横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:
「西洋料理 島」(☆☆彡)
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima
 
 学芸大学に住む同期お勧めのお店。
 カウンターでいただくと、これでもかと繰り出される料理や驚くほどジューシーな極厚ヒレ肉にノックアウトされます(笑)。
 
住所:中央区日本橋3-5-12日本橋MMビルB1F
電話:03-3271-7889
定休:日曜
営業:12時~13時/18時~21時

 最初どこにあるのかわからず、見逃して1ブロックくるりと一周してしまいました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima01
 あるべき場所を改めて見直し、「タリーズコーヒー」の手前に地下に降りて行く階段を発見。灯りの下によく見れば白い小さなプレートでお店の名前が書かれていました。
 下りて行く階段にも装飾はなく、降りた場所の扉を開けると、地下に木の壁があってゆるやかな曲線を描くエントランスになっていました。
 その先を右に曲がると2段上がる木のデッキのようなフロア。すぐにオープンキッチンの厨房に面したカウンターです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima02
 厨房右端にはオーダーメイドのお肉を焼くグリル。
 店主の大島学さんが目の前で肉塊の筋と脂の処理を手際良くされているところをみられました。コック棒をかぶるにこやかな方が大島さん。話しやすく優しい方です。
 カウンター上には布のマット。ナイフはその刃紋が美しい。
 
11年9月13日夜の来訪。
 20時前で満席に近い。
 
発酵茶
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima03
 緑茶にウーロン茶、麦茶、紅茶のブレンド。長崎のハウステンボスで作られている香り良く独特なお茶です。
 
ヒレステーキコース 20000円
 ぼくの注文ではありませんが、多分これだと思います。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima05
 パンはサローネのように小さめの丸いパン。左はハーブを練り込んだパンで、右はイカスミを練り込んだパン。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima04
 それにバターです。
 
 前菜は5種類からの選択でしたか、口頭で聞かれました。牛刺し、フォアグラのテリーヌ、白アスパラガス、カニクリームコロッケ、バイ貝のガーリックバター焼きだったと思います。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima06
 どれも食べたいので、カニクリームコロッケとバイ貝を盛り合わせにできないかと聞いてみたところ、聞いてくださいました♪ おまけに注文を聞き間違えたとのことで、同行者には白アスパラ+カニクリームコロッケ+バイ貝となり、白アスパラガスを1本わけていただく。
 カニクリームコロッケは熱々で衣は薄め。ホロリと崩れてしまうくらい。ほぐした蟹の身がたっぷりのクリーミーな中身で、旨味はたっぷり。ホタテ貝柱も入っているみたいでした。右奥にはシャクシャクした細切り大根。左手前にはレモン。
 白アスパラはやや塩分弱めか。驚くほどジューシーな仕上がり。上にはぽろぽろした玉子がかけられていました。
 
 スープは渡り蟹のスープ、オニオングラタン、カボチャのポタージュからの選択。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima07
 オニオングラタンを選択しました。
 アルミホイルの上に黒い小さな器。とろけるチーズとスープをたっぷりすったバゲット、その下には飴色に火を通された玉葱がたっぷりです。スープは塩分が大変押さえられているし、やや薄い感じがしました。アルミホイルにタプリチーズがこぼれ落ちているのでそれもいただく。次に来たときは渡り蟹にしよう。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima08
 前菜もう一つのバイ貝です。大きな殻にパン粉とパセリとガーリックバターで閉じ込められた身。中にはむっちりした歯ごたえの良いバイ貝の身が先端まで入っています。これは美味しい!! まるでソフトクリームのコーンの最後までソフトクリームが詰まっているかのようにバイ貝の身が詰まっていたので、聞いてみたら殻を壊さないように身をとるのが難しく、壊れたものは使わないので、3匹分くらいこれに詰め込んであるのだそうです!! ボリューミーで美味しい一皿でした。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima09
 これにあわせるのはフランスパン。貝のエキスがたっぷり含まれたガーリックバターをすくっていただきます。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima10

 最後のパンはレーズン入りでした。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima11
 ヒレです。串に刺してグリルで焼いた極厚の肉。焼き加減はおまかせで。ミディアムレアくらいだと言われました。これが素晴らしい。内服が苦もなくすっと入る柔らかさ。中の肉は美しいロゼ。脂身の少ないものをあえて仕入れているのだそうですが、驚くほどジューシーで美味い!! 塩してあるだけで十分ですね~。山葵を落とした醤油でいただくのも良いと出されますが、醤油がやや強く感じて、つけるのはすぐにやめました。むしろ、マスタードが素晴らしくあいます。少量つけると味わいの輪郭がしっかりします。
 上にはフライドガーリックスライス。ゆでたニンジン、エリンギ、コリッと小気味良いインゲン、タマネギ、そして切り取られているコーンが添えられています。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima12
 一緒にグリーンサラダです。レタスにキュウリ、タマネギなどが入っていました。ボールの中でさっぱり美味しいドレッシングを十分に混ぜ合わせていますので食べやすく美味しい。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima13
 香の物です。甘いたくあん、酸味の強い白菜、キュウリの3種類。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima14
 ガーリックライスです。最後なので程よい量。刻んだニンニクの他に刻んだたくあんが入っていたのでびっくり。
 ぱらりと美味しい。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima15
 さらにカレーも一口いただくことに……って、一口じゃないじゃん!! 大きなお皿に小盛りでいただく。
 従来の日本式カレーを想像していたのですが、全然違います。スパイスを利かせたしゃぶしゃぶのカレーにコーンやタマネギ、そしてゴロゴロと牛肉塊が入っています。美味しくいただきましたが、最後似一番大きな肉のかたまりにかぶりついたところでギブアップしました。いや、その脂がもう駄目だったのです。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima16
 デザートは自家製のプリン。程よいカスタードにキャラメルソースで味は普通かな。横にはグレープフルーツのシャーベットにヨーグルトのシャーベット的なソース。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima17
 食後の飲み物はコーヒーか紅茶、エスプレッソも選べたのですが夜間で煮出しているレギュラーコーヒーを目の前で作っているのをみていたのでそれをお願いしました。酸味が結構しっかりしたコーヒーです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shima18
 お茶菓子にアーモンドをつけたシナモンの香る薄い焼き菓子、グレープフルーツのピール、そしてパイ生地の上にキャラメルソースとたっぷりのアーモンドの御菓子。これがずっしり重いのは印象に残りました。

 トイレは後ろの壁の左側の木の扉の裏に。
 最後は後ろの右の木の板の裏にあるエレベーターから帰り、大島さんに見送っていただきました。
 ありがとうございました。

 

ステーキ / 京橋駅日本橋駅宝町駅
夜総合点★★★★ 4.5

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「Bure(ブレ)」(☆☆)
横浜発 驢馬人の美食な日々-Bure


 鎌倉大町の「ジャルダン食堂」跡地にできた小さく素敵なカフェ食堂。
 整然とした雑然さが心地よい不思議な魅力があります。
 昼はカフェ、夜はバーのようになるらしいですね。
 
住所:鎌倉市大町1-2-19
電話:非公開
定休:月曜・第3火曜
営業:10時~15時/16時~23時
 
 隣と同じく藍色のひさしを掲げた木造チックなお店。店の前にはベンチで落ち着いた色合いのプランターが置かれています。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Bure01
 中も枯れたデザインが秀逸です。古びた木のテーブルにボロボロの座面の椅子。白く塗られた壁に天井、壁際に積まれた本やレコード。
 厨房はオープンで枯れた草を配したカフェ的デザイン。厨房にいるのは男性お二人でした。小さなテーブルと大きなテーブルしかないとは思い切った配置。計9席しかありません。
 
11年9月21日昼の来訪。
 ついに台風が来て大暴風雨。家内と娘にはお弁当を作ってあるのでぼくは一人で鎌倉でさらっとご飯を食べるべく出かけました。
 最初は「七賢人」に来ましたが、今日はシャッターが下りていました。縁がないなぁ。
 で、そのまま車でうろうろしてここにつきました。駐車場に停めたけど、横殴りの雨風で外に出るのを少し待ちました。
 12時過ぎで先客は男性3人。
 
豚肉のグリル“自家製スパイシーソース”定食 1000円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Bure02
 ランチは4種類ほどありました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Bure03
 ニンニクスライスの入るチリでケイジャン な味わいのソースでいただく豚肉のグリル。エリンギとピーマンも入っています。
 ソースはスライストマトにもかけられていて、万能ネギが振られていました。
 緑は刻んだ水菜。レモンを搾ってもいただけます。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Bure04
 香の物はキュウリとセロリ。漬け物もセロリも苦手ですが、なかなか美味しい。
 添え物に大根とゴボウとニンジンのきんぴら風の煮物。細切りではなく結構太めの切り方で。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Bure05
 味噌汁はひさびさの煮干し出汁。味噌は薄めかも。具は絹豆腐にたっぷり入った辛目のネギです。

ホットコーヒー“アロマブレンド” 300円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Bure06
 ランチタイムのドリンク料金です。
 中庸といった感じの穏やかで特徴がないコーヒーでした。
 
 コーヒーを飲んでゆっくりし始めたところで職場からの緊急の呼び出しがあり帰りました。ちょっと残念。この店、音楽がとても心地よかったのです。

 このお店には整然とした雑然さがあります。そういうところがお家感覚に近いのか。こういう落ち着けるお店が鎌倉にもできたのはうれしい限りです。
 ただし、最初に出された水が生臭い感じがしました。水のためなのかコップ洗浄の問題なのかわかりませんが、改善は必要かも。

 

Bureカフェ / 鎌倉駅和田塚駅由比ケ浜駅
昼総合点★★★★ 4.0

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「炭火焼イタリアン 海串 ブラーチェ」(☆☆)
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE
 
 「リストランテ リアル」出身のシェフによる串焼き&イタリアンの店。
 リーズナブルな価格でゆったりと美味しいご飯がいただける穴場なお店です。
 横浜で遅めの時間に気軽に寄るなら絶対ここですね。
 
住所:横浜市西区北幸1-5-4三協ビル4F
電話:045-326-2600
定休:無休
営業:11時~15時/17時半~深夜1時(土日16時半~深夜1時)
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE01
 ベイシェラトン裏手のビル4階です。1階はサークルKサンクス のコンビニ。向かって左を入り、エレベーターで4階に。
 降りると白く塗られた竹の壁に黒い板の看板がちょこりと。中央に白い四角があり、海串と書かれています。右角の3色はやはりイタリアンであることを示しているみたいですね。
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE02
 左を向くと青い扉。こちらが入り口。
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE03
 中に入れば右に赤系統の横縞の壁。変わったセンスですね。
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE04
 右に個室があり、左には窓にそってテーブル席がならんでいました。お客同士あまり見えない配置です。
 
11年9月6日夜の来訪。
 講演会後、磯子の後輩とこちらに移動。電話したところつながらなかったけど、間違えたのかな?
 21時過ぎで結構空いています。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE07
 つきだしはバーニャカウダでした。コリコリ美味しい蕪、キュウリのスティック、トレビス、赤パプリカ。
 バーニャカウダソースはアンチョビが効いていて味が濃いソース。なかなかです。
 
ジンジャーエール 380円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE05
 最初の飲み物はこれ。カナダドライな感じ。
 
緑茶 380円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE06
 2杯目はさっぱりこちら。
 
カルパッチョ 三点盛り合せ 1400円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE08
 北海生タコ、北海道産帆立、カンパチでお願いしました。こちらのソースは単純なオリーブオイルに塩胡椒ではなく、バーニャカウダのようなアンチョビの効いたものでした。上には葉野菜とプチトマト。クニクニしたタコ、歯ごたえがしっかりした当日メニューのカンパチ、滑らかな口当たりの帆立はどれも美味しい。ソース以外にフルールドセルのような塩がかかっています。これもまた良い感じ。
 
海串 サーモン 180円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE09
 皮付きのサーモン。お勧めだけあって、脂がのっているし実に美味い。炭火の火の入りも良く、皮はパリッと美味しいし、中はしっとり。
 タルタルソース添えです。
 
海串 秋刀魚の灰干し 180円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE10
 こちらも秋刀魚の脂が十分に抜けて美味しい灰干しの串焼き。バルサミコが横に垂らされていました。
 
鴨とリンゴ 220円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE11
 本来は鴨と柿なのですが、この時季まだ柿がないのでリンゴです。
 鴨肉はやはり脂がうまい。火加減も絶妙です。リンゴも刺さっていてその甘さが良い感じ。こちらにもバルサミコです。

イベリコ豚の炭火焼 940円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE12
 炭火で火は入りすぎていないイベリコ豚。塩胡椒だけで十分美味しい。この価格なのが信じられないなぁ。
 ここにもバルサミコ。
 
小さいピッツァ 四種のチーズ 730円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE13
 お手製の生地の薄焼きピッツァに4種のチーズ、ストレートにチーズの旨味と油が味わえて、生地も結構小気味よく美味しい。
 
魚介のひつまぶし 1050円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE14
 これ、最高です。この店にきたら必食の一品。サーモン、タコの足、カンパチ、柔らかな穴子が刻まれてご飯の上にのっています。
 これだけで食べて十分に美味しい。添えられているのは柚子胡椒と万能ネギ。
 そして、ひつまぶし名のでだし汁。この汁があさりのような貝出汁で美味い!! もちろん、かけて食べても美味しい。
 
白身魚のエスカベッシュ 630円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE15
 酢漬けなのでぼくは好きではありませんが…。キスっぽい感じ。
 
パスタ 渡り蟹のトマトソース 1260円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE16
 お勧めを聞いて頼んだ一皿。スパゲッティーニかペンネを選択できます。
 結構濃厚でクリーミーなトマトソース。渡り蟹の実は殻から外して入っています。
 
ブランマンジェ 420円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BRACE17
 滑らかなブランマンジェ。上にはたっぷりとマンゴーのソースです。中央にはさらにミルキーなアイス添え。

 「ダ タカシマ」の関連店だと勝手に思い込んでいましたが、シェフが「リアル」の出身でした。ということは「リアル」でみたのか、この店のことを。自分のことながら勘違いもひどいなぁ。
 穴場なお店です。
 

炭火焼イタリアン 海串 ブラーチェ炭火焼き / 横浜駅平沼橋駅新高島駅
夜総合点★★★★ 4.0

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
「フランス菓子 サンルイ島」(☆)
横浜発 驢馬人の美食な日々-Sanruitou
 
 葉山の奥樣方御用達のスイーツのお店。
 車でないとなかなか行けない立地に美しいケーキが並びます。

住所:三浦郡葉山町一色685-4
電話:046-875-8715
定休:無休
営業:9時半~21時

 青いタイル張りの前面屋根は結構美しい。ガラスがはまった木製の扉に石タイルを使った外観に緑を配した看板は西洋の面持ち。
 中に入ると、ショーケースに魅惑的でおいしそうなケーキが並んでいます。向かって左にはカフェスペース。
 カフェは夕方で利用されているのはお二方一組だけでしたが、この立地でもケーキ購入には大勢のお客がいらしています。
 
11年9月4日午後の来訪。
 「霧原」 の後に娘がトイレ!というのでこちらに寄らせてもらう。
 
ショートケーキ 420円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Sanruitou02
 家内のために買ったぼくらの定点観測。
 ひとつひとつ仕上げる丸いショートケーキはしっとりふわふわのスポンジで間にスライスしたイチゴと生クリーム。上にもイチゴを乗せて周辺を生クリームでコーティングし、さらにくるりとイチゴを取り巻くように生クリームを配しています。一人で食べなかったためか2種類の生クリームを使っているというのはよくわかりませんでした。上と中で違っていたのかな?
 
フォレ ノワール 420円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Sanruitou03
 娘が選んだ一品。チョコレートのスポンジの中に真っ白な生クリームと赤いグリオットチェリー。上にはチョコレートクリームです。
 
ショコラ オランジュ 420円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Sanruitou01
 チャキチャキした食感のサブレ生地の土台にオレンジのマーマレードの層が重なり、その上にミルクチョコレートのクリームとチョコレートスポンジの層を積み重ねています。上にはダークチョコレートのソース。オレンジのマカロンが乗っています。
 

サンルイ島カフェ / 新逗子駅逗子駅東逗子駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
「焼肉 (Doh)」@大船(☆☆)
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh
 
 何がいいって肉がいい。
 大船で期待の正統派お洒落焼肉屋さんです。
 
住所:鎌倉市大船1-22-13三和ビル第2 1F
電話:0467-47-2929
定休:無休
営業:17時~23時
 
 大船駅でも飲み屋の多い裏通りの方です。真向かい近い場所にはジンギスカンのお店。そちらは未訪ですが、どうやら有名な店らしい。
 こちらは飲食ビル1階の一番左に。
 前から黒いウッドデッキのように1段上がるようになっており、大きな黒い扉を開けて中に入ります。
 テーブル席2つに掘りごたつ状の座敷席2つとコンパクトな店内。
 白っぽい塗りの壁にひなびたウッドをあわせた店内。天井は黒でダウンライトの照明です。
 できたばかりで綺麗なだけでなく、きちんといろいろな場所へのこだわりとお店への意気込みを感じました。とくにトイレをでたたところにある洗面所は狭いながらも結構充実。
 テーブル植え込みのガスロースターです。
 喫煙OKであるためぼくにはきつい面もあります。大船の裏通りという立地では必要な方向性でしょうか。
 
11年9月19日夜の来訪。
 一人でこちらへ。 19時で先客はなし。食べていると、5人客の東南アジア系女性中心のグループや地元民らしいご高齢のご夫婦が入っていらっしゃいました。
 
お通し 500円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh02
 モツ煮でした。醤油ベースで柔らかく臭み無く煮込まれています。上には刻んだネギと一味。
 
ウーロン茶 300円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh01
 量も多く手頃な価格です。
 
三種盛り 1500円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh03
 カルビ、ミノ、ハラミ 。山形牛のカルビ。肉質は程よく美味しい。脂が多すぎず赤身がしっかりしでいます。好感のもてる肉です。ミノは身の三角と言った気がしますが調べてもでて来ないなぁ。がっちりした歯ごたえで良い。ハラミも赤身の良さと肉質の程よい味わい。
 
しまちょう 680円
 写真を撮り忘れました。
 最初やや臭みを感じましたが、脂と腸壁の弾力がちょうど良い。辛味ダレもたっぷりですバランスが良かった。

冷やしクッパ 650円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh04
 冷麺の鶏スープに白米。薄切りキュウリにカイワレ、さっぱり系のキムチに白胡麻がかかっています。冷やし茶漬けのようにサラサラ入る所が魅力。

 意外に奇をてらわない 正統派でした。
 もっと流行りそうな感じがします。
 
12年7月28日夜の来訪。
 夜に親父に義弟と我が家でこちら。妹と姪&甥は茨城にサッカーの合宿中だそう。
 18時からテーブルで予約して伺いました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh05
 天井からの冷気がもうもうと白い蒸気のように天井のエアコンから吹き出ているのがびっくり。
 
ジャスミン茶
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh06
 飲み物はこれ。やや濃いめに出されている感じです。

横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh07
 つきだしは豆腐のサラダ。刻んだネギにキュウリ、レタスなどとともに。
 かけるタレが辛味があるもので胡麻油の香りとともに旨味が凄い。娘も喜んで食べていました。
  
厚切り上タン塩 1500円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh08
 2人前です。かな~り厚切りのタン。柔らかく上質なタンなので、厚切りでもさっくり噛めて美味しい!! 塩胡椒もばっちり。やや濃いめの塩加減がぼくにあっています。

特上ハラミ 1800円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh09
 数量限定の黒板メニュー。2人前です。脂の入りが凄い。これがハラミなのかと不思議に思うほど。これも厚切り。焼肉らしい極上の美味しさ。

厚切りトロカルビ 1200円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh10
 2人前です。わさび醤油でいただく。まるで刺身を食べている気分。とろける柔らかさの肉質が凄い。
 
サンチュ 400円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh11
 2人前です。甘い味噌つき。包み菜ではなく、サニーレタスにサラダ菜みたいに見えます。スティックキュウリ付き。
 
チョレギサラダ 580円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh12
 サニーレタスに刻んだネギ。白胡麻入りのさっぱりのタレで美味しい。
 
シマチョウ 680円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh18
 1人前です。それほど味は濃くない味噌だれでまとめています。焼いて脂をしっかり落とし、噛みごたえあるシマチョウをいただく。
 
牛サガリ 1200円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh13
 2人前です。ハラミの芯の部分。しっかりした赤身で噛みごたえがある上質なお肉は美味しい。
 
中落ちカルビ 900円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh14
 ゴリゴリとした感じでガッツリいただけそうな肉塊。焼くと小さくなって程よくなって美味しい。
 
石焼ビビンパ 1200円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh15
 すでに混ぜられて出されますが、結構おじやっぽくなっていました。石焼であればもう少しご飯がぱらりとしている方が好きかな。
 
ユッケジャンクッパ 780円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh17
 親父の注文。辛味そこそこで美味しいユッケジャンクッパでした。
 
冷麺 800円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Doh16
 これは素晴らしく美味しい。歯ごたえが素晴らしい冷麺の麺に冷たく旨味のしっかりしたスープ。上には白菜キムチにチャンジャまでのっています。これが次もぜひ頼みたい。
 

焼肉 童焼肉 / 大船駅富士見町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。