新エネルギーの計画利用について、今回はバイオマス発電を紹介したいと思います。

前回紹介した塩分濃度差発電に続き今回のバイオマス発電もまだあまり世間では知られていない発電方法だと思います。

動植物等の生物から作り出される有機性のエネルギー資源で、一般に化石燃料を除くものを総称して「バイオマス」と呼んでいます。
そのバイオマスを燃焼したり、あるいは一度ガス化して燃焼したりして発電するしくみを「バイオマス発電」といい、バイオマス燃料を燃焼することでタービンを回し、発電機を動かすことで発電を行います。

また、バイオマス発電には大きく3つの種類があり、
1・バイオマス燃料を直接燃焼して蒸気タービンを回す直接燃焼方式。
2・燃料を熱処理することでガス化し、ガスタービンを使って燃焼させることで発電を行う熱分
3・燃料を発酵させるなど、生物化学的にガスを発生させ、そのガスをガスタービンで燃焼させて発電する生物化学的ガス化方式
と分かれています。

メリットとしては、自然環境に左右される不安定な再生可能エネルギーと違い、燃料さえ確保すれば安定した発電量が見込めること。
デメリットとしては 安定的に燃料を確保することの大変さ、その保管場所等のスペースを確保することになります。

木くずやゴミや糞尿などを利用しておりとにかく環境に良いイメージがあるバイオマス発電なので、こちらもデメリットが解決されればどんどん導入されていきそうな予感がします。

今後もバイオマス発電に注目していきたいと思います。
 
AD