ヨガインストラクター+天城流湯治師で時々ナース ☆ 広島 リンパ痩身ヨガ

『自分の身体は自分で守る♡』
天城流湯治師の知識と技とヨガのエクササイズとナースの経験から、自分の身体に気づき、向き合い、ケアする方法を楽しく伝えます。
3つのパワーで届けます♡

広島のスタジオ103にて、『リンパ痩身ヨガ』を行っています。


テーマ:
{107A0311-814D-40D8-A267-9BA7EB84A51F}

ケン・ハラクマ先生のバリ島リトリートに行って、ケン先生が大好きになり、
それだから、自然とアシュタンガヨガも好きになりました。

アシュタンガヨガは、この蓮華座のアサナがたくさん出てきます。
私は右の股関節の屈曲が出来なくて、蓮華座が組めません。
でも、どうしても組めるようになりたくて、手で無理やり入れて組んでました。
そうすると右の膝が痛くなってしまいました(>人<;)

それで、膝痛を治すために天城流湯治法の杉本錬堂師匠と出会いました。
天城流湯治法で膝痛は楽になりましたが、どれだけ足から臀部までほぐしても、
蓮華座が組めるようになりませんでした。

錬堂師匠から、
「もう、諦めろ……」と言われても、
ヨガの先生からも、
「もう、それは執着だから、手放しなさい……」
と言われても、手放せなくて、
『どうして、人はほぐせても、自分の身体はほぐせないんだろうか』
といつも、練習するたびに、葛藤してました。
楽々に蓮華座が組める方が羨ましくて仕方なかったです。


{6A14E813-2EFE-4E11-A643-A8E344BAFD63}

でも、先日、中村尚人先生のワークショップで、
「割座は(ペタンコ座り)楽に出来るけど、蓮華座が組めないひといる?」と言われて、
まさに私がそうなのです。


先生が言われるには、
「女性は14歳までに骨格が出来るので、それまでの生活習慣や姿勢、運動が骨格に影響する。
その時に女座り特に斜め座りをしてると上になる脚の大腿骨の頸部が捻れて、骨格が出来て、
蓮華座が組めなくなる。」
と言われました。

この中村先生の記事に詳しく書かれています。

子供の頃の姿勢が運動機能に与える影響


{983935CD-7C01-4EFC-86C5-353C1B24AC59}

※以下の記事は先生の上記の記事から写真と記事内容を簡略して書かせていただいてます。

大腿骨の骨頭は膝の水平面に対して、やや前方(腹側)に捻れています。
これを前捻角(ぜんねんかく)といいます。
実際に中村尚人先生が私の脚でテストしてくださったら、正常は15度なのに
私の右の脚は45度まで捻れてました(>人<;)

この角度が強いと、あぐらをかくように股関節をひらく動作(外旋)をする際に
可動域に制限がかかります。

{67D37755-1AA4-4590-BB78-D0A8B5E33C80}

この前捻角を発見する方法は
クレイグテストです。
1.うつ伏せになる
2.膝を90度に曲げる
3.大転子(お尻の横骨あたり)を触れる
4.大転子が床と平行になる部分で止める
   (大転子が最外側になる部分)

この時、床への垂直と脛(すね)とが成す角度が前捻角になります。

本当にびっくりしましたが、やっと自分が蓮華座が出来ないことが納得出来ました。
腑に落ちました。

でも、まだ、受容は出来なくて、
『蓮華座出来なくて、淋しいなぁ……
   今生では出来ないんだなぁ……』
と涙出ました(;_;)

 でも、とても、学びになりました。
蓮華座組めない方に伝えて、ケガをしないようにって言えます。

中村尚人先生、本当にありがとうございました☆

また、中村先生のわかりやすくて、身体が伸びて気持ちの良いヨガ講座
受けたいです*\(^o^)/*



{FA9ACACD-68F0-4D09-ADAD-CE22F9781646}




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{2B434B62-6BF1-4293-BF60-B8A4A198FBED:01}

 今日は今年、初のヨガクラスでした
西区スポーツセンターの同好会です。

4日なので、主婦の方が多いので、
「お休みにしますか?」と聞いたところ、
「毎週、ヨガしたいから、来ます*\(^o^)/*
 月曜日の9時からだから、一週間の始まりがヨガで気持ちいいのです!」
と希望される方が多かったので、開催しました
嬉しいことです

それでも、いつもよりは少ないだろうなぁと思いながら、心配しながら、
来てみたら、いつも通りに20人、参加してくださってました

お正月なので、太陽礼拝Aを太陽の神様に感謝して、3回しました。
そして、今年の目標は太陽礼拝Bを出来るようになることにしました。
この同好会は初心者の方やシニアの方が多いので、去年の11月から、
太陽礼拝Aを練習して、出来るようになりました。
やはり、呼吸に動作を合わせて行う太陽礼拝は気持ちがいいし、
筋力もつきます。

「今年は太陽礼拝のBを目標にしましょうね」とデモンストレーションすると
「えー、長いー」と声が上がっていましたが、
前回も同じように言われてて、出来るようになったので、
太陽礼拝Bがまた、出来るようになったら、自信に繋がると思います。
私も楽しみです


ヨガが終わった後に、一人の生徒さんから、
「最近、膝が痛くて・・・」と相談を受けました。
脚を見せてもらったら、ふくらはぎの内側が膨らんで固くなっていたのと、
太ももの外側が固くなっていました。
年末に歩き過ぎたそうです。
脚を天城流湯治法でほぐして、ほぐし方も教えて、歩いてもらうと、
膝の痛みは楽になっていました。

私の強みはヨガと天城流湯治法、両方を生かして、生徒さんの身体を
楽にしていけることだと思います

今年もヨガと天城流湯治法を深めて、生徒さんに喜んでいただけるように
精進します


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

彩2
アシュタンガヨガはポーズの順番が決まっていて、それを世界中の人が同じに
行っています。
そして、マイソールというその順番を自分のペースでする方法と
レッドクラスという先生のカウントにみんなが合わせて行う方法とがあります。
マイソールでは先生がアジャスト(補助)をしてくださいます。

写真の女性は私のヨガの友達の彩さんです。
彩さんは去年の横浜のヨガフェスタでケン先生のクラスを受けて、
「ケン先生のこだわりのないところとか雰囲気が好き。」と言ってて、
1年前から、「絶対に受ける!』とワークショップを3クラスも申し込んでいてくれました。
でも、当日、体調不良で来れませんでした。
とても、残念がっていました

最終日の夜中の2時にメールが着ました。
『ケン先生に一目だけでも会いたいだけど。
 仕事前だから、チラッと寄っちゃダメかな?
 みんな頑張って練習してるところ、やっぱり邪魔だよね。
 無理を承知でお願いしてるのでダメならダメで大丈夫。
 ケン先生に会ったら、元気出るかなと思って・・・」

これはもう、会わせてあげたいと思いました。
それで、電話して、
「どうせ、来るならマイソールを受けたら、アジャストもしてもらえるし、話せるし。
 でも、あまりたくさんは話せないから、思いのたけをラブレターに書いておいで」と伝えました。

朝、すう先生に相談すると、マイソール来ていいよって快く承諾してくれました
もう、すう先生も優しい~~

彩1

朝、彩さんが手紙を持って、マイソールにやってきました。
ケン先生はその手紙をすぐに読んでくださって、
「何時まで練習出来るの?体調、どこが悪かったの?」と聴いてくださって、
ダウンドックやトリコーナーサナなど、彩さんにアジャストしてくださって、
一番驚いたのは、仕事で途中で帰らなくていけなかったので、最後に
「頭立ちする?」と言われて、アジャストしてくださいました。
彩さんはこの時のことを
『え!できない!最近してない!とか思ったけど、えーい!ってやったらできた。
 ケン先生がいてくれたから、安心してできた。』
と教えてくれました。
私も傍で見てて、ケン先生、どうしてこんなに彩さんの気持ち分かるの??って感じてました。


photo:01

私も今まで、怖くてチャレンジできなかった憧れのドロップバックをケン先生にアジャストしていただいて、初めてできました。
ケン先生のアジャストは触ってないくらいのソフトな感じなのに、安心感が半端なくて、出来そうな気持ちになります。
そして、コツが体感できるので、自分でも練習できます。
来年はもう少し、手が足の方に寄っているように練習します

photo:02

ケン先生の笑顔
先生は本当に優しくて、大きくて、静かで、お茶目で。
先生、本当にありがとうございました


photo:03


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01

7日金曜日にケンハラクマ先生が広島に来られました!
6日間、ワークショップとティチャーズトレーニングを開催されます。

去年のバリ島から、ほぼ、1年ぶりの再会です。
嬉しくて、広島駅まで、お出迎えしました
広島駅でケン先生とハグしました

金曜日の夜は『誰でもできるハタヨガと呼吸法+瞑想+座学』でした。

photo:03


ハタとはハ=haは太陽吸う息・陽、タ=thaは月・吐く息・陰などの意味があります。

『ポーズも捻りのポーズの時に、上半身は右に向かっていても、下半身は左に向かっているように意識する。すると中心軸が分かってくる。
水平も腕を丹田から左右に意識することでバランスがとれる。』

立つ時も丹田から上は天に引っ張られて、下は大地にグランディングする事でバランスがとれます。
どちらも意識して、偏らない考え方ともいえます。
ヨガはポーズだけでなく、生き方そのものだから。

『ヨガには結ぶという意味があるけれど、反対にほどけるという意味もある。』

吐いて、吸って・・・呼吸に意識してポーズを深める時間でした。

ヨガがただ、ただ好きで、続けて来て、今の私がいます。
3年前にバリ島に行かなければ、病院をやめなければ、今の私ではなかったから。

6日間、ヨガの事だけを考えて過ごせることに幸せを、感謝を感じながら、過ごしています。
ケン先生と、ヨガが好きな方達と過ごせる幸せな時間です

photo:04


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:07

ケンハラクマ先生のワークショップまで、あと4日と迫り、ワクワクドキドキの毎日です。
この3年間、12月にバリ島のリトリート(合宿)でお会いしていたケン先生が私の地元の広島に6日間も来てくださって、そのお手伝いをするなんて、
6年前には想像もつかないことです

私とケン先生の出会いはこの『The Spirit ofAshtanga』という本です。
ヨガを始めて、4年目の頃です。
この本が好きで何度も繰り返して読んでいました。
ある日、ふと、『ケン先生に会ってみたい』と思って、検索してみると、
2週間くらい後に広島でワークショップが開催予定でした。
近過ぎて、びっくりしたし、アシュタンガヨガを全く、したことがなかったので、大丈夫かなという不安もありました。
でも、6月15日が私の誕生日の次の日で、
『これは行くしかないね!』と思い、
オーガナイザーのゆりあ先生に連絡して、急遽、ゆりあ先生のクラスを受けさせていただきました。
その時に初めて、アシュタンガヨガを体験して、あまりの運動量に驚いたのだけど、その時のシャバーサナの気持ち良さといったら、言葉にできないほどでした。

そして、ケン先生のワークショップを受けました。
先生は静かで、大きくて山のような存在感でした。
みんなのいろいろな質問に丁寧に答えておられて、
その時は先生のライフスタイルに驚いたのを覚えています。
「朝は食べなくて、昼一食だけ、夜は早く寝るから、夕食は食べない。
 4時に起きて自分の練習をして、6時からスタジオでみんなの練習を見てる。」
いろいろな経験をされて、今の先生がいらっしゃるという感じでした。

photo:08

photo:01

それから、時々、アシュタンガの練習をしていましたが、ケン先生との再会は3年後の2011年12月のバリ島リトリートです。
30年働いたので、5日間の有休休暇をいただいて、
漠然と「バリ島でヨガしたいなぁ・・・』と思って、検索すると、このリトリートを見つけて、やはり、この時も
「行くしかない!』と思いました
それが上の写真ですが、まだ、なんか遠慮してて、距離がありますね(^^)

この時に、「このリトリートに参加すると人生が変わる人が多い。」というお話をされていて、本当にその通りになりました。
バリ島から帰って、2週間後に30年働いた総合病院を辞めることを決めていました。

photo:02

この写真は2012年12月です。
この時は病院を2月に辞めて、1年はのんびりしようと決めていたので、ヨガのインストラクターの養成コースに行ったり、10日間バリ島のリトリートに参加してヨガ三昧していました。

photo:03

この写真はお気に入りで、朝日と共に、ケン先生も写っていらっしゃいます。

photo:04
この写真は最後の夜のお食事会の時です。
最初の時とくらべると、ケン先生にちょっと甘える事ができるようになりました
ヨガを教えることに不安が大きかった私に、「自分を信じて・・・って、もう信じてるでしょう?!」って言ってくださったことは忘れられません。
「教えることは学ぶことって思っていると、疲弊しないよ。」と。

photo:05

そして、この嬉しそうな写真は去年の2013年12月です。
この時に、広島から参加した三人で、ダメ元でで広島に来てくださいとお願いしたら、
まさかの来てくださることになったので、この満面の笑みです

photo:06

11月7日金曜日から、9日日曜日のワークショップ、
10日月曜日から、12日水曜日の朝7時からのマイソールはまだ、参加できますよ。
是非、ケン先生に会いに来てください
アシュタンガヨガをしていなくても、大丈夫です
ケン先生を筆頭にして、このメンバーでお待ちしています。
ピンと閃いたら、来てくださいね

会場は広島市南区稲荷町5-5松田ビル1階 稲荷町スペース 

photo:09

photo:10


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:08

少し前になりますが、スタジオ103主催で、日本でのアイアンガーヨガの第一人者、NHKの『趣味悠々』でヨガの番組にも出演されている柳生直子先生のワークショップが10月12日に開催されました。
私が受けたインストラクターの養成コースのテキストに柳生先生のテキスト『ヨガで元気に!』があって、それが今でも私のバイブルになっています。
初心者の方へのアプローチが適切で分かりやすいのです。
なので、私は毎年、柳生先生のワークショップを楽しみにしています


photo:04


初心者の方は特に、柔軟性や筋力に差があって、無理な姿勢からポーズをとるとかえって、猫背になってしまって、呼吸が浅くなったり、身体が伸びる気持ち良さを感じることができないことがあります。
アイアンガーヨガではプロップス(ブロック)やベルト、ブランケットを使用して、補助をして、身体に無理のないポーズを作っていきます。


photo:01

photo:02

そして、この日、何よりも私が感動したのは柳生先生のアイアンガーヨガへの熱い想いでした。
今年の8月20日にアイアンガー先生が95歳でお亡くなりになっていたので、1980年から毎年、インドに行かれて師事を受けていた柳生先生はアイアンガー先生のことを話される時に涙ぐまれていました。

『幸せに生きなさい。そして、堂々と厳粛に死を迎えなさい。
 一日一日、精一杯感謝を込めて生きなさい。』

95歳の4月までヨガの練習をされていたというアイアンガー先生。
そのヨガが今は日本中、世界中に広まっています。
私も微力ながら、自分のクラスで生徒さんにアイアンガーヨガのメソッドを伝えていきたいと思います。

柳生先生、素晴らしいワークショップありがとうございました。
また、来年もみんなでお待ちしています

ナマステ 



photo:03





photo:07

『ヨガは一度灯すといつまでも輝きを失わない光である。
 正しく実践するほどその光は明るさを増す。』
YOGA IS A LIGHT WHICH,ONCE LIT,WILL NEVER DIM.THE BETTER YOU PRACTICE,THE BRIGHTER THE FLAME.
(アイアンガー108の言葉より)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01

すっかり、久しぶりの更新になってしまいました。
なんと、夏がもう、終わってしまったのですね。
寒がりの私は冬が大の苦手なのです。
ホットヨガをするようになって、暑いのは昔よりは平気になりましたが、
冬はダメですね。

お話は変わって、写真は私の初めてのヨガの同好会『チームドラコ 103』の練習風景です。
西区スポーツセンターで毎週、月曜日 9:15から1時間のクラスで、前半は軽いパワーヨガで後半はゆっくりめのハタヨガです。
元々は西区のスポーツセンターの10回コースの皆さんが、そのまま、ヨガを続けたいと希望してくださって、発足しました。
とっても、嬉しくて、ありがたいことです

同好会は同じメンバーの方が来られるので、みなさん、仲が良くて、和気あいあいという感じでクラスを行っています。
なので、みなさんの成長の度合いもよく分かって、私も励みになります。
はじめて、スコーピオンという上の写真のポーズをした時は、
50から60歳代の方もいらっしゃるので、
「えー、出来ますかね??」と不安そうだった皆さんが、やってみたら、結構、脚も上がって。身体も伸びて、気持ちが良い事を体感されて、今では定番のポーズになりました
ドラコの皆さんを見ていると、
『諦めなかったら、身体は心は変わっていくのだなぁ』といつも。感心しています。

皆さんからも、
「友達から、身体や顔がスッキリしたって言われました 」
「腰痛や肩痛が楽になりました!」
など、言っていただいて、本当にそういう時はヨガのインストラクターになれて、良かったなぁと感謝の気持ちでいっぱいになります。

チームドラコの名前は私がドラマの『医龍』が好きだったので、チームドラゴンからいただきました。
龍のように力強く、続けていきたいです。

同好会なので、会費2500円で月4回で活動しています。
西区にお住まいの方で、ヨガしてみたいなと思われている方、是非、気軽にご連絡ください。

写真は最後のシャバーサナの様子です。
西区のスポーツセンターは風が通って身持ち良くて、光が綺麗なので、私も大好きな場所なのです


photo:02

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01


ひろしまヨガピースに参加しました!
アップするのが遅過ぎますね。

今年のヨガピースは宮島で開催されました。
それも私の大好きな大聖院の本堂です
風が通って、鳥の鳴き声が聞こえて、鐘の音、マントラが聞こえてくる
素晴らしい場所でのヨガ、もう、最高です。
バリ島のリトリートのチェンダナホテルと心地よさが似ています


photo:02


そこで初めて、ドミニカ芹ヶ野先生の
『八支則をひとつの練習に取り入れてみる~ヨガの木』を受けました。

ドミニカ先生はどっしりとしたグランディングとあたたかな愛を感じる先生でした。
身体のアライメント(正姿勢)を基本として、ベルトやブロックを使ったヨガで
私が自分でヨガのクラスをする時に役立つ学びをたくさん、受け取りました。
下半身が土台がぐらぐらする方が多いので、『なるほど~~』と納得することを教わりました。
それは、脚を開く時に、足首の上に手首がくるように、開くということです。
そうするとかなり、脚を開くようになるのですが、丹田を意識して、内股を締めるとグランディングをしっかりと感じることができました。
今、毎回、自分のクラスで伝えています

あたたかい雰囲気の先生は笑顔が素敵で、また、是非、ドミニカ先生のクラスを受けたいなと思います。


photo:03

砂の曼荼羅

本堂にある砂の曼荼羅です。
この曼荼羅はとても、パワーを感じます。
宮島に行かれたら、是非、大聖院にも、足をのばしてみてくださいね。


ひろしまヨガピースの実行委員会の皆様、本当に宮島での開催、素晴らしかったです。
中心部から離れるので、開催大変だったと思います。
ありがとうございました
また、是非、来年も宮島で開催してください。
来年は私の生徒さんもたくさん、誘って、みんなで受けたいです


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$ヨガのインストラクターで時々ナース-image


$ヨガのインストラクターで時々ナース-image

12月6日から、3度目のバリ島に行ってきます!
ケン・ハラクマ先生のヨガ・リトリートです。

2011年の12月に初めて、参加して、帰国して2週間で30年働いた病院を辞める決心がつきました。
2012年12月2度目のバリ島では、ヨガのインストラクターをしていくことを決めました。

その時、バリ島の有名な手相の方に見ていただいて、
「教えることがあなたの運命のお仕事です。
 生まれながらにして、しなくてはなくてはならないお仕事です。
 身体が固いからこそ、ヨガの先生になれた。
 それはヨガに終わらない。
 広がって行く可能性が高い。
 自信を持って、これが天職という気持ちで、進めていっていいです。」
と言っていただきました。

そして、その言葉通りに、この1年ヨガのインストラクターとして、いろいろな
ヨガのクラスをすることができました。
たくさんの方の笑顔や優しい言葉をいただきました。

また、バリ島に行って、自分のヨガに没頭してきたいと思います。
今度はどんな変化が起こるのか、とても、楽しみですドキドキ


 


 
 
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01



12月から全く更新していなくて、すみませんでした。
時間はたっぷり、あったのに、何故???
更新していないのに、訪問してくださっていた方、本当にありがとうございました。

この8ヶ月の間に、いろいろありました。

まず、1月にヨガのインストラクターとして、初めてヨガクラスを10回コースで
担当しましたドキドキ
去年、6月から11月に養成コースに行って、資格は取得しましたが、
『この私が、ヨガを教えていいの??』という迷いや恐れが渦巻いていて、
なかなか決心がつきませんでした。
養成コースの先生から、
「教えないと、せっかく受けたのに、忘れてしまうよ。』と後押ししていただきました。

天城流のきょうこジャスパー先生からは
「あなたのヨガを待っている生徒がいるよ。」と言われて、
『そうか・・・私のヨガを待っていてくれる生徒さんがいるんだ。
 私のヨガをしていけばいいんだ。』と
勇気を持つことができました。

そして、ケン先生からは、バリ島の最後の日に、ノートにサインをいただいて、
「自信を持ってって書いていただけますか?」と私が言うと、
「もう、持ってるでしょう!」って笑顔で言ってくださいました。

『自信を持って・・・』
いつも、この言葉を心の中で、繰り返しながら、1月から、インストラクター
しています。

今はナースは週に3日のパートで月曜日、水曜日、木曜日の夜にヨガのクラスを
受け持っています。
ウォーミングアップに天城流湯治法を取り入れて、呼吸を深く吸えるようにしたり、
脚のむくみを取ったりして、好評です。

『ただ、いま、ここに・・・先のことは考えずに、目の前のことにまずは、全力投球』
という気持ちで、毎日を過ごしています。

クラスを受けてくださった方の
「気持ちよかったです。」「呼吸が楽になりました。」などの言葉と笑顔で
病院辞めて、インストラクターになって良かったとしみじみ、思います。

写真はティンシャというチベット仏教で使う仏具なのですが、
ヨガのクラスの最後に鳴らして、シャバーサナから、目覚めていただいています。
ヨガの友達のノーマンからのプレゼントなのです。

私がもらったティンシャは『経紋』というもので、チベット仏教でもっとも愛されている
観音菩薩のマントラ、『オン・マニ・ペメ・フム』が刻まれていて、功徳をもたらす
と言われているそうです。
とても、綺麗な響きなのです。
感謝を込めて、鳴らしています。
 
ヨガができること、
ヨガを教えることができることに感謝して、
そして、受けてくださった方の健康を願って鳴らしています。








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。