横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:

 昨日の記録に書き込んでおりますが、今年1年も本日で終了。

 今年は今日からお出かけし、賑やかに年を越す予定です。

 頼れる兄貴noodles氏の勧めで整理のためにつけ始めたこの備忘録代わりのブログも来年こそは整理し終えて新しいことを始めたいな~と思っておりますが、凡人ですのでふんぎりがつかず気がつけば5年近くなるのですね~。

 今年1年ありがとうございました。

 

「DAL-MATTO(ダルマット)西麻布本店」(☆☆)
http://www.dal-matto.com/
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO

 格安で激ウマのイタリアンのコースといえばここ。

 その先駆け的で「ビンゴ」とともに記憶に残っていましたが、人気があるので予約が困難。
 訪れる価値のある料理がこの価格…秀逸なコストパフォーマンスゆえ人気があるのも納得です!!
 
住所:港区西麻布1-10-8第2大晃ビルB1F
電話:03-3470-9899
定休:月曜
営業:18時~28時
 
 お店は西麻布の奥にひっそりと。赤いひさしで緑を置いたウッドデッキがある店です。むかって右に地下へと降りる階段があって明かりがともっています。1階は「オッジダルマット」という支店のようです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO01

 地下に下りるとシンプルなダークウッドの扉。店名が書かれたガラス窓の向こうにはすぐダイニングが直結してます。
 入ってすぐ右にカウンター席。その向こうは厨房です。
 白い壁と黒い天井。壁には前衛的な色彩の絵がかけられています。
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO02

 案内された席はウノと呼ばれる席。厨房に面したカウンターではなく厨房に垂直に附けられたテーブルで、中央の仕切りは半透明のガラスでした。ここからまさに隣で料理を作っている光景を見ることができます。
 小さいながらも個室も2つあるようですね。

 

09年12月27日夜の来訪。

 予約困難なこのお店も21時からであれば比較的予約できるそうです。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO07
 まずは揚げ物のゼッポリーニです。
 手前が芝海老とオレンジピール、奥が青海苔とジャコが入っています。
 双方とも揚げたててもっちりしていて美味しい。
 手前には炭入りの黒い塩の結晶。薄く平たい結晶ですので、その食感も良い感じです。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO08

 パンは自家製のフォカッチャ。中央にはローズマリーで一見林檎みたい。
 つけるオリーブオイルは3種類。左から順にスパイシーになります。真ん中はサルデーニャ産、両脇はシチリアのものだそうです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO09

 お替りのパンは黒ゴマ入りのパン。香りはこちらの方が好みでした。

 
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO10

 前菜は小さな8種類の盛り合わせ。
 左奥のグラスは西洋蕪のスープ。濃厚な蕪の旨味を感じるピュレでオリーブオイルをたらしています。
 その右は茄子のテリーヌ。しっとり美味しく上には白いソースがかけられていました。
 そして太い牛蒡のバルサミコ煮。バルサミコの酸味は強くなく甘めで美味しく仕上がっています。
 右奥はトマトをくりぬいてアボガドのピュレをつめ、その上に辛味のある葉物野菜を乗せたサラダ仕立て。黄色いのは細切りのニンジンでした。
 手前左からはシンプルに芽キャベツのグリル。
 その右はヤーコンのピクルスで酸味は抑え目でシャクシャクした食感がよい。
 さらに小さなプチヴェールのニンニクオイルマリネ。
 手前右はすり潰して丸くした百合根のフリット。酸味と旨味のあるセミドライのプチトマトに、少し厚めのラルドとともにいただきます。これまた旨味を重ねてきますね♪
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO11

 マスカルポーネチーズのリゾット。穏やかで美味しいリゾットに乗っているのは塩気とスパイシー感のある旨味の強い生サラミです。あわせて食べるとちょうど良い。周辺には緑色のイタリアンパセリのソースでした。食べ始める直前に黒胡椒を挽いてかけてくださいました。これも風味よく美味しく感じます。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO12

 左から香味野菜でマリネしたウマズラハギのカルパッチョ。上にはその肝のソースです。ウマズラハギはやっぱり美味しいなぁ。下には摩り下ろした加賀野菜の丸芋ととんぶりをあわせたもの。塩気が結構しっかりしていて好みです。
 真ん中はサフラン風味の磯粒貝。シンプルに美味しい粒貝にサフランの風味のみひと手間加えた仕事もうれしい。
 右はまた香味野菜でマリネした金目鯛です。皮目が炙ってあるようです。上には姫葱、下には焼いたわけぎが敷かれていました。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO13

 自家製のボイルハム。沖縄産のヨークシャー種の豚だそうです。日光と那須の「和牛」を思い出すその仕上がりで美味しいもの。黒胡椒が添えられていました。
 野菜はルッコラにトレビスです。苦味のある野菜をあわせていますね。これに小さなトマト。「川昌」のひろしさんが以前アップしていたものですね。

 
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO14

 パスタは平打ちのパスタ。北海道の蝦夷鹿のスネ肉とアキレス腱を煮込んだラグーでいただく。細い緑はセロリの葉。ラグーは煮込んだ肉がとろりとほぐれ、食べていると肉の出汁が十二分に感じられる。これも美味しい。考えてみると、「サローネ」のラグーはパキーノトマトの旨味が強いのだなぁ。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO15

 お肉は宮崎県産尾崎牛のイチボのグリル。ガラスの皿に盛り付けて出してくださいました。やや塩気を薄く感じましたが、脂身のない赤身肉のグリルは充実した美味さ。上には黒トリュフを削りかけています。
 横には葉物野菜とトリュフの細片が入ったマッシュポテト。そしてキャラメリゼされた甘い林檎のペーストです。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO16

 最後に追加の形でデザートを。金柑のコンポートかピスタチオのジェラートかと利かれたので迷わずこちらを。グラスに濃厚なピスタチオの風味のするジェラートとハイビスカスのジャム。上にはキャラメル味の飴飾りでした。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO17

 飲み物も追加。カプチーノです。
 セガフレッドのカップは「サローネ」と同じ。そういえば「ラ・ベットラ」の落合シェフの息子さんとここのオーナーシェフと「サローネ」の平シェフは同じくらいに修行を同じ店でしていたのだそうです。
 
ブラッドオレンジジュース 800円
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO03

 飲み物は実は高めの設定でした。まず駆けつけたときにこれを。酸味はほどほどで甘みが強いブラッドオレンジ。
 
ジンジャーエール(ドライ) 800円
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO04

 原価を考えると、コース料理とは正反対です。飲めない人間には厳しいなぁ。
 
ウーロン茶 800円
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO05

 3杯目はこれ。
 
ミネラルウォーター 500円
横浜発 驢馬人の美食な日々-DAL-MATTO06

 富士ミネラルです。これが一番のみでがあります(笑)。
 
 さて、これだけ素晴らしいのに総評☆☆(二つ星)なのはなぜか?と言えば、やはりソフトドリンクの価格設定が高いということと、禁煙ではないことに由来します。仕切りをはさんで反対側の女性がぷかぷかタバコを吸っているのでその煙がこちらにきて。テーブルの上に灰皿はないのに。

 

ダルマット 西麻布店 (イタリアン / 六本木、乃木坂)
★★★★ 4.0

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

「BLACOWS(ブラッカウズ)」(☆☆☆)
http://www.kuroge-wagyu.com/bc/
横浜発 驢馬人の美食な日々-BLACOWS
 現在ハンバーガーで一番美味しいのはと聞かれれば間違いなくここであると答えるグルメバーガーのお店。

 ヤザワミートの黒毛和牛を使ったビーフパテに、メゾンカイザーのバンズ、それをまとめる自家製BBQソースをはじめ、すべてにこだわり尽くした極上のハンバーガーです。
 
住所:渋谷区恵比寿西2-11-9東光ホワイトビル1F
電話:03-3477-2914
定休:年中無休
営業:11時~23時
 
 坂の途中に落ち着いた色合いながら目立つ外観でお店はありました。掲げられた店名の文字や壁のマークが目立つのです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-BLACOWS01

 中はレンガ壁で床はウッドのフローリング。木のテーブルに木の椅子で奥はベンチシートでした。
 天井には木の梁で照明は間接照明とテーブルを照らすダウンライト。
横浜発 驢馬人の美食な日々-BLACOWS02

 一番奥にはステンレスの壁にガラス窓。PATTYFACTORYと書かれています。中ではハンバーグのパテをパンパンと両手の間で成形する女性。

 

09年12月

 たしかAKIKOさんが食べて美味しい と書かれていたので気になっていました。夕食は予約してあったので近くのこちらで遅い昼食を取ることに。ええ、先ほどのラーメンは朝食でした。
 恵比寿駅から歩いてちょっとでした。
 16時前の中途半端な時間にもかかわらず結構にぎわっていますね。それでも奥の方は空いていたので、すぐに一番奥の席に案内してくださいました。
 
白ぶどうジュース 380円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BLACOWS03

 甘い白ぶどうのジュース。
 
ベーコンチーズバーガー 1575円(土日祝) + アボカド 210円
 平日だと200円安いのですがこの日は日曜日。
 ハンバーガーに使う肉はヤザワミートのお肉。それを使いながらハンバーガーはバランスだと言い切るこのお店、すべてが上質であると言っています。もちろん、良い意味で素晴らしい。そしてその調和こそ命だと言うのですから。

横浜発 驢馬人の美食な日々-BLACOWS04

 そのハンバーガーはもう外観からしてたまりません。
 バンズはメゾンカイザーとのコラボレーションによるオリジナルバンズ。日清製粉とメゾンカイザーが共同開発したメゾンカイザートラディショナルを100%使用。外側がパリッとしていて中は軽やか。焼いてある面はカリッとしていました。上には香ばしい白胡麻をトッピング。
 ビーフパテはヤザワミートのA5ランクの黒毛和牛中心のビーフ100%。中はやや赤身が残るくらいの焼き加減。本格的にもほどがあるかもしれません!!
 上に乗っているチーズは黄色い弧ルビーチーズと乳白色のモントレージャックチーズのミックスでとろけています。
 ベーコンは佐賀県産酵素ポークのスモークベーコン。充実した味わいと脂身がうれしい。
 ビーフパテの下には刻んだオニオンのマリネ。ハーブとスパイスとオイルでマリネしてあるオニオンは甘みと食感と酸味がとても素晴らしい。わざわざ土台のバンズの上に撒いているのも納得です。
 アボカドトッピングはサイトに紹介されていましたのでわざわざ。濃厚な脂分がたまりませんね。
 ソースは自家製のバーべニューソース。野菜をはさむ代わりにフレッシュ野菜をふんだんに使ったトマトベースのこのソースが適当な量入っています。これがやや濃い目の味に感じるものの旨味が濃く、ガッツリ噛み合わさったときにハンバーガーらしくすべての食材をまとめるのです。正直、ソースは好きではないのですが、このハンバーガーにはこのソースが必要不可欠かもしれません。
 また、タルタルソースもこのハンバーガーを語るのに不可欠。自家製でコクのあるタルタルで絶妙に場べキューソースと混ざり合います。
 ちなみに添えてあるポテトは皮付きでよい塩気。小さなピクルスもコリコリと小気味良い食感で素晴らしい。手抜かりはありません。
 
 いやぁ、激ウマです。ハンバーガーはここまで行き着いたのかと嘆息しました。
 
 ちなみにトイレですが、大きな鹿の骸骨が飾られていました。
 あらためて見ると、壁の飾りなどにも鹿の骸骨が飾られていますね。何かこだわりがあるのでしょうか。

 

 

11年12月10日夜の来訪。
 17時10分で適当に混んでいますがまだ余裕があるくらい。
横浜発 驢馬人の美食な日々-BLACOWS05

 クリスマスシーズンのためムード暗めで照明にクリスマス模様が。
 そういえば、2年前には天井から吊り下げられる照明なんてなかったような気がします。
 
ジャスミン茶 420円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BLACOWS06
 量がたっぷりのジャスミン茶。ここで飲んでいると、既製品なのかそうでないのか全くわかりません。香りよく美味しい。
 
キノコのソテー(525円)

横浜発 驢馬人の美食な日々-BLACOWS07

 上タンにはフライドポテトがつくそうですが、ローストビーフサンドにもついてきてかぶるので、小皿メニューにかえてくださる。この気配りが素晴らしい。
 エリンギ、椎茸、しめじ、舞茸などのキノコのソテー。バターを使いへたれずにソテーしてくれています。
 細かく刻んだスモークの香りのするベーコンはやはり充実した旨味。美味しいです。
 
オマール海老のビスク 683円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BLACOWS08

 本日のスープはこれ。生クリームたっぷりでもオマール海老の味わいもきちんと美味しいスープ。それがこの量あるところが凄い。レストランだったらこの3倍以上は値がはりそうです。
 
和牛ローストビーフサンド 1260円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BLACOWS09

  16枚切りくらいで薄く切った食パンにサラダ玉葱、レタス、トマトにローストビーフをサンドしたサンドイッチ。肉は美味しいと思うけど、ザクザクとしてい てバランスが命のようなサンドイッチ。マヨネーズベースのドレッシングで野菜は仕上がられているのですが、垂れて来たりしません。はみ出す野菜までガッツ リいただけます。
 付け合わせはピクルス1本。これが程よいつけ具合で酢の物が苦手なぼくでも美味しくいただける。
 ポテトフライは皮付き。どうしてここまでポテトがおいしいのかと刮目しました。ジャガイモの力だろうか??
 
上タン 2940円
横浜発 驢馬人の美食な日々-BLACOWS10

 炭火でグリルするため30分はかかる料理。
 ブロックでグリルしているそう。
 運ばれて来たときから美味しそうです。
  その切断面はとろんとしたロゼ色。表面は炭火でしっかり焼かれていますが、焦げているところはない。均一に火が通っているのが断面を見ればよくわかります ね。持ち上げるとふるんふるんとゆれるタン。噛むとザックリしていますが柔らかい。ナイフなしで歯で噛めるところが良いですね。口当たりは絹のように滑ら か。とろける栗辺りとはこのこと。もちろん、溶けてなくなりません。噛んでいるとたっぷりと美味さを味わえます。
 塩と砕いた黒胡椒のみの味付けも良い。
 添えられて来たマスタードもつけると、肉の香ばしさが引き立てられてよいと思いました。
 
 こういうすべてが美味しい店こそ、娘と一緒に来たいなぁ。
 他にもいろいろあるので、大人数でグリルを食べにくるのも良いのではないだろうか。

 

BLACOWS (ハンバーガー / 恵比寿、代官山、中目黒)
★★★★ 4.5

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

「麺劇場 玄瑛」(☆彡)
横浜発 驢馬人の美食な日々-Genei
 

09年12月27日午後の来訪。
 電車で向かったのはサッシー指田さんのブログ で知ったこちら。
「お台場ラーメンPARK」
http://www.odaiba-ramen-park.com/
 ラーメン王石神氏 のプロデュースで2009年12月12日~2010年4月18日フジテレビ本社屋1F広場で11時~20時開かれています。。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Genei02

 「麺家うえだ」「麺劇場 玄瑛」「麺や七彩」「BeeHive」「二代目つじ田」「せたが屋」「らーめん元楽×キャンパスナイト」「ミオパン」「スーツァンレストラン陳×どーも☆キニナル」が入っています。
 後の3軒は番組プロデュース。先の6軒は有名店だけど、「玄瑛」以外はすべて関東からだし、行ったことのある店も多い。しかし、博多の「玄瑛」は行かないと!!と思っておりました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-Genei01

 フジテレビ1階の広場にそのスペースがありました。
 各店舗はプレハブに並んで、実際食べるのは目の前に並んだテーブル席でです。フードコートのラーメン版みたいですね。
 15時で券売機で券を買い、行列に並ぶことなくいただけました。
 ただし、座って食べる場所はなし。立ったまま食べて最後のひとすすりのときに座れました。
 一人客も結構いたので、立ち食いカウンターが端っこにでもあるとよいですね。丸テーブルだと、6つの椅子を一人で占領されていて…。
 
海老香麺 800円
横浜発 驢馬人の美食な日々-Genei03

 ラーメン丼のように柄つきの発泡スチロール丼とプラスティックレンゲに割り箸。
 澄んだ黄金色のスープは一口飲むと海老の殻の味がするほどに濃厚な海老の風味。無化調とは思えない美味しさは大変好ましい。柑橘が入っているので後から搾って爽やかにいただくことも出来ました。
 麺は縮れ麺ですがただの縮れではなくプリプリした手打ち風の平たい麺でもあります。この麺は良いですね~。多少の時間では伸びませんし。
 上には糸唐辛子と細切りの白い葱。そして、トロトロになるまで煮込んだチャーシュー。煮たタレも一緒なのですが、意外にスープに混じりません。面白いのですが、これを食べた後だからか慣れてしまったのか海老の香りを感じなくなってしまいました。

 
 しかし、総じて美味しいことは間違いありません。作り手が店主となり、劇場と言われるお店で食べるとどのようになるのだろう。
 また、フードコートで立って食べているチープさがなければもしかしてもっと美味しく感じたのだろうか?
 福岡に行ったらぜひ確かめなければなりません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「いまむら」 が09年12月25日で閉店しました。

 情報を得てすぐ22日の昼に無理をして家族3人で出かけ、着いてみると写真撮影不可の貼紙がされていました。
 「ラーメンフリークは気持ち悪いから」というような内容があまり上手ではない字で書かれていると残念な気持ちになりました。

 それでも仕方ないかと思って中に入ると、今度は子供不可と言われました。ついこの間までは大丈夫だったが…なにかトラブルがあったのだという奥様の弁。
 そう方針が変わったのであれば仕方ありません。食べずに出ました。

 最後がこれでは、もしどこかで再開したとしても写真撮影不可で子供不可なのでしょう。そうであれば、ぼくが入ることはもうできないか。上大岡時代の最初の方から通っていたお店なだけに至極残念です。


 気になってネット上で調べてみると、いつのまにか店主はブログを始めていて、そこでラーメンフリークとの激しいやり取りがあったようです。今探しても消されておりますのでもう見ることはかないません。ネット上の書き込みを気にしすぎると生活が荒れるので受け止める精神的な余裕が必要かと思いました。そうでなければ見ないことですね。ぼくは後者ですが…。

 

 いつかまた子連れでも行くことが出来る美味しいお店として再興してくださると願っております。

いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「ラ テンダロッサ」 を久々に再訪しました。前回は一人で、今回は忘年会での利用です。

 

「ラ テンダロッサ(la Tenda Rossa)」(☆☆)
http://www.tenda.jp/
la Tenda Rossa
 
 馬車道からみなとみらいの方にちょっと入り込んだ道に本格的イタリアンレストランがあります。

 ナポリピッツァからパスタまで充実したその内容に加え、お一人様にも優しく一人用ピッツァなども焼いていただけます。ちょっと歩きますが、また行きたいイタリアンです。
 
住所:横浜市中区太田町6-75第二田村ビル1F
電話:045-663-0133
定休:月曜
営業:11時45分~14時/17時半~22時
 

09年12月19日に忘年会でうかがいました。

 娘と家内がインフルエンザのため自宅待機となって申し訳ないが、主催者の忘年会を休むわけには行かない。ということで、電車でこちらへ。
横浜発 驢馬人の美食な日々-la Tenda Rossa20

 ダイニングの一画を借り切る形でスタートです。
 クリスマス仕様で、窓ガラスにはクリスマスの絵柄の白いスプレーです。
 
自家抽出烏龍茶 TE ORIENTALE 472円
横浜発 驢馬人の美食な日々-la Tenda Rossa13
 やや濁りのある烏龍茶。コップ4杯分くらい入っています。
 
MENU CHEF 6825円
 旬の食材をふんだんに取り入れたKENZOシェフの至高のコース。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-la Tenda Rossa12

 パンは2種類。窯焼きで焦げが付いているナポリピッツァの生地。ハーブを散らしています。もう1種類は塩気がしないポクポクした口当たりの白パン。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-la Tenda Rossa14
 付き出しは三陸産の生牡蠣です。白バルサミコを効かせた玉葱とトマトのソースを乗せています。
 生牡蠣の濃厚な味わいはそれ単体ではかなり酸っぱいバルサミコの酸味を吹き飛ばし、調和を見せてくれます。塩の結晶の上に殻つきで出てくるところが心にくい演出。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-la Tenda Rossa16

 前菜は盛り合わせ。
 中央には茹でたロマネスコ。
 驚くほど甘いフルーツトマトと水牛のモッツァレラチーズに刻んだバジルのカプレーゼ。
 トレビスの葉の上にブリブリした歯ごたえも美味しい佐島の蛸。
 トマトソースで煮込んだトリッパ。
 サイコロ状に切ったビーツ、白インゲン豆にプチトマトも。
 手前の葉物はルッコラにプンタレッレかな? 上にはメジマグロやカンパチなどのマリネ。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-la Tenda Rossa18

 パスタは手打ちのオレキエッテ。ムニムニしたこのパスタにジェノベーゼソースです。野菜は緑で統一し、インゲンとズッキーニ。それにジャガイモが入っていました。
 塩気がやや薄く、量が多いという感じです。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-la Tenda Rossa21

 肉料理はイベリコ豚をローストしてスモークしたもののようです。厚切りでローストビーフのような美しい色合い。充実した旨味のイベリコ豚ですが、香りをつけることで匂いも楽しめます。
 下にはリゾット。銀杏と甘い栗が入っていました。

 
横浜発 驢馬人の美食な日々-la Tenda Rossa22

 ピッツァです。これは新作とのこと。
 トマトソースにビーツを使うことで、ナポリピッツァのソースが苺のジャムではないかと思うほど赤い。
 これにモッツァレラチーズと薄切りにしたフォアグラ。フォアグラの濃厚な旨味がとても美味しい。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-la Tenda Rossa23

 デザートはフレッシュフルーツのマチェドニア。ブルーベリー、フランボワーズ、ラフランス、そして信じられないほど口当たりよく甘い柿に、パッションフルーツ。上にはレモンのシャーベットをのせ、パウダーシュガーを振りかけています。
 
横浜発 驢馬人の美食な日々-la Tenda Rossa25

 最後はコーヒーです。ローストも程好く飲みやすい感じでした。
 
 子供メニューは大人の縮小版。これまたコースです。
横浜発 驢馬人の美食な日々-la Tenda Rossa15

 前菜の盛り合わせは四角く長い皿に。
横浜発 驢馬人の美食な日々-la Tenda Rossa17

 スパゲティーはミートソース。
横浜発 驢馬人の美食な日々-la Tenda Rossa19

 リゾットは大人と同じで、イベリコ豚は薄切りになっていました。
横浜発 驢馬人の美食な日々-la Tenda Rossa24

 子供にはバニラアイスがデザート。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。