横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:


横浜発 驢馬人の美食な日々-VAN DENDER

 今年のバレンタインデーを家内にせがみ、2月14日の横浜そごう来訪はチョコレートを買うためでした。
 そごう8階にバレンタイン用の特設ブースが登場していました。
 そのラインナップは充実の一言。「ピエール・エルメ」「ピエール・マルコリーニ」「サダハル・アオキ」「ミッシェル・ショーダン」「テオブロマ」辻口シェフ のお店などなど。後足りないのは「トシ・ヨロイヅカ」 くらいではないかと。試食もやっているので大変美味しくいただく(笑)。
 
「VAN DENDER」
http://www.vandender.eu/
 その中で買ったのは日本に支店のないこのお店のチョコレート。ベルギーの王室御用達のお店です。
横浜発 驢馬人の美食な日々-VAN DENDER01

 ベルギーのブリッセルにあり、クープドモンド等の数々の賞に輝く人気のショコラティエ。エルマン・ヴァンデンダー氏は1989年に家業を引き継ぎ、2003年のベルギー王室の皇太子の結婚式でお菓子の制作と氷彫刻を担当して高い評価受けた人物。2008年にベルギーの王室ご用達の称号を取得したそうです。
 
5個入り 1575円

横浜発 驢馬人の美食な日々-VAN DENDER02

 箱は黒にピンクの文字とリボン。
横浜発 驢馬人の美食な日々-VAN DENDER03

 中央に赤いハートのチョコを入れたトリュフの組み合わせ。
Coeur Framboise
フランボワーズの香り豊かなガナッシュをホワイトチョコレートでコーティング。
Amaretto
 ダークチョコの中にアマレットで香り付けしたガナッシュ。
Albert
 ダークチョコの中に洋梨のリキュールとカラメル風味のガナッシュ。
cafe
 ミルクチョコの中にコーヒー風味のガナッシュ。
Champagne
 シャンパーニュの香りのするガナッシュをミルクチョコレートの中に。
 
 はっきりした味わいの明瞭なチョコレートという印象。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

「京鼎樓(ジンディンロウ)」(☆)
http://jin-din-rou.net/
横浜発 驢馬人の美食な日々-JinDinRou
 横浜にももう1軒、小籠包で名を馳せる香港のお店の支店がありました。

 そごう10階のダイニングパークの奥、横浜駅の見える側です。

 むっちりした皮に鶏のスープと豚肉の汁がタプンと詰まり舌鼓を打てます♪
 
住所:横浜市西区高島2-18-1横浜そごう10F
電話:045-444-3933
定休:不定休(横浜そごうに準ずる)
営業:11時~23時
 
 そごう10階のグルメゾーンの奥、駅の見える側にあります。
 設えは上質。右にせいろを蒸し、小籠包を包む厨房が見え、中央に入り口。左はショーウィンドウの横の空間が実はダイニングと開放されてつながっていますが、待つための椅子やしきりがあります。
横浜発 驢馬人の美食な日々-JinDinRou03

 中も明るくきれいな空間。窓側にはテーブル席がベンチシートでずらりと並んでいます。

 

10年2月14日の来訪。

 ついたときには娘は寝てしまいました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-JinDinRou01

 13時半で6人待ちくらい。待っている間に烏龍茶を紙カップで出してくださいました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-JinDinRou02

 奥左側のテーブル席にベビーカーを入れて座らせていただきました。

 
横浜発 驢馬人の美食な日々-JinDinRou04

 出るのは烏龍茶です。 
 
小籠包 6ヶ入  790円
横浜発 驢馬人の美食な日々-JinDinRou06

 蒸篭で出される小籠包。「鼎泰豊」と同じような敷物がしてありますが、意外にくっついています。
 小籠包はむっちりした皮にたっぷりのおつゆ。下半分にはタプンタプンとしたおつゆと具が透けて見えます。食べると、溶け出た豚肉の肉汁と仕込まれた鶏がらスープらしき秘伝スープが流れ出ます。
 2つ目からは刻み生姜や醤油とともにいただく。
 
エビのチリソース 干焼蝦仁 1~2人前 950円
横浜発 驢馬人の美食な日々-JinDinRou05

 エビチリは甘めでケチャップを使ったらしきもの。刻みネギと生姜の味わいは普通…。サクサクに揚げたワンタンの皮を周辺においていますので一緒に食べると美味しい。
 
菜の花と干し海老の煮込みそば 1000円
横浜発 驢馬人の美食な日々-JinDinRou07

 拉麺です。刻んだキャベツと菜の花、干し蝦と一緒に鶏がらスープで煮込んだよう。白濁したスープが一緒に。麺に腰はまったくありません。柔らかそばです。煮込みそばにしなければ良かったかな…。

 
鶏肉の薬味ソース掛け 油淋鶏 950円
横浜発 驢馬人の美食な日々-JinDinRou08

 皮をパリパリに揚げた鶏肉。肉質の問題か揚げ方の問題、ソースの味付け、3拍子揃っていません。
 添えてあるレタスはシャクシャクと美味しかったです。
 
マンゴプリン 芒果布丁 490円
横浜発 驢馬人の美食な日々-JinDinRou09

 あえて完熟マンゴーを使わずに作ったというマンゴープリン。生クリームを使ったマンゴームースですね。甘みのある完熟マンゴーがやはり好きです。
 
 表にいるサービスの男性は良かったのですが、中の給仕のお姉さんは全然席を見ていない経験の浅いバイトさんのようです。
 「鼎泰豊」 の方が個人的には好きです。

 

恵比寿 京鼎樓 そごう横浜店 (台湾料理 / 横浜、新高島、神奈川)
★★★☆☆ 3.0

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「Fumis Kahuku Shrimp (フミズ・カフク・シュリンプ)」(☆)
http://www.fumiskahukushrimp.com/
横浜発 驢馬人の美食な日々-FumisKahukuShrimp

 カフクで有名なガーリックシュリンプ。
 こちらはガイドブック的に有名ではありませんが、有名なマッキーズよりも味は上と言う話。

 ガンガンに効いたガーリックに濃厚なバターでプリプリの殻付き海老をむさぼります♪
 
住所:56-777 Kam Hwy Kahuku Hawaii 96731
電話:808-232-8881
定休:無休
営業:11時~19時
 
 ラニアケアビーチから車で走ることしばし。
 カフクという地域のようです。
 海老の養殖が盛んらしく、ガーリックシュリンプはこのあたりの名物。
横浜発 驢馬人の美食な日々-FumisKahukuShrimp01

 海老の養殖が行われているにごった池の脇に夕陽の海辺を描いたOriginal shrimp truckが泊まっています。すでに走ることをやめてしまったのか、ナンバープレートをはずし、隣のプレハブの屋根と半ば一体化しています。
横浜発 驢馬人の美食な日々-FumisKahukuShrimp02

 このトラックの後方の扉部分にお店があります。厨房はその中。
 メニューは写真付き。
 お店に面してベンチつきのテーブルが並ぶ簡素な屋根の食事スペースがあります。
横浜発 驢馬人の美食な日々-FumisKahukuShrimp03
 販売しているお姉さんはおそらく中国系。英語しかしべっていません。とても美人です。
 

10年2月7日の来訪。

 昼食は冷凍を使っているとマッキーズ(ガイドさん談)ではなく、殻つきのプリプリ海老だというこのシュリンプトラックに。

 
Butter Garlic Shrimp 12ドル
横浜発 驢馬人の美食な日々-FumisKahukuShrimp05

 頭を取っただけの、殻、尻尾、脚つきのボイル海老かな? 絡めているソースは刻みにんにくたっぷりのバターソース。ソースはニンニクとバターがガッツリしていて確かに美味しい。海老はちゃんと火が通っているのかちょっと不安はある。
 ご飯がふた山。こちらにもソースがかかっています。
 付け合せは白菜と生のパイナップル。
 
Spicy Garlic Shrimp 12ドル
横浜発 驢馬人の美食な日々-FumisKahukuShrimp06

 こちらは辛いチリソース的なガーリックソースです。辛くて美味しいのですが、次の朝が大変でした(笑)。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-FumisKahukuShrimp04

 ドリンクはPepsiやDietPepsi,SierraMist,BottledWaterが1ドル、GuavaJuiceやPassionJuice、GreenTeaが1.5ドルです。
 
 ところで、トイレは池の横にある仮設トイレです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「Dole Plantation(ドール・プランテーション)」(☆☆)
http://www.dole-plantation.com/
横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation

 ハワイでハワイらしさを堪能する場所のひとつ。

 広大なパイナップル畑を走る列車に世界最大の植樹迷路、パイナップルのソフトクリームなど観光農園として子連れで楽しめます♪ 

住所:64-1550 Kamehameha Highway, Wahiawa, HI 96786
電話:808-621-8408
定休:クリスマス
営業:9:30-17:30(ガーデン迷路は17:00まで、パイナップル・エクスプレスの最終便は17:00)
 

10年2月7日の来訪。

 ハワイに来てハワイ気分に浸るために良い…そう書かれている方がいて、ノースショアに行くならここに寄らねばならない!と思い込みました。しかし、HISなどのノースショア半日オプショナルツアーの記録を見ると、ここはお土産屋さんを通り過ぎるに等しいとの記載。
 「ノースショアぶらり旅~この木なんの木♪経由~」に申し込んだのもここを堪能できると踏んだからでした。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation16

 10時45分到着。出発は11時50分集合が通達され解散です。
 駐車場に停めてまずはメインの建物の前へ。クリーム色の壁、赤い屋根の平屋で、壁に見慣れたDoleのマーク。その手前の芝生にも赤っぽいパイナップルの葉っぱがDOLEをかたちどっています。
 この建物、お土産屋さんです。
 ここには入らず、まずは11時発のパイナップルエキスプレスに乗るために向かって右側の方へ。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation03

 パイナップル・エクスプレスは大人7.75ドル、子供5.75ドルで、チケットは少し厚い紙製。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation02

 PINEAPPLE GARDEN MAZEを通り抜けて、緑のパラソルを掲げているお土産屋台も抜けて、チケット売り場に。PLANTATION GARDEN TOURの一角がありましたが、ここにはよらずに右のほうへ。美しく整然としたパイナップル畑や緑の植え込みを見ながらPINEAPPLE EXPRESSの駅に到着です。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation04

 順番にベンチシートに座って並んでいると、お客を乗せた黄色い汽車が帰ってきました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation05
 しかし、これはお客をおろした後バックして車庫へ。かわりに赤い汽車がきました。板の上にベンチを並べた簡素な観光用の列車です。
 およそ約20分で1週します。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation06

 広大なパイナップル畑の中をゆったりと走り抜けていくこの列車、見ていると畑はパイナップルだけではなく、マンゴーやコーヒー豆、ライチ、バナナなども植えられているのが見えます。
 やがて、畑の向こうに大きな池が見えました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation07

 最後はパイナップルをかたちどる植え込みのあるきれいな公園でくるりと回って帰ってきます。

 

横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation08

 入り口の建物の反対側には緑のパラソルの木製テーブルとチェアが並んでいます。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation09

 裏の方から入って左手に軽食の店がありました。
 
Waffle Cone 4.50ドル
横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation10

 パイナップルのソフトクリームです。味は格別と言うほどではありませんが、一応名物なので。
 
Pineapple Juice Medium 2.00ドル
横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation11

 カップを渡されますので、自分で入れます。なみなみ注ぎましたが、飲みきれません。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation12

 Smallでよかったかも。氷がないので冷たさもさして冷たくないし…。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation01

 ところで、迷路ですが、料金は事前に調べておいたものよりも値上がりしてますね~。
 料金はガーデン迷路大人6ドル、子供(4歳~12歳)4ドルでした。
 2008年に整備されたらしく、地図が手渡されます。いまひとつ正確でないような気がしますが。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation13

 背の高い植え込みの中を地図を頼りに進みます。全部で8つのチェックポイントがあり、全部チェックして帰ってくるまでのタイムを計るもの。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation14

 チェックポイントには小さな公衆電話の箱みたいなものが。かたちどる穴に鉛筆を突っ込み、渡された紙にその形を書いて帰ってきます。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Dole Plantation15

 時間がないので、1つのチェックポイントにしかいけませんでした。真ん中に出てみましたが、パイナップル型の植え込みは現地だとよくわかりません。上から見た方が楽しいかも。トイレの前に上空から見た写真が飾られていました。
 
 まあ、きつきつの時間でしたが、パイナップルエキスプレス、迷路、パイナップルソフトクリームのすべてを楽しめました。
 ところで、このパイナップル畑ですが、すでにハワイにあるのは観光用でしかなく、事業としては成立していないそうです。実を得るのに1年8ヶ月もかかるパイナップルを手作業で収穫するのは人件費的に割があわず、東南アジアの方に移ってしまったのだとか。これだけ広くてもダメなんですね~。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「Kukaniloko Birthstones(クカニロコ・バースストーン)」(☆)
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kukaniloko Birthstones
 古代、ハワイの王族女性がその上で出産したという岩を中心とした、聖なる史跡。
 
住所:不詳(Take H1 West bound to H2. Take H2 north to exit 5 (Wahiwa). Take Kamehameha Avenue north through Wahiawa to Whitmore Avenue. Opposite Whitmore Avenue, turn left onto the dirt road that appears to lead into a pineapple field. The stones are located a few yards down this road.)
 

10年2月7日の来訪。

 「ノースショアぶらり旅~この木なんの木♪経由~」で案内してもらったもう一つのスピリチュアルスポットはこちら。
 10時15分の到着。

 
 道からすると交差点を少し降りたところは赤土の小さな広場。
 背の高い草が生い茂るこの場所に、赤土の道が続いていました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kukaniloko Birthstones01

 車よけの大きな石があり、だいぶへたれた金属製の立て看板が。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kukaniloko Birthstones02

 はるか彼方には山が見え、一部木が生えている場所が見えます。そこがバースストーンのある場所です。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kukaniloko Birthstones03

 赤土が終わり、芝生の生える一帯に。意味ありげに石が置かれていますが、手前のものはバースストーンではありません。

横浜発 驢馬人の美食な日々-Kukaniloko Birthstones04
 椰子やユーカリの木の生える場所の下にあるのがその聖なる史跡。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kukaniloko Birthstones05

 一見すると、ゴロゴロ大きな赤っぽい石が地面に埋まっているだけにみえます。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kukaniloko Birthstones07

 この石の上にはいろいろとくぼみがあったりして、そこで実際に出産していたのだとか。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Kukaniloko Birthstones06

 花などが飾られていますが、ガイドさんによれば虫がわいたりするので、石の上にモノは乗せない方が良いらしい。
 落ちている枯葉をモミモミすると山椒のような独特の香りがします。これはユーカリの葉らしいですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。