ヨガインストラクター+天城流湯治師で時々ナース ☆ 広島 リンパ痩身ヨガ

『自分の身体は自分で守る♡』
天城流湯治師の知識と技とヨガのエクササイズとナースの経験から、自分の身体に気づき、向き合い、ケアする方法を楽しく伝えます。
3つのパワーで届けます♡

広島のスタジオ103にて、『リンパ痩身ヨガ』を行っています。


テーマ:
13歳からの「いのちの授業」―ホスピス医が教える、どんな時でも「生きる支え」を見つけるヒント/小澤 竹俊
¥1,365
Amazon.co.jp

今日は緩和ケアの関係の研修会のお手伝いをしました。

その中で、『いのちの授業』というタイトルでめぐみ在宅クリニックの小澤先生の講演がありました。

先生のことは、『緩和ケア』という雑誌で知っていて、その時読んだ文章に深く感銘していたので、

ボランティアを喜んで引き受けました。


『いのちの授業』は本当に壇上に、中学生30名を椅子に座らせて、先生が命について話すという

模擬授業の形式で行われました。

先生が自分が医師になろうと思ったきっかけやホスピスでの経験から、いのちの授業をされました。

時にはユーモアを交えながら、時には生徒さんに質問を投げかけながら。


その授業の中から・・・


私たちは、当たり前の生活の中で、多くの苦しみをかかえて生きています。

生きている人で苦しみのない人はいないと私は思っています。

その一方で、苦しみの中にあっても輝いている人もいます。

苦しみは決して悪いことだけではありません。

苦しみを通して大切な何かを、その人にとっての『支え(生きる意味)』を見出す可能性があります。

人は一人では弱い存在です。

しかし、支えが与えられると、信じられないほど強く生まれ変われることができます。

『支え(生きる意味)』は、将来の夢であったり、その人を心から認めてくれる関係の支えであったり、

自分の自由であったりします。

人は生きていくための支えが必要です。

ひとり一人支えは異なりますが、『支え(生きる意味)』が見出されたならば、これ以上辛いことは

ないと思われる苦しみの中にあったとしても、人は今を生きる力を得ることでしょう。


先生は緩和ケアの雑誌の中でこう書かれていました。


看取り(最期の時)に立ち会うことを苦手とする医療者が、終末期の患者さんと最期まで

向き合うためには、もっと大きな「意識の変革」が求められると考えています。

(中略)

たとえ、苦しみの原因をすべて取り除くことができなくても、一人ひとり異なる患者さんの

支えを患者さんの言葉や態度からキャッチして強めていく時、

絶望にある苦しみの中で希望の光を見出す可能性が見えてきます。

これは一部のエキスパートしか行えない奇跡ではなく、苦しむ人のためになりたいと

考えている医療者すべての可能性であると私は考えています。

この可能性のあるかぎり、私たちは苦しむ患者さん・家族から逃げないで向き合うことができます。

(中略)

緩和ケアが普及するためには、逃げないで向き合える真の援助者が増えていくことが

欠かせないでしょう。

このために求められることは人材育成です。

真の援助者を育てていく教育プログラムの共有と実施が これからの大きな課題になってくるでしょう。



私も病院で緩和ケアの病棟で核となるリンクナースをこの1年大切に育てていきたいなと思います。

そのための第一歩として、先生の本を読みます。

興味のある方、是非、読んでみてください。

医療者のための実践スピリチュアルケア―苦しむ患者さんから逃げない!/小澤 竹俊
¥2,730
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は少し、落ち着いていたので、患者さんの身体拭きを少し、ゆっくりできた。

その患者さんは70代の女性の患者さんで、まだ、足があまり動かない患者さんだった。


「すぐに歩けるようになると思ってたのに、どうしてかね・・・

 早く、おしっこの管が取れて、自分で行けるようになりたい。

 看護師さんにも、迷惑をかけて、悪いね・・・」


その患者さんは頑張り屋さんで、動かない重たい足で、懸命に車椅子に乗って、

自分で洗濯をされていた。

「息子に頼んだら、新しいものを買ってくるからね。

 自分でするよ。大丈夫ニコニコ


昼ごはんのあとに、そのまま、自分ひとりで洗濯をされていました。

洗濯はできるけど、乾燥機は洗濯機の上にあるので、手が届きません。


「じゃあ、乾燥は私がしましょうね。」と声をかけました。

乾燥させて、洗濯物を持って行ったら、お昼寝されていました。


後から、「ありがとうね」って言われました。

今日が安静で良かったなぁって思いました。

忙しかったら、洗濯のお手伝いできなったはずだから。


動かない足で、車椅子に乗って、洗濯をしている後姿が可哀想だった。

本当はそんな風に感じてはいけないのだけど・・・

もっと手伝ってあげたら、良かった・・・

くしゃくしゃになってる衣装ケースを綺麗に整頓してあげれば良かった・・・

と家に帰りながら、後悔してた。


明日、早めに行って、衣装ケース綺麗にしようかな。

使いやすいように。

なんか、その患者さんが一生懸命で健気過ぎて、切ない。

一日も早く、また、歩けるようになるといいな。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

明日、もう、今日だけど、3日は早出、4日は日勤、5日は夜勤(準夜)です。

先週お休みだったから、後半のゴールデンウイークはお仕事です。

なんか、3日は緊急手術もあって、忙しそうな雰囲気です。


11日連休の企業とか羨ましいです。

4連休でも、羨ましい・・・

でも、休日働いて、平日に代休がある方が、ヨガに行けていいのです。

毎年、春は新しく会員になる方が多くて、ホットヨガは大人気で、

いつも、多いです。

昨日も、連休前なので、欲張って、エアロビして、ホットヨガして、今日は筋肉痛です。


明日(もう、今日だけど)お仕事忙しくなかったら、いいな・・・



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。