横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:
「泡波と島の味 はてるま@西表島(☆☆彡)
Hateruma

 その昔Visita沖縄で見て、ず~~~っと行きたかった沖縄料理の店。
 伝説の料理人吉本ナナ子さんのお店でした。今は息子さんが受け継いで石垣の食材で作る料理がいただけます。
 まさに西表島に泊まってでも訪れるべき価値ある一軒です。
 
住所:沖縄県八重山郡竹富町字南風見201-101
電話:0980-85-5623
定休:日曜不定休
営業:18時~23時
 
 郵便橋のある日本最西端の信号で曲がった先。スーパーのはす向かいがこちらです。
 芝生のある敷地の中に窓を覆う枠の赤い平屋があります。
 中に入ると土間のような場所で、天井まで古い材木の梁を中心にして吹き抜けの構造。
Hateruma02
 客席は靴を脱いで上がる座敷。石垣島らしく良い雰囲気。
Hateruma01
 厨房は入り口から向かって右。少しだけカウンター席もあります。
 厨房には息子さん。移転もしていることだし、ナナ子さんはもう引退されているような話しぶりでした。
 
石垣島ジンジャーエール 600円
Hateruma04
 ロホではなくオロの方でした。
 
自家製ハーブティー アイス 300円
Hateruma05
 どくだみ? 結構独特なハーブティーです。
 
パッションフルーツジュース 500円
Hateruma13
 さっぱり目ですが、よくあるものより結構美味しい。
 
アセロラジュース 400円
Hateruma16
 関東で目にする市販のものよりも色が薄めで甘すぎずさっぱりしていて美味しい。
 
グァバジュース 600円
Hateruma15
 濃厚ドロドロではなく、これもさっぱりしていて美味しい。
 
15年8月10日夜の来訪。
Hateruma03
 4月17日に電話して19時予約。3人分5500円のおまかせ。
 カヌーと滝のアクティビティーから帰ってきてシャワーを浴び、車で1時間移動してこちらに。
 この日は満席でした。
 
Hateruma06
 突き出しには西表島の天然もずく酢。とろみがあり、酸味も爽やかでこれ自体普通に美味しい。
 上にはテラザという小巻貝と千切りのキュウリ。このテラザはマガキ貝というらしいが、本当に赤貝のようで食感良く美味しい。
 最初の何気ない一品が美味しいと、この後へと良い感じで望めますね。
 
Hateruma07
 刺身の盛り合わせ3人前です。
 白身のアカジン、ボイルるしてあるしまだこ、ウムズナーと呼ばれるウデナガカクレダコ。
 アカジンは白身で淡白ながらとても美味しく、添えられている皮がまたブリブリしていて美味しい。
 シマダコは普通に美味しいもの。シークワーサーでもいただく。
 ウムズナーはレアな仕上がりです。イイダコに似た種らしく、これまた良いものでした。つける醤油までとても美味しく感じました。西表らしい刺身です。
 
Hateruma08
 ウムナガーとガーラの南蛮漬け。
 ウムナガーはキツネフエフキという魚です。淡白で旨みにかけると調べてあるが、出汁が美味しいらしい。ガーラはヒラアジや平な銀色の魚を総称して呼ぶらしい。どっちがどれなのかはわからず。ここでは南蛮漬けにして、刻んだ長命草たっぷりとともにいただきます。この長命草は比較的水分が好きない葉っぱですね。
 ざく切りのトマトを添えてくれていますが、これも美味しい。
 
Hateruma09
 モーイ豆腐。
 遠浅の海に自生するというイバラノリこと島特産の海藻モーイに魚や野菜を寄せている寄せものです。
 先代からの名物料理。
 横には刻み野菜のサラダ付き。これもさっぱりしていて美味しく全ていただきました。
 
Hateruma10
 冬瓜と島カボチャとしめじの煮込み。
 島かぼちゃは粘度が高いが、ほろほろと崩れる仕上がり。
 出汁はカツオだしな感じ。
 
Hateruma11
 なんと蒸しあげた…と思われる、ヤシガニ!!
 ドカンと1杯出てきたのに、家族で大喜びです。
Hateruma12
 これを食べられるように割って出してくださる。
 中の味噌も書き出して別添え。
 殻の中の身は、蟹としては信じられないほどに、ホクホクとしていて栗のように濃厚な旨みです。
 ヤシガニ最高!! ここに来れてよかった。可読で本当にそう思いました。
 後日、タクシーの運転手さんが、ヤシガニだけでも5000円~8000円はするとおっしゃられていたので、コスパも最高ですね。

Hateruma14
 島豚の味噌ラフテー。この豚が煮崩れしていないのに柔らかくとても美味。
 上にかかっているのも米を使った味噌だということ。
 ゴーヤが添えられています。なんとも沖縄らしい一皿。
 
Hateruma17
 ナガジューミーバイのマース煮。ナガジューとは長尾のことだそう。
 マース煮は飲める程度の塩加減の潮水だけで煮る調理方法。これがまたシンプルな調理方法ながら旨みのある白身で、家族みんなで美味しく食べ尽くしました。
 添えられている島豆腐にアオサです。
 
Hateruma18
 カーナーとなまり節の和え物。
 カーナーは西表島で取れるコリコリしたよい食感の海藻です。カツオのなまり節に白ごまとキャベツの芯が入っています。
 
Hateruma19
 締めはカニ味噌ご飯。
 米の炊き方からしてそんじょそこらの和食屋さんよりもよい。そこにそれだけで確かに美味しいカニ味噌に、生姜と刻んだ小葱。
 味噌汁はアオサと島豆腐。
 
Hateruma20
 デザートはパパイヤ。赤い色合いが強いもので、柔らかく、甘い!!!
Hateruma21
 極上のパパイヤだったようです。
 

はてるま沖縄料理 / 竹富町その他)
夜総合点★★★★ 4.5

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「Potatis(ポタティス)」@七里ガ浜 (☆彡)
http://potatis.blue
Potatis

 湘南の海に面したポテトフライとシェイクの専門店。
 カリカリのポテトの美味いこと美味いこと!!
 何種類もあるディップをつけて、海で食べるのも素敵です♪
 
住所:鎌倉市七里ガ浜1-3-12 KAMAKURA310ビル 1F
電話:0467-32-1177
定休:木曜
営業:9時半~18時
 
 「シチリアーナ」 のあるビルの1階。とは言っても、半地下みたいな構造で、ウッドデッキのような入り口を降りて店内へ。
 カジュアルなアメリカン西海岸の雰囲気(行ったことないけど)?
Potatis01
 厨房に面したカウンターに背の高いテーブルがいくつかというこぢんまりした中。
 表の入り口が解放されているためか、もともとないのか、冷房が効いておらず店内は暑いです。
 注文して出来上がりを待ちます。
 
15年8月23日昼の来訪。
 12時には家を一人で出てこちらに。
 「ダブルドアーズ」 に行って、名前を書き、待ちそうだったので、こちらにテイクアウトを先にしに来ました。
 13時で先に並んでいたのはお二人。悩んでおられたのでちょいとその分待ちました。

ポテト Mサイズ 500円
Potatis02
 3種類の形状からを選択できますが、スタンダードなスティックを。
 皮付きポテトをそのままスティック状に切り、衣を少し厚めにつけて表面がカリッとなるまで揚げたフライ。
 昆布だしでも使っているのか、それ単体でとても美味しい。
Potatis03
 ここにディップを選択できます。8種類ありますが、人気だという明太マヨは選択せず、アボカドに。小さなカップできます。緑色のそれはアボカドの青さがやや気になりますがなかなか良いかも。ただ、本体が美味しいので、それほど必要とはしませんでした。
 
シェイク Sサイズ 350円
Potatis04
 濃厚バニラと聞いておりますが、シェイクというよりも濃厚バニラのソフトクリームがそのまま入っていました。上にはホイップクリーウを渦巻き状に。当然、太いストローが刺さっていますが、吸い上げることはできず、付属の木のスポーンで食べることに。ホイップクリームはそれほど好きではないので、こちらはもうちょっと見直されると良いかな。
 

ポタティスカフェ / 七里ケ浜駅鎌倉高校前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「Double Doors(ダブルドアーズ)七里ガ浜」@七里ガ浜(☆☆)
http://www.doubledoors.jp/#
Double Doors

 七里ガ浜の海に面した素敵なカフェ。
 海沿いのスローライフを実現したかのような素敵な空間と時間の流れ。
 そのご飯もとても美味しく、子供や犬まで店内OKという素晴らしさです!!
 
住所:鎌倉市七里ヶ浜東2-2-2
電話:0467-33-1593
定休:無休
営業:11時~23時
 
Double Doors01
 七里ガ浜の国道沿いにある白い2階建ての建物。向かって左の待合にはぶら下げる形の白いパラソルです。
Double Doors02
 中2階のような場所で、階段を上がって入り口から入る。入り口や窓枠はかすれた水色。ウッドデッキのような前面にはテラス席が並んでいます。
 かすれたダークウッドの板張りの床に白い壁や天井。吊り下げられているのはシンプルでアンティークな裸電球です。
Double Doors03
 店内は冷房が効いているけど、厨房から立ち込める煙のため白く煙っているという不思議な空間。しばらくすると消えて無くなったので、チャーハンのためかな?
 
15年8月23日昼の来訪。
 本来は家内と来たかったのですが、自分一人で電車で来てみました。
 12時40分到着で名前を伝え、入れたのは13時30分。冷房のないテラスであれば、すぐに入れましたが、暑すぎて…。
 
アボカドハンバーグwithレホールソース 1650円
Double Doors05
 木の板のお盆に木の匙付き、ストウブの小さな鉄鍋での提供。
 ふっくらした和牛100%のハンバーグの上にまるまる半分のアボカドとすりおろした西洋ワサビに刻んだ万能ネギです。このハンバーグ、ヤバウマです。中はレアにトロッとしていて、往年の「ハングリータイガー」のようでした。
 下にはその肉汁まで含んだ野菜の煮込み。スライスしたズッキーニ、黄色いプチトマト、しめじやブラウンマッシュルーム、そして輪切りの玉ねぎがそのまま。この玉ねぎがとても良い感じです。
Double Doors06
 サラダは辛味のあるドレッシング。
 ご飯は十六穀米をせんたくできるのでそれを。
 料理はとても美味しいなぁ。
 
ルロ Lulo Juice 800円(セット+200円)
Double Doors04
 謎の飲み物があると、自家製ジンジャーエールやノンアルコールモヒートの誘惑を断ち切ってこれを。
「鮮やかな黄緑色の果肉をもつルロは、さわやかな酸味のある、エキゾチックで気品高いフルーツです。
ビタミンCとイノシトールを豊富に含みます。イノシトールは、抗脂肪肝ビタミンと呼ばれ、悪玉コレストロールを減少させ、動脈硬化を防ぐ役割も果たしています。」という売り文句。
 柑橘系のようですが、泡立ててあるのでマイルドな飲み口。なかなか美味しい。
 氷が大きいのか、暑いからか、すぐに飲み終わってしまった。

フレッシュライムのチーズケーキ 700円
Double Doors08
 上にはスライスライムとミントの葉。
 上にはマスカルポーネのようなふわふわのクリーム、中層にライムを含んだ粗めのしっとり系チーズケーキ、底の生地は最初飴なのかと思うような照りのある固めの生地でした。
 
アイスコーヒー coffee(Ice) 600円
Double Doors07
 程よい苦味のさっぱり系アイスコーヒー。
 
 ただし、結構全てにおいて時間がかかります。入るまで、注文してから出るまで。湘南の海を楽しむフローライフのお店に見えるので、時間のないときは寄らないほうが良いと思います。
 
16年4月27日夜に再訪。
 近くで研修を受けた後に歩いて来訪。

 夜は穏やかな電球色のオレンジの光の薄暗い空間に賑やかな音楽。お客も半の入りくらい。

モラ 600円

 泡だつベリーのジュース。

生ハムとフレッシュモッツァレラチーズ Sサイズ 600円

 まんま生ハムと3切れのモッツァレラ。

和牛ステーキwithガーリックライス 1800円

 ガーリックバターたっぷりのライスたっぷりと中央がレアに焼き上げられたステーキをのせてます。ガーリックチップに刻んだ万能ネギ。味が濃く素直に美味しい。
 
 夜は空いているためか結構早く出してもらえました♪
 

ダブルドアーズ 七里ヶ浜店カフェ / 七里ケ浜駅鎌倉高校前駅稲村ケ崎駅
昼総合点★★★★ 4.0

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ホア カフェ (Hoa Cafe)」@鎌倉(☆彡)
https://www.facebook.com/kamakurahoacafe
Hoa Cafe

 鎌倉と逗子の間の材木座の海岸沿いにあるカフェ。
 海風に吹かれながら、ドーナツとスムージーでご機嫌なひと時を過ごせます。
 
住所:鎌倉市材木座6-4-24
電話:0467-84-7079
定休:年中無休
営業:7時~17時(金土曜~20時)
 
 材木座の海岸線沿いにある白い2階建ての家。
Hoa Cafe02
 海に面した前面はウッドデッキになっていて、目の前をバンバン車が通っています。
 開かれた前面から入ると、すぐ右にドーナツが並ぶ厨房に面したキャッシャー。
Hoa Cafe01
 奥には子連れのお母様方が陣取るソファ席でゆったりした空気が流れるお店です。
 店内で流れる音楽はハワイアンミュージックでした。
 
15年5月20日昼の来訪。
 家内は仕事だったので、一人でうろうろする。
 この日は天気も回復し、湘南に夏が来たみたいな日。台風が南にいるので波の高いこと高いこと!!
 
ソイスムージー(BANANA) セット850円(単品700円)
Hoa Cafe04
 大きな取っ手付きのカップで。バナナ味を選択しましたが外れなく美味しい。後味に大豆の香りがします。少し凍ったバナナの塊も入っていました。
 
ドーナツ バニラシュガー (単品210円)
Hoa Cafe03
 ドーナツは自家製らしく結構固め。黄色味が濃いのでおからが入っているのかも…と勝手に想像。
 

ホア カフェカフェ / 和田塚駅由比ケ浜駅長谷駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 2015年8月21日、銀座に友人のお店がオープンしました。
 予約はコース1本10000円で、夜遅くにはアラカルト対応されるようです。
 ぼくも機会を作って訪れようと思っておりますが、お近くにお立ち寄りの際にはぜひ訪れてみてください♪
 
「銀座 やまの辺 江戸中華」@銀座
住所:中央区銀座8-4-21保坂ビルB1F
電話:03-3569-2520
定休:不定休
営業:17時半~23時
 

 それはそうと、今日の更新はこちら。
 同じ銀座に移転されてきた中華の名店です。

「レンゲ(Renge equriosity)」
@銀座(☆☆彡)
Renge equriosity

 「シェフス」の王恵仁氏に師事した西岡英俊氏のお店。
 新宿にあったはずですが、銀座に移転されてきました。
 銀座に移っても輝きを失わない進歩的中華料理はまるで中華には見えません(笑) とても素敵なお店です♪
 
住所:中央区銀座7-4-5 GINZA745ビル 9F
電話:03-6228-5551
定休:月曜
営業:18時~23時LO
 
Renge equriosity02
 GINZA745ビルはなかなかのグルメビル。「よねむら」もあるけど…新子安にあった「八左エ門」がここに移転してきてる!!
 雰囲気良い前面でエスカレーターで9階に上がります。
Renge equriosity01
 降りてみると、狭い入り口前の踊り場。シンプルな扉に「Equation × Curisity × Inquiry」と書かれています。
 中に入ると灰色の石積みのようなタイル壁に銀色の店名。
Renge equriosity03
 照明が吊されるオープンな厨房脇のカウンターにテーブル席が幾つか。黒い編み込んだランチョンマットがセットされています。
 
15年8月5日夜の来訪。
 19時半開始で19時20分に着きました。
 
雲南沱茶(アイス) 700円
Renge equriosity04
 プーアル茶なのですが、さっぱりして飲みやすい。黒茶独特の匂いが薄いのです。
 青茶がないのは残念~。
 
Renge equriosity10
 2杯目は自家製の梅のシロップを炭酸水で割ったものです。
 見た目と裏腹で結構梅が濃厚♪
 
ジンジャーエール 700円
Renge equriosity14
 ウィルキンソンのジンジャーエール。コップに注いでいるので、炭酸は結構抜けています。
 
龍井茶 1000円
Renge equriosity18
 ポットでいただきました。4人で2杯ずつくらいは飲める分量。差し湯もできるのでしばらく楽しめます。
 
Renge equriosity05
 突き出しは四角い白いお皿に中華なハンバーガー?
 白い花巻の間に金華ハムの出汁の濃いカスタードクリーム。花巻にはバターも塗られていたようで、味わいは強力。それに加えて、塩気のあるオシェトラキャビアです♪
 
Renge equriosity06
 前菜盛り合わせは、かつてどの中華料理屋さんで食べたものよりも美味しいかも。
 右のガラス皿には千切りにした茎レタスとクラゲ。クラゲの食感と茎レタスの食感があっていて絶妙!
 それに烏骨鶏の味玉に白トリュフのクリーム。
 レアな仕上がりの知多半島の車海老。これは実は酔っ払い海老なんです♪ 激ウマ!!
 左は淡白な胸肉を使ったよだれ鶏、その絡み誰も美味いが、蒸し鶏の食感も素晴らしい。刻んだ分葱と千切りのきゅうりが添えられています。
 
Renge equriosity08
 熱々に蒸してある玉ねぎのシュウマイがセイロで。
 玉ねぎと豚肉がタップリの具で、上にはその成分ほとんどホタテのほぐし身みたいな自家製XO醤。
Renge equriosity07
 それ単体でも美味しいが、面白いのはスプレーをかけていただく。これ、黒酢のスプレーなんです。
 
Renge equriosity11
 鱧の卵の春巻き。中にはほろほろの鱧の卵と大葉。皮は薄めでパリッと揚がっています。
Renge equriosity09
 これをいただくのが煎り酒。梅が効いています。
 
Renge equriosity12
 これがまた素晴らしい。
 波紋のような模様のガラス皿に香川のホワイトアスパラです。
 鮎の醤油を使ったオランデーズソース。口頭ではブランデーソースと聞こえたのですが、味わってみて、よくよく記録時に考えてみると、オランデーズソースと言っていたか、言い間違えたのかも。実はサービスの男性の説明がもう一つなのでした。
 上から炙ってあって香ばしさが際立ちますが、鮎の甘みと香りが立っているのです。
 香りってとても大切です。
 
Renge equriosity13
 驚く穂に甘く香り高いアメーラトマトと卵の炒め物。
 ソースもトマトのソースです。香りがこれまた素晴らしい。なんの香りなんだろ~。
 
Renge equriosity15
 蒸し物というかスープ。
 ベースは金華ハムのコンソメです。これがまたやたら美味い。
 具に入っているのは薄くスライスいてある知多半島のアワビと激ウマスープを吸ってまた美味しくなっている衣笠茸。この衣笠茸が一部トロトロでトロロ昆布のようでした。いや、それほど旨味が濃かった。スライスアワビもコリコリで極上~!!
 
Renge equriosity16
 金縁の皿に乗っているのは五島列島のクエ。ボロンと大きな切り身で、その皮の弾力がまた好ましい。
 魚らしい香りと味わい。上に塗られているペーストのようなものは金華ハムだそうで、それに白髪ネギです。
 添えられているのはその旨味をタップリ吸っているリゾット。ここには香りよく旨味の濃い豆豉がのっていました。
 
Renge equriosity17
 黒毛和牛サーロイン。その断面のレアな仕上がり見ると惚れ惚れします。
 サシの入りが綺麗なものとのことでしたが、赤み分が多く、A2くらいのランクのサーロインだったのかも。
 ここにかけられているのは金華豚で出汁を取っていると思われる新ニンニクのソース。ニンニクも美味い!!
 
Renge equriosity19
 ここでコース外にご飯料理を追加。
 タップリと絡められたアワビの肝のリゾットです。
 肝の臭みか旨味だかよく分からない境界のところで仕上げられていて、印象に残ります。
 
Renge equriosity20
 締めの麺はワンタンの皮を細切りにしたという麺。
 スープも激ウマ。早松茸が1/4入っていましたが、その香りも効いています。
 上には繊維太めから繊細な場所まで入ったフカヒレと清々しく甘い青柚子のスライス。
 ピロピロの麺に上湯スープで素晴らしく美味しい。大崎さんに是非食べてもらいたい!!
 
Renge equriosity21
 デザートはカクテルグラスにタピオカミルク。
 目の前でマンゴーのエスプーマをかけてくれるので下からすくうようにしていただく。
 

レンゲ上海料理 / 銀座駅内幸町駅日比谷駅
夜総合点★★★★ 4.5

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。