横浜発 驢馬人の美食な日々

横浜在住の“ろば~と”が行くグラン・メゾンからラーメン屋さんまでのグルメなデータベース


テーマ:

 「SAKURA」 に付随して掲載しているこのお店の記事内容をちょこっと追加しました。

 本当はもっといろいろ買っているのですが記録してないことが多くて。

 

「ENOTECA IL CALICE(エノテカ イル カーリチェ)」(☆彡)

http://www.il-calice.jp/index.html

 こちらは「SAKURA」のワイン・食材販売店です。

住所:横浜市中区住吉町4-46
電話:045-227-5373
定休:無休
営業:12時~23時(土日祝~21時)

 ドコモの裏手にイタリア国旗を掲げた店があり、すぐにわかります。
 古いビルの1,2階を改装し、こぎれいなセンスよいお店のつくり。店の入り口はわざと斜めに引っ込んで作られ、足元にタイルで絵が描かれています。ここいら辺の遊び心は日本の店にはない心地よさ。
 実は16時では中休みだったようですが、ぼくらを見かけた矢立さんが開けてくれました。
 2階はワインカーヴらしいのですが階段は上らず。1階は生ハムのケース、チーズやパスタ、お菓子などのイタリアの食材がたっぷり。ダウンライトで気持ちよい感じです。
 イタリアの体温で溶ける柔らかなチョコレートをいただきながら物色。結果、生ハムを3種類買って帰りました。生ハムを量り売りしてくれるので、食べたい分量が手に入ります。
 
グアンチャーレ(Guanciale) 850円/100g

 豚ホホ肉の塩漬けハム。このまま食べても良いし、ベーコンと同様に使って食べるのも良いと。本物のカルボナーラには欠かせないとか。
 ほとんどが脂身ですが、それが美味しい。熱を加えるとやわらかくなりますが、ベーコン同様の弾力あるハムです。
 

コッパ パルマ(Coppa parma) 1650円/100g

 希少なチンタ・セネーゼ種の豚肩肉の生ハム。とろける脂身が口の中に広がる。
 赤身と脂身の配分良い肉で、脂身は体温でとろりと溶ける。赤身の旨さと合わさってすばらしく美味しい。

 
ノルチャ産プロシュート(Prosciutto di Norcia) 900円/100g


 独特な風味とバルサミコの香り。ウンブリア州の生ハム。
 脂身のない赤身だけのハム。しっかりしていて風味も強く、肉というよりもっと別の燻製のようで噛むほどに味も染み出ます。

 

クラッチャ 1350円/100g 

クラッチャ

 イタリアではクラテッロと共に高級品とされる生ハム。
 その口に含んだときの香りのよさは素晴らしい。赤身に凝縮された濃い旨味、脂身には上質なとろけ具合と甘さがあります。
 

ACQUERELLO

ACQUERELLO

 リゾット用のイタリア米。
 この缶入りの米は「SAKURA」でも使われていて、これを使うと他の米は使えないという売り文句通り旨い米です。自分でもパルミジャーノのリゾットやあさりのリゾットを作ってみましたが、やめられない美味しさです。

 

 やはり食材屋さんですので星をつけるのもどうかと思いますが…。行けばきっとほしいものが出てきます。


 その後もイタリアンは家で作るようになったので、いろいろ買出しをしています。

 

ソプレッサータ(?) 945円/100g

IL CALICE06
 豚の頭の部分だけを使って作った生ハム。軟骨のコリコリとした食感が楽しめる…はずだったけど、コリコリしてないし、黒胡椒が効いていてサラミみたい。ま、まさか隣にあった「フィノッ…」というのと間違えてる?
 

プロシュート・パルマ 997円/100g

IL CALICE04
 定番のパルマ産プロシュート。パルマ屈指のメーカー、ピオトジーニ社のものだそうです。その場でも食べましたが、後日生ハムとブロッコリのスパゲッティーにしていただきました。これも美味い。

モッツァレラ ブッファラ 819円

IL CALICE05
 水牛の乳と乳清を原料とするコクのあるフレッシュチーズ。ナポリのあるカンパーニア州のサレルノ産。切って食べたが柔らかな甘みと乳の香りの後にチーズの持つコクが口に広がる。改めて水牛のモッツラレラが美味いものだと認識させられた。残りは強力粉をはたいてフライパンで焼いて食べましたが、とろけて美味しい~!!

生ハムの切れ端 525円/100g

IL CALICE07
 カッターで切れなくなった部位を売っていたのでこれも購入。プロシュートのものを。
 少し切って食べてみたが、プロシュートは厚みがあると噛み切れないものだと認識しました(笑)。その後は細かくちぎって食べると生ハム本来の濃い旨味が味わた…けど、この後猛烈な下痢に! これ以外を共有して食べた家内は大丈夫だということは??
 後日小さめに切って焼いて食べてみましたが、今度は大丈夫。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 閉店したそうです。

 このお店がなくなってしまったのは正直驚きです。

 

「chez copain(シェ・コパン)」(☆彡)

http://www.chezcopain.co.jp/

chezcopain
 
 三崎の新鮮な魚貝を味わえる南仏料理の店。

 リーズナブルな値段設定で小洒落た料理。

 ミモザの木の下のテラスのような店内でゆったり美味しいものを頬張れる人気店です。
 

住所:横浜市中区住吉町5-64-1石渡ビル1F
電話:045-212-5123
定休:無休
営業:11時半~14時(土日祝~15時)/17時~21時半

 
 外観は色合いが深い青銅を模した扉と西洋の塗り壁。

 内装も南仏海辺のウッドデッキを模し、ミモザの木まで再現しています。

 

初回は05年3月21日の来訪。
 12時でお客は半の入りでしたが、出る頃には外に待ちも出るほど人気があるみたいです。
 今回はスペシャルランチコース2625円を二人で注文。魚料理か肉料理を選べるコースです。

 

スペシャルランチコース 2625円
 

本日のオードブル
chezcopain01

 煮た太い白アスパラガスと蛍烏賊3匹。オレンジ色で酸味の強いトマトと黄緑色の豆のソースで彩り鮮やかだが、トマトのソースは酢味噌のように烏賊を美味しく食べさせてくれる。付け合せは大根とか蕪と芋のような西洋野菜の薄い輪切り。
 

スープ
chezcopain02

 野菜のスープでした。じっくり野菜の旨みが出ているから良いのだが…物足りなくもあります。
 

本日のお魚
chezcopain04

 鰆のソテーで上には春野菜のフリット、下には茹でたほうれん草。ソースは梅のソースで非常にヘルシーな印象です。
 

和牛ホホ肉
chezcopain03

 じっくり煮込んで柔かく箸でもほぐれる牛ホホ肉のブロックを赤ワインのソースでいただきます。付け合せはアスパラ、ブロッコリ、キャベツなど。肉の下にはたっぷりの茹でたほうれん草がしいてありました。メインはボリュームがあります。
 

デザート盛り合わせ

chezcopain05
 カシスのシャーベットとイタリアの固いクレームブリュレにイチゴ。デザインされた白と黒のチョコが飾り。イチゴのソースでした。ここにココアパウダーを散らしてあります。

chezcopain06
 飲み物はコーヒーと紅茶。

 

 地元客をひきつける魅力があります。ジビエ料理も得意なようなのでそれも食べてみたいなぁと思いました。

 

 

2回目は06年8月23日の来訪。

 11時25分と開店前の到着ですが、中に入れてくれました。
 昼は満席になるほどの盛況ぶり。
 
岩手産岩中豚ロースソテー 997円
 スープ、サラダ、デザート、ドリンクのうち2品を選択できます。スープとデザートを選択。

chezcopain07
 スープはトマトの冷たいポタージュスープ。パステル系オレンジ色のスープに緑の刻んだ万能ネギがのっています。酸味があるけど、生クリームで滑らかな口当たり。
chezcopain08

 メインの豚のソテーは大きく焼き具合も良好。ジュを使ったソースも味が濃く万人受けしそう。実際、御飯がすすむ定食屋的美味しさ。
 付け合せは温野菜。肉の下にしいてあるのは茹でたキャベツ。それに茹でた青梗菜、ソテーした長芋とプチトマトです。
chezcopain09

 デザートはふわふわの蜂蜜のアイスです。ソースはなんだか忘れましたが、可愛いひと品。
 
 1000円のランチでこの内容であれば、大満足でしょう。立地が少々悪くともお客も集まるはずです。
 連れて行ってくれた方が忘年会などの利用がまたお得だといわれていました。こういう口コミを得られる店です。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

「英記茶荘 東京本店」(☆彡)
http://www.kataoka.com/products/eikichaso/

英記茶荘

 
 1881年に中国の広州で創業し、現在は香港に本店を持つ屈指の銘店。

 名店に恥じぬ品揃えと独創的な中国茶、そしてお値段(笑)。

 レストランではありませんが、リストに加えておきたいお店です。

 
住所:港区六本木6-10-1六本木ヒルズヒルサイド1F
電話:03-5775-1625
定休:無休
営業:11時~21時

 
 黒い看板に金の文字。ガラス張りの店は白い壁とダークウッドのモダンな中国らしい棚、大きなお茶の缶など昨今のきれいなブティックのような中国茶の小さい店。中は黒いチャイナ服を着た女性陣が接客です。
 並ぶお茶は高山茶の価格を見て、やや高い気がします。ただ、お茶の質が違うはずですからなんとも。ただし、高ければよいというものでないことは、ある飲食店向けの雑誌で中国茶の販売店、雑誌の編集、昔懐かしいチューヤンらがブラインドテイスティングして高いの安いのはメタメタだったのを知っているからなんとも(笑)。
 お勧めのお茶を試飲させてくれました。このサービス良いなぁ。
 
アイスティーセット 1470円

英記茶荘01
 烏龍茶にも興味はあるけど、ここはお土産で家内を喜ばせたかったので、夏らしい中国茶のアイスティーセットを買ってみました。白い紙の包装で、中には銀色のパックで3つお茶が。
 丁寧に入れ方の書かれた紙も入っていますので、初心者にも優しい。

英記茶荘02
1)白桃の香りの烏龍茶 30g

英記茶荘03
 アイスでもホットでも美味しくいただけるというこの夏お勧めのブレンドティー。

英記茶荘04
 ほんのり甘い香りの白桃が入る烏龍茶。謳い文句どおり、その香りはとてもよく印象に残るお茶です。ただ、指定どおりの2分だと味わい的にやや烏龍茶の渋みも強くなるかも。味のすっきりとした凍頂烏龍茶の方がぼくの好みですが、これは女性受けしそうです。家内も絶賛していました。

 ちなみにカップはぼくらの好きだったハワイの猫のカップです。
2)明前龍井 30g
 すがすがしい香りとふくよかな香味の緑茶。
3)白石巖水仙 30g
 ほうじ茶のようなさっぱりした味わいのお茶。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

「BECK’S COFFEE SHOP Plus 大船店」(★)
http://www.jefb.co.jp/becks/
BECK’S ofuna

 
 2度と行かない店を珍しくもさらりと計上させていただいます。

 大船駅構内、笠間口の本屋に併設されたコーヒーショップです。

 朝早くからやっている本屋でコーヒーを飲みながらゆったりした時間を過ごせるので、通常であれば☆がつくところですが、店員の頭の中までゆったりして緩みきっているようです。
 
住所:大船駅構内
電話:045-897-6528
定休:無休
営業:7時~22時(日祝8時~)
 
 なんと駅構内で本屋さんに併設されたカフェ。
 カウンターだけではなく、本を読みながらでもくつろげる席を用意。
 朝8時過ぎでゆったりしている人が結構います。
 
モーニングプレートB 530円

BECK’S ofuna01
 飲み物とヨーグルト、ミニサラダのついたセット。
 レタスとトマトだけですが、冷たくクリスプ。マヨネーズベースのドレッシングに胡椒も香り美味しいです。
 甘くないヨーグルトに果肉も入るブルーベリージャム。
 カフェ・ラテMで注文。
 飲みやすいカフェラテでミルクもその香りがわかる仕上がり。
 プレートのメインが出るスピードは遅い。注文して席に着いてから10分以上かかるのは非常にマイナス…サラダもヨーグルトも食べ終わり、カフェ・ラテも飲み干して…ん? 後から来た人がぼくが頼んだものと同じのをもう食べてるぞ。
 店の女の子に聞きに行ったら忘れていた。

 厨房の中の店員3人は目の前にお客がいないからとないもしていないではないか。
 この時点でもう★(黒星)。二度と入らない。この会社の社員は立地に胡坐をかいて駅にある店の意味を理解していないか、会社の体制としてもともと理解する必要もないのだろう。チェーン展開している店の悪い面がもろに出た形ですね。流れ作業が生む責任感の欠如というもの。所詮はJR経営というところかも。
 目印のポッチを渡し至急作ってもらうが、その時点で乗る予定の電車はすでにいってしまった後。食べないのも癪なので、すぐに作ってもらう。

BECK’S ofuna02

 30秒で出てきたのは凡庸なトーストとベーコンにスクランブルエッグ。こんなのに余裕の電車を乗り過ごしたのかとガックリ。
 飲み物もなくトーストをほおばり、プレートを返した際、カウンターに置いたが、その際お客さんの肩に当ててしまったのは反省。「たるんどる!」と怒鳴ったのは冷静さに欠ける。
 朝5時から起きた娘の面倒をみながら家事をし、疲れてきた休息でもある朝食タイムにこうなったといえばいい訳だが…修行が足りないなぁ。

 しかし、飲み物なしでトーストを食べるのも苦痛。

 もう一杯コーヒーくらいだしても良いと思うぞ。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日はミニオフでした。

 良いお店に良い参加者が集まり、楽しい時間があっという間に過ぎた気がします。

 皆様ありがとうございました。こうして☆☆彡(二つ星半)のお店をまたリストに加えることができました(笑)。


 参加メンバーは以下の通りです。皆さんのところを読み比べると面白いかも。(順番は参加表明順)

驢馬人

palmeritaさん(遊食な日々

ricetta-casualeさん(偶然のレシピ

ヌードルスさん(レッドストライプ

理恵さん(ブログなし コメントを下さる方です)

まさとしさん&よしみさん(横浜発! おいしいもの!!)

 

 

「wine & restaurant l'insense(アンサンセ)」(☆☆彡)
http://www.linsense.com/
l\u0027iusense
 横浜駅から程近いビルの地下にワインと料理に舌鼓を打てる隠れ家があります。
 Max Wine Salon講師の前根氏がオーナーソムリエ、江原氏がソムリエを勤めるワイン&レストラン。

 丁寧なワインの説明とグラスワインの充実振り、カウンターも多くお一人でも安心です。
 
住所:横浜市西区北幸2-5-22福井ビルB1F
電話:045-290-0800
定休:月曜・第3日曜
営業:17時~23時LO
 

 tamachi-5chさん(ノーフォークテリア☆トムの告白 )お勧めの店。ミニオフに使わせていただきました。

l\u0027iusense00
 階段を降りると、そこにはムーディーな中が見えるガラス張りの簡素な扉。階段の途中にあった光る店名と同じものが扉の前にあります。

l\u0027iusense01
 中は厨房を囲むカウンターと外周のテーブル席を擁する暗めの空間。大きくはありません。ダウンライトでテーブルが照らされ、珪藻土のような模様の描かれた壁と一枚の絵が印象に残ります。
l\u0027iusense02

 まずはシャンパンで乾杯です。付け合せはプチトマトのシャンパン煮。果物のように甘く、爪楊枝を刺し、皮もむいてあるので食べやすい。

l\u0027iusense03
 パンは全粒粉の自家製。物凄く旨味が濃く、熱々で出てくるこれには脱帽。一度食べ始めるとやめられません。
 

コース 5500円

勝山のスズキとホタテ貝のカルパッチョ仕立て

l\u0027iusense04

 房総の新鮮なスズキに甘みが濃くネットリした帆立貝柱。塩を振って優しく上質なエクストラバージンオイルで仕上げてあります。散らしているのはバジルの原種という小さくも香り良い葉。帆立には甘く煮付けた無農薬レモンの皮、スズキには確かトマトのゼリーがかけられています。
 付け合せには柔らかく煮たポロネギ、鞘ごと食べる四角豆、フルーツトマトです。単なるカルパッチョで終わらずにいろいろと知的空腹をも満たしてくれた良品。全員へぇ~の連発です(笑)。
 
フレッシュフォアグラのポワレ、アレキサンドリア添え

l\u0027iusense05
 トロトロととろけるようなフレッシュフォアグラの表面をカリッとソテーし、塩胡椒を振っただけのシンプルなひと品。フォアグラの火の入り方はとても素晴らしく、流れ出るフォアグラの脂が粗塩とカリッと口で砕けて薫る白い胡椒とあいまって口福をもたらしてくれる。
 添えてあるのはアレキサンドリアというマスカットのみ。固めの葡萄とは思えないしっかりした果肉ですっきり爽やか。
 
 メインは3種からの選択。どれも美味しそうでしたが、ぼくは仔羊を選びました。

 
仔羊のロースト

l\u0027iusense06

 鞍下肉という部位だそうです。興味を持って頼んでみると、運ばれてきたとたん感嘆の声がみなから上がる。ジューシーで美しい赤。脂身のない仔羊の肉の塊のスライスで、周辺は焼かれているもののロゼから赤へと美しい肉の断面が。この肉が切るとプルルンと揺れる弾力と柔らかさ。仔羊らしい香りも抑え目で実に良い味。ソースは焼いたときのジュがメインでこれも美味い。カリッとした砕いた粒胡椒がアクセントです。
 付け合せは北海道のじゃが芋きたあかりのペースト、ひよこ豆を粉末にしてオリーブオイルと水で練って焼いたもの、ミニ玉ねぎのソテー。表面が焦げるくらいに熱を通された玉ねぎは甘い。
 
シャラン産鴨胸肉のロースト

l\u0027iusense07
 これも肉の色がロゼに仕上がったシャラン産の鴨。美しいでしょ! ささみがついているところが気になります♪ まさとしさんに少しいただきましたが、鴨の香りが徐々に口に膨らんでくる良い味わいでした。

 

アンドゥイエット

l\u0027iusense08
 珍しいのですが、内臓を詰め込んだソーセージです。豚の腸や胃を細切れにして羊の腸につめ時間をかけて茹で上げるフランスシャンパーニュ地方の名物惣菜だそうです。
 切った断面がとても素敵(笑)。ヌードルス氏に分けていただきましたが、内臓の感じが食感としてよく、ハーブで臭みもきちんと抑えられていて美味しかったです。

 

 ここでコース外になりますが、チーズを間に挟むことに。

l\u0027iusense09 l\u0027iusense10 l\u0027iusense11
 すると出てくるわ出てくるわ、ハードタイプ、アオカビ系やヤギのチーズ、ウォッシュ系などを分けて出され選択するのですが、どれも美味しそう!! ミモレットの色合いにはうっとり。5種選んでいただきました。チーズには枝がついたまま作られた干し葡萄も添えられています。

l\u0027iusense12
 パンはフランスパンを薄切りにして焼いたもの、全粒粉のパンを焼いてクッキーのように焼いたもの、食べていませんがレーズン入りのバゲットの3種が供されました。
 
フルーツのスープ仕立て

l\u0027iusense13
 ローズヒップとハイビスカスの冷たく赤いスープ。細切れのプラム系果物が入り、甘すぎず甘い。中央にはバニラアイスとミントのアイスを合わせたものが浮いています。バニラも美味いが、ミントが口の中に清涼感をもたらして夏のデザートとしては極上。
 
コーヒー

l\u0027iusense14
 食後にはコーヒー。これもややローストの強いモカを混ぜてあり、苦味が利いた良品。
 
 この店の良いところはグラスワインの充実振り。
 ソムリエが丁寧に特徴まで教えてくれ、飲み比べなどもできますし、その表現は的確でした。お酒の飲めないぼくでもワインは面白いなぁとその魅力の一端を垣間見ることが出来ました。白だけはまさとしさんご夫妻に味見させていただいたのですが、比較するとさらに美味しい~。ワインはこんなに違うんだと飲めないなりに感じます(笑)。
 通常のワインにも面白いものがあります。ボルドーなどの定番物から南フランスの地葡萄が入ったワインなども説明を受けて飲むと楽しさが増しましたね。
 とはいっても、ぼくは飲めないのでウィルキンソンのジンジャーエールがメインでしたけど。最後にはもう眠くなってしまっていました。(ご参加の皆様失礼しました)

 これは一人でも訪れる価値があります。
 「SAKURA」と同じような匂いがしますが、コストパフォーマンスはこちらの方がはるかに高いかな。

 

 ちなみにトラックバックできないpalmeritaさんの記事はこちらにリンクを貼っておきました。

「遊食な日々/初オフ会☆」

 後日アップされたricetta-casualeさんの記事のリンクはこちらで。

「偶然のレシピ/よこはま発!」

 

 

06年9月26日夜に再訪しました。

 本日は一人で。先客は女性二人組みのみ。
 カウンターに座らせていただきました。オープンキッチンですべてみえます。シェフは意外に若いですね。
 

l'insense15
 飲み物は100%みかんのジュース。酸味がありますが、濃縮還元ではないので甘ったるくなく、やや苦味も感じる。そこが良いんです。
 
 5500円のコースで注文。7500円のコースもありますが、こちらは肉と魚が両方のフルコースになります。前菜はリストの中から選べる方式に。
 

l'insense16
 突き出しは青森産スイートコーン。ほんのちょっとしかないところが泣かせます。茹でずにアルミホイルで包んで蒸し焼きにしたため味わいがしっかりしている。サラッと醤油がかけられているみたい。
 
仔ウサギのモモ肉のリエット
l'insense17

 仔ウサギのリエットは肌理細かな仔ウサギのコンフィを崩した肉と脂を混ぜ合わせているらしく、臭みなく滑らかな口あたりと旨味。
 天然酵母の自家製フランスパン。香ばしく焼いて出してくれます。これが外側はカリッとしていて、中がモッチリ。
 リエットの脂を緩和するために付け合せにされたのはスモモのピクルス。酸味ももちろんですが、スパイシーな香りがなぜかします。個人的にはちょっと苦手。
 
フランス産フレッシュフォアグラのポワレ(100g)
l'insense18

 これまたシンプルに塩胡椒だけで焼き上げた脂も美味しいフォアグラ。フレッシュのフォアグラをこうして食べられるのは幸せですね。
 黒イチジクは身の詰まったイチジクで、香りが普通のものと違います。ややどっしりしているよう感じるのはネーミングによる思い込みかな?

こしょうだいのポワレ
l'insense19

 メインは魚を選択。
 皮がパリパリでこれが美味しい! 白身の方もむっちりしていて滑らか。エキストラバージンオイルと6年熟成もののバルサミコを煮詰めたソースをたらして。バルサミコはチョコレートのようにネットリしていて、濃厚な葡萄の甘みとバルサミコらしい酸味。
 その下には根セロリのピュレ。優しい感じですが、確かにセロリの風味が口に残ります。
 付け合せは焼き茄子。脂で揚げたかのような焼き上がりで美味しい!

 

l'insense21

 デザートはカップにフロマージュブラン。マンゴーとバナナのシャーベットを中央に落とし、プラムのジャムをかけています。マンゴーとバナナの香りがそれぞれに感じられる。添えられているのは自家製のメレンゲ。噛むとコリッとしていてサクサクです。
 

l'insense22
 コーヒーでなく、紅茶を最後にお願い。
 
 さて、この店は相変わらず接客もさることながら、細やかな気配りがとても気に入りました。
 オープンキッチンのためでもありますが、この店で本日感じた最大のポイントは、このレストランは香りをとても大切にしているということ。キッチンで調理される料理、香ばしいパンの香りはもちろんのこと、料理すべてにとてもよい香りがあります。

l'insense20
 地下であるため匂いがこもりやすいのですが、換気しにくいながらも休み時間にはこまめに換気を行い、壁には備長炭を詰め込み、またオブジェとして備長炭を飾っています。もちろん、消臭剤などは使わない。トイレの洗面に香水が一杯置いてあるのも美しさと共に香りを大切にしていることの表れかも。素敵だと思いません?

 

アンサンセワインバー / 横浜駅平沼橋駅新高島駅
夜総合点★★★★ 4.5

いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。