チョコメロのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:
さくら学院のメンバーが登場し、ライブがスタートすると、僕が立っている位置より3~4列前の人たちまでは前方に殺到。「この人たちはベビメタから流れてきた人たちか?」と思わせるような、まるでBABYMETALのライブのようでした。
とにかく人が前に殺到したため、空いたスペースが出来るから、その分2、3歩ですが、前に進むことが出来ました。勿論、前に進めたからといって格段見やすくなった訳ではありませんが、前後左右の人たちとの間隔に少し余裕ができたので、混雑感みたいな事だけは少しですが緩和されました。

最初の曲はMy Graduation Tossでした。正直見えるのはメンバーの頭の部分だけ、顔は時折見える程度。あとステージ両端に、お立ち台が設置されていて、時たまメンバーがお立ち台の上に乗ってくれると、そのメンバーは確実に見ることが出来ます。
その後の曲はHello! IVY。「ベビメタから流れてきた人たちは、Hello! IVYとか知っているのかなぁ?」と前に殺到している人たちを勝手にベビメタから流れてきた人たちと決めつけている自分。

Hello! IVYが歌い終わると、一旦トークへ…。
最初に口を開いたのは、勿論、生徒会長の中元すず香ちゃんでしたが、かなり息があがっていて話すのも大変そうな感じでした。
いつもなら最初に自己紹介をしますが、あとで「目指せ!スーパーレディー」を歌うので自己紹介はありませんでした。トーク内容としてはメンバーがお客さんに質問して、同意できたら手を挙げてもらう、といったことをやりました。具体的に覚えているのは、磯野莉音ちゃんが「自分はこの中で1番頭がいい」みたいな事を言ってから、お客さんに「莉音よりも頭のいい人!」と質問すると、ほとんどの人が手を挙げていました。
このような感じのやりとりが行われていたのですが、残念ながら覚えているのは莉音ちゃんの所だけで、他のメンバーの質問は忘れてしまいました (_ _)

トークが終わると、次の曲はWONDERFUL JOURNEY。お客さんもさくら学院と一緒にフラッグを振ります。前に殺到している人たちもフラッグを振っていたのかどうか確認していませんが、後ろにいる人たちは周りに気を使いながらフラッグを振っています。前で圧縮状態になっている人たちと後ろの人たちとでは、かなり対照的な感じがしました。

WONDERFUL JOURNEYが終わると、すぐにSchool days。指揮と1番目の歌詞を省略したバージョン。僕はこの歌が大好きですが、本当は指揮あり1番目の歌詞があるフルバージョンの方が好きなんだけれど…。
昨年の卒業ライブ以来、見る機会には中々恵まれません(×_×)

School daysが終わると、ピクトグラム、ベリシュビッッ、そして目指せ!スーパーレディー。
目指せ!スーパーレディーは、この時初めて見ました。歌いながらメンバーが、お立ち台の箱を持って移動させているのが確認できました。移動させたお立ち台の上に紹介されたメンバーが乗っていくという、勿論お立ち台の上に乗っているメンバーは見えますが、この時乗っていないメンバーが何をしているのか?は前にいるお客さんに隠れて、見えないのでわかりません。
3月3日のららぽーと豊洲でのイベントでわかったんですが、飯田らうらちゃんがお立ち台の上に立っている時、菊地最愛ちゃんら3人が土下座しているなんて、この時は夢にも思いませんでした。
あと杉本愛莉鈴ちゃんを紹介する所で、お立ち台の箱を前後に並べて1列目は1つ、2列目は2段重ねにして、1列目のお立ち台に座る愛莉鈴ちゃんが何故か印象に残っています。

目指せ!スーパーレディーの次は、Song for smiling、そして最後の曲は、FRIENDS。
勿論、途中所々でトークもありました。水野由結ちゃんによる、ステージ左端のお立ち台の上に乗ってのダンス講座や日向ちゃんがスタンディングライブがうまくいかなかったら、2度とスタンディングライブは無いと倉本校長に言われたとの話もありました。

また昨日の下北沢 Gardenのライブについて、ライブのテーマが、Valentineと言うことで、チョコレートを見に来たお客さんにあげた、とのメンバーの発言があり、ただでさえ下北沢に行きたかった僕としては、「チョコレートが貰えるのなら下北沢の方にすれば良かった」との思いが心の中で増すことに…。
ただ後で、ライブ終了後に分かったことですが、チョコレートは見に来た観客全員にあげたのではなく、メンバーが何個かのチョコレートを観客に向けて投げ入れたのが正解みたいです。
でも、この時点では観客全員が貰えたものだと勘違いしている僕は、下北沢の方にすれば良かったとの後悔の念がますます強まる結果になってしまいました。

最後の曲 FRIENDSが歌い終えるとメンバーはステージ上から去ります。その後は観客によるアンコールの大合唱。そして、再びメンバー登場。
まずアンコールの曲を歌う前に、新曲 My Graduation Tossの宣伝。杉崎寧々ちゃんが説明していましたが、「2月27日にMy Graduation Toss発売」と言わなければならない所を「12月27日に発売」と言い間違え、そのまま話を進めていきます。途中で間違えた事を他のメンバーから指摘を受けるも、「寧々、12月27日って言った?」と本人は、間違いには気付いていない様子。
多分メンバーだけでなく、前で見ている観客からの指摘もあって納得したのか、「2月27日」と言い直していました。また、My Graduation Tossのリリースイベントを3月3日に、ららぽーと豊洲で行うとの発表がありました。

他には、中元すず香ちゃんが卒業に向けての自分の思いみたいな事を話しました。その話している最中、菊地最愛ちゃんの姿が見えました。すず香ちゃんの話を聞いている最愛ちゃんの目の中には大きな涙が写っていました。後ろの方で見ている僕の所からでも見て取れる大きな涙。その涙がこぼれ落ちたのかどうかまでは確認できませんでしたが、今にも、こぼれ落ちそうな大きな涙でした。他にも泣いている子がいたとの話もありますが、最愛ちゃん以外のメンバーの姿は見えなかったので、よく分かりません。ただ日向ちゃんだったと思うのですが、「まだ(卒業するまで)1ヶ月半あるんだよ」との発言があったので、他に泣いていた子もいたのかもしれません。すず香ちゃんも「泣くのは、まだ早い!」と言っていました。

そして、アンコールの曲は「夢に向かって」 この曲が歌い終わるとライブは終了ということで、観客全員盛り上がっていました。
そして歌が終わると、観客はメンバーに手を振ってお別れ… (^_^)/~

ライブが終了しても、出入り口から離れた奥にいるため、すぐには外には出られないので、しばらく見ていた場所に留まっていました。だんだん人の数もまばらになると、僕の目の前にステージがあらわになってきました。最前列の所に立ってみて「こんな所で見られた人は、羨ましい」と思いました。
でも実際、最前列で見ていた人のツイートによると、かなりの圧縮状態で集中して見られなかったとか…。この時は、そんなことを知らないので、ただ単に羨ましいと思っていました。

だいぶ人の数も減ったので、そろそろ出ようと思い、出入り口へ…。
「そうだドリンク、お酒が飲みたい!」
出入り口を出ると、目の前がカウンターでジュースはあったけれど、お酒はありませんでした。
それでもジュースで構わないと思って、手に握りしめたドリンクの引換券を持って取りに行こうとしたのだけれど、ジュースを取りに行こうとする人とジュースを手にして出ようとする人が入り乱れており、中々ジュースの置いてあるカウンターに近づけない (≧Д≦)
結局「どうせ、お酒じゃなくジュースだし、もういいや!」と思い、CLUB SEATAを出ることに…。
途中、グッズ売場ではBABYMETALのCDを買うとポスターをプレゼントと販売員さんが言っていました。「ポスター欲しい!」と思ったけれど、「お金が無い」ので諦め、何事も無かったかのような表情をして通り過ぎました。でも内心は後ろ髪を引かれる思いでした。

CLUB SEATAを出て、階段を上がって地上へ…。
寒い夜空の下、ライブの余韻に浸りながら、吉祥寺駅に向かって歩きながら思ったのは、結局「昔来た時の吉祥寺の面影を、何ひとつ思い出すことは出来無かったなぁ」でした。









Android携帯からの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

チョコメロさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。