横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:

 箱根1泊だけの旅行も家族3人楽しく帰ってきました。

 「絲杉」、「強羅花壇」、「暁亭」と行ってまいりましたが、どこも素晴らしい~!! 子供にも優しいお店でぜひぜひお勧め店ばかりです。

 

 そんななか、またもや「ルッチョラ」の記録です。ここも子供を連れてきて良いよ♪と言われているので、また連れて行かないと。

 記事本体はすでに(2) に移っております。

 
「Trattoria Lucciola」(☆☆)

Lucciola01


 ほぼ地元といってよい港南台にも美味しいイタリアンの店があります。 
 駅から程近い場所なのに一方通行で車では行きにくい坂の途中。こじんまりとしていますが、気軽にも行ける本格イタリアンです。
 
住所:横浜市港南区港南台3-6-33
電話:045-835-1501
定休:水曜
営業:11時半~14時/17時半~22時

 
 記録をつけているのはここまで21回ほど。

 

06年11月24日の来訪。
 カウンターは先に予約でご夫婦が入られているとのことでしたからテーブルでいただきました。

イイダコのトマト煮込み 1260円
Lucciola70
 先週に引き続きオーブン焼で。たっぷりのイイダコがトマトソースで煮込まれています。ホールトマトの味わいが強く美味しいトマトソースで、イイダコはさっくり食べられる柔らかさ。

カボーロネロのリゾット 1470円
Lucciola71

 ちりめんキャベツのような黒キャベツのせん切りを大量に混ぜ込んだリゾット。固めの仕上げでリゾットらしい。パルミジャーノベースですね。上にはカリカリのベーコンです。

牛肉のグリル ルコラ添え 3800円
Lucciola72

 和牛とホルスタインのハーフの肉だそうです。ニコニコしながらシェフが今度の日曜日のパーティーのために取り寄せた特別な肉があると提案してくれました。少し余分が出るので本日はこれをいただくことに。この店の本気の料理がどのような形になるか見てみたかったんです~。
 構成は先週の牛肉のグリルと一緒です。肉は霜降りが多いと聞きましたが、柔らかく歯の通りが良い。赤身の美味さのみならず脂身の美味さも兼ね備えた肉です。塩胡椒の味付けですが、ここにレモンは余計に感じるくらい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「PAPA DANIEL(パパダニエル)」(☆)

PAPA DANIEL

 

 日本にカヌレを広めた第一人者のお店。
 有名店らしからぬこぢんまりとした印象で、そのケーキも町のケーキ屋さんらしく気取らず可愛く、そして美味しい。
 
住所:文京区白山2-29-6
電話:03-3813-2518
定休:水曜
営業:10時~20時
 
 定休日や営業時間は調べるサイトでまちまちですね。あてにしないでください(笑)。
 古いマンションの1階。タイル張りで入り口はせまめ。訪れた時間の関係かな? 喫茶は動いていないように暗く、活気がない。有名な時期を過ぎて老年期を迎えたかのよう…。
 それでも、厨房の方にダニエル・ストリュースさんの姿はお見かけできました。
 
PAPA DANIEL01
カヌレ バニラ Canele Vanille 210円
PAPA DANIEL02

 外側はカリッと硬めに焼かれていて香ばしい。中はカスタードの色、柔らかでしっとりしています。ラム酒の香りがしますね。
カヌレ チョコ 210円
PAPA DANIEL03

 こちらはチョコレート。中はカスタードではなく、木目細かなチョコレートスポンジのようでしっとりしていました。
ショートケーキ Mix Fruits 399円
PAPA DANIEL04

 上にヘタ付きの苺1個とブルーベリーをのせたショートケーキ。卵黄たっぷりと思われる黄色いスポンジに軽い生クリームで小さな店らしく美味しいものでした。
 
 実際、初めて出したのは別な店との書き込みもありますが、ブームのときにテレビではこの店だと紹介されていたのも確かです。ティラミスの次、パンナコッタの前のブームでしたっけ。今考えると、あのデザートのブームはなんだったのでしょう? テレビ局の仕掛けでしょうか。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

「翠香園」(☆彡)
http://www.suikouen.com/index.html

Suikouen

 フカヒレを初めとした広東料理で実直に美味しい中華。

 どの料理も平均して美味しく、安心してお客を連れて行けます。

 菓子の販売スペースに、フロア、個室とさまざまなシーンで活用できる店だと思います。
 
住所:横浜市中区山下町148
電話:045-661-1266
定休:月曜
営業:11時花半~15時/16時半~21時(土日祝11時半~21時)
 
 広東料理の老舗になります。その昔宴会や弟夫妻を連れて入ったことがあり、ふかひれが美味しかった。
 市場通りは他の小道に比べると一際賑やか。3階建てのビルで、エイの表皮のような独特の色合い(完全にぼくの思い込みですが…)の石の外観。
Suikouen04

 向かって右がお菓子の販売スペースで、左は食事するフロアになります。この写真は間にある扉です。

Suikouen00
 中に入ってフローリングの落ち着いた空間。

 

06年11月の来訪。

 腹を空かせた夫婦二人でのデートなので、昔2回ほど入ったことのあるこの店へ。

 祝日の昼だけあって満席ですが、少し待つとすぐに入れました。

 
季節野菜と牛肉の炒め Sauted Beef w/Chinese Vegetables 2100円

Suikouen02
 素材にこだわる店だけあって牛肉は驚くほど柔らか。それと袋茸、青梗菜、人参、葱で、広東料理らしく、醤油とオイスターソースで炒めてあります。濃い目の味付けで広東らしい良い仕上がりでした。もう少し季節野菜というらしさが欲しいところではあります。
 
海鮮チャーハン Fried Rice with Seafood 1260円

Suikouen03
 帆立貝柱、海老、イカの3種の海鮮にレタスを使ったチャーハン。卵の絡み、味付けも上等。べとつかない仕上がりで満足。先の牛肉の炒めをのせて食べるのも美味しかったです。
 
ハルマキ Spring Roll 630円

Suikouen01
 1人前3本です。やや厚めの皮に豚肉、竹の子、椎茸といったベーシックな具。閉じ込められたとろみのある鶏がらスープがパリッとした皮を噛むとともに口の中でひろがります。平均以上の春巻きです。
 
 総評は☆彡(一つ星半)。ベーシックながらも安心して確実に美味しい広東を味わえるお店です。
 ちなみに上海蟹を注文しようとしたのですが、雄雌一対で5500円でしか出さないと言われました。雄だけでよいといったのですが残念!!

 また、禁煙でないのもノーグッド。吸っている人間に言いたいが、食事が終わってタバコを吸うくらいなら会計さっさとやって外ですってくれよ…。まあ、それを言おうと思っても、事なかれ主義の家内が怒るから最近ではいわなくなりましたが。

 

翠香園広東料理 / 元町・中華街駅日本大通り駅石川町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

「六角堂」(☆)
http://www.asadaya.co.jp/page.php?cid=rokkaku_top
Rokkakudou
 
 ぼくの好きなものに浅田屋の黒いハリハリ漬けがあります。

 そのグループの鉄板焼きの店が金沢でも屈指の景観を誇る卯辰山にあります。

 金沢で展開する有名店の鉄板焼ですが味はそこそこ。ちょいと残念ですから、もっと味も店も良くなってくれたらなぁと思います。
 
住所:金沢市東山1-38-27
電話:076-252-5115
定休:無休
営業:11時~15時/17時~22時(土日祝16時半~)

 店は「松魚亭」の前にあります。
 少し古びた洋風の店構え。景色は見えませんが、作りとしては「うかい亭」に似た面があります。

Rokkakudou08

 入り口を入り、右には大きなカウンター形式の鉄板焼きスペース。飾られた牛の頭が雰囲気を作り出してますね♪

Rokkakudou00

 左にはウェイティングがあり、奥にいくつかの鉄板焼きスペースがあります。今回は左の奥の方でいただきました。
 

Rokkakudou01

 これはこのお店のマークかな? 飲み物を置くのは金属製。

 
特選和牛ステーキディナー ヒレ 11550円

前菜
Rokkakudou02

 白いお皿に3品盛り合わせ。記録はだいぶ経ってからなので、印象しか残っていません。が、この価格のお店としてはノーグッドです。ありふれた街の洋食屋さんみたいでした。もうすこし金沢らしい良さを取り入れていて欲しかった。

サラダ

Rokkakudou04
 レタス、プチトマトに白いえのきたけ。梅、醤油、胡麻のドレッシングから選んでかけて食べます。包装からすると、ドレッシングは売っているものみたいですね。有名らしいですが…。

特選和牛ステーキ180g

Rokkakudou03
 肉のさしの入り方はまあまあです。産地は教えてくれませんでした。写真はサーロインと両方写っています。
Rokkakudou05

 タレは2種類。ポン酢だれともう一つはなんだったか忘れました。
 面白いのは梅干を鉄板で焼いて出してくれることです。
 肉の焼き方はおまかせで。にんにくチップを先に炒めています。
 付け合せはもやしとニンニクの芽。
 
ニンニクライス、味噌汁、香の物

Rokkakudou06
 刻んだニンニク入りの鉄板焼きのガーリックライス。モッチリ感はそこそこ。

Rokkakudou07
 
Rokkakudou10
Rokkakudou09
 これらは子供用のメニューです。こういうものを用意してくれるところは親切でうれしいです。

 
Rokkakudou11

 デザートは入り口右の巨大カウンターの部屋の奥のデザートの部屋でいただきます。部屋の作りはこぎれいながらも比較的簡素な印象。ファミレスに似ていなくもありません。
 注文できるのは自家製のケーキなどです。ラインナップをみて以下のものを注文。

洋梨と赤ワインのシャーベット
Rokkakudou12

 味はそのままですが、これだけというのも物寂しい。
Rokkakudou14

 コーヒは普通。

Rokkakudou13

 これは他の人のケーキ。

 
 地方にいるため、もまれていない感は否めません。この価格でこの内容とすると、関東では厳しいでしょうね。
 子供連れOKですし、金沢だから☆(ひとつ星)ギリギリつけますが…。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 「オプレチェネッラ」 の記事を更新しました。

 ついでに過去の画像も全部大きく見やすくしておきましたので、過去の記事本体もご覧ください~。

 「'O Pulecenella(オ プレチェネッラ)」(☆☆彡)
'O Pulecenella

 
 横浜にも本物だけが持つ空気を味わえるトラットリアがあります。
 その料理もピザやパスタなどが出てくるイタリアンとして本格派。

 川沿いのリストランテでお客の談笑とともにゆったりと時間が流れる…長く過ごしたい気分になると思います。

住所:横浜市西区北幸2-13-1北原ビル1F
電話:045-314-1050
定休:月曜
営業:11時半~15時/18時~21時半
 

'O Pulecenella07
 お店の看板でTRATTORIAというのはイタリアで見かけたまさにそれ。雰囲気があります。

 少し薄汚れた元は白かったと思われる可動性のひさし、外に面する壁はなく、パタパタと開けるガラス扉で外壁が作られているのもまたトラッテッリアっぽい。ピンク色のような塗り壁。入り口を入るとまずオープンキッチンが見えます。

'O Pulecenella20

 中は白い塗り壁のダークウッドの配色がビシッときまり、その西洋建築の内装にも手抜かりはなし。ここまできまっていると気持ちよい。

 

 4回目の記録です。11月の夜に食事会で行ってきました。
 19時からの予約でいただきました。3人という中途半端な人数だと店側も分量設定に困ったらしい。
'O Pulecenella19

 
 まず出てくるのはパン。編んだバスケットで出されます。全粒粉のパンは独特の固さと美味さ。バゲットも通常のものよりも美味しいですね。自家製の窯を持つ店ならではでしょう。料理が運ばれてくる前からバターやオリーブオイルもないのにパクついてしまいます。
 
尾鷲産ヤハラガツオのブッタネスカソース 1890円

'O Pulecenella21
 一見サラダにも見えかねない前菜。周囲に赤い玉ねぎを配して飾っています。ケッパーの入るブッタネスカの風味のするヤハラガツオはこの時期のものでしょうが実に良い。鰹は正直好きではないのですが、これは別物ですね~。上にはフェンネルや香りの強いイタリアンパセリ。
 
蝦夷シカのサルシッチャ(ソーセージ)仕立て 1890円
'O Pulecenella22

 ごっついソーセージです。くせというか香りが強い、腸ではなく、薄切り肉で巻いているところがまた好み。これはricetta-casualeさんやnoodlesさんあたりが好きそう(笑)。下にはレンズ豆。付け合せには青菜と皮を剥いたチェリートマト。
 
ビアンケッティ Bianchetti 2415円

'O Pulecenella23
 白魚、トマト、オレガノ、にんにく、ケッパーのピザ。あいかわらずここのピザは周辺の細かな焦げ目といい、生地の具合が素晴らしく、中のトマトソースとほうれん草、塊に入れられている白魚などの具も新鮮で美味い。ただ、本日はいつもよりも焦げの匂いが強め。裏目に出そうなくらいでしたが、同行者は満足してくれたよう。
 
マルゲリータ 2100円
'O Pulecenella24

 水牛100%のモッツァレラ、トマト、パルミジャーノ。ナポリ郊外の町カセルタで完全手作りのものが空輸されて24時間以内に使われている新鮮なモッツァレラはさすがに風味が違います。考えれば、ヨーロッパは野菜の旨味が日本とは段違いによい。その土壌の草を食む水牛のチーズが日本のチーズとは異なる風味とコク深さを持つのも当然といえば当然ですね。それがたっぷり入り、トマトソースも変わらず新鮮で美味い。これに柔らかなバジルの葉です。

 

パセリを練りこんだ自家製キタッラ、真鯛のコンフィとウイキョウ和え サルデーニャ産カラスミをかけて 1995円

'O Pulecenella25
 ゴツゴツした好ましい食感の緑色のキタッラ。パセリの風味が予想以上に利いています。これに崩した真鯛の身とウイキョウが合わさり、それらの風味が渾然一体となってカラスミとも競演。上にはフェンネル。香りの強い皿ですが、それが調和しているから絶妙。
 
タヤリン(ピエモンテ州:卵入り細麺) ジロール、プルロット、トランペットを和えて
'O Pulecenella26

 タヤリンはカッペリーニよりもより細いパスタで、ほぼそうめんに近い。卵を使ったこのパスタは驚くほどにキノコの旨味も吸っていて、実に美味しい。上にのっている3種のキノコもそれそれの風味や味わいを口で繰り広げてくれるのですから、キノコの美味さを堪能できます。上にのっている緑は春菊かと思ったら、でかい葉っぱになったイタリアンパセリだそうです。
 
“モンブラン” ミルフィーユ仕立て オレンジ風味のジェラート添え 1050円

'O Pulecenella28
 モンブラン?という感じのデザート。チョコレート生地のクッキー、栗のクリーム、メレンゲ、生クリーム、薄く延ばしたミルクチョコレートからなります。パウダーシュガーとココアパウダーはそれぞれに色合いをとりながら振られています。一緒についてきたのは栗のジェラート。したには軽いナッツでした。
 
パイナップルのクリームケーキとそのジェラート、チョコレートソース添え 945円
'O Pulecenella27

 これは同行者が頼んでいたデザート。パイナップルのジェラートにパイナップルのクリームケーキ。口に含むと誰の口からも「ああ、パイナップルだ」と声が漏れます。上の飾りはドライにしたパイナップルと甘草。ソースもチョコレートとその甘草の透明なソースでなっています。さすがですね。この店は料理だけでなく、デザートも一流です。

 

 かわらず良い店です。
 その良い店がすぐとなりにピザなどを簡単に楽しめる形態の店をオープンさせるのだそうです。深夜までやってくれはしないとのことですが、まだまだここで楽しめそうです。
 ちなみに同行者たちはメニューをもらっていました。日替わりでメニューはかわるから差し上げても結構だとのこと。太っ腹ですね。銀座あたりでやっていようが、写真も撮らせない店とは度量が違います。

 こんな店こそが☆☆☆(三ツ星)にふさわしい。…が、あとは子供が駄目なことを何とかして欲しいですね。大丈夫な日を設けて告知するなどスペシャルな日も作っていただきたいと思います!!

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。