横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:

「カナール 本店」(☆彡)
横浜発 驢馬人の美食な日々-CanardHonten
 戸塚にあって昔から地元に愛されているケーキ屋さん。
 再開発前 は商店街の中にあり、彩り豊かでさまざまなシーンに持っていけるケーキのテイクアウト、そしてお茶をする時はゆったりと楽しめるイートインのスペースを持った充実の一軒でしたが、現在はトツカーナ の地下1階に本店があります。
 
住所:横浜市戸塚区戸塚町16-1トツカーナB1F
電話:045-881-3568
定休:無休
営業:10時~20時
 
 地下1階の一角です。一角と言っても販売スペースにカフェスペースで十分大きなお店2つ分はつかっています。
横浜発 驢馬人の美食な日々-CanardHonten01

 カフェはそのための独立スペースで、落ち着いた照明のベンチシートを配した空間になっています。

横浜発 驢馬人の美食な日々-CanardHonten02

 壁には小さな絵が並び、ちょっとした美術館の雰囲気。

 

10年9月15日昼の来訪。

 再開発に伴って西口の商店街からなくなり、気がついたら東口にビルをが建っていました。

 西口のどこかに入ったものだと思っていたのですが、確認のためそのビルに行ってみました。
 そうすると、東口は持ち帰り専門だとのこと。
 トツカーナの方にはカフェがあると聞いて移動です。
 
ナポレオン 380円
横浜発 驢馬人の美食な日々-CanardHonten03

 カスタードクリームをパイ生地で挟んで生クリームと苺をのせたケーキ。
 生クリームもカスタードも結構しっかり目でやや重たい。小ぶり苺は酸味も濃いしっかり目の食感で美味しい。サクサクのはずのパイ生地も水分を吸ったのかややしんなり。ざっくりとナイフが入りません。このあたり、作り置きの限界でしょうか。
 
カナールオリジナル 570円
横浜発 驢馬人の美食な日々-CanardHonten04

 アッサムとベルガモットをほどよくブレンドしたアイスティー。
 なるほどあっさりして飲みやすく、香りよい。

 

カナール ケーキ / 戸塚駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「埜庵」 の記録を追加します♪

  

「埜庵(のあん)」(☆☆彡)
http://kohori-noan.com/
Noan

 湘南でも有名なカキ氷屋さん。
 ふわふわの天然氷に天然素材のソースをかけるこだわりのカキ氷は必食。

 駅間近ですので電車でぜひ♪
 
住所:藤沢市鵠沼海岸3-5-11
電話:0466-33-2500
定休:月曜
営業:11時~18時
 

10年9月5日の来訪。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Noan21
 11時半過ぎに目の前に到着すると、大行列!!
 夏に来てなかったのでは?と言われたが、確かにその通りかも。
 45分待ちと言われるも30分くらいで座れました。
 
いちごみるく 800円 + おかわり練乳 100円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Noan22

 やはりなんだかんだ言ってもこれが一番美味しく感じます。
 おかわり練乳を初めて頼みましたが、たっぷり入っています。みんなで分けることもできますね。
 
 900円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Noan20

 家内はこれ。さっぱりした梨のソースに甘さが足りないときの糖蜜。氷にはミルクではなく最初から糖蜜がかけられていました。

 やっぱりここのかき氷は絶品です。
 ぶどう目的で行ったのですが、8日から提供の予定になってしまっていました。後からサイトで確認したらさらに遅くする旨書かれています。手間がかかるので、残暑厳しく行列が減らないこの時期の投入は行列を長くするだけなのでやめたのだとか。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「シャンハイモダン 大船店」 を再訪しましたので記録を。

 昔のお店は食べログにあまり記録していないのがよくわかるなぁ。

 

「上海摩登家菜(シャンハイモダン) 大船店」(☆)
ShanhaiModern
 

 大船にあった創作系の中華料理を出す中華居酒屋さん。

 料理はリーズナブルで面白いので、大船では選択肢の一つになると思います。
 
住所:鎌倉市大船1-6-5第45東京ビルB1F
電話:0467-47-8118
定休:年中無休
営業:11時半~23時半(金土~深夜0時半・日曜~23時)
 

10年8月26日夜に再訪しました。

 逗子海岸花火大会の帰りです。
 大船で降りてこの店で軽く夕食を取って帰ることに。
 娘は海岸からの帰り道で抱っこしてから爆睡したままです。
 
ジンジャーエール 280円
コーラ 280円
横浜発 驢馬人の美食な日々-ShanhaiModern05
 小瓶での提供は珍しいか。ジンジャーエールはサントリーですね。
 
とろとろ牛筋の麻辣醤和え 880円
横浜発 驢馬人の美食な日々-ShanhaiModern06

 酸味と辛味のある牛筋煮込み。意外にキュウリがたっぷりで肉が少ない。
 キュウリはさっぱりして良いけど、牛筋煮込みと思って頼むと肩すかしを食らった気がします。
 
エビイカぷりぷり海鮮の長い春巻き 330円
横浜発 驢馬人の美食な日々-ShanhaiModern07

 家内の注文はこれだけ。サクサクの春巻きの中にすりつぶしたエビなどが入っています。
 
揚げナスとたっぷり野菜のみぞれ涼麺 880円
横浜発 驢馬人の美食な日々-ShanhaiModern08

 見るとサラダにしか見えません。たっぷりのレタス、キュウリに水菜。揚げナスに大根おろしが乗っています。麺は普通のストレート麺。さっぱり目のタレがかかっていてなかなか美味い。
 
 帰りは車の停めてある職場までタクシーで。この笠間口タクシー乗り場(嘘)は便利です(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「広東名菜 生香園 本館」(☆)
http://www.shu-tomiteru.jp/
横浜発 驢馬人の美食な日々-SeikouenHonten
 広東の料理人周富輝氏の店。

 関内の馬車道でテレビ出演前から人気を博するこの店は実力も十分。

 頼んだメニューが悪かったのか、富輝氏が「新館」 にいるからなのか、こちらは印象として普通でした。

 
住所:横浜市中区相生町5-80
電話:045-651-5152
定休:無休
営業:11時半~21時半(日祝日~20時半)
 
 馬車道に面したお店。中華街のようにごてごてと装飾したりせず、黒字に金文字の看板に表されるように、すっきりと上品な店構えです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-SeikouenHonten01

 中は間接照明の綺麗な空間。中央にビルの柱があり、赤字に金文字の飾り。壁は写真で一杯です。
 入り口入ってすぐには水槽がありましたが、魚や海老の姿はなし。娘がのぞき込んでなぜいないのか聞いてきました。
 向かって右側手前にボックス的なソファシートのテーブル席があります。そちらでいただきました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-SeikouenHonten02

 お茶は美しい急須で出されるウーロン茶。

 

10年8月29日昼の来訪。
 昼は「ビスビバ」に行ったが、ホットドッグは残念ながらないということ。
 娘と家内の昼食はケーキというのもなんなので、仕方なく近くで店を探す。
 「新館」 には行きましたが、本館はそういえば入ったことがありませんでした。

 
とうもろこしのスープ 粟米湯 小盆 1100円
横浜発 驢馬人の美食な日々-SeikouenHonten03

 娘のためにぼくが子供のころ大好物だったスープを。
 小盆でも3人がおかわりできるほどたっぷりです。
 とろみのある溶き卵たっぷりのコーンスープは普通に美味しい。
 
海鮮やきそば 海鮮炒麵 1310円
横浜発 驢馬人の美食な日々-SeikouenHonten04

 五目の醤油あんかけには海老やイカ。
 焼きそばは極細で焼きの入った固めのもの。堅焼きではないところがみそか。
 
骨付肉のかけ御飯 排骨○飯 1100円
横浜発 驢馬人の美食な日々-SeikouenHonten05

 これも五目醤油あんかけ的。海老やイカの代わりにパイコーが入っています。カレーの風味の豚肉で、骨付き。味がかぶるのでかなり残念~。
 
ニラと肉とエビ入り焼き餃子 韮菜餅 630円
横浜発 驢馬人の美食な日々-SeikouenHonten06

 豚肉と韮とエビの入った焼き餃子。普通に美味しい。新館よりも色合いは普通ですね。
 
 何とも普通な中華料理屋さんでした。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「ココス島」

http://www.cocos-island.jp/main/
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland
10年8月9日の記録。

 前日に楽天のデスクで申し込みました。

 

ココス&イルカウォッチング(午前・半日コース)

 大人85ドル、子供52ドルです。
 内容は以下の通り。
 
ホテル発(混乗バス約30分)~アガットマリーナ港発~イルカウォッチング(クルージング約1時間)~ココス到着~(ブリーフィング約5分)~自由行動~(ランチ)~自由行動~ココス島発12:45~メリッゾ発~バス混乗~各ホテル帰着予定時間14:00
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland01

 7時にハイアットお迎えでバスが来たのは7時10分過ぎ。観光バスです。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland02

 6時45分過ぎですから30分くらいでアガットマリーナ到着。
 ここで双胴船のボートに乗ります。出向は7時55分。
 イルカを探しながら一路遙か遠くに見えるココス島へ。
 2日前に日本で調べたときは雨の予報でしたが、とても良い天気。紺碧の海も綺麗です。
 しかし、イルカはいない…そろそろココス島だというとき、ほぼ諦めていたのですがようやく野生のイルカを発見!!
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland03

 7頭くらいの群れで、空気を吸いに上がってきては少し泳ぎいなくなってしまいます。
 なんと1回は1匹がジャンプしてきりもみしていました。野生でもするのですね。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland04
 9時にメリッゾの港に到着。約15人ほどここで乗ってきました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland05

 9時25分に対岸にあるココス島に到着です♪

横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland11

 長い桟橋が突き出ています。それというのも、遠浅のビーチだからみたい。
 そこから島に上陸。 椰子の木を生やした「COCOS ISLAND RESORT」の入り口。
 その奥の建物はセンターハウスです。ここでまずブリーフィング。
 ココス島では現金を使うところが限られています。2カ所のみでほとんどこの場所にあるクーポン券売り場でのみやりとりします。9時15分~16時15分までこの窓口は開いています。
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland06

 紙に買いたいものをチェックし、会計して、カードなどを受け取ります。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland16

 裏手には休息所。クーラーがそこそこに効いている部屋です。
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland17

 ビーチグッズなどもここの奥にあるショップで売っていました。後はアイス屋さんが入っています。

 
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland07

 ロッカーもレンタルです。一つだけ借りて、センターハウスの裏手にあるロッカーの建物へ。
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland08

 ここは良くクーラーが効いていますね~。
 トイレとシャワールームにロッカーがあり、1日使えるので便利です。

横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland09

 南京錠で、鍵はもって歩きます。
 

横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland10

 センターハウスの横にはバレーボールのコートや大きな鳥小屋などがありました。

 
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland13

 まずは9時50分桟橋集合で10時からのパラセーリング。
 二人乗り100ドル、一人乗り60ドル。
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland12

 桟橋で道具を装着し、ボートに乗り込む。ライフジャケットがあるのでそれをも装着。
 後ろの方にパラセーリングのパラシュートが。そこに金属製のフックを引っかけ、あっという間に飛ばされます。気球と同じで浮いているのがわからないほどに滑らか。
 最初は海面すれすれで一度足がつくほどに落とされます(笑)
 その後は遙か上空に。怖さはまったくありません。ひたすら気持ちよい。
 ココス島周辺が見えますが、遠浅の海のへりっこにあるのですね。
 まずは家内と娘の2人乗りからやっていただき、その後はサービスでぼくと娘で飛びました。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland18

 10時50分センターハウス横の小屋に集合で11時からのサンドバギー。
 二人乗り40ドル、一人乗り25ドル。
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland19

 バギーは正直かなりのオンボロ。フレームに手動の原動機を回す。スタートするときに油を噴いてはじめる。ハンドルはガタガタで斜めを保たないとまっすぐ走りません。
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland20

 娘を乗せて林の中を走る。先導してくれるので間違いありません。
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland21

 おそらく島の先端の外洋が見えるところまで行くところで小休止。
 そこに穴が空いているのですが、ここを掘ると星の砂が取れます。お土産にいただく。
 そこから戻るとき、ぼくの使っていたバギーのエンジンがかからなくなりました。ガス欠?
 と言うことで、スタッフのバギーにぼくと娘は移り、彼はぼくの車の後ろのフレームに立って乗ることに。
 くるりと回って元来た道に戻り、帰りました。
 その後ジェットスキーも勧められましたけど、時間がありません。

 
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland15

 サンドバギーが終わり、急いでビーチへ。
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland22

 一人ひと品、パラソル・チェア・ビーチマットを借りれるので、パラソルにチェア2脚を選択。
 ビーチは綺麗。非常に浅いので、遊泳可能エリア端まで行っても腰くらいまでしかありません。他の子供が浮き輪を流されていたので、結構流れはあるようです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland23

 娘と一緒にいたので途中倒れて手をつきましたが、ファーストタッチは砂ではなくナマコでした。それほどいるのかと言えばそうでもないのになぜ!?
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland14

 11時50分にはあがり、ロッカーで着替えて急いで昼食へ。
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland24
 昼食は「COCO TERRACE」というレストランで。受付の女の人に食券を提示し、ブッフェの部屋で取って、オープンエアの気持ちよい席に着きます。
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland25

 内容はケチャップライス、白いライスにカレー、骨付きの鶏肉、焼きそばなど。
 次の台にはサラダ。フィデナニソースでいただく。チャモロ料理で使われるタマネギとニンニクとホットペッパーの入ったピリ辛のしょうゆタレだそうです。
 最後にそうめんが。このつゆが驚くほど甘い(笑)。
 飲み物はアイスティーと水。
 
 帰りは12時30分集合。
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland26

 先ほどより大型の双胴船でメリッゾへ。
横浜発 驢馬人の美食な日々-CocosIsland27

 バスに乗ってハイアットに帰り着いたのは13時半くらいでした。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。