横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:
「CAFE&BAR EN(エン)」(☆彡)
横浜発 驢馬人の美食な日々-Cafe&BarEN
 金沢文庫駅からほど近い住宅街にアートなカフェ&バーが。
 独特のセンスが光り、不思議な居心地の良さ。
 食事にも工夫がある上、リーズナブルな価格が魅力です。
 
住所:横浜市金沢区金沢町205
電話:045-787-4033
定休:水曜
営業:11時半~15時/18時~深夜1時
 
 金沢文庫駅から行く立地。最初ナビで伺った場所はアートスタジオみたいな場所で、お店は閉まっているのかと思いましたが、お寺側の道の方に入り口を発見しました。
 鳥居のように組まれた木材の入り口。看板にはポケモンの文字?と思う不思議な記号がかかれていましたが、よく見ると「EN」と書いてあるのですね。そこから細い道が奥へと続きます。キラキラ光る石が埋め込まれた通路。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Cafe&BarEN01
 一番奥にアートな絵が描かれた家屋がありました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Cafe&BarEN02
 中に入ると、右に低いテーブルを備えたベンチソファの一角。壁はなだらかな洞窟のように作りこまれ、一部光っています。棚や装飾品など独自のデザインで良い感じ。左にはバーカウンターを備えた一角。
 テーブルの上のソーサーも良い感じ。ろうそくの明かりでぼんやり光ります。
 
11年6月23日夜の来訪。
 金沢区で行われた講演後の席を終えて、磯子の後輩と一緒に深夜までやっているカフェ&バーに。
 「横浜カフェ時間」という書籍で事前に見ていたので憶えていました。
 22時過ぎで結構お客がいらっしゃいます。

トムヤン玉子 650円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Cafe&BarEN04
 トマトなど具材が入るふんわりオムレツでトムヤンクンのようなエスニックな香りがします。トムヤンクンは苦手なのですが、これはバランスよく美味しい。
 
ソーセージ盛り 800円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Cafe&BarEN05
 1本だけしか食べていませんが、茹でた肉汁たっぷりのソーセージでした。トマトソースがかかっています。
 
オリジナルホワイトカレー 900円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Cafe&BarEN06
 麦なども入る五穀米だったと思います。ここにココナツミルクたっぷりの白いカレー。結構美味しいなぁ。
 お店の雰囲気にもぴったりです。ここにもなにやらかかっているけど、なんだろ? また行かなくちゃ。
 
木の子パスタベリー 850円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Cafe&BarEN07
 スパゲティーですが上には鰹節と海苔がたっぷり。焼うどん風というのが確かにぴったり。
 しめじやエリンギ、エノキなどが具で、基本はアーリオオーリオだったと思うけど…鰹節味でよ久保得ていないなぁ。
 
ノンアルコールカクテル 500円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Cafe&BarEN03
 さっぱり系でお願いしたノンアルコールドリンク2種。
 右はグレナデンシロップにジンジャーエールでレモンが刺さっています。
 左はオレンジジュースにグレープフルーツジュース、トニックウォーターでライムが刺さっていました。
 
 ここはトイレもまたアートしています。
 

CAFE&BAR EN (バー・お酒(その他) / 金沢文庫駅海の公園南口駅海の公園柴口駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「つばめグリル」 の記録を。シーザーサラダだけという珍しい日でした(笑)。

 ロメインレタスは「ロイズ」@ハワイカイ以来好きなのです。

 

「つばめグリル 大船ルミネウイング店」(☆)
http://www.tsubame-grill.co.jp/
横浜発 驢馬人の美食な日々-TsubameGrillOfuna
 学生時代のぼくにとって洋食と言えばこのつばめグリル。

 つばめグリルといえばハンブルグステーキです。

 その昔銀座に行ったことを思い出します。家内とも二子玉にデートしに行きました。

 いつの間にか増えたのですね~。大船にもあるとは!!
 
住所:鎌倉市大船1-4-1ルミネウイング7F
電話:0467-48-5090
定休:不定休(ルミネウイングに準ずる)
営業:11時~22時
 

11年6月12日夜に再訪。

 大船で降りると娘がお腹すいたと言い出す。最近一食あたりの食べる量が少ないからなぁ、と駅ビルのこちらへ移動しました。

ロメインレタスのシーザーサラダ 945円
横浜発 驢馬人の美食な日々-TsubameGrillOfuna08
食 欲はなかったのでこれを注文。そういえば、ダイエット中でしたし、電車に乗っていたためか気持ちも悪くなっていて。これが正解でした。ザクザクと切られた ロメインレタスはサックリして美味しく、棒状二期って火を入れたベーコンにバゲットを切って揚げた大きめのクルトン、そしてたっぷり削りかけられたパルミ ジャーノにドレッシングで美味しい。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 ひさびさに「鎌倉パスタ」 で食べてきました。

 

「鎌倉パスタ」(☆)
Kamakurapasuta

 最初は3軒あるうちのパスタの店から。この店の売りは生麺のパスタです。
 サンマルクの経営で、調べるとあちこちにあるんですね。
 
住所:横浜市港南区港南台9-16-5港南台グラスコート2F
電話:045-830-6309
定休:無休
営業:11時半~23時半
 

11年6月22日夜の来訪。

 横浜から帰って来た家内と娘を駅で迎え、そばを食べることに。「前三三」に行ったが閉まっていたので、そのまま走って「まいもん寿司」に。しかし臨時休業しているじゃないですか!! で、娘の希望を聞いてこちらに。
 入ってまず空いていますが、お店の人からはパスタは20分はかかると言われた。「まいもん寿司」臨時休業は聞いておらず、人を配していなかったのだと。この空きっぷりで?と思うけど、人件費削減なんでしょうね…。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kamakurapasuta12
 いただいたのは個室。掘りごたつのようになっていました。
 
蒸し鶏とカシューナッツ、ジャガイモのサラダ 399円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kamakurapasuta13

 ほぐしてほとんど存在感のない蒸し鶏とジャガイモ、砕いたカシューナッツを粒マスタードとともに和えた前菜。カシューナッツの食感が良いのです。葉野菜は水菜にレタスで白いドレッシング。
 
朝採りキャベツと桜海老のペペロンチーノ 1249円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kamakurapasuta16

 唐辛子が結構入っているペペロンチーノ。やはり乳化という作業はなくオイリー。見本写真ほど具はのっておらず、桜海老もキャベツもちと寂しい。
 考えれば、この価格であれば、普通にイタリアンの店で食べても同じくらいだったりしないかな。。。
 
採れたてきのこのバター醤油パスタ大葉風味 1029円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kamakurapasuta17

 キノコが採れたてであるのかどうかわからないが、薄く切ったエリンギに椎茸です。
 上には千切りにした大葉と刻んだ万能葱に海苔。
 バターを使ったソースで和えており、普通に美味しい。
 
Bセット +480円 + 鎌倉和風ピザ +100円
 名物鎌倉バジルロールに、好みのソフトドリンク、週代わりサラダ、本日のデザートのセット。鎌倉バジルロールは100円追加で3種類の鎌倉和風ピザからの選択にできます。

横浜発 驢馬人の美食な日々-Kamakurapasuta14

 飲み物は娘と家内でコーラにジンジャーエールを頼みました。
 驚くほど炭酸が抜けてしまっているジンジャーエール。すぐに飲んだはずだが…甘いだけなので飲みにくい。ペットボトルから出してるのだろうか? これなら飲み放題の機械の方がずっと良い。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kamakurapasuta15

 サラダは水菜にレタスで前菜と同じ構成。これにクルトンとクリームチーズが足されています。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kamakurapasuta20

 デザートはヨーグルトのパンナコッタ。ベリーのソースでした。
ベーコンとエリンギの和風クリームピザ
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kamakurapasuta19

 少し厚めののベーコンと薄切りエリンギのピザ。クリームにチーズとともに焼いてあります。
なすとエリンギのトマトピザ
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kamakurapasuta18

 茄子と薄切りエリンギをのせたトマトソースのピザ。結構カリッとした生地で熱々です。
 バジルロールを食べるなら100円追加してでもこちらにする価値はありますね。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
「やきとり戎 横浜店」(☆)
http://www.yakitoriebisu.co.jp/
横浜発 驢馬人の美食な日々-YakitoriEbisu
 スカイビル 10階の焼き鳥屋さん。
 リーズナブルな価格で食べてみたくなるメニューが並んでいます。
 
住所:横浜市西区高島2-19-12横浜スカイビル10F
電話:045-442-0360
定休:無休
営業:11時~23時
 
 スカイビル10階で店の入り口は大きく開き、右に写真を掲示したショーケース、左に実際の食事にサランラップを張ったメニューが並んでいました。こういうところ、良いのか悪いのか…。
横浜発 驢馬人の美食な日々-YakitoriEbisu01
 中はみなとみらい側に大きく開いた窓が明るい。焼き鳥の白い提灯が印象に残り、ダウンライトの照明のフレームが飾りのようです。
 ただ、10階だと現在では日産のビルなどができて、景色は良くないなぁ。
 
11年6月19日の父の日昼に来訪しました。
 スカイビル へ。父の日だからと「鎌倉山」や「ミクニ」に行ったのですが予約で満席でした。
 仕方なく、10階に下りてこちらに。
 12時過ぎから結構お客は入っていました。
 
イベリコ豚丼 1000円
横浜発 驢馬人の美食な日々-YakitoriEbisu04
 ぼくのメニュー。御飯の上に甘めのタレでしあげている豚バラ肉とタマネギとピーマンの炒め物が乗っています。千切りになっているのは唐辛子みたい。
 昼のランチは固いキャベツのざく切りが入る味噌汁、ピンク色の漬け物、マヨネーズで和えたマカロニサラダ。
 
とろとろ地鶏親子丼 1080円
横浜発 驢馬人の美食な日々-YakitoriEbisu03
 娘のメニュー。地鶏とはあまり思えないが、そうなのかな。結構小さく刻んでしまってある柔らかな鶏肉をやわらか目の玉子で閉じた親子丼。玉子の黄身をさらに乗せ刻み海苔と三つ葉を振っています。
 最初は喜んだ娘が残したのは、黄身がなくなったからかな。それとも味?
 
炭火焼御膳 1000円
横浜発 驢馬人の美食な日々-YakitoriEbisu05
 家内のメニュー。炭の香りがする各種焼き鳥です。
横浜発 驢馬人の美食な日々-YakitoriEbisu06
 焼きおにぎりが2個。
横浜発 驢馬人の美食な日々-YakitoriEbisu07
 鰹節をかけた冷や奴。
 手羽をいただきましたが、塩辛く、焦げが多い。ランチだからか職人の仕事ではないなぁ。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-YakitoriEbisu02
 飲み物は100円です。オレンジジュース、アイスコーヒー、ウーロン茶を選択。味はペットボトルのそれ。100円と言われるとまあ、そんなものかな。。。100円でも利益は出ます。
 
 正直言ってしまえば、やっぱりスカイビル10階に入っているところらしい。
 面白いメニューがあるので困ったときに入ってみるくらいがちょうど良いかな。
 

やきとり 戎 横浜スカイビル店居酒屋 / 横浜駅新高島駅高島町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ダイハツ KOOZA(クーザ)」(☆☆)
http://www.fujitv.co.jp/events/kooza/index.html
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kooza

 シルクドゥソレイユの現在の講演はこれ。家族で見に行く約束をして申し込んでいました。
 東京公演は2011年2月2日から7月18日。
 
 宝箱を意味するサンスクリット語の“KOZA”からインスパイアされた「クーザ」は自分の居場所を探し求める無邪気な少年、イノセントの物語。
 ある日、イノセントの元に大きな箱が届く。その箱から飛び出したのはカラフルなストライプが印象的なトリックスター。キラキラ輝く魔法のスティックを片手に、イノセントを「クーザ」の世界へと導く。そこは何もかもが新しく、眩しいほどにカラフルな世界。
 はじめは怯えていたイノセントも、次第に驚きに満ちた未知の世界に夢中になっていく。
 トリックスターをはじめ、次から次へと現れる「クーザ王国」の住民たち。個性豊かでユーモアたっぷりの王様や、華麗に空中を舞う美女、回転する巨大なホ イールの上でスリリングな技に挑む男たち。イノセントの目に映る光景は、時に人間の美しさや強さを、時に心に潜む黒や恐怖を映し出す。そして旅の最後に は、明日を迎えるための有機と希望を手にする。
 インドやパキスタンから影響を受けた壮麗な舞台セット、人間の美しさを際立たせる独創性に飛んだ衣装、ノスタルジックな局長からゴージャスなサウンドまで、物語に緩急をつける魅力的な音楽。そのすべてがスリルと興奮に満ちた「クーザ」の感動の世界を彩っている。
(以上サイトからの引用)
 
 原宿ビッグトップで。「コルテオ」のときと構成は一緒ですね。上には踊るような赤い文字看板。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kooza04
 入り口右の専用発券機で購入に使ったカードで券を発行します。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kooza01
 中に入るとまずはダイハツの車。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kooza02
 両サイド手前はフードの販売の「クーザカフェ」、奥にはグッズの販売スペース。
 
 奥のテントに移り会場へ。こちらは撮影不可で、暗い空間。
 12時30分の回、座席はCブロック10列1~3。座ってみると、ちょうどワイヤーで見えにくい位置でした。通路に面し、角地なので目の前を通るピエロなどが絡んでくれてうれしい席でしたけど。
 
 開演前から演目中までクラウンの客席への介入は凄かったです。アニメーションというらしい。

キリンメッツ 300円
キリンオレンジ 300円
オリジナル・ポップコーンバケット(塩) 1000円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kooza5
 シルクドゥソレイユの講演で不満はやはりフードが弱いこと。キリンオレンジは甘すぎたしポップコーンはビニール詰めでしなっています。先に行った両親もなんだか文句を言っていました。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kooza03
 本日のパフォーマンスは掲示されています。
 
第1部
シャリバリ Charivari
 最初はこれから。人の上に人が立つ人間ピラミッド。3人目が上に乗るのは凄い。
 
コントーション Contortion
 3人の女性が織りなす美しいポーズの数々。その脊椎の柔らかさは人間とは思えない。ぬめりとも言いたくなる滑らかすぎる動きと、それらがあってはじめて可能になるバランス技などは圧巻。
 
ソロ・トラピス Solo Trapeze
 真っ赤な衣装の女性が行う一人空中ブランコです。足を絡めてぶら下がったりし、ハラハラです。
 
ユニサイクル・デュオ Unicycle Duo
 一輪車に二人で乗るパフォーマンス。
 
クラウンズ・マジック Clowns Magic
 クラウンがお客を選んで舞台にあげ、消されるマジック。次の演目の後に床から出てきます。
 お一人様の女性客でしたので、どこかで見ているのかな~と思っていましたが…。
 
ダブル・ハイ・ワイヤー Double High Wire
 地上約4.6mと7.6mに張られた2本のワイヤーの上での綱渡り。ぼくらの席からだとちょうど真横から見ることになって良く見えませんでした。SS席なのにひどいなぁ。
 
第2部
スケルトン・ダンス Skeleton Dance
 骸骨姿。
 
ホイール・オブ・デス Wheet of Death
 両端に輪が着いた巨大で美しいホイール。2人のアーティストがその回転を人力で調節しながらするダイナミックでスピーディーなパフォーマンスはクーザ1の迫力でした。ホイールの外周で回りながらする縄跳びでひっかかって落ちそうになったことが1回…びっくりしました。
 
ピックポケット Pickpocket
 
フープ・マニピュレーション Hoops Manipulatuion
 7本のフラフープを全身で操る驚きのソロパフォーマンス。
 
クラウンズ・クラウン Clowns Crown
 
バランシング・オン・チェアー Balancing on Chairs
 8脚の椅子と1つの台座で約7mまで積み上げられたタワー。究極のバランス技。
 
ティーターボード Teeterboard
 シーソーを使ってのジャンプの連続。5回転や竹馬を履いての9m級の宙返りなど凄まじいものがあります。

シルクドゥソレイユは毎回素晴らしいと思いますが、「コルテオ」の構成には今回至っていない気もしました。席のためかもしれませんね。
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。