横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:
「レストハウス カフェ ペオニア(Cafe Paeonia)」(星なし)
横浜発 驢馬人の美食な日々-Paeonia
 「フラワーセンター大船植物園」の休憩所です。
 食べログにも記録されていないので記録しておきます。
 花の時期のフラワーセンターはとても綺麗です。
 
住所:鎌倉市岡本1018
電話:0467-46-5924
定休:月曜(祝日は翌日)/祝日の翌日(土日の場合は開園)/年末年始
営業:9時~17時(11月~2月は~16時)
 
 フラワーセンター内のレストハウスです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Paeonia01
 簡素な建物で、前面はすべてガラス扉。リノリウムの床に古い丸テーブル。
 入り口には自動販売機が並び、入ってすぐにはおかしやアイスの売り場。軒下にはテラス席もあります。
 軽食のスペースには券売機。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Paeonia02
一番奥で受け付けて番号札を渡されます。
 
11年4月20日の来訪。
 お弁当のようなものはないので軽く一人で食べていくことに。
 11時過ぎで先客4人。そばはすべて売り切れていました。
 
カツカレー 650円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Paeonia03
 昔懐かしいアルマイト(でしたっけ?)のお皿に。
 カレーは具を刻んだレトルトみたいな感じ。ややスパイシーか。
 フニャっとした感じのカツは揚げてだいぶ経っていることの証か。
 福神漬けは甘いもの。
 まあ、よくある観光地の売店のカツカレーです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「葉山ホテル音羽ノ森 潮幸」(☆☆)
http://www.otowanomori.jp/
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shiosai
 マイケル・ジャクソンも来たことがある小高い丘の上にある小さなホテル。
 青いパラソルのある気持ちよいテラスから葉山の美しい海を見ながらいただく朝食は最高!!
 ちょっと足を伸ばせば、こんなに素敵な朝食がとれることに感謝です♪
 
住所:横須賀市秋谷5596-1
電話:046-857-0108
定休:無休
営業:8時~10時/11時半~14時半/17時~21時
 
 音羽の森は御用邸から海岸線の道を南下してすぐくらいのところ、葉山の丘の斜面に建っています。入り口からは折り返すように登って行く道がありました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shiosai01
 急な坂を上るとレンガを積んで作られたようなアーチの通路に階段、建物が目に飛び込んできます。緑豊かで西洋的な佇まいです。
 入り口で車を停めると駐車スペースへはスタッフが運んでくださいます。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shiosai02
中に入ればホテルの小さめなロビー。海に臨み、明るく美しい。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shiosai03
 階段状になって景観の邪魔をしない構造のバー「ブルーラグーン」も向かって左に。左を向いてソファ飲む香に小さめの入り口。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shiosai04
 風よけのようなキャッシャーのスペースがあって、フロアへ入ります。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shiosai06
 薄暗い感じのフロアは外の明るさと好対照。節電もあるのでしょうが、晴れた海の明るさが天井から床まである窓からの景観とともに飛び込んでくるコントラストは素晴らしい。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shiosai05
 朝でもきちんと白いテーブルクロス。青いグラスにちょっとした花を生けたグラスが可愛らしい。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shiosai07
 テラス席は「テラスカフェ」と名前がついているみたい。青いパラソルでこれからの季節は気持ち良さそう。
 
11年4月13日朝の来訪。
 娘の登園時間が早くなり、この日は8時半過ぎに娘を家内と一緒に幼稚園へと送り届け、朝食を取るためにこちらへと鎌倉経由で向かいました。以前、まこりーのさんの記録を見て、一度は行きたいと思っていたのです。
 
朝食 2310円
 先に電話で二人と伝えてありましたので、注文なしにこれに。以前もテレビで見ていましたのでこの極上の内容にしては良いと思います。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shiosai08
 最初の飲み物はミルク、オレンジ、グレープフルーツ、トマトジュースからの選択。ぼくはミルク、家内はグレープフルーツを。細長いグラスで最初からお洒落。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shiosai10
 食事は長細い皿2枚に。
 手前右は季節野菜のポタージュ。この日は大根で、ポタージュにしては生クリームを使っていない感じでした。まさに出汁を一緒に混ぜ込んだペーストで、オリーブオイルを振りかけて柚子の皮を添えています。
 手前左は北海道産帆立貝のムースと温泉卵。
 奥の真ん中は各種の三浦・鎌倉野菜とあらびきのポークソーセージ。このポークソーセージはドストライクの美味さでした。
 奥の右には天使の海老とムール貝のマリネにベビーリーフのサラダ。これまた野菜の美味しさが際立ちます。
 奥の左はヨーグルトのようなフロマージュブランにイチゴやフランボワーズにオレンジやグレープフルーツ。イチゴのソースがかけられています。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shiosai09
 モーニングブレットはイングリッシュブレット、朝焼きクロワッサン、パン オ ショコラです。どれも美味しいもので平らげました。つけるのはバターに、自家製のコンフィチュールのイチゴとマーマーレード。

 食後の飲み物はコーヒー、紅茶、カフェオレからの選択。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shiosai11
 カフェオレをいただきました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Shiosai12
 家内は紅茶を。
 
 ところで、食事も終わる頃に緊急地震速報メールが入り、わずかに揺れました。
 3月11日は津波こそこなかったものの、30mくらいこの辺りも海の水が引いたのだとか。
 ホテルは海抜38mくらいらしいので、津波は大丈夫な位置です。

 ホテル自体もちょっとした気晴らしに泊りにくるのに良い立地。海関係のアクティビティなどが充実しているとうれしいのですけど…その辺りは調べていません。
 

葉山ホテル音羽の森 潮幸 フレンチ / 逗子)
昼総合点★★★★ 4.0

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
「新福菜館本店」(☆彡)
http://www.shinpuku.net/
横浜発 驢馬人の美食な日々-ShinpukusaikanHonten
 新横浜ラーメン博物館にも出店していた京都ラーメンの老舗。
 こここそが本店です。最近はフランチャイズもやっているのでしょうか。ラー博撤退後、センター北にもできたような気がします。

住所:京都市左京区東塩小路向畑569
電話:075-371-7648
定休:水曜不定休
営業:7時半~22時

 こちらも店構えは隣よりちょいと新しいかなという程度。
 赤いビニールのひさしです。横浜の新しいお店と比べると歴史を感じさせてくれますね。
 
05年9月13日の来訪。
 朝の2軒目はここ。「第一旭」 の後です。
 7時半開店ですのでシャッターしましたが、すでに中で5人ほど待っているという事実(笑)。
 とらじゃんで誰に聞いても本店詣ではしておいた方が良いとのことでのセレクトでした。
 テーブルに座って注文。
 
中華そば 600円
横浜発 驢馬人の美食な日々-ShinpukusaikanHonten01
 こちらも基本的な構成は「第一旭」 と同じなのでしょうが、スープで特徴的なのはその醤油の黒さ。飲むと塩辛くはないのですが、醤油の持つ苦味というか風味が感じられるはずです。チャーシューもすでにたっぷり入っています。こちらの方がビジュアルからして美味しそう。
 麺はやや太いストレート麺で、噛むとブツリと切れる食感。スープが黒いので黒くやや染まっています。特徴ある麺にスープが良く吸われていて独特の美味さがありますね。
 具にはやはり九条ネギと思われる青いネギの刻みが入っていますが、「第一旭」とは違ってその風味は驚くことにスープの醤油の香りで隠されてしまっています。チューシューは薄切りでぼそぼそ感こそないもののやはり旨味のかなりをスープにとられ、醤油ダレで味がつけられている感じが否めません。

 総評は☆彡(一つ星半)です。
 本店としてきちんと全国に出せる特徴あるラーメンを供するので高感度は高いですね。
 朝7時半からというのもうれしい。
 

新福菜館 本店ラーメン / 京都駅七条駅九条駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 紅葉にはちょっと遅い晩秋に京都旅行を考えています。
 宿は1泊ずつ2軒押さえてあるので、後は行く予定を立てるだけなのですが、どこで食べるかがまた一つ問題。夜は宿で和食でしょうから、子連れだし昼はさっぱりとすませたい。。。と、AKIKOさんの☆記載の記録を見直す。と、ここが載っているではありませんか。
 ここなら行ったがブログには記録していないのに気がつきました。
 もう6年前の記録ですが、書き残しておきます~。
 
「本家第一旭たかばし本店」
(☆)
http://www.honke-daiichiasahi.com/
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAI1ASAHI

 京都でも有名な老舗ラーメン店。
 関西中にチェーン店の同名店があり五条の辺りで見かけた気もしますが、チェーン店のほうは誰も評価していないし、別物らしい。事実上「第一旭」はここだけと考えて良いらしい、と5年前には書いています。
 よくも悪くも、これぞ京都ラーメンなのでしょう。

住所:京都市下京区高倉通り東塩小路向畑町845
電話:075-351-6321
定休:木曜
営業:5時半~深夜2時
 
 店構えは古いラーメン屋そのもの。黄色いビニールのひさしは年季が入っています。
 中に入ると古い定食屋のようで結構お客も入っています。
 テーブルに座ってを注文。
 
05年9月13日の訪問の記録。
 この日朝は泊っていたホテルから歩いてすぐにあるこの店から。
 7時15分に店に家内と二人で伺いました。朝5時半からですから脅威ですね。

ラーメン 600円
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAI1ASAHI01
 ラーメンは醤油色のやや澄んだスープにたっぷりの腿肉チャーシューと青い刻みネギといったビジュアル。
 スープは豚骨と野菜(玉葱?)ベースに思えます。チャーシューもこのスープで煮込んでいるのでしょう、おかげで味は良い。もっとも、化学調味料もだいぶ入っているみたいですね。食べた後に舌が痺れます。
 麺はストレートの麺で少し柔らかめなのですがもっちりした食感が良いと感じられます。スープがあっさり目なのでかん水の香りもけっこうしますね。もっとも、途中で伸びてきますから、少し残しました。
 具には九条ネギと思われる青い刻みネギ。これが香りよく麺とスープに合っていますね。チャーシューはスープにほとんど全部旨味をとられたぱさついた薄切り煮豚がたっぷり。1日煮豚1頭丸ごと使うとの話ですが、もう少し美味しい肉が出るとうれしいな。モヤシも入っていたと思いますが、印象にはなし。
 

本家 第一旭 たかばし本店ラーメン / 京都駅七条駅九条駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.0

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
「MOGMOG TERRACE(モグモグテラス)」(☆)
http://www.mog-mog.jp/index.html
横浜発 驢馬人の美食な日々-MOGMOG TERRACE
 旭川ターミナルホテルが経営しているお店。
 旭山動物園を上から一望する素晴らしい景色、清潔でお洒落な店内にディズニーランドに見るような形式で気軽に食事がとれます。旭山動物園で食事をするならここですね♪
 
住所:北海道旭川市東旭川町倉沼
電話:0166-36-7888
定休:無休
営業:10時半~17時半(冬期~15時半)
 
 東門の建物に入ってすぐ左にあります。
 板張りの扉に白い壁。向かって左にはテイクアウトコーナーもあります。
横浜発 驢馬人の美食な日々-MOGMOG TERRACE01
 中に入ればセルフサービスのカフェらしい作り。板張りの床に4人がけのテーブルが並びます。
横浜発 驢馬人の美食な日々-MOGMOG TERRACE02
 右は旭山動物園の方の景色が見える窓側席、左には自分で料理を選び、飲み物を入れて、最後にキャッシャーで清算する形式のスペース。
 
11年2月28日午後の来訪。
 バスの予定時間よりも早めに東門へつく。30分前に。写真を家族で撮ってもらい、上に。家内は相変わらずお土産の物色に。ぼくはお茶をすべくこちらへ。
 
ペンギンのたまご 250円
横浜発 驢馬人の美食な日々-MOGMOG TERRACE03
 旭山動物園オリジナルのスイーツ。
 娘がゴムを破ると中からチュルンと丸いものが。
 ななな、なんだっけこれは。伊達市で農薬を使わない放牧牛の牧場を経営する「牧家(ぼっか)」のプリンらしい。固めですが、濃厚でミルキー。
 カラメルソースがついていますのでかけていただく。
 
ジンジャーエール 250円
横浜発 驢馬人の美食な日々-MOGMOG TERRACE04
 飲み物は目一杯注いでみた。
 

モグモグテラス (洋食・欧風料理(その他) / 北日ノ出駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。