横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:
「Diatas Pohon Cafe(ディアタス・ポホン・カフェ)」(☆)
横浜発 驢馬人の美食な日々-Diatas Pohon Cafe

 「Ubud Hanging Gardens(ウブドハンギングガーデンズ)」の素敵なカフェ。
 渓流近くの低層に位置し、深い緑とアートに包まれてのんびりとした時間を過ごせます。
 
住所:Desa Buahan,Desa Payangan, Gianyar,Ubud 80571
電話:0361- 982700
定休:無休
営業:12時~18時
 
 ファニキュラの終点にあります。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Diatas Pohon Cafe03
 渓谷に面する大きな東屋風の建物。店の前には寺院でも飾られていそうな明るい色の傘。石壁の立てられた入り口。その前には苔むした石仏。
 隣りにはエステの建物みたい。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Diatas Pohon Cafe02
 ござを敷いたような床の東屋には四角いテーブル席。渓谷とは反対側の壁にはバリアートが飾られています。そう言えば、ウブドはアートの街なのでした。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Diatas Pohon Cafe01
 テラスにはパラソルと濡れても大丈夫な編込みのテーブルとソファ。
 テラスの下は深井翠で渓谷は音だけであまり見えません。
 
13年3月29日の来訪。
 「ウブドハンギングガーデンズ」に到着し、17時前ですのでアフタヌーンティーをいただくことにしてこちらにまず来ました。このアフタヌーンティーは16時~17時で宿泊者は無料です。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Diatas Pohon Cafe04
 木のプレートでおしぼりとウェルカムドリンク。アフタヌーンティーらしい軽食は時間的に駄目だったみたいです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「Beduur Restaurant(ベデュール・レストラン)」(☆彡)
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur

 「ウブドハンギングガーデンズ」唯一のレストラン。
 日本語表記は部屋に置かれていた日本人向けの記載からとっていますのでホテル公式の読み方です。
 ウブドの緑濃い渓流沿いのこのホテルらしい中腹の建物のレストランは、夜に幻想的にライトアップされた寺院に臨みバリニーズの素材を使ったアジアンとフレンチのキュイジーヌを。朝は素晴らしい景色とともに素敵なメイン料理+ブッフェをいただけます。
 
住所:Desa Buahan,Desa Payangan, Gianyar,Ubud 80571
電話:0361- 982700
定休:無休
営業:6時半~10時/12時~16時/18時半~22時半
 
 特徴的な2段の棚田型のプールに面した「ブチック・バー」の上の階。中腹の建物の渓谷側に位置し、すばらしいウブドの自然と美しくライトアップされた寺院を見渡すことが出来ます。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur02
 席は中央には無く、赤い花の咲く緑が並び、外に面している通路際に配されています。やはり美しいバリデザインの建物で、3方に壁は無いのがまた良い。日本ではありえませんよね。ちなみに壁がないので入り口の扉も無い。どこからがレストランなのだかわかりません(笑)
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur01
 朝食もこちらでいただくので、明るい時間はまた素晴らしいのですが、夜もこれまたダウンライトで雰囲気よい。天井は屋根の裏が見えるバリのスタイル。対岸に見えるお寺「プラ・プナタラン・ダラム・スガラ」もライトアップされていてちょうど見えます。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur03
 テーブルは堂々としたフレンチの装い。ロウソクの明かりでいただきます。
 
12年3月29日夜の来訪。
 19時になるとすっかり暗くなっていました。下へと下りていく階段や木々がライトアップされ、幻想的な雰囲気になります。
 19時にお願いしていて、19時10分に伺いました。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur04
 最初に木の入れ物に水と圧縮おしぼり。
 
 食事の内容は疲れていたので記録できず、ほとんどうろ覚えです。
 写真を参考にしてください。
 
BANANA JUICE 60000ルピア
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur05
 泡立ったバナナのジュース。皮付きバナナが刺してあります。混ぜるための木の匙がストローの他に入っていました。
 
LEMONGRASS REFRESHER 75000ルピア
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur07
 REFRESHERはジュースにソーダ水を加えた飲み物です。
 さっぱりした系統の飲みもの。
 
JASMINE TEA 70000ルピア
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur06
 暖かいジャスミン茶。きゅうすにきました。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur08
 パンは数種類の盛り合せから好きなものを。ガラスケースにバターが付いています。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur10
 大人用のつきだしのお皿。何だったか憶えていません~。まぐろだったような…。
 
Caesar Salad prawns 155000ルピア
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur11
 若いロメインレタス、フォチャッチャのクルトン、ベーコン、アンチョビにパルメザンドレッシング。柑橘系の爽やかさが加わり美味しいサラダです。
 
Cannelloni Beef Cheek 235000ルピア
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur13
 特選牛頬肉とワイルドマッシュルームを詰めたリガトーニです。たっぷり入るトリュフが薫るトリュフクリームソースをかけて、スライスパルミジャーノを乗せています。
 
Australian Angus Sirloin Steak 295000ルピア
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur15
 オーストラリアのアンガス牛サーロインステーキ。トリュフバターだった気がします。お肉自体は赤身中心で、オーストラリア牛はそれほど好きではないからか、調理の問題か、食べるのには苦労しました。塩胡椒が横に添えられています。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur14
 付け合わせは有機の赤ちゃんジャガイモ、しいたけ、二十日人参、バリのわけぎ、タイム、ベビーリーフ、甘いライムのドレッシング。

RIVER PRAWN KIDS 76000ルピア
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur09
 子供用の海老のサラダ。ガラスの皿に。
 
NASI GORENG KIDS 96000ルピア
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur12
 子供用のナシゴレン。上に目玉焼きとチキンが乗っています。
 
Chocolate Lover 140000ルピア
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur17
 デザートはこれを。ガラスの皿の上に3種類のチョコレートのオカシ。70%ダークチョコレートムースに、暖かいヴェローナチョコレートのフォンダン。とても美味しかった。

ICE CREAM KIDS 66000ルピア
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur16
 緑の葉の上に盛られたバニラアイスとクッキー。娘のために注文しました。
 
COFFEE 50000ルピア
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur19
TEA LOCAL 33000ルピア
横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur20

横浜発 驢馬人の美食な日々-Beduur18
 お茶菓子は3人分もってきてくれました♪
 
 ところで、今回は利用しませんでしたが、「セイクレッド・ロマンティック・ディナー」というコースを用意しているそうです。これはアユン川に対面するお寺「プラ・プナタラン・ダラム・スガラ」の下でディナーをいただく、という神秘的なディナー。いつかいただいてみたいものです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「Piacere(ピャチェーレ)」@東京(☆☆)
http://www.shangri-la.com/jp/tokyo/shangrila/dining/restaurants/piacere/
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere
 
 「シャングリ・ラ・ホテル東京」の和は「なだ万」、洋はこのトスカーナ出身の若手シェフによるイタリアンです。
 ラグジュアリーホテルならではのサービスと気持ちのよい箱。特に朝は最高の朝食がいただけます。
 夜のコスパがクーポンを使って普通に感じてしまうのは改善が必要ではないかと思いますが。
 
住所:千代田区丸の内1-8-3丸の内トラストタワー本館シャングリ・ラ・ホテル東京28F
電話:03-6739-7888
定休:無休
営業:6時半~10時/11時半~14時半/18時~22時(土日祝7時~10時半/12時~14時半)

 28階にある「シャングリ・ラ・ホテル東京」のフロントから客室用のエレベーターへと行く途中にあるイタリアンレストレンがこちら。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere01
 黒い壁が切れ目のように見える入口。
 目の前には案内の女性がいる場所。青い照明が美しい。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere03
右にもスペースはありますが、ディナーは左のダイニングに。ワインセラーのような棚の横をぬけると、2階分吹き抜けになった高い天井の空間。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere02
 天井から吊り下げられた3連の照明は大きな碇か車輪のような不思議なデザイン。奥にもシャンデリアの見える空間があります。しっとりと上質な空間です。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere04
 ボックスのシートに座りましたが、壁まで気持ちよい白い格子です。
 
13年3月2日夜の来訪。
 20時の予約で20時半頃に伺いました。遅れる旨は19時半時点で前を通り過ぎるときに伝えたのですが、その段階で一人客の男性は珍しいのか、名乗っていないのに名前を把握されていました。これは素晴らしい。
 
<45%OFF>【ピャチェーレ/シャングリ・ラ・ホテル東京】シックな空間で夜景と共に本格的なイタリアンディナーの食前にグラススプマンテとアミューズ、更にメインで和牛を堪能できる4品のお料理をお楽しみ下さい 17,176円相当⇒9,500円(1名様)
 9500円
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere05
 最初にスプマンテが供されるところをブラッドオレンジジュースでいただく。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere06
 パンはフォカッチャ。オリーブオイル付きです。
 
 料理はプリフィクスで4品を選びます、
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere07
 最初のアミューズはその4品以外のもの。
 小さなカップに緑色のムースとイタリアンパセリです。
 これが見た目とは裏腹に、まるで明太子のタレでも混ぜ込んでいるのではないかというくらいにじっくりしたコクのあるアボカドのクリーム。オリーブオイルをちょいがけしていますが、アボカドだけではこの味には絶対ならないなぁ。

卵黄のコンフィー“ファリナータ ディ カーヴォロ”とクルトン
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere08
 ちょいとバラバラ感を感じた一皿。中央にあかね卵の卵黄。上には塩と粗挽きの黒胡椒。ひよこ豆のピュレとラードで揚げたクルトン、スライスしたパルミジャーノ。混ぜて食べるよう言われて食べたけど、良くなりはしませんでした。う~む。。。

シエナ風ピチ 浅利と菜の花ソース カラスミ添え
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere09
 シエナのピチは好みの固さで美味しい!
 刻んだ菜の花と大き目のアサリが添えられています。
 ソースはそのアサリの出汁と目立たないけどカラスミの味。削りかけずにソースに溶かし込んでいるというのも面白い。
 
鹿児島県産和牛フィレ肉のロースト 赤ワインソース
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere10
 通常コースだと+2000円という鹿児島和牛のヒレのロースト。
 確かにその肉質の良さを感じる仕上がりです。ソースは赤ワインというよりもフォンドヴォーを使い、ねっとりと定番な感じ。
 添えられているのは佐賀県産のホワイトアスパラだそうです。柔らかく美味しい。
 それにローストしたラディッキオ。サローネでもおなじみだけど、やっぱり苦い!! これをこれだけ出してくるのも何か糸があるのだろうか???
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere11
 口直しです。四角いガラスの器に。
 パイナップルソースにオレンジのソルベ。酸味なく甘いパイナップルソースには賽の目のパイナップル。ミントがこれまたよく合います。甘いけど口直しにはなかなか良いかも。

ティラミスPiacereスタイル
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere12
 円筒形の焼き菓子の中にはミルクの味のするマスカルポーネの甘いクリーム。黒い縞はそこにチョコレートソース。上にはコーヒーのビターな泡状のクリーム。面白いティラミスです。上には焼きチョコレートの棒。カスタードのソース。
 横にはコーヒーのシュールの上に甘いミルクのジェラートでした。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere14
 食後の飲みものはカプチーノでお願い。ミルキーで美味しいものでした。上にSみたいなマークを乗せてきたけど、なんだったのだろう?
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere13
 お茶菓子は右に抹茶のクレームブリュレ、ビスコッティ、パローネ、フランボワーズを乗せたチョコレートムース。

 料理は面白いものもあるけど、まだ未完成の領域。
 17000円をディスカウントして9500円になっていますが、9500円でちょうど良いかな…。
 夜の評価は☆(一つ星)です。
 
13年3月3日朝の来訪。 
 朝食は6時半~10時はこの「ピャチェーレ」、10時~11時半は「ザ・ロビーラウンジ」でいただきます。
 夜とちがい朝は子供もOKになります。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere15
 夜とはうってかわって窓が大きいだけに明るいお店に。
 入り口のシャンデリアは輝いています。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere17
 向かって右にブッフェスペース。
 黒い部屋に見えていたけど、ダイニングの壁は真っ白なんですね。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere16
 塩胡椒にジャムなどは最初にテーブルに。
 
 アメリカン、和朝食、ヘルシー、オリエンタルの4種類から朝食を選択。
 コンチネンタルブレックファストブッフェ(2900円)でフルーツジュースのセレクションとコーヒーまたは紅茶付きです。
 
オリエンタル 3500円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere21
 鶏胸肉または白身魚の中華粥、スプリングオニオンと野菜のピクルス、春巻き、醤油風味の焼きそば。
 中華粥の美味さには驚愕しました。実は中華粥は嫌いなのに! 焼きそばもおいしい。
 
アメリカン 3600円
 お好みの卵料理(2個)、お好みの付け合わせを添えて、トマトのグリル、ベーコン、ソーセージとあります。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere20
 エッグベネディクトを注文。きっちり美味い!! オランデーズソース付き。かけるのを家族揃って忘れていました(笑)

横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere18
 ブッフェのレベルはすこぶる高い。
 スイートコーンスープにガーリッククルトン。
 サラダバーにはフレンチドレッシングとハニーレモンドレッシング。
 ヨーグルトにフルーツカクテルなど。
 フルーツジュースも充実。トマトジュース、ベジタブルジュース、スムージーに、オレンジ、メロン、リンゴかな?
横浜発 驢馬人の美食な日々-Piacere19
 生メロンジュースは前日「ザ・ロビーラウンジ」で飲んだものと同じ味。フレッシュメロンそのもので、メロンの皮に近い部位の青さもやはり出ているので、僕はあまり好きではないかな~。
 窓際にはシリアル。それにミルク3種類とお水。
 果物やナッツ類も皿に盛られています。
 パンはこれでもかと並んでいて、どれも美味しい。メロンのボールが乗っているのが驚きました。マスカットかと思った。
 チーズは5種類。自分で好きなものを好きなだけ。それに冷前菜もハムなど多数。かっとフルーツもいろいろです。
 御前菜のキッシュがとても美味しい。アランチーニは娘が喜んでいました
 
 朝食は素晴らしい!!
 いろいろ泊ったが、家内はこちらの朝食が一番と太鼓判を押しました。
 
 総評は取り混ぜて☆☆(二つ星)に。
 

ピャチェーレイタリアン / 東京駅日本橋駅大手町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★★ 4.5

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 「鮨いちかわ」 に予定通り行ってきました。
 今回は師匠の構成により近くなっています。
 
「鮨いちかわ」@上野毛(☆☆彡)
横浜発 驢馬人の美食な日々-ichikawa

 「あら輝」 を継ぐ店。
 そう、「あら輝」のお弟子さんの店です。「嘉瑞」が震災後の放射線を心配して、上野毛にしてミシュラン の星を取りながらも関西に帰られた後、もと「あら輝」跡地で開店することになったそう。
 師匠の店の味を継ぎながら独自のラインナップ。今は空いていますが、きっと昔のような感じへと登り詰めていくことと思われます。
 
住所:世田谷区中町4-27-1上野毛リトルタウン1F
電話:03-3705-2266
定休:水曜
営業:12時~14時/18時~20時半
 
13年3月26日夜の来訪。
 仕事を終えてこちらに車で急ぐ。
 19時半の予約です。

横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa50
 和歌山は蓑島の鯛。少し薄めに切って重ねて3枚。むっちりした鯛ならではの食感と旨味。
 長崎対馬の塩でいただく。この大きめの塩の結晶がまた旨味たっぷり。

横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa51
 鮑ならぬ三陸のトコブシの酒蒸し。先日までは蒸すと縮んでダメだったらしいのですが、今週のトコブシは鮑かと思うほどの大きさでもっちりと柔かな美味しさ。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa52
 その肝も昆布の旨味と肝の苦みがしっかり効いています。

横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa53
 ケンケンガツオ。厚切りで皮には切れ目を入れています。カツオの赤身らしい歯触りで臭みなくその身は油が意外に少なめでさっぱり。

横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa54
 皮に切れ目を入れて食べやすく火を入れてある竹岡の太刀魚と香りと食感が素晴らしい鹿児島のタケノコの炊いたもの。太刀魚の皮目は塩がしっかり効いている上に旨味もたっぷり。そのお汁も出汁が効いていて美味しい。

 ここからは握りです。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa55
 千葉は鴨川のだるまいか。甘みを増すための包丁の入れ方が凄い。

横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa56
 鹿児島いずみの鯵。これも鹿の子に入れた包丁が美しい。厚い感じの鯵の身に煮切りを塗って。程よい脂ののりです。

横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa57
 かすご。十文字に皮に切れ目を入れています。優しい柔らかさのカスゴは良い感じです。柔らかな身をたべていると、昆布締めの旨味が染み込んできます。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa58
 コハダ。軽やかな締め方で光り物らしい美味さが良い。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa59
 サヨリ。これも鹿の子に切れ目を入れています。昆布締めされていて、酢橘を絞り香り良い。厚めの身も美味しさになっています。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa60
 淡路由良の生雲丹です。あかうにとのこと。握りではなく、丼状の提供。山葵をもった酢飯の上にミョウバンを使っていない香りよい生雲丹。とろけます~。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa61
 宮崎のキハダマグロ。冊のないその身の提供。むっちりした身は程よく美味しい。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa62
 ここから長崎壱岐の本鮪。な、なんと、2貫づけです。懐かしいですね~。
 さすがは本まぐろという脂の乗り。これで中トロだとは信じられない。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa63
 次は大トロ。これも2貫づけです。長崎壱岐の本鮪の大トロはさすがのとろけっぷり。魚だというのが信じられない。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa64
 徳島の海老です。頭の方の味噌は中に織り込んであります。女性は半分に切ってくれますが、男なのでひとくちで(笑)。
 海老らしい美味しさですね~。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa65
 またも丼状の提供。富山湾の桜鱒です。西京漬にして焼いています。香ばしく美味しい。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa66
 キハダマグロのヅケ。醤油の美味しさが染みています。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa67
 掌に乗せてくれる煮ハマグリ。2枚づけです。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa68
 直前まで香ばしく焼いていた穴子。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa69
 最後の玉。ふんわりとして甘い。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa70
 追加注文はこれ。鉄火の太巻きです。とろけるとろを刻み、極太の巻物に。海苔が美味しく、口の中がとろで溢れます。これは素晴らしい!! 師匠の“あれ”にも負けていませんよ♪
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ichikawa71
 それに干瓢の細巻き。
 
 22時半に終わって帰りました。外回りのバイトくんが突然のお休みだったため、大将一人だったからかも。お疲れさまでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 桜も咲いたこの季節の鎌倉はとても綺麗。

 「オヴァール」 のソフトクリームを買って食べたのでテイクアウトの記録です。

 

「オヴァール鎌倉本店」(☆彡)
http://www.ovale.jp/
ovale
 鎌倉八幡宮へと続く若宮大路にあるお洒落で美味しい喫茶店。

 鎌倉の登録有形文化財に指定されている老舗酒屋「三河屋本店」とのコラボレートで「トレフミヤモト」 のレシピで作られるメニューが売り。

 健康に良いと言われるルテイン卵を使用したスイーツが楽しめます。
 
住所:鎌倉市雪ノ下1-9-22
電話:0467-23-1815
定休:無休
営業:11時~20時半
 

13年3月24日昼の来訪。

横浜発 驢馬人の美食な日々-ovale15
 「和さび」 のおいしい食事の後は晴れているので若宮大路に桜の花見に出かけました。桜はほぼ満開。綺麗だなぁ。
 家内にも感謝しています♪
 握りしか食べていない娘が物足りないというのでクレープを約束していたが、ここに通りかかったのでソフトクリームを購入しました。

ブリュレソフトクリーム ミックス味 350円
横浜発 驢馬人の美食な日々-ovale16

 コーンかカップを選べますのそ、それぞれいただく。
横浜発 驢馬人の美食な日々-ovale17

 上にほろ苦い飴がかけられます。これが良いですね~。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。