目で摩り下ろして水分を適当に切ったもの。

Takiya14
 フキノトウ。蕾に香りが詰まっている。それを開いてそこにだけ衣付ける。その衣がまたフワフワ。
 ふきのとう自体の軽やかな苦みも素晴らしい。うっとりするほど過去最高のフキノトウでした。
 
Takiya15
 もう一つは対照となる山菜のたらの芽。ホクホクした口当たり。春の息吹を感じる旬の味が嬉しい。どちらも好きだなぁ。
 
Takiya16
 ノドグロの天ぷらとバチコの天ぷら。
 パツンパツンに身がはった極上のノドグロを一晩干して旨味を増させたものを使用しているそう。
 いやこれだけで十分に美味い。
 ここにチーズのような独特の濃厚な香りのするばちこを合わせる。
 交互に食べて口の中で混ぜ合わせる。
 その旨味の濃さ! 味わいは新次元で激ウマです!!

Takiya17
 茨城のレンコン。
 少し強めに揚げられていますが、これがまた最高の食感。
 そして、レンコンが持つ自然な甘みが感じられます。
 これも最高!

Takiya18
 フグの天ぷら。
 腹の薄皮がついたフグを使用。その膠部分は天麩羅にして熱を入れるとゼラチンになるのだそう。
 フワッとしてジューシー。
 香り良く美味しい。
 
Takiya19
 ふぐの白子の天ぷら。
 聖護院かぶらと出汁の餡を上からかけています。
 柔らかに餡を吸った衣からして美味しいが、中はトロトロの白子なのですからたまらない。
 ここに酢橘の香りが加わってきます。

Takiya20
 サラダです。細長く切った大根、ニンジン、キュウリ、水菜などで、そのバランスは最高♪
 かけられているドレッシングも自家製でこだわりのもの。使っているのはホワイトバルサミコ。昆布とカツオを入れて酢を作り、バランスが良いように適当に酢を飛ばしたものにしているそうです。それにシャバシャバな自家製マヨネーズ。
 上にはカリカリに揚げられたタタミイワシ。それに温泉卵。これを溶き入れて絡めていただく。
 リッツの天ぷらカウンターの頃からの作り方みたいですね。

Takiya22
 天ぷら屋さんでは珍しい牛肉紫蘇巻きの天ぷら。
 牛の脂が天ぷらの油を汚さないように大葉を巻いたところが肝。
 蒸し焼かれたその肉質は肉質きめ細やかでジューシー。
 上にはたっぷりの黒トリュフを削りおろしています。
Takiya21
 これにさらにトリュフ塩をかけていただく。このトリュフ塩も極上です。

Takiya23
 舞茸。中の水分を飛ばしカリカリとするようにきつめに揚げられています。
 天つゆに大根おろしをといて、カリカリした舞茸ですくって食べる。
 天つゆも美味しいから、とても素晴らしい。
 
Takiya24
 白魚。カリッとしつつしっとり。無添加無着色の桜塩でいただきます。
 
Takiya25
 鳴門金時の天ぷら。これが驚愕の品です。
 天ぷらのサツマイモというと、ホクホクして水分が結構飛んでいるようなイメージがあったのですが、これはカリッとした衣の中にはトロンと甘いペーストに近いサツマイモ! 石焼き芋の濃厚な甘みに近い。これは生からではなく、1日前に蒸して一晩冷蔵庫で寝かした鳴門金時を使っているからなのだそうです。
 サツマイモに関してもその下ごしらえの手のかけようは凄いですね。
 
Takiya26
 天ぷらは最後にまた巻き海老。
 
Takiya27
 追加注文で本日7本しか仕込まれていない特別メニュー。
 牛があれば、豚もあるということです。
Takiya28
 ミルフィーユのように重ね合わせた豚肉でグリュイエールチーズを巻いた天麩羅。カリカリの衣でした。
 グリュイエルチーズのとろりとした口当たりに豚肉に脂の甘みが重なり、黒胡椒の香りで占められます。
 牛と同じようにトリュフ塩でいただくのも美味しい。

Takiya29
 締めは天丼。芋とニンジンにゴボウと小柱。甘いけど控えめな感じのタレで。これはキツめに揚げられていてカリカリ。この天丼は若い人が揚げていたためか、いまいちな感じでした。これはもう少し進化の余地を残していると思われます。
Takiya30
 味噌汁はフグのアラが具。アラとは言っても、実に食べやすい。
 香の物香は糸のような昆布とゴマが入る白菜の浅漬け。
 
Takiya31
 デザートは苺のゼリー寄せ。イチゴの香りはもちろんだが、ホワイトキュラソーであるコアントローがかけられています。
 下には香り良いバニラビーンズの甘いソース。
 最後に至るまで細部にこだわった美味しいデザートでした。手をかけて美味しさを実現する大将の性格をよく表していると思いました。
 
Takiya32
 最後は緑茶をいただく。
 
 実は紹介制ではなくなっています。ただし、その価格帯自体が行ける人を自ずと律してしまうと思われます。
 それでも、早晩予約困難になる。ここはそういうお店だと思います。
 

たきや天ぷら / 麻布十番駅六本木駅赤羽橋駅
夜総合点★★★★★
5.0

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「麺屋 こころ 大船店」@大船(☆)
http://menya-cocoro.com/
KokoroMenyaOfuna

 大船に2軒目の「ココロ」!?
 いえ、こちらは台湾まぜそば発祥の名店「麺屋はなび」の流れである大岡山の「麺屋こころ」の支店。
 台湾まぜそばがついに大船にも上陸です♪
 
住所:鎌倉市大船1-3-12 菅野ビル1F
電話:0467-44-7331
定休:月曜
営業:11時半~15時/18時~22時半(日祝~21時)
 
 大船駅からモノレールの下を通り、踏切の方に行く途中右の古いビルの1階に。
 外観はシンプル。白い看板に黒い店名。左の壁には窓があり、大きくまぜそばの写真です。
 中は厨房に面したL時のカウンター。白い壁にカウンターであること以外は家系に近いか。
 入って左にある券売機で券を購入。
 
16年2月13日昼の来訪。
 月曜日に来て休みだったので、土曜日昼に来てみました。
 流れる音楽はミスチル。
 
全部のせ 1180円 + チーズ 130円 +味玉 120円
KokoroMenyaOfuna01
 この日は九条ネギトッピング無料の日でしたのでトッピングしていただく。
 こちらのまぜそばは出身の「はなび」 を忠実に再現しているという話です。
 出てきた丼を見ると、麺が見えないくらいの盛りっぷり。
 手前には炙って表面を香ばしくしたチャーシューがゴロゴロ。
 中央には鷹の爪の入る味付けひき肉と卵黄。左には追加してある刻んだ九条ネギ、となりに魚粉、メンマ、味玉1.5個分。見えませんが刻んだ海苔やニラも入っていました。
 麺はやや幅広の極太麺で全粒紛入りなので色合いが濃い。実はチーズトッピングすると、最初から麺に絡んで出されます。程よいチーズにブリっとしていて美味しい。
 「はなび」@新宿 ではタレが濃いと感じましたが、こちらのものはマイルドに感じました。これはチーズのためかも。次回はチーズなしでお願いしないと。

 追飯は無料ですが、お腹がいっぱいになるのでそれはせず。
 

こころ 大船店台湾まぜそば / 大船駅富士見町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「麺屋はなび 新宿店」@新大久保(☆)
http://ameblo.jp/n-allstars81/
HanabiShinjuku

 
 ジャンクで美味しい名古屋の台湾まぜそばを生み出した名店が新宿にも支店を出されています。
 初の台湾まぜそばは味が濃いのですが、こういうバランスがいっちゃっているほうが、中毒性があるんだよね~。
 
住所:新宿区大久保2-8-16 コスモビル1F
電話:03-6278-9995
定休:月曜・第2火曜
営業:11時半~14時/18時~21時半(土日11時~15時/18時~21時)
 
 古いラーメン店を居抜きで使っているような感じ。
 壁は白く塗り直してあるけど。ひさしは大きく写真いり。
 中は厨房に面したL字型のカウンター。
 
15年5月31日昼の来訪。
 11時20分で外に10人くらい並ばれていました。出る頃にはもっと伸びています。
 中入って左の券売機で先に購入。
  
水ギョーザ 380円
HanabiShinjuku02
 最初はこれ。厚めの皮に餃子の具。噛むと肉汁がピュッと出ますので、一口で食べねばなりません!
 タレは別皿に。一味をかけた九条ネギ付き。
 
ど肉台湾まぜそば 1100円
HanabiShinjuku01
 ど肉台湾まぜそばは柔らかく煮込んだ後に炙って表面を香ばしくしたチャーシューがゴロゴロ。なかなかのとろけっぷりで美味しい。
 中央には鷹の爪の入る味付けひき肉と卵黄。周辺には刻んだ九条ネギ、魚粉、おろしニンニク(聞かれたので入れました)、刻んだ海苔、刻んだニラなど。
 麺が下に隠れているほど具が満載。麺はやや幅広の極太麺で全粒紛入りなので色合いが濃い。ブリっとしていてまぜそばとして美味しい。にしてもタレが濃い!! 鶏油を中心にしたそれは濃くて辛くて美味い。
 食べ終わったところで、残ったタレに「おいめし~」とお願いすると、ご飯を投入してくれます。これが無料。蓮華1杯分と書いてあったのですが、3杯分はあるじゃない!? もともとのタレの味が濃いので、ご飯によくあります。間違いない。

麺屋はなび 新宿店台湾まぜそば / 西早稲田駅東新宿駅新大久保駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
山元麺蔵」@京都(☆彡)
http://yamamotomenzou.blog.shinobi.jp
yamamotomenzou
 
 京都で行列を作るうどん屋さん。
 お洒落な空間でアイディア溢れるうどんがいただけるのは素晴らしい。
 うどんにさらなる向上があるともっと良くなると思いますが、すでに大人気行列店ですので、何も言うことはありませんね。
 
住所:京都市左京区岡崎南御所町34
電話:075-751-0677
定休:木曜・第4水曜
営業:11時~18時(水曜~14時半)
 
yamamotomenzou01
 長屋のように横がくっついた家が並ぶ古い二階建ての一階。
 白く大きな提灯を掲げたお店で、行列も目立ちます。2階にはすのこがかけられていますが、2階に席はないので店とは関係ないのかな?
 
15年12月20日昼の来訪。
 11時で一見30人待ちの行列。
yamamotomenzou02
 並んでいる間に温かいお茶を持ってきてくれたり、ひざ掛けを持ってきてくれたりとサービスは手厚い。
 でも、入れたのは13時前と2時間並びました。名前を聞いて注文も先にするので、代表者を残していなくなっている人も多いみたい。
yamamotomenzou03
 中は暗めの照明で黒基調。大変お洒落♪ 古びた感じのカウンターでいただきました。
 
yamamotomenzou04
香味油の葱とゴマのつけ麺 910円
yamamotomenzou05
 冷たいうどんでお願いしてあります。すると、侘びた平たい器にざるで、上にはひねりを入れて盛り付けた太めの四角いうどん。美しいですね~。上には刻み海苔。
yamamotomenzou06
 つけだれはニンニク、生姜、ネギをしっかり炒めた自家製香味油で表面を覆ったもので、一般的なうどんのつゆと比べるとラーメンのそれに近い。つゆに牛肉の旨味を加えているらしいです。上にはたっぷりの刻んだ万能ネギ。
 
yamamotomenzou07
揚げ餅 85円
 さっくりと揚げた揚げ餅。
卵黄 80円
 これはまんま卵黄です。
 
土ゴボウ天ぷら 330円
yamamotomenzou08
 こちらも揚げ餅同様にさくりと軽めに揚げられた天ぷら。横にはカレー塩。
 
yamamotomenzou09
 最後にサービスで杏仁豆腐をいただきました。
 こういうことがまた人気の源になるのですね。
 
 さて、しかし、並ぶ価値があるかというと、2時間はさすがに辛い。
 アイディアはとても素晴らしく、お店もお洒落。とても良い店なのですが、うどん自体とつゆに限ってみれば、2時間待ちのお店ではないと思ってしまいました。
 

山元麺蔵うどん / 東山駅蹴上駅三条京阪駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。