横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:
「段葛 こ寿々」@鎌倉(☆☆)

横浜発 驢馬人の美食な日々-DankazuraKosuzu

 

 鶴岡八幡宮へと続く段葛に面した昭和の風情を残す日本家屋で手打ち蕎麦をいただく。

 その蕎麦よりも極上のわらび餅の方が有名なお店です。

 行列ができるのも納得の蕎麦とわらび餅をぜひ♪ 
 
住所:鎌倉市小町2-13-4
電話:0467-25-6210
定休:月曜(祝日は翌日)
営業:11時半~18時半
 
 若宮大路に面した2階建ての日本家屋です。壁は芥子色の塗り壁。目の前にはしだれ柳の木。
 右側には懐かしい感じで玉砂利の入り口と白い提灯。こちらからも入れますが、段葛に面している芥子色の暖簾が掛かった入り口から入りました。
 中も古い日本家屋らしいつくり。
 壁の下の方は竹を並べ上は真っ茶色の和の塗り壁です。床は石タイル貼り。
横浜発 驢馬人の美食な日々-DankazuraKosuzu01

 13時前でちょうど座れるくらいの混み具合。通路のような場所にある木のテーブル席に座りました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-DankazuraKosuzu02

 通路の反対側の壁にはなぜか昔の金庫がディスプレイ。
 飲み物はそば茶で。
 

10年10月27日昼の来訪。

 この日は朝から横浜市の仕事。
 帰ってきて職場に寄り、その後は家内のお願いでヒヤシンスの球根を2個買いに行った。
 娘を家内と迎えに行き、昼食は蕎麦を希望の娘を連れて向かったのはこちら。
 
ざるそば 840円
横浜発 驢馬人の美食な日々-DankazuraKosuzu04

 黒い盆にそばの乗るざるとそばつゆと薬味。
 蕎麦はポキポキ音が鳴りそうな良い食感の手打ち蕎麦。北海道の玄そばを自家製粉し、毎日手打ちで打たれるそうです。少しだけ太めに感じるのはぼくだけ? エッジも立っていて蕎麦の香りもよく、これは美味しいなぁ。蕎麦も美味しいけど、海苔の香りがとても良い感じもしました。次はもりそばにしてみようかな。
 そばつゆも辛目で好みのものです。
 薬味はおろしたての上質のワサビと刻んだ白いネギ。蕎麦が美味しいので使い忘れました。ワサビだけ後で食べてみました(笑)。
横浜発 驢馬人の美食な日々-DankazuraKosuzu07

 蕎麦湯はさらりとしてお湯のような感じのものです。
 
こ寿々そば 1050円
横浜発 驢馬人の美食な日々-DankazuraKosuzu05

 家内の注文はこれ。和の平たい皿の上に蕎麦を盛ってあります。
 これに大葉と大根おろしに柚子、刻み海苔、刻んだ三つ葉、天かすが乗っています。
 
そばとろ 945円
横浜発 驢馬人の美食な日々-DankazuraKosuzu03

 娘の定番はとろろそば。とろろは最初からとろろとそばつゆが混ぜられて出てきているようです。

 
鴨焼き 1260円
横浜発 驢馬人の美食な日々-DankazuraKosuzu06

 蕎麦よりも時間がかかると言われた割りに蕎麦が運ばれた直後に来ました。
 ほどよくジューシーで鴨の血のにおいをやや感じるくらいの焼き方。娘が鴨の脂身の美味さに目覚めたようです(笑)
 美味しいのはトロリとした白いネギと味の染みたシイタケ、これはびっくりの美味しさです。それに獅子唐。レモンを搾って食べるのも好みかも。
 
わらび餅 525円
横浜発 驢馬人の美食な日々-DankazuraKosuzu08

 これこれ、閉店してしまった「金為」で美味しさに惚れたわらび餅。たっぷりと水分を含んだぷるんとしているわらび餅にきなこと濃厚な黒蜜。実に美味しい。でも家族にひと皿で十分でした。
 
 特にトイレは厠的で扉には横にスライドさせる昔ながらの作りの鍵。手洗いは捻る蛇口の昔のもので、先端にプニプニしたスポンジがついています。それなのに便器は最新で自動で蓋が閉まり、立ち上がるだけで水が流れます。

 

14年5月28日昼の来訪。

KosuzuDankazura

 横浜ウォーカーで見た新店に行きたかったが、家内の希望はこちら。
 12時過ぎでかなり並んでいましたが、ちょうど最初のお客がゾロゾロと出て行くタイミングで、ほとんど待つことなく入れました。
 
KosuzuDankazura03

 以前とは違って、通りに向かって左に「わらびもち」と書かれた販売スペースが出来ていました。真新しく見えますが、そのうち年月とともにしっくりなじんでくるのでしょうか。
 
胡麻だれうどん 972円

KosuzuDankazura02
 うどんはやや細めでいながら、固めでブリブリと不揃いな食感が美味しいもの。
 つけダレは醤油ベースの胡麻だれ。
 焼身は刻んだ白いネギ。

だし巻き 648円
KosuzuDankazura01

 優しいだし巻き。醤油をかけた大根おろしを乗せてちょうど美味しい。

 

段葛 こ寿々 そば(蕎麦) / 鎌倉駅
昼総合点★★★★ 4.0

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昔の記録の掘り起こしをしてみました。

 鎌倉も新店が多くて、なかなか昔の店には足が向かないのですが、目の前はよく通るのです。

 

「鎌倉赤坂飯店」(☆)
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kamakuraakasakahanten

 鎌倉で昔から人気の中華料理とラーメンのお店。

 1杯に手間をかけて仕上げる寡黙な職人の店です。
 
住所:鎌倉市小町2-11-12
電話:非公開
定休:火曜
営業:12時~15時

 鎌倉駅東口から小町通りを鶴岡八幡方向に歩き二本目の十字路を右折、若宮大路とのちょうど中間ぐらいにあります。カウンターとテーブルだけの小さな中華料理屋さんといったほうが正しいのでしょうね。
 中はシーーンとしています。私語厳禁のようで、ちょっと異様な雰囲気でした。同行した親父の話しによると、20年前に来た時からご主人は変わらず、雰囲気もこうだったとか。
 ヌードルスさんのアドバイスに従い、注文を聞かれるまで新聞などを見ながら待つこと5分強。9番の骨付き豚肉入りラーメンと23番の餃子、25番の細切り豚肉炒め焼きそばを注文。他の方も番号で注文するのですが、不思議と餃子だけはみんな番号で言わないんですね。
 厨房を見ているともの凄い火力に大きな柄のない中華なべを布巾で持って調理しているのが見えます。凄い! 火をうまく調理に使っている感じです。そして、親父さんはきちんと1杯ごとに味を確かめていました。メニューが多く、1杯1杯きちんと手間をかけて作っているのでお客の回転は悪いのですが、仕事人を見ることのできる中華屋さんですね。
 
02年11月下旬の来訪。

 ヌードルスさんからお教えいただいたのに、実に食べに行くまで6ヶ月もたってしまいました。
 平日の昼しかやってないとなると、なかなかいけない。とくに鎌倉は交通の便が悪くなかなか足が向きませんでした。
 お昼13時で丁度満席。外で少し待って中へ。

 
骨付き豚肉入りラーメン 1000円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kamakuraakasakahanten03

 パーコーメンには油で揚げた大きな骨付き豚肉が。鶏がらのラーメンの良い香りとパーコーを揚げた胡麻油の香りがします。
 見た目は昔ながらの中華屋さんのラーメンの色のスープに外観。ただし、麺だけは中華独特のゆるい麺ではなく、きちんとプリプリした食感のやや縮れ麺でした。
 スープは熱く、鶏がらの良い味のスープ。そこに程よい麺が加わり、美味しいラーメンです。昔から評判が良いのもうなづけます。
 パーコーは昨今のラーメン屋さんのような特別な味付けではなく、はたまた中華によくあるカレーの風味もしないそのものずばり勝負のパーコーで美味しいです。
 
餃子 500円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kamakuraakasakahanten02

 餃子は厚い皮でニンニクのきいた良品。

細切り豚肉炒め焼きそば 850円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kamakuraakasakahanten01

 もやしと豚肉中心でキクラゲがちょっと入る焼きそばもカリッとした麺が混じり良かったですね。
 
 総評は☆(一つ星)で、鎌倉に遊びにいった際には是非是非お勧めです。値段設定が高めなのが気になりますが。安いのがよければ、大船の「石狩亭」(☆)も再開しているはずですからそちらでもいいかも。ぼくの評価の度合いは同じくらいです。

 

鎌倉赤坂飯店 ラーメン / 鎌倉駅和田塚駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「アンリ・ルル-」 の記録を追加しました。今回は持って帰ったものです。

 

「アンリ・ルルー 東京ミッドタウン店」(☆☆彡)
http://www.henri-leroux.com/
横浜発 驢馬人の美食な日々-henri-leroux
 キャラメリエにしてショコラティエ。

 超上質の激旨キャラメルが食べられる上に、カフェスペースで食べるパフェも絶品。

 六本木の街にまた一軒素晴らしい店ができたのだなぁとうらやましく思いました。
 
住所:港区赤坂9-7-1東京ミッドタウンガレリアB1F
電話:03-3479-9291
定休:無休
営業:11時~21時
 
 後日食べたお持ち帰りの方の記録も追加。
 
C.B.S.(セー・ベー・エス) 157円
横浜発 驢馬人の美食な日々-henri-leroux05
 アンリ・ルルーを代表するキャラメル。
 塩味のある甘みほどよいキャラメルで、刻んだアーモンド、クルミ、ヘーゼルナッツのザクザクした食感とねっちり溶けるキャラメルの食感が良い感じ。個人的にはざらつきのないタタンの方が美味しかったかも。
 
アソルティモン・ドゥ・キャラメル 2467円
横浜発 驢馬人の美食な日々-henri-leroux06

 C.B.S、ショコラ、タタン角3個、フランボワーズ、ショコラ・オランジュ各2個のセットで箱入りです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-henri-leroux07

 家内はタタンをそれほど気にいらなかったようです。

キャラメル・ロリポップ C.B.S. 367円
横浜発 驢馬人の美食な日々-henri-leroux08

 スペシャリテのロリポップ、ハロウィンバージョンです。娘のために買ってみました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「天河水 ~潮風~」(☆)
横浜発 驢馬人の美食な日々-TengasuiShiokaze
 二毛作ラーメン店の天河水が支店を家の近くに出したというので喜んで伺う。
 流行の太麺に濃厚豚骨、そして海老というインスパイアを常に続けるこのお店ならではのラインナップに笑みがこぼれます。

  
住所:横浜市栄区長沼町194
電話:045-862-9576
定休:無休
営業:11時~23時(材料切れ終了)
 
 大きな看板で横に広いお店。目の前は駐車場ですが、道の交通量が多いので停めにくいか。
中はゆったりした構造。厨房は隠され、カウンターが横に広がっています。手前にテーブルを置けばおけるだけのスペースはありますがあえて置いていない。向かって左側にテーブル席があります。
 入り口入って左の券売機で食券を購入。すぐの場所の店員さんに渡して好きな席に着きます。

 

10年10月15日夜の来訪。

 この日娘が風邪と診断された。仕事が終わって電話すると娘は寝てしまっているし、家内は適当にするとのこと。一人でラーメンを食べることに。
 
濃厚えびつけめん 850円 + 味玉 100円
横浜発 驢馬人の美食な日々-TengasuiShiokaze01

 シンプルな麺の大皿とつけだれのどんぶりの構成。
 エビの味はエビ油のでしょうが、臭みに感じるぎりぎり手前でこれでもかとエビの風味と旨味が詰め込まれているのには脱帽。ベースのつけだれは豚骨魚介で魚粉もたっぷり入っています。
 上の具は刻んだ水菜とネギ、海苔、どっかりと厚切りのチャーシューは柔らかく食べやすい。
 一方の麺は太い麺でどちらかというと昨今では凡庸。
 合わせて食べると意外にエビは影を潜め、豚骨魚介の味が勝っています。相対的にはだんだんとそれほど美味しくは感じなくなっていきますね。
 味玉は中の黄身が生の仕上がり。

 
辛玉 100円
横浜発 驢馬人の美食な日々-TengasuiShiokaze03

 辛味あるスパイスや具材を固めたものです。おからがベースな感じ。なんなんだかよくわかりませんが、あえて頼むほど魅力的な味ではないか。辛さを増すほど価格も上がってしまいますし。混ぜることでスープの味は変わりますが、もっと劇的にやって欲しいなぁ。
 
餃子 350円
横浜発 驢馬人の美食な日々-TengasuiShiokaze02

 餃子はぷっくりと良い形。中には豚肉と白菜。レアな印象の豚肉でジューシーなのはさすが。
 
 大船に「日の出らーめん」「三ツ矢製麺所食堂」 がある以上、ここが成功するかどうかやや微妙かも。立地が悪いですからね~。

 

天河水-潮風- ラーメン / 本郷台駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.0

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 ハロウィンの季節です。日本全国ハロウィン、ハロウィン…本当にミーハーな国だなぁ(笑)

横浜発 驢馬人の美食な日々-bills akarenga17

 まあ、この時期イベントがないのでぼくも楽しんでいます。

 そんなハロウィン一色の中、「ビルズ 赤レンガ」 に久しぶりに行ってきました。

 

「bills(ビルズ) 横浜赤レンガ倉庫」(☆☆彡)
http://bills-jp.net/
横浜発 驢馬人の美食な日々-bills akarenga

 世界一の朝食のビル・グレンジャー氏の店が七里ヶ浜に続いて美しい横浜の港が見える赤レンガ倉庫に。
 10年3月27日オープン。

 朝食だけではありません。昼を食べてみて、あらためてその真価を実感しました。

 シンプルなのに心に残る美味しさが料理にあり、スタッフの客への対応もとても気持ちよいのです。
 
住所:横浜市中区新港1-1-2横浜赤レンガ倉庫2号館1F
電話:045-650-1266
定休:不定休
営業:9時~23時(22時LO)
 

10年10月24日朝に再訪。

 10時20分で11時の予約でした。
 11時に赤レンガ倉庫があき、中の入口から受付です。すでに行列がついていましたが、名前が呼ばれてすぐに入れました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-bills akarenga10

 今回は向かって左の方のベンチシートのあるテーブル席に。
 
オレンジ、バナナ、ヨーグルト、ベリーのサンライズドリンク Sunrise drink of orange juice, banana, yoghurt and berries 700円
横浜発 驢馬人の美食な日々-bills akarenga11
 娘らはこれを。以前も七里ヶ浜で注文しました。
 妹が好きそうな味だと姪が言う。そういえば、グァバジュースなんかが好きだっけ。
 
自家製ジンジャービール Homemade ginger beer 700円
横浜発 驢馬人の美食な日々-bills akarenga12

 白く半透明な飲み物。レモンスライス入り。
 飲むと、本当に生姜ッ!!という感じの味。トニックゥオーターがメインなのだろうか、摺り下ろしたのか生姜の繊維が底に沈んでいました。甘さはほとんどなく、アルコール的な風味がほのかにします。
 
本日のスープ Soup of the day 1000円
横浜発 驢馬人の美食な日々-bills akarenga13

 チョリソーのスープです。チョリソは香りの強い熟成された肉。白インゲン豆に玉葱がたっぷり。トマトの酸味と野菜の旨味がたっぷりで、見た目ほど辛くありません。娘も美味しい!と飲み干していました。
 香りの強いパンがついています。
 
パルメザンチキンシュニッツェル w/ガーリックマッシュポテト Parmesan chicken schnitzel with garlic mashed potatoes 1500円
横浜発 驢馬人の美食な日々-bills akarenga14

 鶏ササミと思われる脂身がない柔らかな鶏肉のカツレツです。ビル・グレンジャーのレシピだと上品な仕上がりですね~。パルメザンチーズを用いて衣を作っているのでしょうか。旨味も濃く、サックリ美味しい衣でした。
 ローストしたレモンが添えられています。この方がレモン汁がいっぱい出るのでしょうか?たっぷり出ました。
 一方のガーリックマッシュポテトはガーリックがよくわからず。マッシュポテトだけに感じたから不思議。
 

チェリートマト、リコッタ、ほうれん草のスパゲッティ w/ペコリーノロマーノ Spaghetti with cherry tomatoes, ricotta,spinach and pecorino 1300円
横浜発 驢馬人の美食な日々-bills akarenga15

 簡単レシピに載っていました。チェリートマトやニンニク、赤玉葱、オレガノをオーブンでしんなりするまで火を通し、ほうれん草にリコッタチーズ半量とともにスパゲッティにあえて、残りのリコッタチーズを散らして、胡椒とペコリーノロマーノを削りかけたスパゲッティーです。
 味もチェリートマトの酸味と旨味がリコッタチーズに重なりほどよく美味しい。
 
リコッタチーズパンケーキ w/ フレッシュバナナ、ハニーコームバター Ricotta hotcakes, fresh nbanana and honeycomb butter 1400円
横浜発 驢馬人の美食な日々-bills akarenga16

 これは前にも頼んだことがあります。娘たちに1枚ずつ食べさせる。気に入ったようです♪

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。