ヨガインストラクター+天城流湯治師で時々ナース ☆ 広島 リンパ痩身ヨガ

『自分の身体は自分で守る♡』
天城流湯治師の知識と技とヨガのエクササイズとナースの経験から、自分の身体に気づき、向き合い、ケアする方法を楽しく伝えます。
3つのパワーで届けます♡

広島のスタジオ103にて、『リンパ痩身ヨガ』を行っています。


テーマ:

{31DDDB47-7EFC-4AF4-8571-06C749418CDB}


父は6年前に多発性骨髄腫になったけど、治療しないことを選択して、人工透析にはなったけど、まあまあ、元氣に暮らしていた。

今回、多発性骨髄腫が悪化して、全身の痛みが酷くなり、夜も眠れず、ずっと椅子に座っているような状態だったので、疼痛コントロールのために入院したショボーン

腎機能が悪いので痛み止めの薬の排泄も悪く、傾眠がちになった。
ドクターから、
「もしもの時は人工呼吸器と心臓マッサージはどうされますか?」と聞かれた。
もう、91歳だし、今まで、かなり頑張ってきたので、家族はもう、無理なことはしないでくださいとお願いした。

私は自分自身は人工呼吸器とか胃瘻とかはしないでねと夫と娘に頼んでいる。
もう、後悔しないくらいにはしたいことは出来たなぁと思う。
あのまま、病院辞めずに、嫌々働いていたら、後悔しただろうなぁ。
あの頃何故か、『このまま、バリ島に行かないまま、もし、死んだら後悔する』と思ってた。
不思議だ照れ
そして、バリ島のケン・ハラクマ先生のリトリートに行って、病院を辞める勇氣をもらって、辞めて、今、ヨガのインストラクターになれた音譜

そして、今回、きっぱりと看護師をデイサービスを辞めようとしたら、家族の介護が始まった。

今から、どんな人生になるのかなぁ……
後悔しないように自分の心のままに……

{BAF234D3-21D7-428E-8973-5069B2FB25AB}



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01





久しぶりの看護の話


病院に勤めている頃は、緩和ケアチームの一員だった。

アロママッサージ担当で、ターミナルの方の病室に行って、マッサージをしていた。



私が緩和ケアと関わるきっかけになった本、『病院で死ぬということ』 を書かれた山崎章郎先生の講演会に行った。
20年前にこの本を読んだ時は衝撃的だった。
まだ、がんでも、最期の時に心臓マッサージをして、本人には告知をしないのが
当たり前の時代だった。
それから、緩和ケアに関わるようになった。
一生懸命、患者さんやご家族と関わって、寄り添っていた時があった。
病院を辞めて、緩和ケアから離れてしまっていたけど、
身内が血液のがんになって、高齢なので、治療をしないと決めたので、
いずれは家で看取ることになりそうな状況になり、久しぶりに
山崎先生のお話を聴きたかった。

3年前にも、家で義父を家族みんなで看取った経験がある
「家に帰りたい・・・」と病院を徘徊していたから、家に連れて帰った。
家は本当に良かった。
家に帰ったとたん、ベッドではなく、リビングのいつもの席に座って、
テレビを観て、義母のいれた紅茶を飲んで、くつろぐ義父を見て、
心から、『連れて帰って良かった・・・』と感じた。

亡くなった時も、家族みんなで、見送ることができた。
静かな最期だった。
ちょうど、三年前の桜が散る頃だった。
義母は往診をしてくださっていた先生に
「私の時もお願いします。」と笑顔で予約していた
往診は病院で一緒に働いていた先生にお願いをしていた。
開業をされていたので、お忙しかったのに、心よく引き受けてくださって、
「いつでも、些細なことでも、真夜中でも電話してください」と言われた時には嬉しくて、ありがたくて、心細かっただけに、涙がぽろぽろ流れた。
先生に不安なことを話すだけで、気持ちが楽になった。
「大丈夫、お家ですごすのが一番だよ、なんとかなるよ。」って励ましてもらった。

一番変わったのは家族だった。
最初はもちろん、不安だらけだった。
義母と義姉と中心になって、夫も義兄、私の娘達も協力して、介護をした。
介護というか、父と家で自然に過ごした。
でも、このことで、いろいろな話をして、みんなで一つになることが出来た。
家でみて良かったとみんなが思えたことが一番ありがたかった。

訪問看護師さんにも本当にお世話になった。
ちょっとした工夫をいつも、教えてくださった。
いろいろな方のおかげで、家で看取ることができたと思う。


山崎先生のお話は分かりやすくて、いつもながら、心に響いて来た。

家で死ぬということは
1、何時でも自分が主人公でいられる。
2、過剰診療が避けられる。
  病気が進むと食べられない、飲めないのは病気の自然経過で、その時に無理矢理、点滴したりすると、かえってむくんだり、咳が増えたり、苦痛が増える。
3、家にいるだけで、苦痛が軽減する。
  心が落ち着く、遠慮がいらない。したいことができる。
4、変化する家族の力。
  最初は不安いっぱいで介護が始まるが、だんだん、出来そうかなという風に変化して、最期を看取った時はなんとかやれたという達成感を感じる。
そして、家で過ごすことで、死に至るプロセスに子供も含めて、参加できることによって、死は怖いものではないと知ることができる。


家で最期まで看取ろうと覚悟すること。
家で大丈夫、家がいいよと他の家族に伝えること。
私が看護師だから、出来やすいのだけど、今は訪問診療や訪問看護も介護もあるので、
覚悟を決めたら、いろいろな方の協力を得て、『家で死ぬということ』は出来ると思う。


病院で死ぬということ (文春文庫)/文藝春秋
¥545
Amazon.co.jp


家で死ぬということ/海竜社
¥1,512
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

photo:02



緩和ケアチームの仲間で送別会をしてくださいました。
38年間勤続された係長さんと私です。

38年凄いです・・・
私は31年でしたね。
みんなに優しくて、面倒見のいい係長さん。
いつも、頼りにしていました。
一緒にたくさん、緩和ケアの学会に行ったり、会議したり、
患者さんのマッサージに行ったりしてました。
辞めるって決めた日も、相談に行きましたね。
本当に、ありがとうございました。
これからも、何処か、緩和ケアできっと、会えますね。

係長さんのリクエストでこの記事書いてます(笑)
なので、いつもになく、料理たっぷり写真です。

お店は広島市中区白島町にある 『季節料理 なかしま』
幹事の先生、絶賛のお店です。


写真は付きだしのホタルイカの味噌和えと菜の花のおひたし、ほうれん草のおひたし。
季節感じますよね。

photo:03


お刺身は、さすがに新鮮!!

photo:04


係長さん、絶賛の白子。つるってしてて、新鮮だから、全然臭みなくて、
美味しかったです。

photo:05


旬の筍の天ぷら。しゃっきとしてて、ほんのり甘くて、間にシソの葉挟んであって、
ほんのり苦くて、大人な天ぷらでした。
お塩と天つゆの二つで別々に味わえました。

photo:06


私が一番美味しいなって思ったのは、この茄子の田楽です。
もう、お味噌が絶品でした。
お店の方に作り方聞いて、驚きました。
八丁味噌と砂糖ともうひとつ(忘れてしまった)を3時間かけて、練るそうなんです。
3時間!!
まさに、職人技ですね。
でも、本当に美味しかったドキドキ

photo:08


この牡蠣も美味しかったです。
バターいためかな・・・
でも、きっと牡蠣が良いものなんでしょうね。

photo:09


これは、女子が大好きな蓮根まんじゅうです。
蓮根まんじゅうはもちろん、ふんわりてるし、お出汁が美味しい!
お出汁は格別にこだわって作られているそうです。

photo:10


これは、先生、一押しのさわらのたたきですね。
かぼちゃの蝶々がとまってますよニコニコ

photo:11


私以外はみんな、酒豪なので、利き酒大会となっていました。
「美味しい!美味しい!」ってニコニコしながら、飲んでましたね。

私はしめの海戦どんぶりをいただきました。
どんぶりはもちろん、美味しいのだけど、この漬け物がまた、美味しかったです。

もう、お腹いっぱい食べました。
最後に綺麗なお花もいただいて、幸せな気分です。

病院は今から、4月でまた、新人さん達や、スタッフの移動もあって、
きっと、てんやわんやだと思います。
一緒に働けなくなって、寂しいけど、応援しています。
みんな、ありがとうございました。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01




2月末に30年と11ヶ月働いた病院を退職しました。
長い間、ありがとうございました。

急な退職だったので、あまり、挨拶も出来なかったのです。
ご心配かけて、すみませんでした。
二ヶ月近く休んで、元気になりました。

『元に戻ったなぁ』って感じてます。

血液内科病棟だった頃の友人達が送別会をしてくれました。
京都から来てくれた友人もいました。
その時いただいたお花ですドキドキ

今は専業主婦して、のんびりしてます。
『自由だな~~』って時々、しみじみ感じてます。

いいね!した人  |  コメント(13)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01




本当に久しぶりに『看護』のテーマです。
四月から、透析室に替わってから、全然書いてなかった。


透析室はほとんどは外来の患者さんだけど、入院中の患者さんもいる。
彼はその一人。
大きな手術のあとの合併症で、生死を彷徨って、なんとか回復されて、
透析室にベッドで来られた。

かなり、しんどそうなのに、なにか、看護師がケアすると、
「ありがとう」って言われる。
あんな状態なのに、ありがとうって言ってくださって、凄いなって
思っていた。

途中で、
「奥さんが来ない。寂しい・・・」
って涙ぐみはじめた。

「大丈夫ですよ。家のことが終わったら、来られますよ。」
ってなぐさめてた。

しばらくして奥さんが来られた。

「泣いてたの?ごめんね。」って笑顔で話されてた。

「そうなんですよ寂しいって泣かれてた。
 ラブラブですねドキドキ
 奥さんに愛してるって言わないと。」って私が言うと、
患者さんが、
「愛してる・・・」って言われてた。

「まぁ、愛してますよ・・・
 こんなに元気になって、ほんとに嬉しいんです。
 管がのどに入ってて、話も出来なかった。
 それが、話ができるようになって。
 ICUでは頑張ってるの分かってるから、頑張ってって言えないから、
 代わりにずっと、愛してるとありがとうを言ってた。
 40年分言ったかな。
 でも、言ってくれたのは、今が初めて!
 状態が悪くなるなる前に、携帯から
 『愛してるドキドキ 』メールが着た時はびっくりした。」って奥さんが言われた。

「それでなんですね。こんなにしんどいのに、ありがとうって
 言ってくださるんですよ。」って私が言うと、

「看護師さんにありがとうって言うように、言ってるんですよ。
 それなら、良かった。」って微笑まれた。

今も、厳しい状態ではあるけれど、奥さんはずっと笑顔で患者さんの
傍に寄り添っていた。
マリア様にように見えた。


『愛してる』と『ありがとう』
たくさん、言いたいな・・・
言い合いたいな・・・

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01




今日、私の病院からの救護班 の第3班が出発しました。

その中の一人が、私の病棟のスタッフなので、見送りに行きました。

緊張してたけど、頼もしかったです。

背中のレッドクロスがまぶしいです。


「アロマオイル持って行きますね。

 香りで少しでも被災された方がほっとできたらって思って。

 あと、アロマの消臭剤も持って行きます。

 トイレが大変みたいなんです。

 被災地の若い子とかが、可哀想だから・・・」

って言ってくれました。


「かける言葉がない時はハグよ。

 たくさんハグして来てねラブラブ」って伝えました。


赤十字病院では、災害に備えて、日頃から、
救護班のメンバーが決まっていて、
訓練を行っています。
私の病院では、6班まであります。
一つの班が7名で構成されてて、
今回は医師1人、看護師3人、薬剤師1人、
主事(事務)1人、栄養士1人です。

第1班は震災が起きて、3時間後の18時には集合して、

出発していました。


今回、被災地での赤十字の活動や、たくさんの義援金を

赤十字に寄付していただくのを報道で見るたびに、

誇りを使命を感じています。


私達は被災地には、行けないけど、

被災地に救護班のメンバーを送り出すために、

病院で病棟で、 いつもどおりに元気で働いています。

それが私に、今できることなのだと思います。


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

友達から、かなりへこむメールが着た。

返信する気力もなく、

もう、いいや・・・さようなら・・・ってその人のアドレスを削除した。



今日、病棟で患者さんが車椅子に乗って、

「○○さ~ん!!おはよう!」って声をかけてくれた。


「おはよう、元気ください・・・」って言って、傍に行った。


「どうしたの?元気ないの?」

「そう、ない。ハグしてくださいね。」

「いいよ~!」


っておばあちゃん患者さんと廊下で熱烈なハグをした。

元気と笑顔をもらった。

いつも、いつも、患者さんに励まされる。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


今日は看護学生さんの実習の最終日だった。

今回は2年生で、まだ、2回目の実習。

慣れないため、初日の実習目標・計画はボロボロ・・・


『2年生だから、仕方ないよね。』って思ってた。

血圧の測り方から、身体拭きの方法、車椅子への移動方法などなど、

説明しながら、一緒に行っていく。


慣れない実習で、かなり、緊張してる学生もいる。

いつも、言ってるのは、

「不安なのは分かるけど、でも、笑顔で明るくね。

 患者さんは笑顔が大好きよ。」って。


昨日、2週間ぶりに、実習担当になって、びっくりした。

記録も、検温とか、身体拭きも、かなり、出来るようになっていたから。

キチンと、言われたことを理解して、自分で出来るようになっていたから。


「どうしたの~!目標書けてるね!成長してるね!」

って言うと、学生さんも嬉しそうだった。


受け持ち患者さんのために、リハビリのための道具を作成した学生さん。

自分がいなくなっても、患者さんがリハビリ頑張れるように、

チェックリストとパンフレットを作った学生さん。

患者さんに手紙を手渡した学生さん。

床ずれができないように、1時間おきに、丁寧に身体の向きを変えてた

学生さん。


患者さんのためにって思える心が看護なんだよねって、

感じさせてくれた。

最近、忙しさにまみれてた私は、本当にピュアな学生さんの態度や気持ちに

心が洗われたようだった。


『看護っていいよねぇ』って感じてもらえたかな?


そして、今日は3週間の実習の最終日。

術後間もない頃から、動けない頃から、受け持っていた患者さんとのお別れ。

術後、ボーとしてた患者さんも、

「寂しいね・・・良くしてもらったからね・・・」って話してる。


人は本当に心から支えてくれる人がいたら、勇気を元気をもらって、笑顔に

なれるのだなって思う。


患者さんも学生さんも

「ありがとうね。」

「ありがとうございました。」って言いながら、泣きながら、ハグしてた。

私も、ずっと、ずっと涙が止まらなかった。


大学の先生に

「先生、私、今日、おかしいです。

 涙がとまらないです。」って言うと、


「みんな、○○さんが泣いてる時は、いい実習ができた時なんだよ。」

って学生さんに言われてた。


先生は明るくて、みんなを盛り上げてくれてた。

「行くよ~~!!」っていう感じの先生だから。


みんな、また、会える時まで、元気で、頑張って、

看護師さんになって、来てね。


今日は、私こそ、学生さんに、感謝だった。


帰り道は、綺麗な満月のお月さま。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



1日は20時からの夜勤で仕事始めだった。
外泊している患者さんも多くて、いつもの半分くらいの人数。
手術もないので、静かな病棟だった。

3人で早めに夜勤の仕事を片付けて、交代で休憩をする。

ラベンダーとイランイランでアロマのミストを香らせて、
静かな音で音楽を流す。

高校の同級生が作ってくれたビートルズのCD。
ポールの優しい声が私を癒してくれる。

『今夜、夜勤しながら、let it be 聴いてるのは、広島で
 私くらいかも…』

なんて、想像しながら、楽しんでた。

途中でナースコールで呼ばれて、患者さんのところに行く。
今日は飛びきり、優しい看護師さんになれる…

「お正月から大変だね」って患者さんが言われる。

「誰かがしないといけないですからね。
 でも、今日は安静だから、大丈夫なんですよ。」

「あのウサギ、見てくれるニコニコ
 お嫁さんが持って来てくれたの。
 石鹸でできたウサギなんですよ。可愛いでしょう」
って笑顔で言われる患者さんが可愛かった。

いつも、こんなに優しい看護師でいれたらいいのになぁ…

大変なことは起こるけど、辛いことも悲しいこともあるけど…
そんな時こそ…

Let it Be






いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

久々に、看護のこと・・・


私が病棟を替わっても、いつも、訪ねて来てくださる患者さんがいる。

今年も、笑顔で会いに来てくださった。


「3ヶ月に1回の受診だから、毎回、病棟に来るけど、

 会えるのは、1年に1回くらいだね。」と彼は言う。


「本当に、ありがとうございます。

 ○○さんに会えるだけで、嬉しいです。

 本当にお元気そうで、調子いいのですねニコニコ


彼は血液の病気で、10年前に骨髄移植を受けている。

移植後の副作用が、すさまじく、その時の彼は、

笑いもしないけど、泣きもせず、

仮面様の表情で、ただただ、副作用に耐えていた。


いつも、怒りっぽくて、薬もひどい口内炎でなかなか、飲めず、

受け持ち看護師だった私は、多分、いつも注意したり、

なだめすかしたり、困ったりしてた。


でも、だんだん、元気になって、

だんだん、笑ってくれるようになった。

そして、元気になって、退院された。

嬉しかった・・・


そして、今、私が病棟を何度、替わっても、会いに来てくれる。

元気だよ!って教えてくれる。

あの時は、辛い時を支えあったねって。

大黒様のような笑顔で私を励ましてくれる。

その笑顔を思い出して、私は、また、頑張ろうって思う。

看護師の仕事は大変で、逃げ出したくなることもあるけど・・・

患者さんやご家族が私に勇気をくれている。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。