ヨガインストラクター+天城流湯治師で時々ナース ☆ 広島 リンパ痩身ヨガ

『自分の身体は自分で守る♡』
天城流湯治師の知識と技とヨガのエクササイズとナースの経験から、自分の身体に気づき、向き合い、ケアする方法を楽しく伝えます。
3つのパワーで届けます♡

広島のスタジオ103にて、『リンパ痩身ヨガ』を行っています。


テーマ:

立ち木

立ち木のアーサナー




最近、ヨガについて、全然書いてなかったけど、お休みの日はもちろん、1~2つヨガのレッスン受けて、

16時からの夜勤の前も1つだけ、ヨガ受けてます。

お仕事行くより、ヨガの方が大切に思える時もあります。


ヨガを始めて、2年と半年経ちました。

まだまだ、出来ないアーサナ(ポーズ)がたくさんあります。

私は股関節が硬くて、あぐらが組めないので、基本の蓮華坐が組めなくて・・・



私が通っているスタジオは元々、エアロビとかが主体だったけど、最近は半分以上がヨガです。

パワーヨガ・ホットヨガ・アシュタンガヨガ・プラーナヤーマヨガ・ハタヨガなどなど、種類も増えました。

今は、ホットヨガが大人気で、大体、スタジオがマットでいっぱいになります。

ホットヨガはストーブと加湿器で温度・湿度を上げて、ヨガするので、汗が流れるくらい出ます。

これが気持ちいいのです。

すっきりした気持ちになれます。



今日は大好きな先生の一ヶ月振りのレッスンでした。

先生が膝の手術されて、お休みされていたから。


先生は一ヶ月休まれている間に、いろいろ考えることや感じることがあったそうです。


「こうして、みんなとここで今、一緒にヨガしているのも、縁がある・・・

 私の仕事は、みんなにヨガを通して、自分を見つめてもらうこと。

 原因があって、結果があるから、未来は自分の思うように変えられる。

 目標があるから、それに向かって努力することができるよ。」


というようなことを、笑顔で言われた。


その後、立ち木のアーサナーをした時に、


「胸の中心にはハートのチャクラ(エネルギーポイント)があります。

 胸の前で合掌して、力を込めて・・・ 

 合わせた掌とハートにパワーを愛を感じて・・・

 愛が溢れてくるでしょう?」


と言われた。


その時から、涙が流れて、最後まで少しだけ泣いてました。

泣きながら、ヨガするなんて、初めてでした。

先生から、愛が溢れてた。

それが伝わってきたような気がしました。


先生も怪我されて、しばらく、ヨガ出来なくて、

でも、そのことで、心が次のステージに上がられたように感じました。


レッスン終わって、着替えた後、

久しぶりに先生と握手しました。


「先生、愛に溢れたヨガでした。

 立ち木のアーサナーから泣いてました。」と私が言うと、


「伝わったんだね。

 でも、あなたも愛に溢れてるよ。

 お見舞いありがとう。メッセージが嬉しかったよ。」って言ってくださった。


先生と出会えて、本当に良かった・・・







AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
二ノ宮 知子
のだめカンタービレ(1)
      

今、結構、ドラマにはまっています。

もちろん、『Dr.コトー診療所』 毎回泣いてます。

次は、この 『のだめカンタービレ』

キャラクター、ひとりひとりが変わってて、笑えるのだけど、ちゃんと音楽のことも

恋愛のことも描かれていて、毎回楽しみにしてます。 

子供達も大好きで、毎回三人で大笑いしながら、観ています。


音楽がいい!!

最初の二人の出会いは、ゴミだめの中で華麗に奏でられる ピアノ・ソナタ『悲愴』 でした。

久々にピアノ・ソナタ聴きました。

実は昔、ピアノ習っていたから・・・


この間の放送は、主人公の千秋くんがオーケストラと ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番

演奏することになって、懸命に練習して、そのコンサートの場面が感動しました。

私、ピアノ習ってたけど、ラフマニノフちゃんと聴いたことなかったのです。

言葉にできないけど、ピアノとオーケストラの調和というか、それぞれがそれぞれを引き立ててて、

『こんな素敵で迫力のある曲、ピアノ習ってた頃に聴きたかったなぁ~~』 としみじみ感じました。


ピアノは幼稚園から習っていて、中学3年で受験で辞めてから、離れてました。

でも、看護師になってから、病院の近くに小さな楽器店があって、そこでまた、習い始めました。

だから、のんびりと好きな曲を弾かせてもらっていました。

その頃、やっとソナタアルバムを弾くようになって、一曲弾けるまでには時間はかかってたけど、

弾けるようになるのが楽しかったです。


結婚して、病院から遠くに住むことになって、また、辞めてしまいました。

それから、子育てとかお仕事とかで弾いていませんでした。


でも、『のだめカンタービレ』を観始めてから、また、ピアノ弾きたいなって思うようになりました。


ピアノは実家にあります。

私が小学生の時に母が、かなり長いローンで買ってくれました。

ピアノが来た日のこと、今でも覚えています。

それまではオルガンで練習していたから、とても嬉しかった。


今、住んでいる所は狭くて、ピアノ置けないと諦めていました。

今、母が時々、言います。

「誰か、ピアノ弾いてくれないかな・・・」と。

母が一番、あのピアノを大切にして、今でも磨いてくれているから。


子供たちが、家を出たら、ピアノ持って来ようかなと思い始めました。

母にそう言ったら、きっと喜んでくれると思います。


のだめカンタービレ、楽しいですよ。

嫌なことや辛いことがあっても、たくさん笑って吹き飛ばしてくれます。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

                   夕日
 

                 


私の病棟には今年、四人の新卒さんが配属された。

新卒さんは大学は卒業していて、知識はたくさん持っているが、経験は少ない。

病棟で受け持ち患者を持って、実習するけど、2週間の実習で一人の患者さんだけ。

だから、4月に就職してから、仕事覚えるまで、毎日20時21時まで、残っている。


看護の実際のお仕事と理想とのギャップや、あまりの忙しさに自分に自信がなくなって、

辞めていく新卒さんもいる。


なんとか仕事覚えてもらって、なんとかこなせて、1年が過ぎてゆく。

そのために、私の病棟では、一人の新卒さんに3~7年目のナースが付いている。

新卒さんの技術チェックや精神面のフォローをしている。


新卒さんは、もちろん、バリバリお仕事できないけど、そこに存在しているだけで可愛い 


新卒さんがニコニコしてるだけで、患者さんは嬉しいらしい。


四人の新卒さんはそれぞれ個性があって、楽しい。

その中で、A子さんは、目が少女マンガのように大きくて、睫毛も長くて、パッチリした美少女

っていう感じだ。

その上、いつも明るく素敵な笑顔を振りまいている。

「おはようございます」と大きな声で挨拶されるだけで、

『今日も元気だね~~』と感じていた。


ある晩、私が夜中からの夜勤に行くと彼女が前の勤務でいた。

「お疲れさまです。」と彼女が挨拶してくれたのだけど、いつもの元気がなくて、

少し寂しそうな笑顔だった。


申し送りが済んでから、彼女とある寝たきりの患者さんのところに処置に行った。

前の勤務で彼女が見ていたのだけど、一瞬の隙に、大切なチューブをその患者さんが

自分で引き抜いていた。


処置を終えて、詰所に帰りながら、彼女に

「それで元気なかったんだね・・・」と言うと、

「どうして、分かったんですか?」と彼女が真剣に聞いてきて、

「だって、いつも笑顔で挨拶してくれるのに、さっきは少しだけ淋しそうな笑顔だったよ。」

と私が言うと、

「そんなこと言われたら、私泣いちゃいますよ・・・」と泣き始めた。


「私がご家族が帰られた後にすぐに行って、確認すればよかった。

 先生が苦労されて、挿入されたチューブだったのに・・・。

 私なんか、迷惑ばかりかけて、もう、居ないほうがいいんじゃないかと思います・・・

 患者さんにも悪くて・・・」とずっと泣いていた。


可哀想だった。

自分を責めて泣いていた。

一生懸命看護していても、何度も注意してても、こういうことは起こるものだから、

そんなに自分を責めないでと思った。


泣いている彼女を見ていたら、ハグしてあげたくなった。

彼女に手招きして、ハグした。

ハグしながら、彼女の背中を優しくさすった。


「今回のことを次に生かしたらいいよ。

 今度、こういう患者さんを看る時、きっと気をつけるはず・・・

 そして、その時他のナースに教えてあげられでしょう?

 居ないほうが言いなんて言わないで・・・

 A子さんがいるだけで、患者さんに笑顔を向けるだけで患者さんは喜んでるよ。」と

ハグしながら、彼女にささやいた。


「少し、元気出てきました。どうしてですかね・・・」と彼女が聞いた。


「私もね、前に、仕事が大変で落ち込みながら仕事してた時にね、白血病が再発して、

 自分自身がしんどいおばあちゃんの患者さんに

『元気ないね・・・いつも元気なのに』 って声かけてもらって、それが嬉しくて、泣いてしまって、

それから、不思議と元気が出て、夜勤できたことがあったよ。

それと同じかな・・・」


「そうですね。同じ感じですね・・・

 今日のこと、忘れません。ありがとうございます。」といつもの笑顔で言ってくれた。


「ハグいいでしょう?

 A子さんも誰かにしてあげてね。

今日はもう、帰って、ラベンダーのオイルを3滴お風呂に入れて、ゆっくり湯船に浸かって

寝なさいね。」と言って、彼女を帰した。


新卒さん四人は本当に優しくて、いい子ばかりだ。

彼女達が、今のままの優しい看護師でいてくれるように、手助けするのが私のお仕事かもしれない。



AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。