横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:
 残念ですが、13年4月に体調不良のため閉店されたそうです。
 体調良くなり、またどこかで再開されることを願っております。
 
「日々茶寮 連」@深沢(☆☆)
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren
 
 湘南深沢という不思議な立地でこぢんまりとしながら素晴らしい和食をいただけるお店。
 ミシュランがどのように調査して*をつけているのかは定かではありませんが、このような無名に近いお店を取り上げて知らせてくれるのは大変うれしいところ。
 通えるのであれば通いたい

住所:鎌倉市常盤155-1
電話:0467-32-6730
定休:月曜/第3火曜
営業:11時半~14時半/17時半~20時半
 
 深沢の駅から少し離れた通り沿いにお店はひっそりありました。夜にくらい店の前には灯りが二つ。中に見える小さな庭。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren01
 ガラガラと扉を開けるとモダンな模様の壁に和の一輪挿しが。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren02
 中はちょっとした空間で目の前の壁にはお雛様が飾られていました。テーブル席2卓にカウンター席が3つ。広くはありません。
 
12年2月28日夜の来訪。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren03
 親父に弟、義弟と一緒にこちらに。19時過ぎに出て19時20分過ぎですから20分ちょっとでつきました。
 
獺祭 1合850円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren05
 山口県の純米大吟醸。旭酒造 の日本酒は注がれるだけでフルーティーな香りが広がります。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren04
 こちらでもいただけ、おちょこは籠の中から自分で好きなものを選べます(^ε^)♪
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren06
 自分の飲み物はまず烏龍茶。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren07
 次がオレンジジュースです。ソフトドリンクはノンアルコールブールを覗くとこの2種類のみ。
 
弥生の献立 木蓮
 
前菜)・鎌倉野菜 鯛酒蒸し 雲丹 梅風味 ・貝いろいろ ひとくち寿司
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren08
 氷のように見えるガラスの長皿に。
 右に酒蒸した皮付きの真鯛と雲丹。それに大根や二十日大根。梅肉ソースがかけられています。
 中央にはミル貝でその下にはチョコリと握られた手鞠寿司サイズの酢飯。むっちりしていて餅米のようです。
 左には平貝でそちらにも酢飯。
 菜の花を真ん中に置き、雲丹のソースを一口寿司にはかけています。

お吸い物)白身魚葛打ち 筍 若布 蕨
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren09
 銀色のお椀に。
 吸い物は濃い昆布の旨味にホンワリした甘みを感じる美味しい出汁。木の芽が結構香りの幅を利かせています。
 ここに臭みをいっさい感じない甘鯛、トロリとした食感の蕨、若布、そしてシャクシャクの水菜でした。紙に書かれた献立と違って筍は使われていません。
 
お造り)鮪 細魚 平目 鯛
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren10
 脂の入りがとろけるような厚切りの本鮪、皮目も美しい厚切りの鯛、淡白で美味しい平目、細魚ではなく赤貝などです。
 中央には筍。シャクシャクと美味しい。
 妻は細茎っておらず、大根や人参、ラディッシュなどを短冊サイズに薄切りにして添えられています。それに食べると辛くクレソンのような感じの山葵の葉です。
 
焼き物)・鰆 筍 真丈 木の芽焼き ・山菜のお浸し 和牛炭火焼
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren11
 銀のラインの入る四角い長皿に。
 右に鰆ではなくマコガレイの山椒焼き。その下の筍がまたザクザクと美味しい!! 上には山菜のお浸し。
 中央には毛蟹と車海老で作られた真丈。
 左にはレアに焼き上げられた神奈川県産の黒毛和牛の炭火焼です。日本料理でこれだけの牛肉が出て来たことに親父が驚いていました。
 
特撰逸品)鎌倉海老 サラダ仕立て
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren12
 これは驚きの一皿。鎌倉で取れる小振りの伊勢海老だそうです。取れるんですね…。
 半分に割ってレアなところをバーナーで炙ったようで香りを引き出しています。上には青菜に刻んだ万能ネギ。味噌まで楽しめます。

煮物)白子豆腐 湯葉包み 椎茸 青菜
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren13
 揚げ出し豆腐の豆腐に白子を練り込んだようです。横には同じように衣をつけて揚げてある小さな椎茸。上には青菜。
 汁も美味しかったです。
 
お食事)ご飯お茶漬け風 富山県産こしひかり
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren14
 食事は白米か蕎麦を選択。ぼくは富山産こしひかりを。煮穴子、ちりめんじゃこ、昆布と苦みのあるフキノトウの佃煮がつきます。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren15
 急須から玄米茶を注いでいただきました。
 
自家製手打ち蕎麦 福井県産挽きぐるみ 二八蕎麦
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren16
 これは味見だけさせていただきました。香りの強い蕎麦でぼくの好み。

デザート)・三色ババロア 苺 ミルク 抹茶 ・草もちのあんみつ
横浜発 驢馬人の美食な日々-Ren17
 グラスの底には苦みのある抹茶のババロア、中央の大部分はミルクの甘いババロア、上にはソースのように苺のババロアです。フレッシュな苺も添えられていました。
 それにあっさりした優しい口当たりの寒天に程よい甘さのあんこ、白玉ではない小さな草餅が小皿に。そこには黒蜜がしかれ、あんみつになっています。
 
 女将さんは簡単ですが、料理の説明をしてくださいますし、大将も厨房で一人奮闘の後、最後にご挨拶をいただきました。
 この立地にあるのが不思議な上質の和食店ですね~。
 子連れはOKですが、子供用のメニューを用意できないのでとりわけだそうです。
 

日々茶寮 連割烹・小料理 / 湘南深沢駅湘南町屋駅
夜総合点★★★★ 4.0

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ルナ ピエナ(Luna piena)」@大船(☆☆)
横浜発 驢馬人の美食な日々-Luna piena
 
 大船に11年9月にオープンした待望の本格的トラットリア。
 バラエティーに富んだ黒板メニューを選ぶのが大変でうれしくなります。
 フレンチの「シェ・ケンタロウ」 、スイーツの「カルヴァ」 と並び、イタリアンで大船ならここと断言できるお店です。
 
住所:鎌倉市大船1-20-18 2F
電話:0467-53-8920
定休:月曜
営業:12時~14時LO/18時~22時
 
 大船仲通商店街から「ココロ」 に行く途中のような場所。すぐ目の前にはまた別のイタリアンの店があるのですから、大船のイタリアン密度も徐々に上がってきているのでしょうか。
 入り口は板張りの外装でライトウッドで明るい印象。銀色の店名が貼付けられています。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Luna piena01
 階段を上がって上に。明るい木の扉濃厚にも可愛い感じでお洒落なライトウッドの壁と並んだ小物たち。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Luna piena02
 ダイニングは2人掛けのテーブル4つ。オープンキッチン側にカウンター席4席。奥の右側にはベンチと2人掛けのソファ席の低いテーブルがありました。天井から4連並んで下がる照明も美しいですね~。
 黒板のメニューはとても魅力的です。イタリアンにしては価格帯がやや低めに抑えられていますし。
 
12年3月17日夜の来訪。
 あひるさんから食べに行って記録して欲しいと言われていました。火曜であった定休日が月曜日になったので、月曜夜に時間が作れぼくには行けなかったのです。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Luna piena03
 飲み物はガス入りの水。
 
シチリア産マグロのカラスミとじゃが芋 900円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Luna piena04
 片面をカリッとなるまで焼いてホクホクカリッとしているスライスじゃがいもです。上にたっぷりとマグロのカラスミを振りかけています。匂いが強いけど美味しいです。
 
桜海老と空豆 1300円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Luna piena05
 桜海老とシラスに空豆を使ったアーリオオーリオのスパゲッティーニ。茹で加減はやや固めでぼく好み。横にちょこっとある小さな唐辛子でこれだけ辛味が出るのだなぁ~。
 
塩漬けマンガリッツァ豚とヒヨコ豆 2300円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Luna piena06
 大きな茹で豚肉です。豚を茹でたものらしき塩気のあるスープに浸かっています。
 豚肉は箸でも裂ける柔らかさ。脂身は口に入れるとふわりととろける口当たり。はっきりと美味しい。もっとも、煮豚はそれほど好きではないので
 
パンナコッタと金柑 450円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Luna piena07
 耐熱ガラスのコップに銀色のソーサでの提供。
 とろとろのパンナコッタです。バニラビーンズが入り程よい甘さ、実はこれが好みです♪ ゼラチンが多いパンナコッタはそれほど好きではないので、こういうのが好きなのです。
 
 最後の飲み物はエスプレッソです。
 
 シェフも同じくマックユーザーだとわかって帰りました。今後ここに来るのは楽しみだなぁ♪
 ちなみに 4月1日から連日ランチを開始する予定だそうです。
 
 
12年5月17日夜の来訪。
 この日の夜は区の仕事。
 19時過ぎに電話すると家内は簡単に夕食をとったとのこと。一人で先日振られたこちらに来てみる。先客はお二人。

ノンアルコールカクテル 600円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Luna piena08
 カンパリのノンアルコールシロップにサイダーとレモン。苦みがあってさっぱり美味しい。

水牛のモッツァレラと旬の豆のマリネ 1000円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Luna piena09
 ヒヨコ豆、空豆、スナップエンドウをモッツァレラで白和えみたいにした前菜。カリッとした物とパルミジャーノがたっぷり降り掛かっていました。やっぱり前菜も美味しい。
 
フレッシュトマト、タケノコ、空豆、桜海老 パッケリ 1200円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Luna piena10
  フレッシュトマトとイタリアのトマトと2種類を浸かったソースは海老の旨味も溶け込んで激美味!小さく切られた綽々のタケノコに空豆ももちろん美味でソー スはいただいたスプーンで最後まですくっていただいてしまいました。パッケリ厚手の巨大なペンネみたいな物でラザニア見たいにナイフで切っていただきまし た。極上ですね~。
 
イベリコ豚のカベセログリッリア 2800円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Luna piena11
 ドンと来た肉料理。グリルしたイベリコ豚です。脂の入り方によって切り分けてグリルしてあります。手前はさしが多く、トロリとした食感。奥はフィレのようにきっちり赤身。レアな仕上がり具合です。ただし、一人だとこの肉の量はきつい。
 野菜は葉もの野菜。細長いレタス、ルッコラ、水菜、トレビス、サラダほうれん草などです。塩が別添えで欲しかったな。

カッサータ 650円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Luna piena12
 中に洋酒の香りの濃い無花果や杏を入れたアイスクリーム。お酒が飲めないぼくでも美味しくいただける。ただ、煮込んだ果物は苦手なのであった(笑)。
 
ハーブティー 400円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Luna piena13
 ハーブティーはカモミールです。耐熱グラスに。
 
15年10月14日昼の来訪。
 12時にこちらが開くまで周辺をウロウロ。
 仲通商店街の十字路にあるダミ声のおばちゃんの魚屋がなくなっているのに寂しさを覚えた。
 もどってきて、12時でもここが開いていなかったので、「ココロ」 で何を食べるか検討していたら、少し遅れてあきましたよ~。
 
グアバと睡蓮のホワイトティー 650円
Luna piena14
 ノンアルコールのドリンクは結構充実しています。
 多分、ガルバニーナのセンチュリービオ。白ワインのような色合い。ヴァバらしい甘味がある。
 
Pranzo C 2800円
 前菜、パスタ、メイン、デザートのコース。
 
前菜)盛り合わせ
Luna piena15
 北海道の真鱈とジャガイモのマンテカート。薄いバゲットの上に。ピンクペッパーとディルの香りが良い。
 神経締めしたブリの低温熟成のカルパッチョ。
 辛いナポリサラミとモルタデッラ。
 ひよこ豆の粒マスタード和え。
 レンズ豆のトマト煮。
 焼いたサツマイモをオリーブオイルとともにペーストにしたもの。
 小松菜のオリーブオイル蒸し。
 梨の上にリコッタチーズとバジル。
 
パスタ)グアンチャーレとキノコのクレマ
Luna piena16
 パスタはクリームベースで細いリングイネ。つるつるしています。
 グアンチャーレはわからなかったけど、椎茸、舞茸、エノキ、シメジ。やっぱりしっかり美味しい。
 ソースが飲みたかったのですが、それを見越してスプーンも出してくださいました。
 
メイン)シャルレー牛スジ白ワイン煮込み
Luna piena17
 メインはBコースの牛スジ煮込みをお願いしました。実はこっちが良いなぁと思っていたので、心を見越されたようです。
 シャルレー牛のスジをイチヂクとともにコトコト煮込み、ムカゴと落花生も加えて煮ています。やわらかな牛スジは美味しく、イチヂクで甘い。表面はバーナーで炙ってあり、お皿も熱々。
 カリッと焼いたフォカッチャ付き。イチヂクベースのソースに良いかも。

デザート)ミルクジェラート (300円)
Luna piena18
 しゃりしゃりのミルクのジェラートの下に山葡萄のコンポート。パダーシュガーを振っています。このコンポートが美味しい~。
 
Luna piena19
 食後の飲み物にはエスプレッソを。
 
 ところで、シェフには奥様とお子さんがいらして、ホールの女性は奥様ではないそうです。
 

ルナ ピエナイタリアン / 大船駅富士見町駅
夜総合点★★★★ 4.0

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
「グルメドクターイタリアン 銀座店」@銀座(☆)
http://www.gourmet-doctor.com/store/italian.html
横浜発 驢馬人の美食な日々-gourmet-doctor

 食べて健康になりダイエットもできる!?
 そんな素晴らしいイタリアンの店が銀座に。
 シェフと管理栄養士と医師による肉食ダイエットはお勧めできます。もうちょっとの改善でもっと良くなるのだけどなぁ~。
 
住所:中央区銀座6-4-6銀座646ビル2F
電話:03-3572-3220
定休:日曜
営業:11時半~15時/17時~23時半

 数寄屋橋交差点から新橋方向に歩いた場所にお店はあります。
 ビルの1階に入り口があり、メニューを掲示したわかりやすい看板に、下手な名前。店の前には客引きの男性がいるところが珍しいかも。1階の入り口には野菜や果物を並べた壁のオブジェ。
横浜発 驢馬人の美食な日々-gourmet-doctor01
 煉瓦壁の階段を上がって2階のダイニングに。
横浜発 驢馬人の美食な日々-gourmet-doctor02
 入ってその店の美しさにちょっと見とれます。美しくディスプレイされた厨房周りにカウンター席。天井の照明は黒い装飾フレームに緑の葉をまとうようなデザインできれいな模様を天井に描いています。茶色のソファのテーブル席も上質な感じ。箱にはだいぶお金がかかっていますね~。
 
12年3月3日夜の来訪。
 16時前に電話して予約が取れました。テレビでやったばかりなので駄目元でしたがうれしい限り。講演会の会場ににょうど末弟も来ていて一緒に食べることになったのも幸いです。

グラデホール 750円
横浜発 驢馬人の美食な日々-gourmet-doctor05
 苺のノンアルコールカクテル。氷が多すぎて飲む分がほとんどないので驚く。上にも苺。
パーチェ 750円
横浜発 驢馬人の美食な日々-gourmet-doctor04
 マンゴーのノンアルコールカクテル。これも氷で満たされています。上にはフルーツ。
 ノンアルコールカクテルはもう少し飲んだ感じがわかるように氷の分量をだいぶ見直した方が良いと思います。
 
紅茶 ice 400円
横浜発 驢馬人の美食な日々-gourmet-doctor09
 こちらは紅茶。頼むならこっちですね…。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-gourmet-doctor03
 最初に供されたのは鍋の取っ手のような形の自家製グリッシーニ。パリッとした表面にむっちりした中身で美味しい。
 
オーガニック野菜のバーニャカウダ 1480円
横浜発 驢馬人の美食な日々-gourmet-doctor06
 カリフラワーにブロッコリー、二十日人参にラディッシュの赤玉、紅芯大根に紫の大根(かな?)、二十日大根、パプリカなどなど。
 バーニャカウダソースはアンチョビが強めで重めのクリーム状です。下から固形燃料で温められていますが、やや遅れてぼこぼこなっていました。

丸ごとじゃがいものボローニャ風オーブン焼き 800円
横浜発 驢馬人の美食な日々-gourmet-doctor07
 長いじゃがいもを半分に割って、くり抜いたところにミートソースを詰め込み、チーズをのせてオーブンで焼いています。
 とろけるチーズにじゃがいもは美味。中のミートソースはダイエット至高のためか脂身のない挽肉…何の肉でしょう?
  
エイジングビーフの網焼き 200g 2400円
横浜発 驢馬人の美食な日々-gourmet-doctor08
 これは魅力的な一皿。
 表面を網焼きし、断面はまさに鮮やかに赤い牛肉。一口噛めば、グラスフェッドのドライエイジングビーフは赤身でありながらこれほどジューシーで旨味があるのかとびっくりします。これはたしかに売りにするだけの価値ある一皿。一度食べれば、もう一度食べたいと思うと思います。
 肉につけるのは砕いた黒胡椒、ハーブ入りの塩、砕いたニンニクチップです。
 つけ合わせばポテトグラタンに、ベーコン入りのキャベツの煮込み。

魚介のリゾット 1680円
横浜発 驢馬人の美食な日々-gourmet-doctor10
 お米が見えないくらいに魚介が乗ったリゾットです。エビ、蟹、アサリ、ムール貝、ホタテ貝柱が乗っています。
 リゾットはトマトベースの魚介味。リゾットとしては煮込まれすぎていて、おじやに近い。イタリアンの店でこれはどうかな…。
 
エビとカラスミのフェデリーニ 1580円
横浜発 驢馬人の美食な日々-gourmet-doctor11
 細めのスパゲッティであるフェデリーニ。アーリオオーリオが基本で、カラスミはたっぷり削りかけたとに削いでのせたものまで。この使い方は感心しました。それにエビが乗っています。

塩キャラメルのババレーゼ 600円
横浜発 驢馬人の美食な日々-gourmet-doctor13
 キャラメル味ですが、甘くないのです、このババロア。上には生クリーム。
栗のティラミスー 650円
横浜発 驢馬人の美食な日々-gourmet-doctor12
 弟のティラミス。栗味でした。クリームは甘く、コーヒーを染み込ませたスポンジは苦いと言っていました。
 
 太るのは炭水化物である、という考えから網焼きで脂を落としたビーフは最高。付け合わせはいまいちだけど。
 その炭水化物の代表パスタはというと、全粒粉を用いて健康志向をアピール。カロリーも少ないらしい。
 それにしても、帰りのタクシーから下痢になってしまいました。これはしばらく続いて確かに痩せました。便通が良くなったという領域を越えていますが(笑)。
 

Gourmet Doctor ITALIANイタリアン / 銀座駅日比谷駅有楽町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昨年の11月に大阪京都旅行に行っています。
 5歳児も終わりの娘と一緒に行った「ユニバーサルスタジオジャパン」の記録を今頃ですが残しておきます♪

「ユニバーサルスタジオジャパン」@大阪(☆☆彡)
http://www.usj.co.jp/
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ

住所:大阪府大阪市此花区桜島2-1-33
電話:06-6465-3000
定休:無休
営業:9時~22時(の間で日ごとに違う)

11年11月27日の来訪の記録。
 朝は4時半に起床。全員で急ぎ50分には出発準備終了。5時に新横浜へ出発。
 6時発新横浜ひかり493号、8時15分新大阪着です。
 ネットで事前に調べたところタクシーよりも電車が速いとのことなので大阪で乗り継いでユニバーサルシティ駅に。駅前にあるこの日宿泊予定の「ホテル京阪ユニバーサル・タワー」に小さなトランクを預け、ユニバーサルスタジオジャパンへ。仮チェックインということで大変時間がかかる。
 そのかわり、Official Hotel Guest IDというカードをもらえました。パーク内のレストランが10%オフになります。
 9時にゲートに辿り着きました。
 10年前に2回ほど来た記憶があるこのパークに娘と来ることがようやくできました♪ 感慨深いものがあります。
 この日は9時~21時半の営業。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ01
 ウェブ事前予約でロイヤルスタジオパス大人18000円、子供15900円でした。
 当日の入場券は事前とは言ってもほとんど直前の水曜日に送られてきております。入場直前に自分たちでロイヤルスタジオパスの黄色いタグも先につけておきます。他に使っている人は見かけませんでしたので、コスト対費用面で割高に感じられているのではないかと思います。
 
 ユニバーサルシティ駅からだと賑やかで細いユニバーサルシティウォークを通り抜け、ゲートにつきます。
 荷物を9時にゲートに到着。「ホテル京阪ユニバーサル・タワー」に預けた分遅くなりました。もう入場は始まっていて、ジェットコースターにお客も乗っています。少し早めに開いたのだろうか?
 ゲートはハリウッドっぽいイメージ。どこの国のと言えばアメリカですね~。
 チケットは先に届いていたので、それで入りますが、大阪に来てその後もいちいち気になった従業員の仕事の遅さがここでも。スタッフはサンタ帽をかぶり、もうクリスマスモードに入られています。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ02
 9時2分に10周年の記念モニュメントの前で家族3人写真を撮ってもらう。女の子3人組に撮っていただいたが、もちろん3倍返しです(笑)みなひとつずつカメラを持っているから。
 大きな屋根のついたエントランス直後の西洋的建物のお買い物ゾーンを抜け、十字路を右折。まず目指したのは「スヌーピースタジオ」の「スヌーピーのグレートレース」だったのですが…ついてみたら工事中で休止していました。「ペパーミントパティのスタントスライド」は以前ずぶぬれになった記憶があるのでパス。
 
ジョーズ(☆彡)
http://www.usj.co.jp/attraction/att_detail/jaws.html
 ロイヤル・スタジオ・パス対応。
 そのまま歩き、アーリーアメリカンな街並に入る。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ04
 巨大なジョーズが吊り下げられた場所へ。9時10分です。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ05
 映画と同じロゴが掲げられた建物。エキスプレスパスを使えば良いのに、その入り口は開いていません。この時間はすぐに乗れるので使うことはないのだろうと早合点し、普通に入りました。結構いらして9時15分にボートに乗り込みます。
 ボート乗船中は写真撮影不可のため写真はありません。
 軽快なトークの船長さんの運転でボートは進みます。ここにジョーズに襲われた他のボートからの緊急無線。その場に辿り着くと、沈んでいました。連絡を入れるが、ジョーズが襲ってきます。ライフルで対応する船長。
 ボート小屋に逃げ込んでもなぜか周辺の器物が壊れます。
 脱出した先にはまたジョーズ。ライフルの弾が石油のタンクに当たり水面に炎が燃え広がる。
 その後は高圧電線(だったかな?)でジョーズは黒こげに。
 無事帰ってきました。
 終わって出てきたのは9時22分でした。

ジュラシック・パーク・ザ・ライド(☆☆)
http://www.usj.co.jp/attraction/att_detail/jurassic.html

横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ07
 ロイヤル・スタジオ・パス対応。
 さらに半時計回りに進み、ジュラシックパークへ。この時間はウォーターワールドはやっていないのでスルーです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ06
 巨大なゲートにジュラシックパークのロゴ。緑深いエリアでで建物などのデザインは好きですね~。
 9時25分に入り口に到着。スタンバイは10分待ちの表示。
 ロイヤルパスを見せると、車いす用通路を進むよう言われます。南国風の建物に入り、先に行くと、もう乗り場でした。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ08
 27分にはボートに。席は5列で1列5人乗れる大きなボート。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ09
 水に流されて行くライドで、ウルトラサウルスがまずはお出迎え。首を立てると確かに大きい。ドラえもん で見たほどではないけど。
 途中でコースが予定外の変更。壊れた施設内へ。恐竜たちが襲っています。途中で水をかけてくる恐竜がいるので結構濡れる。
 施設の中ではなぜかぐんぐん上がり、最後は暗い中を落下。グレートザブーンのようにザブーンと落ちます。これが楽しい。
 最後は写真のコーナーを過ぎて、土産物屋を通り外に。
 娘は大変気に入ったようです。やっぱり落っこち系やジェットコースターが大好きですね。
 
バックドラフト(☆彡)
http://www.usj.co.jp/attraction/att_detail/backdraft.html
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ10
 ロイヤル・スタジオ・パス対応。
 橋を渡りアメリカのベイサイドのようなエリアに入りました。
 夜にしようと思っていましたが、通りかかったので入ることに。9時41分です。
 入り口は結構目立たない感じ。アメリカのどこにでもあるような石とレンガ壁の建物です。
 消防署の車を停めるようなガレージを抜け、スタジオに。映画「バックドラフト」について見ます。
 そして工場の入り口に。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ11
 最後に工場のエリアに。もの凄い炎と水のショーです。熱気や音が凄い!!
 10時過ぎに出てきました。

バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド(☆彡)
http://www.usj.co.jp/attraction/att_detail/b_to_future.html
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ12
 ロイヤル・スタジオ・パス対応。
 まずはギフトショップが目立つようにあります。建物は大きく、近代的だがどこかあか抜けないデザイン。
 10時6分の到着です。ここもロイヤルパスですぐライドの方に移動できますが、前室で結構待ちました。何かトラブルでもあったのかな?
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ13
 10時17分にコンバーチブルデロリアンに乗り込む。
 映像を見ながらライドが揺れる「スターツアーズ」と同じ形式。最後に凄い白煙に包まれ終了。
 10時26分に出てきました。
 
アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド(☆)
http://www.usj.co.jp/attraction/att_detail/spm.html
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ14
 ロイヤル・スタジオ・パス対応。
 ハリウッドエリアに歩いてきて、ここに。白い石造りの建物に雨混みのスパイダーマンの絵。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ15
 10時33分の到着。ロイヤルパスで34分にはライドのところに。
 眼鏡をかけて立体映像を見ながらガンガン襲ってくる敵と対応するスパイダーマンの戦いを見続ける記者役らしい。
 とにかく振動が凄い。これはUSJのライド全体的な傾向ですが、爽快感よりも痛みが先行してしまいます。
 10時42分に出てきました。
 
 外を出て歩いていると、けいおん!ライブが行われるということで凄い人気。
 たしか「ドリームズ・アー・ユニバーサル」が行われるグラマシーパークを見る。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ16
 右に曲がると、サンタクロースと写真が撮れるフィンランドサンタクロースハウスでした…が、娘はサンタとの写真を希望せず。
 
ハッピー・スノー・パーティー(☆)
http://www.usj.co.jp/UWC2011/party.html
 2011年11月8日~2012年1月9日期間限定のシング&ダンスのクリスマスパーティーショー。
 スターライトエリアのところで、このパレードというかショーが始まるところにあいました。3列目ですがまあまあ見える。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ17
 一番先端の場所なので、青い服のおもちゃの兵隊たちがパフォーマンス。そこにスヌーピーが乗ったおもちゃのような汽車が到着。みなで楽しく踊ります。
 後半にはスノーマン軍団が登場。赤いサンタ風のおばさん…もといお姉さんと踊る。
 終了後にはいっしょに写真タイムもあります。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ18
 11時7分に「ユニバーサルスタジオストア」に到着。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ19
 ここで夜の「フォーエバー・ラブ・クリスマス」特別観覧エリアのチケットを購入しました。ついでに娘はキティちゃんの帽子をほしがる。寒いので防寒に良いかと即決で買いました。
 
 昼食は「AZZURRA DI CAPRI(アズーラ・ディ・カプリ)」 で。
 
ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショー(☆彡)
http://www.usj.co.jp/attraction/att_detail/monster_live.html
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ20
 ロイヤル・スタジオ・パス対応。
 ハリウッドエリアの角地にアメリカの劇場っぽい建物があります。
 11時43分に急いで聞きに行くとロイヤルスタジオパスですぐに入れるとのこと。
 12時5分の回で並びました。中に入ると薄暗い待ち合いスペース。パスがあると向かって右の劇場内入り口とビラ前にすぐに並ぶことになります。ところが、中にはトイレがないので大慌て。家内と娘がトイレに行っている間に入場が始まってしまい、ぼくらは結局一般客が入っている途中に入ることになり席は適当なところで収まってしまう。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ21
 階段状になった座席に、おどろおどろしい雰囲気のステージ。石造りの階段に西洋風の扉や柱、棺桶が並んでいます。向かって右には光る時計。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ22
 ビートルジュースを中心に、狼男、ドラキュラ、フランケンシュタインとその花嫁ブライドが女の子二人とギャグを交えながら踊るのは凄い。30分間のショーです。これは見る価値ありだなぁ。再訪はだいぶ時間が経ってからで良いけど。。。
 
ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド(☆☆彡)
http://www.usj.co.jp/HDR/
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ03
 ロイヤル・スタジオ・パス対応。
 ユニバーサルスタジオ入場してすぐに見えるジェットコースターです。3分間のジェットコースター。
 身長が140cmないと乗ることができないため、家内と娘は買い物に行くことにして、ぼくだけ乗りに入る。
 一見するとジェットコースターなのかよ桑からにゴージャスな入り口。荷物やポケットの物品はすべて入り口脇のロッカーに入れるように指示されますのでそちらへ。
 ロイヤルスタジオパスでかなりの行列をすっ飛ばし、乗り場の階段下まで行けます。
 ジェットコースターはかなり大きなサイズ。横に4人並び、ガッチリ身体を固定されます。
 アップダウンスピードとも申し分なく、素晴らしく面白い。これは乗り放題のパスがあるのであれば何度でも乗ると思います!!
 15分で出てきました。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ24
 さて、家内と娘を捜している間に13時の回の「ハッピー・スノー・パーティー」の出発シーンをみられました。
 出たところからいろいろやっているので、こちらの方は空いていてよい。最後に一緒に記念撮影しないのであれば、ここがベストでしょう。

シュレック 4-Dアドベンチャー(☆彡)
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ23
 ロイヤル・スタジオ・パス対応。
 13時15分の到着。朝から15時40分までで、その後は夜の終了までセサミストリート になってしまいます。
 賑やかな感じのこの劇場。3Dに加えてプラスαがあるから4D。ラスベガスにある施設のようです。
 ここもロイヤルスタジオパスで行列をスルーして入ることができます。
 中に入るとまずは前室。魔法の鏡に3匹の子豚、ピノキオが天井に近い壁いろいろ開園前の物語を語ってくれます。
 さらに奥の劇場で3D眼鏡をかけながらのストーリー鑑賞。座席には水が出たり匂いが出たりといったシステムが組み込まれています。
 終わってそのスクリーンの中にある出口からの退出というのも斬新ですね。眼鏡回収の後はお土産屋を通らないと出れないため、出口は激混みです。これはひどい(笑)。

ウォーターワールド(☆☆☆)
http://www.usj.co.jp/attraction/att_detail/waterworld.html
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ25
 ロイヤル・スタジオ・パス対応。
 昔もみたけど、CGなど一切なしの迫力あるスタントが楽しいショー。
 11時15分、12時45分、14時15分、15時45分。25分前に行くと好きな席を選べるので早いところで行ってしまおうとこちらに移動。ジュラシックパークの前を取り抜けると、緑多いところに錆色の大きな看板のゲート。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ26
 その奥にはテントを張った待ち合いスペースに緑色のトタンを重ね合わせた建物が見えてきます。
 大行列を尻目にロイヤルスタジオパスを使えば時間とともに中に入れます。その前に家内と娘はまたトイレに。横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ27
 入り口から入り、トタン張りの建物の中へ。水族館のイルカプールのように水を貼った水面を取り囲む階段状のベンチ。ベンチは前の方から色分けされており、青いシートはずぶぬれ、オレンジはちょっと塗れ、そうでなくてもたまに濡れます(笑)。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ28
 ウォーターワールドの取りでの中を再現したセットで、砦を守る守備隊の面々が寸劇を繰り広げます。バケツで水をかけてくるので青い席の人は覚悟しておかねばなりません。
 水上バイクや炎、水を使ったショーに、迫力あるスタントは10年経っても素晴らしい。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ29
 最後の水上飛行機の突入も大迫力です!!
 終了後の記念撮影でその素晴らしいことを伝えると喜んでくださいました。
 
 14時45分にはまたもやジュラックパークライドに。娘はとても気に入ったようです。乗り放題なのでまた乗ってしまう。15分ほどで出てきました。
 
ドリームズ・アー・ユニバーサル(☆)
http://www.usj.co.jp/attraction/att_detail/dau.html
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ32
 また回り込むように移動し、きたのはこちら、グラマシーパーク。15時45分からのみの10周年記念ショー。どうもけいおん!のイベントのためこの日は1回だけで通常は2回開催されていたようです。11年3月3日から12年1月9日までの期間限定。
 こればかりはロイヤルスタジオパスでも席が確保されていません。15時20分頃に斜めですが、座ることのできる適当な場所を確保し、待つことにしました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ35
 ショーは4人の家族が主役ノミュージカル。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ34
 男の子の夢ではシルクドソレイユでも見たような開店する車輪の上を人が動くアクション。
 女の子の夢ではキティちゃんをはじめとしたキャラクターたちが登場。
 お母さんの夢ではバルーンが客席に投げ込まれたりしたけど、触れなかったなぁ。
 最後にお父さんも登場し、ハッピーエンドです。

横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ30
 この間に食べたのはこれ。
タコ・カラ 400円
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ33
 タコの唐揚げをチリソースでいただく。
 
 16時15分には民族大移動です。トイレにこのとき行きました。
 
ターミネーター2:3-D(☆☆)
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ36
 ロイヤル・スタジオ・パス対応。
 9時40分~18時45分しか受け付けていないとのことでこちらへ。
 16時25分の到着。サイバーダイン社の無機質なデザインの建物です。
 ロイヤルスタジオパスでなぞの裏口のような通路に通されます。
 そこからまず前室となるフロアへ。こちら、サイバーダインのお姉様が客をいじり倒す場所です(笑)。
 そこから劇場に入り、映像と劇を組み合わせた驚きのステージが始まります。実際、バイクが目の前で走るのですから、演じる方は大変でしょうね~。とても面白いと思います。
 
スペース・ファンタジー・ザ・ライド(☆)
http://www.usj.co.jp/SFR/
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ37
 ロイヤル・スタジオ・パス対応。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ38
 17時23分にゲートをくぐる。そのまますぐ中に入れました。中は宇宙を模した綺麗な待ち合い。一時代前の宇宙船の通路のようなデザインの通路を通り、4人乗りのライドへ。
以下サイトからの引用…と入っても、これコピー&ペーストできないので手打ちです。「1両あたり4人乗り2両連結のビーグル「ソーラーシャトル」に乗って、全長585mにおよぶ飛行コースを駆け抜ける屋内型ライド・アトラクション。上がったり下ったり、直進したり曲進したり…。「太陽を救う」という壮大なストーリーに応じて変化する多彩な動きやスピード感に思いがけないスピンが加わり、何が起こるかわからないスペーストラベルを体感。何度乗っても新しい体験ができる新感覚のライド・アトラクションです!」
 スイッチを押すようなイベントがあったと思うけど、何か作用したのだろうか?
 
 この後は夕食へ。ベッキープロデュースのピンク色のスイーツ屋さんが気になったのですが、夕食前でしたので後にしようとやめにしました。これは失敗。20時までしか営業していなかったのです!! 最後までやっていてよ~。
 
 夕食は「パールサイドグリル」 でいただいています。
 
マジカル・スターライト・パレード(☆☆)
http://www.usj.co.jp/MSP2009/main.html
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ40
 ロイヤル・スタジオ・パスで鑑賞エリアへ入れます。
 19時半から。20分前までなので19時にはスターライトエリアを目指して行くつもりでした。
 夕食を終えて、18時45分にはこちらの受付に。始まる前までに良い席を確保するにはやはり鑑賞エリアと言えど、早めに行かないといけないようです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ41
 電飾されたキャラクターたちの車が次々に現れます。赤いエルモや白いスヌーピーから始まり、キティちゃん。その後は不思議の国のアリスなど、物語系のあまり見たこともないキャラクターたちが続きます。これはディズニーランドのように自分たちのデザインのキャラクターを持たないユニバーサルスタジオならではの欠点ではないかと思います。また、映画のものを並べようにもバカ高い版権料が発生するアメリカ映画でパレードしようものなら、すぐにつぶれちゃいますよね(笑)。
 虫とか花とかも綺麗。よく作られているので感心させられます。
 その後はアラビアンナイトに。
 そして、みにくいあひるの子やシンデレラなどと続きます。だいぶ長いので見応えがあります。でも、2回みたいパレードではないかも。

セサミストリート4-D ムービーマジック(☆)
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ39
 ロイヤル・スタジオ・パス対応。
 16時20分からのアトラクションです。建物は「シュレック 4-Dアドベンチャー」と一緒。
 前室はシュレックのそれを覆い隠して使っていました。
 劇場でもセサミストリートなのでなじみがなく、娘もぼくらもちょっと今ひとつだったかな。
 
 20時半に出てきて、「フォーエバー・ラブ・クリスマス』の会場へ。
ユニバーサル・ワンダー・クリスマス
http://www.usj.co.jp/UWC2011/
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ31
 2011年11月8日~2012年1月9日の開催。
 高さ30m。ギネス世界記録認定の光のクリスマスツリーが飾られています。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ42
 待ち時間の間お腹がすいたのでおやつを屋台で購入。
ブラックペッパー・ポークリブ 550円
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ44
 これは美味い!! 娘もかぶり付きです。肉は柔らかくスパイシー。味もしっかりしています。
ホットチョコレート 390円
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ43
 これは普通。
ターキーレッグ 790円
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ47
 もう一度ポークリブを買いに行ったら売り切れだったのでこれを。こちらはもっさりしていていまいち。おまけに小骨があって食べにくい。 

フォーエバー・ラブ・クリスマス
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ46
 17時45分、21時10分の2回の開催。特別鑑賞エリアへのチェックイン・パスは朝1番に申し込まないと1回目がすでに亡くなっていました。遅いのですが2回のパスを購入しました。一人700円です。ショーの20分前までに入場することとなってますが、実際はもっと遅くに来ている方も多かった。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ45
 特別鑑賞エリアは板張りの緩やかな階段で、座れるのが楽。
 クリスマスツリーへと愛を確かめる王子と王女がやってくるというストーリー。ミュージカル仕立てです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ48
 白馬に乗って二人が現れたのには驚きました。
 途中で左右のタワーに張り巡らされたロープを使って妖精が空中を漂います。
 クリスマスツリーが転倒され、LEDが美しく輝く。無数の光が色を変え模様を描いて光り、花火もあがります。
 21時35分に終了。

横浜発 驢馬人の美食な日々-USJ49
 21時40分過ぎに出口を出ました。行きに見逃したユニバーサルスタジオジャパンの地球を写真に収め、ユニバーサルウォークを歩いて帰りました。
 次は「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」に娘が乗れる身長になって、いくつも映画を見てから来ることにします♪  しかし、映画が古くなりすぎているので、このままのスタイルでやって行けるのだろうか?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「パーク・サイド・グリル」(☆)
http://guide.usj.co.jp/ja/restaurant/j_parkside_grille.do
横浜発 驢馬人の美食な日々-ParkSideGrill
  「ユニバーサルスタジオジャパン」のハリウッドエリアにあるフレンチ。
  落ち着いた美しい内装で気の利いたフレンチがいただけます。
 デザートに描かれるスヌーピーの絵は女性やお子さんが喜ぶと思います♪
 
住所:大阪府大阪市此花区桜島2-1-33
電話:06-6465-3000
定休:無休
営業:11時~19時半LO
 
 外観はシンプルな西洋の建物。
横浜発 驢馬人の美食な日々-ParkSideGrill01
 中の方が素敵です。ダークブラウンの柱や天井にシャンデリア、絨毯敷の床にアンティーク調のテーブルにイスです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-ParkSideGrill02
 ぼくらがいただいたのは西洋の植物を植えるようなハウスかテラスといった白いフレームのスペースです。ガラス張りの外壁の外は昼間でしたら公園に面しているのでしょうね。その向こうに後の時間花火がちょっぴり見えました。木があって高いものしか見えないのです。
 メニューはちょっと良い感じの西洋料理。お酒が飲めるところが他と違うところかもしれません。
 
11年11月27日の来訪。
 夕食はこちらに。17時45分の回のフォーエバーラブクリスマスは観覧席が取れなかったので、この時間に夕食にしてしまおうと。 17時50分で1組待ち程度。これは正解だったようです。この後はどこも激混みになっていました。

ニューヨーク 3980円
 コースメニューです。
スモークサーモンの炙り焼き
横浜発 驢馬人の美食な日々-ParkSideGrill05
 このスモークサーモンが一番美味しかったかも。
ホワイトチャウダ
横浜発 驢馬人の美食な日々-ParkSideGrill08
 どうということのないベーコンと野菜のクラムチャウダーなのですが、目の前で銀色の星を振りかけてくれます♪
ビーフステーキ
横浜発 驢馬人の美食な日々-ParkSideGrill09
 大振りえ薄い牛肉のグリル。ソースがいけていないか。付け合わせにはジャガイモにパプリカ、細いアスパラと小玉葱。
パン
横浜発 驢馬人の美食な日々-ParkSideGrill04
 2種類。
デザート
横浜発 驢馬人の美食な日々-ParkSideGrill10
 ブッシュ・ド・ノエルでお願いしました。
 スヌーピーの絵が描かれた10周年プレート。
コーヒー又は紅茶
横浜発 驢馬人の美食な日々-ParkSideGrill03
 飲み放題のドリンクバーになっていました。
 
ブルックリン 1890円
 グリルチキンかハンバーグステーキの選択。
横浜発 驢馬人の美食な日々-ParkSideGrill06
 こちらにもスープがついたっけ?
グリルチキン~クランベリーソース~
横浜発 驢馬人の美食な日々-ParkSideGrill07
 グリルして火を通した鶏肉に甘酸っぱいクランベリーのソース。このソースは苦手。
 
ストロベリー・レアチーズケーキ +350円
横浜発 驢馬人の美食な日々-ParkSideGrill11
 こちらはチャーリーブラウン。コースの+なのでバニラアイスクリームは200円安い分ついていないみたい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。