インターネット・アカデミー

テーマ:
インターネット・アカデミー(いんたーねっと・あかでみー、英称:Internet Academy)は、東京都新宿区に本部を置く民間のインターネット産業従事者育成を目的とした学校である。1995年に設立された。略称はインアカ(いんあか)またはIA(あいえー)。概観同社では以下のように謳っている。インターネット・アカデミーは、日本で初めてのインターネット専門スクール。初心者を短期間でプロに育てるという教育理念。卒業生のWeb技術者は15,000人以上である。インターネット・ビジネス・ジャパン株式会社(IBJ)を母体企業としたIBJグループに属す。同グループのWeb制作会社の制作技術やノウハウを現役デザイナー講師によって学べる実践的なカリキュラムが特徴。日本のスクールとしては初めてW3Cメンバーとして認定される。WebデザインやWebプログラムの技術習得コースだけでなく、ディレクションやプロデュースノウハウ、動画配信、データベース、IT資格取得コースを設け、企業に求められる人材の育成を目指している。沿革略歴インターネット・アカデミーは1995年9月に、大西一磨(現IBJ代表取締役社長)と大岡和雄(現インターネット・アカデミー学校長)により東京都新宿区に設立。スクール設立当初から、同年5月に同じくふたりによって創業されたWeb制作会社の技術とノウハウをカリキュラム化し提供していた。また、1998年10月には、受講生の就職サポートサービスの一環として、日本で初めてのWeb技術者専門の人材派遣会社としてウェブスタッフ株式会社が設立された。1999年9月に渋谷校を開校。2000年3月にIBJグループの研究部門として設立されたインフォメーション・テクノロジー・リサーチ・エージェンシー株式会社が後にWeb制作会社の業務を引き継ぎ、その後、ブルー・バンブー株式会社に改称。現在もインターネット・アカデミーとWeb制作会社、Web専門人材派遣会社3社の連携によるノウハウを受講生に提供し続けている。年表1995年9月 インターネット・アカデミー設立1998年10月 ウェブスタッフ株式会社設立1998年12月 卒業生ネットワークBOHR(ボーア)誕生1999年6月 e-ラーニングによるカリキュラム導入1999年9月 渋谷校開校2000年10月 W3Cメンバーに登録2000年3月 インターネット・

<新型インフル>東大、名古屋大など追試せず(毎日新聞)
島根の遺体遺棄、平岡さん情報に300万円(読売新聞)
漁船位置情報に空白=銃撃時間帯に数時間-北海道・海保(時事通信)
毎日新聞社長らを書類送付=元秘書官めぐる名誉棄損-警視庁(時事通信)
「借りたカネは返すな! 」著者逮捕=顧客に脱税指南容疑-さいたま地検(時事通信)
AD