横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:
「一酵や 葉山」@葉山(☆)
IkkouyaHayama

 名店であると思っている「一酵や」 @平沼橋。
 なんと葉山にその支店が出来ていました♪
 早く味も本店に追いついてもらいたいですね。
 
住所:三浦郡葉山町木古庭236-4
電話:046-878-6863
定休:水曜
営業:11時半~14時半/17時半~20時半
 
 丘にある感じのゴルフ練習場の入り口入ってすぐ左にあります。
IkkouyaHayama05
 入り口からのエントランスは緑の小径で、素敵な和食屋さんにも通じるものが。
 中に入ると、食堂的なラーメン屋さんで、テーブル席に、外に面したカウンター、奥には広い座敷席がありました。元は何か他の店舗だったのでしょうか。
 
15年9月6日昼の来訪。
 昼ごはんは葉山で探すと、こちらがヒット。一人で伺いました。 平沼橋のお店は美味しいから、こちらには期待して伺っております。

鶏塩らーめん 790円 + 有精卵の煮玉子 130円
IkkouyaHayama01
 麺の量は120gを選択。
 澄んだ鶏のスープは少し鶏の油と一味が浮いています。ゲランドの塩使用ですが、意外に塩はその鳴りを潜め、鶏の出汁はでていません。お湯のようです。
 麺は「森や」 の太麺のように、太くて表面に滑りを感じる麺。やや茹ですぎな印象でしたが、麺自体のポテンシャルが高いのか、なかなか良かった。
 上にはもやしがたっぷり。それに茹でた鶏肉です。しかし、この鶏肉が出汁を取った後で、ボソボソしているので、改善が必要かな。
IkkouyaHayama03
 煮玉子は黄身が生に近くとろりとしていて、周辺の白身もとろんとしたもの。味付けはあまり感じません。
 
焼き餃子 360円
IkkouyaHayama02
 6個の焼き餃子。薄めの皮で、中は肉汁も詰まったもの。焼き加減は緩め。
 
山菜あさりごはん 小 150円
IkkouyaHayama04
 山菜とあさりのごはんですが、味付けは普通。むしろ、焼き餃子と玉子でなんとか乗り切りました。
 
 この立地でこの味だと今のままではリピートはないかな。なにせ、うちからは遠く、平沼橋の方が近いから。
 

一酵や葉山ラーメン / 安針塚駅逸見駅横須賀駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.5

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「Lumiere du b(リュミエール ドゥ ベー)」@七里ガ浜(☆彡)
https://www.facebook.com/Lumiere.du.b
Lumiere du b
 
 海から丘の上へと登った先にある白い一軒家のパン屋さん。
 小さな販売スペースだけのお店で、ちょっとのパンを売る可愛らしさが良い感じです♪
 
住所:鎌倉市七里ガ浜東3-1-30 1F
電話:0467-81-3672
定休:月曜
営業:10時~19時
 
 住宅街の中にありました。
 3階建ての白い建物。入り口は格子窓と同じようなデザインで縦に長い窓が3つ並んでいるような感じ。
 両側に低い潅木の鉢があり、チャップリンらしく人形の姿が。
Lumiere du b01
 中に入ると、猫の額のような小さな販売スペース。
 
15年9月2日昼の来訪。
 塾に行く娘のおやつを買うべく、「ルーフトップス」 の昼食後、わざわざこちらにもよる。先日「スリジエ」 に来た時は休みだったので。
 
キャラメルショコラ 240円
Lumiere du b02
 「スッキリ!!」 で紹介されたというパン。
 バリッと硬いバゲットを横に切って、自家製塩キャラメルのコンフィチュールを塗り、スティック状のビターなベルギー産チョコレートを挟んだもの。
 そのビターな味わいが癖になる。バゲット自体も美味しく、そこに良質のチョコレートなのだから隙がない。
 

リュミエール・ドゥ・ベーパン / 七里ケ浜駅稲村ケ崎駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
 「猿田彦珈琲」 を再訪しました。
 
「猿田彦珈琲」
@恵比寿(☆☆)
http://sarutahiko.co/
sarutahiko

 ジョージアからこの店オリジナルのブレンドも販売されたほどのスペシャルティコーヒー店。
 恵比寿の駅前にあるというのにのんびりした時間が流れる空間。
 恵比寿に行くときちょっとした時間があれば、プラッと寄りたくなるお店でした。
 
住所:渋谷区恵比寿1-6-6 斎藤ビル 1F
電話:03-5422-6970
定休:無休
営業:8時(土日祝10時)~24時半
 
15年9月1日夜の来訪。
sarutahiko03
  「ペレグリーノ」 に行く前、早く恵比寿に着いたので、こちらで時間を潰す。
 ちょうどカウンター席が空いていました。
 
水出しアイスコーヒー 518円
sarutahiko04
 マイルドなものとフルーティーなものとを選択できます。ここはフルーティーな物を。色合い的には薄い感じ。酸味が強く、ビターな風味は薄い。アイスコーヒーというとなんだか違う気がする。不思議な飲み物。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「はま家」 には行っているのですが、更新していませんでした。

 たまには更新。


「横浜ラーメン はま家」(☆☆)
http://www.yokohama-kobo.com/
横浜発 驢馬人の美食な日々-Hamaya
 10年3月19日オープン。横浜屈指の家系ラーメン。

 そうです、「岳家」のコウキ君が独立してお店を出しました。

 近所では貴重だった美味しい家系ラーメン屋さんだったので、再開した「岳家」の味の凋落をみるに、やはりついていくことになりそうです。ラーメン作りは結局、人だなぁ!!

  
住所:横浜市港南区丸山台4-9-19
電話:045-842-5254
定休:不定休
営業:11時~15時/18時~22時(土日祝17時半~22時)
 

14年4月4日夜の来訪。

 公式サイトでアップされていたので一人出来ました。

炙りチーズはま家ご飯ミニ 250円

Hamaya07
  この日食べたつけ麺に合わせて注文したのがこれ。
 チーズご飯にラーメンスープを入れて食べる丼です。
 とろけるスライスチーズを乗せてガスバーナーで炙ったものでした。これが海苔を合わせると意外にチョコレートのような風味がなぜかする。

 

15年1月5日昼に来訪。

 弟と昼に来訪。

辣サイ 100円
Hamaya06

  この日食べたつけ麺に合わせて注文したのがこれ。

 刻んだザーサイに辛味ダレ。ごま油の香りと唐辛子の辛味で美味しい。

 

15年8月30日の来訪。

 車検に出していた愛車アイが1日遅れで帰ってきたので、取りに行きついでに一人夕食。
キャベチャー 150円
Hamaya05

 この日食べたつけ麺に合わせて注文したのがこれ。 キャベツと刻みチャーシューを辛目のタレで和えたもの。

 ポクポクした食感の生キャベツは素晴らしく美味しい。辛味と酸味の良いタレが効いています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ローストホース」@広尾(☆☆彡)
https://www.facebook.com/roast.horse
RoastHorse
 
 世の中には会員だけが通えるという特別なお店があります。
 こちらがまさにそれ。オープン後1年間は、開店前に出資をした会員 とそのご紹介者のみの営業だそうですが、今も会員とその連れだけで連日満席数回転しているので、1年経ってもこの状況は変わらないのではないかと言われています。
 出てくる馬肉は素晴らしく、薪窯で火入れしたものからふわふわかき氷まで飽きることなく、ヘルシーな料理を格安でいただけます。
 
住所:港区南麻布
電話:非公開
定休:完全予約制
営業:完全予約制
 
 お店の場所は秘密。
 入り口は間接照明で浮き出るように照らされたドア。
RoastHorse02
 中はオープンキッチンに、横並びのテーブル。
RoastHorse01
 キッチン内部には日本のピザ釜業界で知らない人は居ない第一人者の藤村製作所の藤村さんのピザ窯です。
RoastHorse03
 テーブルの上には塩、すりごまのはいるトレイが。
 平山峰吉 シェフは厨房からホールまでお客と接しながら料理を出してくださいます。
 
15年9月の夜の来訪。
 20時開始で会員であるかずまおさんの会。

6500円
 コース+飲み放題でこの価格は価格破壊です。
 
RoastHorse04
 突き出しはスープから。
 幻の白いとうもろこしのホワイトショコラのスープです。ピュアホワイトの進化型の品種で、平均糖度は17度とメロンより甘いらしい。そこに加えているのは塩と水だけ。
 ただ、クリーム分がないからか、玉ねぎを使っていないからか、好みからは外れていました。ポタージュ好きなのだと改めて認識。
 
RoastHorse05
 生馬肉盛り合わせです。
 大きなのは馬肉用の甘めの醤油でいただく馬刺し。馬肉は融点が25度であるため、これを口に入れると解けるのだそうです。体内にあるときはこんなに白く硬くはないわけですね。
 バラ肉のオビという場所。京都の汲み上げ湯葉を乗せて、南高梅を添えています。
 中央にはサンカクの寿司。上には北海道の生ウニ。
 柔らかな赤身のカイノミ。中とろになる部位で比較的厚めの切り口。サラダ玉ねぎもタップリ。
 歯ごたえあるフタエゴ。あばら部分の三層肉の部位で希少部位。甘みと旨みを凝縮した肉なので、そのまま醤油でいただく。薬味が添えてあったのですが、使う間も無く…。
 
RoastHorse06
 生レバー。新鮮でエッジが立っています♪
 塩と胡麻油にネギと白胡麻でベーシックに。それだけで美味いよ~。

RoastHorse07
 馬肉のシャトーブリアンと丹波シメジのてんぷら。
 シャトーブリアンは歯応えが少しあり、中はレアで臭みなし。
 
RoastHorse08
 馬肉のカルパッチョです。高知のニラのソースに、オリーブオイルと黒胡椒で。
 スライスした生のマッシュルームと白髪ねぎ添え。
 もともと魚のイメージの強いカルパッチョですが、元を正せば、ヨーロッパでは馬肉だったのだから、これが正式なのかな~。
 
RoastHorse09
 さて、この前に常連で週1回通うかずまおさんをして、刺身にいつも出るタテガミが出ていないと言われていたので、後で出るのでは?と言ってみましたが、出ました!! 新メニューとして!
 よくお店で出るのはタテガミというよりも背脂らしい。これが本物。
 まずは醤油なしのオリーブオイルで。口に入れるととろけて、それだけで美味しい!
 そして海苔を巻いて軍艦でいただく。刻んだタテガミをタップリのせて、もぐもぐといただきます♪
 
RoastHorse10
 馬肉の筋の煮込み。ゴリゴリとしたスジと冬瓜にイクラ。上に振りかけた柚子の香りがします。シェフの経歴に含まれる京都の仕込みか。
 
RoastHorse11
 石窯で火を入れた大きな焼きなす。これを目の前でザク切りし、オリーブオイルと塩で仕上げます。
 茄子はそれだけでとろけるような口当たり。皮の茄子らしい香ばしさもしっかり残っています。
 
RoastHorse12
 山形の茶豆。タップリ塩をまぶしてあります。
 
RoastHorse13
 こちらも石窯で火を入れたホンシメジと皮ごとの玉ねぎ。
 ホンシメジは実にジューシーな仕上がり。
 
RoastHorse14
 アルミホイルに包まれた状態で焼かれたお肉。
 目の前で開きます。
 これはクラシタ。赤身のしっかりした旨みの濃いお肉。これが一番美味しかったかも。
 
RoastHorse15
 次に出たアルミホイルの中身はシャトーブリアン。
 目の前で切り分けてくれます。繊維の細やかな赤身。
 ワサビをおろして、つけていただきます。
 
RoastHorse16
 バーニャカウダです。
 曲がって小さめのキュウリ、カブ、レタスなど。野菜の質が良いのは良い回転をしている良い仕入れのお店だからというシンプルな理由。いいですね~。
RoastHorse17
 つけるのは味噌ダレとアンチョビクリーム…だったかな?
 
RoastHorse18
 次のアルミホイルはちょうちん。後バラの一部。段々と柔らかい筋が入っていて提灯のようだからそう呼ばれるらしい。
 これはタリアータのように切って。脂身のついた馬肉。美味しいです~!!
 
RoastHorse19
 締めの炭水化物は馬肉のカレーライス。
 
RoastHorse20
 これ、デザートです。これがまたすごい。宇治の豆乳抹茶かき氷…と言って良いのか? かいてないのです。。
 液体をそのまま雪のようにする特殊な機械で作るふわふわ系のかき氷。
 上にはつぶつぶ小豆のあんこ、周りには豆乳のクリームです。

RoastHorse22 RoastHorse21 RoastHorse23
 ソフトドリンクは、ウーロン茶、コーラ、オレンジジュース、ジンジャーエールの4種類。
 
 ところで、トイレと間違えて開けてしまった扉の向こうには有名なブロガーのはっしーさん ら一行がいました。
 知り合いになれる日は来るのかな~。
 

ローストホース馬肉料理 / 広尾駅
夜総合点★★★★ 4.5

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。