横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:
「神戸フランツ 南京町店」(☆彡)
http://www.frantz.jp/
横浜発 驢馬人の美食な日々-KoubeFrantzNankinmachi

 神戸土産も新世代に入っているようです。
 「黄金伝説」のお取り寄せランキングで1位に輝いたと言う壷プリンは1度は食べたい美味しいもの。
 お土産用のチョコレートは限りなく某有名店のものみたいに見えますが、箱がお洒落です。さすが神戸。
 
住所:兵庫県神戸市中央区栄町通2-9-8
電話:078-392-3623
定休:年中無休
営業:10時~19時
 
 ちょっとお洒落な感じで目を引きます。黒と深紅でまとめたデザイン。よく見ると、ブティックではなくスイーツのお店。
 店の前に掲示されたお取り寄せランキング1位が目を引きます。
 
神戸苺トリュフ 840円
横浜発 驢馬人の美食な日々-KoubeFrantzNankinmachi01
 お土産に買って帰りました。赤い箱に黒い鎖のマーク。横浜発 驢馬人の美食な日々-KoubeFrantzNankinmachi04
 中には不揃いの大きさのホワイトチョコレートのボールが入っています。中にはフリーズドライの酸っぱい苺。練乳的な甘みのあるホワイトチョコレートと食べてちょうど良い。
 「六花亭」とどう違うのかはよくわかりませんが。

神戸魔法の壷プリン 4個入り 1470円
横浜発 驢馬人の美食な日々-KoubeFrantzNankinmachi02
 茶色い壷に黒い蓋をして赤い輪ゴムでとめています。
横浜発 驢馬人の美食な日々-KoubeFrantzNankinmachi03
 中にはたっぷりの生クリーム。その下にはとろとろのカスタードクリーム。ややざらつきが感じられるかな。まったりではありません。固めるつもりが全くないから壷に入っているのだろうなぁ。そこには程よくビターなキャラメルソース。バランスよく美味しいです。
 

神戸フランツ 南京町店ケーキ / 元町駅(阪神)元町駅(JR)旧居留地・大丸前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ステーキハウス ミディアムレア(Steak House Medium Rare)」(☆☆)
http://www.orientalhotel.jp/
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare
 
 神戸のオリエンタルホテルはこぢんまりしながらとても素敵なホテル。
 その最上階のレストランは素敵なバーを中心に揃え、この鉄板焼きも関東のミシュラン星付き鉄板焼きに引けを取らぬ素晴らしさ。
 なにしろ世界的に有名な神戸ビーフを食べられるのです。
 
住所:兵庫県神戸市中央区京町25ORIENTAL HOTEL17F
電話:078-326-1577
定休:無休
営業:11時半~15時/18時~23時
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare01
 ホテルの入り口は石造りの壁にレトロな電球入りのORIENTAL HOTELの文字を掲げたモダンデザイン。
 回転扉です。タクシーで降り立ったところで、手に持っていた旅行かばんとコートをサッと持ってくださる。宿泊ではなくてレストラン利用だけでもこのサービスとは逆に恐縮。
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare02
 中に入ってもそのデザインの良さには心をくすぐられます。
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare03
 エレベーターで16階へ。このエレベーターの中にも写真や手紙を飾ってあります。ただの箱というよりもお家の廊下みたいで親しみやすいかな。
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare00
 降りると高い天井で正面の開かれた扉の向こうに明るい窓をバックにしたバーカウンターが見えました。
 バーには入らず右に曲がり、ラウンジを見ながらこちらに案内されます。
 ダークウッドの壁に銀色の店名とシンプルな店構え。決して広くはありません。
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare04
 中に入ると、正面の壁は海側に面している大きな窓。両側に4つの鉄板焼きカウンター、正面にも6人横並びで座れる鉄板焼きのカウンターです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare05
 鉄板の前の大理石のカウンターには黒い箸と紙ナプキン。

11年11月20日昼の来訪。
 12時45分過ぎに遅れて終了し、タクシーでこちらに。
 弟の希望は神戸牛でしたので、神戸牛を食べられて食べログで評判の良い店を選びました。「神戸プレジール」は満席ではいれませんでしたので。でも、それが良かったみたい。このホテル、とても素敵なのです。
 
Royal Blue Tea Jewel of Flowers HANA 1300円
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare06
 ジャスミン茶を中心に構成したボトル入りの紅茶。結構苦みが強めでほのかに花が香る。
 
Hamburg and Steak Lunch ハンバーグ&ステーキランチ 3000円
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare08
 ミディアムレアサラダ、季節の焼き野菜、ハーフハンバーグ、ミニ和牛ステーキ、ごはん又はガーリックライス、椀物、香の物、デザート、コーヒー又は紅茶のセット。これだけついてこの価格はお得過ぎます。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare07
 先付けに出されたのはしめ鯖、豆苗と菊とあさり(だったかな?)を和えたおひたし、自家製の胡麻豆腐です。胡麻豆腐はねっとりして味わいよく美味しい。

ミディアムレアサラダ
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare09
 甘い柿、蕪、ニンジン、トレビス、レタス等が入るサラダ。野菜の質も良いけど、ドレッシングが秀逸。実に美味しい。
 
焼き野菜
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare11
 原木椎茸、安納芋という糖度の高い芋を皮付きで、それに淡路島の玉葱です。どれも野菜の持ち味を十分い引き出し、原木椎茸の旨味、玉葱の優しい甘み、芋の甘い香りあ心地よいものです。いただくのは淡路島の塩だったかな?ミネラル豊富な藻塩です。
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare12
 それももやしと小松菜。醤油ですでに味がついていますので綽々といただけます。
 
Hamburg ハンバーグ 150g +500円
 通常75gのミニサイズのところですが150gに増量をお願いしました。これが普通サイズです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare13
 じっくり焼き上げたそれはふんわりして中はジューシーな仕上がり。決してレアで生ではないけど美味しいハンバーグですね♪ 塩胡椒は最初からしてあるのでそれ単体で食べても美味しい。塩をつけるとやはり塩が結構勝つのでお勧めではないか。さらに一口プレーンで食べてようやく落ち着きます。
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare10
 これに合わせて出されるのは刻んだ玉葱と生姜の入る醤油のソース。これが酸味もあり素晴らしくジューシーなハンバーグに合います。
 
“Kobe Beef”Sirloin 神戸牛サーロイン 4500円/50g
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare15
 これが食べたいがためにここまで来ました。刺しの入りも素晴らしい牛肉。柔らかくジューシーで美味しい!!
 いただくのは塩か醤油、マスタード等をつけて。でも、そのままでも美味しいのです。
 
黒毛和牛フィレ
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare14
 ランチの肉はこれで。食べ比べです。味わいよい赤身。申し訳ないがいくら良いと言われているオーストラリア牛の赤身よりもやはり和牛の方がぼくは好み。もっとも、弟はこの赤身の方がサーロインよりも良かったと。ぼくはまだまだサーロインが良いと思います。でも、これが100gだったら最後の方はきつかっただろうな…。美味しいものをちょっとだけ。それをこの店はちょうど良くかなえてくれました。
 
Garlic Rice, miso Soup , Pickles ガーリックライス、赤出汁、香の物
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare16
 白米ではなくガーリックライスでお願いしました。ご飯に油をかけて炒め、醤油をかけ、最後に細かく刻んだフライドガーリックを混ぜています。これは米のもちもち感がもう一つかな。紫蘇の葉みたいなものも混ぜていたけど、味にそんな感じはあまり感じなかったから紫蘇ではなかったのかも。塩気も薄いので、昆布の佃煮を一緒に食べてちょうど良かった。
 味噌汁は赤出汁でワカメにシジミが具です。三つ葉が浮いていました。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare17
 デザートはラウンジの方に移動していただきました。
 喫煙スペースでしたけど、壁には緑、屋根はあるけどガラス窓がなく外に通じているテラススペースです。
 
Tiramisu ティラミス
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare19
 デザートはこれを。中央が窪んだ気泡の入るガラス皿に。ふわふわとろとろのマスカルポーネにコーヒーを染み込ませたスポンジ、カカオパウダー。ベーシックながらもマルカルポーネクリームがトロットロで大変美味しい。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-MediumRare18
 飲み物はコーヒーで。

 次のミシュランで星がついてもおかしくないお店でした。でも、鉄板焼きは鉄板焼きだからかこのくらいの評価です。もう1回行ければもっと評価が上がるのかも。

 

ステーキハウス ミディアムレア鉄板焼き / 旧居留地・大丸前駅元町駅(阪神)三宮・花時計前駅
昼総合点★★★★ 4.0

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
「六甲牧場のソフトクリーム 神戸南京町店」(星なし)
http://www.rokkobokujyo.com/index.html
横浜発 驢馬人の美食な日々-RokkouBokujou

 高速道路で食べる絶品アイスクリームが南京町でも食べられます。
 味は普通かな~。空いているには理由があるということですね…。
 
住所:神戸市中央区栄町通2-8-16
電話:078-391-6687
定休:不定休
営業:10時~18時
 
 南京町の中央からわずかに入った場所にあります。この通りだけなぜかガラガラ。
 売り場はやはり露店っぽい。写真付きのメニュー掲示は南京町の特徴でしょうか。
 「黄金伝説」で紹介されたと言うホワイトチョコチーズケーキなども目を引きますが、ソフトクリーム屋さんなのでソフトクリームを。
 
11年11月20日午後の来訪。
 午後15時過ぎで先客なしです。
 
生チョコミックス 350円
横浜発 驢馬人の美食な日々-RokkouBokujou01
 特選特濃牛乳と厳選素材のみで限定生産される究極の美味しさとあります。朝日新聞社 アンケートの高速道路の絶品アイスクリームでもNo.1になったと。味は普通にソフトクリームでした。生チョコはどうしても「シルスマリア」と比べてしまいますし、ミルクも普通としか言いようがない。
 
 困ったのは南京町にはゴミ箱がないこと。ソフトクリームのカップを捨てられなくて困りました。

 

神戸六甲牧場 南京町店ケーキ / 元町駅(阪神)元町駅(JR)旧居留地・大丸前駅
昼総合点★★☆☆☆ 2.5

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「神戸牛 吉祥吉 南京町店」(☆☆)
http://www.koubegyuu.com/
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kisshoukichi01
 
 南京町の中央に位置する神戸牛のお店。
 屋台にしか見えませんが、侮る事なかれ、5000円の神戸牛ステーキまで取り揃える魅惑のラインナップ。
 焼き小龍宝も牛のスープに使っていながらもサクサクして美味しい中華的新世代ファーストフード。
 次に神戸に行ったときも必ず他のメニューを食べないと!!
 
住所:兵庫県神戸市中央区元町通2-1-14
電話:078-331-7714
定休:月曜
営業:10時~18時半
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Roushouki01
 南京町の中心の広場に面したお店であることは「老祥記」と変わりなく、まさにその並びの角地にあります。
 南京町は普通の店舗でも店の前に屋台のような中華的ジャンクフードを売っている店が賑やかに並んでいるので、このお店も外観は屋台にしか見えません。実際食事の席も4席あるらしいのですが、どこにあるのかわかりませんでした。黒に白抜き文字のメニュー、に写真がつく賑やかな外観。
 後で知りましたが、高級牛肉である神戸牛を格安に食べることができる店だそうですね。
 先に注文して料金を払い、券をもらって交換する形みたいです。
 
11年11月20日昼の来訪。 
 ぼくが「老祥記」 に並んでいる間、弟は途中からこちらに並んでいました。
 なにしろ、公園でプラスティックのカップを持って食べている人が多かったのです。なおかつそれが美味しそうで。
 
神戸牛 焼き小龍宝 300円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kisshoukichi
 赤いプラスティックカップに神戸牛の牛骨からとったと思われる実に美味しいスープ。そこに浮かんでいるのは焼いた底面を上にした少し大きめの小龍包。その底面はサックリとして美味しく、チェンピンを思い出させます。中には肉の具もたっぷり。刻んだネギをふり、上には辛味噌で和えた神戸牛肉のミンチが乗っています。辛味噌肉は辛いけど美味しいです。いやあ、これは美味い。
 
 創作系の好きな自分ですので、歴史的なものが好きな方には「老祥記」を勧めますが、ぼくはこちらの方が好きです。
 

神戸牛 吉祥吉 カジュアルキッチン南京町ハンバーガー / 元町駅(阪神)元町駅(JR)旧居留地・大丸前駅
昼総合点★★★★ 4.0

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「老祥記」(☆)
http://www.roushouki.com/
横浜発 驢馬人の美食な日々-Roushouki
 
 大正4年創業でぶたまんという呼び名発症の店。
 中国の天津包子と呼ばれる饅頭を日本人になじむように考えぶたまんを生み出したそうです。
 10年前に職員旅行で来たときもここのぶたまんは並んで買って食べた記憶があります。
 
住所:兵庫県神戸市中央区元町通2-1-14
電話:078-331-7714
定休:月曜
営業:10時~18時半
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Roushouki01
 南京町の中心の広場に面したお店です。昔はもっとぼろかったと思いますが、今は小さなビルになっていますね。
 赤いひさしに中華料理屋さん的な看板や飾り。
 店の扉は常に開かれ、反対側の広場にまで行列が続いています。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Roushouki02

 中は寮の食堂かと思うほどに簡素な内装。持ち帰りだけかと思っていたのですが、中で注文して食べることもできるのです。とは言っても、一人一皿3個食べねばなりませんので、ここは敬遠。
 右奥の壁には古びた扉が置かれています。昔のこの店の木の扉で、使われすぎてすり減り穴が開いているもの。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Roushouki03
 厨房の中では10人の人が一斉にぶたまんを包み続け、せいろにぎちぎちに詰め込んでいます。蒸し器で蒸す時間は最後の10カウントをして、全く時間の無駄がないように出していました。さすがです。
 
11年11月20日午後の来訪。
 昼食後、旧居留地から弟と歩いてここに来ました。まだ食べるのかと言いながら、南京町にきたらこれだろうととりあえず列に並んでどうするかを考えました。
 15時15分で30人以上並ばれています。行列は店の入り口を出た後は目の前の公園で作られています。それを整理するおじさんがちゃんといます。
 
ぶたまん 90円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Roushouki04
 3個からなので3個購入。
 まんじゅうは薄そうな皮ですが、実際はふっくら厚手の皮でパンのようです。中には豚バラ肉のミンチに匂い消しのネギで醤油にて味付け。たっぷりの肉汁が出ているのが不思議なほど具はちょっぴり。味付けが濃いので皮が厚くてちょうど良い感じでした。なるほど美味しい。
 

老祥記肉まん・中華まん / 元町駅(阪神)元町駅(JR)旧居留地・大丸前駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。