横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:
「マウカメドウズ(Muka Meadows) 横浜ランドマークプラザ店」@みなとみらい(☆)
http://www.doutor.co.jp/muk/
Muka Meadows

 ランドマークにあるハワイをテーマにしたカフェ。
 ドトールの経営らしく、最近流行のパンケーキを出している割には、なぜか知名度はもう一つのような気がします。
 朝からやってますし、もう少し色々改善してほしい、惜しい感じのカフェでした。

住所:横浜市西区みなとみらい2-2-1ランドマークプラザ2F
電話:045-222-5225
定休:不定休
営業:8時~22時
 
 ランドマークプラザ2階、動く歩道から来て降りた場所にあります。
Muka Meadows01
 白い壁に植物を彫刻したような模様の壁にライトウッドの木枠、南国系の緑と、ハワイアンを全面的に売りにだした奇麗な店舗ですね。
 中も明るく、ブッフェのような厨房スペース周りに、上品なファミレスのように席が並んでいます。
Muka Meadows02
 店の中にはヤシの木を模したガラスチューブで水泡が上に上がって行くのが見えます。
 ちなみに部屋の一角のガラスで半分しきられた場所は喫煙スペースだそうです。
 
13年12月18日朝の来訪。
 この日は買い物のためにマークイズへ。8時40分にはついたのですが、マークイズの駐車場は9時からでしたので、前で待つことに。
 先についていた家内はスタバにいましたたが、スタバに行っても面白くはないのでこちらに来てみました。
 9時10分過ぎで最初のお客です。
 
ベリーズワッフル 1030円(単品480円)
Muka Meadows03
 丸く大きなワッフルを半分にきって立てかけ、生クリームとベリーを飾って登場♪
 ワッフル自体は甘みがとっても穏やか。焼きたての割には盛りつけに時間がかかったのか熱くはありません。程よく軽くサックリしています。
 甘いのはやはりベリーのソース。ストロベリー、ブルーベリー、ラズベリーにワイルドベリー。生クリームは本当に泡のように軽いタイプ。中にはこれも軽めの味わいのバニラアイスが入っていました。
 
ハワイコナブレンド (500円)
Muka Meadows04
 ほとんど酸味を感じず、豆の味がよく出たハワイコナらしい味わい。ぼくの苦手な味わいが押さえられていて、飲みやすいコーヒーですね。

 呼んでも店員さんはすぐに来ず、後から来たお客の呼びかけの方を優先して行ってしまったので、印象はいまいち。
 朝に目の前に行っても、やっているのかどうかよくわからないのもよくありません。営業時間掲示もないので、「オープン」って掲げてほしいな。
 

マウカメドウズ 横浜ランドマークプラザ店カフェ / みなとみらい駅桜木町駅馬車道駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 「らー麺 本丸亭 横浜店」 を再訪しました。

「らー麺 本丸亭 横浜店」@横浜(☆彡)
横浜発 驢馬人の美食な日々-HonmaruteiYokohama

 厚木の本丸亭が元町や川崎に続いて横浜に支店を出されました。
 アゴだしの鶏スープの素晴らしさは変わらず、ブリブリの麺もさらにパワーアップしている感じがします。
 
住所:横浜市神奈川区鶴屋町1-7-21
電話:非公開
定休:月曜
営業:11時~15時/17時~24時
 
14年1月26日昼に再訪。
 弟がラーメンのようにサックリ食べ終わるものが良いと希望したのでこちらに。
 
赤丸塩らーめん 900円 + 塩煮たまご 100円
HonmaruteiYokohama03
 上に豆板醤の味わいのする赤い肉ダレがかかっています。これが辛く良いのですが、本来のスープをかなりかえてしまう。
 塩煮たまごは昆布だしにつけたものらしいけど、旨味の濃い肉ダレもついていて、良さはわからず。
 
ミニまんま丼 300円
HonmaruteiYokohama04
 あっさりしたキムチにぶつ切りチャーシュー。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「Books&Cafe yukku yukku(ブックス&カフェ ユックユック)」@トマム(☆)
http://www.snowtomamu.jp/sp/restaurant/yukku-yukku/
yukku yukku

 トマムにはリゾナーレにブックス&カフェがあるのですが、ザ・タワーにもあります。
 3年前に訪れたときは北海道イタリアンの店で何度も通ったユックユックがそれ。
 無料のラウンジとなり、軽食&スイーツ、ワインのいただける、より気軽に利用できるスペースになっています。
 
住所:北海道勇払郡占冠村字中トマム ザ・タワー1F
電話:0167-58-1128
定休:期間中無休
営業:10時~24時

yukku yukku01
 大規模にリニューアルされていますね~。
yukku yukku03
 基本的には無料ラウンジで、奥に大きな黒板とカウンターがあって、スイーツ程度の軽食とお茶やワインが楽しめる場所になっています。
yukku yukku04
 グラスワインも楽しめるようになっているのは「八ヶ岳」でも似たシステムを見ました。
 高い天井に2段に配置されたフロア、外のよく見える窓も大きく、気持ちよい空間。
 あちこちに本棚があり、自由に本を読むこともできます。
yukku yukku02
 壁側にはアンティークな風合いのテーブルにクッション薄めの茶色いソファがあります。
 
カプチーノ 550円
yukku yukku06
 苦みの強いカプチーノ。カプチーノに関してはだいぶ改善の余地がありそう。
 
カタラーナ 600円
yukku yukku05
 アイスになったプリンのカタラーナ。室温でこなれるまでだいぶ待ったつもりですが、それでも結構固い。
 表面の溶かされた目状に固まった砂糖が固かったのかな? これもだいぶ厚めで焦げ焦げしています。
 サイドにはオレンジ、キウィ、イチゴに生クリームです。
 
 ああ、昔の方が美味しかったなぁ。でも、目的がラウンジとなったので、これはこれで良いのか。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
「北海道工房」@トマム(☆)
http://www.snowtomamu.jp/winter/hotel_restaurant/restaurant.php
Hokkaidoukoubou
 
 トマムのフォレスターモールにあるハンバーガー屋さん。
 気軽に入れるので時間のないときの食事には良いと思います。
 
住所:北海道勇払郡占冠村字中トマム フォレスターモール1F
電話:0167-58-1111 内線6198
定休:営業は2013年12月20日~2014年3月23日
営業:11時~15時/17~22時(21時半LO)
 
 フォレスターモールの1階。
Hokkaidoukoubou01
 雪の斜面側に突き出た構造。
 中は窓側にテーブル3つ。厨房に面したキャッシャーがあり、立ち食いカウンターが入り口側に続いています。
 
13年1月3日昼の来訪。
 帰る日です。荷物は往復便のクロネコヤマトなのですぐに渡し終わる。
 家内と娘はハンバーガーはいやだというので「伸太」に入った。ぼくは一人でこちら。娘はどうやら新千歳でまたラーメンを食べる腹づもりらしい。
 13時前で結構満杯! 立ち食いが一人分開いていたのでスルッと滑り込む。
 
ビーフコロッケバーガー 580円
Hokkaidoukoubou04
 食べやすいように紙で包まれ、かごに乗ってきました。
 バンズはフカッとしているけどしなしな。もう少し見直しが必要か。
 牛ミンチ入のコロッケはやはりポテトを美味しくいただける。ソースが最初からかかっています。
 マヨネーズにトマト、それにレタスです。
 ソースにも一工夫欲しいかな。

農家のグリルドベーコンステーキ 850円
Hokkaidoukoubou03
 札幌バルナバハム の洞爺湖サミット御用達ベーコン。
 表面をガッツリ焼いた厚切りのベーコン。なるほど、ガッツリして塩気もしっかりし充実した美味しさです。
 ゆでたブロッコリー、皮付きポテトフライ、フレッシュトマト付き。
  
北海道ミルク ice 300円
Hokkaidoukoubou02
 紙コップが波打つ形状で持ちやすそう。
 牛乳は普通に美味しい。牛乳好きなんです。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「かまくら一平」@和田塚(☆☆彡)
http://www.ippei6.com/
Ippei
 
 六地蔵交差点周辺が一大グルメスポットになりつつあります。
 フレンチの「エテ」 やスパニッシュの「アラシダ」 を筆頭に、ラーメンの「一閑人」、カフェの「ビタースイート」 やブーランジェリーの「ラフォレ・エ・ラ・ターブル」 、ジェラートの「鎌倉ウッドベリーズ+」
 そこに素晴らしいカウンター和食のお店が加わりました。
 ぼくのペース通りに矢継ぎ早に繰り出してくれる和食に、常時用意された一人でも楽しめるスッポン鍋まで、極上の時間が過ごせます。正直、認知度が上がって混んでほしくありません!!
 
住所:鎌倉市由比ガ浜1-3-7
電話:0467-25-2314
定休:火曜・不定で月曜
営業:17時半~21時(20時LO)
 
 六地蔵交差点近くの道沿いにある2階建てのようなのっぺりした建物。2階部分に窓があり、1階にも入り口と同じ大きさの窓。
 短く白い暖簾がかかっていて和食屋さんの風情。
 看板はひらがなで顔をもした「いっぺい」の店名。
Ippei01
 中は張り出すような形の雰囲気いい良いカウンターのみ。和のタンスが鎮座するオープンキッチンの厨房で、奥の壁は木の板でした。
 19時すぎで先客4人2組。一番奥に座らせていただく。
 
コース 6000円
 黙って座ればコースです。
Ippei00
 カウンターの上には白い木のお膳にねじまき式のブリキの小さなおもちゃ。シュールですね~。
 
Ippei04
 最初が蓋付きの輪っぱに。正月的メニュー。
 左は杯に叩き牛蒡、ゴマメ、数の子。カタクチイワシの養魚の乾燥品とのことですが、このゴマメが実に深い味わい。叩き牛蒡は酸味のある胡麻だれで和えられています。
 右に黒豆と紅白なます。酢の物はちょっと苦手ですが、1月ですからね~。
 
Ippei05
 白味噌の雑煮。
 白味噌の椀は甘いと思っていたのですが、とても鰹節の出汁の濃い御椀に仕上がっています。削り下ろした鰹節が入っています。
 中央には大きな人参に大根、白いお餅です。
 
Ippei06
 刺身は金目鯛。
 醤油ではなく、葱を浮かせたポン酢でいただく。
 下ろした大根に削った柚子の皮。
 
 ここで、ほうじ茶をだしていただく。
 
Ippei07
 焼いたお餅の間に自家製のカラスミ。カラスミの熟成された香りと味わいにむっちりした餅が激ウマ。
 
Ippei08
 炊き合わせは面取りした京都の丸大根、金時人参に、菜の花かと思いきやスティックセニョール。上にはキビナゴ。
 柚子を軽くふったキビナゴの魚としての濃さに、とてもあっさりした出汁の味わいがまた良いかも。

スッポン鍋 3500円
Ippei09
 コースの終盤合間に足りないときはいろいろ追加メニューがあります。
 そのうちの一つがこれ、土鍋で炊かれているスッポン鍋!
 焼いた極太の白い葱や餅、豆腐に、スッポンの肩回りの骨付き肉やエンペラがいただけます。
 ブリブリした脂身や、翌日お肌がつるつるになりそうなコラーゲンは、非日常そのもの。おまけに葱の甘さは格別ですね。
 加えて、生姜の効いた薄し汁だな…と、スッポン鍋を20年ぶりくらいに食べ始めたのですが、次第に舌が変わっていったのか、後半になるほどその旨味の凄さが感じられてきます最後には飲み干さずにはいられないほど。
 
 コースに戻り、終盤はお寿司になります。カウンターが寿司の台だったとは。
Ippei10
 最初に押し寿司。鯖に薄い昆布を乗せ、さらに柔らかく甘いと酸味のある千枚漬けを重ね合わせて柚子をふっています。これが激ウマ!
Ippei11
 握りで寒鰤から。握りは押し寿司ほどの凄さを感じませんが、うれしいですね。
Ippei12
 次はオナガダイ。
Ippei13
 最後にアオリイカ。切れ目入っていますが、結構長くモグモグしていました。
 
 お茶で緑茶をだしていただく。
 
Ippei14
 デザートはわらび餅。きな粉がかけてあるだけでわらび餅は黒い感じ。
 これが素晴らしい。
 黒蜜はないのかな?と思っていましたが、口に含んで噛むと溶け出し、黒蜜の味わいもしてくるのです。そのまま溶けてなくなるわらび餅。「こ寿々」 よりも美味しいかも!!
 
 これで一通りです。

梅ソーダジュース 500円
Ippei02
 梅味のソーダ。紀州梅を使用しているみたいです。
 
自家製ジンジャーエール 500円
Ippei03
 底に生姜が沈む自家製のジンジャーエール。シナモンの香りが強く甘めなので、ぼくはちょっと苦手かも。

 ところで、ここのトイレ文庫、見物です。いいラインナップだなぁ。
 帰りは若い大将自ら外までお見送りしていただく。
 素晴らしい和食店。混む前にもう少し通っておかないと!!
 

一平割烹・小料理 / 和田塚駅鎌倉駅由比ケ浜駅
夜総合点★★★★ 4.5

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。