ヨガインストラクター+天城流湯治師で時々ナース ☆ 広島 リンパ痩身ヨガ

『自分の身体は自分で守る♡』
天城流湯治師の知識と技とヨガのエクササイズとナースの経験から、自分の身体に気づき、向き合い、ケアする方法を楽しく伝えます。
3つのパワーで届けます♡

広島のスタジオ103にて、『リンパ痩身ヨガ』を行っています。


テーマ:
在宅医を決める

お家で最期まで看取るためには、
往診してくださる在宅医の先生がいないと出来ません。
最初はいつも、義父が通ってた近くの
先生にお願いしようと思っていました。
でも、今から、呼吸困難や痛みが出てきた時に、やっぱり緩和ケアの専門の先生に診てもらっていた方がいいと思いました。
それで、2年前まで一緒の緩和ケアチームで働いていて、開業された先生にお願いしたら、心よく引き受けてくださいました。

カープの大ファンの先生は
マーティ先生としておきます。

何でも相談できるし、しょっちゅう、メールや携帯でやり取りして、対処していただきました。
往診は週一回の予定だったのに、
検査結果で貧血がひどいから、消化管出血を疑って、日曜日に来てくださったり、
呼吸困難がひどくなったって、メールしたら、お休みなのに、夜にすぐに飛んで来てくださいました。

「検査結果よりもお義父さんの過ごしやすいように、しましょう。」
とお薬をいろいろ工夫したり、
呼吸困難がひどくなって、私が不安になっていたら、
「大丈夫、お家で過ごすのが一番だよ。なんとかなるよ。」って、
言ってくださいました。

「いつでも、些細なことでも、真夜中でも、電話してしてください。」
って、メールをくださった時は
ぽろぽろ泣いてました。
マーティ先生がいてくださると思うと安心して、お義父さんを看ることができました。

日曜日に来てくださった時、先生もジーンズで、茶の間でみんなで、まったりしてたら、先生が
「これが在宅のいいところですよね。
写真撮らせてください。」って、みんなで、笑顔で写真を撮りました。
先生が帰られる時、お礼を言うと、
「僕こそ、いい時間をご一緒できて、幸せです。」って、言われた。

お義父さんも、私も、家族みんなが先生に診ていただけて、幸せです。

マーティ先生、本当にありがとうございます。
とっても、とっても、感謝しています。




iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01




公園から、桜の花を少しだけ、
もらって帰った。
お義父さんに、見せたら、桜の花って、分かったみたいだった。

今はもう、何も出来なくて、
ただ、傍に静かに寄り添うだけ。

静かな音楽を流しながら…
アロマの優しい香りを漂わせながら…

お家が一番のお薬だね…
って、友達が言ってくれた。
お義父さんもそう、思ってくれてるかな…

今日はみんなが集まって、ガヤガヤ
賑やかだった。
みんな、優しいお義父さんが大好きだから。



iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01



介護保険の申請

介護保険の申請は入院して、すぐにしました。
認定されるまで一ヶ月くらいかかるので。
介護認定されると、介護度に応じたケアやサービスが受けれます。
私はベッドを借りるのと、私が仕事で行けない時に、点滴をしてほしかったので、
訪問看護をお願いしようと決めていました。
訪問看護の方には、多分、最期までお世話になるので
きちんとした所にお願いしたかったので、自分の病院のケアマネージャーに
相談して決めました。

お義父さんの家の近くの訪問看護ステーションにお願いして、電話すると、
偶然にも、以前、私がしたアロマテラピーの研修会に所長さんが参加されてて、
心よく、引き受けてくださいました。

退院前には、病院まで来ていただいて、
カンファレンスして、訪問看護の内容やベッドや床ズレ予防のマットレスのレンタルを決めました。

今からは悪くなるばかりだから、
ベッドとマットレスは必需品です。

訪問看護も火曜日と木曜日に来てもらって、点滴をお願いして、
土曜日と日曜日に私がすることに
しました。

訪問看護は24時間体制なので、
私が仕事ですぐに行けない時にも、
対応していただけるし、
在宅ケアのことをいろいろ、相談できて、とっても頼りにしています。

写真はレンタルしたベッドです。






iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01



お義父さんが一月から私の病院に入院していました。
がんの放射線療法のために…
ご飯がほとんど食べれなくて、点滴を
一日二本していました。
治療が、あと二週間で終わるという頃、
お義父さんが
「家に帰りたい…」
って、しきりに言うようになりました。
先生は点滴をしないとすぐに衰弱して、
再入院になってしまうと言われました。

いくら、私が看護師でも、毎日、点滴に通うのは難しいと思っていました。
でも、家に帰らせてあげたいな…と迷っていました。

去年、受け持ち患者さんがお家に帰られて、元気になられたことや、
訪問看護の研修に行ってたので、
お母さんや、家族みんなで協力して、
連れて帰ることに決めました。

私の在宅ホスピスの始まりです。



iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。