ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村に登録しました

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 路上観察へ
2012-11-19 23:30:54

国道45号旧道、陸前高田市旧道に至るまでの経緯

テーマ:国道45号 東日本大震災 復興前の記録
現在、廃道からしばし離れて
主に陸前高田市の国道45号を紹介し続けていますが
ここで、今に至るまでの経緯を、説明しておきたいと思います。





振り返れば始まりは、国道305号玉川トンネル旧道でした。

”センターライン”のある廃道を探し求め続けて辿り着いた
海沿いの断崖に神殿のような洞門が続くこの道。

とある災害をきっかけに、廃道となった道であったのです。
国道305号旧道越前海岸 玉川トンネル旧道

国道305号旧道越前海岸 玉川トンネル旧道・連載はこちら

ホームビデオ映像に収められた災害の瞬間は、
廃道を知る遥か昔に、自分の私の記憶に色濃く刻まれていました。


同じような災害が北海道でも起きています。
豊浜トンネルでは救出のための爆破の模様が全国の人が固唾を飲んで見守りました。

RoadJapan 日本の道路、昭和の旧道を巡る旅-豊浜トンネル


「日本の廃道」第53号寄稿はこちら。
この2つの道は、ただ通行止となって、時間が経過するのみでした。






ここで自分は、以前に2回も訪問した「祭畤(まつるべ)大橋」が、
”災害遺構”として一関市が保存するというニュースを知りました。
地震の被害の記録を後世に残すためするために。

国道342号祭畤大橋

国道342号祭畤大橋・連載はこちら


災害遺構となった道は、祭畤大橋だけではありませんでした。
北海道洞爺湖町、有珠山の噴火に伴う地殻変動の被害を受けた国道230号が、
保存されていたのです。

第1回 国道230号旧道 洞爺湖有珠山災害遺構

第1回 国道230号旧道 洞爺湖有珠山災害遺構・連載はこちら






自分の”災害遺構”に対する関心は深まる中で、
2011年3月11日に、東日本大震災が起きました。

想像を絶する被害の中、
急速に復旧を遂げた東北自動車道や国道45号が報道で賞賛されました。


しかしその一方で、落ちたままになった国道の断片が、
半年を過ぎても、残されていることをGoogleの航空写真で知り、
陸前高田市を訪問し、この地で初めて車を降りました。


訪問は1度に収まりませんでした。
2回3回、そしてこれからも定期的に訪問を続けようと、自分を決心させたのです。

PR

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード