横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:

「Salt(ソルト) by Luke Mangan」(☆☆)
http://www.pjgroup.jp/salt/
Salt
 新丸ビル に登場したオーストラリアのスターシェフ、ルーク・マンガン氏の海外初進出店。

 スパイスと塩を巧みに使い、舌に鮮やかな印象を残すモダン・オーストラリアンは必食とも言える出来栄え。
 
住所:千代田区丸の内1-5-1新丸の内ビルディング6F
電話:03-5288-7828
定休:無休
営業:11時~14時半/17時半~22時
 
 エスカレータを上がった目の前にお店があります。金色に光るピンク色の岩塩を煉瓦のように積み上げた柱に挟まれるようにエントランスが。
 向かって左はオープンキッチン。それも、目の前には生きた海老がいる大きな水槽です。
Salt01

 中に入って左手にある受付に予約の名前を告げると要してある席に案内されました。店の中は不思議な感じです。ビルの6階にいるのにまるで洞窟の中にいるよう。天井がうねるように波打ち、中央を仕切るソファ席はダークブラウンで波のように並べられています。照明も天井からではなく、吊り下げられたもの。
Salt10
 テーブルの上にはオーストラリアのピンク色の塩。食事中塩が足りないときは個人で調節できるというのはうれしいですね。相対的に塩はきつめですからほぼ要りませんが。キャンドルも皿の中に塩を敷いて置いてありました。

 

07年8月15日の来訪。

Salt02

 一人でふらふらしていた日です。18時の予約で伺いました。
 
パディントン PADDINGTON 800円
Salt03

 飲み物はノンアルコールカクテルから。
 白葡萄ジュース、グレープフルーツジュース、トニックウォーターです。トニックウォーターが入るとその味に結構支配されますね。ライムは定番ですね♪
 
Degustation 5 course menu 8000円
 料理はモダンオーリトラリアンという料理ジャンル。移民の国オーストラリアですので、フレンチベースでいろいろ混ざっているようです。これは一番安いコース。
 
Salt04

 メニューにはありませんが、突き出しででてきたのは鶉の卵です。軽く熱を通しただけで白身は形を保つ程度にプルプル。中の黄味はトロリとしています。スパイシーで塩気が強い香草のふりかけみたいなものをまぶしてあり、一口で食べねばなりません。セロリソルトとブラウンシュガーだそうですから、独特の香りですね。きつい塩気に隣のテーブルの方が驚かれていましたが、店の個性を主張するひと品としてはとても素晴らしいものだと思います。黄味が混ざってやや緩和されますし。。。

 
Salt05

 これも特別に出してくれたらしい泡立てられたスープ。オマール海老のビスクスープです。オマール海老を砕いて白ワイン、コニャックに濃厚なクリームを混ぜたスープ。海老の旨味が十分引き出されていてうれしくなるスープ。これが熱々だからたまりません♪
 
Salt06
 パンはライ麦のパンと香辛料の効いた白いパン。
 
ココナッツブロス / 緑茶でスモークした帆立貝とデュクセル ローゼルスパイス Coconut broth / green tea smoked scallop and duxell, rozelle spice
Salt07

 緑茶でスモークした帆立貝に香りの強い刻んだ香草のスパイスをのせた皿がまずきます。ここにテーブルの上で白いココナッツのスープを掛けてくれました。
 デュクセルというのはマッシュルームをみじん切りにしてエシャロットや玉葱のみじん切りも加えてバターでゆっくり炒めたもののこと。ローゼルスパイスというのはドライハーブのローゼル種のハイビスカスのスパイスみたいですね。
 実は本来はスープにパクチーが入っているらしいのですが、事前に苦手だといっておいたら抜いてくださいました。しかし、刻んだスパイスの中には入っているみたいでした。そこまではいじれませんか。もっとも、この程度の使い方であればぼくでも大丈夫です♪
 
鮮魚のカルパッチョ / 生姜とエシャロットのソース ルーコラを添えて Carpacio of fish / soy, ginger and eshallot, chives, wild rocket
Salt08

 ヒラマサのカルパッチョでした。薄切りのカルパッチョで、皿までガンと冷やしているところがうれしい。
 上にはフレッシュタイプのミルキーなフェタチーズ。ソースは刻んだ生姜とエシャロットを使った甘めのソース。さらに苦味が独特なセルバチコを盛り付けていました。
 
ウズラの天婦羅 / 人参と大根の胡麻サラダ 山葵ドレッシング Quail tempura / carrot, daikon and sesame, wasabi dressing
Salt09

 骨付きの鶉肉の天婦羅です。切ってありますが、その断面はとてもレア。鶉の肉質が十分楽しめます。周辺を海苔で巻いてから天婦羅にしているので、その香りも強い。山葵のソースは意外にサラリとしていて、辛味もスッと引くものでした。
 付け合せに桂剥きした人参と大根のサラダ。胡麻のドレッシングとのことですが、なんとなくきんぴらライクな味でした。

 
Salt11

 口直しは銀色の薄い器にグリーントマトのシャーベットです。トマトの酸味と甘みのほかに甘さを加えている感じがしました。皿まで冷やされているところがとても気に入りました。温度管理が入念ですね、この店は。
 
QLD産牛フィレ肉のポーチ / ブルーチーズ風味のポレンタ 椎茸とインゲン豆 トリュフオイル Seared and poached fillet of QLD beef
Salt12

 オーストラリアのクイーンズランド州産の牛フィレ肉のソテーです。上には椎茸、下には茹でたインゲン、そしてブルーチーズの香りの強いポレンタです。肉汁のソースにはトリュフのオイル。ブルーチーズは好きなのですが、とうもろこしのポレンタとの相性が悪いのか、どうにもぼくには苦手な風味になっていました。
 
ルバーブフール / 薔薇の香りのセミフレッド ピスタチオのジェノワーズ Rhubarb fool / rose water semifreddo, pistachio sponge
Salt13

 基本はサクっとしたクッキーにクリームを挟んだデザート。上には薔薇のアイスクリームとルバーブ。ルバーブを使った赤く甘いソースにそのシロップ付けのルバーブも添えて。
 
Salt14
 飲み物はコーヒーを。苦味の利いた上質なコーヒー。
Salt15

 小菓子も付けていただいております。メレンゲをのせたクリームを薄焼きクッキーの皿にのせたもの、トリュフチョコレート、マカロンです。
 
 総じて、環太平洋のスパイスを印象に残るように使う手法で、繊細さにはやや欠けるきらいがありますか。
 この日は食べ過ぎていて、帰るときには電車で死にそうになっていたため記録が遅れ、記憶があいまいなものも多いですね。残念~!! 美味しかった記憶だけはあるのに…。
 
 給仕の男性は総じてイケメンでクレバーな感じです。人選には気を使っているようですし、教育もしっかりされていそう。ホストクラブと評する方もいらっしゃいましたが、ぼくは気に入りました。
 メインの皿の評価が低いため総評は☆☆(二つ星)になっていますが、再訪することで上がるかも。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「ふくちゃん」 の夏麺を追加しました。

 

「博多ふくちゃんらーめん 新横浜ラーメン博物館店」(☆彡)
Fukuchan


 臭みのない豚骨らーめんの先駆けとして博多で名を馳せる店の初の支店。

 従来思い描く白濁豚骨にがっつり固いストレートの細麺とは違う博多のそれが楽しめます。

住所:横浜市港北区新横浜2-14-21新横浜ラーメン博物館内B2
電話:045-471-0503(代表)
定休:無休
営業:11時~23時(土日祝10時半~)
 
 元「ラー博厨房」のスペースにオープンしています。お店はスタイリッシュな前の店舗に比べると地方のラーメン屋さんらしくなっています。カウンターにテーブル席。配置は変わらないのに不思議です。

 

07年7月27日の来訪。

 3軒目はこちらに。
 なんと満席に近い。夏休み効果でしょうか。そういえば、子連れが多かったですね。

「ふくちゃん」の夏麺 900円
Fukuchan13
 作品テーマは縁側の“おもてなし”~BONAPPETIT~とのことで、ざるラーメンです。
 実際、出されるときにボナペティとサーブの人間が言いました(笑)。フランス語で十分に召し上がれとの意らしいですね。
 四角いガラスの皿に水と氷をいれてたっぷりの極細麺を盛りつけています。しなやかで食べやすい良い麺でした。咽喉越しの良い素麺をイメージして作ったそうです。
 上には貝割れ、プチトマト、豚ロースの冷シャブ、ソテーしたズッキーニ。
 つけダレは和風だしではなく、やや冷やし中華のたれライクなものでした。上にはたっぷりの白胡麻と太白のゴマ油。
 あわせて食べると、シンプルながら実に美味しい。直前の「こむらさき」の仰天夏麺の後だからかもしれません(笑)。貝割れの辛味も心地よかった。夏らしいメニューではないでしょうか。
 マスタード、潰した梅肉、茗荷と胡瓜の3種類の薬味も好みで入れられます。
 定番のデザートはプリプリの白玉の和菓子で、中には甘い黒ゴマペーストでした。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 現在メインのデスクトップがモニタ関係の故障で見られません~。どうしたんだろ?

 直接のメールは見られなくなっておりますので、連絡の必要な方はこちらのメッセージからでお願いします~。

 

 ところで、「こむらさき」 の夏麺を追加しました。

 

「こむらさき 新横浜ラーメン博物館店」(☆)

http://www.komurasaki.com/
KomurasakiRM
 香ばしいニンニクチップを使った熊本の名店。

 熊本の本店(☆☆)で食べた特製チャーシュー麺はさすがに唸る逸品でした。

 ラーメン博物館でも一番長く、今でも人気を誇っています。
 
住所:横浜市港北区新横浜2-14-21新横浜ラーメン博物館内B2
電話:045-471-0503(代表)
定休:無休
営業:11時~23時(土日祝10時半~)

07年7月27日の来訪。

 この日2軒目は豚骨シリーズでここに。19時35分で適当に空いているなぁという状態で好きな席に座れます。
 
「こむらさき」の夏麺 900円
Komurasaki12
 作品テーマが造語で西瓜記という伴麺。夏を代表する“すいか”に、店長金尾勇一氏の幼少の思い出である“西遊記”を組み合わせて考えられたとのこと。
 スイカ模様の丼に白いスープで具が盛りだくさんの夏麺がきました。
 麺は通常のものと変わらないのかな?冷やしてある分透き通って見えるストレートの細麺。
 豚骨スープは冷やされてゼリーのようにトロトロになっているだけでなく、酸味がついていますね。この酸味は苦手です~!! 麺と一緒に食べてもさして美味しくないし。
 その代わりに具は凝っています。麺と一緒に食べるとさまざまな味が口に広がるので、大量にのっている具をいろいろ試しながら食べると良いみたいでした。
 中央にありナッツの様にコリコリしているのはなんとバナナチップ。心地よい食感の後に甘みが来るので、知識なしだったのでなんだか戸惑いました。特製トマトソースは挽肉や玉葱も入っていてミートソースのようでした。トマト、細切りの胡瓜、味付けの良い細切り木耳、青い刻みネギ、辛子高菜、わかめなどが具です。この辛子高菜は通常よりも葉が柔らかい阿蘇の油炒め高菜とのことで、これが一番美味しかった(笑)
 きゅうりは沙悟浄、チャーシューは猪八戒、そしてバナナチップが孫悟空と、作品のテーマを具材で表現したとのことでしたが、チャーシューは発見できませんでした。何かに役割が置き換わったのでしょう。
 ラー博の広報は「なんとも奇想天外な発想」と評しているが、罰ゲームで食べさせられているような気になってきたから、物は言いようだなぁとむしろ感心した。テーマ先行で味がついてきてないのはいつものことか。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 4軒目は「井出商店」 です。

 

「井出商店 新横浜ラーメン博物館店」(☆彡)
Ideshouten

 和歌山の名店の味が横浜で食べられます。

 濃厚な豚骨醤油に早寿司の組み合わせは関東にない味(笑)。
 店主の非凡な才能は期間限定麺でも発揮されるのでそちらもうれしい。

 
住所:横浜市港北区新横浜2-14-21新横浜ラーメン博物館内B1
電話:045-471-0503(代表)
定休:無休
営業:11時~23時(土日祝10時半~)
  

07年7月27日の来訪。

 7月6日から8月9日までの1ヶ月期間限定ですから、家内の許可も下りたのでがんばって仕事の終了後に一人で行ってまいりました。
 19時20分で先客4人と平日夜は空いています。観光客も夜は来ないしね~。
 
「井出商店」の夏麺 900円
Ideshouten12
 作品テーマは夏の地中海という冷製サラダ麺です。
 フレンチ出身の店主が作るイタリアンチックな麺ですね。レタス、トレビス、ラディッシュ、ピーマン、トマトのサラダの上に盛りつけられたしなやかで張りのある冷たい極細麺。4種の素材と6種の調味料から作られるハンガリアンドレッシングと自家製マヨネーズだというオレンジ色のソースが絡められていて、酸味があってサラダ感覚に美味しい。周辺には黒オリーブに赤いトマト。スカッとしたヘチマみたいな野菜は何かな?前に食べた記憶もあるのですが…。
 使っているオリーブオイルには貴重かつ有効成分を多く含む一番絞りのエキストラバージンオイルを。上には生ハム3枚とイタリアンパセリ。地中海を演出しての採用とのこと。
 でも特別に美味しい!というほどの感動が無いか。変り種で終わっているところが残念だなぁ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 夏麺3軒目はここのところ当りを飛ばしている「春木屋」 です。

 

「春木屋 新横浜ラーメン博物館店」(☆☆彡)

http://www.raumen.co.jp/home/
Harukiya

 

 04年1月15日、かつてのラーメンの聖地・荻窪の名店が満を持して新たなラーメンの聖地にオープンいたしました。

 名店「春木屋」。ラーメンを食べ歩くものであればその名を知らぬものはいません。

 そして、その名店は今も研鑽を積み重ねているのです。

 

住所:横浜市港北区新横浜2-14-21

電話:045-471-0503

定休:年末年始以外無休

営業:11時~23時(土日祝10時半~)

07年7月23日夜の来訪。

 3軒目は移動してこちらへ。
 子供連れなので、個室に案内されました。

「春木屋」の夏麺 900円
Harukiya14
 作品テーマ時遊という進化系の冷やし中華です。
 作品テーマの「時遊(じゆう)」とは文字通り「時」を「遊ぶ」という意味だそうで、3種類の麺、3種類のタレ、2種類のローストを食べる側が自由に選べるので、最初に聞かれました。麺は平打ち・中太・細の3種、タレは醤油+ゴマ・醤油+トマトの2種、そしてローストは鶏モモと豚の肩ロースからの選択。
 胡麻ダレ、平打ち、肩ロースで選択させていただきました。
 最初に運ばれてきたのは白く長い皿にのせられた長い柄の木の匙、自家製のラー油、付けダレとしても掛けても使えるという胡麻ダレです。
 麺が運ばれてくるとびっくりすると思います。深めのステンレスのボウルのような器できまして、内面が鏡のように麺を拡大して反射して見せてくれます。「KEYUCA」 というメーカーの食器…ではなく、調べると本当に斜めな切り口のステンレスボウルなんですね(笑)。
 中の平打ち麺は冷たくシコシコ。醤油ベースのタレにすでに使っていて、白胡麻を振ってあるしそのままいただけます。具は細切りの胡瓜、ネギ、錦糸玉子、紫のスプラウトなど。ここに肩ロースのチャーシュー、これも美味いな~。
 胡麻のつけダレにつけて食べると、醤油ダレをくわえた甘めの胡麻ダレでそこそこに美味しいか。ラー油は相変わらず良い味出しています。
 春木屋の先代今村五男氏が考案した冷やし中華がベースとなっているそうですが、更なる発展を遂げていてアイディア溢れますね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。